chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 母子家庭が家で出来る看護師の仕事はある?

    看護師の仕事場は、病院といったイメージが根強いですよね。ですが、病院勤務は決して楽とは言えません。診療科によって早朝・夜間勤務があり、シフト自由ということはマレです。 看護師はまだまだ女性が多くて家庭持ち、子育て中の方が多くを占めています。急にお子さんが熱を出したり、年中行事に参加をしたり、保護者会により役職を持たされることもあれば、その穴埋めで休み返上という看護師がでてきます。 それなのに看護師の給料はあまり高いとは言えません。そのため収入面で不満を抱いています。 また、体力的な問題もあるでしょうから、看護師の仕事を常勤からパートに切り替える人も増えています。 こうした現状から家で出来る看護…

  • 母子家庭が正社員でも家で出来る仕事は何がある?

    家で出来る仕事というと「内職」や「副業」といったイメージが強く、正社員の仕事はあまり思いつかないのではないでしょうか。 母子家庭であっても正社員で働きたい、でも家で出来る仕事があれば助かる、という方は多いですよね。 これまでは、いわゆるオフィスワークに従事する正社員はオフィスに出社して働くというのが常識でした。しかし、新型感染症後、テレワーク、リモートワークという言葉が一般化し、たとえ正社員であっても出社せず、家で仕事をすることが珍しいことではなくなりました。 では正社員でありながら、家で出来る仕事というのはどのような業種や職種なのでしょうか。 家で仕事が出来る正社員を募集している業種は、「I…

  • 託児所の料金は二人親家庭と母子家庭で違いはある?

    母子家庭の方が仕事をするため、子供を預ける託児所が必要です。そこで気になるのはやはり託児所の料金でしょう。 母子家庭で仕事をするためには子供を託児所に預けなければならないけど、料金が心配という方は、母子家庭向けの補助や割引があれば嬉しいですよね。 ここでは託児所の料金は母子家庭の場合だとどうなるのか、補助や割引があるのか、について解説していきます。 まず最初に、母子家庭向けの制度があるかについて解説します。 託児所の料金に関する母子家庭の向けの制度としては、「幼児教育・保育の無償化」という制度があります。この制度は2019年10月から始まっています。 この制度のおかげで未就学児を育てる母子家庭…

  • 母子家庭でも安心な専用住宅についてご紹介

    ひとりで子育てをしていくのは不安、近くに同じような母子家庭の方がいたら安心、そう思われている母子家庭の方は母子家庭の専用住宅についてご存知でしょうか。 そもそも母子家庭の専用住宅があることを知らなかった、という方の方が多いのではないでしょうか。 ここでは、母子家庭の専用住宅についてご紹介していきます。 まず、母子家庭の専用住宅はどんなものがあるのかです。 母子家庭の専用住宅には、母子ハウスと呼ばれる母子家庭専用のシェアハウスがあります。シェアハウスなら同じ悩みを抱えている方々と一緒に暮らすことができますので、悩みを共有できるなどのメリットがあります。 しかし一方で、シェアハウスはプライバシーの…

  • 母子家庭の住宅購入、補助金は上手に利用しましょう

    母子家庭には国が援助してくれる手当がたくさんあります。 現在日本では、3組に1組の割合で離婚しているといわれています。全国でシングルマザーになる世帯数も120万世帯以上ともいわれ、その平均年収は240万円ほどです。 国が援助していることもあり、就業率は80%前後となっていますが、それでも派遣社員として働いていたり、パートをいくつもこなしているシングルマザーの方々もいらっしゃいます。 ですが、今は子連れ離婚も珍しくはない世の中です。胸を張って子育てができます。 子連れ離婚の不安要素の大部分を占めるのは金銭問題です。母子家庭の収入は高いものではなく、生活も切り詰めている世帯も多いでしょう。 ぎりぎ…

  • 母子家庭でも利用できる!国の教育ローンについてご紹介

    国の教育ローンについて、母子家庭では借りられないとイメージしていませんか? 国が提案している教育ローンは、日本政策金融公庫というところが動いてくれています。利用するには、日本公庫に相談をすることになりますが、問い合わせに関しては教育ローン専門のコールセンターにて受け付けてくれていますので、気になることがあるなら、まずは問い合わせてみるのが良いかと思います。 国の教育ローンについてどこまでご存知ですか? 公的な融資制度というのは知っているでしょうが、どんな家庭が対象になるのか、どれくらい融資してもらえるのかまでは知らない方のほうが多いかと思います。 そこで今回は、簡単に国の教育ローンについてお話…

  • 母子家庭が受け取ることのできる大学の奨学金

    母子家庭で生まれた子供だからといって学業を諦めることはありません。奨学金制度もあり、大学にだって行くことはできます。 一般の家庭でも新型感染症の影響もあり、親の収入が減り、大学費用が賄えないというお宅も増えました。 家ごとに事情は異なりますが、日本は困っている人を少しでも減らすための体制が比較的整っている国なのですから使わなければ損ですよ。 奨学金と言っても貸与型・給付型と2種類あります。貸してくれるのかもらえるのかのちがいです。当然、返さなければならないということとなったら将来的に子供に負担となってしまいます。 これまでにも母子家庭ということで苦労してきた子供に、大きくなっても苦労はさせたく…

  • 母子家庭における賃貸の優遇について

    母子家庭などのひとり親家庭では、片方の親だけの収入で生活を支えていて、家事や子育てなどを片方の親だけで行わなければいけないという理由から、思うように働けなかったり、十分な収入を得られていないケースがあります。 こう言った状態にあるひとり親家庭の支援や賃貸契約における優遇を行うために、政府では該当する家庭に対して一定の手当を支給することで、その生活の補助を行っています。 この補助の中に、住宅手当(家賃補助)というものがあることをご存知でしょうか? 住宅手当(家賃補助)は、都道府県や市区町村ごとの自治体によって、規定が異なり、その名称においても、家賃補助や住宅費助成制度などと表記が異なるため、実際…

  • 母子家庭に住宅ローン手当はある?

    母子家庭であっても、安定した収入があれば住宅ローンを組んで家を購入することが可能です。 ただ、持ち家購入を考えることができるだけの安定した収入があっても、いずれ訪れる子どもの受験や進学を考えると、上手く返済していくことができるか不安を感じる人も多いでしょう。 そんな悩みを軽減したい時に活用できるのが、家賃の支払いや住宅ローンの返済などに使うことができる住宅ローン手当です。 住宅ローン手当を受けることができれば、月々の返済が楽になるだけでなく、生活にもゆとりを持たせることができるでしょう。 ただ、住宅ローン手当というのは、国や地方自治体が行っている制度ではありません。企業が福利厚生の一環として出…

  • 母子家庭で私立大学の学費がほぼ免除になる方法

    母子家庭でも安心して利用できる大学進学への支援制度あるのを知っていますか? 最初に高等教育の修学支援新制度を利用しましょう。 通っている高等学校から5月の終わりごろから6月にかけて連絡があり、事務室から書類もいただけ保護者の方も目にする機会が多いと思います。 2020年4月から開始された制度で、高校在学中に予約採用申請をして結果をもらい、大学入学後手続きを完了させます。高校在学中に間に合わなくても、大学入学後にも申請手続きできます。 給付型奨学金の対象者で年間最大187万円の支援と、世帯収入の基準を満たす場合、成績だけでなく、学ぶ意欲で支援を受けることが可能です。 97%の大学が対象となってい…

  • 母子家庭でも副業できる?動画編集は未経験だと難しい?

    WEBデザインが学べるスクールもありますが、最近、本業とは別に副業収入を得るために動画編集を学ぶ方も増えているといいます。 その反面、未経験でも稼げるのか、どのようにお仕事を見つければいいのかなど、疑問を持っている方もいるでしょう。 特に母子家庭となると、本業と家庭、そこに副業が加わることになるため、経験者でなければ難しいのではないかと思う方もいるはずです。 そこで今回は、未経験でも動画編集の副業ができるかどうかも交えた動画編集のお仕事の魅力についてお話ししたいと思います。 動画編集で副業したいと考える前に、是非チェックしてみてください。 ■どんな動画編集があるのか 今ならではというなら「Yo…

  • 母子家庭でも簡単に始めらる在宅ライターの魅力

    1 在宅ライターとは まだ子供が小さいと、正社員やアルバイトなど長時間家を空けて子供を一人にすることは難しいですよね。特に母子家庭では、子供の面倒を見るのも仕事をして生活費を稼ぐのも母親が一人でしなければならないので、とても大変でしょう。 特別なスキルや資格などを持っていなければ収入を得るのは難しい、と諦めている方も多いかもしれません。 そんな方々に、在宅でスキルや資格がなくても簡単に始められるウェブライターのお仕事をオススメします。 2 ウェブライターとは ウェブライターとは、インターネット上に存在する文字を使用したコンテンツを作成するお仕事のことです。 記事以外にも、Youtubeの台本作…

  • ニュー福祉定期貯金のメリットって何?

    通常よりも高い金利が適用される定期貯金が、ゆうちょ銀行の貯金のひとつ、ニュー福祉定期貯金です。 障害基礎年金や遺族基礎年金を受け取っているなどの条件を満たせば、ニュー福祉定期貯金を利用することができます。 対象となる年金制度の受給資格を持っていない大正15年4月1日以前に生まれの在日外国人も、預入可能です。 条件を満たす人が、ニュー福祉定期貯金を利用した場合に発生するメリットは、一般向けの1年もの定期貯金の金利に年0.1%が上乗せされた金利が適用されることです。 1年ものの定期貯金の金利は、0.002%などとても低い状態が続いています。預けていても殆どお金が増えない状態が続く中、0.1%の金利…

  • 母子家庭が歯科矯正など高額医療を行う前に知っておきたい制度とは?

    歯並びというのは、見た目だけでなく、嚙み合わせや発音・滑舌などにも影響を与えるものです。さらに、嚙み合わせが悪く物を上手く噛めない場合は、子供の成長や健康にまで影響を与えることがあります。 それだけに、母子家庭であっても子供の歯並びだけはちゃんとしておきたいと考える人も多いでしょう。 ただ、歯科矯正の費用というのは安いものではありません。歯科矯正が降格医療と言われる理由は、安くても20万円、歯の状態によってはさらに高額な費用が必要となるためです。 子どものことを考え、歯科矯正を行いたくても、母子家庭では高額医療に踏み切ることは難しいと悩む人もいるでしょう。 そんな場合は、まず歯科医院で相談をし…

  • 都営住宅に住む母子家庭で受けられる家賃の減免とは

    新型の病気が蔓延し、私たちの生活にも多少なりとも変化がありました。影響の一つに「収入が減った」という事も挙げられます。 思うように働けなくなった、働きたくてもシフトを減らされた、業務の縮小に伴い業務時間が減ったと今までの様に安定した収入が得られなくなった方も多いでしょう。 共働き家庭も多いので減った分の収入をパートナーが補ってくれるならば話は違いますが、昨今は母子家庭も多くその様な家庭の方は大打撃を受けている方も少なくないでしょう。 労働条件が改善されたり男女雇用機会均等法があるとはいえ、男性に比べると女性の社会進出はまだまだ遅れています。女性は男性よりも役職に就けないなど様々な理由で給料やボ…

  • 母子家庭にナビ個別指導学院がおすすめなのはなぜ?

    近年、家族の在り方が変わってきています。小さな家族が多くなり、以前のように、家庭で時間をとって、子供さんの勉強をみれなくなってきています。 新型感染症で子供さんが家庭に居る時間多くなり、家庭で勉強教える事が重要になってきています。ただ、以前のように家庭で、上手に、勉強を教えることができる人がいなくなってきています。 リモートで勉強教える方法もあるものの、個々の子供さんへの対応には限界があり、対面での学習補助が求められていました。 母子家庭は、特に親御さんの時間が家庭の外でとられること多く、各ご家庭で子供さんの勉強をみることができる時間少なくなってきています。 また母子家庭では母親の役割がとても…

  • 母子家庭で利用できる、知っておきたい給付金制度

    新型感染症が長引く中で、「収入が減少してしまった」「失業してしまった」とお悩みの方は多いでしょう。特に進学を控えたお子様をお持ちの母子、父子家庭は生活費だけでなく子供の教育費、入学費用などの負担も大きくお悩みなのではないでしょうか? そんな生活に困窮しているひとり親世帯の方向けの給付金制度があるのはご存知でしょうか? ここではひとり親世帯向けの給付金制度をご紹介します。 まずは新型感染症による影響で、収入が減少した子育て世帯への支援を目的とした給付金制度があります。この給付金制度は「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金」といいます。 以下の様な条件を満たしている方が対象となり…

  • 都営住宅に住む母子家庭で受けられる家賃の減免とは

    新型の病気が蔓延し、私たちの生活にも多少なりとも変化がありました。影響の一つに「収入が減った」という事も挙げられます。 思うように働けなくなった、働きたくてもシフトを減らされた、業務の縮小に伴い業務時間が減ったと今までの様に安定した収入が得られなくなった方も多いでしょう。 共働き家庭も多いので減った分の収入をパートナーが補ってくれるならば話は違いますが、昨今は母子家庭も多くその様な家庭の方は大打撃を受けている方も少なくないでしょう。 労働条件が改善されたり男女雇用機会均等法があるとはいえ、男性に比べると女性の社会進出はまだまだ遅れています。女性は男性よりも役職に就けないなど様々な理由で給料やボ…

  • 母子家庭が受けられる高校入学費用の支援制度

    義務教育は中学校までですが、今や高校・大学進学は当たり前となっています。とはいえ、金額も上がり母子家庭だと負担が大きいでしょう。 経済的な理由で我が子の進学をあきらめさせたくない。それならいろいろと調べてみてください。手助けしてくれる制度はきちんとあります。 大学・専門学校については「高等教育無償化」となり、授業料が減免されることとなりました。高校も、公立高校の授業料は実質無償化されています。 でもより負担の大きい私立高校は、こちらも「私立高校授業料実質無償化」が令和2年4月より始まっているのです。母子家庭だからと諦めなくても大丈夫、選択肢は広がっています。 ただし私立高校って何かとお金がかか…

  • 生活保護受給者が貰える就職祝い金があるって本当?

    「生活保護受給者が就職すると貰える祝い金がある」、という話を聞いた事があるでしょうか?就職すると貰えるという点は、祝い金に近いかもしれません。 ただし実際には、祝い金を貰えるという訳ではありません。 「生活保護受給者が就職すると貰える祝い金」とは、「就職支度費」という扶助の事を言っているのです。 「就職支度費」は、就職の決まった生活保護受給者が就職のため、直接必要とするスーツや靴等の購入費用や初任給が支給されるまでの通勤費として臨時的に支給される扶助です。 「就職支度費」は「生業扶助」に分類されます。 この「生業扶助」というのは、世帯の収入増加または自立を助長する上で必要な費用に充てるための扶…

  • 無職の母子家庭でも賃貸住宅を借りれる?

    賃貸物件を借りる際に必ず必要なのは、家賃を支払えるかどうかの審査です。母子家庭の場合は通常よりも審査のハードルが高く、さらに無職だなんて不安しかないのではないでしょうか。 実は。母子家庭で無職でも賃貸物件を借りれるんです。 この記事では、無職の母子家庭でも賃貸物件を借りる方法について紹介します。専業主婦で離婚してしまって無職の母子家庭になってしまったと悲観している方、安心してください。この記事を参考にして、新しい住まいを手に入れましょう。 賃貸の審査で重要なのは、毎月の家賃を支払えるかどうかです。 母子家庭であっても定職についていたり、働いている親族が保証人になってくれるのであれば、ファミリー…

  • 母子家庭が子育てしながら働きやすいパート、どんな仕事がある?

    母子家庭が子育てしながら働けるところは、軽作業のパートの仕事です。 軽作業は体力があまりいらず、コミュニケーション能力も必要としない場面が多いため、働きやすいです。 仕分けや掃除などの短い時間で仕事が出来るものが多く、母子家庭でも子育てをしながら働けます。 他にも短い期間で働くという意味でおすすめな仕事としては、イベントスタッフもあります。 バレンタインやお祭りイベントに携わる仕事は1日だけが多いです。1日だけなら、友達やどこかに子供を預けることが出来れば、働けます。 子供へのリスクや体力のリスクが少ない分、イベントスタッフのパートの仕事はしやすいと言えるでしょう。 また上記以外に、事務のパー…

  • 副業したい!そんな母子家庭必見のインスタ運用代行とは?

    ネットを開けば「おばあちゃんでも分かるインスタ副業!」だとか「月収50万円を達成した手法を紹介」という広告を目にしたりするでしょう。しかも謳い文句となるのが「1日たった数分の簡単作業」です。 これであれば、誰もが本業そっちのけでインスタ副業を始めるのではないでしょうか。 今回はシングルマザー必見!インスタ副業の手法について、サラッとご紹介させてください。 母子家庭の場合には家計の負担がお母さんにのしかかります。 正社員の場合、就業規則により副業ができない場合もありますが福利厚生が充実しているので、ひもじい想いは避けられます。パートの掛け持ちをするママさんにとっては、少しでも稼ぎたい!と思ってい…

  • 女性が家で出来る副業、母子家庭におすすめなのはコレ

    わたしは母子家庭で体力的にもあまり外で働けないので、副業はかなりがんばっています。いろんな副業をして自分に合ったものが残っている感じです。家で出来る副業ばかりです。 かなりの数をやっているのでご紹介していきたいと思います。 まずは、クラウドソーイング系です。 文字を書いてお金をもらうのですが、クラウドソーイング歴もう6年以上ですね。元々文字を書くのがとても好きだったので選びました。 女性でもできるような「美容」「節約」などの案件が多いので、とても助かっています。あまりリサーチしなくても知識がある案件というのはとりかかりやすいです。 パソコンがあればできるので、家で出来る副業としては最高ではない…

  • 母子家庭なら生活費をシュミレーションして節約しましょう

    近年、離婚率の上昇により母子家庭が増加しています。 子育て中の夫婦が離婚した場合、養育できる環境にあるものが子供を引き取れることにはなっているものの、今の日本では母親が子供を引き取っている事が多いです。 また、何らかの事情で夫と死別したりもあり得るので、だれにでも母子家庭になる可能性はあります。そして、1人で子育てをしながら母親が働くも安定した生活ができず、貧困に陥る家庭も多くあります。 女性の場合、就職して結婚後もそのまま産休や育休を取得し、正社員として仕事をし続けている母親は増えつつありますが、結婚や妊娠、出産を機に一度仕事を離れてしまう母親も多いです。 前者の場合は、母子家庭になった後も…

  • 母子家庭で住宅購入するなら、補助を目一杯利用しましょう

    近年、離婚率の上昇に伴い母子家庭も多く見られるようになりました。 女性の社会進出によって、母親が働ける環境が整いつつあるとはいえ、まだまだ会社では子供がいる母親への風当たりがきついことも多く、母子家庭での経済状況は厳しいものがあります。 日々の仕事と子供との生活でいっぱいいっぱいで、収入が不安定な人にとって住宅購入なんてと思われる方も多くいると思いますが、住宅購入にはメリットも多くあります。 居住地にもよりますが、一概に賃貸の方が住宅購入より安いとは言えず、場合によっては、今払っている分の家賃より住宅ローンの返済額の方が安い場合もあるので、母子家庭に住宅購入は難しいと決めつけずに検討してみては…

  • 母子家庭の引っ越し費用に利用できる母子父子寡婦福祉資金貸付金制度とは

    母子家庭の引っ越しは何かと苦労がつきものですよね。引っ越し先の治安や物価、子供が新しい環境に慣れるんだろうか、など不安はつきません。 中でも、引っ越し費用が一番の問題点ではないでしょうか。少ない収入の中で、できるだけ引っ越し費用を安くあげたい、というのが本音でしょう。 そんな時におすすめなのが母子家庭が申請できる貸付金制度です。ここでこの制度について詳しくご紹介しましょう。 その制度とは、母子父子寡婦福祉資金貸付金制度と言い、転宅費用を借りることができる制度です。この制度を申請できるのは、20歳未満の子供を扶養している配偶者のいない方です。母子家庭はこれに当てはまるので申請可能となります。 で…

  • 給付型奨学金は年収の低い母子家庭でも申請できる?

    高校生や大学生を育てるシングルマザーの方の中には、生活苦に陥ることもあり、子供の将来の芽を摘むことをせざるを得ないケースもあるといいます。 しかし、母子家庭だからこそ、収入の少ない家庭だからこそ、「給付型奨学金」を申請して子供の教育にチカラを入れてあげましょう。 今回はこの「給付型奨学金」についてご紹介したいと思います。 ■奨学金とは? そもそも奨学金について詳しく知っている方はいるでしょうか。 奨学金とは、経済的理由で修学が困難な学生に対して、学資貸与を行う制度です。また、経済や社会情勢を踏まえて学生が安心して勉学できるように「貸与」あるいは「給付」する制度でもあります。 経済的理由による審…

  • 隙間時間でできるデータ入力は、母子家庭の副業にも最適

    お金の悩みを解消したい時に有効な方法が、副業を始めることです。ただ、仕事をしながら一人で家事や子育ても行う母子家庭の場合、本業以外に仕事を持つ余裕がないと悩む人も多いでしょう。 本業以外にアルバイトを始めると、子どもとの時間が無くなるだけでなく、家事なども疎かになってしまう可能性があります。そんな不安を感じず、安心して収入を増やしたい、そんな時はデータ入力の仕事を探してみると良いでしょう。 データ入力のメリットは、在宅で働ける仕事が多くあることです。 在宅ワークという形であれば、通勤をしたり職場に拘束されたりすることがないため、子どもとの時間を大切にしながら仕事をすることができます。さらに、外…

  • 母子家庭が利用できる光熱費の免除制度

    母子家庭の貧困問題が深刻化していることをご存じでしょうか。 厚生労働省が発表している「全国母子世帯等調査結果報告」によると、シングルマザーは年収300万円以下、貯蓄額50万円未満が約40%と大変厳しい経済状況に置かれているという結果が報告されています。 また、「2019年 国民生活基礎調査」おける各種世帯の生活意識データによると、子供のいる家庭において、生活が「大変苦しい」「やや苦しい」と回答した割合が62%と全体平均の56.5%よりも高水準になっています。これが母子家庭においては、82.7%に跳ね上がり、母子家庭の大部分が生活が苦しい状況であることが報告されています。 子育てにはどうしても食…

  • 母子家庭でいつも生活費が足りない、コスパのいい節約方法とは?

    私は母子家庭歴5年目ですが、たびたび生活費は足りないと感じることがこれまで、多々ありました。1人で稼いでいかなくてはいけないですし、専門的な知識があるわけでもないので、どうしてもお金が足りなくなってしまいます。そんなときのコストパフォーマンスの良い節約方法をご紹介したいとおもいます。 母子家庭で給料だけでやっていけない時はちまちまと節約するのではなく、大きな支出の見直しが必要です。わたしが毎回、厳しい、生活費が足りない!とおもう理由に家賃が高いというのがありました。7万ぐらいのマンションに住んでいたのですが、それが家計を大きく圧迫していました。そして通信費も家のWi-Fiと合わせると月に1万円…

  • 母子家庭に優しい賃貸の条件は家賃だけではありません

    持ち家がない場合、賃貸をするのは必須ですね。賃貸をするということは、家賃が発生します。毎月家賃を支払わなくてはいけません。 しかし母子家庭になると、やはり家賃を毎月支払っていくことが経済的に大変ということもあります。しかし衣食住の基本でもある、住は私たちが安心して生活を送っていく上でとても重要なことですね。 賃貸においては、給料の1/4が目安とも言われます。しかし、家賃だけではなく総合的にみると、良い賃貸か悪い賃貸かがわかってきます。では母子家庭に優しい賃貸とはどのようなものでしょうか。 ・家電、家具がついている家がよい 生活をする上で必要となるのが家電や家具ですね。それを一からそろえるには、…

  • 母子家庭の引っ越し費用に使える母子父子寡婦福祉資金貸付金制度とは

    母子家庭の引っ越しは何かと苦労がつきものですよね。引っ越し先の治安や物価、子供が新しい環境に慣れるんだろうか、など不安はつきません。 中でも、引っ越し費用が一番の問題点ではないでしょうか。少ない収入の中で、できるだけ引っ越し費用を安くあげたい、というのが本音でしょう。 そんな時におすすめなのが母子家庭が申請できる貸付金制度です。ここでこの制度について詳しくご紹介しましょう。 その制度とは、母子父子寡婦福祉資金貸付金制度と言い、転宅費用を借りることができる制度です。この制度を申請できるのは、20歳未満の子供を扶養している配偶者のいない方です。母子家庭はこれに当てはまるので申請可能となります。 で…

  • 母子家庭が家で出来る副業は、女性にもできるネットビジネスがおすすめ

    わたしは母子家庭で体力的にもあまり外で働けないので、副業はかなりがんばっています。いろんな副業をして自分に合ったものが残っている感じです。 家で出来る副業ばかりです。かなりの数をやっているのでご紹介していきたいとおもいます。 まずは、クラウドソーイング系で稼いでいます。文字を書いてお金をもらうのですが、クラウドソーイング歴もう6年以上ですね。 元々文字を書くのがとても好きだったので選びました。女性でもできるような「美容」「節約」などの案件が多いので、とても助かっています。あまりリサーチしなくても知識がある案件というのは、取りかかりやすいです。 パソコンでできるので、家で出来る副業としては最高で…

  • 住宅ローンは借りられる?パートタイマーや母子家庭必見

    ■母子家庭の問題点 近年では、離婚によって女性が一人で仕事と子育てをこなすことも珍しくなくなっています。 母子家庭が増えつつありますが、そうした女性の中には「マイホームを購入したい」と考える方もいるようです。子供のために不動産を遺しておきたいと考える方もいます。 しかし、「住宅ローンが借りられるのか」という問題点にぶち当たるようです。 住宅ローンには審査があるので、一人親世帯には手厳しいとも言われていますし、パートタイマーともなれば年収と借入限度額についても難色が示されています。母子家庭だと住宅ローンの審査が通りにくいのか、そうした内容に触れていきたいと思います。 ■住宅ローンを利用できるケー…

  • 中学入学費用、母子家庭ではいくら用意しておけばいい?

    ただでさえ子育てにはお金がかかるものです。食費や光熱費、教育費用など、毎月様々な出費がかさみがちですが、特に母子家庭においては経済的に困っている方も多いのではないでしょうか。 近年ニュースなどでも母子家庭の貧困問題が取り上げられる機会が増加していますが、新型コロナウイルスの影響でより一層貧困問題が深刻化しているとも言われています。 母子家庭の貧困が問題になっている一因として、シングルマザーの女性にはキャリア志向の女性が少なく、スキルが十分にないため正規社員にはなりにくいことや、子供のことを考えると時間的・物理的に正規社員になりにくいといった点が挙げられます。 少しでも経済的負担を減らすために母…

  • 母子家庭の子育ては、子供と一緒にいる時間を取ることです

    母子家庭になると、子育てに様々な問題が生じます。まず、近くに子供のことについて相談できる人がいないことです。全て自分で決める必要があります。 例えば、子供が病気になったとき、不登校になってしまったときも、すべて自分で対応しなければならないのです。 一番の問題は、子供と一緒にいる時間がなかなか取れないことです。 母子家庭になると、生活のためには母親が働く以外にありません。 一般の家庭では、大抵は母親か父親が家にいますが、母子家庭では無理な話です。母子家庭の母親は、保育所に子供を連れて行った後、仕事をしなくてはなりません。 そのため、子供と一緒にいることができるのは、朝仕事に行く前と、寝る前の僅か…

  • 母子家庭になったら住む所をどうするか?

    母子家庭になると、多くの場合まず最初にしなくてはならないのは住む場所の決定です。 離婚で母子家庭となる場合、どちらかが家を出て行かなくてはなりません。もし家に残ったとしても、賃貸の場合は家賃が高かったり、持ち家の場合はローンが残っていることなどが問題となってきます。そのため、それまで住んでいた住居に住み続けることができず、自分の収入に合った家を探す必要がでてきます。 中には実家に帰る人もいますが、半数以上の人が賃貸住宅に住んでいると考えられています。賃貸住宅の中でも公営住宅は賃料が安いので人気はありますが、抽選の倍率が高くてなかなか住むことができない、というのが現状です。 賃貸住宅を借りる場合…

  • 母子家庭の再婚は、子供のことをよく考えて

    母子家庭になると、子供に対する躾が厳しくなりがちです。父親がいれば、子供に対する役割分担が生まれ、子供の精神も安定します。そのため、条件さえ許せぱですが、再婚を考えてみるのも大切です。 離婚する夫婦は年々増加しています。離婚をするときに子供を引き取ることを決断した場合、母子家庭となり、母親一人で家庭を支えていかなくてはなりません。仕事をしながら子育てもする、その両立を目指して毎日忙しく働くことになります。 子供を引き取っても、母子家庭になったこと対して、子供に申し訳なく思う母親も少なくないと聞きます。それでもなんとかして子供を育てあげ、高校、大学まで行かせる人も大勢います。 母子家庭になってす…

  • 母子家庭の多くはワーキングプアと言われています

    最近、ワーキングプアという言葉をよく聞きます。 ワーキングプアとは、パートやアルバイトとして働いていても、正社員と同じくらいの仕事をこなしていたり、また正社員として働いているにもかかわらず、最低限の生活を維持するのが困難なことをいいます。 母子家庭の場合、自分で子供を育てていかなくてはならないので、働いて収入を得る必要がありますが、子供がいるという理由で正社員になれないことがあり、ワーキングプアになっているケースは少なくありません。 母子家庭の多くはワーキングプアといわれており、生活保護のレベルを下回る収入しかないのが現状です。 実際に、年収200万円以下の労働者は、1000万人以上いると考え…

  • 母子家庭になると、生活基準を下げることも必要です

    母子家庭になると、国や居住地の自治体から様々な援助を受けることができますが、援助を受けるためには、収入制限などの条件がつくことがほとんどで、その条件に当てはまる必要があります。 一般の家庭に比べて母子家庭の場合は、どうしても生活基準が低くなる傾向があります。 母子家庭になったとき、実家に戻って暮らす場合は子供が就職するまでの間、援助を受けることが可能ですが、実家には戻らず、母子だけで生活する場合は、経済的にかなり苦しくなります。 住まいの家賃や食費、光熱費、交通費、医療費、そして子供の養育費など、多くの出費があり、それをひとりで何とかしなくてはなりません。 母子家庭になる前までは夫の収入で暮ら…

  • 母子家庭への就職支援

    母子家庭になるまでずっと専業主婦だった人にとっては、就職先を見つけることは簡単ではありません。 そこで、母子家庭の方を対象にした就職支援制度があります。 母子家庭になると、住居を決め、生活していくために多くの場合、仕事につかなくてはなりません。アルバイトやパートであれば、比較的簡単に仕事を見つけることができるでしょう。しかし子供を育てていく上で、アルバイト収入やパート収入では、すぐに足らなくなってきます。 安定した収入を得るためには、やはり正社員になるのが一番です。 しかしここで問題は、母子家庭になるまでずっと専業主婦だった人にとっては、就職先を見つけることは簡単ではない、ということです。 そ…

  • 母子家庭で生活保護を受ける人は増えてきています

    母親だけの収入では生活が困難であるという理由から、母子家庭の場合は生活保護を受けることができます。 生活保護とは、国が定めている最低生活費を下回っている人に対し、足りない分を経済的に補助してくれる制度のことをいいます。 もちろん、働けない理由がないのに働かないという状況では、生活保護を受けることはできません。自分が働いても最低限の生活がどうしてもできない、という場合にのみ適応される制度です。 生活保護の申請をすると、制度が適用される条件を満たしているかどうか、厳しくチェックされます。資産や貯金があったり、収入が多かったりすると、生活保護を受けることはできません。 そのため、生活保護を受けるのは…

  • 母子家庭の生活状態

    母子家庭世帯は年々増えています 母子家庭は現在、120万世帯以上あるといわれており、さらに毎年、増加しています。そしてその中でも、母親の年齢が20代~30代と若い世代の母子家庭の割合が高くなってきています。母子家庭が増える一番の原因としては、離婚の増加があります。離婚する理由は、性格の不一致、考え方の違い、すれ違いの生活など、以前からあったものをはじめとして、最近ふえているのがDVや不適切な関係です。理由は何であっても、離婚する場合、父親ではなく母親が子供を引き取る場合が多くみられます。これは父親では子供を育てるのに適さない、という判断からで、実際、幼少の子供をもつ家庭の離婚のうち、約8割は母…

ブログリーダー」を活用して、sinmmさんをフォローしませんか?

ハンドル名
sinmmさん
ブログタイトル
母子家庭の支援制度と働き方
フォロー
母子家庭の支援制度と働き方

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用