たつのこ半畳記350
住所
新宿区
出身
新宿区
ハンドル名
たつのこさん
ブログタイトル
たつのこ半畳記350
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kiun350/
ブログ紹介文
四季折々にときどき日記。平成23年に開創350年を迎えた起雲山大龍寺のブログです。
自由文
-
更新頻度(1年)

27回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2008/11/27

たつのこさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(IN) 40,066位 40,402位 40,544位 40,548位 40,486位 圏外 圏外 972,609サイト
INポイント 0 0 0 0 20 0 0 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 2,183位 2,203位 2,207位 2,205位 2,216位 圏外 圏外 31,007サイト
季節・四季 18位 18位 18位 18位 19位 圏外 圏外 392サイト
哲学・思想ブログ 660位 682位 686位 697位 688位 圏外 圏外 12,942サイト
仏教 26位 26位 26位 24位 24位 圏外 圏外 348サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,609サイト
INポイント 0 0 0 0 20 0 0 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31,007サイト
季節・四季 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 392サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,942サイト
仏教 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 348サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,609サイト
INポイント 0 0 0 0 20 0 0 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31,007サイト
季節・四季 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 392サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,942サイト
仏教 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 348サイト

たつのこさんのブログ記事

1件〜30件

  • ★令和元年秋のお彼岸お知らせ

    お彼岸は、私たちの生活の中で善行を積む一週間、心安らかな生き方を実践し、私たちが仏道修行を進める機会です。秋のお彼岸は、みのりの季節に行われます。私たちのそれぞれの暮らしの中から「みのり」をみつけ、尊さを意識して日々を暮らすことができれは何より。ご本尊さま、ご先祖さまに手を合わせていただれば何よりです。☸秋のお彼岸9月20日(金)から26日(木)までの1週間☸彼岸会中日法要9月23日(月・秋分の日)午前11時~正午12時(1)お彼岸の法話(2)彼岸会中日法要檀信徒各家先祖代々供養・戒名供養永遠の光の塔平和祈願・永代供養塔婆建立供養・写経奉納者祈願☸お塔婆を建立される方は、【建立施主名・よみがな】【ご供養の種別(お戒名か先祖代々か)】【中日法要の参加人数】をお知らせ下さい。お塔婆代は一本三千円です。ご供養の申し込...★令和元年秋のお彼岸お知らせ

  • ★令和元年9月台風15号

    9月9日朝に関東地方を直撃した台風15号の被害により、停電・断水などで困難な生活を強いられてる方々に心よりお見舞いを申し上げます。大龍寺は大きな被害はありませんでした。朝は大量の落ち葉などが境内に溜まり、掃除に難儀しました。永代供養搭・永遠の光(とわのいのち)本堂前本堂階段何かのカバーが、枝に引っかかっていました。★令和元年9月台風15号

  • ★錠前男前

    大龍寺の本堂ができて来年あたりで築40年になります。最近の言葉を使うと、アラフォーな本堂です。本堂の各所がこの月日の積み重ねを経てシックリしてくる部分と、補修が必要になってくる部分も出てきています。壁面の再塗装や、屋根替えは定期的にしてきましたが、先日、初めて手を入れた部分がありました。本堂正面のクレセント錠です。一般的なクレセント錠はこちらです。三日月のことをクレセントと言いますが、確かに三日月にみえますね。語源としては、他にも、回すほどだんだん強く締まるからとか、海外の金物メーカークレセント社のヒット商品だったからなど、いくつか考えられているようです。錠を固定している木枠が痩せてきたことから、実は戸をガタガタと揺すって引くと、外からでも開いてしまう状態でした。*外からあける必要がないので鍵は不要*錠が木枠の...★錠前男前

  • ★食べることで、生きている。「朝粥の会2019」

    お陰さまで朝粥の会は予定通り8月4日に開催し、早朝から29名が集まりました。皆さまに頭が下がります。1コマ目はスポーツインストラクター山崎貴博先生による「むくみ・腰痛改善!身体を支える足のセルフケア」と題する体操の時間でした。今年は「足」のセルフケアがテーマ。「例えば頭痛。足→腰→胸→首→頭は連携していて、頭痛を頭の部分だけで解決しようとするけれど、足から首までの部分に何かしらの問題があることも。根本を調えないとね」という点がポイント。自分で自分の足をもみ、柔らかくて無理の生じない状態を目指しました。ただ、一朝一夕にはいかないので、自分で普段からのケアが大事でした。2コマ目は、禅道場の作法で食べる「朝粥」朝粥。今年はお米を多目にして10合でお粥を作りました。お手伝いのスタッフさんが給仕を進めている間、修行道場で...★食べることで、生きている。「朝粥の会2019」

  • ★お粥の中に、生活がつまっている。~朝粥の会2019開催のお知らせ

    夏の早朝、禅の修行道場の作法で「朝粥」をおごそかにいただく…だけではありません。“粥前”には、プロのインストラクターの指導で体を動かし、“粥後”には、現代の「食」の話で頭を動かします。一杯のお粥を通して、私たちの体と食について意識してみませんか。①むくみ・腰痛改善!身体を支える足のセルフケア山崎貴博:スポーツインストラクター②禅道場の作法で食べる「朝粥」太田賢孝:大龍寺僧侶③育ててわかった!おいしいお米のヒミツ藤森由莉沙:(株)リジョブCSV推進室日時令和元年8月4日(日)朝7:00~8:45朝6時30分より受付開始場所大龍寺(新宿区原町2丁目62番地)対象どなたでも(未就学児は親御さんと一緒に)定員30名程度持ち物運動用タオル・ご飯茶碗・小皿・箸・ふきん・筆記具参加費1000円(18歳未満は無料)参加方法当日...★お粥の中に、生活がつまっている。~朝粥の会2019開催のお知らせ

  • ★年に1回、自分の“みなもと”を確かめる日

    「おぼん」は、亡き人を、かつて生きていた頃と同じように、ご自宅へお招きをし、ゆっくりお過ごしいただこうとする、伝統的な仏教行事です。亡き人を前にして生前のことを振り返るのは、お盆に限ることではありません。ただ私達は、節目節目を大切にすることで、『思い』を受け継いできました。一生涯を通して変わらない「自分のみなもと」「ご先祖さまとのきずな」を確かめるため、年に一度の「おぼん」を大切にお迎えいただければ幸いです。■1■初盆会法要(大龍寺にて)7月12日(金)午前11時より四十九日忌の後、初めてお盆を迎える新亡さまが該当します。ご家庭より少なくとも1名は必ずご参列下さい。初盆の方には、先祖代々・新亡さま戒名のお塔婆を建立していただきます。■2■初盆会宅経(初盆の方ご自宅にて)7月12日午後~16日新亡さまご供養のため...★年に1回、自分の“みなもと”を確かめる日

  • ★開講20周年記念 講座「禅といま」チラシの発送!

    7月1日、講座チラシの発送作業をしました。過去2年間(講座4回分)に1回でも「禅といま」を受講された500名、講座開催について賛助を依頼するお寺さん、チラシ配布を依頼する方、講座の関係者や、スタッフなど、111カ所に向けて発送しました。7月3日には、過去2年間お休みをされている受講生さん(約1700名)に向けての発送について、目途がつきました。郵便での発送、ヤマトメール便での発送など使い分けていますので、配達日については前後するかと思いますが、一両日から数日のうちにお手元に配達されるはずです。詳細については、「禅といま」ウェブサイトにも掲載します。https://nowjikon.wixsite.com/zentoimaどうぞよろしくお願いいたします。★開講20周年記念講座「禅といま」チラシの発送!

  • ★ちんそう、或いはちんぞう。

    禅僧の肖像画「頂相」の勉強会が、拙寺で開かれました。ところがこの勉強会は、私は何の準備もしていません。ただただ、学びの場を調えることに奔走してくれた方がいて、棚からぼた餅のように、勉強する機会を与えていただきました。これは「勝友に恵まれた」ということなのかもしれません。知ってはいても、全然知らなかったということがわかった有り難い学びとなりました。写真の手前側に写っているのは「禅といま」のチラシです。7月に入ったら、過去受講生約2200名、関係先・お寺さん約110カ所に発送します。★ちんそう、或いはちんぞう。

  • ★銀座で仏教。

    浄土真宗本願寺派の築地本願寺さんが、銀座で様々な講座を開いています。https://tsukijihongwanji-lounge.jp/top/ginzasalon.html以前から気にはなっていましたが、6月のある日、初めてお邪魔しました。サテライトテンプルという位置づけだそうです。面白い取り組みです。こちらの銀座サロンさんの「クローズアップDHARMA~曹洞宗と浄土真宗~」8月6日に曹洞宗のことについてお話する時間をいただくことになりました。クローズアップDHARMA~曹洞宗と浄土真宗~曹洞宗(禅)、浄土真宗の僧侶が、それぞれの宗派の「ご本尊」「経典」「教え」についてお話します。そして、各宗派の特徴や違い、共通点などを探るトーク・セッション。同じ仏教の教えでも、宗派によって何が違うの??■太田賢孝曹洞宗起...★銀座で仏教。

  • ★境内点景(令和元年5月・6月)

    桜が咲いて、梨が咲いて、夏に向けて花々が境内の各所を彩っています。★境内点景(令和元年5月・6月)

  • ★5月12日母の日開催 山門大施食会

    遅ればせながら、令和に改元されて半月も経たない5月12日、恒例行持の「山門大施食会」を修行しました。以前は午後1時から清興、午後2時から法話、午後3時から法要、墓参を挟んで午後4時半から懇親会という流れで進めていましたが、「3時間椅子に掛けっぱなし」という進行はツライのではという声を受けて、数年前から開始時間を30分繰り下げてきました。今年は有志による「ミニコンサート」のため10分早めのスタートでした。午後1時20分ミニコンサート午後1時30分清興昨年に続いて二回目の「声の講座~発声の実修~」を、昭和音楽大学講師・シンガーソングライター小幡美奈子先生にお願いし、声・身体・心がひとつにつながる時間となりました。ただ声を出すということではなく、身体の中から発声の力を送り出し、それが声帯を通るときに「声」という形に置...★5月12日母の日開催山門大施食会

  • ★生きかたを調えるという生きかた。

    大龍寺では、大本山永平寺東京別院の法脈会(お授戒)に参加された方を対象に、その後の人生を仏弟子として生きて欲しいと願い、お戒名を差し上げてきました。当然ながら、2泊3日のお授戒には体力的に参加ができない方もいます。それでもお戒名を受けられないだろうかという相談をいただいて、今回、お2人にお戒名を差し上げることになりました。でも、いつもお勤めしているご葬儀と同じようにするのではなく、授戒をされる方の体力を勘案し半日修行をしていただくことにしました。《半日修行メモ》10:00オリエン10:15写経のしかた・読経・写経「延命十句観音経」11:20お話「仏弟子として生きること」12:10日中諷経「般若心経」12:25中食飯台(持鉢・禅作法による食事)・休憩13:30授戒式・報告諷経14:30修了・写経・一般的には「般若...★生きかたを調えるという生きかた。

  • ★誰かに見られていなくても、ご先祖さまはきっとみている。第31回檀信徒・有志清掃奉仕会開催しました。

    令和への改元まであと4日という平成31年4月27日。30名近くの方にご参加いただいて、当山の清掃奉仕会を開催していただきました。前夜は雨。皆さんの交通の便、ご奉仕内容の検討など心配もありましたが、朝にはその雨も収まって、肌寒さは残っていましたが、外掃除もできました。写真には撮っていませんが、墓参桶のたわし洗い、須弥壇下の片付け、施食会の幡掛け、本堂の窓ふき、排水溝のどぶさらい、豊川稲荷幟の撤去等もありました。多岐にわたる内容も、お任せしてきちんと取り組んでいただけるのが、スゴいことです。清々しく令和をお迎えすることが出来ました。5月12日の施食会も清々しくお勤めすることが出来ました。ご参加の皆さま有り難うございます。次回は11月30日です。いす坐禅・忘年会も行われます。是非ともご参加お願い致します。★誰かに見られていなくても、ご先祖さまはきっとみている。第31回檀信徒・有志清掃奉仕会開催しました。

  • ★令和元年5月12日開催「山門大施食会」のお知らせ

    恒例の「山門大施食会(おせがき)」を今年も5月母の日に開催します。檀信徒皆様、ご家族揃ってご参拝下さいますようご案内いたします。この法要は、当山でもっとも大きな行持です。法要の主眼は、檀信徒各家のご先祖さま、新亡霊位、ご供養を受けられない多くの御霊に対してのご供養です。加えて、この法要で仏縁を結び功徳を積む事によって、安らかな心と正しい生活を実現できるよう、祈りを捧げます。この法要に先だって、昨年に続いて2回目の「声の出し方講座」を小幡美奈子先生(昭和音楽大学講師・ヴォーカリスト)を講師に開催します。多くの人が何となくしている「声の出し方」をイチから見直し、素直で心地よい声の出し方を実修したいと思います。また、近隣の若手和尚さんを代表して、秦慧州さん(田中寺副住職)による法話も予定しております。今回は新元号が「...★令和元年5月12日開催「山門大施食会」のお知らせ

  • ★想いを受け継ぎ伝えるには…永遠の光15周年・花まつり甘茶法要

    当山檀信徒、ご縁をいただいている皆さま、そして、世界中の人々にお祝いを申し上げます。遅ればせながら、お釈迦のお誕生日、おめでとうございます。4月7日(日)、1日早く御者様の誕生を祝う「花まつり甘茶法要」と、平和祈願・永代供養塔「永遠の光」の15周年節目の法要を営みました。開式にあたり、お釈迦さまお誕生にまつわる不思議なエピソードをいくつかご紹介しました。そして、そのようエピソードをそのまま丸ごと信じても良いし、そのようなエピソードが、詰まるところ何を訴えているのか?行間を探っていこうということをお話しました。お話の後、観音さまの前に設けた花御堂の誕生仏に甘茶を注ぎ、全員で読経、灌仏(甘茶そそぎ)、お焼香をしました。引き続き、建立15周年を迎えた供養塔前に移動し、法要を営みました。ひとつの蓮台の上に、お迎えしてい...★想いを受け継ぎ伝えるには…永遠の光15周年・花まつり甘茶法要

  • ★見えないところをキレイにしよう。清掃奉仕会参加のお願い。

    大龍寺では、4月と12月に檀信徒や有志主催の「清掃奉仕会」を開催して今年で16年目になります。今回は5月12日の「山門施食会」を視野に入れつつ、主に境内と墓地の清掃、本堂内各所の清掃等を計画しています。特に今年は平成の大晦日直前!総まとめとなる大掃除をしましょう!清掃範囲は山内隅々、様々な内容があります。半日のみ、1時間のみのご参加も有り難いです。足腰に自信のない方でも取り組める軽作業、たくさんの落ち葉や枯れ枝を取りまとめる作業、お線香立ての灰をキレイにする作業などがあります。お墓やご本堂のお掃除で身体を動かすことが、ご先祖様への想いを養い、自分自身の身心を調える大切な機会ともなります。ご都合に応じて、午前のみ・午後のみや、1時間でも有り難いです。足腰に自信がないとか、お墓掃除をしたいなど、それぞれのご希望を尊...★見えないところをキレイにしよう。清掃奉仕会参加のお願い。

  • ★永遠の光15周年・花まつり甘茶法要のお知らせ

    永遠の光15周年・花まつり甘茶法要のお知らせ~15年間ありがとう・2665回目のおめでとう~4月8日はお釈迦さまの誕生日。大龍寺ではお祝いの法要「花まつり」を4月7日(日)にお勤めします。どなた様も是非ともご参拝いただき、あまい甘茶をお召しあがり下さい。また、大龍寺では、後継者問題を抱えるお檀家さんから「永代供養」を望む声や、多くの檀信徒から平和祈願の賛意をいただいて、平成16年4月8日に、平和祈願・永代供養塔「永遠の光(とわのいのち)」の建立、塔上にお迎えした三尊佛さまの開眼法要を営みました。以来、多くの方々から懇篤なお参りを頂戴し、この4月で15周年を迎ることになりました。今回のおめでたい節目を、多くの方と共に感謝の想いで過ごしたく存じます。行事は3部構成にしており、ご参列はそれぞれのご事情に応じます。まず...★永遠の光15周年・花まつり甘茶法要のお知らせ

  • ★平成31年春のお彼岸法要お勤めしました

    平成31年3月21日、春分の日に春のお彼岸法要をお勤めしました。多くの方のご参列のもと、15分ご法話と30分ご法要と、時間をギュッと絞ったお勤めです。お話の内容は、お経の成り立ちと、“写経”を通して心を調えることについて。宗派が出版している冊子『禅の友』に写経・写仏をテーマに原稿を作っている最中のネタでした。お話に続いて、お彼岸の法要。今回は30名ほどの参列でしたが、お彼岸法要に本堂がいっぱいとなる100名が集まってくれることを目標にしています。そして毎回お彼岸に100名参列が見えてきたら、外来の講師をお招きして、法話等の時間を持ちたいと思っています。法要にはご欠席で、お塔婆供養をお申し込みの方には、法要後に墓参・塔婆建立をさせていただきました。有り難うございます。次回のお彼岸法要は、新元号元年9月23日(月・...★平成31年春のお彼岸法要お勤めしました

  • ★フェアウェルヨガ・坐禅

    昨年9月に早稲田大学を卒業されたマレーシアからの留学生さん。早大への留学前に1週間ほど寝食を共にしたという縁もあって、在学中は大龍寺の坐禅会にしばしば参加されていました。いろいろな国からの留学生さんを連れてくることもありました。その彼とは9月の卒業時には日程が設けられず、この3月に再来日される機会をいただいて、縁の深かった数名で“フェアウェルヨガ&坐禅”の一時を持ちました。当日はヨガ40分、坐禅30分、お話30分、懇親50分という感じ。時期は3月の中頃。寒さも感じますが、ヨガには丁度良い空気でした。https://viralifeacademy.com/★フェアウェルヨガ・坐禅

  • ★年に1回、原点を確認するお釈迦さまご命日。

    お釈迦さまのご命日(釈尊涅槃会2月15日)にちなんで、2月17日(日)に檀信徒得度式と、涅槃会法要をお勤めしました。檀信徒得度式は、大本山永平寺東京別院長谷寺で行われる法脈会(10月27~29日・2泊3日)に参加された方に、改めて当山住職から受戒安名をし、血脈と絡子を差し上げる法要です。※大龍寺と檀信徒の間において従来から行っている習慣です。全ての曹洞宗寺院がそうしているのではありませんし、体力的な問題などで2泊3日の法脈会に参加することが難しい方は、別途方法でお戒名をお受けいただく場合もあります。今回は2名が該当し、昨年までにお勤めをしている方などには、後見人として参列していただきました。引き続き、釈尊涅槃会をお勤めしました。2月に入って掲げていた涅槃図の御前にてお釈迦さまの遺言お経「佛遺教経」を唱え、250...★年に1回、原点を確認するお釈迦さまご命日。

  • ★詩人と禅僧 自己をならう(第15回「禅といま」寒中勉強会)開催しました

    大龍寺に事務局を置いている「禅といま」推進委員会主催の第15回「禅といま」寒中勉強会~詩人と禅僧自己をならう~が、平成31年2月4日(月・立春)に東京グランドホテルにて開催されました。今回は、大人から子供まで誰もがその言葉に親しんでいる谷川俊太郎先生と、禅を幾千万の言葉と実修で伝えている藤田老師の対談を中心とした企画となりました。冬の講座は平日の午後のみ。例年だと200名程度で企画をしてきましたが、今回は会場満席に近い280名を目標に募集の計画を立ててきました。ところが蓋を開けてみればそれを遙かに超える330名からのお申し込みをいただき、新年1月中旬頃までお申し込みを受けるはずが、12月中旬には募集を終了しました。その後も講座前日にいたるまで、受講を熱望される方からのご連絡が入り続け、すべてお断りをしなければな...★詩人と禅僧自己をならう(第15回「禅といま」寒中勉強会)開催しました

  • ★「おめでとう」を言う新年の法要

    平成31年「大般若修正会・懇親会」を1月20日に開催しました。これまで勤める僧侶は山内と近所の副住職さんの中から2~3名ということがほとんどでしたが、今回はいろいろなご縁とタイミングが合って、大龍寺にとっては今までで一番多い5名でのお勤めとなりました。この法要では、600巻にもなる「大般若波羅蜜多経」をパラパラとめくる転読(てんどく)という修法でお勤めをします。世間ではお寺は葬儀や法事など弔事との関わりやイメージが強いかもしれませんが、お寺の行事には、慶事も弔事もどちらもあります。今回の「大般若修正会」は1年の始まりを寿ぎ皆さまが家内安全・無病息災・開運満足にて健やかに過ごされるよう当日参列された檀信徒約30名の皆さんと共に祈りを捧げる法要でした。この1年間どうぞよろしくお願いします。★「おめでとう」を言う新年の法要

  • ★新年をことほぎ一年間の安寧を願う~新年大般若修正会

    大龍寺では、毎年第3日曜日の午後に当年を家内安全・無病息災・開運満足で過ごすための祈りの法要「大般若修正会」を修行しております。当日のご出欠に関わらず、次の4つの「おふだ」①大龍寺大般若祈祷符②曹洞宗妙厳寺・豊川閣立春大吉札③曹洞宗妙厳寺・豊川閣鎮防火燭札④豊川稲荷火盗除け札は、法要後に全ての檀信徒皆さまへお送り致します。また、当日ご参列の方については、特に祈願なさりたい事柄についてお祈り致し、上記4つの「おふだ」に加えて、⑤豊川稲荷吉祥札をお渡し致します。喪中にて新年を迎えた方も問題ありませんので、どうぞ遠慮なくご参列下さい。◆日程平成31年1月20日(日)午後1時より受付午後2時より新年大般若修正会午後3時より新年懇親会◆ご奉納7000円(お二人目から5000円)法要お布施・おふだ(一家に1組)・懇親会費と...★新年をことほぎ一年間の安寧を願う~新年大般若修正会

  • ★平成31己亥年・佛紀2585年 曹洞宗起雲山大龍寺行事予定

    平成31己亥(つちのとい)年・佛紀2585年曹洞宗起雲山大龍寺行事予定◆1月20日(日)午後2時~新年大般若修正会・懇親会◆2月15日(金)涅槃会(お釈迦さまのご命日)17日(日)午後1時~檀信徒得度式・涅槃会法要◆3月18日(月)~24日(日)春季彼岸会21日(木)午前11時~春季彼岸法会・中日法要◆4月7日(日)午後2時~永遠の光の塔建立15年記念・花まつり法要27日(土)午前10時~檀信徒・有志清掃奉仕会◆5月12日(日)午後1時~山門大施食会◆6月未定日午後2時~永遠の光永代供養法要・人生講座◆7月5日(金)~11日(木)盂蘭盆会宅経期間(頭文字「さ・し・す・せ・そ」宅)12日(金)午前11時~初盆供養会(初盆の方は必ずご参列下さい)13日(土)~16日(火)盂蘭盆会(13日・迎火、16日・送火)13日...★平成31己亥年・佛紀2585年曹洞宗起雲山大龍寺行事予定

  • ★LINE(ライン)をお使いの方は…

    ラインにて、起雲山大龍寺のお知らせをお受け取り下さい。1ヶ月に数えるほどの発信です。★LINE(ライン)をお使いの方は…

  • ★『四万十 ~ いのちの仕舞い ~ 』自主上映会おしらせ

    『四万十~いのちの仕舞い~』の無料自主上映会です。高知県四万十市で、地域の人々に寄り添う医療を続けている内科医、小笠原望先生の日々を追ったドキュメンタリーです。小笠原先生は患者さんひとりひとりに優しく語りかけ、話を聴き、診察をし、診療所にこられない人のために往診も行っています。そして、時には看取りをすることも…。患者とその家族をも含めた在宅医療に取り組む小笠原先生と地域の人々の交流を見つめながら、本当の豊かさや幸せのありかを探れればと思います。▲上映時間は108分です。▲参加人数は最大40名です。席を確保したい方は、イベントページで参加表明をして下さい。また、イベントページでの参加表明が差し障る方は、主催者まで直接メッセージ・TEL・メールでもお受けします。40名に達していない場合は、当日フラッと来られても大丈...★『四万十~いのちの仕舞い~』自主上映会おしらせ

  • ★子もり坐禅会 + α

    今度の子もり坐禅会は、地元の子育てサークル「ミマモカフェ」さんの主催で開催です。☆ミマモカフェ出張ひろば・子守り坐禅会☆忙しい日常を離れて、お寺でリフレッシュしませんか?パパの参加も大歓迎!坐禅中は見守り付きです。ご希望の方には軽食もありますので、坐禅後もごゆっくりお過ごしくださいね。日時:平成30年11月11日(日曜日)時間:15:00~場所:大龍寺(新宿区原町2丁目62番地)参加費:500円軽食の希望者は別途1人300円。3歳以下は無料。軽食の提供は17:00~参加するには:要予約。11月8日(木)までにミマモカフェまでメールを。mi.mamamore@gmail.com★子もり坐禅会+α

  • ★佐久に咲く

    日帰りで長野県の佐久市へ。今回お邪魔したお寺の「観音まつり」では、ご祈祷法要、法話、灯明供養、約10件の屋台、お神輿巡業、お焚き上げ、梵鐘鳴らし放題。住職を核に、お檀家さんや地域の人たちが一丸となってお祭りを運営していました。こちらのご住職様からは、以前、布教法話の講座で懇切なご指導をいただきました。教場での学びも大きいが、それをご自身のお寺で存分に実践されていた。普段からの住職の思いがお寺の姿に現れている。コミュニティづくり、縁結びが住職の命綱だろう。力の源はここにあるのかな。お祭りの前後も含めて5時間ほどの滞在でしたが、大変多くの事柄を学ばせていただきました。★佐久に咲く

  • ★夏休みこどもサービス部

    東京には東京の、海と空と緑があるのです。こどもの夏休み中に、計画性無くフラリと出掛けた記録集です。ある日、湯島聖堂・神田明神へ実は私自身も初めて訪問しました。神田の湯島聖堂。重厚な伽藍です。巨大な孔子さま。威圧感すごい。またある日は、お台場へお台場・東京湾散歩クラゲもたくさん。泳げる感じでは全く無いです。お台場のお台場たる由縁、お台場からフジテレビ社屋。同じく、レインボーブリッジを臨んで。そのまたある日は、城南島へ。お弁当を持って城南島へ。ここは、羽田空港の対岸の島です。北の方から飛行機が近づいてきます。その先の羽田に向けて高度を下げて上空を通過します。あるいは離陸する飛行機を見ることもできます。人工の砂浜から。夏休み中は、こどもがきっかけとなって半日のお出かけが時々ありました。こういうことも、あと数年なんでし...★夏休みこどもサービス部

  • ★東北福祉大学の見学

    駒大・大学院の指導教授は、近所のお寺のご住職さんでもありますが、今は仙台にある曹洞宗関係の大学にもお勤めをされています。8月の終わりに、近所のお寺さんと一緒に学校見学をしてきました。ぱっと見は一般の私立大学ですが、前身は曹洞宗の学林のひとつです。宗派との関係も深く、細かく見ていくと、端々に“お寺感”が伺えます。六角形の講堂の入り口には両大本山(永平寺・總持寺)の紋が掲げられています。玄関ホールには観音さま。一単が一畳という大きな作りの坐禅堂です。奥には本堂もあります。念のため言いますが、ここは大学です。時間的に余裕もあったので、9年間の修復を終えて今年6月に落慶した松島の瑞巌寺をお参りしました。津波の到達点に地蔵堂が建てられていました。★東北福祉大学の見学