searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
ニューノーマルの理 (ことわり)
ブログURL
https://ameblo.jp/eiichiro44/
ブログ紹介文
eWAKITAの米国発・金融危機動向リポート
更新頻度(1年)

116回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2009/01/25

参加カテゴリ

経済ブログ / 世界経済

為替ブログ / 為替投資情報

ニュースブログ / 時事ニュース

※ランキングに参加していません

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、e.WAKITAさんの読者になりませんか?

ハンドル名
e.WAKITAさん
ブログタイトル
ニューノーマルの理 (ことわり)
更新頻度
116回 / 365日(平均2.2回/週)
読者になる
ニューノーマルの理 (ことわり)

e.WAKITAさんの新着記事

1件〜30件

  • 「コロナパニック」におけるドルショートについて

    ドルショートが積みあがっており踏み上げのリスクが囁かれている。    それはそうでしょうね。リーマン以降と照合させてもFRBのテーパーがはじまる2014年まで…

  • 慧眼なきドメスティックな投資マインドについて

    トランプは8日(土)、自らの公約に従い、失業給付の上乗せ分を週400ドルとし、大統領令を発動した。これはマーケットにとって重要なポイントとなる。 柱は4つだが…

  • マーケットが楽観視する「失業保険上乗せ特例措置の行方」について

    米株式市場は、トランプ政権と民主党の動向を目の前にして、期待が落胆をやや上回る静かな足取り(値動き)となっている。 米7日発表の雇用情勢は、極端な数字でもない…

  • FOMC後のドル円レート、基軸レンジについて

    前回記事については反対解釈、つまり引き下げなかったことによって現状維持というか一時105円台を割り込んでいったものの今現在はその105円台となっている。 金利…

  • 7月FOMC前夜 ‐無風だった会合にドル安のヒントあり‐

    そうそう、ドル安について。 当オフィスでの金利差・その他諸々をベースとした予測モデルでは、「105円台」はセンチメントがリードするオーバーシュートだとお伝えし…

  • 陰性後、「後遺症というアフターコロナ」との戦いについて

    以下は前回記事の後半部が長くなったので新たに更新。  感染者・軽症者の増加が軽視されているが、「軽症の定義」に不備は? 国内に限っていえば「軽症で終わる (だ…

  • インフォデミックに包まれるパンデミックについて

    パンデミックのさ中、b.meetingにも注視していましたよ。 わかる人はすぐにわかると思うけど、頭文字で勿体つけた感じでしょう? ご察しのとおり皆と同じでコ…

  • QEは継続、バランスシート縮小報道の無意味

    「FRBのバランスシートが7兆ドルを割り込んだ」という報道が目につくが、前回お伝えした米ドルスワップ残高等が減少すればバランスシートが小さくなる場面があっても…

  • GoToキャンペーンという狂気の政策について

    gotoキャンペーン? 経済を回すのはわかるが明らかな感染拡大のさ中、感染拡大を抑えるどころか逆に促すらしい。 なぜこのタイミングで?今までやってきたことと言…

  • 酷暑の中のエアコンクラスターと企業のCSRについて

    エアコンクラスターについて長くなったので追記をこちらへ移動。(以下) さっそくのレストランクラスター記事だが、今から酷暑が待ち受けている日本でも注視に値する記…

  • 自然災害大国日本、そこに不明の新型ウイルスという未踏災害の予兆

    関東では広範囲に地震が断続的に発生しており本日早朝は茨城県南部を発信源としたマグニチュード4.7の地震ということでここ数ヵ月の発生頻度から不気味さを感じる。 …

  • ドル流動性スワップとドル指数について

    FRBが主要5中銀に加え9ヵ国中銀と通貨スワップを結んだのは3月。当初は期間6ヵ月で総額4,500億ドルだった。    前回記事では、「残高が2,254億ドル…

  • Update: FRBのポートフォリオ

    以下は米東部7月2日午後にアップされた7月1日時点でのデータ。    基本的に、トレジャリーやMBSの買い切りが増加すればマーケットは好感する、といった傾向が…

  • 2020都知事選前夜

    国と東京都が迷走しまくった挙句、都知事選前にして都内の感染者は急増。 学業の実態無き特権卒業、といったことに目を向けられ続けた都知事は、連日連夜「夜の街に近づ…

  • 火事場の中の雇用情勢について

    以下、Bloombergから。  米雇用統計データ、混乱必至か-労働市場の解読さらに難しくなる恐れ 2020年7月2日 5:34 JST          雇…

  • 5月雇用情勢前夜

    米東部29日、NYfedはPMCCFの運用開始をリリース。 New York Fed Announces Primary Market Corporate C…

  • 緊急流動性プログラムの段階的アナウンスに反応するマーケット

    NY株式市場は続伸、本日は5月小売売上高の数値が押し上げたところからスタート。 見方を変えれば州政府や連邦政府、そして中央銀行による大規模な流動性、給付金の支…

  • 都知事選 続・雑感

    都知事選について特に拘りがあるわけではないんだけど、書いておかなくてはいけない内容なので、以下、雑感として補足。  世間の疑念に対して知事が反論したんだとか。…

  • 小池危機2.0について

    前回追記のものは長くなったのでこちらにアップ。  小池百合子氏とカイロ大学の深い闇 エジプト政府の「声明」で学歴疑惑を突破できるのか | JBpress(Ja…

  • 6.11の暴落について

    長期緩和スタンスを示したFOMC翌日、ダウ、ナスダック、SP500と株式はすべて暴落。 原油先物も再度の暴落で3月の再来といった様相。しかし下げ余地が残されて…

  • クイックレポート6月FOMC

    とりあえずと言っては失礼だが声明文とsepを見た感想。3時半時点。 以下、声明文と経済予想(SEP)から金利政策と量的政策(世にいうバランスシート政策)を1と…

  • 6月FOMC前夜

    雇用情勢観ましたよ。 今週のマクロは「心臓破りの丘」となりそうだっただけにISM製造業、サービス業からADP、週間新規失業保険申請件数にBLSの5月雇用情勢一…

  • タヌキ不況について雑感2

    追記でサラッと書くつもりがやはり長くなったので、ここでタヌキ雑感。現都知事について。 ちょっと前にタヌキ不況について書いていたけど、以前からの閲覧者の方であれ…

  • FRB、ユーロシステムの量的政策とユーロドル

    以下はFRB、そしてユーロシステムのバランスシートの推移とユーロドル。    EAというのはユーロエリア、ユーロ圏19ヵ国のこと。具体的にいえばECBとそのユ…

  • FRBのポートフォリオについて

    前回、NYfedの運用が、 なんて言及したけど5月20日upのデータでは以下のようになっている。(eリサーチ作成)    以前にはバランスシートの拡大でドル希…

  • パンデミック失業は新秩序を示唆 -ドル円レートは引き続きの現行水準-

    5月16日(土)終週までの新規失業保険申請件数、および5月9日(土)終週までの失業保険現行需給件数は以下。    失業保険現行受給件数は1周遅行分が公表される…

  • アフターコロナの「小池恐慌」について

    趣向を変えて国内話題の出口戦略、自粛要請解除、「小池不況」について雑感。都知事選前にしてコロナ便乗で自らがオーバーシュートしている現都知事についてである。 賢…

  • 労働力人口の減少とU6失業率の上昇 ‐米国における経済成長の行方‐

    ドル円レートは引き続き4月5週ドル円レートを継続予想。 失業率は14.7%ということで、さしたるサプライズもなく無難に通過。ただしそれはマーケット上の事で実体…

  • 米雇用情勢とドル円レート ‐4月雇用情勢前夜‐

    これだけ羽振りの良い補償金などの資金供給政策がでてくるというのであれば、将来的な増税も覚悟しなくてはならないが、日本と違って米国債は購入されることになるので思…

  • BLS公表の4月雇用情勢について

    ADP雇用報告では民間セクター雇用者数4月分が2023.6万人の減少だった。 大まかには、BLS非農業部門雇用者数の先行指標としての位置付けとなっている同報告…

カテゴリー一覧
商用