searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

智紀さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
神の民
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/ask2263/
ブログ紹介文
失ったものを取り戻したい。うずもれてしまったものを掘り起こせ。神の民に戻れたらいいな。
ブログ村参加
2021/11/21
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、智紀さんをフォローしませんか?

ハンドル名
智紀さん
ブログタイトル
神の民
フォロー
神の民

智紀さんの新着記事

1件〜30件

  • 最終回 大プロジェクト 何だろう

    神はすべての創造主。ならば、すべては起こるべきして起こる。熱く語るもさめた言葉も眠ったままも覚醒した者もお花畑も無関心もそれでも世界中のすべての人がマスクやワクチンを通じて参加している。そして地球や宇宙に広がる。この大プロジェクト。何なのだろう。

  • 悪魔の天敵

    全能の神はすべての創造主です。たとへ悪魔であっても例外ではありません。どうしてそんな厄介なものを作ったのか、それこそ神のみぞ知るであります。 神と悪魔は戦うまでもありません。勝敗はわかりきっているからです。悪魔と闘うものは神以外の存在です。神の遺伝子を

  • 悪魔に奪われた惑星

     悪魔はおそらく、すべての存在から嫌がられ、敬遠される存在です。敵対される存在です。その理由は、神が創造した自由の根本に触れるからです。すべてをほしがるからです。悪魔は己の存在を賭けてすべてに挑みます。おそらく住む惑星など無く、さまよい続けているはずです

  • 神の民と惑星

     神の遺伝子を持つ、神の民が滅亡するはずはありません。必ず神の民とその者たちの惑星は存在するはずです。しかし、その存在と確認がはっきりしていません。その惑星が何かの原因で消滅し、新たに誕生させたとしても名付けます。奪われてしまったとしか考えられません。し

  • 救い主と神の復活 

        プロローグ  神は、すべての創造主と呼ばれています。 ここでその一部を紹介させていただきます。 神はすべてを創造しました。 それにより存在が誕生しました。 神は自由を創造しました これにより、存在すべての引き立て役となりました。 神はお互い

  • その気にさせる神。気づきの神。

     あの人なんか変わったね。 あのひと完全に乗せられちゃってる。 その気にさせられちゃってるね。 そんなことがもしあなたに訪れたら 何かを気づかされている。 

  • 宣言

      私は気づかされていた。 しかし、小心者でどうしてよいものやらと 思い悩んでいるだけだった。 ただびくびくしているだけだった。 私が態度を示すと家族のことも心配だった。 言い訳に過ぎないが何もできないでいた。  悪いことは悪い。悪いことはしてはいけない

  • 神の民

     奪われたものは取り戻せばよい。しまわれたものは取り出せばよい。それは、自分が神の民であることを自覚できるか否かにかかっている

  • 最終回 残された記憶

     家族友人仲間と共有している現実。自分だけが空想し想像し妄想した共有できない非現実。それは誰もが判別できる現実と非現実。記憶というものはあいまいになりがち。同じ記憶が共有されていれば、それは現実である証になる。個人の空想、想像、妄想の記憶は共有する者は

  • 天国と地獄

     天国と地獄の存在。それはは神の造った魂、自由意志は正悪にかかわらず悪魔にも与えられています。ですから、その肉体を失っても消え去ることはありません。輪廻転生ではありませんが、復活してまた悪さを繰り返すかもしれません。そうすると、限りない繰り返しになっ

  • 神は伝えた

     事実は小説より奇なりというが、宇宙を含めたすべての存在は漫画より奇であった。そんな奇の中に存在するすべてを救うために神は復活した。そして神の計画は実行され、完了した。本来語り継がれる神の復活と活躍はその痕跡すらも残さなかった。誰にも神の復活を知られる

  • 神は消え去った

      その後まもなく、少年は年齢制限の為将棋の卵を退会した。以後将棋盤の前に座ることもなくなってしまった。それから長い長い年月が流れていった。少年は年を重ねるごとに、肉体を通す精神的苦痛は薄れていった。しかし完全に消えることはなかった。そして、遠い日に起

  • すべての実りとは

        智久との再会ですべてが実ったはずだ。しかし、自分自身も周りの人間も見える形では何一つ変化は訪れていなかった。だが、この何一つない変化が不思議を解き明かすカギにもなっていた。智久と再会されたその日、二人で様々な時間を共有し会話がなされた。智久は少年

  • 神秘の美少年との出会い

     智加との出会いを果たした少年なのに、完全に満たされたのは肉体だけでした。心の隙間は完全にうめられることはありません。一体何を、誰を求めていたのでしょうか。大学祭に招かれた少年は、指導対局の合間にトイレに行きました。出ようとした瞬間、驚くような美し

  • 神の呼びかけ

     十六才の少年が貴方に向かって「人類の危機が迫っています。モーゼやイエスの復活では目立ち過ぎて民を救えません。僕は救い主として誕生し、神が復活しました。皆さんは神の民です。それを取り戻してください。ぜひ、僕の言葉受け入れてください。お願いいたします」そう

  • 知らぬが仏 知れば煩悩

     智加との出会いで少年はもう一つ深い悩みを生み出してしまった。それは、自分は相手を見ているが、相手も自分を見ているという事であった。自分の立場があれば相手の立場もある事に初めて気づかされた。少年はいかなる時も自分から見た世界だけですべてを決めていた。も

  • 美しき超能力者智加との出会い

     高校の校舎が建て替えのため仮校舎で授業は行われていた。そんな帰り道に一人の美少女に声をかけられた。そして少年は驚くことを聞かされ、自分の身に起きていることは現実、事実、真実であることを知らされた。そしてこれから自分の身に起こる出来事を予言で教えられた

  • 救い主への道

     男の子は、母の胎内に宿った瞬間から不思議なことに襲われ続けます。それが何を意味することか分るはずもありません。ただそれに振り回されているだけです。どうにもこうにも扱いにくい子供として成長していきました。両親や祖父母に全くなつくことがなく、そばに寄り、

カテゴリー一覧
商用