searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
へいへいのスタジオ2010
ブログURL
https://heihei2010.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
四季折々美しい彩の国。見沼田んぼの自然や、埼玉県内の観光地・穴場スポットを紹介します。
更新頻度(1年)

337回 / 365日(平均6.5回/週)

ブログ村参加:2007/02/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、へいへいさんをフォローしませんか?

ハンドル名
へいへいさん
ブログタイトル
へいへいのスタジオ2010
更新頻度
337回 / 365日(平均6.5回/週)
フォロー
へいへいのスタジオ2010

へいへいさんの新着記事

1件〜30件

  • 三ノ宮卯之助顕彰碑

    記事 NO.7677     彩2021 岩槻藩領三野宮村出身2021年4月21日訪問越谷市中央市民会館(越谷市)三ノ宮卯之助顕彰碑除幕式:2021年4月20日越谷市中央市民会館前に三ノ宮卯之助を顕彰する碑があります縦1.45メートル、横2メートル三ノ宮卯之助三ノ宮卯之助は、江戸時代後期に三野宮村(現在の越谷市三野宮)出身で日本一の力持ちといわれた人物である日本一力持 三ノ宮卯之助年譜文化 4年(1807)    卯之助  岩槻藩領三...

  • 小さなひまわり畑の小さなひまわりの花

    記事 NO.7676     彩2021 幸せの黄色い花2021年7月28日訪問見沼たんぼ(さいたま市)小さなヒマワリハッピーイエローさいたま新都心の東に広がる見沼田んぼ小さな畑にヒマワリが咲きました人々に元気を与えてくれる不思議な花です黄色いが笑顔が畑にいっぱいでした撮影:2021年7月28日カメラ:ニコン-Nikon D7500   埼玉花散歩 さいたま市を歩く(C)heihei's studio 2010 へいへいのスタジオ2010...

  • 貴重な開花

    記事 NO.7675     彩2021 貴重な瞬間2021年7月27日訪問見沼グリーンセンター(さいたま市)リュウゼツラン(アガベ)数十年に一度だけ開花リュウゼツランが開花しました  市民の森・見沼グリーンセンター 展示温室前ですさいたま国際芸術祭2020の出展作品「Plant Circle - VI 草上の終焉」の一部であるアガベ(リュウゼツラン)がアーティストの川井昭夫氏より寄贈され市民の森・見沼グリーンセンターにレガシー作品として展...

  • あさがお

    記事 NO.7674     彩2021 morning glory今が旬!あさがお涼しい朝あさがおが ごりんさきました(国立国会図書館ウェブサイトより)江戸時代に「変化咲きアサガオ」が大流行しました関連記事:幻の朝顔   歴史散歩江戸時代 夏を歩く(C)heihei's studio 2010 へいへいのスタジオ2010...

  • 東京オリンピックが開幕

    記事 NO.7673     彩2021 晴れ渡る日本熱い2020夏のステイホーム暑い 暑い ビールを飲んで寿司 食っていろいろなことがあったけど心の中は青空撮影:2021年7月23日~25日   どこにも行けない 変異コロナ時代 (C)heihei's studio 2010 へいへいのスタジオ2010...

  • 仁王門と力石

    記事 NO.7672     彩2021 泉福寺の力石2020年4月3日訪問泉福寺(桶川市)関東の比叡山 泉福寺40貫目の力石石の仁王像が迎えてくれました力石があります2020年4月3日の力石の様子です石を囲むように 朽ちかけた木材があります石には文字が刻まれています「十」の文字が4つ刻まれた四十メ目の力石です4つの「十」の文字が分かりますか次の写真にマウスオンしてみてください▽写真の上にマウスカーソル(ポインター)を...

  • 江戸時代から続く農村行事

    記事 NO.7671     彩2021 江戸時代から2021年へ埼玉県越谷市再掲北川崎の虫追い毎年7月24日 今年は230年目虫追いは 川崎神社で毎年7月24日に行われます令和3年度の「北川崎の虫追い」は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため神社関係者のみでの小規模開催となります一般の方の参加・見学はできません「北川崎の虫追い」埼玉県越谷市新方地区に江戸時代から続く農家の伝統行事です例年19時に川崎神社を出発します...

  • 再掲 羽生PA(上)鬼平江戸処

    記事 NO.7670     彩2021 心のふるさと江戸時代今 江戸が旬!江戸への入り口鬼平江戸処ここは 東北自動車道上り線 羽生パーキング車を降りると 江戸の日常が広がります日本橋の大店が立ち並び一歩入ると本所深川物売りの声が聞こえてきそうですわいわいがやがや両国広小路の屋台が連なっています打ち水が心地よいパーキングエリアです撮影:2014年8月14日   歴史散歩江戸時代 古典を歩く(C)heihei's studio 2010 へいへ...

  • 見世物小屋の様子

    記事 NO.7669     彩2021 盛り場の見世物江戸時代の娯楽2見世物いろいろ庶民の楽しみ「無筆節用似字尽」 (寛政9年 1797刊) 見世物小屋の木戸口中では奇形の鳥や動物を見せています「火のねずみ」って何だろう?入りたくなってしまいます「無筆節用似字尽」 (天保10年 1839刊)見世物小屋に入るとまず口上が述べられます▽蝙蝠の軽業「こうもりのかるわざ」「玉磨青砥錢」 (寛政2年 1790刊)口上が終わると見世物の...

  • 四条河原は京都の盛り場

    記事 NO.7668     彩2021 熱い夏がやってきた江戸時代の娯楽四絛河原夕涼夏の楽しみ(京都名所之内 四条河原夕涼)△広重の作品です河原で夕涼み 贅沢ですね江戸時代の人々の娯楽について「都名所図会」(天明6年 1786刊)をみてみましょう四条河原夕涼は六月七日より始まり、同十八日に終る。東西の青楼よりは川辺に床を設け、灯(ともしび)は星のごとく、河原には床几をつらねて流光に宴を催し、濃紫の帽子は河風に翩翻と...

  • 大曽根八幡神社

    記事 NO.7666     彩2021 素晴らしい彫刻2021年7月16日訪問大曽根八幡神社(八潮市)大曽根八幡神社転用された力石torikeraさんのブログとりけらのアウトドア&ミュージック日記で大曽根八幡神社を知り 行ってきました頭が七つしか写っていませんがヤマタノオロチ拝殿 本殿の彫刻は圧巻!詳細はtorikeraさんのブログをご覧ください↓   ↓足立区・八潮市、都県境ブラリ!⑥木彫いっぱい徹底的に見る編「大曾根八幡神社」の巻...

  • 照富久寺墓地の力石

    記事 NO.7665     彩2021 眠る宝石2021年7月16日訪問照富久寺墓地(八潮市)照富久寺墓地の力石過去からの贈り物照富久稲荷神社のとなりには真言宗豊山派照富久寺墓地があります入ってすぐ右にある石仏の後ろに力石がありますカップの置かれた石仏と力石には何か関係がありそうです力石には文字が刻まれており54×32×22cm「□十八メ目  □□木□□□」と確認できますこの力石にはどんな物語が詰まっているのでしょう現代の人々に 何...

  • 「垳」のポテトチップと万人の塔

    記事 NO.7664     彩2021 方言漢字の残る地域2021年7月16日訪問垳(八潮市)八潮に行ってきました八潮市の「垳」は全国唯一の地名ポテトチップスでなくポテトチップだから一枚一枚がとっても美味しい!工場直売店は平日のみ営業キクスイドーのポテトチップジャガイモの味がいきています7月16日は 7.16(なな いろ)「虹の日」です製造日 21.7.16「虹の日」製造のポテトチップですよ~有限会社 菊水堂埼玉県八潮市垳58番...

  • 幻の朝顔

    記事 NO.7663     彩2021 古典園芸植物幕末期の朝顔朝顔三十六花撰変わり朝顔江戸時代に巻き起こった園芸ブームで珍しい朝顔がたくさんつくられました八重咲や糸状の花といった変わり種の朝顔は幕末期には千種を超えていたともいわれていますひたすら大量の鉢で栽培して自然交配による突然変異の偶然を辛抱強く待って開発したそうです遺伝子研究が進んだ現在でも再現ができない花がありますなかでも黄色と黒色の花は珍重されま...

  • 難病も治す「不思議な石」

    記事 NO.7662     彩2021 伝説の石Ahu Te Pito Kura Easter Islandイースター島の不思議な石Navel of the Worldここは 世界のへそといわれ「不思議な石」がありますこの石は古くから神通力をもっているといわれ抱き寄せると難病も治療するという伝説が信じられていますTito'a hanga'o te Henuaこの石はグーグルのストリートビューで観られます↓  ↓こちらをクリックコロナが収束したら行ってみたいですね♪   海外散歩 地...

  • 所沢のレンゲショウマ

    記事 NO.7661     彩2021 花の美しい境内2021年7月7日訪問多聞院(所沢市)森の妖精開き始めた夢レンゲショウマの花が開き始めました所沢でレンゲショウマに出会えるなんて奇跡撮影:2021年7月7日カメラ:ニコン-Nikon D7500   埼玉花散歩 所沢を歩く(C)heihei's studio 2010 へいへいのスタジオ2010...

  • 謎の石

    記事 NO.7660     彩2021 力石と謎の石2021年7月7日訪問秋葉神社(さいたま市)秋葉神社の力石親石と子石五十メ目の力石と少し小さめの石力石のあるところでよく見かける小さめの石って何だろう?謎です記念碑の後ろにも力石があります「□□□□□ 奉納力石三□□□□ 三月□□□」53余cm×30cm×28cm秋葉神社御由緒秋葉神社埼玉県 さいたま市 西区 中釘818(Mapion地図にアクセス)撮影:2021年7月7日カメラ:ニコン-Nikon D7500   埼...

  • 新発見かな?

    記事 NO.7659     彩2021 神社にあった大きな石2021年7月7日訪問南永井八幡神社(所沢市)南永井八幡神社の力石南永井通り沿いに大きな鳥居大きな鳥居が見えたので行ってみた村社八幡神社石段を上がってみると木の根元に大きな石が3つ力石のようだ文字も刻まれている「三」か「五」の次に「拾メ目余」他の2つの石には文字は確認できないが文字が刻まれていたような跡がかすかに残っているような気がするもしかすると 新発見...

  • 竹林

    記事 NO.7658     彩2021 癒しの空間2021年7月7日訪問さいたま市竹林ちょっと前まで あたり前の風景最近 こんな風景も少なくなってきました撮影:2021年7月7日カメラ:ニコン-Nikon D7500   埼玉散歩 さいたまを歩く(C)heihei's studio 2010 へいへいのスタジオ2010...

  • 七夕の短冊に...

    記事 NO.7657     彩2021 今日の写真2021年7月7日訪問旧島田家住宅(三芳町)七夕撮影:2021年7月7日カメラ:ニコン-Nikon D7500   埼玉歴史散歩 三芳を歩く(C)heihei's studio 2010 へいへいのスタジオ2010...

  • 村社宮原神社の力石

    記事 NO.7656     彩2021 矢島寵児の出身地2021年6月28日訪問宮原神社(川島町)村社宮原神社の力石根元の石鳥居脇 銀杏の木の根元に石が二つあります根元に近い方が力石です奉納力石寛延戌辰十二月 貮拾五貫目吉原村中の刻字があります左の石は何だろう? 謎紫陽花の美しい宮原神社でした宮原神社埼玉県 比企郡川島町 吉原401(Mapion地図にアクセス)撮影:2021年6月28日カメラ:ニコン-Nikon D7500   埼玉歴史散歩 ...

  • 萬力曲持 花浪靍吉 万吉

    記事 NO.7655     彩2021 曲持引札萬力曲持力石「大亀」花浪靍吉 花浪万吉太夫 鶴吉 万吉の万力曲持「大亀」と刻まれた力石を樽に入れて三味線を弾きながら曲持する鶴吉 万吉か(国立国会図書館ウェブサイトより)引札に描かれた「力石」は今 どこにあるのだろう?▽埼玉県で見かけた「亀石」-大亀石-久伊豆神社(越谷市 蒲生)-亀石-熊野神社(さいたま市 見沼区)   力石歴史散歩 古典を歩く(C)heihei's studio 201...

  • キジが飛んだ!

    記事 NO.7654     彩2021 今日の記事2021年6月28日訪問川島町吉原キジが飛んだら力石歩いていたら...キジが現れて飛んだ!雉が飛んだ!その近くの神社には力石があった宮原神社の力石撮影:2021年6月28日カメラ:ニコン-Nikon D7500   埼玉歴史散歩 川島を歩く(C)heihei's studio 2010 へいへいのスタジオ2010...

  • 力石の記念碑があった!

    記事 NO.7653     彩2021 力石大会に出展2021年6月28日訪問天神社(川島町)天神社の力石と記念碑後世に伝わる力石ここは2つの神社がくっついています左側が天神社 右側が御嶽神社です鳥居も左(天神社)右(御嶽神社)にあり左の鳥居をくぐるとすぐ力石があります立派な石碑があります記念碑とあります記念碑 寛永年間に力石の寄贈があり、境内の一隅に置かれる。県立歴史博物館の力石大会に出展。これを記念し、造営する...

  • 見世物の図寄 Lifting heavy weights

    記事 NO.7652     彩2021古今百風吾妻余波JAPANES EXHIBITIONSLifting heavy weightsタイトル:古今百風吾妻余波. 第1篇著者:岡本昆石 (経朝) 編出版者:森戸錫太郎出版年月日:明18.10江戸時代後期の見世物がたくさん紹介されてますその中から「力持」の図です(国立国会図書館ウェブサイトより)古典の中の力石 イラスト力石(C)heihei's studio 2010 へいへいのスタジオ2010...

  • 香取神社の力石(惣新田高須賀)

    記事 NO.7651     彩2021 オリオンのような力石2021年4月26日訪問惣新田高須賀 香取神社(幸手市)香取神社の力石草の中に埋もれる力石大悲山観音院の南側に香取神社があります明るく風通しの良い神社です石祠の近くに力石があります戦争が始まる前までは若者が力石を楽しんでいたのでしょう若者たちが戦争に行き今では忘れられてしまったようですこの力石も土の中に埋もれてしまうのでしょうか惣新田高須賀の香取神社埼玉県 ...

  • 大悲山観音院の石

    記事 NO.7650     彩2021 力石を大切にしましょう2021年4月26日訪問大悲山観音院(幸手市)大悲山観音院の力石多くの人々が親しんだ力石12基の庚申塔がある大悲山観音院です門前や境内に江戸時代前期からの石塔が立ち並んでいますこれは力石ではありません▽下の写真 破損した石塔の脇に力石があります放置されていますこの石が力石です地域のたくさんの若者が汗を流し 親しんだ石です▽境内の片隅にも大きな石があります手前の...

  • 香取神社(平野)の力石

    記事 NO.7650     彩2021 男たちが体を鍛えた石2021年4月26日訪問香取神社(幸手市)香取神社の力石放置される力石中野神社から北へ80mほどのところに香取神社が鎮座していますここにも力石があります判読できた刻字は 「四拾貫目」高島愼助著 「埼玉の力石」によると『奉献 四拾貫目 當株氏子中 平野株増田歌右ェ門持之』と刻まれているとのことです力石を知る人々が少なくなっている今力石の保存についてみんなで考え...

  • 虎御石を持ち上げる絵

    記事 NO.7649     彩2021大磯の名石虎御石を持つ東海道の名所大磯東海道名所 大磯(国立国会図書館ウェブサイトより)帯のようなものを用いて持ち上げています曽我兄弟の身代わり虎御石(当時は「虎子石」)は延台寺の山門前置かれこれを持ち上げれば運が開けるもし 美男ならば軽々と持ち上げられ醜男なら地にはりついて動かぬ不思議な石といわれていました神奈川県 大磯の力石(C)heihei's studio 2010 へいへいのスタジオ201...

  • 文政13年七拾貫余の石

    記事 NO.7648     彩2021 魅力あふれる石2021年4月26日訪問中野神社(幸手市)中野神社の力石江戸時代からの贈り物中野神社参道です△写真 手前にある石は力石に付き物の謎の小さい石です大きい力石をみてみましょう七拾貫余 文政十三年當村新田 納主 □□弥六郎同所本田 大熊嘉七 持之七拾貫余とはすごい大熊嘉七は怪力です文政十三年は 大久保利通が生まれた年三ノ宮卯之助が岩槻区釣上の神明社に現存する雲龍石などを担い...

カテゴリー一覧
商用