chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
HOPPYの部屋 https://ameblo.jp/48hoppy/

みなさんが、元気に!幸せに!なっていただければ幸いです。

体力には自信のあった私ですが、昨年、2007年10月16日、ジョギング中に突然脳梗塞で倒れ、そのまま入院。 一時は、言語障害と右半身に麻痺がありましたが、奇跡的な回復で、発症から2ヶ月足らずの12月9日に退院し、半年後には、ゴルフを再開しました。 リハビリを兼ねて、イラストを描いています。

HOPPY
フォロー
住所
柏市
出身
中央区
ブログ村参加

2008/06/15

arrow_drop_down
  • ちゃんとしろ☆

     『ちゃんとしろ☆』  『とおちゃんと かあちゃんの声が 聞こえる ちゃんとしろ ちゃんとは しっかりときっちりと ということだ くねくね なよなよは 途中の…

  • あいのかくれんぼ☆

     『あいのかくれんぼ☆』  『おばさんに あをプラスして おばあさん おじさんに いをプラスして おじいさん 年を重ねて お互いの 真ん中にあるものに 気付き…

  • 日本ではいつから、7色にさだまったのだろう☆

     『日本ではいつから、7色にさだまったのだろう☆』  『虹は7色。 この色をぜんぶ言えますか。 赤、橙(だいだい)、黄、緑、青、藍、紫 ということに日本ではな…

  • これ 「あせも」って いうんだって☆

     『これ 「あせも」って いうんだって☆』  『ひじの内側のところ 団体でいるよ これ 「あせも」って いうんだって』   これは、2023年(令和5年)12…

  • こどく☆

     『こどく☆』  『ルビ 隙あらば 「一人」の 横に くっつこうとする 「こどく」』   これは、2024年(令和6年)6月5日(水曜日)の産経新聞『朝の詩』…

  • いらっしゃいませ ☆

     『いらっしゃいませ💛 ☆』  『いらっしゃいませ なんにしますか おとなは おこさまらんち だめですよ』   これは、2024年(令和5年)6月5日(水曜日…

  • やっとわかってくれた☆

     『やっとわかってくれた☆』  『大人の人に この花の中に 妖精がいると言うと そうかい、と 笑っていた もっと大人の おばあさんに 同じことを言うと おばあ…

  • 『たすけて』はまほうの言葉☆

     『『たすけて』はまほうの言葉☆』  『迷子の少年が雪降る森で巨大な馬に出会い、 尋ねる。 今まであなたが言った勇敢な言葉は? 馬は「たすけて」と穏やかに答え…

  • <蛇の道は蛇>☆

     『<蛇の道は蛇>☆』  『<蛇の道は蛇>とは、 同類にとって同じ仲間の行動や考えがただちに分かることをいう。 数あることわざの中でも珍しいのは、 同じ漢字な…

  • ツバメが高く飛ぶと晴れ、低く飛ぶと雨☆

     『ツバメが高く飛ぶと晴れ、低く飛ぶと雨☆』  『<ツバメが高く飛ぶと晴れ、 低く飛ぶと雨> は俗信ではない。 ツバメは実際、 雨が降りそうになると、 湿気…

  • あおいそら しろいくも☆

     『あおいそら しろいくも☆』  『あおいそら しろいくも うるさいおとうと』   これは、2023年(令和5年)10月6日(金曜日)の産経新聞『朝の詩』欄に…

  • 皆さん「後期」の文字がよほど嫌いなようで☆

     『皆さん「後期」の文字がよほど嫌いなようで☆』  『今年は後期高齢者だと 言ったらそれはやめて 「高貴高齢者になろう」 と言われた これを知人に話したら 「…

  • おにくたべるときは☆

     『おにくたべるときは☆』  『おとうさん おにくたべるときは たねあるから きをつけてね』   これは、2024年(令和6年)5月26日(日曜日)の讀賣新聞…

  • かぐやひめが 入ってそうだよね☆

     『かぐやひめが 入ってそうだよね💛☆』  『はるまきって かぐやひめが 入ってそうだよね』   これは、2024年(令和6年)5月23日(木曜日)の讀賣新聞…

  • 食べられる感謝と 食べられない人を 想像する私がいる☆

     『食べられる感謝と 食べられない人を 想像する私がいる☆』  『この一口は 生産者さん 流通の運転手さん お店の品出しさん さまざまな人の手を 介してこその…

  • からだをつかって あくしゅしてたんだよ^^☆

     『からだをつかって あくしゅしてたんだよ^^☆』  『からだつかって あくしゅしてたんだよ!』   これは、2024年(令和6年)5月22日(水曜日)の讀賣…

  • 5月29日は「こんにゃくの日」☆

     『5月29日は「こんにゃくの日」☆』  『きょう5月29日は 「こんにゃくの日」。 関係団体が数字の語呂合わせで名づけた記念日だ。 低カロリーで食物繊維も豊…

  • どれもこれも やさしくて なつかしくて あたたかい☆

    『どれもこれも やさしくて なつかしくて あたたかい☆』  『かみなりのことを どんどろさんといった ぬかるみを じるたんぼといった ふるさとのことばは どれ…

  • ないしょばなしの「ないしょ」☆

     『ないしょばなしの「ないしょ」☆』  『ないしょばなしの「ないしょ」は、 内緒、内所、内証とも書く。 内証は密教の語で「内なる悟り」を意味する。 発音が「な…

  • にじのはしは まほうのはしさ☆

     『にじのはしは まほうのはしさ☆』  『にじのはしは きらきらかがやく だれもわたれない まほうのはしさ にじのはしは いつか きえてしまうけれど こころの…

  • 唯一無二の宝物だよ 長生きしてね☆

     『唯一無二の宝物だよ 長生きしてね☆』  『世界は狭く 心を許した相手は二人 天真爛漫、小心者の 内弁慶かつ甘えん坊 排便直後は ハイテンション でも 病院…

  • 世の中は澄むと濁るで大違い☆

     『世の中は澄むと濁るで大違い☆』  『「世の中は澄むと濁るで大違い」 とはじまる狂歌の言葉遊びがある。 「福(ふく)は徳(とく)なり、ふぐは毒(どく)なり」…

  • じいちゃんを 寝かせるために 一生懸命☆

     『じいちゃんを 寝かせるために 一生懸命☆』  『茉珂ちゃんが 大きな声で 浦島太郎の絵本を 読んでくれる 「かめを海の中に はなしてやりました」 どのペ…

  • フーちゃんは九十六歳 大事な大事な私の母☆

     『フーちゃんは九十六歳 大事な大事な私の母☆』  『フーちゃんは女の子 お気に入りの 水玉のワンピースに ご自慢の指輪をして 桃色のビーチサンダル 白い花柄…

  • パパてつだって☆

     『パパてつだって☆』  『パパてつだって ぼくパパといっしょに かたづけたいんだ ぼくはちょっと おちゃのんでからにしよ』   これは、2024年(令和6年…

  • 待ち人がいる幸せ☆

     『待ち人がいる幸せ☆』  『あなたが 待っているから 家路へと急ぐ あなたが 待っているから 病院へと急ぐ もう待ち人はいない いない 待っているのは ほほ…

  • 春を 見つける 捜せずにいた 春を☆

     『春を 見つける 捜せずにいた 春を☆』  『こぼれるような 光のすきまから その光さす やわらかな土の春から その土に根付く あどけないスミレから そのス…

  • 「コンビニエンス(=便利)」の新たな形☆

     『「コンビニエンス(=便利)」の新たな形☆』  『度胸試しというか、 自分への過信というか。 コンビニエンスストアのセルフレジを近頃、 わざわざ選んでいる。…

  • もしまだ君が☆

     『もしまだ君が☆』  『もしまだ君が 虹を知らないなら 虹を見るまで 生きてほしい もしまだ君が 海を知らないなら 海を見るまで 生きてほしい もしまだ君が…

  • おにいちゃんになんか なりたくなかった☆

     『おにいちゃんになんか なりたくなかった☆』  『おにいちゃんになんか なりたくなかった でも しょうがないよ おにいちゃん やめられないんだから』   こ…

  • 変わるのよね 心は☆

     『変わるのよね 心は☆』  『変わるのよね 信号が 待っていたように 慌てなさんな ゆっくり行きなはれ と いうことかしら 変わるのよね 心は 上がったり下…

  • 出してから後悔しても 届いてしまう手紙☆

     『出してから後悔しても 届いてしまう手紙☆』  『切手を貼って ポストに入れたら 二、三日後に 届く手紙 出してから後悔しても 届いてしまう手紙 だから出す…

  • かげはじぶんのぶんしんのよう☆

     『かげはじぶんのぶんしんのよう☆』  『かげはじぶんのぶんしんのようだ だっていつもついてくるから すたすた すたすた じぶんもかげになって おいかけてみた…

  • 大人でも楽しめる絵本の魅力☆

     『大人でも楽しめる絵本の魅力☆』  『還暦を迎えてから絵本を読むようになった。 昨年の秋に定年退職して時間に余裕ができ、 訪れた図書館で 「モチモチの木」…

  • 七十歳になったとき…☆

     『七十歳になったとき…☆』  『七十歳になったとき ばあちゃん八十まで 生きるねと言ったら 頑張ってと励まされた 八十になって やっぱり九十まで 生きること…

  • にじにほめられました☆

     『にじにほめられました☆』  『ならいごとが おわったら にじが出ていた にじにほめられました』   これは、2024年(令和6年)4月30日(火曜日)の讀…

  • 意外な“同音異義語”☆

     『意外な“同音異義語”☆』  『パソコンの日本語入力機能は ときに意外な“同音異義語”に気づかせる。 以前「じょうしきりょくのていか」と入力したところ、 「…

  • すごいよ おふろがあばれているよ☆

     『すごいよ おふろがあばれているよ☆』  『すごいよ おふろがあばれているよ』   これは、2024年(令和6年)4月28日(日曜日)の讀賣新聞『こどもの詩…

  • 本が私を呼んでいる☆

     『本が私を呼んでいる☆』  『いろんな本を読んでみた 本が私を呼んでいる 気持ちが変わって 手が進む 思い切って感想書いたら コンクールに選ばれた 心がぐる…

  • 道端に咲いた小さな花☆

     『道端に咲いた小さな花☆』  『道端に咲いた小さな花 うつむいていなかったら 気がつかなかった 心のモヤモヤが 少し晴れた』   これは、PHP(2024年…

  • むかしのパパと せいくらべ☆

     『むかしのパパと せいくらべ☆』  『おばあちゃんちの たたみべやのはしらで せのたかさを はかったよ うすくなったじは パパのなまえだね 30ねんまえのパ…

  • 夢は月が運んでくるんだよ☆

     『夢は月が運んでくるんだよ☆』  『ばあば 夢は月が運んでくるんだよ 良い子には良い夢を 悪い子には悪い夢を 運んでくるんだよ』   これは、2024年(令…

  • よそゆきなのは服ではなく、自分の体☆

     『よそゆきなのは服ではなく、自分の体☆』  『俳人の中原道夫さんは広告会社に長年つとめていた。 グラフィックデザインが本業だという。 それを踏まえると、 お…

  • 日に新た☆

     『日に新た☆』  『「私はこれではいかんと思ってね」。 1989年に 松下電器産業(現・パナソニック ホールディングス)に入社し、 新人研修時に記録映像で耳…

  • 人生にせめて一度は、大きな風を起こしたい☆

     『人生にせめて一度は、大きな風を起こしたい☆』  『こんなに強い力を持っているのに、 私たちは風を見ることができない。 こんなに優しく人の頬をなでるのに、 …

  • あら お月さまもお見送り☆

     『あら お月さまもお見送り☆』  『夕べ友人を送ろうと 玄関を出れば 満月が 一面の光を注いでいた 丘の上にある家なので ここはお月さまを見る 一等地 あら…

  • おひさまがでたよ☆

     『おひさまがでたよ☆』  『おばあちゃん おひさまがでたよ おもちみたいだね』   これは、2024年(令和6年)4月18日(木曜日)の讀賣新聞『こどもの詩…

  • とにかく便利な代物です☆

     『とにかく便利な代物です☆』  『主役をすっぽりと包み 胸の前で結べば ショルダーバッグや リュックサックに 腰に巻けば ウエストポーチさ ポケットから出…

  • てんとう虫がいた☆

     『てんとう虫がいた☆』  『てんとう虫がいた さわろうとしたら 体からはねが出てきて ぴょんぴょん ぴょんぴょん はねて ぴょんぴょん ぴょんぴょん 山から…

  • あーっ/かぜのくもだ/ほら/かぜのかたち☆

     『あーっ/かぜのくもだ/ほら/かぜのかたち☆』  『さわやかな風に吹かれて空を見上げたのだろう。 6歳の女の子が書いたこどもの詩がある。 <あーっ/かぜのく…

  • 春はきれい色でデビューするのに最適な季節☆

     『春はきれい色でデビューするのに最適な季節☆』  『最近、 買ってきたファッション誌を見ていると、 「春はきれい色でデビューするのに最適な季節」 といった内…

  • どうやら「けなげ」という意味も含んでいるようだ…☆

     『どうやら「けなげ」という意味も含んでいるようだ…☆』  『最近、 23歳になる同居の娘に 「お母さん、かわいいね」 と言われた。 そう言えば、 隣に住む9…

  • 「マイクロアグレッション」という学術用語☆

     『「マイクロアグレッション」という学術用語☆』  『フロイトが「無意識」という心の領域を発見したのは、 前世紀の初頭になる。 その後の心理学研究の道を広げた…

  • あげぱんはね☆

     『あげぱんはね☆』  『あげぱんはね てにつくからてがおいしいんだよ』   これは、2024年(令和6年)4月10日(水曜日)の讀賣新聞『こどもの詩』欄に載…

  • ヒトはみな心の中に 小さな虫を飼っている☆

     『ヒトはみな心の中に 小さな虫を飼っている☆』  『ヒトはみな心の中に 小さな虫を飼っている。 虫の居所が悪くなったり、 虫唾(むしず)が走ったり、 腹の虫…

  • ほとんどの人は 気付きません 私は透明人間です^^;☆

     『ほとんどの人は 気付きません 私は透明人間です^^;☆』  『年をとって 透明人間になりました 朝暗いうちに起きて 一時間あまり 通勤通学路の ゴミを拾い…

  • 杉の木々たちが 霧たちを 吸っている☆

     『杉の木々たちが 霧たちを 吸っている☆』  『杉の木々たちが 霧たちを 吸っている それを 霧たちも 喜ぶように なすがままだ 山の奥の 人間たちの作った…

  • 明日より 今日の方が 若いのです☆

     『明日より 今日の方が 若いのです☆』  『明日より 今日の方が 若いのです 今日という日は 長いようで 短く 短いようで 長いのです だから一瞬一瞬の 「…

  • こんなに新しい言葉が生まれているのに。。。☆

     『こんなに新しい言葉が生まれているのに。。。☆』  『夏目漱石は 「五月蠅(うるさ)い」「八釜(やかま)しい」 などの当て字を好んで使った。 ごはんを炊く釜…

  • よるごはんのあとで☆

     『よるごはんのあとで☆』  『パパはしょっきをあらいます わたしはママと お人ぎょうであそんでいました パパはあらいおわるといっしょに お人ぎょうごっこを …

  • 昭和世代も やるしかない!☆

     『昭和世代も やるしかない!☆』  『会社員になって30年 いろんなワザが 要るようになった ファイルの同期 共有ドライブに保存 オンライン会議に 画面共有…

  • 腹が立ったら横になれ☆

     『腹が立ったら横になれ☆』  『僕の瞬間湯沸かし器症候群は 死ななきゃ治らない 僅かなことで自然発火 腹立てる種は尽きない 緊迫する世界情勢から 生ごみの烏…

  • あのこがきらい そんな自分が もっときらい☆

     『あのこがきらい そんな自分が もっときらい☆』  『あのこはいいこ だいすきな友だち かわいくてやさしくて だいきらいな女 いつだって笑顔 だれにだって…

  • とびばこで かかえこみとびをやった☆

     『とびばこで かかえこみとびをやった☆』  『とびばこで かかえこみとびをやった こわかったけどやってみたら とびばこの上で せいざをしちゃった はずかしか…

  • 催花雨(さいかう)☆

     『催花雨(さいかう)☆』  『『雨のことば辞典』(講談社学術文庫)によると、 この時期にしとしと降る雨を 「催花雨(さいかう)」と呼ぶ。 花々の開花を促し、…

  • 歌って踊って八十三婆♪☆

     『歌って踊って八十三婆♪☆』  『二人で歩んできた道は 転げ落ちそな崖もあり 苦労ばかりの道でした 独りになって 振り返りゃ 固く結んだ心と心 越えてきた道…

  • でんわ ばんごうは 1059☆

     『でんわ ばんごうは 1059☆』  『てんごくの じいじに でんわしよう てんごくの ばんごうは 1059 でんわしたよ』   これは、2024年(令和6…

  • きょうじしんがきたんよ☆

     『きょうじしんがきたんよ☆』  『きょうじしんがきたんよ ダンゴムシみたいに こうやって まるくなって かくれるんよ』   これは、2024年(令和6年)3…

  • 人間は…わかんない☆

     『人間は…わかんない☆』  『犬ってかわいいよね 猫ってかわいいよね 動物ってみんなかわいいよね 人間は…わかんない』   これは、2024年(令和6年)3…

  • おみそ汁って こころが あったかまるね☆

     『おみそ汁って こころが あったかまるね☆』  『おみそ汁って こころが あったかまるね』   これは、2024年(令和6年)3月13日(水曜日)の讀賣新聞…

  • おねつはかいだんから あがってくるの?☆

     『おねつはかいだんから あがってくるの?☆』  『おねつがあがったって おねつはかいだんから あがってくるの?』   これは、2024年(令和6年)3月1…

  • パラシュートになって 笑顔と一緒にはじけた☆

     『パラシュートになって 笑顔と一緒にはじけた☆』  『走りぬけた女の児(こ) ふとひきかえし 道端のタンポポに 息を吹きかけた 白い小さな冠毛 パラシュート…

  • 空気も花も生き物も みな一斉に 動き出す予感☆

     『空気も花も生き物も みな一斉に 動き出す予感☆』  『朝日の輝きで 静かに目を覚ます 空気も花も生き物も みな一斉に 動き出す予感』   こんな詩が、PH…

  • 温故知新☆

     『温故知新☆』  『最近は 「温故知新」 という言葉がとても気に入っている。 新しいことに挑戦するにしても、 古くてもよいものは大事にしていきたいのだ。 …

  • 副作用?☆

     『副作用?☆』  『人間なら誰もが時には病になり、 病になれば薬を服用する。 治癒のためには薬は最重要だが、 その際、 悩ましいことが一つある。 副作用であ…

  • 当たり前の暮らしは 奇跡に近い日々☆

     『当たり前の暮らしは 奇跡に近い日々☆』  『震災に遭われて 水道が止まり たくさんの方々が 大変な苦労を 強いられた 再び水を得た方が 水道に手を合わせ …

  • 飲んだはず薬がなんでここにある☆

     『飲んだはず薬がなんでここにある☆』  『ご自身の体験をもとにした高齢男性の応募作らしい。 <飲んだはず薬がなんでここにある> (『シルバー川柳12』ポプラ…

  • まるで猫のしっぽ☆

     『まるで猫のしっぽ☆』  『毛の多い花穂(かすい)が まるで猫のしっぽ 触り心地も そっくりね ゴロゴロ 鳴かないかしら』   これは、2023年(令和5年…

  • うたいながら おどりながら おぼえている☆

     『うたいながら おどりながら おぼえている☆』  『九九をべん強している 5のだんが好き うたいながら おどりながら おぼえている』   これは、2024年…

  • ポケットの最後の一枚命綱☆

     『ポケットの最後の一枚命綱☆』  『季節が今でなければ、 何のことか分からない川柳だろう。 <ポケットの最後の一枚命綱>。 『花粉川柳コレクション』(講談社…

  • おばあちゃん違うよ☆

     『おばあちゃん違うよ☆』  『違うよ 太陽は沈んだんじゃないよ 今 海を泳いでいるんだよ』   これは、2024年(令和6年)3月5日(火曜日)の讀賣新聞『…

  • 早う干さんと 冬のお日さん もったいない☆

     『早う干さんと 冬のお日さん もったいない☆』  『さあ 脱いだ脱いだ 寝ぼけまなこの 家族の着てるもの はぎ取って 母は朝の洗濯を急ぐ 早(はよ)う干さん…

  • 桜の花が咲いて☆

     『桜の花が咲いて☆』  『冬が去って あなたに出会って 桜の蕾が咲き始める頃 二人は少し背伸びして 手を握り合って 空を眺めて 二人でどこまでも 行こうねっ…

  • 桂馬の高跳び歩の餌食☆

     『桂馬の高跳び歩の餌食☆』  『将棋の桂馬は変わった働きをする。 8種類ある駒の中で唯一、 目の前の駒を飛び越えて、 その向こう側に進むことができる。 ただ…

  • 陰暦3月は「竹秋」とも言う☆

     『陰暦3月は「竹秋」とも言う☆』  『作家の永井荷風に春の竹林の景色を写した句がある。 <夕方や吹くともなしに竹の秋>。 コラムの冒頭から訂正もののまちがい…

  • 本当だよ! レントゲンで見てみる!?☆

     『本当だよ! レントゲンで見てみる!?☆』  『もう おなかいっぱい 食べられない レントゲンで見てみる!?』   これは、2024年(令和6年)2月28日…

  • 教育の現場でよく耳にする「1%の法則」という言葉☆

     『教育の現場でよく耳にする「1%の法則」という言葉☆』  『教育の現場で「1%の法則」という言葉をよく耳にする。 いまの自分を「1」とすれば、 1%の努力を…

  • 日なたぼっこに没頭でもしているの…☆

     『日なたぼっこに没頭でもしているの…☆』  『好みの餌を選んで 水面に投げてみたが 浮きは日なたぼっこに 没頭でもしているのか 立ちん坊で動かない そんな矢…

  • キャッキャと娘は笑う☆

     『キャッキャと娘は笑う☆』  『キャッキャと娘は笑う 草むらで 見つけた 茶色の カエルに ―ドキドキするよね… と 言いながら 先に触る わたし ああ 冷…

  • 二千歩あるいて 三十分 一日の散歩の始まりだ☆

     『二千歩あるいて 三十分 一日の散歩の始まりだ☆』  『早朝の空気はうまい 5時半起床 6時出発 増田明美さんに聞いた お腹(なか)を空に向けるよう 朝の楽…

  • コラムは3つの『み』で書く☆

     『コラムは3つの『み』で書く☆』  『筆が持ち重りして、 手元の原稿が先に進まないことがある。 そんな時にかぎって作家、 野坂昭如さんのお説が頭の中で明滅を…

  • 同じ話 何回も聞いてくれるあなたがいてくれて よかった☆

     『同じ話 何回も聞いてくれるあなたがいてくれて よかった☆』  『娘と話をしていたら ニコっと笑った その話 もう聞いたよ とは言わない 何回も話すのは …

  • 「ふるさと」に結びつく言葉☆

     『「ふるさと」に結びつく言葉☆』  『作家の井上靖は、 「ふるさと」に結びつく言葉を愛した。 古里、故郷、 故園(こえん)、 郷関きょうかん … とりわけ、…

  • あまつぶになるのは いややなぁ☆

     『あまつぶになるのは いややなぁ☆』  『そうちゃんがあまつぶなら 高い所から落ちるのは めっちゃこわい ぶつかるのも めっちゃいたい あまつぶになるのは …

  • 誤変換☆

     『誤変換☆』  『日々パソコンで原稿を書いていると、 意味ありげな誤変換に出会うことがある。 「そんなバカな」と書こうとして 「損な場かな」に変換されたのを…

  • こわくないよ ちょうちょになるんだよ☆

     『こわくないよ ちょうちょになるんだよ☆』  『こわくないよ ちょうちょになるんだよ ちょうちょになっても こわくないよ』   これは、2024年(令和6年…

  • としとると たった ひとこと 叫びたくなることがある☆

     『としとると たった ひとこと 叫びたくなることがある☆』  『としとると たった ひとこと 叫びたくなることが あるっきゃ 父さ! 母さ! と』…

  • 老夫婦2人差し向かい 1時間かけて いただきまーす☆

     『老夫婦2人差し向かい 1時間かけて いただきまーす☆』  『食卓は バタートースト2枚 チーズ2切れ ゆで卵2個 ホットコーヒー2杯 コーンスープ2カップ…

  • 新聞を毎日作り続ける人たちに感謝したい☆

     『新聞を毎日作り続ける人たちに感謝したい☆』  『昔学校へ全然 行けなかった人が 新聞を 隅から隅まで 丁寧に丁寧に読み 人にものを 教えられるほどの 賢い…

  • 「青いキリン」というジョーク☆

     『「青いキリン」というジョーク☆』  『「青いキリン」という有名なジョークがある。 青いキリンを見せてくれたら、 莫大(ばくだい)な賞金を払う。 大金持ちの…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、HOPPYさんをフォローしませんか?

ハンドル名
HOPPYさん
ブログタイトル
HOPPYの部屋
フォロー
HOPPYの部屋

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用