searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

八犬伝さんのプロフィール

住所
北区
出身
北区

自由文未設定

ブログタイトル
一瞬の情景
ブログURL
https://hakkenden.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
街写真が好きです。生活の匂いが少しでも滲み出ていれば良いのですが、これがなかなか難しいですね。
更新頻度(1年)

86回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2009/02/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、八犬伝さんの読者になりませんか?

ハンドル名
八犬伝さん
ブログタイトル
一瞬の情景
更新頻度
86回 / 365日(平均1.6回/週)
読者になる
一瞬の情景

八犬伝さんの新着記事

1件〜30件

  • 秋に染まる小諸・上田-4

    うわぁ、六文銭だ_____________________________________________ 東櫓にあがってみると格子窓に、なんと5円玉が六文銭のように並べられていた。ははあ、なるほどそういうことか。おまじないなのね。櫓から見下ろすと、秋が。

  • 秋に染まる小諸・上田-3

    真田幸村ここにあり _____________________________________翌17日は、朝からの好天。まずは、上田城へと向かいました。駐車場から、落ち葉も眩い二の丸堀跡を歩いていきます。                              御覧の通り、これが実に良い雰囲気なのですよ。

  • 秋に染まる小諸・上田-2

    紅葉の中で弓道か______________________________________________ 続いてやってきたのは、小諸城址・懐古園紅葉情報では、色あせはじめと出ていたのですがなんのなんのまだまだ、真っ盛りでしたよ。紅葉、そして見事な天気の中気分よく歩きます。

  • 秋に染まって小諸・上田-1

    布引観音への険しい道______________________________________________11月16日から17日にかけて秋を求めて長野県の小諸そして上田へと出かけてきました。季節ものですので、北海道2020夏を中断して先にご紹介します。自宅から約3時間で小諸の「丁子庵」に到着昼は、くるみ蕎麦にしました。左側のすり鉢に砕かれたくるみが入っていましてさらにそれを、すりおろし。その上に蕎麦つゆを入れて、食べるのです。腹もいっぱいになり、やってきたのは布引観音ここから、激しい道を登り20分ほどと聞いているのです。さあ、行きますか。

  • 北海道2020初秋-12

    廃線跡は散策路 ________________________________________________________________________国鉄手宮線跡です。北海道最初の鉄道・手宮線(開設当初は、幌内鉄道)義経号や弁慶号が走った鉄路だ。昭和60年(1985年)に廃線となった後は、花と鉄路の散策路として親しまれている。フリーランス線路際のジャズ喫茶

  • 北海道2020初秋-11

    やっぱり好きだなこの街は_____________________________________旅の3日目朝起きて眺める外は、どんよりと曇り空。まあ、雨が降らないだけいいか。この日は、小樽へとやってきました。「おた~る~、おた~る~」と連呼していた独特な駅の到着アナウンスはなくなってしまったのですね。残念。うん、なんだこの自動販売機。

  • 北海道2020初秋-10

    思いがけず紅葉に出会う______________________________________________富良野に入ってきたのだが10月1日の富良野は、もうラベンダーが咲いているわけでもなくまた、妻は「北の国から」を見ていなかったということでロケ地である麓郷に行っても仕方なく富良野ワイン工場、そしてここ富良野チーズ工房へとやってきた。ここで、チーズの試食をしたのだがいかすみパウダー入りのチーズがとても美味く買おうか迷ったのだけれど、この後札幌に泊まり東京に帰るのは2日後ということもあり買うのを断念。まあ、千歳空港で売っているだろうと甘い読みをしあとから後悔することになった。                                      そば春           この日の昼食は、富良野駅近くの蕎麦屋で             新そばを食べた。とても美味かった。     ..

  • 北海道2020初秋-9

    ジェットコースターの路_____________________________________________2日目は美瑛から富良野に向かう。美馬牛から国道を折れ入ってきたのが、ジェットコースターの路丘を駆け抜けるこの道は全長2.5KMに亘り、アップダウンが続く直線道路。なかなか凄いのですよ、ここが。

  • 北海道2020初秋-8

    新鮮な野菜が美味かった_____________________________________________絶好の天気の日に美瑛で過ごすことが出来とてもついていた。さあ、そろそろ夕食の時間も近づいてきた。戻るとするか。いい色に輝いているな。

  • 北海道2020初秋-7

    やがて陽が沈むころ_____________________________________________美瑛のスプウン谷のザワザワ村を夕食前に撮っています。雄大な光景ですね。なんか、気が晴れるよね。右側が私の宿泊棟です。車は、各棟に駐車スペースがあります。

  • 北海道2020初秋-6

    スプウン谷のザワザワ村______________________________________________スプウン谷のザワザワ村美瑛の宿泊に選んだのは、ここ。以前に何かのテレビでここを主役にした番組を見たことがあり機会があれば、是非泊まりたいと思っていたのだ。2.8万ヘクタールの自家農場の真ん中にぽつりと佇む5つの2階建てコテージ全5組のみの小さな宿で、予約を取るのが至難の業だ。今年は、コロナの影響で予約が遅かったので運よく取ることが出来た。では、さっそくコテージの中に入ってみましょう。

  • 北海道2020初秋-5

    小さく見えた赤い屋根の家_____________________________________________ 三愛の丘美瑛の丘巡りラストスパートです。ここからは、大雪山・十勝岳連峰がよく眺められます。広がる景色が、気持ち良いですね。

  • 北海道2020初秋-4

    思いがけず羊と遭遇_____________________________________________美瑛の丘めぐり、セブンスターの木を続けています。                  まあ、セブンスターの木の隣の並木なんですけどね          こちらの木の方が、味わいがあっていいな。8年前の中国語ばかりが聞こえていた、あの喧噪はどこに行ったのか、今はもう誰もいません。

  • 北海道2020初秋-3

    丘を越えて行こうよ_____________________________________________美瑛の丘めぐりを続けています。それにしても、誰もいなくて気持ち良いや。親子の木次に、やってきたのは親子の木。大きな木と小さな木が寄り添うように立っています。この日は、暑いくらいの良い天気でした。

  • 北海道2020初秋-2

    小洒落たランチで一休み______________________________________________美瑛の青い池で、青い色に魅せられています。秋ののどかな一日とても気分が良い。9月30日平日の午前にも関わらずそこそこの人がいた。きっと、普通の夏であればそれこそ押すな押すなの混雑なんでしょうね。

  • 北海道2020初秋-1

    青い色に魅せられて_______________________________________________________________________美瑛9月30日から10月3日まで北海道を旅してきました。新シリーズにてお届けします。もともと今年の夏は、東京オリンピックを観戦(ボクシングが当たっているのです)その後、北海道の夏を満喫しようと2月にマイレージで航空機を取ったのでした。ところが、このマイル禍で予約を直前に取り消しそのマイレージは、予約から1年以内に使わないと無効になるということがわかり9月末の出発へと予約を切り替えたのでした。そして、コロナの様子を見ていたところなんとか東京のコロナも落ち着いてきてたので、出かけたのでした。青い池朝7時45分羽田発の飛行機で、旭川に飛びました。旭川には、9時半前に到着ここからは、翌日の夕刻までレンタカーでの移動です。まず、やってきたのは..

  • 【街角激写団】新宿編-4

    上手いコピーだな________________________________________引き続き、ゴールデン街を歩いています。凄い店名ですね。首でも飾られていたら、怖いですね。こちらは、ほのぼのとした店名ですね。まあ、入ってみないとわかりませんがね。

  • 【街角激写団】新宿編-3

    末廣亭からゴールデン街へ________________末廣亭寄席の定石。昔ながらの外観、中も桟敷があり昔の風情そのままの寄席です。こちらは、末廣亭の裏口物凄い電気量計器が並んでいました。こちらは、事務所2階の「喫茶楽屋」

  • 【街角激写団】新宿編-2

    新宿の名酒場は健在 ______________________________________________ぼるが新宿西口、焼き鳥の名店健在でした。インド料理屋さんだいたい、どこもそうですが店先に、べたべたと飾ってますよね。西口から東口へと抜ける通路あれ?この通路まだあったけか?

  • 【街角激写団】新宿編-1

    ああ~懐かしのション横______________________________________________続いて、未発表写真を2007年9月撮影の新宿です。新宿の目です。そういえば、一時何者かが壊しましたね。今は、修復しましたが。新宿を代表するオブジェの一つですね。続いてやってきたのは、思い出横丁私が良く通った学生の頃は、しょんべん横丁(ション横)と呼んでいました。

  • 香港よ、どこへ行く-4

    どうなってしまうのだろう香港 _________________________________________________________________2006年12月の香港、最終回となります。この時は、デジカメ(SONY アルファ100)を買ったばかりでたしか、レンズは35MMカメラで使ってた昔のミノルタのレンズを使っていた。上海ガニの季節でもあったな。バナナがぶら下がってるよ。

  • 香港よ、どこへ行く-3

    やっぱりブルース・リーでしょ_______________九龍側の尖沙咀西へとやってきました。ここから眺める香港島の夜景が見事なのです。右端にスターフェリーが写っていますね。九龍側と香港島を行き来するのはあ、スターフェリーが一番心地よいですね。これが、スターフェリーの乗り場です。

  • 香港よ、どこへ行く-2

    クリスマスの香港は美しい_______________________________________________引き続き、2006年12月の香港をお届けしています。ビクトリアピークから九龍側へと、戻ってきました。おや、ここにクリスマスイルミネーションがあるようです。なになに、雪のチャペルだと。

  • 香港よ、どこへ行く-1

    2006年冬の香港 ______________________________________またまた未公開シリーズです。2006年12月の香港をお届けします。香港って、あのごちゃごちゃ感と猥雑感何でもありおもちゃ箱をひっくり返した楽しさがありとても好きな街でした。初めて行った海外は香港だったしラグビーセブンスにも行ったし10回くらい行ったんじゃないかな。そして香港といえば、クリスマスイルミネーションがとても美しい街でした。まずは、トラムでビクトリアピークへと向かいました。

  • 【街角激写団】本郷編-3

    合格横丁の酒屋_________________________________________________________________それでは、本郷の街歩きに戻ります。東大前の横丁を菊坂のほうに歩いていきます。吉沢酒店合格横丁の酒屋。この家は、車庫を緑のスペースとして上手く活用していますね。

  • ひまわりは元気色

    コロナがあろうが夏は来るのだ______________________________________________コロナでどこにも出かけられない夏耐えきれなくなり、20日に千葉は成田まで出かけました。あちこちの「ひまわりフェスティバル」を探したのですが今年は、どこも中止。そんな中、ひまわり迷路があるという成田ゆめ牧場へと出かけました。

  • 【街角激写団】本郷編-2

    威風堂々明治生まれの本郷館______________________________________________さあ、凄い建物が見えてきました。                     明治生まれの木造3階建て              本郷館の威容です。老朽化が進んでおり、行ったときは御覧のようにコーンが建てられていました。2006年には建て替え計画が発表されましたが拒否をする人も多く、2007年当時まだまだ暮らしている人がいました。

  • 【街角激写団】本郷編-1

    三軒長屋が並んだ空間_________________________________________________________________2007年4月の撮影会王子のあとは、本郷へと向かいました。本郷に行くと、必ず撮る酒屋に掲げてある黄桜の看板。ご主人が買い物中なのでしょうかワンちゃんがガードレールに繋がれていました。おお~、立派な蔵ですね。

  • 【街角激写団】王子編-2

    無くなってしまった昭和の光景___________________________________________________________________ 引き続き、今はなき王子さくら新道の光景をお届けしています。1階が飲み屋そして2階が居住地の長屋がずらりと並んでいました。2012年1月21日未明の火災は、この2階で暮らしていたアルバイト従業員が付けっぱなしにしていた電気ストーブが布団に引火火は、飲み屋長屋全体に広がりこの飲み屋街一帯が焼けこげました。火災を免れたのは、僅か2軒でした。素晴らしい景観が、あっという間に消滅してしまったのです。

  • 【街角激写団】王子編-1

    ああ~、懐かしのさくら新道 _________________________________________________________________都電 王子駅前電停どこにも出かけられない今年の夏ネタは、とっくに切れていてさあ、どうしようかと思っているのですが・・・そういえば、デジカメに移行当初の写真をアップしていないなと思い起しました。そこで、第1回目は2007年4月に行った【街角激写団】撮影会の写真を記事にしてみました。当時、SO-NETフォトという写真投稿サイトがありそこで、知り合った街角写真好きが集まり撮影会を催しました。多いときは、2月に1度ほどの頻度で撮影会を行い2017年4月まで続きました。このブログでも、街角激写団のカテゴリー欄にて187本の記事を掲載していますが数回分の撮影会が未掲載ですので、ご案内させていただきます。2007年4月撮影とは、もう13年も前なの..

カテゴリー一覧
商用