chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
HOPPYの部屋 https://ameblo.jp/48hoppy/

みなさんが、元気に!幸せに!なっていただければ幸いです。

体力には自信のあった私ですが、昨年、2007年10月16日、ジョギング中に突然脳梗塞で倒れ、そのまま入院。 一時は、言語障害と右半身に麻痺がありましたが、奇跡的な回復で、発症から2ヶ月足らずの12月9日に退院し、半年後には、ゴルフを再開しました。 リハビリを兼ねて、イラストを描いています。

HOPPY
フォロー
住所
柏市
出身
中央区
ブログ村参加

2008/06/15

1件〜100件

  • 初めて料理をした むずかしいと思った☆

     『初めて料理をした むずかしいと思った☆』  『私が初めて料理をしたとき むずかしいと思った でもやっていると 楽しいと思った 作り終わった時ほめられて う…

  • 微妙に異なる 不可思議な甘さ☆

     『微妙に異なる 不可思議な甘さ☆』  『チョコレートの甘さ ケーキの甘さ キャンディーの甘さ  ぼた餅の甘さ ぜんざいの甘さ 干し柿の甘さ  微妙に異なる …

  • こんな日はきまって あなたは言っていたね☆

     『こんな日はきまって あなたは言っていたね☆』  『台所の窓から 庭が見える そのずっと向こうに 田や山なみが見える あなたはときおり 少し背伸びしながら …

  • うれしかったです 言いそびれたけど☆

     『うれしかったです 言いそびれたけど☆』  『ポロっと 口をついて出た あなたからの ほめ言葉 うれしかったです 言いそびれたけど』   これは、PHP(2…

  • 人は心がけ次第で、どんな逆境でも勝手に勝てる☆

     『人は心がけ次第で、どんな逆境でも勝手に勝てる☆』  『大抵の人は自分の不幸な運命を呪うが、 呪ったところで報われることも、 状況が好転することもないので、…

  • 一人の人間として与える人でありたい☆

     『一人の人間として与える人でありたい☆』  『心豊かな人は与えることが日常だとはいえないか。 人に会えば自分から会釈するしあいさつもする。 時にはしゃれたひ…

  • 心ぞうに とも子先生の やが。。。☆

     『心ぞうに とも子先生の やが。。。☆』  『ちあきの 心ぞうに とも子先生の やが 千五百本 ささってるんだよ』   これは、2022年(令和4年)6月1…

  • 「す」ってなんできえるの?☆

     『「す」ってなんできえるの?☆』  『ありがとうございますの 「す」ってなんできえるの? こえみは 「す」があるほうがすき』   これは、2022年(令和4…

  • れのちゃんのおめめが つぶらないんだよ☆

     『れのちゃんのおめめが つぶらないんだよ☆』  『れのちゃんのおめめが つぶらないんだよ』   これは、2022年(令和4年)6月7日(火曜日)の讀賣新聞『…

  • ワクワクしちゃう☆

     『ワクワクしちゃう☆』  『友だちが家にきたら ゲームして おやつ食べて やきおにぎり食べて ぼくのへやで ないしょ話をしよう』   これは、2022年(令…

  • 二人とも 名前があってよかったね☆

     『二人とも 名前があってよかったね☆』  『四歳の孫がわたしに じいじ なまえあるの 名前? うんあるよ なんていうの ユ・キ・オ ふぅん きみのなまえは?…

  • 口癖に仕草、子は親の写し鏡として育ってゆく☆

     『口癖に仕草、子は親の写し鏡として育ってゆく☆』  『親の背中は、 子が初めて手にする人生の教科書だろう。 江戸の小噺にある。 「お前みたいな親不孝はない。…

  • 表に出ない“力布” 私は そんな人間になりたい☆

     『表に出ない“力布” 私は そんな人間になりたい☆』  『1センチメートルの正方形の布 振袖や浴衣、羽織など 着物を仕立てる時 脇下や襟先に こっそり縫い込…

  • 人間にとって、一瞬とは18分の1秒なのだとか☆

     『人間にとって、一瞬とは18分の1秒なのだとか☆』  『人間にとって、 一瞬とは何秒なのだろうかと考察したのが、 ドイツの生物学者ユクスキュルだ。 答えは1…

  • おそらのドアが あいたのかなぁ?☆

     『おそらのドアが あいたのかなぁ?☆』  『あめがふってきたねぇ おそらのドアが あいたのかなぁ?』   これは、2022年(令和4年)5月31日(火曜日)…

  • ねえ ママ みて☆

     『ねえ ママ みて☆』  『ねえ ママ みて てがおおきくなったよ いろんなもの いっぱい さわったから おおきくなったんだよ』   これは、2022年(令…

  • 「荷奪い(にうばい)」と「入梅(にゅうばい)」☆

     『「荷奪い(にうばい)」と「入梅(にゅうばい)」☆』  『江戸時代の絵暦は「判じ絵」といって、 描かれた絵から暦を当てるなぞなぞになっていた。 その一つ。 …

  • もしも空に 絵がえがけるとしたら☆

     『もしも空に 絵がえがけるとしたら☆』  『もしも空に 絵がえがけるとしたら 大きな雲の画用紙に きれいなにじの 絵をえがきたい ふわりと風に乗せて 世界中…

  • 自分を一番、大事にしてニコニコしていればもう大丈夫‼☆

     『自分を一番、大事にしてニコニコしていればもう大丈夫‼☆』  『莉亜ちゃんは、 あたまわるくないよ。 自分の気持ちをちゃんと言葉にできるんだから。 私の心を…

  • マスク顔 確信持てず 見つめ合う☆

     『マスク顔 確信持てず 見つめ合う☆』  『「マスク老け」 という言葉をよく耳にする。 人の視線は表情筋を鍛える適度な負荷であるらしく、 マスクの下で怠け癖…

  • 子供は貴方の宝 優しく育ててね☆

     『子供は貴方の宝 優しく育ててね☆』  『ある日スーパーの前で 幼な子に手を上げた 母を見た ママママと泣いてるよ 手を上げられても ママが大好きなのよ 子…

  • あと5年は生きる☆

     『あと5年は生きる☆』  『今年、 文集を手作りした。 タイトルは「あだたら」。 ふるさと福島県二本松市から見える安達太良山から付けた。 今も福島にいる両親…

  • じぶんのじまんより☆

     『じぶんのじまんより☆』  『じぶんのじまんより おともだちのいいところ じまんしたほうがいいよね』   これは、2022年(令和4年)5月28日(土曜日)…

  • くもをたべそうなくらい はしごがあがったよ☆

     『くもをたべそうなくらい はしごがあがったよ☆』  『ようちえんに しょうぼうしゃがきたよ くもをたべそうなくらい はしごがあがったよ』   これは、202…

  • わかった ママ☆

     『わかった ママ☆』  『えーとね えーとね 「ず」でしょう わかった ママ 「ずらしっくぱーく」』   これは、2022年(令和4年)5月24日(火曜日)…

  • 誰から生まれてきた と思ってるのかしら☆

      『誰から生まれてきた と思ってるのかしら☆』  『タリバン政権の アフガニスタン 女性の人権が 抑圧されている ニュースを見た妻 「誰から生まれてきた  …

  • 今は 遠くから眺めている 幸せというものを 知ったから☆

     『今は 遠くから眺めている 幸せというものを 知ったから☆』  『小学生の頃同級生と 四つ葉のクローバーを 一生懸命探した 幸せになれると 信じていた 四つ…

  • そのちょっとが長い☆

     『そのちょっとが長い☆』  『ピンポーン はーいちょっと 待ってくださいね そのちょっとが長い よっこらしょと 立ち上がり どっこいしょと 歩きだし あっマ…

  • 「夏夏夏夏」って おどってるよ☆

     『「夏夏夏夏」って おどってるよ☆』  『ねえねが さっきつかまえたバッタ あしをバタバタして 「夏夏夏夏」って おどってるよ』   これは、2021年(令…

  • ゼロえになっちゃった☆

     『ゼロえになっちゃった☆』  『りさの右目がすごくはれて 眼科に行った よくある目の病気らしい いつもはぱっちり二重なのに ゼロえになっちゃった』   これ…

  • あわてて 忘れものだよ と メールしたら☆

     『あわてて 忘れものだよ と メールしたら☆』  『娘が スマホを 食卓に置いたまま 出勤してしまった  あわてて 忘れものだよ と メールしたら  おいて…

  • なるほど じゃあ 当分は大丈夫でしょう☆

     『なるほど じゃあ 当分は大丈夫でしょう☆』  『どこか気になるところ ありますか  生まれつきノーミソと 顔が悪いんです  なるほど で ほかには  最近…

  • パパ はちみつどきの はなしして☆

     『パパ はちみつどきの はなしして☆』  『パパ もういっかい はちみつどきの はなしして?』   これは、2022年(令和4年)5月14日(土曜日)の讀賣…

  • なにもかもが いやになった日には☆

     『なにもかもが いやになった日には☆』  『なにもかもが いやになった日には おなかいっぱい食べて ふとんにくるまる 明日のわたしを 信じているから』   …

  • そういうことを言っていると そういう風になっちゃうよ☆

     『そういうことを言っていると そういう風になっちゃうよ☆』  『私が冗談めかして自嘲的な言葉を口にしたとき、 先輩に言われた言葉です。  自嘲は先に自らを嘲…

  • 命を使うから「使命」、命を運ぶから「運命」☆

     『命を使うから「使命」、命を運ぶから「運命」☆』  『誰しも自分が生きている間は戦争など起きてほしくない。 まして、 罪のない人たちが戦火に追われ、 犠牲者…

  • おだんごよりも やわらかいな☆

     『おだんごよりも やわらかいな☆』  『妹はさいしょ かわいいな ほっぺがだんごよりも やわらかいな 4さいになったら かわいくない けど ねているかおは …

  • ばあばには幸せ色にキラキラ輝くあなたが小さな虹に見える☆

     『ばあばには幸せ色にキラキラ輝くあなたが小さな虹に見える☆』  『朝の光が偶然に 床の上に小さな虹を 映し出した  ひいちゃんは 七色の小さな虹が お家の中…

  • 割り切れない気持ちは 分数のままで☆

     『割り切れない気持ちは 分数のままで☆』  『割り算の筆算を どこまでも続けていく のではなくて 割り切れない計算は 分数のまま置いておく  そんなふうに …

  • お婆さんです みたいじゃないよ☆

     『お婆さんです みたいじゃないよ☆』  『近頃のわたしの 姿と動作を見て むすこが申します 「お婆さんみたいだ」 わたしは申します 「お婆さんです みたいじ…

  • あったかいかな わたあめみたいに ふわふわ あまいかな☆

     『あったかいかな わたあめみたいに ふわふわ あまいかな☆』  『あの おやまに のぼりたいな そしたら くもに のれるんじゃないの あったかいかな わたあ…

  • 一杯だけ飲みます☆

     『一杯だけ飲みます☆』  『お酒を飲みますかと 私が聞くと 結婚前の夫は 一杯だけ飲みます と答えた 今も夫はそのルールを 守っている 一つの杯で お酒を注…

  • 今なら輝くわが命☆

     『今なら輝くわが命☆』  『今ならうたえる すきな故郷の歌 今なら読める あの詩集この詩集 輸血と酸素ボンベの 大きな力を借りて 今なら輝くわが命  今なら…

  • いつも深呼吸を忘れずに☆

     『いつも深呼吸を忘れずに☆』  『インターネットの発達で情報過多の状態だ。 そのせいか、 世の多くの人がセカセカしていると感じる。  動画配信サービスを利用…

  • 本当にこれでいいのか、日本の郵便☆

     『本当にこれでいいのか、日本の郵便☆』  『わずかだが還付金を申請するために確定申告をした時のことだ。 木曜日に郵便局に申請書を持参したが、 税務署に届くの…

  • 本当の正義の味方☆

     『本当の正義の味方☆』  『丸い顔に団子鼻のアンパンマンは、 さっそうと敵を倒す正統派ヒーロー像と対極にある。 1970年代に作者のやなせたかしさんが絵本を…

  • 1気圧って?☆

     『1気圧って?☆』  『飛行機の着陸時、 耳が痛くなることがある。 降下に伴い急に高くなる機内の気圧に 中耳内の気圧がついていけず、 鼓膜に強い圧力がかかる…

  • 愛は負けても親切は勝つ☆

     『愛は負けても親切は勝つ☆』  『アメリカの作家カート・ヴォネガットは代表作の一つ 『ジェイルバード』(浅倉久志訳、ハヤカワ文庫) に名文を残している。 <…

  • 認知症の始まりは歩幅でわかる☆

     『認知症の始まりは歩幅でわかる☆』  『通りかかった公園で子供たちが行進ごっこをしていた。 小学校の運動会の練習だろうか、 大きく腕を振り、 膝を高く上げて…

  • ぼくの ラッキーアイテム は甘いもの☆

     『ぼくの ラッキーアイテム は甘いもの☆』  『甘い物を食べると いやなことや 忘れたいことが 心の中から消えていく 時々 大切なことも忘れちゃうけど』  …

  • 望んでもかなわないことだからこそ、努力する価値がある☆

     『望んでもかなわないことだからこそ、努力する価値がある☆』  『望んでかなうと思えたとき、人は努力する―― これが一般的のような気がするけれど、 ゲーテはほ…

  • 靴紐を結ぶべく身を屈めれば全ての場所がスタートライン☆

     『靴紐を結ぶべく身を屈めれば全ての場所がスタートライン☆』  『多くの会社が、学校が、新人を迎えている。 街角にかがんで靴ひもを結び直す光景を目にしたか、 …

  • ねえママ どうして?☆

     『ねえママ どうして?☆』  『ねえママ どうしてひるまは パパもだいすきなのに よるになると ママだけ だいすきになるの? ママねよ』   これは、202…

  • たいようのおんせんに はいってるみたい☆

     『たいようのおんせんに はいってるみたい☆』  『めつぶってそらみるとさ たいようのおんせんに はいってるみたい めあけてしたみるとさ びるのうえにたってる…

  • どうして服着てないんだろう ドラえもん☆

     『どうして服着てないんだろう ドラえもん☆』  『4歳児クラスの子の会話。 男児 「ドラえもんって、  どうして服着てないんだろう」 女児 「え?  着てる…

  • あっ! かみさまが おこっているよ☆

     『あっ! かみさまが おこっているよ☆』  『あっ! かみさまが おこっているよ だって おそらが まっかだから』   これは、2022年(令和4年)4月1…

  • ほんとうに幸せな気持ちになった☆

     『ほんとうに幸せな気持ちになった☆』  『ママが言った 7秒ハグすると 幸せになれるんだって だから7秒ハグしてみた ほんとうに幸せな気持ちになった』   …

  • 土筆は「春」を書くためだけの野の筆☆

     『土筆は「春」を書くためだけの野の筆☆』  『つくしは 春先に土の中から 顔を出します その姿形は筆そっくり だからなのでしょうか 「土筆」と書くのは… そ…

  • 自分がやぶれるまで 守ってくれて ありがとう☆

     『自分がやぶれるまで 守ってくれて ありがとう☆』  『ぼくのくつ下 やぶれたよ ぼくの足を 自分がやぶれるまで 守ってくれて ありがとう おはようくつ下か…

  • くるくる 目がまわる くるくる 痩せていく☆

     『くるくる 目がまわる くるくる 痩せていく☆』  『くるくる 目がまわる くるくる 痩せていく ふたつのお山の洪水を 清く鎮める役目終え 渦巻き銀河に 吸…

  • 小さな小さな お地蔵さんとともに 歩いているような☆

     『小さな小さな お地蔵さんとともに 歩いているような☆』  『ご近所の九十半ばの お婆さんが 小さく小さく丸まって 手押し車を押していた  ご一緒すると 畑…

  • 尾を振り振り 眺めている 仲間がほしいと 眺めている☆

     『尾を振り振り 眺めている 仲間がほしいと 眺めている☆』  『四十雀がやってきた メジロたちも やってきた 鵯(ひよどり)たちが舞い降りた 蜜柑(みかん)…

  • 知らなかった 大人になったら 子どもに近づくだなんてこと☆

     『知らなかった 大人になったら 子どもに近づくだなんてこと☆』  『大人になったら 完璧な存在になれると 信じていた 大人になったら 悩みなんてなくなると …

  • 日々のちょっとしたできごとが 私の幸せ☆

     『日々のちょっとしたできごとが 私の幸せ☆』  『ゆでたまごが スルッとむけた 目覚ましがなる ちょっと前に目覚めた 育てている植物に 新芽を発見! 夜中た…

  • 今の若い世代に届けたいと思う言葉☆

     『今の若い世代に届けたいと思う言葉☆』  『ラテン語で 「人が話していることを、  そのまま信じるな」 という意味。 十七世紀に設立された、 英国の科学者の…

  • 勇気を出して 一歩を踏み出そう☆

     『勇気を出して 一歩を踏み出そう☆』  『学びたい そう思うことに 早い遅いはない さあ、わたしよ 勇気を出して 一歩を踏み出せ』   これは、PHP(20…

  • “かけがえのないもの”の語源☆

     『“かけがえのないもの”の語源☆』  『弓を引く人にとって大切なもの、それは弓に間違いない。しかし、弓は使用の際、革製の手袋をつける。この「弽(かけ)」と呼…

  • わたしくちのなかに ほくろあるよ☆

     『わたしくちのなかに ほくろあるよ☆』  『めのしたのほくろ てのひらのほくろ 「わたしくちのなかに  ほくろあるよ」 おねえちゃんがいった 「それはむしば…

  • 天気に甘えるか、暴風を前提に備えるか☆

     『天気に甘えるか、暴風を前提に備えるか☆』  『日本語で「天気だ」といえば、 晴天を示すことが多い。 それとは正反対に英語のウェザーの語源は暴風のことだとい…

  • 今日はたくさん星がみえる 木星 金星 人生☆

     『今日はたくさん星がみえる 木星 金星 人生☆』  『ママと兄ちゃんと おふとんのへやから 夜の空を見る 今日はたくさん星がみえる 木星 金星 人生』   …

  • 目が四つあればいいのにな☆

     『目が四つあればいいのにな☆』  『乃折り紙もしたいし テレビも見たいの 目が四つあればいいのに みさちゃん モンスターだったらいいのに』   これは、20…

  • ミーちゃん 聞いてくれてありがとう☆

     『ミーちゃん 聞いてくれてありがとう☆』  『ねえミーちゃん ちょっと聞いてくれる 庭のでっかい 桜の古木切ってサ 淋しいなと 思っていたらサ 切り株の周り…

  • セ・ラ・ヴィ、ここに人生がある☆

     『セ・ラ・ヴィ、ここに人生がある☆』  『小説とは何か。 作家の阿刀田高さんは 自著『ことば遊びの楽しみ』の中で、 こんな言葉を引いている。  「読み終えた…

  • 早く帰ろう また明日!☆

     『早く帰ろう また明日!☆』  『夕暮れの商店街 あちこちからいい匂い コロッケの匂い お腹(なか)が鳴り 母の夕餉(ゆうげ)を想(おも)った 早く帰ろう …

  • あの子にあって、私にないものは、何?☆

     『あの子にあって、私にないものは、何?☆』  『私は、 しずかであたまもわるい。 にんきもののあの子とおおちがい 人間には、 かわりないのになぜこんなにちが…

  • 「ギザ十」を集めています☆

     『「ギザ十」を集めています☆』  『と呼ばれる 縁にギザギザの溝が刻まれた10円玉がかつてあった、 というか今も流通している。 昭和26~30年と32、33…

  • 子供と大人の線引きとは、いったい何だろう☆

     『子供と大人の線引きとは、いったい何だろう☆』  『谷川俊太郎さんに「成人の日に」と題する詩がある。 <子どもは生まれ出たそのときから小さなおとな  /おと…

  • 犬とさんぽをします☆

     『犬とさんぽをします☆』  『犬とさんぽをします 犬はもやもやのはっぱのところが 気にいっていて その草がくっつきます 一つ一つとってあげるのが ぼくのしご…

  • 蛙(かえる)の目(め)借時(かりどき)☆

     『蛙(かえる)の目(め)借時(かりどき)☆』  『歳時記の春の欄に 「蛙(かえる)の目(め)借時(かりどき)」 という季語を見かけた。 寡聞にして、 すぐに…

  • ママって なんだろう☆

     『ママって なんだろう☆』  『ママのこと すきなんだけど ママって なんだろう』   これは、2022年(令和4年)3月30日(水曜日)の讀賣新聞『こども…

  • だめだよ いや、ちょっとだけ☆

     『だめだよ いや、ちょっとだけ☆』  『だめだよ いや、ちょっとだけ 十分だけ いや五分だけ 今、テスト期間でしょ 怒られても知らないよ 結果がどうなっても…

  • 風の配達員が 花の便りを 配り始めたら☆

     『風の配達員が 花の便りを 配り始めたら☆』  『風の箒(ほうき)で 掃いたばかりなので 今朝はとても空が青い 澄んだ想いの先で 心が伸びを始めた 水仙が顔…

  • そうやって 君は 巣立っていくんだね☆

     『そうやって 君は 巣立っていくんだね☆』  『おむつがとれた日 自転車の補助機が とれた日 ビート板がとれた日 そうやって次々と とれていって やがて パ…

  • 幸せのすがたって☆

     『幸せのすがたって☆』  『冬の朝に 見えていた富士山が 昼にはすがたが 見えなくなっていた 富士山は確かに そこにあるのに  幸せも もしかしたら そこに…

  • たわいもない話です☆

     『たわいもない話です☆』  『お月さまを一つ 貰えたら お蕎麦に落として 月見蕎麦にしましょ お星さま一つ貰えたら 茶碗蒸しの飾りに しましょ 雲をひと欠片…

  • お隣同士で顔を見合わせて、「ムリ、ムリー」と笑う☆

     『お隣同士で顔を見合わせて、「ムリ、ムリー」と笑う☆』  『2年ほど休止になっていた地元サークルの 「熟年体操会」が今年になって再開された。  コロナ禍前は…

  • おすもうさんみたい!☆

     『おすもうさんみたい!☆』  『こすもす こすもす おすもうさんみたい!』   これは、2022年(令和4年)3月25日(金曜日)の讀賣新聞『こどもの詩』欄…

  • いわんかったら またひっつくで☆

     『いわんかったら またひっつくで☆』  『まま あいことばは 「どんぶりこぞう どんぶりこぞう」 やで いわんかったら またひっつくで』   これは、202…

  • この眼鏡をかけた人は 同じことを言います☆

     『この眼鏡をかけた人は 同じことを言います☆』  『この眼鏡をかけた人は 同じことを言います こんなに自分が幸せだ ったのかと涙ぐみます  当たり前と思って…

  • クモさん ひとりぼっちだね☆

     『クモさん ひとりぼっちだね☆』  『クモさん ひとりぼっちだね お父さんと おさんぽに行って まいごになったのかなあ? どうして お父さんと手をつないで …

  • 思い起こせば。。。☆

     『思い起こせば。。。☆』  『初めて恋をしたのが 四歳 右隣に住んでいた さっちゃんだった そのさっちゃんを ひどく怖がらせ 灸(やいと)をすえられたのも …

  • わたしが わたしになるまでに。。。☆

     『わたしが わたしになるまでに。。。☆』  『すなが すなになるまで どれだけ かかっただろう  わたしが わたしになるまで どれだけ かかるのだろう』  …

  • さかみちが いそがせるんだよ☆

     『さかみちが いそがせるんだよ☆』  『ゆきは いそいでないのに さかみちが いそがせるんだよ』   これは、2022年(令和4年)3月16日(水曜日)の讀…

  • かえるはどうして うしろあしがさきに はえるのか☆

     『かえるはどうして うしろあしがさきに はえるのか☆』  『かえるはどうして うしろあしがさきに はえるのかというと へびがきたら うしろあしで はしってに…

  • どこまでも 漕いでゆける気がした☆

     『どこまでも 漕いでゆける気がした☆』  『踏み込んだペダルが 空気の流れを変える 差し込む木洩れ日が 桜吹雪の輪郭を描く 風のにおいに誘われて どこまでも…

  • 言葉は信用できない?☆

     『言葉は信用できない?☆』  『私は昭和12年生まれで、 小学2年で終戦だった。  そのあと教科書に墨を塗ったので、 言葉を疑いの目で見るようになった。 「…

  • 蠢動(しゅんどう)せよ☆

     『蠢動(しゅんどう)せよ☆』  『零下20度。 すべてが冷えきって、 生きとし生けるものが氷漬けになったとしても、 春の訪れとともに虫たちはぎこちなく足を動…

  • 何度も何度も 探したはずなのに☆

     『何度も何度も 探したはずなのに☆』  『そこはもう何度も 何度も何度も 探したはずなのに もう一度見たら ちゃんとある きっと小人が 隠していたのね わた…

  • おーい雲よ おなかぱんぱん 重たかろ ぽつぽつぽつざあ~☆

      『おーい雲よ おなかぱんぱん 重たかろ ぽつぽつぽつざあ~☆』  『おーい雲よ おなかぱんぱん 重たかろ 象さんから鯨になって 泳ぎだす ぽつぽつと俄雨 …

  • 私もこうやって 覚えてきたのかな☆

     『私もこうやって 覚えてきたのか☆』  『幼子と 話していると ほんの五秒ほど 黙ることがある  新しい言葉が しみこんでいるのだ 身体じゅうに 行き渡るま…

ブログリーダー」を活用して、HOPPYさんをフォローしませんか?

ハンドル名
HOPPYさん
ブログタイトル
HOPPYの部屋
フォロー
HOPPYの部屋

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用