searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
へいへいのスタジオ2010
ブログURL
https://heihei2010.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
四季折々美しい彩の国。見沼田んぼの自然や、埼玉県内の観光地・穴場スポットを紹介します。
更新頻度(1年)

397回 / 365日(平均7.6回/週)

ブログ村参加:2007/02/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、へいへいさんの読者になりませんか?

ハンドル名
へいへいさん
ブログタイトル
へいへいのスタジオ2010
更新頻度
397回 / 365日(平均7.6回/週)
読者になる
へいへいのスタジオ2010

へいへいさんの新着記事

1件〜30件

  • ここにもあった渋沢栄一謹書の扁額

    記事 NO.7400    彩2020 血洗島諏訪神社の目と鼻の先2020年9月訪問南阿賀野 葦原大神社 (深谷市)南阿賀野葦原大神社の扁額真新しい社殿に渋沢栄一の扁額平成28年10月に竣工した社殿明治12年に改築された社殿が老朽化したため平成の改築が行われ平成28年10月に完成しました旧社殿(明治12年に改築された社殿)の改築にあたっては栄一の援助があったと思われます平成28年まで旧社殿の中で大切に掲げられていた...

  • 血洗島諏訪神社 本殿の扁額

    記事 NO.7399    彩2020 血洗島の鎮守様2020年9月訪問血洗島 諏訪神社 (深谷市)血洗島諏訪神社 本殿の扁額ふるさとを大切にした渋沢栄一この本殿は 明治四十年九月に竣工したもので渋沢栄一と村民が費用を折半して造営されました本殿の扁額渋沢栄一翁謹書「諏訪神社」正四位勲二等男爵澁澤榮一謹書諏訪神社修繕記念碑 当社は、その創立の年代を詳らかにしていませんが、かつては諏訪大明神ととなえ、信州諏訪の地より勧請...

  • 立派な扁額とハートいっぱいの拝殿

    記事 NO.7398    彩2020 彫刻扁額と猪目拝殿2020年9月訪問血洗島 諏訪神社 (深谷市)諏訪神社の扁額と拝殿渋沢栄一ゆかりの神社鳥居の扁額をご覧ください立派な彫刻が施されています屋根まで付いていますこのような立派な扁額の様式の名称をご存じの方教えてくださ~い澁澤榮一謹書「諏訪神社」村人たちの栄一翁に対する報恩がよく現れている扁額です本殿にも栄一謹書の扁額が掲出されています(後日紹介予定)ここからは大...

  • 渋沢栄一と鹿島神社

    記事 NO.7397    彩2020 論語の里2020年9月訪問下手計鹿島神社 (深谷市)扁額と月桂樹鹿島神社で栄一に触れる少年栄一が毎日通った道藍香塾にほど近い道沿いに鹿島神社があります鹿 島 神 社 下手計の鎮守社で、拝殿には渋沢栄一揮毫になる「鹿島神社」の扁額が掲げられている。 境内には、栄一の師である尾高藍香の偉業を称える頌徳碑が建立されている。 この碑のてん額は徳川慶喜公の揮毫、三島毅文学博士(号 中洲)の...

  • 鹿島神社 空洞の大欅

    記事 NO.7396    彩2020 欅の空洞の底に井戸2020年9月訪問下手計鹿島神社 (深谷市)慈悲深い栄一の母人に忌み嫌われている人に対してもやさしい境内に入ると屋根に守られた空洞の大欅が目に入ります鹿 島 神 社 創立年代は不明だが、天慶年代(十世紀)平将門追討の際、六孫王源経基の臣、竹幌太郎がこの地に陣し、当社を祀ったと伝えられる。以降武門の守とされ、源平時代に竹幌合戦に神の助けがあったという。享徳年代(十...

  • 文化遺産 藍香尾高翁頌徳碑

    記事 NO.7395    彩2020 市指定有形文化財2020年9月訪問下手計鹿島神社 (深谷市)藍香尾高翁頌徳碑尾高惇忠の徳を称えた碑鹿島神社は下手計村の鎮守で栄一の師である尾高藍香の偉業を称える頌徳碑があります藍香尾高翁頌徳碑について 尾高惇忠を敬慕する有志によって建てられたこの碑の除幕式は、明治四十二年(一九〇九)四月十八日に挙行されました。 おりから桜花満開の当日、澁澤栄一はじめ穂積陳重、阪谷芳郎、島田埼...

  • 藍香(惇忠)ありて青淵(栄一)あり

    記事 NO.7394    彩2020 深谷市指定文化財2020年9月訪問尾高惇忠生家 (深谷市)尾高惇忠ありて渋沢栄一あり尾高惇忠生家尾高惇忠(おだかじゅんちゅう)天保元年7月27日~明治34年1月2日通称は新五郎 諱は惇忠 雅号は藍香年齢は栄一よりも10歳年上この家では栄一の妻となったちよ見立て養子になった平九郎惇忠の娘で富岡製糸場伝習工女第一号となったゆうが育ちました栄一の家と惇忠の家はわずか1Kmほど栄一は毎晩...

  • 天皇陛下御在位六十年記念植樹 青渕さくら

    記事 NO.7393    彩2020 八重の枝垂れ桜2020年9月訪問血洗島 諏訪神社 (深谷市)天皇陛下御在位六十年記念植樹青渕さくら青渕さくら ここに植えられた「さくら」は日本を代表する花です このしだれさくらは、花形は小ぶりで八重咲き 色は淡桃色で大変美しく、樹齢も三百年位いという。種類はさだかではないので諏訪神社境内でもあり、また青渕渋沢栄一翁の誕生の地ということで「青渕さくら」と命名しました。   この...

  • 古櫃の力石

    記事 NO.7392    彩2020 深谷の力石2020年9月5日訪問古櫃神社 (深谷市)古櫃神社の力石中新戒の神社参道右手に力石があります古櫃神社(新戒) 全国で唯一の社名をもつ当社は、新戒の鎌倉街道北側に鎮座している。創建は鎌倉期秦河勝の裔で、新開荒次郎忠氏が肥沃な当地に館を構え、祖神の大荒明神を勧請し、伝来の社器を櫃に入れて社の下に納め、館の守護神としたことによると伝える。新開荒次郎忠氏は鎌倉時代丹党の旗頭...

  • 川崎市教育委員会から末長杉山神社力石

    記事 NO.7391    彩2020 力石情報末長杉山神社力石 末長杉山神社に伝わる力石2020.09.14川崎市教育委員会のホームページ川崎市地域文化財紹介 高津区に末長杉山神社の力石が紹介されましたFC2 ブログランキング(C)heihei's studio 2010へいへいのスタジオ2010...

  • 青淵由来之跡の碑 青淵の由来と意味

    記事 NO.7390    彩2020 青淵由来之跡碑文2020年9月訪問青淵由来之跡碑 (深谷市)青淵由来之跡渋沢栄一の雅号「青淵」青淵由来之跡正二位伯爵清浦奎吾書建碑の記奉祝 皇太子明仁親王殿下御降誕を記念申上る為め、八基村青年団は村内の史蹟保存の事業を企てらる、血洗島支部亦其の挙に出て、故子爵青淵先生雅号発祥の跡を追慕すると同時に、利用厚生の実を挙ぐる耕地改良の整備に恵まれたる永久の幸福に感謝の誠を捧けんもの...

  • 澁澤榮一翁立像

    記事 NO.7389    彩2020 栄一翁の銅像2020年9月訪問渋沢栄一記念館 (深谷市)渋沢栄一記念館裏の像日本近代経済の父記念館北側の栄一立像右手には論語を持ち赤城や妙義 群馬や栃木の山々を眺めています澁 澤 榮 一 翁 本像はもと深谷駅頭にありき 昭和六十三年三月、有志千五百有余名の浄財をもとに駅前区画整理事業の完成と翁の顕彰を記念して建立せしものなり 平成七年十月、翁、生誕八基の地に澁澤栄一記念館の落成に...

  • 若き日の栄一

    記事 NO.7388    彩2020 栄一翁の銅像2020年9月訪問渋沢栄一の生地 (深谷市)28歳の渋沢栄一天空を仰ぐ英姿チョンマゲを結い 刀を腰にした武士姿慶応3年(1967年)の若き日の榮一ですEiichi in Paris1867-御勘定格陸軍附調役 澁澤篤太夫-将軍徳川慶喜の弟昭武に従いフランスのパリに随行した時慶応3年3月朔日(1967年4月5日)フランス マルセイユで撮影された写真を元にこの銅像がつくられましたこの銅像は...

  • 下手計鹿島神社の橘

    記事 NO.7387    彩2020 実る橘2020年9月訪問下手計鹿島神社 (深谷市)天皇陛下御在位六十年記念植樹鹿島神社の橘が実をつけました天皇陛下御在位六十年記念植樹鹿島神社の橘の由来京都御所紫宸殿右近の橘の実から育った由緒ある木です。大正四年十一月大正天皇御即位式に勲一等法学博士穂積陳重夫妻は揃って参列の光栄に浴しました。夫人歌子(青渕翁の長女)は血洗島に生まれ幼時育っておられた縁故があるので其の時下賜さ...

  • 渋沢栄一アンドロイド

    記事 NO.7386    彩2020 青天を衝け2020年9月訪問渋沢栄一記念館 (深谷市)70歳の渋沢栄一基調講演「道徳経済合一説」について公益を追求する『道徳』と利益を求める『経済』が事業において両立しなければならない企業の目的が利潤の追求にあるとしてもその根底には道徳が必要であり人類全体の繁栄に対して責任を持たなければならない経済とは私利私欲に走らず公益を追うものであるまさにコロナ禍に求められる考え方です制...

  • De 愛ネコ

    記事 NO.7385    彩2020 山の上のねこ2020年8月15日訪問日本一大きな招き猫 (佐久市)De 愛ネコ大きな木製の招き猫良縁を呼ぶ「De 愛 ネコ」愛開運招福 千客万来招き猫の由来招き猫の由来については諸説あり、発祥の地も日本各地に存在します。 置物としての歴史は江戸時代後期あたりから遊郭などの水商売から始まった、というのが定説です。 色に関しては街で見かけるものは常滑焼の三毛猫がほとんどで 白地に黄色と黒の...

  • 澁澤青淵翁喜寿碑 (血洗島 諏訪神社)

    記事 NO.7384    彩2020 喜寿のお祝い2020年9月訪問血洗島 諏訪神社 (深谷市)世界の偉人渋沢栄一諏訪神社は旧血洗島村の鎮守で拝殿は栄一が寄進したものです「澁澤青淵翁喜寿碑」は 澁澤榮一の喜寿を祝って諏訪神社の氏子中の拠金により建てられました題額は徳川慶喜の七男 徳川慶久によるものです碑文澁澤青淵翁喜寿碑公爵徳川慶久題額男爵渋沢青淵翁、今年七十七の高齢に達せられたるを以て、郷里なる八基村字血洗島の人...

  • 澁澤青淵

    記事 NO.7383    彩2020 NO.3644の再掲近代日本経済の父 渋沢栄一 近代日本経済の立て役者として、今なお多くの人々の尊敬を集める渋沢栄一は、天保11年(1840)、深谷市血洗島の農家に生まれました。詳しくは1枚目の写真をご覧ください。1枚目の写真をクリックすると大きくなります。写真の屋敷は、渋沢家の住宅等として使われてきたもので、通称「中の家(なかんち)」と呼ばれています。昭和58年からは「学校法人青淵塾渋沢...

  • 大河ドラマ「青天を衝け」 タイトルの由来

    記事 NO.7382    彩2020 岩壁の漢詩2020年8月15日訪問肬水 (佐久市)岩壁の渋沢栄一青天を衝け肬水(いぼみず)の岩壁に渋沢栄一の詩碑があります渋沢栄一が主人公の2021年大河ドラマ「青天を衝け」は青年渋沢栄一が佐久市の内山峠で詠んだ漢詩から題名がつけられました藍玉の商いで尾高惇忠と険しい内山峠を登り信州に向かう心情が漢詩に込められています青天を衝け澁澤青淵先生内山峡之詩拓本複製の写真(深谷市・渋沢栄一...

  • 昭和レトロ 花やしき通り

    記事 NO.7381    彩2020 信州上田の老舗劇場2020年8月15日訪問花やしき通り (上田市)上田映劇花やしき通り2014年の映画『青天の霹靂』のロケ地で「花やしき通り」「浅草ファンタジー座ストリップ」や「あさくさ雷門ホール」の外観は40年前の浅草を再現した映画のオープンセットです現在もそのまま残されています花やしき通り 上田映劇長野県 上田市 中央2-12-30(Mapion地図にアクセス)撮影:2020年8月15日カメラ:ニコン-N...

  • 天神宮のケヤキと

    記事 NO.7380    彩2020 圧巻の樹木!2020年8月15日訪問天神社 天満宮 (上田市)天神宮の大ケヤキと・・・文化財保護市指定記念物(植物)上田市教育委員会によると市内最古の大木です昭和五十三年三月十八日指定一度はみておきたい天神社天満宮の大ケヤキです拝殿は慶応四年(1868)に建設され芝居の舞台にも使用され明治二十二年の上川村の初議会等の仮議場にも使用されました文化財に指定してもおかしくない貴重な拝殿です...

  • 上田原合戦 雨宮刑部の墓

    記事 NO.7379    彩2020 史跡紹介2020年8月16日訪問上田原古戦場 (上田市)雨宮刑部正利上田原の戦いにて討死観音寺の墓地外れにある村上軍の将 雨宮刑部墓上田原合戦のあらまし天文十七年(1548)二月、武田晴信(後の信玄)は、大軍を率いて、小県郡に攻め込んだ。地元葛尾城主村上義清はこれを迎え討ち、同月十四日この地で激しい合戦が行われた。この戦いで武田軍は破れ、重臣板垣信方・甘利虎泰・才間河内守等討死 ...

  • 上田原の道祖神

    記事 NO.7378    彩2020 戦火に巻き込まれた観音寺2020年8月16日訪問上田原古戦場 (上田市)観音寺に近い道祖神路傍の石武田信玄が村上義清と一戦を交えた上田原の戦いは両軍あわせて六千人ともいわれる戦死者を出しました道祖神の後ろに見える観音寺では亡くなった武士たちの菩提を弔っています道祖神の前には大きな石が埋もれています私には力石のようにみえます力石に間違いないと思うのですが...確証がありません道祖神前...

  • 加美畑神社 祝詞の石

    記事 NO.7377    彩2020 武田信玄ゆかりの神社2020年8月16日訪問加美畑神社 (上田市)神畑(かばたけ)の加美畑神社手矢塚の大明神加美畑神社の由来松の木が美しい境内には祝詞の石伝承祝詞の石約1メートル四方の石武田信玄公 上田原合戦のみぎり戦勝を祈願した折 祭壇に用いた石と言い伝えられているコロナ禍の影響でしょうか?手入れが行き届かず草に覆われてしまっていますここでも力石を探しましたがみつかりませんでし...

  • 生島足島神社に行ってみました

    記事 NO.7376    彩2020 真田家ゆかりの神社2020年8月16日訪問生島足島神社 (上田市)国土の大神日本の中央 いくしまたるしまじんじゃ生島神 足島神の ご神体は大地です武田信玄の「戦勝願状と社領安堵状」や真田昌幸をはじめとした願文・朱印状十一通と部下の武将たちに忠誠を誓った「起請文」八十三通計九十四通の古文書が残されており国の重要文化財に指定されています力石を見つけることはできませんでした生島足島神...

  • 上窪池(長野県上田市)

    記事 NO.7375    彩2020 塩田鯉発祥の地2020年8月16日訪問上窪池 (上田市)塩田平のため池かみくぼいけ どろいけ上窪池 由来 上窪池は、昔の文面には正保2年(1945)築造とあります。 江戸時代に池を改修する以前は「泥池」と呼んでいました。池のほぼ西北に「泥宮」が祀られています。もとは「泥宮」「泥池」は、一対のものと考えられます。 「泥宮」の御神体は「泥」です。「泥」は、土に水を入れてかき混ぜた状態です...

  • 泥宮の力石

    記事 NO.7374    彩2020 泥宮大神2020年8月16日訪問泥宮 (上田市)泥は稲を育てる母力石は若者を育てる宝上窪池の西北に鎮座する泥宮です鳥居の脇に力石が二つ▽上の写真 日なたの力石▽上の写真 日かげの力石鳥居脇の二つの石の他に境内の木の根元にも もう一つありましたこれも力石のようです故郷の宝「力石」みんなで大切にしていきたいですね泥宮長野県 上田市 本郷(Mapion地図にアクセス)撮影:2020年8月16日カメラ:ニ...

  • 氷上王子神社の力石

    記事 NO.7373    彩2020 王子塚のある神社2020年8月16日訪問氷上王子神社 (上田市)王子塚の際に力石かな氷上王子神社由緒が説明されている板の脚を固定しているのは重しの石で力石ではありません力石がどこにあるかわかりますか?市指定記念物史跡「王子塚」の解説板の前に力石があります土に埋もれていますが 台座のようなものも確認できます2つの大きな石ですいつのころからここにあるのでしょうか?古墳の土が流れてきて...

  • 昭和初期の娯楽

    記事 NO.7372    彩2020 力石情報興味深い娯楽 「力石」2020.08.20滋賀県愛荘町のマイ広報紙広報あいしょう-2020年9月号に力石が紹介されました昭和初期の娯楽・力石記事はこちらです↓  ↓壷中雑記(5)―歴史文化博物館から―PDF版14ページFC2 ブログランキング(C)heihei's studio 2010へいへいのスタジオ2010...

  • 手塚紺屋村集会所

    記事 NO.7371    彩2020 青と紫の間には紺がある2020年8月16日訪問手塚紺屋村組集会所 (上田市)紺屋村組集会所この辺りは農閑期に藍染が盛んだったのでしょうか?「中堰口組」と「紺屋村組」があるようですが名前の由来が知りたいです集会所脇には立派な道祖神が鎮座してました道しるべ 新しそうだけども いつ頃設置されたのだろう人の往来が たくさんあった時代が偲ばれます下を見ると六文銭とツツジここから北に向かっ...

カテゴリー一覧
商用