searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Mickeyさんのプロフィール

住所
藤沢市
出身
藤沢市

少年の頃の"a sence of wonder"を取り戻したくて、写真を始めました。デジタルも使いますが、基本は銀塩と信じています。海・空・山・街。時々モノクローム。

ブログタイトル
Mickey's world
ブログURL
https://libramikio.exblog.jp/
ブログ紹介文
湘南在住でさまざまな被写体を撮っています。
更新頻度(1年)

16回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2008/01/26

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Mickeyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Mickeyさん
ブログタイトル
Mickey's world
更新頻度
16回 / 365日(平均0.3回/週)
フォロー
Mickey's world

Mickeyさんの新着記事

1件〜30件

  • 思うこと

    しばらくこのブログから離れてインスタグラムをやっております。いろいろな人に勧められ、すべて英語で書いています。結果として多くの国々の、多くの方々とつながる...

  • 2020年夏 小さな漁港diary

    好きだなぁ、この風景。なんて長閑なんだろう。あそこに白い雲がなかったら・・・そうしたらこの写真はきっとただの絵葉書になってしまいそう。堤防がカーブしている...

  • 小さな漁港を上から見たくなった

    小さな漁港を上から見たくなった。突然に。だから伊豆に行った。そのためだけに、伊豆に行った。8月のカレンダーが、まだ壁に掛かっているうちに。良い港を見つけた...

  • 「縁起」を肌で感じたこと

    COVID-19のため、円覚寺居士林ではリアルな坐禅会が開催できず、6月から有志に対しzoom坐禅会を行っている。和尚さんもホストになるとは思いもよらなか...

  • 「縁起」を肌で感じたこと

    COVID-19のため、円覚寺居士林ではリアルな坐禅会が開催できず、6月から有志に対しzoom坐禅会を行っている。和尚さんもホストになるとは思いもよらなか...

  • 夏をあきらめて

    今、このときの通奏低音。夏をあきらめて。

  • 放哉 Aug. 14, 2020

    今の感覚でこの句を読んでも、なんの感慨も浮かばないだろう。現在の2020年に写真を写すといえば、スマホやデジカメでちゃちゃっと撮影することだと思う。しかし...

  • キンチョーの夏、日本の夏

    「今年の、夏は、いつもの、夏とは、違ったものになります」 実際、本当に、違っている。これって、これからずーっと続くのだろうか?「これからの、地球は、いつも...

  • ちと、物申す

    今、NHKのNW9を見ていてハッと思ったこと。アメリカ大統領選挙の民主党バイデン候補が副大統領候補にカマラ・ハリス氏を挙げたというニュース。ニュースの中で...

  • Passion

    さっき、自分の顔を鏡でトクと見て、案外シワがないことに気づいた。シワがないどころか、肌がツヤツヤして、自分で驚くほどだった。この秋で63歳になる。65歳に...

  • 想うこと

    この2枚の写真を見ていると、いろいろなことを考えてしまう。合歓の花の繊細さ。しかし合歓自身はそんなことをきっと考えてはいない。合歓は自分を他の花と比較する...

  • 梅雨明け

    今年ほど梅雨明けに待ったをかけられた年はない。呆れ返るほど長かった。関東地方は今日、ようやく日差しが戻った。やはり青空はいい。つくづくそう感じた。しかしコ...

  • お口直し

    先日、Mickeyなるものから ”先日ことのほか気色悪い写真をアップしてしまい、depressinngな気分だ” という書簡が届き、善後策を考えてやってい...

  • 結跏趺坐

    結跏趺坐。3年かかった。

  • 空(くう)の捉え方

    前回、般若心経を読む中で、・色不異空、色即是空のほうはなんとなくニュアンスが掴めてきている・ということは、空不異色、空即是色の方はまだまだ、ということであ...

  • inter-are

    此処数年に亘り、般若心経での空、くう、についてモヤモヤとしている。その中で、色不異空、色即是空のほうはなんとなくニュアンスが掴めてきている。(ということは...

  • 海がみどり!

    昨日はじめて気がついた。湘南の海がみどり色なのである!もちろん、エメラルドグリーンの海という言葉の通り、みどり色の海があることは当然だ。しかし生まれも育ち...

  • ガチョウのピノッキオ

    これを見て、初めにガチョウのピノッキオ、という言葉が浮かんだ。言い得て妙であると悦に入ったが、だんだんと、違うなぁと思い始めた。だってピノッキオはたしかに...

  • シャガの浪漫

    シャガは至って普通の、どこにでもある花だ。しかしその優美さはなかなか捨てたものではない。此処は北条氏政、氏直の心胆を寒からしめた秀吉の石垣山一夜城。その城...

  • 改めて、大変なことになったものだ

    本当に効果があるのだろうか、と首をかしげていた。しかし、人が激減した。僕も含め、今、海に来ているのはほとんど徒歩圏の住人だけのようだ。僕はと言えば、このと...

  • 今更ながらダ・ヴィンチ・コードとマグダラのマリア

    2015年 12月 23日の拙ブログでマグダラのマリアについて触れた。そしてその内容が極めてトンチンカンであったことを赤面しつつ、改めて書く。理由を話せば...

  • 海で坐禅

    2月後半から、円覚寺も建長寺も坐禅会を閉会している。それ故、もう2ヶ月もお寺では坐っていない。いきおい、自宅での坐禅に真面目に取り組んでいる。思いついて防...

  • 桜の園

    チェーホフは読んだことがない。桜の園は、大藪春彦=伊達邦彦の屈折した恋情描写の辺りから、その名前だけは知っていた。こちらの桜の園はロシアとは無関係な古城址...

  • 風景はウィルスに冒されない

    風景はウィルスに冒されない。ヨロイヅカ・ファーム、川島なお美さんパークにて。(勝手に名付けた)

  • もう、見ることができなくなってしまったもの

    床屋の帰り道、少し遠回りをした。すると、真っ赤な椿が春雨に濡れて幾輪も落ちているお家を見つけた。家に戻ってカメラを持ち出し、印象的な光景を撮った。今日、そ...

  • 父さん、今年の谷峨です

    父さんが亡くなったのは2011年の12月。あれからまだ8年しか経っていませんが、世界にも僕にも、様々なことがありましたよ。父さんが好きだった御殿場線の谷峨...

  • おずおずと間合いをはかっている

    今年はおずおずと、さくらとの、春との間合いをはかっている。少し淋しい。

  • おばあさんと桜

    来た。あ、行った。

  • 儘ならぬ春

    今年の春は寂しい。 いや、寂しい、では他人事になってしまう。 今年の春は、厳しい。

  • 如月の記憶 4

    杉木立の前に、ぱっと広がった花火のように写してやろう、そう思った。でも出来上がった如月の白梅は、もっと、ずっと儚いものだった。これがファクトだ。

カテゴリー一覧
商用