3日で大和証券をやめた話
住所
出身
ハンドル名
tanukoroさん
ブログタイトル
3日で大和証券をやめた話
ブログURL
https://www.tenshoku-tenshoku.com/
ブログ紹介文
転職を繰り返してやっと出会った天職 天職を見付けるまでは、何度転職してもいいじゃないか!
自由文
-
更新頻度(1年)

36回 / 252日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2007/04/29

tanukoroさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(IN) 44,923位 圏外 圏外 36,466位 30,553位 28,139位 28,150位 972,215サイト
INポイント 10 0 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 10 0 30 10 0 0 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
受験ブログ 581位 圏外 圏外 495位 421位 403位 401位 7,855サイト
医学部・医療系受験 44位 圏外 圏外 37位 29位 25位 26位 616サイト
ライフスタイルブログ 3,471位 圏外 圏外 3,034位 3,048位 3,030位 3,043位 65,887サイト
田舎暮らし 143位 圏外 圏外 124位 124位 121位 122位 2,278サイト
転職キャリアブログ 165位 圏外 圏外 128位 92位 84位 87位 4,117サイト
転職・転職活動 48位 圏外 圏外 36位 21位 20位 20位 1,395サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 53,207位 45,263位 36,255位 26,007位 24,481位 24,689位 23,446位 972,215サイト
INポイント 10 0 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 10 0 30 10 0 0 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
受験ブログ 938位 823位 730位 571位 561位 556位 551位 7,855サイト
医学部・医療系受験 85位 75位 70位 56位 57位 56位 54位 616サイト
ライフスタイルブログ 4,153位 3,498位 2,924位 2,596位 2,801位 2,878位 2,910位 65,887サイト
田舎暮らし 170位 138位 114位 96位 107位 110位 114位 2,278サイト
転職キャリアブログ 151位 116位 91位 54位 50位 49位 49位 4,117サイト
転職・転職活動 37位 27位 20位 11位 11位 10位 10位 1,395サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,215サイト
INポイント 10 0 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 10 0 30 10 0 0 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
受験ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,855サイト
医学部・医療系受験 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 616サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,887サイト
田舎暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,278サイト
転職キャリアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,117サイト
転職・転職活動 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,395サイト

tanukoroさんのブログ記事

1件〜30件

  • ③ついに田舎の350坪の土地の平屋を建てる!

    当時、家に興味がなかった僕でさえ、ちょっと格好悪いなあって思ったほど。寄棟で正方形の20坪弱の家。それでいて割と高い・・・。苦笑 一方でSさんの提案してくれた家は、コの字型の格好良い平屋で、しかも20坪あり、価格も他社さんよりも安いんです! Sさんも言います。「(その予算だと)他社さんでは四角い普通の家ばかりだったでしょ?」僕はもう不思議で仕方なくて、「なんでわかったんですか?」と。。。苦笑まあようするに、単に寄棟の正方形の家が一番コストがかからないんですよね。

  • ②ついに田舎暮らし物件探しがスタート!

    僕の田舎暮らしは2005年の夏の終わりにスタートしました。それまでは毎日電車で都内に通うIT企業のサラリーマンでした。 そのうち、ITの世界の激務に疲れきって、プライベートの問題も相まって、癒されたい思いが僕を田舎暮らしへと駆り立てたのです。そして、「いっそのこと、やりたいことをやってやろう!」と開き直った気持ちになつた時、「よーし、田舎暮らしをやってみよう!」と決意し、次の土日にはもう田舎で「家探し」をしていたのです。笑

  • 嘘の歴史はこうして暴かれていく(愛知トリエンナーレ中止)

    、、、「表現の不自由」って言うから、過激な性的描写、残虐な猟奇的犯罪、人の死に関わる芸術とかだと思いきや、なにこれ、日本の植民地支配?慰安婦?しかも憲法9条!?なんだよパヨクの「反日」の展示じゃん!

  • 吉本興業のギャラとかどうでもいいし、大事なのは反社の件じゃないの?

    ダウンタウンの松本さんから会見を促されたから、急遽思い付きでやっちゃった感じですよね。誰が見ても「ダメだこりゃ」って感じですが、重要なのはそこじゃないんですよね。なんで、詐欺グループや反社とかの問題がマスコミであまり出てこないのでしょうか?つい先日の日大の件を思い出します。

  • 正論が何でもダメか?(不寛容社会批判に似てるね)

    「不寛容社会」への批判を、自分の怠慢や愚行、悪癖に対する盾にしようとする人に限って、「正論を言うな!」「正論ばかりの社会なんてまっぴらだ!」とか、言いそうだなあって自分は思いますね。 もちろん、寛容か不寛容か、その辺はケースバイケースです。まったく実益もないような細かいことをルール通りにキッチリやらなきゃ許さない人とか、そういう人に対してなら「正論を言うな!」「寛容になれよ!」って僕は言うかもしれません。何事もバランス感覚ですよね。

  • ⑦あきらめなきゃ受かる!医学部再受験と社会人生活

    社会人って気持ち的、精神的な意味で、医学部受験に向く世代なんですよ。社会人になってからの勉強は、苦痛じゃないんですよね。しかも楽しいことはもう十分に経験してますから、現役世代のように遊び過ぎて勉強ができないということもありません社会人になってから、システムエンジニアの国家資格を2つとりましたし、データベース系の資格も取りました。どちらも簡単な資格ですが、ある程度は勉強しないと落ちる試験です。

  • ⑥30歳で医学部受験、40~50歳で高齢医師デビューの是非

    国益を損ねるのなら、最初から年齢制限を受験条件に加えればよいのですから。実際、自治医科大学や産業医科大などは年齢制限ありますけど、他の医学部は制限してないわけです。 もちろん、医学部は医師養成だけでなく医学研究したい人も対象ですから、年齢制限を加えたら憲法の「学問の自由」に反する可能性もあります。であれば、研究と学習がメインの医学部と、医師養成がメインの医学部と分ければ良いと思いますが、国はそれをしないわけです。 なので、国としては、必ずしも高齢者受験を好ましくないと思っているとは限らないだろうと推測されるのです。

  • ⑤医学部への絶望と再受験のきっかけ

    またしても第1志望に落ちてしまった自分。 それなのに自己嫌悪はあまりありませんでした。 むしろ、気分を切り替えて新生活が始まることに希望を見出していたのです。 教員免許を取ろうかなとか、どのサークルに入ろうかなとか、そういうことを考えていま

  • ④秋になって志望校が決まらず、またしても撃沈

    数学で挫折したといっても、一応は数学はチャート式を全てざっと暗記したんですよ。でも、リアルに丸暗記で、ぜんぜん応用が利かないんです。その代わりセンター数学の模試では、180~190点くらいは取れるようになっていましたけどね。 でも所詮はセンター試験なので、2次試験ができなければ意味がありません。というわけで、秋くらいからでしょうか?英語で受かる大学を探し始めました。

  • ③宅浪生活スタート「一点集中勉強法」の威力を知る!

    3カ月間、集中して英語だけを1日平均して6時間くらい勉強したんです。もちろん、1日8時間とかの日もあれば、全く勉強しない日もありましたよ。勉強が嫌いで、集中力も続かないタイプですからね。 でも、とにかく英語を毎日ダラダラとでもやる!と決めて、リアルに3か月続けたら、な、な、なんと、河合塾の記述模試で偏差値が70を超えたのです! これはもう驚きの結果でした。そして「ほらね、やればできるんだ、ちょろいな!」と思ったのです。苦笑

  • 大学中退そして再受験、何を目指しているの?

    実はこの時、第三志望の公立大学(C日程)には受かっていたんです。たしか前期試験の合格発表より前にC日程の試験があったんだと思います。もちろん合格してても行くつもりはありませんでした。 でも、親は入学を進めます。そりゃそうですよね、だったら何のために3つも大学を受けたんだという話です。

  • ①母の「医者になれ」から意識し始めた医学部への道

    僕がまだ子供の当時、医者に憧れる子供はそんなに多くなかったと思います。むしろ親が子供に期待するパターンが多いのではないでしょうか? 実際、子供も大きくなるにつれ、世の中を良く知るようになると憧れる人が増えてきます。地位と名誉と財産です。でも、医者になるって、そんなレベルの動機で大丈夫でしょうかね?なんか違う気がしますが、そういうケースが多いのも事実です。

  • ①田舎暮らしと同時に起業する人は多いです

    このシリーズは前回の「脱サラして独立開業した話」の続編です。脱サラして独立開業と同時に「田舎暮らし」を始めた時の話です。今も田舎と言えば田舎に住んでますが、当時はもっと田舎に住んでいたのです。田舎暮らしに憧れる人って、まだまだいると思うんですよね。そんな人たちの参考になればいいなと思っています。

  • アドセンス以外でブログで稼ぐ方法を検討してみる

    ブログで稼ぐといっても、いろんな方法があります。僕の場合はアドセンスが一番手っ取り早かったのでメインはアドセンスですが、もちろん、世の中にはもっと別の方法もあります。ていうか、アドセンス以外の別の方法の方が稼げるというのが現実のようです。苦笑ま、自分もこれから少しづつ着手していこうと思うのですが、

  • ⑩独立開業は簡単だった!初めての営業も大成功!

    もちろん、ぼくはその仕事以外にも営業をかけており、1発目こそ出会い系で外しましたが、2発目以降も軒並み受注に成功して、そのうちの2,3社から継続的に仕事を貰うことになるのです。 とくに、1つの仕事がうまくいけば、2つ目の話も来たりします。やっぱり信頼が大切なんだなあと思いました。ビジネスライクという言葉がありますが、ちがいますね、やっぱ人と人ですから、ビジネスの前に信頼感ですね。

  • ⑨ついに独立開業! 3年勤めた会社を退職!

    僕はその時、田舎に家を建てようと思ったのです。何もかも癒されてゼロになりたいと思ったんです。銀行にも融資の申し込みに行きましたら、さすが一部上場企業です。すんなりローンも通ったんです。 すごいですよ、350坪の広大な土地に、ポツンとアーリーアメリカン風の白い洋風の建物です。もう待ち遠しくてたまりませんでした。

  • ⑧大成功から大炎上プロジェクトまで経験することに!?

    一部上場企業に入社した僕ですが。当初の想定とは異なる技術を使ったプロジェクトに配置。JAVAの知識は使えずに、ゼロから新しい技術を学ぶことになりました。まあ、そこまでは全然OKだったんですが、そこのプロジェクトメンバーがひどい。。。これはもう耐えられないレベルでした。

  • ⑦一部上場のIT企業に入社!これで一生安泰!?

    入社しますと当時まだまだ勃興期だったネットビジネスを主に扱う部署に配属されます。そして、JAVAがガッツリできるのかと思ったら、なんとphpという言語のプロジェクト担当・・・。 周りの同僚からは「JAVAができると思ったら、phpですってね、、、文句言った方がいいですよ。」なんて言われたりしました。苦笑

  • ⑥IT業界はブラックだ!でもIT業界に帰るしかない

    すると、ちょっと残念な表情を浮かべた社長は、静かにこう言いました。 「君はまだ若いから、わからないかもしれないな」「会社を大きくするには、そういう人たちの力を借りなければ難しいんだよ」「会社を大きくするということは、そういうことなんだよ」「どこの会社でもそうだよ」 20代の僕は、ビックリしてしまいました。み、み、み、認めた・・・。苦笑あっさり認めた・・・。

  • ⑤ブラック企業にはリアルブラックな人もいるんです…

    例えば、実際の事例を紹介しましょう。某大手企業が、40代後半の中堅エンジニア一人に200万円の予算を出しました。でもエンジニアは200万円を手にすることができずに、間にはいった派遣会社にピンハネされます。派遣会社はたいがい1社だけでなく2社以上入っていることが普通です。結局、エンジニアの手に渡るのは、なんと、70万円とか80万円なのです。間に入った会社は何もしないでも毎月120万円も手にするのです。

  • ④あの大企業に派遣されたボク!幸せなエンジニア生活が始まるが…

    Sさんは、「ここはとても勉強になるし、良い現場だから一度行ってみろ」と言うんです。さらに「あの現場は4大卒か資格が無いと入れない現場だから、オマエと一部の新人しか入れないんだぞ」と。「行ってしばらく働いてみて、嫌だったらまた戻って来いよ」と、まで言ってくれてたんです。。。でも、あの時は頭に血が上っていた。裏切られたと思っていたし。。。 そういうことを考えてたら、やっぱり、Sさんに申し訳なく思えてきたのです。Sさん、いい人だなあって・・・。

  • ③ブラック企業は怖いよ(灰皿で頭をたたき割られそうになった話)

    まず一言目は、ヤクザのような一言。「オマエはよぉ、アカなんだよ!コラぁ!」アカとは赤字のことです。研修という名目でタダで勉強だけしてサヨウナラということを怒っているんです。いちおう実務もしたんですけど、まあ、確かに足手まといだったでしょうし、アカ(赤字)なのはその通りですね・・・。それにしても酷い言い方・・・。汗

  • ブログで稼ぐのにブログ村(ランキングサイト)は必要か?

    ブログ村は、ブログを立ち上げた当時は凄く役に立ってくれます。とくに検索流入が、1日1人来るか来ないかのブログ立ち上げ時でも、カテゴリによっては300とか400人を集客してくれます。なので、カテゴリによっては、ブログ村は登録するべきです。 ちなみに、必ずしもINポイントを稼いで上位に立たなくても、記事が面白ければ、新着記事や注目記事のリンクページから集客できます。さほどINポイントで頑張らなくても流入はありますからOKです。

  • ブログで稼ぐためにSNS(ツイッター等)は必要か?

    最後に「SNSはブログで稼ぐために必要かどうか」の回答です。ハッキリ言えば、「ブログで稼ぐ」という目標のためだけなら不要ですね。 だって、僕のブログもSNS(ツイッター)なんてやってないときから毎月、サラリーマンのこずかい程度の収入は得ていたわけです。もともと「月に数万円程度入ってくればいいや」と思っていたので、SNSなんか使わずに目的が達成できちゃったわけです。

  • アドセンスで毎月100万円は可能か?

    煽るようなタイトルですが煽ってません。苦笑 前回、仕事の片手間に始めたブログで初月にアドセンスで2万円を稼いだこと記事を書きました。   アドセンスで稼ぐことはできるのか? 今日は、そんなにすぐに稼げるなら、毎月100万円くらい稼

  • ②めでたくブラック企業に入社!まだまだ続く「どん底人生」

    大学を出て漫画家・作家を目指すも挫折。 僕は一体何をすればよいのだと思ったときにひらめいたのがプログラミング。 子供のころ、遊びでプログラミングをしていたことを今さら思い出すのでした。 このワクワク感は何だろう? これだと思ってIT企業をタ

  • ブログで稼ぐことはできるのか?(アドセンスの話)

    さて、それではアドセンスではいくら稼げたのでしょうか。審査が通った翌月の8月から貼り初めまして。な、な、なんと、初月で2万円も入ってきたのです! 世の中のブログを読むと、初月は0円とかで、頑張ってやっと数か月後に300円とかの人もいるようです。それを考えると「ウソだろ?」と思うくらいの金額です。初月で2万円て。。。苦笑

  • この怒りと悲しみはどこへぶつけたらよいのか?

    これは今の時点では書けない話です。これが書けるようになるは2023年でしょうか。少なくとも感情が収まらないと書くことはできません。その時まで伏せておきます。

  • 漫画家志望からITエンジニアへ

    そもそも僕がITエンジニアになったのは、奇跡的でした。 もともとは漫画家志望でした。 漫画家を目指した話 紆余曲折有り、マンガを半分くらいあきらめてIT業界に入った時点では、まだモヤモヤしていました。 でもITエンジニアの仕事が、自分にとっ

  • ⑥IT業界に転職! 創作活動に終止符を打つ!

    実家で情けない姿をさらすのを避けて上京。 上京してアルバイトを見つけたものの、またすぐに辞めてしまいました。 もちろん、創作活動もまったく成果が出ません。 そんな時、いったん創作活動は棚に上げて、 自分が本当は何ができるのか、考えてみようと