薬師堂気功指圧センター
読者になる
住所
渋川市
出身
群馬県
ハンドル名
mirok369さん
ブログタイトル
薬師堂気功指圧センター
ブログURL
https://yakusido.com/
ブログ紹介文
群馬で「青い海」の気功というオリジナルの気功を創って教えています。指圧や針、気功の治療もしています。
自由文
群馬の雄大な風景のなかで日々、瞑想や気功、治療をしています。悟るというのは、なにか特別な自分に変身することではなく、元々の自分に帰ること。いろいろな想いや欲望をすてて単純で素直な穢れる前の自分に戻ることです。  近くには温泉もたくさんあり、心が苦しい人、悲しい人は、ぜひ、一度訪れて、生き返って帰ってほしいですね。
更新頻度(1年)

67回 / 210日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2008/01/19

mirok369さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 48,137位 49,266位 40,236位 40,195位 35,723位 35,895位 32,526位 974,763サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 780位 810位 598位 603位 486位 488位 403位 30,673サイト
マッサージ・指圧 12位 12位 8位 8位 7位 7位 7位 406サイト
心と体 22位 23位 21位 19位 17位 16位 14位 975サイト
地域生活(街) 関東ブログ 630位 642位 609位 604位 559位 558位 528位 13,951サイト
群馬県情報 24位 25位 24位 23位 22位 21位 20位 425サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 90,142位 974,763サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,427位 30,673サイト
マッサージ・指圧 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19位 406サイト
心と体 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42位 975サイト
地域生活(街) 関東ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,494位 13,951サイト
群馬県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 54位 425サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,763サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,673サイト
マッサージ・指圧 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 406サイト
心と体 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975サイト
地域生活(街) 関東ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,951サイト
群馬県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 425サイト

mirok369さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、mirok369さんの読者になりませんか?

ハンドル名
mirok369さん
ブログタイトル
薬師堂気功指圧センター
更新頻度
67回 / 210日(平均2.2回/週)
読者になる
薬師堂気功指圧センター
  • まだ結婚できな男と縁

    テレビの番組でまだ結婚できない男というのがあり、ついはまって見てしまった。そういえば、うちの兄貴もまだ結婚できていないし、けっこう知り合いにも結婚できない男たちがごろごろいる。かく言う自分もまだ再婚できてい。こうした場合、縁遠いとか縁がないというが、さて縁とはいかなるものなのだろか。それは、ミツバチと花の関係のようにある時期がくると出会い、結びつく関係のことだと思う。花が咲く前、冬の寒い時期には、どんなにたくさんの木があっても、ミツバチは飛んでこないが、春になっていっ

  • まだ結婚できな男と縁

    テレビの番組でまだ結婚できない男というのがあり、ついはまって見てしまった。そういえば、うちの兄貴もまだ結婚できていないし、けっこう知り合いにも結婚できな男たちがごろごろいる。かく言う自分もまだ再婚できていない。こうした場合、縁遠いとか縁がないというが、さて縁とはいかなるものなのだろか。それは、ミツバチと花の関係のようにある時期がくると出会い、結びつく関係のことだと思う。花が咲く前冬の寒い時期には、どんなにたくさんの木があっても、ミツバチは飛んでこないが、春になっていっ

  • 自分の内への幸せなリトリートが始まった

    「自己なき自己」を読んでいるとしだいに外界との関係を持つのが億劫になり、自分の内への幸せなリトリートが始まる。リトリートは、よくヨガの合宿などで使われているが、元々の英語の意味は、退却、撤退や隠れ家、黙想などを意味していたようだが、今では、仕事や家庭生活から一旦自分を切り離し、どこか違う場所に行って自分を見つめ直し、リフレッシュすることとして使われているのだそうだ。しかし、この本を読んでいると、今ここ,この場所に居ながらにして、意識が日常から離れ自分の内面に向かって流

  • すすきと彼岸花と蕎麦の花

    10月だというのに今日も暑い一日となった。稲の穂は、黄金色に輝きすでに収穫を済ませた田んぼもでてきた。普通なら秋風に吹かれて涼しげなすすきも、今日の空の色では、夏の空気にかすんでいた。往診の帰りいつもの蕎麦畑に寄って写真を撮った。もっと高い所から全体像を撮りたかったのだが、近くにそんな場所もなく、蕎麦畑全体を撮り降ろすことはできなかった。ちょっと前までは、赤とんぼがたくさん飛んでいたが、今日は、さほど飛んでいなかった。もう、彼らの時期は

  • ブログのアクセス数月間1000突破!

    5月にHPとブログを一つにまとめてから、できるだけまめに記事を書いて更新することに努めてきましたが、今日、アクセス数が月間1000を越えました。これもひとえにいつも読んでいただている皆さんのお陰です。どうもありがとうございます。これからも心体のことなど身近なことから、深い喜び、真理に繋がる記事を書いてゆきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。いつも行く御幸田団地の上の蕎麦畑では、夏撒きのそばが、きれいな白い花を咲かせています。こうした渋川の風景写真も楽

  • 人生100年時代は幸せか

    最近は、テレビで人生100年時代に備えて保険の見直しをとかいうコマーシャルをよくみるようになった。ニュースでも少子高齢化を踏まえて年金制度を見直し、年金の支給年齢を70歳まで引き上げるような報道を目にする。こんな報道を見るといたずらに不安を煽られ、なんだかますます生きていることが楽しくなくなってしまう。なぜ、こんなことになってしまったかと言えば、自分を肉体と錯覚して、死の恐怖を遠ざけ一日で長く生かすことが医療の使命だと誤解していることから起きているのではないかと思う。

  • 結婚は気が合わないと辛くなる

    男でも女でもそれぞれ固有の気を発している。初めは、好き嫌いでいっしょになったとしても、その気の波長が合わないと長い間には、一緒にいることも自体が辛くなってしまうこともある。特に相手が冷たいきつい気を発している場合は、毎晩まるで針のむしろの上で寝ているような厳しい状態となる。相手が特別、その人を傷つける気がなかったとしても、無意識に発する気に傷つけられてしまうのだ。しかもこういうことは、実際に一緒に暮らしてみないとわからない場合が多い。ただ、だからと言って、そう

  • 人生の探求者になるのか旅行者で終わるのか

    澄んだ青い空に彼岸花と蕎麦の白い花。夏から秋に季節は移り行き、まだ日差しは強いがすがすがしい風の吹く心地良い季節がやったきた。また、「自己なき自己」に面白い文章をみつけたので、要約しながら記してみたいと思う。以下引用マハラジ:マハーラーシュトラ州には、富の神ラクシュミーに関する話がある。ラクシュミーがあなたの家のドアをノックするのだが、あなたは彼女がラクシュミーだとは気づかない。あなたは箒(ほうき)をつかんで、「帰れ!」と言う。同じようにマスタ

  • 人生の探求者になるのか旅行者で終わるのか

    澄んだ青い空に彼岸花と蕎麦の白い花。夏から秋に季節は移り行き、まだ日差しは強いがすがすがしい風の吹く心地良い季節がやったきた。また、「自己なき自己」に面白い文章をみつけたので、要約しながら記してみたいと思う。以下引用マハラジ:マハーラーシュトラ州には、富の神ラクシュミーに関する話がある。ラクシュミーがあなたの家のドアをノックするのだが、あなたは彼女がラクシュミーだとは気づかない。あなたは箒(ほうき)をつかんで、「帰れ!」と言う。同じようにマスタ

  • 般若心経はCOOLでSEXYか

    どこかの国の若い環境大臣が、国連の場で「環境問題は、楽しくかつCOOLでSEXYじゃなきゃならい」と言ったとか言わなかったとか。同じく般若心経も色即是空、空即是色は、SEXY即COOL COOL即SEXYと言い換えたら面白いかもしれない。今までの般若心経に対する捉え方は、お葬式で聞くので死を連想してしまうことから、普段はできるだけ聞きたくないと思っている人もなかにはいるのかもしれない。上の若いお坊さんの唱える般若心経の歌は、そうした固定概念をぶっ壊して、その素晴ら

  • 心の平安

    昨日は、子供とお袋と3人でお昼を食べた後、カラオケに行って歌を歌ってきた。初めのうちは、あまり声が出ず、上手に歌えなかったお袋も最後の曲になる頃には、いつもどうりの調子がでていい声で演歌を歌っていた。そんなお袋も昨日の朝家に行ったら、涙ぐんでいた。どうしたのかと聞けば、「今日は、お父さんの命日で思い出すと悲しくなるんだよ。早くお前も仏壇に行ってお線香を上げてきな。」と言われた。そこで、仏壇にいくと線香を上げて手を合わせ般若心経を唱えた。よくお袋に「お前は冷たい

  • 愛の手は、苦しい時ほど温かい

    先日、患者さんに気功指圧をしていると、「先生の手って温かいですね。」と言われた。「気が出ているからね。今日は、まだ暑いけど、寒くなるともっと気持ちよくなると思うよ。」と答えた。気功をしたり瞑想をしたり般若心経を唱えていても気が湧き上がって来て身体が熱くなってしまう。そのせいで夏は苦手な季節だ。昨日も、般若心経を唱えていたら、汗ばんできて何度も着替えるはめになったしまった。その熱気が、手の平から患者さんに伝わるので、温かかったり、時に熱く感じたりするのだろう。ま

  • 愛の手は、苦しい時ほど温かい

    先日、患者さんに気功指圧をしていると、「先生の手って温かいですね。」と言われた。「気が出ているからね。今日は、まだ暑いけど、寒くなるともっと気持ちよくなると思うよ。」と答えた。気功をしたり瞑想をしたり般若心経を唱えていても気が湧き上がって来て身体が熱くなってしまう。そのせいで夏は苦手な季節だ。昨日も、般若心経を唱えていたら、汗ばんできて何度も着替えるはめになったしまった。その熱気が、手の平から患者さんに伝わるので、温かかったり、時に熱く感じたりするのだろう。ま

  • 猛暑→発汗→冷房→頭痛

    月曜日は、子供と二人でケヤキに映画を見に行ってきた。先週の日曜日は、「引越し大名」を観たし、2週連続の映画鑑賞となった。ところが、どちらも行った日が蒸し暑く、汗をかいた状態で2時間近く冷房のきいた館内にいたために、完全に開ききった毛穴から「冷え」が入り、うちにつくと頭痛が起きた。幸いさほどきつい症状ではなかったので、いつものように頭と腹に針をうち、ガスが身体から抜けてゆくと、4、5時間で楽になった。それにしても、高温で湿度の高い日は、身体に負担がかかり要注意だ。「

  • 死んだら墓に入るのか

    この間の日曜日に父親の三回忌を無事終えた。お寺でお経を上げてもらい焼香し、その足で親戚とお墓に向かった。うちのお墓は、親戚三軒と共同で持っている。少子化で墓じまいが増える昨今、一軒だけでお墓を持つのも大変なのではないかと思う。うちの母親が「生前は仲がわるかったけど、お墓の中で叔父さんとうまくやっているかね。」と言っていたが、「心配しなくても、肉体がなくなったら、そんな狭苦しい所になんかいなから、大丈夫だよ。」と答えた。だが、一般的には墓に中で儚い後生を送っていると考え

  • 気と気をつなぐことで絆が生まれる

    今日は久しぶりに湿度が低く気持ちよく気功を教えることができた。新しい気功の生徒さんも入ってくれて、すべてがフレッシュに感じた。「青い海」の気功を新しい生徒さんにも分かり易いように、順を追って丁寧に解説しながら、教えていった。今度の生徒さんは、治療にも通ってくれていて瞑想にも興味があるのだが、座ると雑念が湧いてきてしまいなかなかうまくいかないという話だった。そこで「だれでもただ座るのは難しい、でも動きながら瞑想状態に入るのは優しいので、「青い海」の気功で海の中でクジラに

  • マスターとは

    往診の帰りいつもの場所で、赤城を撮影した。今日は、うだるような暑さで、水沢の近くでも、夏が舞い戻って来た様に暑かった。この湿気と暑さで、また体調を崩している人も多いのではないかと思う。そんな中、上の写真にあるように夏まきの蕎麦の苗は、順調に育ち、その緑を増していた。家に帰って昼食の後、また、「自己なき自己」を読み進めた。そして、どうしても引用したい文にまら出くわした。以下引用マハラジ:毎日、私は同じことを繰り返し、皆に同じことを言っている。「私

  • HP Desktop 190 Ryzen 3/8GB/2TBのメモリー増設

    昨日は、時間があったので、夏前に買ったままになっていたPCのメモリーの増設に兆戦してみました。PCの機種によってやり方がまったく違うので、やり方がわかるまでが大変です。今回もHPのサポートセンターに電話してみましたが、教えてもらえず、結局自分の勘でなんとかうまく交換することができました。同じようにメモリーなどの増設で悩んでいる方の参考になればと思い、動画をブログに載せてみました。ただし、交換した後に気付いて片手にカメラを持ちながら撮影したので、あまりできはよくありませんが

  • HP Desktop 190 Ryzen 3/8GB/2TBのメモリー増設

    昨日は、時間があったので、夏前に買ったままになっていたPCのメモリーの増設に兆戦してみました。PCの機種によってやり方がまったく違うので、やり方がわかるまでが大変です。今回もHPのサポートセンターに電話してみましたが、教えてもらえず、結局自分の勘でなんとかうまく交換することができました。同じようにメモリーなどの増設で悩んでいる方の参考になればと思い、動画をブログに載せてみました。ただし、交換した後に気付いて片手にカメラを持ちながら撮影したので、あまりできはよくありませんが

  • 己を以って主とす、他に何ぞ主あらんや

    今日行った馴染みのお米屋さんで、占いの話になった。よく来るお客さんの中にも、そうしたものを信じている人がいて、神のように崇めている人もいるという。中には、霊を一体とると3万円とか言われ15万円も払った人もいるという話もしていた。まあ、何を信じるかはその人次第だが、まず初めに信じなければいけないのは、己自信でなければならないようだ。そうしないで、人に依存すると大変なことになる。「自己なき自己」の本の中でも、同じような話が語られている。もっともここに語られているア

  • 夏の終わりの胃腸の疲れ

    夏も終わりに近づき、胃腸の疲れを覚える人も多いのではないだろうか。中にはお腹がゆるくなって、毎日下痢気味という人もいるかもしれない。梅雨は長かったが、今年の夏も、それなりに暑かったので、そろそろ胃腸が冷えて疲れがでる頃だ。今までは少し動くだけで汗が噴出すので、ヨガや気功などの運動もしにくかった。これからは、体を動かすと気持がいい季節になるので、また、体調を整えていくいい季節になってくる。その前に夏の疲れをとってゆく必要があります。気功指圧を受けにくる患者さんに

  • 溺れることのない海へ

    昨日の気功教室は、まだ来始めたばかりの人がいたので、「青い海」の気功を初めから丁寧に教えた。もう長く教室に通っている生徒さんたちは、自然と体が動くようになっているので、こうして初めから丁寧に解説しながら教えていると、「知らなかった。初めて聞きました。」と毎回言われる。しかし、それは完全に動きが身についてしまっているので教えたことまで忘れてしまっているのである。でも、それでいいのだ。なぜなら、「自己なき自己」でラマカント・マハラジが説いていたことを見事に実践して

  • 言葉の背後の意味に集中する

    上江洲先生の光話会に通っていていつも不思議に思うことがある。それは、多くの人がその話を録音しようとして、ICレコーダーなどの録音機を先生の近くに置いておくことだ。先生の話は、毎回違うが、言っていることは、一つで全一体、すべてが一つだということだと思う。だから、話はあまり聞かずに先生の波動を感じて瞑想をしている。まさにその言葉よりも、その背後の意味に集中している状態と言えるだろう。ラマカント・マハリシの本の中にも同じような言葉があったので、引用してみよう。

  • 本当の意味でのライオンキング

     最近は、ラマカント・マハリシの「自己なき自己」という本をゆっくりと読み進めている。その本の中にこんな話があった。以下引用質問者:では、すべての問題を引き起こしたのは体だということですか。マハラジ:実際の所、体はあなたに自分自身を知る機会をくれる。体が突然、大きな幻想の隔たりを作り出したので、実在はあなたにとって未知のものとなり、その結果、あなたは自分の真のアイデンティティを忘れてしまったのだ。強くなり勇気を持ちなさい。臆病な生き方をしてはいけ

  • 前橋の花火2019

    今年も前橋の花火大会を見に行ってきました。今年の夏も暑かったが、花火を見るとそれもいいものだと思えてくる。来週は、お盆だし、お盆を過ぎれば、朝晩が涼しくなってくるだろうから、暑い暑いと言ってももう少しだ。本当は、花火の音がそのまま聞こえればいいのだろうが、ラジオで流していた曲が入ってしまっているので、JASRACが気になって流すこともできない。困ったものだ。自分たちの欲望のために、かえって街から音楽を消して行っていることに気がついていないのだろうか。悲しいことだ。

  • 胃腸の冷えにご用心!

    梅雨が明けて、毎日暑い日が続きます。こう毎日、暑い日が続くと、あれほど長かった梅雨のことも思い出すことさえできないぐらいだ。頭の中の思考も記憶も、蒸発してどこかへ飛んでいきそうだ。そんな中昨日来た患者さんが、左の膝から下の筋肉が寝ていてつってしまうと訴えた。それは、脛骨筋という筋肉で足の指先を上げる時に力の入る筋肉だ。ちょうどその上に足の三里がある。普通は、足の裏のふくらはぎが寝ていてつれることが多いのだが、足の前の部分がつれるのは、珍しかった。そこで

  • 熱中症と町内の祭り

    昨日は、一日町内の祭りの手伝いをしていた。つい4年前に班長をやったばかりなのに、高齢化などで班長をできる人が減ってしまったので、また、今回班長をやらざるを得なくなってしまった。以前は14軒あったので、14年に一度すればよかったのだが、それが4年に一度では早すぎる。急激に人口減少社会が訪れようとしているようだ。それにしても14年に一度なら、多少行事が多くても我慢ができるが、4年に一度だとその行事の多さが気にかかる。しかも、最近は、天候不順で、ここ2年ほど町内の花

  • たたみかける般若波羅蜜多

    般若心経を声にだして読んでいて気付いたのだが、後半に「般若波羅蜜多」という言葉が、たたみかけるように入っているということだ。そこでネットでこの言葉を調べてみた所、こんな記述を見つけた。以下引用さて、そうした菩薩たちが大乗のスローガンとしたのが「般若波羅蜜多」でした。彼らはこの言葉を拠り所とし、この言葉のもとに集結し、この言葉によって瞑想し、あるいは祈り、この言葉にこめられた理想(「智慧の完成」)を追求したのです。ここで最初に舎利子に観自在菩薩に

  • たたみかける般若波羅蜜多

    般若心経を声にだして読んでいて気付いたのだが、後半に「般若波羅蜜多」という言葉が、たたみかけるように入っているということだ。そこでネットでこの言葉を調べてみた所、こんな記述を見つけた。以下引用さて、そうした菩薩たちが大乗のスローガンとしたのが「般若波羅蜜多」でした。彼らはこの言葉を拠り所とし、この言葉のもとに集結し、この言葉によって瞑想し、あるいは祈り、この言葉にこめられた理想(「智慧の完成」)を追求したのです。ここで最初に舎利子に観自在菩薩に

カテゴリー一覧
商用