searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
たつのこ半畳記350
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kiun350/
ブログ紹介文
四季折々にときどき日記。平成23年に開創350年を迎えた起雲山大龍寺のブログです。
更新頻度(1年)

64回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2008/11/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、たつのこさんをフォローしませんか?

ハンドル名
たつのこさん
ブログタイトル
たつのこ半畳記350
更新頻度
64回 / 365日(平均1.2回/週)
フォロー
たつのこ半畳記350

たつのこさんの新着記事

1件〜30件

  • ★令和3年山門大施食会 録画配信

    5月9日、恒例行持の「山門大施食会」を修行しました。昨年同様、YouTubeによるライブ配信をおこない、ご縁の方たちにライブでの視聴参列もしていただきました。多くの方の思いをいただきながらお勤めできたことは何よりです。取り急ぎ、字幕を整備した上で、録画配信を再開しました。もう少し詳細なご報告・御礼は改めてさせていただきます。ご感想・お問い合わせなどなどありましたら、このブログへのコメント・メッセージ、または、FBへのアクセスをお願い致します。https://www.facebook.com/dairyuji★令和3年山門大施食会録画配信

  • ★おんなじ空の下で坐るには

    5月4日、オンライン坐禅会を久しぶりに開催しました。にわかに思い立った企画であったため告知不十分でしたが、それでも、2人が参加して下さいました。振り返ってみると、初めてオンライン坐禅会を開催したのが試行錯誤の中だった1年前のゴールデンウィークでした。以来、感染状況に振り回されながらリアルとオンラインを織り交ぜて毎月1回、自分への課題・試行錯誤をしながら坐禅会を続けて来ました。今回のオンライン坐禅会では以前から心の隅にあった「青空の下で坐ること」を課題にすることにしました。《企画・開催メモ》(1)天空の下は、直射日光だった…本堂の屋根の上で坐ることを想定していましたが、青空の下で坐るのは、まぁ企画倒れでした。爽やかな季節とはいえ、当日は朝から天気が良すぎでした。直射日光を浴びて3~40分坐り続けていたら、身体的な...★おんなじ空の下で坐るには

  • ★豊川稲荷分霊社の覆い屋

    現在、原3飛び地に祀っている豊川稲荷分霊社は、元々は夏目坂通りに面した通用口の傍らにありました。遷座前(夏目坂通り通用口の傍)平成21(2009)年秋に新しい社にあらため三界萬霊塔(観音菩薩石像)と共に遷座法要を修しました。以来、現在の場所に落ち着いて11年半が経過しました。当時の様子は、こちらから振り返ることができます。★稲荷社の移設その4(新しい社)★稲荷社の移設その5(遷座点眼法要)★豊川稲荷・三界萬霊塔整備遷座時の新社(平成21年)12年前は鏡のように光っていた銅屋根はすぐにくすみ、社屋(本体)も風雪にさらされて、ずいぶんと貫禄が出てきました。銅のサビは緑青色のイメージがありますが、その前に赤褐色を経ます。写真では見づらいですが、現在の社屋根は赤褐色という段階です。銅のサビは皮膜として作用し、逆に強くな...★豊川稲荷分霊社の覆い屋

  • ★自分のコトも、みんなのコトも。【山門大施食会】

    当山檀信徒、ご縁の方々へ社会全体は感染症の終息に至っていませんが、大龍寺はいつも通りに春を迎えています。年に一度の恒例「山門大施食会(おせがき)」の時期が参りました。従来からこの法要は多くの檀信徒がご供養を申し込まれ、母の日当日は本堂いっぱいに檀信徒が集まり、近隣ご寺院さまとともに勤めてきました。本年も施食会をお勤め致しますが、現在の感染状況から、檀信徒皆さまに参列を募らない「内献(ないけん)」でのお勤めとさせていただきます。施食会の主旨は「ありとあらゆる亡き人に対してご供養をする」ということにあります。自分にとって大切な方、ご先祖様であれば、普段からご供養の気持ちをもたれると思いますが、あまり関係性が感じられない方であると、ご供養の気持ちも盛んではないかもしれません。この法要では、多くの方のお気持ち、ご助力を...★自分のコトも、みんなのコトも。【山門大施食会】

  • ★keep clean,keep distance.【清掃奉仕会開催しました】

    山門大施食会を控えた4月24日(土曜日)に、檀信徒・有志による清掃奉仕会を開催していただきました。今回も感染症蔓延下(緊急事態宣言の適用前日)の開催であるため3月に発行した寺報とネットでのお知らせにとどめ少人数での開催。当日は11名がご奉仕をして下さいました。例年、午前の奉仕・中食・午後の奉仕という時間を取っていますが、今回は・午前1時から2時までに到着・開始時の全体集合はしない(ホワイトボードで最初の奉仕内容を確認する)・片付けも含めて午後5時には終了(各寺の都合に合わせて早退もOK)と、大勢が1カ所に集まらない形式を考えました。以下、ご奉仕内容を記します。お墓掃除1お墓掃除2お経本の補修返却された古いお札の確認柱巻などを冬物から夏物へ換装五如来幡等の掲示五色幡(二十五流)の掲示灰ならし夏みかんの収穫最終的に...★keepclean,keepdistance.【清掃奉仕会開催しました】

  • ★カバン

    ―――――――――――――――――――――――――――4月24日(土)檀信徒・有志清掃奉仕会募集中→https://blog.goo.ne.jp/kiun350/e/7aae109b268194cffa9f161ca4f0c87f5月9日(日・母の日)山門大施食会内献・ライブ配信→https://blog.goo.ne.jp/kiun350/e/696ed1671934ff5a7b6a2af927243835―――――――――――――――――――――――――――長年連れ添った檀那さんを亡くされた女性の話。外地で生まれた彼女は、第二次世界大戦の敗戦によって日本に来て、縁があって、東北地方の港町に移り住んだそうです。生まれて初めて海のそばで暮らすことのうれしさ、今でも忘れられない思い出となっている夏の海水浴。それで...★カバン

  • ★4月24日・第34回 檀信徒・有志 清掃奉仕会《縮小開催》

    「自分たちのお寺なんだから、自分たちで掃除をしよう!」という総代さんの提案によって平成16(2004)年に始まり、以来、夏と冬に年2回の奉仕会を続けてきました。今回は、新型コロナウイルス感染症が終息に至らない状況であるため、お昼ご飯の時間を避け、午後のみの「縮小開催」とします。それぞれご昼食を取られた後、大龍寺にお集まり下さい。参加者全員が集合して一斉にご奉仕を始めるのではなく、午後1時頃から到着された順にご奉仕内容をご案内致します。足腰の不自由な方、元気な方、年輩の方、若い方など、それぞれに無理がないよう外掃除、屋内作業、軽作業などを分担します。お身内の、若手の方・お子さんなどお誘いし、一緒にご参加いただければ幸いです。開催日令和3年4月24日(土曜日)内容境内・墓地の清掃本堂荘厳(柱巻など)の夏物への換装施...★4月24日・第34回檀信徒・有志清掃奉仕会《縮小開催》

  • ★山門大施食会は“内献”でお勤めします

    毎年5月母の日に行持している「山門大施食会」を、本年も例年通り5月9日(日・母の日)に修行させていただきます。残念ながら、新型コロナウイルス感染症の蔓延防止を考えなければならないため、内献(ないけん;皆さまの参列を募らず、山内にてお勤めする形式)とさせていただきます。2年続けて内献になってしまい、毎年楽しみにしていらっしゃる方には申し訳ありません。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。★山門大施食会★日時5月9日(日・母の日)午前11時ころより正午12時ころまで形式内献(ないけん)YouTubeによるライブ配信をおこないます。内容施食会にちなむお話施食会法要(本尊上供・有縁無縁供養・先祖供養・新亡供養)法要後、天候が良い場合は、「三界萬霊塔」「豊川稲荷分霊社」への参拝を中継します。※上記画像の左下に表示...★山門大施食会は“内献”でお勤めします

  • ★令和3年4月の坐禅会について

    令和3年4月3日晩と4日朝の坐禅会については以下の通り開催します。両日とも「早番」と「遅番」があり、2日間で4回開催します。お寺で坐る(アット本堂)か、自宅で坐る(オンライン)かという形式の違いと、坐り方の説明が有るか、説明が無いかという内容の違いがありますのでご注意下さい。前回3月の坐禅会でも同様の形式で実施していますが、進行時間については前回の反省点を活かして少々変更点があります。4月3日(土曜日)(A)16:30~18:00アット本堂坐禅会坐り方説明なし(B)19:00~20:40オンライン坐禅会坐り方説明あり3月4日(日曜日)(C)06:00~07:30オンライン坐禅会坐り方説明なし(D)08:00~09:40アット本堂坐禅会坐り方説明ありいずれの回も、ご参加いただくには「事前申込」が必要です。申込方法...★令和3年4月の坐禅会について

  • ★坐って眠ってまた坐る ~1泊2日っぽいオンライン坐禅会~ 

    3月に続いて、2回のオンライン坐禅会を疑似的に1泊2日のオンライン宿泊参禅っぽくまとめて、ご案内させていただきます。参加者は「足を組む坐禅」「椅子に腰掛ける坐禅」など、お好きな坐り方を選べます。初めての方でも無理のないように、1日目の坐禅前に「坐り方の説明」があります。1泊2日っぽいですが、参加は「2日とも」「1日目晩のみ」「2日目朝のみ」いずれもOK。坐り方の説明は1日目晩しかありませんので、初めての方はこちらの参加をお薦めします。オンラインのシステムはZOOMを使用します。リンク先での事前のお申し込みが必須です。★4月3日(土曜日)19:00-20:40《坐り方説明あり》18:55オンライン開室19:00坐禅と坐り方の説明19:40坐禅20:00おはなし(洗面について)20:10感想シェア・Q&A20:40...★坐って眠ってまた坐る~1泊2日っぽいオンライン坐禅会~

  • ★現在の年回法要のお勤めについて(令和3年3月)

    年回法要については、感染防止対応策をとりながら勤めています。3月21日にて全国的な「緊急事態宣言」は解除となりましたが、私たち市民が、感染症対策を心掛けることは変わらないと考えています。新型コロナウイルス感染症対策本部が、令和3年3月18日に決定した「緊急事態宣言解除後の新型コロナウイルス感染症への対応」によると、3つの密を避ける(※いわゆる「5つの場面」を回避する)マスクの着用フィジカルディスタンスの徹底手指の消毒換気の徹底が、緊急事態宣言が解除された後の指針とされています。個人・事業者の心がけは、こちらのサイトが参考になります。感染の再拡大防止特設サイト(https://corona.go.jp/proposal/)★年回法要の実施について★そのような中、年回法要の実施について迷われている方も多いと思われま...★現在の年回法要のお勤めについて(令和3年3月)

  • ★令和3年 春季彼岸法会(春のおひがん)あけました

    3月23日で、1週間の「春のお彼岸」が明けました。春分の日にお勤めしたお彼岸中日法要は、内献(参列を募らない法要)とし、檀信徒皆さまの先祖代々供養と、特にお申し込みいただいた内容に沿って回向させていただきました。法要前のお話当山の法要行持で感染症への対応が始まったのは、ちょうど昨年の「春のお彼岸」でした。以来、一年にわたって多くの方に参列を募る法要は全て内献となりましたが、檀信徒各位にはそれぞれの日時で参拝・墓参をしていただき、この春も、お参りは絶えませんでした。ご本尊さまへの礼拝(三拝;さんぱい)為政者がいかなる感染症政策を打ち出しても、それ自身が持つ効果は「ゼロ」です。私たち市民一人一人が、日々の生活の中で新たな感染を起こさないよう心掛け、感染防止策を実践することによって初めて、感染症は収束していきます。ご...★令和3年春季彼岸法会(春のおひがん)あけました

  • ★何よりのお薬《看取りの話2》

    ★半年後の予約《看取りの話1》遠くにある病院の診察に車で同行した翌朝、彼女の自宅から電話がありました。薬で抑えていた痛みが未明から耐えられなくなり、ガンの主治医に電話で相談したらすぐ診察、場合によっては即入院になるかも。との見立てに、彼女は全部一人で自宅の片付け、診察・入院の準備、郵便や宅食停止の連絡をし、マンション管理人さんへの挨拶も済ませたそうです。彼女の連絡手段は、今では珍しい黒電話一本と郵便だけ。留守電、FAX、携帯・スマホ、いずれも持っていなかったため、すぐに診察、そのまま入院なるかもという状況を誰かに伝えておかないと、場合によっては自宅での突然死が疑われかねないという事情もあります。これから病院に向けて出発するという間際に電話をくれたのです。翌日、入院している病院から電話がありました。病状的にはあま...★何よりのお薬《看取りの話2》

  • ★春のお彼岸は「お墓参り」と「お塔婆供養」

    2月3日の立春を迎えてから、当山では庭先の白梅が咲き、カエルが冬眠から目覚めて池に卵を産み、3月になってジンチョウゲの香りが届くようになりました。境内のあちこちに、春の先駆けを感じています。昨年春のお彼岸法要を「内献」にしてから丸一年がたとうとしています。いまだ感染症は終息せず、多くの人が本堂に集い、共に供養の気持ちを持つことが、難しい状況が続いています。本年3月の「春のお彼岸中日法要」も、4月の「花まつり」も、皆さまの参列を募らず修行致しますが、お墓参り・ご供養などは従来通りお心積もり下さい。消毒液や、堂内の換気を十分にして、皆さまをお迎え致します。―――――――――――――――――――――――――――――◎令和3年春のおひがん―――――――――――――――――――――――――――――これまでの事、今の暮らし...★春のお彼岸は「お墓参り」と「お塔婆供養」

  • ★坐って眠ってまた坐る(1泊2日っぽいオンライン坐禅会)

    お知らせ済みの、今回の坐禅会を4回に分けて実施することについて、オンライン坐禅については、6日晩と7日朝に2回開催しますが、両者を全く別ものとするのではなく、緩やかな連続性を持たせることにしました。それは、忘れていた“あること”に、気付いたからです。毎月1回の坐禅会をなぜ土曜日の晩に開催していたのか…禅堂の1日は「黄昏の鐘が聞こえてきたら、お袈裟を着用して坐る」ところから始まり、流れるように打眠(睡眠)、翌朝(未明)の暁天坐禅へと進んでいきます。この“黄昏坐禅→打眠→暁天坐禅”という一連の行持を、坐禅会でできたらいいな、と、頭の中で思い描きつつ、とりあえず土曜日の晩に坐禅会を始めたのです。現実的に「宿泊」という部分が難しいと、二の足を踏んでいたのに、その二の足を踏んでいたことすら、いまや忘れてしまっていました。...★坐って眠ってまた坐る(1泊2日っぽいオンライン坐禅会)

  • 令和3年3月の定例坐禅会について・3/1~受付

    令和3年3月6日晩と7日朝の坐禅会については以下の通り開催します。両日とも「早番」と「遅番」があり、2日で4回開催します。お寺で坐る(アット本堂)か、自宅で坐る(オンライン)かという形式の違いと、坐り方の説明が有るか、説明が無いかという内容の違いがありますのでご注意下さい。3月6日(土曜日)16:30~18:00アット本堂坐禅会坐り方説明なし18:20~20:00オンライン坐禅会坐り方説明あり3月7日(日曜日)06:30~08:00オンライン坐禅会坐り方説明なし08:20~10:00アット本堂坐禅会坐り方説明あり◆お寺で坐る(アット本堂)について*1回の定員は6名。事前申込が必須です。*到着時の手指消毒と、マスク着用をお願いします。*到着時に体調不良の方、37.5℃以上の方は、参加を控えて下さい。*100円以上...令和3年3月の定例坐禅会について・3/1~受付

  • ★半年後の予約 《看取りの話1》

    私たち2人は、半年後の予約をお土産にして病棟を出た。右手に迫る山の稜線に夕陽はしずみ、病院一帯は薄暗くなっていた。ところが左手に広がる太平洋は眩しく輝いていた。海の上には夏の名残りの大きな雲。その雲が夕陽を照り返して、日暮れの海を薄茜色に染めていたのだ。彼女は長い間、難病を抱えながら生きてきた。数年前には一緒に暮らしていた家族を皆見送り、「私が一家の最後です。これからは、両親の供養をしながら、自分が亡くなった後のお墓のことなど、きちんとしておきたい」という希望を伝えてくれていた。そんな彼女に、長年の難病に加えて難しい癌が見つかった。2度の手術では成功し回復が期待されたが、しばらくして転移が見つかった。家族がいないので、医師からの説明には、菩提寺の住職として付き添った。先生は癌の病状と手術の経緯、現在の状況をなど...★半年後の予約《看取りの話1》

  • ★令和3年、涅槃会の過ごし方。

    お釈迦さまのご命日にあたる2月15日(夕方)、涅槃会の法要を内献でお勤めしました。最近は坐禅会や大般若会など、ZOOMを使用したオンライン配信が続いていましたが、今回は誰に見せるわけでもありませんでしたが、非公開のYouTube配信をZOOMを経由せず行いました。結果、久しぶりの配信方法だっため音声が録れていませんでした…無声映像だけは残っていましたので、静止画を切り取って記録しておきます。本堂で涅槃会内献をしている間、書院のホールではお通夜のお別れ会が行われていました。通夜法要に合わせてご会葬者をお迎えすると密が避けられないため、通夜法要前の3時間ほど時間を設定して、会葬者の出入り自由なお別れ時間を設けました。拙寺を会場にしたご葬儀でこのようなやり方は初めてでした。多くの人と接することになるご遺族にとっては、...★令和3年、涅槃会の過ごし方。

  • ★令和3年2月の坐禅会はオンラインで開催しました。

    令和3年2月の定例坐禅会・初心坐禅会を最近続けてきたリアルとオンラインの同時開催はせず、オンライン形式のみで開催しました。定例坐禅会は6日16時半から5名参加。1炷目は約35分、経行を経て2炷目は『普勧坐禅儀』を読誦。最後に、涅槃図と佛遺教経のことについて触れて18時で終了。初心坐禅会は翌朝6時半から4名参加。参加者みなさんの坐る場所について調えてもらってから、坐り方の説明をして約20分ほど坐りました。終わってお話と、皆さんからの質問を受け付けて8時で終了。文殊様とともに、涅槃図も掲出しお祀りしています。《お話メモ》時代や場所が変われば、やり方を合わる必要も出てくるけれど、それには根本の確認と、根本と現実世界とどう契合しているのか見定めること。何かを変えるには、変えられない所をわきまえることではないか。お釈迦さ...★令和3年2月の坐禅会はオンラインで開催しました。

  • ★令和3年2月の坐禅会・申込について

    令和3年2月の坐禅会は、オンライン坐禅「うちで坐ろう」のみ実施します。★うちで坐ろう#20(坐り方説明なし・坐禅時間は約35分×2回)2月6日(土)夕16時15分開室~18時00分閉室※坐禅経験がある方に限ります。※2炷目に『普勧坐禅儀』を読誦します。※当山への参加費の奉納はありませんが、善行を心掛けていただければ嬉しいです。【参加申込方法】事前に、ZOOMへの登録をしていただく必要があります。登録後、ミーティング参加に関する情報の確認メールが届きます。https://zoom.us/meeting/register/tJUpde6trDIvHdPDz7txu9mta3WIkhPTuCqK★うちで坐ろう#21(坐り方説明あり・坐禅時間は約20分×1回)2月7日(日)朝6時20分開室~8時00分閉室※初めての方で...★令和3年2月の坐禅会・申込について

  • ★令和3年の立春・初午は2月3日

    先日の大般若修正会でご祈願をした“おふだ”は、該当する檀信徒皆さんへお送りしました。もう届いている方もいらっしゃるようです。歩ける範囲でご近所は一軒一軒お届けにあがりましたが、それ以外の方はメール便で送らせていただいています。お寺にお伝えいただいている住所が最新でない場合は、状況によって転送されず戻ってきてしまうこともあります。郵便やメール便が直接届く住所をお知らせください。おふだのご案内に間違いがありましたので、お詫びして訂正します。「立春の日」について2月4日というご案内をしてしまいましたが、今年の節分は例年とは異なる2月2日なので立春は2月3日です。お気づきの方は2月3日にお張りいただければ幸いです。立春後初めての午(うま)の日を初午(はつうま)と言います。全国のお稲荷さんにとっては、お正月の初詣よりもお...★令和3年の立春・初午は2月3日

  • ★令和3年2月の坐禅会について

    令和3年2月の坐禅会は、リアル坐禅は中止し、同時間帯のオンライン坐禅「うちで坐ろう」のみ実施とさせていただきます。★うちで坐ろう#20(坐り方説明なし・坐禅時間は約35分×2回)2月6日(土)夕16時15分開室~18時00分閉室※坐禅経験がある方に限ります。※2炷目に『普勧坐禅儀』の読誦があります。※これまでとは時間が異なります。★うちで坐ろう#21(坐り方説明あり・坐禅時間は約20分×1回)2月7日(日)朝6時20分開室~8時00分閉室※初めての方でも参加できるよう坐り方の説明があります。※坐禅後の「感想シェア」ではカメラオン・マイクオンをお願いします。※これまでとは時間が異なります。1月31日以降、当山のブログ「たつのこ半畳記」にて詳細をご確認下さい。https://blog.goo.ne.jp/kiun3...★令和3年2月の坐禅会について

  • ★皆さまがこの一年間幸せでありますように

    大龍寺では、毎年1月第3日曜日に「大般若修正会」を修行し、当年を家内安全・無病息災・開運満足などで過ごすための祈りを続けています。昨年までは、檀信徒皆さまに法要と懇親会へのご出席をお誘いしてきましたが、今回は、新型コロナウイルス感染症の第3波・緊急事態宣言への対応として内献法要(参列なし)インターネットライブ配信でのお勤めとし、例年の祈願に加えて疫病退散(新型コロナウイルス感染症の終息)・身体堅固・世界平和を本年の特別祈願としてお勤めさせていただきます。法要日時令和3年1月17日(日曜日)午後2時より視聴URLhttps://youtu.be/AbEI6SrMPV8こちらで見られます◆おふだの送付について法要にて祈願をした「おふだ」は、当山の全ての檀信徒さまへ郵送します。送付する内容物は、①起雲山大龍寺大般若祈...★皆さまがこの一年間幸せでありますように

  • ★正月三が日の坐禅会

    かつて坐禅会が毎月1回だった頃、“毎月”と謳っているのに休会の月がありました。お正月も坐禅会をしない休会の月でした。何年前だかハッキリはしませんし気まぐれだったのか、お正月も坐禅会を開催したことがありましたが、いつも以上に参加者が多く、驚いたことがありました。何人かにお話をお聞きすると、・毎月参加している坐禅会があるけれどお正月は休会で、ここはお正月にも開催しているので坐りたいと思った。・せっかく新年を迎えたので坐ってみたかった。などという声が何人かから聞かれました。お正月の新鮮な心境で坐禅を組みたいという気持ちはよくわかります。それ以来、お正月も坐禅会を開催することにしました。2018年からは土曜晩と翌日朝に坐禅会を開いていますので、1日でも開催日となりうるのは、元日晩から8日朝まで。今年は2日晩・3日朝の開...★正月三が日の坐禅会

  • ★令和3年辛丑/佛紀2587年/開創360周年 曹洞宗起雲山大龍寺年間予定

    令和3年辛丑/佛紀2587年/開創360周年曹洞宗起雲山大龍寺年間予定◆1月17日(日)午後2時新年大般若修正会(参列なし・おふだ送付)◆2月15(月)涅槃会(お釈迦さまご命日)◆3月20日(土・春分の日)午前11時春のお彼岸中日法要内献(参列なし)とし、お塔婆供養は受け付けます。17日~23日春のお彼岸(ご本尊さま・お墓のお参りはそれぞれに)◆4月8日(木)花まつり(お釈迦さまご生誕日)永代供養塔「永遠の光」の塔建立17周年24日(土)午前10時有志清掃奉仕会◆5月9日(日)午後2時山門大施食会◆6月未定日特派布教会(永遠の光永代供養に代えて)◆7月8日(木)午前11時初盆供養会(令和2年・3年初盆の方/大龍寺にて)13日(火)午後3時盂蘭盆会法要(すべての檀信徒/大龍寺にて)1日(木)~7日(水)盂蘭盆会宅...★令和3年辛丑/佛紀2587年/開創360周年曹洞宗起雲山大龍寺年間予定

  • ★令和3年1月の坐禅会について《事前申込について》

    令和3年1月2日晩の定例坐禅会と、3日朝の初心坐禅会について次のような内容で、開催させていただきます。*両日とも同一内容の「早番」と「遅番」の2回(2日間で4回)開催します。スケジュール・参加資格は下方に記しています。*各回の定員は4名とし、事前申込の方のみ受け入れます。*坐蒲・座蒲団の供用はせず、毎回入れ替えます。*お茶・お菓子などのご接待はありません。*本堂でのリアル参加に申込をされても、上山時に体調不良の方体温が37.5℃以上の方手指消毒をしない方マスクを着用しない方は、参加をお控えいただきます。★定例坐禅会(坐り方説明なし・坐禅時間は約35分×2回)早番1月2日(土)夕16時30分止静~18時00分解散定員4名遅番1月2日(土)晩18時30分止静~20時00分解散定員4名+オンライン参加※遅番は、オンラ...★令和3年1月の坐禅会について《事前申込について》

  • ★講座「禅といま」の『講義録』について

    友の会会員さま・賛助寺院さま向けの当講座『講義録』は、令和2年12月の発刊・発送を目指しておりましたが、事務局の都合により、新年1月11日の週に発送を予定しております。当初のお知らせより遅れまして、申し訳ございません。清々しい新年の気持ちで、お受け取りいただければ幸いです。★講座「禅といま」の『講義録』について

  • ★令和3年1月の坐禅会について

    現在の新型コロナウイルス感染症の拡大という状況を鑑みて、令和3年1月の坐禅会開催については、次の通りとさせていただきす。★定例坐禅会(坐り方説明なし・坐禅時間は約35分×2回)早番1月2日(土)夕16時30分止静~18時00分解散定員4名遅番1月2日(土)晩18時30分止静~20時00分解散定員4名+オンライン参加※遅番は、オンライン坐禅「うちで坐ろう」とのハイブリッド形式です。※早番・遅番とも、当山での坐禅経験がある方に限ります。★初心坐禅会(坐り方説明あり・坐禅時間は約20分×1回)早番1月3日(日)朝6時30分説明~8時00分解散定員4名遅番1月3日(日)朝8時30分説明~10時00分解散定員4名+オンライン参加※遅番は、オンライン坐禅「うちで坐ろう」とのハイブリッド形式です。※早番・遅番とも、公共交通機...★令和3年1月の坐禅会について

  • ★坐禅ができるお寺の調べ方

    布教教化に携わる曹洞宗の若手僧侶の方が運営している『禅活』という動画サイト(YouTubeチャンネル)があります。坐禅ができるお寺の調べ方という動画で、曹洞宗の寺院検索サイトを紹介していますが、その際に、大龍寺のサイトを素材に使っていただいています。坐禅会に来られている方に紹介していただきました。有り難うございます。★坐禅ができるお寺の調べ方

  • ★令和2年最後の坐禅会

    今年最後の12月の坐禅会は、“ハイブリット形式”での設定をしましたが、最終的にオンラインでの参加申込がなくリアル参禅のみで開催しました。密を避けるため、人数限定での開催としました。◆定例坐禅会(12月5日18時半~)直前まで新宿こども食堂の配食がありましたが、6時半の止静(坐禅のスタート)までには落ち着きました。坐り方の案内が無いため早めにきた方は随意に坐られていました。近所の方から遠方は都外から7名が坐禅に来られました。1炷目の坐禅と経行(きんひん)はいつも通り。2炷目の坐禅で唱える『普勧坐禅儀』は私1人が唱え、他の方は低声、あるいは看経(黙読)で参加していただきました。◆初心坐禅会(12月6日6時半~/8時半~)3密を避けるため20畳の和室に8名という定員を設けましたが、いつも通りの参加人数だと全員を迎える...★令和2年最後の坐禅会

カテゴリー一覧
商用