chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ひろろろろ
フォロー
住所
船橋市
出身
郡山市
ブログ村参加

2008/10/10

1件〜100件

  • 北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 11(オルテの丘)

     美瑛にきたので、一応、ラベンダーも見ておこうとこちらに オルテの丘 埼玉県大宮市から移住した夫婦の私庭を無料開放しています  小さな管理小屋  ジャガイモ畑は、北海道の象徴  小さな流れにも名前を付けています  ラベンダー畑    摘み取りも無料とは  薪の断面は温かみがあって好きです  駆け足でしたが7月の美瑛、楽しませていただきました   ●住所 北海道上川郡美瑛町 ●HP https://orute-hill.jim...

  • 北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 10(白金 青い池)

     美瑛・白金の新名所 白金 青い池 温泉メインの旅ですが、ここは見ておきたかった場所 平成元年の十勝岳の防災工事の際にできた堰堤に溜まった水が青い色をたたえ、写真家が情報発信を続けた結果、その存在が広まったのだそうです。 池の前に500円の有料駐車場が設けられましたが、私はグーグルマップに載っていた無料駐車場に行ってみると無料駐車場の表示はありませんでした。 ただ砂利敷の広大なスペースがあったのでこ...

  • 白金温泉 美瑛町国民保養センター

     白金温泉街にある小さな日帰り温泉で立ち寄り湯 白金温泉 美瑛町国民保養センター  昭和48年オープンですべてにおいて年季が入っています  日帰りは300円という安さ  地域のコミセン的要素もあるロビー周り  それでは、暖簾をくぐります  お風呂は、内湯のみ 4、5人は入れそうな中浴槽が1つ  源泉100%かけ流しで、ナトリウム-塩化物泉が注がれます  金属系の香り漂う本格的な温泉で、湯舟は激熱でした 地...

  • 北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 9(白ひげの滝)

     北海道3日目 美瑛 白金地区の景勝地 白ひげの滝  白ひげの滝は、川が滝となっているのではなく十勝連邦の地下水が溶岩の割れ目から美瑛川に流れ落ちていく潜流瀑という珍しい滝  地下水の成分のせいで、流れ落ちた川がコバルトブルーに見えることからブルーリバーともいわれています。 橋の上から眺めると、確かに川がコバルトブルーに見えます。   ●住所 北海道上川郡美瑛町白金  ブログランキングに参加しました!...

  • 吹上露天の湯

     十勝岳温泉を楽しむにあたってここは外せません。 吹上露天の湯   「北の国から95 秘密」で宮沢りえが入浴したことで知られる混浴無料露天風呂 駐車場はただの空き地で、車中泊と思われる車もちらほら よって、常に誰かが入っている状態 私は、朝の5時に行ってみましたが先客2名 話を聞くとどちらも登山目当てできたものの悪天で断念し温泉に浸かっているとのこと 駐車場からは、林道を1、2分歩くと下手に温泉が見...

  • 十勝岳温泉 湯元 凌雲閣

     十勝岳の中腹、標高1280m、その名の通り、雲を凌ぐ立地の宿、十勝岳温泉 湯元 凌雲閣の温泉レポです。   登山客、立ち寄り湯などビジターも歓迎の宿のフロント、ロビー   食事もできます  大浴場は、2つあり時間帯によって男女入れ替えになります まずは、メインの大岩の湯の暖簾をくぐります  タイルカーペット敷きの脱衣所は、広く簡素   内湯は、宿が建設される前からあった大岩が中浴槽を仕切るように鎮座...

  • 北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 8(十勝岳温泉 湯元 凌雲閣)

     北海道2日目の宿は、十勝岳温泉 湯元 凌雲閣  駐車場で雨に濡れる、キタキツネがお出迎え  凌雲閣は、標高1280mの立地で温泉自慢の宿 悪天の中、展望テラスからは霧にむせぶ十勝の山々が  登山客や温泉目当ての客が中心なので、各部屋、バス・トイレ・洗面は共用 こちらが共同トイレと洗面所   ゴミ出しコーナーもあり湯治宿のようです  部屋は、ちんぐるま  ちんぐるまは、白くかわいい花を咲かす高山植物で...

  • 吹上温泉保養センター 白銀荘

     ドラマのサ道 2019年末SPで、原田泰造が整っているのを見ていつか行こうと決めていました。 吹上温泉保養センター 白銀荘  大雪山国立公園十勝岳連峰の中腹、十勝岳登山口に位置するキャンプサイトを併設した宿  館内は、公共の宿的な造り  日帰り客やキャンプ客のために休憩スペースもしっかりあります。  それでは暖簾をくぐります  浴室に入るとまずヒバの香りが立ち込めます これが総ヒバ造りの中浴槽  ※HP...

  • 北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 7(FURANO BURGER)

     朝寝坊のおかげで富良野には13:00過ぎに到着 ランチはここ FURANO BURGER  今年は、テイクアウトのみということで、フラノチーズバーガープレート(1450円)を注文  出来上がりは30分後とのことで、近くのセイコマで夜用のビールなどを買い出ししていると、できましたとの電話が入りました。  ソーセージやベーコン・ハム等を製造している富良野牧場の直営店だけあって、富良野産の小麦やバターにこだわったバンズは、小...

  • 北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 6(幾寅駅)

     北海道の旅、2日目 目が覚めたら部屋は真っ暗。 まだ夜中かと思いスマホを見ると、10時7分? ??? この部屋の遮光カーテンは、見事なまでに朝日を遮断してくれました。 チェックアウトは10時なのに・・・ 名物のバードウォッチカフェでいただく十勝音更町「竹内養鶏場」の白いたまご 米艶のオムレツ、楽しみにしていたのに・・・  とにかく支度をしてチェックアウト 本日の目的地、富良野方面に向けてスタート 途中、幾...

  • 北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 5(平和園 緑ケ丘店)

     北海道、初日の夕食はここで 平和園 緑ケ丘店  平和園は、帯広市内を中心に9店を展開する焼肉レストラン  ジンギスカンを食べたくてここに来ました サウナで失った水分を補給するため、まずはビール!  サッポロを頼んだらクラッシクではなく赤星でした それにしても、空腹時のビールは最高! 注文は、特上ジンギスカン(560円)  牛ホルモン(440円)  焼き焼きしていただきます。  特上ジンギスカンは、脂身...

  • 森のスパリゾート 北海道ホテル

     創業120年、由緒あるホテル。 サウナとモール泉を同時に楽しめる森のスパリゾート 北海道ホテルの温泉レポです。 平成27年にリニューアルしたレンガ調の外観   館内も間接照明でいい雰囲気  お土産ショップ  PCコーナー  木彫の熊は、販売しています。  大浴場入口には、サイン色紙が掲示  日帰り客も受け入れているため、脱衣所は、鍵付きロッカーが並び、タオル類は自由に使えるようになっています。  内...

  • 北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 4(森のスパリゾート 北海道ホテル)

     北海道の旅、初日の宿は、ここ! 森のスパリゾート 北海道ホテル  帯広駅から近いリゾート感あるホテルです。 ホテルのモットーは医食同源  間接照明で雰囲気のあるロビー周り  チャペルも併設  部屋は、シンプルなシングルルーム  ビジホよりは広い部屋  収納もあり  テレビは小さめ  お茶とアメニティ   バス・トイレは、一体型ですがきれいで快適  夕食は、外で食べたので、寝る前にセイコマで購入し...

  • 十勝川温泉 第一ホテル 豊洲亭・豆陽亭

     植物性温泉のモール温泉が湧く十勝川温泉で立ち寄り湯 十勝川温泉 第一ホテル 豊洲亭・豆陽亭   十勝川を望むラグジュアリーホテルで、日帰り温泉1500円の価格に見合ったス温泉施設があります。 ロビー周りは、和モダンな空間    お土産屋さんも大きい  大浴場に向かう間にも、休憩スペースが多数  テラス  湯上りの読書空間、十勝文庫  モール泉の説明  かつてアイヌの人たちが薬の沼と言っていたという語...

  • オソウシ温泉 鹿乃湯荘

     北海道大雪山国立公園の豊かな原生林の中に建つ秘湯の一軒宿 オソウシ温泉 鹿乃湯荘  宿の前で、秋田犬のケンがお出迎え ここにたどり着くには、オソウシ川沿いのすれ違いが難しいダート道を数キロ走るため秘湯感はひとしおです。 温泉は、明治末に創業者ががアイヌに教えられて開いたのが始まりといわれているのだそう。 地名の由来はアイヌ語のオ(川尻)・ソ(滝)・ウシ(ある)・イ(物・川)で「滝がある川」という意味。...

  • 北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 3(カレーショップ インディアン 音更店)

     温泉巡りをする前に腹ごしらえ カレーショップ インディアン 音更店   10時開店とともに行くと、店の前に2、3人がスタンバイ みなさんカレールーだけをテイクアウトしていきます。  十勝でカレーと言えば、インデアンと言っても過言ではないようですね。 ルーのメニュー  通常メニュー  私は、店内でカツ・ベーシックルー辛口(814円)をいただきます。 銀の皿には、ライスとカツが見えないほどたっぷりのル...

  • 北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 2(フライト)

     京急に乗り6時前には、羽田2タミに 久々の羽田  ペッパーも朝からお仕事  チェックインを済ませ、搭乗口に進み、時間調整のためゴールドカードラウンジ(パワーラウンジノース)に  モーニングコーヒーを飲みながらのんびりと過ごしていると、あっという間にフライト時間   ANA・エアドウ共同運航便は、オニオンスープが最高に美味い!  雲海が  畑に代わり  あっという間にとかち帯広空港に到着  空港連...

  • 改正湯

     昭和4年開業以来、4代続く老舗の黒湯銭湯 改正湯   リニューアルされとてもきれいですが、基本的な造りは、トラディッショナルスタイル   脱衣所は、和モダンな仕上がり タイル絵は、富士山  ※東京銭湯HPより その下に、金魚が泳ぐ水槽をを眺めながら湯に浸かる趣向  ※東京銭湯HPより 浴槽は5つあり、白湯2つと黒湯3つ 白湯は、シルクとバイブラの小浴槽が各1つ  ※東京銭湯HPより 熱過ぎず適温設定です。...

  • 北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 1(前泊)

     3年ぶりに北海道を旅してきました。 行程は3泊4日なのですが、初日のANA始発便に乗るには、千葉県からの始発電車では間に合わないため、仕事帰りにそのまま蒲田で前泊します。 アイホテル京急蒲田  赤い外壁が目立つ鉛筆型ビジホ フロントの機械でチェックインを済ませ部屋に 手狭なワンルーム  枕元にコンセント  テレビ、冷蔵庫も完備  風呂は、シャワーのみですが、蒲田は黒湯銭湯がたくさんあるので問題なし...

  • 栃木の秘湯を巡る旅 13(大衆食堂みどりや商店)

     帰りは、郡山から新幹線を取っているので、この旅最後のランチは、郡山で。 大衆食堂みどりや商店  ボリューム満点のメニューで人気のお店。 13時過ぎでしたがほぼ満席と大盛況。 お得な日替わり定食などもありましたが、鶏の唐揚げ定食(800円)を注文 そして驚くべきスピードで出てきました。  げんこつ大の唐揚げが5個  想定以上のボリュームにびっくり ごはんも中サイズにしましたがかなりの大盛に見えます...

  • 栃木の秘湯を巡る旅 12(月井酒店)

     3日目は、基本、帰るだけですが、県民割りクーポンを使うために那須高原の月井酒店に寄りました。  ここは、那須を中心に栃木の地酒の品ぞろえがよいお店。 今回は、焼酎を購入 とちあかね(白相酒造/那珂川町)  本格麦焼酎です。 以下解説 日本一の生産量を誇る栃木の二条大麦と地元産酒米で造った米麹を用い、 丁寧に造られた本格麦焼酎です。 東京農大の醸造学科・中田久保教授が自然界に咲く花々から分離した優...

  • 栃木の秘湯を巡る旅 11(塩原温泉 明賀屋本館 食事編)

     塩原温泉 明賀屋本館の素晴らしい温泉を堪能し、たっぷり汗をかいたのでまずは水分補給。  1泊朝食付きプランだったので、夜は部屋で持ち込み食。 遅めのランチががっつり鰻だったので、夜はファミマで軽く買い出ししました。  それと鰻を食べた旭亭で買った、骨煎餅が香ばしくてビールやハイボールのアテに最高でした。  朝食は、渡り通路を通って別館の太子館の大広間でいただきます。 和食膳  つるむらさき入り湯...

  • 塩原温泉 明賀屋本館(内湯)

     明賀屋本館の内湯は、太古の湯と名付けられています。  浴場の入口には、2つの源泉が成分解説付きで展示  脱衣所は、オーソドックスな棚に貴重品ボックス付き   浴槽は、アールのついたコンクリート中浴槽が2つ  手前は、ナトリウム-塩化物泉の刈子の湯  やはり、保温力抜群のハード系 ほのかな塩味でキシスベ浴感 もう1つも同じ中浴槽でこちらは、単純温泉の茗荷沢の湯  しっとり浴感で刈子の湯とは対照的 洗...

  • 塩原温泉 明賀屋本館(川岸混浴露天風呂)

     栃木の秘湯、塩原温泉 明賀屋本館の温泉レポです。   明賀屋本館のある塩原温泉郷塩の湯温泉は、2、3軒の宿しかなく鄙びた雰囲気。 創業は、1674年と超老舗で多くの文豪に愛されてきました。 現在の建物もかなり年季が入っています。  宿の前には、飲泉所があり胃腸病や便秘にも効果が期待できるのだとか。  フロント周りとラウンジは、プチ豪華。   あまりにも有名な川岸混浴露天風呂には、88段の急階段を下って行...

  • 栃木の秘湯を巡る旅 10(塩原温泉 明賀屋本館 施設編)

     本日は、秘湯中の秘湯に宿泊。 塩原温泉 明賀屋本館  秘湯の宿だけに外観は、かなりガタが来ている様子。  別館となる太子館も崩壊寸前。  太子館は、食事会場になっています。 部屋に続く廊下は、外観とは異なり案外こざっぱりしています。  部屋のドアは古い。  部屋は、8畳和室で既に布団がセットされています。   お茶受けはメイプルクッキー  冷蔵庫は、ちょっと大きめ  洗面、トイレはシンプルですが...

  • 栃木の秘湯を巡る旅 9(箒川ともみじの湯)

     チェックインまでの時間調整で、帚川沿いをうろうろ 観光案内所、塩原もの語り館前の紅の吊り橋   これを渡ると、100円の野天風呂、古町温泉 もみじの湯   ここは、1回入ったことがありますが、ちょっと覗くと、混浴マニアと思われるおっちゃん、おばちゃん達が肩を寄せ合いながら浸かっているので見送り。 程よく時間を潰して、本日の宿に向かいます。 ブログランキングに参加しました!今日も一押しお願いします。こ...

  • 栃木の秘湯を巡る旅 8(旭亭)

     本日のランチは、ここで! 旭亭  戦前、芸者置屋として営業し、1958年頃にうなぎを出し始めた老舗。 いただくのは、うな丼(2,000円) こちらの特徴は、生きたウナギを裁き、白焼きした後に温泉にくぐらせ、タレをくぐらせ焼き上げるのだそうです。 よって待つこと20分で着丼  うな丼は、うな重と比べウナギが貧相なことがありますが、なかなかの大きさです。  タレが焦げる香ばしさ、カリッと焼かれた皮目、身はふっ...

  • 奥塩原高原ホテル

     濁り湯の聖地、塩原温泉郷 新湯温泉で立ち寄り湯 奥塩原高原ホテル   この辺りは、濁り湯の名湯がひしめく硫黄天国 よって、共同浴場から有名な宿は、休日は込み合います。 その中でも、ここは穴場的なホテル ネーミングは、高原リゾートっぽいですが、温泉はしっかりと鄙びています。  ロビーでは地酒を扱っているようです。   それでは暖簾をくくります。  脱衣所は、アルミ棚に籐籠  洗面台は、合宿所にある...

  • 栃木の秘湯を巡る旅 7(太閤下しの滝)

     川治温泉から塩原方面に向かい日塩もみじラインを走っている途中、マイナスイオンを求めてここに 太閤下しの滝  こんな階段下りて100メートル  2段の滝が現れました。   名の由来は2つ 1つは、この場所があまりの難所のため馬から下りて通ったとの言い伝え 2つ目は、滝のあまりの美しさに馬を下りて鑑賞したというのが由来 さて、どちらが本当なのか? 激しい滝の水しぶきが飛んできて涼しく爽やかなひと時を過ご...

  • 栃木の秘湯を巡る旅 6(湯西川ダムと五十里ダム)

     ドライブの途中、2つのダムに寄ってみました 湯西川ダム   湯西川を堰き止め作られた重力式コンクリートダム 鬼怒川上流4ダムの中で一番新しいダムです 放流シーンはなかなかの迫力で見ていて飽きません  続いて五十里ダム  鬼怒川の支川である男鹿川を堰き止め昭和31年に造られた古い重力式コンクリートダム 堰き止められてできた五十里湖  放流はちょっと控えめでした   ブログランキングに参加しました!今日...

  • 栃木の秘湯を巡る旅 5(湯西川 水の郷)

     チェックアウト後、いつも立ち寄るここに 湯西川 水の郷  道の駅のような場所なのですが、川あり吊り橋あり温泉ありと楽しいスポット シンボルはこの水車  水の郷大つり橋  眼下の川では水遊びができます  足湯   物産館には、日帰り温泉が併設されていますが以前、入ったので今日はスルー 物産館をぶらぶらすると、落人伝説の残る湯西川らしいものが売っています サンショウウオ酒  鹿角  くまさん   面...

  • 栃木の秘湯を巡る旅 4(湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿揚羽~AGEHA~ 食事編)

     湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿揚羽~AGEHA~での夕食は、食事処でのバイキング ライトアップされた庭園を眺めならいただきます  基本的には、山の田舎料理が中心 けんちんそば、カモロース、生湯葉、山ウドビなどなど  ビールは1杯サービス  栃木米はちょっぴり味見  古代米とおでん  このおでんのダシがおいしかった 湯西川名物、囲炉裏焼きも健在で、アユと味噌団子がありました  ヘルシーでおいしい山の幸を...

  • 湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿揚羽~AGEHA~

     享保3年創業、平家落人伝説をモチーフとした秘境の湯、湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿揚羽~AGEHA~の温泉レポです。  この宿の主は、桓武天皇の流れをくむ平安末期から戦国時代にかけて活躍した武蔵七党の一族、桓武平氏 大類武士団の末裔なのだとか。  宿のエントランスでは仁王様がお出迎え  フロント周りは、かつての落人の里のイメージ    温泉入り口前の休憩所  それでは暖簾をくぐります  スリッパ棚は、紫...

  • 栃木の秘湯を巡る旅 3(湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿揚羽~AGEHA~ 館内編)

     初日の宿は、ここ! 湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿揚羽~AGEHA~  平家の落人が隠れ住んだ湯西川、これをモチーフに民族屋敷のような雰囲気を演出しています。 入口には、平家物語の下り  薄暗い館内には、鶴やら鹿やらがそこかしこに。   部屋に向か通路は、ランプが灯ります  それではお部屋に 部屋は7.5畳のコンパクトな和室  古い宿ですがしっかり改装され快適  館内電話も黒電話が置いてあります  お茶...

  • 栃木の秘湯を巡る旅 2(道の駅 しもごう)

     本日の宿に向かう途中、飲み物を買おうと小休止 道の駅 しもごう  南会津は、トマトが旨いらしくこちらを購入 南郷トマトジュース 桃太郎  トマトの国からやってきただけあって、トマト100%で無添加 濃いのに飲みやすいトマトジュースでした!   ●住所 福島県南会津郡下郷町大字南倉沢字木賊844-188 ●電話 024--67-3802ブログランキングに参加しました!今日も一押しお願いします。こちらにも参加してみました!よ...

  • 新甲子温泉 元湯 大露天風呂 みやま荘

     甲子温泉といえば、足元湧泉の大黒屋が有名ですが、その手前、新甲子温泉の宿で立ち寄り湯。 新甲子温泉 元湯 大露天風呂 みやま荘  建物入口には新白河高原ホテルと書いてありますが、今は、新甲子温泉 みやま荘となっているようです。 敷地内には、足湯がありますがかなりの熱湯で源泉の力強さを感じます。  建物は、老朽化していて、脱衣所も年季が入っています。    内湯は六角形の中浴槽が1つ。   源泉掛...

  • 栃木の秘湯を巡る旅 1(手打ち中華 すずき)

     県民割→ブロック割となり、千葉県近県も適用されるので、栃木の秘湯(一部 福島)を巡ることに。 スタートは、福島県白河市 ちょうどランチ時なので白河ラーメンの人気店、とら食堂を訪ねてみると・・・  整理券番号88番で今呼ばれたのが40番 これでは2時間は食べられそうにないので、こちらに移動 手打ち中華 すずき   ここでは、定番の手打ち中華(800円)をいただきます。  澄んだ醤油スープは、鶏と野菜のホッと...

  • 国立温泉 湯楽の里

     ホームセンターやスーパーがあるメガセンター、フレスポ国立南 この敷地内に、温泉が湧いています。 国立温泉 湯楽の里   エントランスにある掲示によると、地下1800メートルからポンプアップするのは、37℃のナトリウム-塩化物泉だそうです。  お決まりの掘削ピットの展示  館内で花束を売っているのは珍しいですね。  それでは、温泉の暖簾をくぐります。  ここのメインは、展望露天風呂。  ※HPより 多摩川ビ...

  • ラーメン二郎 八王子野猿街道店 2

     多摩ニュータウン方面で所要を済ませランチタイム ラーメン二郎 八王子野猿街道店 2  駐車場は、店の裏手にあり 食券を買って列に並ぶシステム たまたま、店内待ちスタートでラッキーでした 注文は、小ラーメン(850円)+生卵(50円) コールは、アブラなし、ニンニク少し 小ラーメンとは覆えぬボリューム  チャーシューの厚さが2センチはありそうです  まずは、スープを一口 豚のダシとカエシがガツンときてうま...

  • 味四川 四川ダイニング

     京成大久保駅の線路沿いに店を構える四川料理店 味四川 四川ダイニング  ここは、お得な日替わりランチが目当て 日曜日は、四川牛肉豆腐鍋+満足セット(御飯、スープ、サラダ、ザーサイ、杏仁豆腐、小籠包or焼き餃子) まずは、ビール  そして、きました  これで890円はお値打ち。 四川牛肉豆腐鍋は、鉄鍋なのでアツアツ  中華ならではの八角など香辛料が効いた味付けで、この味は家では出せません! 四川料理と...

  • ラーメン柊

     かつては赤鬼というスキンヘッドの店主が営んでいたお店。 この後にオープンしたのがここ ラーメン柊  ここの店主は、津田沼では名の知れた魚ダシの「鈴木さん」で修業してこともあるとか。 店名の柊ラーメン+味玉+大盛を注文(1,000円) 普段、大盛は頼まないのですが、普通盛で麺130g、しかも細麺とのことなので大盛1.5玉にしました。 出てきたのがこちら  まずは期待のスープを一口 最初に魚ダシが口に広がります...

  • 東京ぶらり旅 7(豊洲界隈)

     GWの東京ぶらり旅、最後は、豊洲周辺のウォーターフロントを散歩。 ホテルのお散歩ドリンク  護岸は、遊歩道になっていてドラマロケにもよく使われています。      海の遊歩道を経て、豊洲駅に向かいます    街中にあったコンクリートの卓球台  最後にららぽーと豊洲に寄ろうかと思いましたが、人が多かったので成城石井で少し買い物をして帰路につきました。 旅行記は、これで終了。 都会で過ごす休日もいい...

  • 東京ぶらり旅 6(ラビスタ東京ベイ 食事編)

     ラビスタ東京ベイで温泉を満喫した後は、部屋ごはん。 まずは、摩天楼の夜景を眺めながら乾杯!  すごい景色  おつまみは、銀座三越のデパ地下で仕入れたお惣菜  キッシュと生ハム、チーズも美味  生春巻きもうまい  ラザニア  あんバターは、ハイボールにも合う!  締めは、共立リゾート定番の夜泣きそば  あくまでもサービスなので味に関してはコメントなし 朝食は、ビュッフェスタイル 種類は、豊富です ...

  • ラビスタ東京ベイ

     2022年4月15日にプレオープンした東京湾に浮かぶウォーターフロントリゾートの温泉レポです。 ラビスタ東京ベイ   豊洲市場駅からはペデストリアンデッキで直結 ロビーは、スタイリッシュなデザイン   大浴場は、最上階の14階  脱衣所は、ダークトーンで都会的なデザイン  内湯のメインは、レインボーブリッジを眺めながらの大浴槽  ここには、埼玉のスパ銭、湯快爽快 湯けむり横丁 みさとの運び湯が注がれます ...

  • 東京ぶらり旅 5(ラビスタ東京ベイ お部屋編)

     本日の宿は、ここ! ラビスタ東京ベイ  豊洲市場の隣に建つ、4月22日プレオープンのシティホテル。  この日は、プレオープンということでかなりお安く泊まれました。 そのせいか、タブレットに手こずるる人が続出し、チェックイン時間がかかりました。 それではお部屋に。  セミダブル×2のツインルーム  50インチTVとグレー系木目の家具  冷蔵庫は中華製  共立パッケージのミネラルウォーター2本付き  フロ...

  • 東京ぶらり旅 4(浜離宮恩賜庭園)

      築地から少し歩くと都会のオアシスが現れます。 浜離宮恩賜庭園   潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園をゆるり散歩 海水が出入りする潮入の池   馬場跡  鴨場  鴨を餌付けし安心させたところを鷹で狩っていた場所 横堀水門  三百年の松  六代将軍家宣が庭園を大改修したとき、その偉業をたたえて植えられたといわれるクロマツ  ウォーターフロントらしい風景   1万歩以上歩いたので、...

  • 東京ぶらり旅 3(築地・波除神社)

     かつては、海だったこの地が埋め立てられ、徳川の時代に創建された神社。 築地・波除神社  「災難を除き、波を乗り切る」ご利益あり。 お歯黒獅子  厄除大井獅子  本殿  伊勢神宮と同じ、唯一神明造なので風格があります  千木も立派 ご神木は大イチョウ  築地だけに境内には寿司に纏わるものが多くみられます。   吉野家1号店が築地にあったことからこんな碑も  小さいながらも歴史を感じる神社でした。  ...

  • 東京ぶらり旅 2(築地場外市場)

     本願寺を後に向かったのは、築地場外市場  美味しい海鮮が目当てでしたが、人、人、人  人気店には行列、店内は満席、コロナも心配でとても食べられる状況に非ず とりあえず、丸武で玉子焼きを食べながら作戦を練ります。  ほんのり甘くてフワフワ  やはり、店内で食べるのは不可能と判断 この人を頼りにテイクアウト ...

  • 東京ぶらり旅 1(築地本願寺)

     Withコロナムードが高まる中、GWの行楽地に向かう道路は大渋滞予測 そこで、今年のGWは、安近短の都内旅 築地本願寺  1600年代に創建された本願寺は、浄土真宗の寺院 地方の小さな寺社ばかり行っているのでこのスケールには驚きました。 外観は、インド系の古代仏教建築を連想させるオリエンタルな雰囲気。 本堂入り口はステンドグラスを使用  入口に鎮座する、動物  後姿がかわいい  中に入ると、おおきなパイ...

  • アパホテル&リゾート 東京ベイ幕張(再訪)

     GOTOトラベルの代替、県民割を使って格安で泊まってきました。 アパホテル&リゾート 東京ベイ幕張   1泊あたり3,000円の補助と2,000円の地域クーポンが付きます。 まずはチェックイン!  ロビーでは大きな恐竜が吠えています。  部屋は、イーストウイングの2F コンパクトなツインルーム(ピンぼけでした)  テレビはシャープの50インチ  風呂の混雑具合がわかります  UBは、丸みがある、おなじみのアパオ...

  • 中華料理 タケちゃん

     菜々の湯で汗を流し、ランチはここに 中華料理 タケちゃん  京成津田沼駅ビル、サンロードの中にある町中華です まずは、乾いた喉に冷たいスーパードライ  注文は、本日のおすすめ品(いつも変わっていません) レバニラ+五目あんかけごはんセット 先に出たのはこちら  イカ、エビ、肉、白菜、シイタケ、ニンジン、にんにくの芽、きくらげなど五目どころではなく具だくさん。  甘みのある醤油あんかけは、大衆中華...

  • Spa Resort 菜々の湯(再訪)

     コロナ禍で閉店が相次ぎ、数少ないホームグランドの1つとなったSpa Resort 菜々の湯で朝湯活  開店9時に入館。  朝イチの狙いは、高濃度炭酸泉の一番風呂  最もきれいな状態で入れるのでまずはここから。 電気付かわり湯は、ワイン風呂。  その隣は、水風呂 アトラクション系は、ジェットが4席  これに高温サウナを備えます。 露天は、大きく2つ。 入浴剤を使った人工温泉は、やや熱め設定でシャキッとします...

  • 房総半島 銘水・銘酒・寺社・名湯の旅 11(たぶん…世界一小さいチョコレート工場)

     房総の旅、最後に立ち寄ったのはここ! たぶん…世界一小さいチョコレート工場  ネーミングに魅かれて立寄ってみましたが、やはりこれを意識しているようです。  店内には、確かに小さい工場があります。  商品は、ユニークなものばかり。 ハンマーで割るチョコ  牛すじ入りチョコレートカレー  これは、帰ってから食べてみましたが、チョコは隠し味って感じで、スパイシーでおいしいカレーでした。 リピーター続出...

  • 房総半島 銘水・銘酒・寺社・名湯の旅 10(海の駅 九十九里)

     旅も終盤。 お土産購入も兼ねてこちらに。 海の駅 九十九里  施設入口には、幸せの青いポスト  日本で唯一の青いポストらしく、新たな恋人の聖地にもなっているようです 店内に入るとまず目を引くのがこの水槽。  九十九里の名産、イワシをテーマとした資料館が併設されています。  九十九里町のイワシ漁文化の歴史を学べます。   お土産は、このイワシを中心に地酒などが並びます。     ●住所 千葉県山武郡九...

  • 房総半島 銘水・銘酒・寺社・名湯の旅 8(上総國 一之宮 玉前神社と白子神社)

     次に向かったのは、一の宮にある上総國 一之宮 玉前神社  ここは、再訪となりますが、東京オリンピックのサーフィン会場にほど近い立地。 神楽殿  社殿  御朱印   前回来たときは気が付きませんでしたが、裸足で3回、回れば気が満ちるらしいです。   続いて白子神社  千葉の温泉地、白子温泉の近くに建立。 ここは、白蛇を祀った神社。 社殿  この白蛇の頭をなでると福を授かるとか。  境内には、御力石が...

  • 房総半島 銘水・銘酒・寺社・名湯の旅 7(音羽山 清水寺)

     宿をチェックアウトし本日は、寺社3つを巡ります。 まずは、いすみ市の音羽山 清水寺 清水観音ともいわれ坂東三十二番の霊場です。 京都の清水寺と同じく名前で、地形、夏でも涸れない「千尋の池」がある、坂上田村麻呂ゆかりのお寺である事など、共通点が多いのだとか。 仁王門  四天門    手水舎のドラゴンが大迫力  鐘楼  赤穂浪士を供養する四十七士の像は珍しいです。  閻魔堂   百観音堂  社殿には、...

  • 房総半島 銘水・銘酒・寺社・名湯の旅 6(千葉県最古の銭湯 松の湯と勝浦散策)

     房総の旅、2日目。 グーグルマップ情報で隣町の勝浦にある千葉県最古ともいわれる銭湯、松の湯の営業時間が朝6時からとなっていたので、朝食前に出陣。 遠見岬神社の駐車場にクルマを停めさせていただき(帰りに参拝します)、松の湯に!    ・・・ やってない・・・ グーグルマップ情報はガセでした。 木造の寂れきった趣、入りたかったです。 せっかく勝浦にきたので少し散策することに。 勝浦といえば、日本三大朝...

  • コカ・コーラ ボトラーズジャパン ノメルズ ハードレモネード サワー!サワー!サワー! 24本 お試し!

     お試しサイトのモラタメのポイントがたまったのでこちらをポイントでお試し。 コカ・コーラ ボトラーズジャパン ノメルズ ハードレモネード サワー!サワー!サワー! 24本  参考価格3600円(税抜)→お試し価格1,150円(税込1,265円) スーパーでは1本138円ぐらいですのでこれはお得。 レモネードにアルコールを足した米国で人気のお酒らしく、酸味、甘み、苦味が普通のレモン酎ハイとは違いました。 ハンバーガーやフライド...

  • 小湊満願温泉 満ちてくる心の宿 吉夢

     鴨川市天津小湊の漁港の一角に建つ宿 小湊満願温泉 満ちてくる心の宿 吉夢   ここは、千葉ロッテマリーンズの鴨川秋季キャンプでコーチ陣が泊まる宿です。(選手はホテル三日月) ロビースペースは、ゴージャスというより落ち着いた雰囲気。  こんな季節の展示も。  大浴場は、吉湯と夢湯の2つあり、吉湯がメイン。 それでは、吉湯の暖簾をくぐります。  大規模施設なので、脱衣所は広々。   海水浴客のために...

  • 房総半島 銘水・銘酒・寺社・名湯の旅 5(満ちてくる心の宿 吉夢 食事編)

     夕食は、部屋出し。 本日のお品書き  食前酒は、特製梅酒  先付け   これを見たら頼まずにはいられない! 利き酒セット  真ん中、木戸泉の純米は、少しクセのあるコメの香りが日本酒らしい味 左の腰古井の生酒本吟醸は火入れしていないだけあってフレッシュな飲み口 右の寿萬亀の純米吟醸は、すっきり感とコクのバランスがとれた優等生タイプ これをやりながら、お造り  バチ鮪、勘八、目鯛、梶木、車海老、湯葉...

  • 房総半島 銘水・銘酒・寺社・名湯の旅 4(満ちてくる心の宿 吉夢 施設編)

     本日の宿はここ! 満ちてくる心の宿 吉夢   小湊港に面した温泉と新鮮な海の幸が売りの宿。 チェックインはこちらのロビーで。  ウエルカムドリンクは、ただの麦茶でした。お部屋は、12畳+椅子コーナーのオーシャンビュー和室。   窓からはこの眺め。  お茶請けは、枇杷ケーキと鯛せんべい  冷蔵庫は、空かと思いきやグラスと枇杷ゼリーが冷やされていました。   洗面  風呂  トイレ  浴衣は数種類用...

  • 生活害虫防除剤協議会 ミセスロイド洋服ダンス用 2個入 1年防虫 当選♪

     懸賞系は最近不振。 そんな中、お試しサイトのモラタメからお届け物。 生活害虫防除剤協議会 ミセスロイド洋服ダンス用 2個入 1年防虫  生活害虫防除剤協議会は、住みよい生活環境を目指し、信頼される製品の供給を行うことを目的として設立された組織。 ここに公認された商品は安全・安心ってことですね。 ミセスロイドは衣類にニオイがつかない無香タイプの防虫剤。 衣類をしっかり守る防虫・消臭・防カビ・黄ばみ防...

  • 房総半島 銘水・銘酒・寺社・名湯の旅 3(千光山 清澄寺)

     宿に向かう途中、もう1か所寄り道。 千光山 清澄寺  千葉県で2番目に高い山、清澄山(海抜383m)の頂上近くに建つ日蓮宗の寺院。 仁王門の左右には、寺の番人、金剛力士像が。 こちらは、右側の阿像(那羅延金剛)  手水舎  鐘楼  本堂   参拝後、御朱印をいただきます。  石割り玉  不安や悩みを玉に移してこれを割ると厄難を払うというもの。 この石にぶつけます。  祖師堂には、日蓮聖人の御尊像が安...

  • 房総半島 銘水・銘酒・寺社・名湯の旅 2(志保沢商店)

     久留里でのランチはここ! 志保沢商店  久留里焼きそばで有名なお店。 久留里線 平山駅前にあり、車は駅前の空きスペースに止め放題。  平山駅は、単線・無人とローカル線のお手本。  時節柄、テイクアウトし、車内でいただきます。 メニューは、こんな感じ。  量は教えてくれないので、ノーマルキャベツ天かす580円(男)と同480円(子供)を注文。 ワンオペ故に10分弱待ち、出てきたのがこちら。  こちらが男 ...

  • 房総半島 銘水・銘酒・寺社・名湯の旅 1(久留里散策)

     4月下旬、房総半島1泊2日の旅に出ました。 向かったのは、JR久留里線久留里駅 この辺りは、銘水・銘酒のまちなのです。  列車の顔出しパネル  地酒を紹介  久留里駅隣の駐車場にクルマを停め散策開始。 その前に久留里観光交流センター前の水汲み広場で水分補給。   若干のヨード臭を感じます。 歩き出すといきなり味のある金物屋や旅館が現れます。   新町の井戸は、すごい水量。  久留里の大井戸  青年...

  • 麺屋 武士道 八千代店

     フリーペーパーにラーメン1杯500円クーポンがついていたので利用させていただきました。 麺屋 武士道 八千代店  濃厚豚骨ラーメン 醤油or塩 730円→500円ということで濃厚豚骨ラーメン醤油をオーダー。 硬さ、味、油全部ふつうをチョイス  家系ラーメンらしくほうれん草がたっぷりのった美味しそうなビジュアル  麺は、中太ストレートで小麦の香とモチモチ感があるいい仕上がり。  スープは、一口目にすごい油を感...

  • 八幡餃子 二和向台店

     ラ・ナチュール ハイジでおいしいパンをいただいた後、しばし二和向台駅周辺を散策。 おっ! ベイビーグルート!  街ガチャ in 船橋にゆかりのあるイラストレーターが船橋の名所をオリジナルにデザインしたキーホルダーのガチャ。  八幡餃子 二和向台店  最近よくみる無人餃子販売店  餃子の町、宇都宮発祥の冷凍餃子が36個で1,000円   自宅で焼いて実食  皮は薄くパリパリ、具はキャベツ、ニラ、玉ねぎなど野...

  • ラ・ナチュール ハイジ(再訪)

     1年前にウォーキングの際に寄ったお店。 ラ・ナチュール ハイジ  前回来たときは、スイスの山小屋風だったのに、真っ赤な外壁に白い窓枠にモデルチェンジされていました。 何でも「女性が輝ける場所」をイメージしてとのこと。 店内はコロナ対策で1組づつの入店。 いくつか購入し、隣の公園でいただきます。   きんぴらが入った胡麻パン  ごぼうの食感と胡麻の香りが斬新 シャウエッセン  パリッっと焼いたシャウ...

  • 日清 爆裂辛麺 極太激辛ラーメン

     本日のランチは、袋麺 日清 爆裂辛麺 極太激辛ラーメン  冷蔵庫の残り野菜ちゃちゃっと炒め、調理した麺にトッピング!  まずは、スープを一口。 粉末味噌、粉末醤油、魚介調味料、一味唐辛子などなどによる辛みそスープ。  パンチのある辛さの奥に甘みとうま味を感じる美味しいスープです。 麺は、二郎系を彷彿させる太麺。  乾麺ながらモチモチと弾力があり、スープの絡みもなかなか。 結構辛いのですが蒙古タン...

  • ガトー・ド・ボワイヤージュ ペリエ津田沼店

     横浜馬車道に本店を有するスイーツ店 ガトー・ド・ボワイヤージュ ペリエ津田沼店 店名は、フランス語で日持ちする焼菓子という意味。 一日でも長く焼きたてのおいしさをというパティシエの思いから生まれた店名とのこと。 3つのケーキを購入しました。 湘南平塚のベリーを使ったムース系  甘酸っぱくフワフワ食感の絶品 ショコラ系は、甘さ控えめながらチョコのほろ苦さとカカオの香りが上品です。  苺のミルフィー...

  • 吉高の大桜

     ソメイヨシノがピークを過ぎたころ見ごろとなるのがここっ! 吉高の大桜 印西市では、小林牧場と並ぶお花見スポット。 私有地にあるので、クルマは、印旛中央公園に置き、ここから1.5キロ程度歩きます。 こんな畑道を歩いていくと、ヤマモミジやかわいい大根などに遭遇。    急に場所が開け、チューリップ、桃の花、一番奥にヤマザクラが表れます。  ムラサキハナナと桃の木  菜花、桃の木、ヤマザクラ  このヤマ...

  • 千葉県立 房総のむら 3

     房総のむらは、有料ゾーン以外にも龍角寺古墳群からなる風土記の丘と3つの文化財建物の展示があります。 まず、風土記の丘の龍角寺古墳群 龍角寺古墳群は、115基の古墳で構成され、敷地内には78基が保存されています。 龍角寺古墳群第101号古墳  発掘調査の成果を基に、埴輪の位置を復元したのだとか。 岩屋古墳  墳丘の一辺約80m、高さ13mの全国一の規模をもつ方墳。 横穴式石室  遊歩道を歩くと数々の古墳が。 ...

  • 千葉県立 房総のむら 2

     ランチ後は、房総のむらに入村。 チケットは、レトロな洋館で購入。  県立なので300円と激安。 村に入るとまずこの商家の街並み。  総屋は、成田の新勝寺門前に江戸時代末期に建てられた大野屋旅館の外観を再現  そば屋いんばでは、数量限定で手打ちそばを500円で提供。  建物内では、展示コーナーになっていたり、各種体験が格安ででき、子供たちがチャレンジしていました。 房総のお菓子  酒屋の杉玉  稲荷神社...

  • 千葉県立 房総のむら 1

     フリーペーパーで桜の名所として紹介されていたので行ってみました。 千葉県立 房総のむら  ここは、江戸時代の房総のむらを再現した参加体験型の県立博物館。 商家・武家屋敷・農家を再現した房総のむらと、古墳群と遊歩道からなる風土記の丘で構成されています。 まずは、入園前に桜鑑賞と軽くランチ 入口前の広場には、多くのソメイヨシノが見ごろを迎えていました。    ランチは、千葉のローカルスーパー、なりた...

  • カウベル 八千代本店

     アパホテル八千代緑が丘でステイケーション。 チェックアウトしてランチに。 カウベル 八千代本店  創業28年、ステーキやハンバーグが主力のステーキレストラン。  ここの名物、弾力ハンバーグランチ 180G(税抜1800円)を注文。 アツアツの鉄板の上に備長炭で焼いたハンバーグ!  中はレアで、ペレットで自分の好みに合わせて焼きながらいただきます。  肉は、栃木の大田原牛。 柔らかく弾力がありオニオンソー...

  • アパホテル 八千代緑が丘(再訪)

     本日は、温泉付きビジホに1泊。 アパホテル 八千代緑が丘   ここは、1度日帰りプランで利用しましたが、いい黒湯の自家源泉があります。  仕事帰りのためチェックインは20時過ぎになってしまいました。 ここのところ最新のアパを利用しているので、ここは、築15年以のここ、古さを感じますね。 狭いシングル。   テレビは、壁掛けではなくオンザテーブル  3点ユニットも旧タイプ  それでは温泉に。  脱衣所は...

  • 夢を語れ千葉

     2021年9月11日に京成津田沼駅前商店街、シャッター通りにオープンした二郎系のお店。 夢を語れ千葉 順天堂大学の学生が、コロナ渦に松山市の「夢を語れ」で修業し、店主として津田沼に開店。 メニューは、ラーメン、つけ麺、まぜそばの基本3つで、150・200・300・500グラムすべて同額 これに、チーズやうずらなどのトッピングあり オーダーは、並んでいるときに行い、前払いで手作り食券と交換 店内は、長テ...

  • セブンパークアリオ柏からの夕日

     R16沿いにある巨大ショッピングモール、セブンパークアリオ柏 フードコートで小休止していると大きな窓から見事な夕景  手前のヤマダ電機が邪魔ですが、夕日をバックに富士山がみえました! ブログランキングに参加しました!今日も一押しお願いします。こちらにも参加してみました!よろしければ一押しお願いします。 ...

  • Googleマップを見ながら散策(千葉市花見川区あたり)

     気候がよくなり、運動を兼ねて散策。 スタートは、千葉市花見川区のセブンイレブンから。 てくてく歩いて着いたのは柏井市民の森  アップダウンのある雑木林の中をてくてく   花見川中学校  かつては商店街だったのか? ニュー花見川ショッピング  花島公園見晴らし広場  花島公園お花見広場  川辺には桜の木がたくさんありもうすぐ開花しそう。 天福寺(花島観音)    天津神社   花島公園内を散策  ...

  • スーパー銭湯 青の洞窟(再訪)

     印西市の物流倉庫が立ち並ぶ一角にあるジム、ダイセンスポーツクラブに併設されたスパ銭 スーパー銭湯 青の洞窟  その名の通り、カプリ島の青の洞窟をイメージしたかのような幻想的な浴槽が並びます。 お風呂は、内湯のみ。  左がジェット・マッサージ風呂 右が水風呂 1/4円型の浴槽は、人工重曹温泉 笹濁りの湯で肌にまとわりつくような浴感。 右奥は、高濃度炭酸泉 湯底に埋め込まれたライトが星屑のようで幻想的...

  • Googleマップを見ながら散策(茅ヶ崎散歩)

     千葉県民にとって茅ヶ崎といえば、湘南→サザン→海といったイメージ。 今回は、茅ヶ崎駅の海側ではなく内陸側を散歩してみました。 浄見寺  浄土宗の寺院で、大岡裁きで有名な江戸時代の奉行・大岡越前こと忠相をはじめとする大岡氏の菩提寺です。  庭がきれいで、枯山水のごとくきれいに掃き目が残っています。  本堂  民族資料館・旧和田家   江戸時代の古民家を移築復元し、資料館として活用していますが、この日...

  • 麺屋こころ 台湾まぜそば@ファミマ

     本日のランチは、ファミマの冷食で有名店の味を楽しみます。 麺屋こころ 台湾まぜそば  麺屋こころは、関東に多数の店舗を持つ台湾まぜそばのお店 千葉県では、柏と船橋に店舗があります。 冷凍されたまぜそばは、このままレンチンして卵黄をのせガーリックパウダーをかけるだけ。  できたのがこちら。  麺は、うどんのような感じですが、ピリ辛肉みそにガーリックやニラなどの風味が複雑に混ざり、これを卵黄がやさし...

  • パティスリーシュクレ・サレ

     新京成線北習志野駅から徒歩5分にあるスイーツのお店 パティスリーシュクレ・サレ  店名は、「塩分の中にある甘さ」を意味しています。 ケーキ名、価格は失念 ショコラ系とマロン系の2種を購入。  ショコラ系は、チョコレートクリームがきめ細かく上品な甘さ。  スポンジとクリームの層は、苦みがあったりと食べていて飽きません。 マロン系の方は、モンブランとはまた違った感じでおいしかったです。  どちらも甘さ...

  • アパホテル 上野駅前

     蔓延防止措置は、延長中。 スーパー銭湯には怖くていけないので久しぶりにテレワークプランを利用。 アパホテル 上野駅前  都内には、東京オリンピックに合わせるかのように無数のアパホテルが新規開業。 アパホテル上野駅前も2021年10月開業とピカピカです。  チェックインは、アプリで行いバーコードを読ませカードキーを発行。  ほとんど人との接触なく客室に。 シングルルームは、はい、狭いです。  50インチT...

  • から揚げの本田商店 京成津田沼店

     居酒屋 鶏ジローがフランチャイズの唐揚げ屋に業種変更 から揚げの本田商店 京成津田沼店  店内飲食(ハイボール飲み放題あり)もできる進形態 テイクアウトでから揚げ弁当(626円)を注文 ごはん並盛に大振りの唐揚げが3つ  衣は「カリッ」というより硬い感じ。 肉はジューシーさがなくちょっとパサつき加減 米は、ふっくらつやつやには遠い感じ。 安いコメを使っているのかな? 「味が濃くてごめんなさい」のキャ...

  • らーめん松信 八千代台店

     佐倉市にある二郎系の2号店、らーめん松信 八千代台店に行ってきました。  麺量、150、200、250gは、全て同額。 ここは、麺少なめのラーメン200g(680円)を注文。 着丼直前にニンニクは?と聞かれ少なめコール。 野菜の量も程よくいいビジュアルです。  スープは、動物系のダシにアブラの乳化具合がいい感じのカラメ。 野菜を潜らせて食べるとしっかり味がつきます。 ただ残念なのは、スープが熱々をじゃないこと。...

  • 春の兆し

     本日は、ホント暖かく、本格的な春の足音をが聞こえるようです。 ジョギング中ですが春を見つけたので緊急投稿します!  ブログランキングに参加しました!今日も一押しお願いします。こちらにも参加してみました!よろしければ一押しお願いします。...

  • 冬の南房旅 9(鹿野山九十九谷展望公園)

     旅の最後は、絶景で締めくくり。 鹿野山九十九谷展望公園  君津市、標高379mの鹿野山を上り詰めたところにある小さな展望スポット。 ここからは、高宕山など上総丘陵が幾重にも連なる山並みの風景を眼下に一望。  この景観を総称して九十九谷と呼ばれています。  夜明け前から日の出直後と日の入り前の情景は墨絵の世界にも例えられ、日本画の巨匠、東山魁夷はここでの写生をもとに出世作「残照」を描いたのだとか。 ...

  • 冬の南房旅 8(里のMUJIみんなみの里)

      鴨川市とMUJIがタイアップした交流施設 里のMUJIみんなみの里 まずは、MUJIのショップ  定番商品   鴨川の亀田酒造×MUJIの純米酒  ディスプレイも面白い  続いてみんなみの里物産館  絵本のコーナーが設けられていました。  興味をそそられる、地場産物がたくさん。    長狭米の粒すけは、2020年にデビューした千葉県産米のニューウエーブ  コシヒカリに負けないおいしさとのことで、購入。 まだ食べてい...

  • 冬の南房旅 7(檀特山 小松寺)

     冬の南房総旅、2日目は、紅葉の名所といわれる、檀特山 小松寺に  小松寺の本尊、薬師如来は、除病や子宝・安産のご利益があるとのこと。 駐車場周辺からすでにモミジやカエデ、イチョウなどがきれいに色づいています。 朱塗りの仁王門  鐘楼  茅葺の本堂  徐病の薬師堂  本堂の横には白山社への鳥居  鳥居の先の山を登ると石川、福井、岐阜県に跨る白山信仰の祠があります。  縁結びにもいいみたい。  小松...

  • 冬の南房旅 6(銀鱗荘 ことぶき 朝食編)

     銀鱗荘 ことぶきで迎える朝 千倉の日の出を堪能し、冷えた体を朝風呂であたため、いざ朝食会場へ。 料理自慢の宿なので朝ごはんも楽しみ。  まずは、フレッシュな地みかんのジュース  100%ミカン果汁だけあってとっても美味 サラダには、甘酸っぱいドレッシング  玉手箱  木箱の中には、マグロの漬けを中心に切り干し大根やひじきの煮つけ、ゴボウサラダに明太子とお惣菜が多数。  出汁巻玉子  ここの名物の...

  • 冬の南房旅 5(千倉の日の出)

     12月の日の出は、6時45分ころ これなら起きられるかな ということで、千倉の日の出を見に行くことに 宿から歩いて数分で千倉漁港 まだ日の出前で暗く、風も冷たいので一旦宿に戻り、クルマで行くことに。 しばらく車内で待機していると、漁港の東の空に朝日が昇り始めました。   この写真、本ブログ元旦の記事に採用しました。  その後、景勝地、畳岩に移動  ここからもいい感じで日の出を見ることができました...

  • 銀鱗荘 ことぶき

     南房総、千倉漁港の近くに建つ、鮨屋の小さな湯宿 銀鱗荘 ことぶき   外観は、古いまま 宿の人の話では、2019年の台風被害が未だ職人不足で修繕できていないとのこと。 ロビー回りや客室などは、和モダンに改装済み。  さて、こちらの宿のお風呂は、4つあるのですがすべてが貸切風呂 コロナ渦においては、安心できる設定 すべてのお風呂を制しましたので1つずつ紹介します。 まずは、唯一予約制の屋上露天風呂...

  • 冬の南房旅 4(千倉のまちをチャリで疾走)

     銀鱗荘 ことぶきでは、チャリを無料で貸してくれるので、千倉のまちを走ってみました。 千倉神社  江戸時代後期創設の氏神様 本殿の彫り物は立派  熊野神社  創設期は不明、1800年代か? 強面の狛犬  千倉の彫工 後藤利兵衛橘義光生誕の地  後藤は、並の伊八と並び安房の三名工といわれ、寺社や山車、屋台、神輿などに彫刻作品を残した職人 八幡神社  江戸末期創設 御神木  高家神社   茅葺屋根は、存在...

  • 冬の南房旅 3(銀鱗荘 ことぶき 部屋・夕食編)

     冬の南房総旅、本日の宿は、ここ! 銀鱗荘 ことぶき  鮨屋が営む小さな宿で、建物はかなり古いのですが、7割方改装されていました。 泊まるお部屋は、フチなし畳にツインベッドを配し、和モダンに改装された「然」     休前日、1泊2食付き1人22,000円と結構なお値段 洗面スペース  冷蔵庫は空で、ミネラルウォーター2本付き  風呂は、浴槽なし・シャワーブースのみ  トイレも新品  窓からは、千倉の海を...

  • 亀山温泉 湖水亭 嵯峨和

     房総半島のちょうど真ん中あたりにあるダム湖、亀山湖畔に建つ黒湯温泉を訪ねました。 亀山温泉 湖水亭 嵯峨和  三角屋根が特徴的な外観 フロントの横には、地酒を展示  ロビースペースは、山の宿って感じ。  ここは、ランチを利用すると温泉が無料で入れます。 ランチの準備に少し時間がかかるとのことで、まずは温泉の暖簾をくぐります。  家庭用の洗面台がついた簡素な脱衣所  浴場は、岩風呂、露天風呂の2つ...

  • 冬の南房旅 2(三石山展望広場と観音寺)

     次に向かったのは、亀山湖の南側。 三石山展望広場と観音寺 観音寺の手前のちょっとした山を登ると展望広場になっています。  ここからは、鹿野山、千葉方面、横浜方面を一望できるなかなかのパノラマ     続いて、観音寺 観音寺は、三石山の頂に位置する真言宗智山派の寺院  山門  境内に入ると、高橋尚子の手形とランニングシューズを模った記念塔が   鐘楼  本堂は、三つの奇岩が寄り添っているため三石観...

  • 神豚(再訪)

     豚を神と崇める二郎系ラーメン店 神豚  令和4年1月末で閉店すると聞き、最後に1杯食べに来ました。 最後も看板メニューの醤油ラーメン(900円)をいただくことに。 コールは、野菜、アブラ多め、ニンニク少なめで。  圧巻のモヤシタワーにカラメのタレがかかりいい味に。  スープは、濃いめで一口目から醤油と乳化したブダダシがしっかり広がります。 麺は、うどんのような太さでもちもちと弾力がありスープもよく絡み...

  • 冬の南房旅 1(亀山湖ウォーキング)

     昨年12月の旅です。 房総の12月は、紅葉の時期。 まずは、紅葉狩りウォーキングで亀山湖に。  亀山湖畔は、複数のウォーキングコースがありますが、黒滝コースを歩いてみます。  亀山湖は昭和56年に完成した千葉県最初かつ最大の多目的ダムです。 湖畔の切り立った断崖に真っ赤に染まる紅葉が印象的な風景   橋を渡ると小櫃川支流の折木沢・猪ノ川渓谷へと続きます。    途中、河原に下りられる場所がありました。...

  • スパソラニ千葉 印西牧の原

     北総、印西のショッピングセンター敷地にあるスパ スパソラニ千葉 印西牧の原  ここは、ヒーリングヴィラ印西→リスパ印西→スパソラニ千葉 印西牧の原と経営を委譲し、リブランドを繰り返していて、リブランド後の初訪。  コロナの煽りをくらったリスパの閉店を惜しんでいたのでリブランドオープンは歓迎です。 館内はというとアジアンテーストを含めそのまま、というより簡素化された印象。 フロント奥のスペース  パ...

ブログリーダー」を活用して、ひろろろろさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ひろろろろさん
ブログタイトル
千葉県発!温泉・スパ銭・湯〜ライフ
フォロー
千葉県発!温泉・スパ銭・湯〜ライフ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー
clear この画面を閉じる

フォローしてブログ村リーダーで
このブログをチェック!

千葉県発!温泉・スパ銭・湯〜ライフ

温泉大好き!千葉県在住の管理人がエコノミーな温泉・スパ銭紹介を中心に旅行や日常を綴るブログです。

フォロー