chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
多肉植物のように https://ikuzuss.hatenablog.com

脳溢血で半身不随になった建築士が日々の日記や映画や小説の感想を書いたり建築士の目線を通した障害者(高次脳機能障害)が書いているブログです。

脳溢血で半身不随になった建築士が日々の日記や映画や小説の感想を書いたり建築士の目線を通した障害者(高次脳機能障害)が書いているブログです。

車椅子の白猫
フォロー
住所
新潟市
出身
長岡市
ブログ村参加

2021/10/21

1件〜100件

  • Battleship〜チキンブリトーは最高のレーション(苦笑)

    「バトルシップ」を観た。いつからかわからないが、いくつかの映画は、大人数で見ることによって盛り上がるようになってしまった作品がある。例えばこの映画や「コマンドー」「天空の城ラピュタ」などがそうである。テレビで同時に視聴して決め言葉をいまか今かと待ちながら、サーバーの負荷実験のようにTwitterなどで不満をはらすが如く感情や何かを爆発させるのである。この映画もそんな特殊な映画の一つである。それにはいくつかの条件が必要である。一つは難しいことを考えずに済むエンターテイメントな作品であること。どこ絡み始めても大丈夫なくらいに強固な物語であること。そして、いい意味で文句をつけるのが馬鹿らしいほどに面…

  • SUPER CUB5〜子熊さん、骨折しても無駄に起きない。

    トネ・コーケン「スーパーカブ(5)」読了。ナイナイ尽くしの少女小熊さんに大トラブル。カブで事故を起こし、入院生活。そして女性用の大部屋は姦しく子勢揃いの女の園。しかし、不屈の小熊は日常とカブを取り戻すためには労を惜しまない。カブのエンジンのように動くところは動かし、動かないところは治していくだけのこと。親友椎は受験と決意表明を込めて走り出す、水色のリトル・カブで。そんな少女の姿を見せつかられたなら、こちらも(おじさんだけど)頑張らなきゃいけないわけです。#白猫Bookreview SUPER CUB5 ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com …

  • WE LIVES in Kawai-sou〜切なきボッチのシェア・ハウス

    「僕らはみんな河合荘」を観た。2014年の作品、シェアハウスというよりめぞん一刻に近い。それよりも、読書における対人バリアーが的確に表現されていたのが興味深かった。#白猫独りロードショー WE LIVES in Kawai-sou open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com

  • The Floating Castle〜痴将の真価

    「のぼうの城」を観た。人の価値は如何にして評されるのか、普段は昼行灯の如き様子でも、一大事あれば体を張ってでも何かを成し遂げれば評価は変わるだろう。この映画を観ているとそんな当たり前なことが思い浮かんできた。それは決して簡単なことでも誰もができることでもないからである。#白猫独りロードショー The Floating Castle open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com i…

  • Rose of Versailles〜きょうは……べ…ルサイユはたいへんな人ですこと!

    「ベルサイユのばら」を観た。正直、ここまですごい話だとは思っていませんでした。「リボンの騎士」の焼き直し程度に思っていたのですが、過小評価にも程があったのです。なぜなら頬を伝う涙が証明しています。アンドレ(僕も庶民なのでアンドレに感情移入)が死んだ時の胸の苦しみはきっと本物の悲しみだったのだろうと。そして、フランスがなぜあれほどに「自由」を叫ぶかもわかったような気がします。#白猫独りロードショー Rose of Versailles open.spotify.com youtu.be ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.h…

  • Meet Joe Black〜死神の効能

    「ジョー・ブラックをよろしく」を観た。人は急に死を告げられた時にどうするだろう。後悔するか、それとも泣いて叫ぶか。それは今までの生き方を問うことであり、残された人生をどうするのかにもかかってくることだろう。#白猫独りロードショー Meet Joe Black open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com

  • 新潟vs大宮〜秋空快勝

    022.9.25Sun1400〜J2第38節新潟1-0大宮#アルビレックス新潟 新潟の誇り ikuzuss.hatenablog.com 【追記】ハイライト動画は後日

  • MIME MIME〜燃殻繫り

    「マイム マイム」を観た。昔だったらオフビート映画と言われていたかもしれない。そもそも岨手由貴子監督が燃え殻氏のエッセイをドラマ化することになりラジオに出て何か引っかかることがあったため見ようとした映画だった。フリーターの主人公が周囲の誰とも噛み合わず、ドラマチックなことも起きずエンディングも屋上のテントから出ていくだけなのに、なぜか観終わった後にほのかな寂しさが募る不思議な映画だった。正直人に勧めるかと言うと大変迷う微妙な出来栄えだと言うしか無い。#白猫独りロードショー #dawn813 MIME MIME ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.…

  • where are the readers〜期待の地平

    石原千秋「読者はどこにいるのか」読了。小説論等を様々な例を挙げつつ論じている。 小説を書いているときに、悩む一人称の作者と作中の登場人物の同一視の問題が明確に解決しただけでも、読んだ価値を感じた。難しいところも多いし、引用文の多岐によって混乱しつつある部分もあったが、それを踏まえても良書だと思う。#白猫Bookreview where are the readers ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com

  • Patriot Games〜冷戦ノムコウ

    「パトリオット・ゲーム」を観た。冷戦時代を懐かしむ事はないだろうが、あれはあれで大国のバランスが取れていた時代だった。しかし現在そのバランスがなくなった時に世界で何が起こっただろう。もちろん9.11ほど大規模事件じゃないけれど、中国の台頭、ソ連時代に抑圧された国々の独立の機運など、予想もつかない事だらけである。この映画で描かれたのも、一時期はおとなしかった。IRAによるテロ行為。そして、現実のロシアの暴走、世界は引きずられるように混迷の色を強くしている。正解はどにあるのか、どこにもないのか。#白猫独りロードショー Patriot Games open.spotify.com ikuzuss.h…

  • September rehabilitation〜金曜日のリハビリ:九月二回目

    2022.9.23 歩行訓練です。#白猫日記 歩行訓練の他のメニュー ・お尻上げ10回1セット ・腹筋10回1セット(腹斜筋用含) youtu.be ikuzuss.hatenablog.com

  • #夢日記〜訪問不可

    夢を観た。知人の家を訪れるが、もちろんバリアフリーな訳がなく、車椅子で入れない。でも、せっかくだからと家の中に入るが、装具のままだと悪いかと思って、装具を脱いで匍匐前進で廊下を這いずり回る。#夢日記 自衛隊? ikuzuss.hatenablog.com

  • #夢日記〜大型ビルの担当

    夢を観た。大きなビルの担当者で営業が来たと思ったら、ひどい変更を伝えられる。 そこで担当者一同が集まって高い度数の酒を飲み交わす。 あ女こと昔あったと思いつつ、もう仕事してないから大丈夫と思ったところで目が覚める。#夢日記 このファサードの原寸模型を作った。

  • Legend of Stardust Brothers〜地方のヴィレッジ・バンガードの片隅で‥‥

    「星くず兄弟の伝説」を観た。荒っぽく言うなら「単館系サブカル映画」おもしろいかと聞かれたら資料的価値は見出せたとしか答えられない。サブカルと言っても文化人類学で言うmain cultureの対立概念のsub cultureではなくカタカナで書く「サブカル」、星くず兄弟自体もほとんど笑っっていいとものいいとも少年隊のパロディにしか見えない。そもそも日本にカルチャーと言えるほどの文化はあるのだろうか?きっと遡って江戸時代くらいには胸を張って独特の「文化」があったかもしれないが、80年代の頃(図らずもバブル経済の初期)のポップでチープな何かを文化と呼んでもいいのか?僕は学者先生じゃないからよくわから…

  • NEVER SAY NEVER AGAIN〜イケてる薄毛の諜報員

    「007/ネバーセイ・ネバーアゲイン」を観た。観客は007映画に何を期待して観るのか。 ゴージャスな美女とタキシードで決めたエージェント。美しい海と知的な敵。この映画には全てそれが描かれている。一歩間違えばセルフパロディになりかねないのを格調高い映画に仕立てているのは監督のアービン<帝国の逆襲>カシュナーのお手柄だと思うが、やはり、盛りを過ぎたとはいえショーン・コネリーのセクシーな演技によるところが大きいのである。ちなみに僕はなぜかこの映画が007シリーズの中で一番好きである。#白猫独りロードショー NEVER SAY NEVER AGAIN open.spotify.com ikuzuss.…

  • ONE PUNCH MAN[2nd season]〜自分のスタンス

    「ワンパンマン(第2期)」を観た。最強のヒーロー(ハゲマント)サイタマは曰く「自分お限界は誰が決める?そんな暇があったら一歩でも前に進め」と、つまりヒーローとは自らを克服するスタンスであり、強いだけじゃないことをこの作品は描いているのである。 ONE PUNCH MAN[2nd season] open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.c…

  • The Story of Joan of Arc〜贄の聖女

    「ジャンヌ・ダルク」を観た。ジャンヌ・ダルクの話といえば誰もが知る有名な逸話である。史実に基づくと結末は変えられない。では、この映画は何を描こうとしたのか、それは、中世の宗教という信じられないほどの権威を持つ存在と王制という上位のシステムの間で利用され、足掻き戦い、最後に火刑に処された純粋な信仰心を持った少女と力を持つ存在との戦いの姿(人間)であり、システムに生贄にされるヒト(人間)の姿である。#白猫独りロードショー The Story of Joan of Arc open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com i…

  • PSYCHO-PASS〜犯罪係数のリアリティ

    「PSYCHO-PASS サイコパス」を観た。全ての事象が「シュビラシステム」というコンピューターによって管理された近未来。そこで公安局という警察的システムを描いた作品。最大公約数の最良な幸福を目指したこの社会はユートピアなのか、デストピアなのか、答えは各人に委ねられたまま、物語は終わらない。#白猫独りロードショー PSYCHO-PASS open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.c…

  • Midsummer equation〜選択と解答

    「真夏の方程式」を観た。正直映画としては前作「容疑者Xの献身」の方が堤慎一 の熱演もあり、面白かったと思う。そして作中で何度も湯川は「選択」を問う。海を守ることと、資源の恩恵を受けて生きることを。もちろん、答えは明確には出ない。出るわけがない。人が生きていくこということは選択と答えと妥協を繰り返して生きていることだから。そういう面で子供にも選択肢を委ねた本作は単なるアイドル映画と一線を隠しているのである。#白猫独りロードショー Midsummer equation open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ik…

  • 新潟vs水戸〜台風襲来本拠快勝

    022.9.18Sun1800〜J2第37節新潟12-0水戸#アルビレックス新潟 新潟の誇り ikuzuss.hatenablog.com youtu.be 【追記】ハイライト動画は後日

  • Despicable Me 3〜ダンスでバトル!

    「怪盗グルーのミニオン大脱走」を観た。今度のミニオンシリーズは怪盗グルーの家族関係が明らかに、でもそんなこととはつゆ知らず、ミニオンズはいつもわしゃわしゃ。、まさにファミリー向け映画。こういうものが、各シーズンにないとお父さんもお母さんも困っちゃうのですよ。#白猫独りロードショー Despicable Me 3 open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com

  • MOBPSYCHO100〜ちゃんと叱ってくれる大人(インチキ霊能力者)。

    「モブサイコ100」を観た。超能力者が力に飲み込まれる話はある(大友克洋「AKIRA」を含め)しかし、増長した能力者を大人がちゃんと叱ってくれる話はアリそうでなかった。師匠(インチキ詐欺師)霊幻はちゃんと叱って助言もしてくれる。「嫌なときは逃げていい」発火能力を百円ライター以下と明言できるこの物語を見ていると、人間死ぬまで成長と思い知らされる今日この頃。#白猫独りロードショー MOBPSYCHO100 open.spotify.com youtu.be ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ik…

  • RESPECT for Aged Day〜嫌な記憶

    今年もやってくる。そう、「敬老の日」がやってくる。僕は老人向サービス付介護施設に入居している。(左半身麻痺の障害者なので) 入居は昨年の五月十五日(施設の開業日)それから半年ほどで敬老の日はやってきた。ニュースで敬老の日は認識していたが、当日、職員がなにやら、厳かに、僕の部屋にやって来て、カードとプレゼントを手渡ししたのである。あまりのことに、唖然としてしまった。頭の中は混乱して真っ白、気がつくと手には件のカードとプレゼントが収まっていた。恐る恐るカードを開いてみる。記憶が飛んでしまったが、確か、「敬老の日おめでとう」とかなんとか書かれていたと思う。ちなみにプレゼントは小さめの膝掛けで、これは…

  • GHOST〜紐育憑依霊譚

    「ゴースト/ニューヨークの幻」を観た。これから、無粋で非ロマンチックな話をします。正直に言って納得のできないことだらけ、主人公サムがなぜゴーストとして活躍出来たのか。敵役が死ぬと即刻あの黒い影が殺到するのか。ひょっとしてキリスト教的な死生観に関連するのかも知れないが、どんなに深く愛していても、非業な最後を遂げる時もあるだろうし、死者は納得できているのだろうか。地下鉄で死んでナワバリを主張するゴーストの方が人間らしく(ゴーストらしく?)て納得できるのである。これで泣く全米ちょっとチョロ過ぎに感じてしまうのである。幽霊よりも生きている人間の方が恐ろしいという考え方はあちらでは一般的じゃないのか知れ…

  • Humanity Has Declined〜そして、わたしは途方に暮れる。

    田中ロミオ「人類は衰退しました」読了。アニメの方はスラップ・スティック調でしたが、原作はそこはかとない哀しみに満ちていました。熱しやすく懐きやすい妖精さん。 そしてホモ・サピエンスはゆっくりと確実に衰退の道を突き進んでいきます。これまでの地球の支配者と同様に。でも、こんな風にゆっくりのんびり衰退していくのは一種のユートピアと言えるかもしれません。各戦争後のデストピアより遥かに好ましく思えます。#白猫Bookreview Humanity Has Declined youtu.be ikuzuss.hatenablog.com

  • HANASAKU IROHA〜夜逃げノムコウ

    「花咲くいろは」を観た。PAWORKSによる「少女とお仕事」シリーズ。おはなの祖母のおかみ四万十翠は語る。「回り道してもいい、最後に自分の進む道を見つければいい、それがあの娘たちの特権なんだから。」沁みます。#白猫独りロードショー HANASAKU IROHA open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com

  • #夢日記〜QRコード付の名刺

    夢を観た。仕事もしてないのに、名刺が必要になる。業者に頼めば済むのに、なぜかイラストレータを持っている。K塚氏に依頼する。QRコード付きで依頼するが、Facebookアカウントにするか、。ラインにするかTwitterにするかメルアドにするか、迷って決めきれない。#夢日記 【追記】果たしてどれが便利なんだろう? LINEアカウント

  • Rikka ztskanashi KAI2CHUU2 byo demo KOI ga shitai the movie〜「たかなし」と入力すると「小鳥遊」と出てきますのDEATH

    「小鳥遊六花・改 劇場版 中二病でも恋がしたい!」を観た。基本的にテレビシリーズの総集編なので目新しさはない。でも、六花の姉は問う「いつまでも子供みたいなことを言って困らせたい」のかと、しかし中学二年生は子供なのだろうか、いや、中二は思春期真っ只中、だから、エヴァンゲリオンのパイロットも14歳の設定なっている。つまり、大人でも子供でもない。わがまま言ってもいいじゃないか、子供なんだから。だから僕ら元中二病患者(現在進行形の人もいるかも知れないけど)は現役の中二の子どもたちの涙あり、笑いありの多感な姿を生暖かい目で観ていけばいいのである。そんな物語の映画でした。#白猫独りロードショー Rikka…

  • THE LAST SAMURAI〜南北戦争の英雄とサムライ

    「ラスト サムライ」を観た。細かいところを言い出せばキリがないけど、大筋ではよくできた「サムライ映画」でしょう。オールグレン大尉(トム・クルーズ)に美味しいところを持たせられたし、「ZEN」「KAMIKAZE」「SAMURAI SWORD」「SAKURA」「「NINJA」と日本的なもの上手く描いている。そしてしつこいくらいの「南北戦争(アメリカの内戦)「インディアンの討伐」を悪夢のように描くことで、いろんなもののバランスを取っている。そういう意味でいい映画だと思うのです。閑話休題「武士の髷」を切り落とすことと、「インディアンの頭の皮剥ぎ」をダブらせているのは、やはり、アメリカ人の深層にはいまも…

  • hu-2 byo demo KOI ga shitai REN〜中二病は永遠なので、卒業の二文字はないのDEATH

    「中二病でも恋がしたい!戀」を観た。前作では自我を 防御するための中二病が今回はピュアな心が恋愛モードに突入。そもそも厨二病なんて純粋な何かを求める心が罹患するものだから、恋愛モードだと可愛いやらめんどくさいやらで周囲を振り回すのは必然である。閑話休題、盆踊り大会を「死霊復活祭」と言い換えるのは(ロメロ的にも面白いので是非はやらswてほしいと思う今日この頃。#白猫独りロードショー hu-2 byo demo KOI ga shitai REN open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.haten…

  • DAS SCHLOSS〜堅牢なシステムと孤立した個人

    カフカ/前田敬作訳「城」読了。最初読む前はあらすじから、勝手にルネ・マグリットの「ピレネーの城」のような壁に囲まれた城に近づくことのできない話だと考えていた。しかし、読みだすと、測量士という技術を持った「K」が村のシステムに翻弄される話で、世界観が受け入れられないからか、読んでいて、メンタルを崩し掛けるくらい、読むのに苦労した。しかし、世界観が把握できた(と思われる)終盤にくると、俄然面白く、ページを捲る手が止まらなかった。僕も都建築士という資格は持っているが、身よりも何もない村に一人で置かれたら、自分の意識を保つことも、個人を証明することもできないだろう。そういう意味では一種のメンタル・ホラ…

  • 甲府vs新潟〜川中島ダービー勝利

    022.9.14Wed1933〜J2第36節甲府1-2新潟#アルビレックス新潟 www.niigata-nippo.co.jp 新潟の誇り ikuzuss.hatenablog.com 【追記】ハイライト動画は後日

  • 女王陛下と謎生物

    「ミニオンズ」を観た。エリザベス女王陛下死去のタイミングでのこの映画の鑑賞。そもそもミニオンとは何者なのか?微生物レベルから語られるが、一貫してその時代のボスの下について楽しむという行動原理だけで本当はなんなのか正体はわからない。しかしビートルズナンバーをバックにわしゃわしゃと楽しんでいるミニオンを見ているとそんなことはどうでもいいと思えてくる。簡単に言えばミニオンのファンムービー。そして最後にR.IP.エリザベス女王陛下、あなたは世界のおばあちゃんでした。#白猫独りロードショー MINIONS open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.h…

  • MONTHLY GIRLS NOZAKI-KUN〜乙女心の読めない先生

    「月刊少女野崎くん」を観た。原作漫画も面白く漫画のアニメ化に定評のある動画工房の作品なので面白くないわけがない。しかし、考えてみると昔は男性の少女漫画家は割といた(ゆづきひかる、麻耶央、和田慎二等)けど、最近はあまり見かけない。逆は錬金術のあの先生とかサッカーのあの先生とか多くいる。僕は姉の影響でりぼんや別マなどをけっこう読んで、河あきら「いらかの波」などは進路にも影響を受けたと思う。などとつらつら思う今日この頃である。#白猫独りロードショー MONTHLY GIRLS NOZAKI-KUN open.spotify.com youtu.be ikuzuss.hatenablog.com ik…

  • Mask〜深層の仮面

    「マスク」を観た。この映画には幾つもの見どころがある。まずはまるでカートゥーンのようなSFX技術、次にその後の活躍も素晴らしいこの映画がデビューとなる、キャメロン・ディアスの美貌、ジム・キャリーの歯並び(多分自前)、そして現代の人間の深層心理の欲望を描き出すテーマ。そもそも仮面とは本来のペルソナを隠すための小道具であるが、それを一本の映画として具現化してる作品である。#白猫独りロードショー Mask ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzus…

  • Kemurikusa〜水と姉妹をめぐる冒険

    「ケムリクサ」を観た。めっさ不思議な物語でした。たつき監督の独特な世界観が満載ですが、なぜか懐かしいような、胸を締めつけられるもの哀しいような気持ちを感じます。世界の解明=道を進むとともに姉妹がケムリのように消えて哀しいのですが、同時に解明されていく世界への興味も深まります。もっとずっとこの世界を見ていたい気もしますが、リンとワカバの物語はここで完結でいいのではないでしょうかニャ。#白猫独りロードショー Kemurikusa open.spotify.com youtu.be youtu.be youtu.be ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog…

  • Vanilla Sky〜不信の男

    「バニラ・スカイ」を観た。最愛の恋人が主人公に囁く。「人間はいつでも思い立ったときから人生をやり直すことができる。」一面の真実はその言葉に内包されている。しかし、僕のように脳溢血などの病気で意識が切断されたときに、目覚めた人生が今までの人生と継続していることを証明するのは可能だろうか。僕は目覚めてからもずっと悪夢の中にいるように確固たる自分でいることは難しかった。そして人間は毎日の睡眠で(生と死』を繰り返しているとも言える。そんな不確実な人生に意識を委ねていいのかはとても難しい問題だと感じてしまうのである。#白猫独りロードショー Vanilla Sky open.spotify.com iku…

  • ONE PUNCH MAN〜ため息の最強の漢(ヒーロー)

    「ワンパンマン」を観た。最強の普通の男サイタマの活躍を描いた作品。しかし、最強なのは設定を作った原作者のONEだと思う今日この頃。そして二期目も楽しめそうなのです。#白猫独りロードショー ONE PUNCH MAN open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatena…

  • Yes Man〜馬鹿正直ものは何を観た?

    「イエスマン “YES”は人生のパスワード」を観た。一歩間違うと自己啓発セミナーの促進につながるけれど。人生の中で心の底から「イエス」と言ったことは何回あるだろう。主人公は勘違いから、何にでもイエスという誓いを立て、それ以後はトントン拍子にうまくいくけれど、最後には超ハッピーエンドにもバッドエンドにもならない。つまり。人生は楽しく自分の思う通りに生きるべきなのかも知れない。#白猫独りロードショー Yes Man open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzus…

  • LAND of the LUSTROUS〜永遠の輝人と月人

    「宝石の国」を観た。不謹慎な物言いになりますが、大変エロくフェティッシュな作品です。謎の僧衣の先生(原作では衝撃の事実!)以外は、男女もわからぬ(ない?)美形が飛んだり跳ねたりします。そして身体を欠損すると、そこには美しい宝石が。そして、世界観は果てしなく不思議で美しく残酷です。まさにCGでしか作れないと思われました。これこそ大画面の劇場版が欲しいのですが、逆に想像するのがいいのかも知れない。一つ言えることは、多分アニメの歴史に残る美しき傑作だと言うことなのです。#白猫独りロードショー LAND of the LUSTROUS open.spotify.com youtu.be ikuzuss…

  • The Devotion of Suspect X〜哀しき四色問題

    「容疑者Xの献身」を観た。誰かが誰かのために不幸になることが本当に不幸なのだろうか、不幸に見えることが不幸だとは限らない。解答できない方程式のような作品でした。#白猫独りロードショー The Devotion of Suspect X open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuz…

  • 新潟vs琉球〜十五夜快勝

    022.9.10Sat800〜J2第35節新潟3-0琉球#アルビレックス新潟 新潟の誇り ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com youtu.be 【追記】ハイライト動画は後日

  • Żubrówka〜僕がいいねと言ったので、九月十日はウォッカ記念日

    ポイントをちまちま貯めて交換した。アマゾンギフト券でついにズブロッカを入手しました。#白猫日記 我が麗しのズブロッカ Żubrówkaバイソングラス32.5度700ml 【追記】今日は別れた妻の誕生日(全く関係ない) 【追記】2 いいことがあった日にあけたいと思います。 【追記】3 介護施設なのでちゃんと医者の許可はもらってます。

  • Chaika the Coffin Princess〜銀髪魔法少女と戦闘兄妹

    「棺姫のチャイカ」を観た。実にエンタメ系ラノベアニメ観終わった後で何も残らない。(一種の褒め言葉)それだけにキャラの可愛さと動きの良さだけは外せない。そういう意味では良い佳作と言えるかも知れない。やはり銀髪娘はいい。#白猫独りロードショー Chaika the Coffin Princess open.spotify.com youtu.be ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hate…

  • Despicable Me 2〜鶴瓶師匠最高!

    「怪盗グルーのミニオン危機一発」を観た。外国映画を日本で上映するときに吹き替えをどうするかという問題がある。僕は基本的には声優じゃないなんか訳のわからないタレントが(ワイドショーで取り上げられるのウィキ対してのことだと思う)が吹き替えを担当することには大反対だ。しかし、映画の中にはタレントを起用して大成功な例も少ないが存在する。例えばトイストーリーのバズとウッディはもう唐沢寿明と所ジョージコンビの声でしか考えられない(脳内再生できるくらい)。そしてこのミニオンシリーズの主役(?)の怪盗グルーの笑福亭鶴瓶は見事に大成功の例として数えれれることに間違いない。いつまでこのシリーズが続くかわからないが…

  • Sound! Euphonium2〜菅を通る想い

    「響け!ユーフォニアム2」を観た。以心伝心という言葉があります。でも「大切な想いは口に出して伝えなければいけない」というメッセージをこの作品から感じます。#白猫独りロードショー Sound! Euphonium2 open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenab…

  • Minority Report〜予知夢と未確定の未来

    「マイノリティ・リポート」を観た。システムを調べに来た監査官は「間違うのはいつも人間」と嘯く。予知能力者によって殺人を未然に防ぐシステムを確立し、殺人自体をなくすシステムを作り出した近未来。しかし、未来という未確定なものを取り込んだシステムに、人は身を委ねて生きていけるのか。どんなに堅牢なシステムでも欠陥は内包する。未確定ゆえに人生を生きていけるのかもしれない。#白猫独りロードショー Minority Report open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuz…

  • September rehabilitation〜木曜日のリハビリ

    2022.9.8 今日も歩行訓練やりました。 youtu.be 自分へのご褒美(・ω<) てへぺろ ikuzuss.hatenablog.com

  • KINO NO TABI the BEautiful World the Animated series〜愛車エルメスとともに

    「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」を観た。愛車(話すバイク=モトラド)とともに旅をする男装の少女キノの物語。カリカチュアライズされた、様々な人に出会い、様々な国を訪れるが、これは物語の中の話ではなく、現実を鏡のように写した世界の物語である。背筋を伸ばして観なければいけない。#白猫独りロードショー KINO NO TABI the BEautiful World the Animated series open.spotify.com open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.ha…

  • #夢日記〜ユニクロのコート

    夢を観た。昔の事務所に出かける。雨降りなのでユニクロの青いコートを着て行こうとするとなぜか妻に嘲笑される。気にせず出かけると、事務所の所長が色違いの赤いコートを着ている。赤いコートが羨ましい。事務所の合鍵をもらう。#夢日記 スプリングコートだから笑われた?(c)ユニクロ

  • Despicable Me〜私の月を盗っいって

    「怪盗グルーの月泥棒」を観た。気がついたら映画館に奴らがいた、そう、オーバーオールの黄色い丸っこい奴らがいたのである。もうその頃は息子も大きくなってしまったので、劇場に溢れていても息子の興味は惹かれなかった。だから、嫌いなわけじゃなかったけれど見ることもなかった。でも一度くらいはみてみようと、気まぐれに今回観てみたのだが、ピクサーの時と同じように愉快で楽しい映画であった。ゆえになんでもみなくちゃわからないのである。#白猫独りロードショー Despicable Me open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ik…

  • Ailes Grises〜命名の夢

    「灰羽連盟」を観た。繭から生まれ、壁に囲まれた街に庇護されながら暮らす灰色の羽根を持つ人々の日常を描いた、もの哀しい物語。一番近く感じたのは村上春樹「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」の世界の終わり篇が近いかもしれない。放送当時は心身ともに、公私共に相当キツい頃だったので観ていたらどっぷりハマっていたと思う。今出会えたのには運命とまでは言わないが、何かを感じてしまう。#白猫独りロードショー Ailes Grises open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com…

  • #夢日記〜先輩の結婚式

    夢を観た。大学の先輩(多分まだ未婚)が渋谷で結婚式をすることになる。東京は大雪で、山手線で移動しようにも大混雑でてんやわんや。大学の同期と移動するが、私の衣装は普段と同じユニクロのTシャツ半ズボン#夢日記 未婚?住んでいるのは確か秋田か山形FBでは繋がってるけど、そんなに親密ではなかった。 二次会のバリアフリーが気になる。 【追記】その夢のせいかはわからないが普段より30分ほど寝坊して焦る。仕事もしていないのに‥‥

  • Joker〜

    「ジョーカー」を観た。凶悪犯罪じゃなくても何か事件が起きると報道はよってたかって犯罪者の根拠のない心理状態を解説する。本当に犯罪者のことが知りたいのだろうか?いや、それは犯罪者を特別なものに仕立て上げて、自分を含めた一般人とは違うということを確認したいだけで、本当に犯罪者の心理を、その内情を知りたいわけではないのである。そして一方で、社会のせいだと一般人が構成するシステムに責任を持っていくのである。果たしてどちらが正しいのかはわからないし、両方間違っているかもしれない。そして、我々にできることはほんの細やかな間違った選択をすることがないように日々暮らしていくことだけなのかもしれない。#白猫独り…

  • GATE〜緑のひとたち彼の地でも専守防衛せり、送れ!

    「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」を観た。いつも自衛隊ものを観ると思うことがある。ジャーナリズムとはなんなのだろうと。作中でも監視装置と嘯き返す言葉で商売ともいうそんな人々が災害時にどのくらい役に立ったといえるだろう。そんなことを考えさせるだけでもこの作品の価値がある。#白猫独りロードショー GATE open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hat…

  • HARMONY〜恍惚とする螺旋

    「ハーモニー」を観た。一部の人は考えた。「人類はどうすれば幸福になれるのか」そして人類全てが調和(ハーモニー)した世界を計画したのである。しかし、それは痛みを感じなければなしえないものだった。そのハーモニー計画が発動された時に果たして人類全ては幸せになるのだろうか?調和の取れた世界とは全ての意識が整えられた世界であり、現実は差異のある調和の取れてない世界であり、それこそが本当の世界なのだが、本当の世界に生きることが幸せになるのかはわからない。きっと、それを探し求め、足掻くのが人生なのかもしれない。静かで美しい映画だと一言記しておきたい。#白猫独りロードショー HARMONY open.spot…

  • 夢日記〜大学退学

    夢を観た。なぜか大学生時代宿題がわけわからなくなる。 でも、身体が障害者でも、許されないので退学しなきゃと思うけど、考えてみたら、既に卒業していた時、目が覚める。不思議と焦らなかった。夢日記 訳がわからない

  • Eden of The EastII the movie Paradise Lost〜林檎を食べた王子様

    「東のエデン 劇場版II Paradise Lost」を観た。そもそも国とはなんなのか?日本は滅びてはいけないのか?そういう問題を解決できない限り、この物語はいつまでも朽ちることのない映画なのかもしれない。#白猫独りロードショー Eden of The EastII the movie Paradise Lost open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.ha…

  • Sound! Euphonium〜ユーフォニアムっぽい女の子、三日月に手を伸ばす。

    「響け!ユーフォニアム」を観た。青春モノを見ると自分語りを始めてしまうのは、青春から遥か遠いおじさんの習性です。僕は美術部で、自分の高校に吹奏楽部があったのかさえわかりません。しかも、音大に行かない吹奏楽部のように美大に行かない美術部員でした。当然、朝練や集団行動なんてなく、ほとんど個人的に油絵をテレピン油や灯油の臭いまみれで描いているだけでした。だから、この作品はとんでもなく眩しく羨ましく感じる作品でした。#白猫独りロードショー Sound! Euphonium open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ik…

  • Kate & Leopold〜白馬に乗ったエレベーターの王子様

    「ニューヨークの恋人」を観た。ちょっと辛い点をつけざる負えない映画。まず、せっかくタイムトラベルものなのに、そのギミックもタイム・パラドックスもほとんど活用されてない。次に、過去から来た男という設定が、置引に取られたヒロインの荷物を取り返すために馬に乗って取り返すくらいしか使われてない。そして重要なところが、悲劇にも、喜劇にもなってないことである。#白猫独りロードショー Kate & Leopold ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzus…

  • 新潟vs大分〜う四連勝失敗

    022.9.3Sat800〜J2第34節新潟0-1大分#アルビレックス新潟 新潟の誇り ikuzuss.hatenablog.com 【追記】ハイライト動画は後日

  • HANE BAD!〜矛と盾と立ち向かう勇気

    「はねバド!」を観た。高校の「スポーツ系部活」は何のためにやるのだろう?スポーツをやって結果を出せる人間は少ない、ましてや、プロになって食べていける人間はほんの一握りだろう。理由はいくつかあるだろう「仲間を作る」「暇つぶし」「健康のため」「単純にそれが好き」しかし、一番重要なのは「人生で打ち込めるもの」を探すこと、もしくは「人生に立ち向かう勇気」を養うためかもしれない。#白猫独りロードショー HANE BAD! open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzus…

  • 伊藤若冲との出会い

    「サムライチャンプルー」を観た。渡辺[カウボーイ・ビバップ]信一郎監督によるヒップホップニューウェーブ時代劇。改めて今見直しても古くなるどころかセンスの良さに脱帽せざる負えない。それよりもオープニングのタイトルバックが多分昔も教科書で見たような日本画だと思っていたけど、あれが、伊藤若冲との初めての出会いだったんだろう。そういう意味でも思い出深い作品であった。#白猫独りロードショー SAMRAI CHAMPLOO open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzus…

  • Eden of The East I the movie King of Eden〜憂國の裸の王子様

    「 東のエデン劇場版King of Eden」を観た。この作品は決してテレビシリーズの総集編ではなく、後日談と言うか、解決編の橋渡しである。「日本の王様」になるという申請を優秀なコンシェルジュAIジュイスが総理大臣の後継者と判断したことから、再び主人公は記憶を消去してしまう。果たして日本の王様とはどういう存在なのか?謎は謎を呼び。to be continued...後編へ。#白猫独りロードショー Eden of The East Ithe movie King of Eden open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.…

  • They Live〜白い鴉

    「ゼイリブ」を観た。昔観たときはエイリアンの侵略SFとして気楽に楽しく観ていたと思う。でも、今見返してみると実に予言的で恐ろしい映画だった。もし、メディアが総動員(いわゆるメディア・スクラム)で鴉は今後、白い鳥であると連呼し始めたら本当の鴉は黒い鳥だと証明するのは不可能だろう。ネットが発展した現在はますます不可能になっているのかもしれない。きっとネットでは黒い鴉は陰謀論で済まされるかもしれないからだ。故に真実は百聞は一見ではなく、(それが可能だったら)自分で調べるべきものなのかもしれない。#白猫独りロードショー They Live open.spotify.com ikuzuss.hatena…

  • THE BATMAN〜闇からの復讐者

    「THE BATMAN-ザ・バットマン-」を観た。今作のバットマンではひどく「復讐」を前面に出して語っている。今までのような翼のついた自動車や不思議な形状の飛行機も出てこない、描かれる物語はクライムムービーばりの犯罪の話だけど、終盤でバットマンの口から「復讐」の後の「希望」が口に出てきて、ようやくヒーローものになっていった。では、面白くないかと聞かれたら「それでも面白い」と答えるだろう。それは、バットマンがブルース・ウェインの影であることが大きいと思われる。#白猫独りロードショー THE BATMAN open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzus…

  • Eden of The East〜のブレス・オブリージュの社会実験

    「東のエデン」を観た。背景上がりの異色のアニメ監督神山健治は背景上がりだけあって社会のさまざまな問題に俯瞰して語ることができる。そこが師匠の押井守との違いであり、最大の売りどころである。今作でも「ニート問題」「老人介護問題」「雇用問題」など堅苦しい話を取り上げているが、海野チカのポップで可愛いキャラクター(羽根の生えたワンコがカワイイ)によって問題をわかりやすく万人の手に届く問題に落としているのは最大の魅力だと思えるのである。#白猫独りロードショー Eden of The East open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenabl…

  • KEEP FORGETTING〜縫い跡

    「何度でも忘れよう」を観た。芸大の学生さんの作った自主制作アニメ。十分間ですが、その中に「死」や「切なさ」を描いているのは、流石に芸大と言わざると得ません。#白猫独りロードショー KEEP FORGETTING ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com

  • PINGPONG THE ANIMATION〜ヒーロー見参!

    「ピンポン THE ANIMATION」を観た。アニメーションは動きである。作品を出すたびに新しい表現を見せてくれる湯浅監督は今作では独特な画風の松本大洋の画風(線)を生かしながら卓球にかける若者を描いている。そこには自由な可能性が生きているのである。#白猫独りロードショー PINGPONG THE ANIMATION youtu.be ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenab…

  • KASANE〜ルージュの伝言

    「累 -かさね-」を観た。女優二人の熱演で大変面白く感じました。特に(サロメのダンス)を含め土屋大鳳が出色の出来栄え。しかし、男性陣(浅野忠信はいつもの浅野忠信でしたが)が圧倒されているような印象を受けたので、「響」の次に漫画原作の映画としては評価されるべきだと思う。#白猫独りロードショー KASANE open.spotify.com open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.co…

  • No Time to Die〜振り切れぬ追憶

    「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」を観た。この映画の欠点はこれでダニエル・クレイグが007を降板することのみです。そして、ダニエルボンドは愛に生き愛に死んでしまいました。最後のクレジットで「ジェームズ・ボンドは帰ってくる」と告げられますが、ダニエルは戻ってきません。愛する人たちを残し帰ってこないのです。まさにダニエル・クレイグの集大成。#白猫独りロードショー No Time to Die open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablo…

  • The Lord of the Rings The Return of the King〜幻想世界と語術革新

    「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」を観た。指輪物語最終章。圧巻でした。三時間越を感じさせない。でも、考えてみると十年前だったらできながった映画だと思う。逆に十年後でもロケができなかったかもしれず、本当に奇跡のような映画なのである。#白猫独りロードショー The Lord of the Rings The Return of the King open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablo…

  • Attack on The Titan [Final season]〜悪魔のパラダイムシフトと民族主義

    「進撃の巨人 The Final Season」を観た。中世風ダークファンタジーに見せかけた、現代史でした。それは「移民問題」「民族主義問題」などの解決が困難な問題であるとともに解決しなければ、いつか「人類」が滅んでしまうかもしれない問題を内包しているのである。#白猫独りロードショー Attack on The Titan [Final season] open.spotify.com open.spotify.com open.spotify.com open.spotify.com open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatena…

  • Spectre〜スーツは男の戦闘服

    「007/スペクター」を観た。個人的で申し訳ないが、ダニエル・クレイグの007のいいところは、歴代の007の中でも断突にスーツの着こなしがかっこいいところだと思っている。ショーン・コネリーもロジャー・ムーアもどうしてもタキシードのイメージがあるからである。やはり、男性の戦闘服はスーツだと思う(僕は似合わないけど)。惜しいのは次が最後だということ。#白猫独りロードショー Spectre open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.c…

  • 岩手vs新潟〜遠征快勝

    022.8.27Sat800〜J2第33節岩手0-2新潟#アルビレックス新潟 新潟の誇り ikuzuss.hatenablog.com 【追記】ハイライト動画は後日

  • Attack The Titan[season 3]〜王制と壁の中の悪魔の民族

    「進撃の巨人 Season 3」を観た。この物語は「人類」という言葉を使った叙述トリックでした。そして、地下室という「パンドラの箱」を開いてしまった物語は怒涛の最終章へto be continued...#白猫独りロードショー Attack The Titan[season 3] open.spotify.com open.spotify.com open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenabl…

  • Forrest Gump〜天の贈り物:サヴァン

    ウィンストン・グルーム小川敏子訳「フォレスト・ガンプ」読了。映画とは違う感動を与えてもらいました。(トム・ハンクスの演技が頭を巡ってましたが)最終章では堪えきれずにボロ泣き。人生は知能指数やgiftedでさえなく、運命に争わず受け入れて一生懸命真摯に生きることなのです。#白猫Bookreview Forrest Gump open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com

  • 夢日記再婚〜愛犬家になる。

    夢を観た。再婚をする。妻が愛犬家でジャーマンピンシャーを飼う。お腹の上に乗ってきてカワイイ。#夢日記 ジャーマンピンシャー可愛い

  • he Lord of the Rings The Two Towers〜指輪の重み

    「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」を観た。やはり、中世ファンタジーものは外国に限る、確認させられるような、映像美と緻密なディテール。そして、今作では王などの支配階級による、ノブレス・オブリージュと一作目では巻き込まれた形のフロドが指輪の重圧に負けていき徐々に目つきが変わって、それと、対比して、指輪に負けたスメアゴルを描くことで指輪を持つことの重要性を示しているのである。#白猫独りロードショー he Lord of the Rings The Two Towers open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com i…

  • Attack The Titan [2season2]〜巨人の究明

    「進撃の巨人 Season 2」を観た。驚きの二期、各話ごとに徐々にベールを脱ぐ巨人の秘密、そして真相は壁の向こうto be continued...#白猫独りロードショー Attack The Titan [season2 ] open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com

  • SKYFALL〜ボンドよ、故郷を観ろ。

    「007/スカイフォール」を観た。今回の007には二つのテーマが託されていると思う。それは「新陳代謝」と「温故知新」MもQも新しくなり、一方使い捨てにされたと恨むエージェントはいつまでも根に持ってしまうという人間が最終的に描かれてるのではないだろうか。#白猫独りロードショー SKYFALL open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com 。

  • Venom: Let There Be Carnage〜極悪軟体寄生体

    「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」を観た。ダークヒーローが好きだ。「さすがヴェノムさん、僕らにできないことを平然とやってのける!そこにシビれる憧れる!」今の閉塞感の漂う日常を払拭するのはスーパーマンでは役不足。#白猫独りロードショー Venom: Let There Be Carnage open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog…

  • Attack The Titan〜美しき残酷な世界と壁の中の叫び

    「進撃の巨人」を観た。一気に観るのは流石に疲れました。でも、観る価値は十分ありました。現在の現実の状況とリンクするように閉ざされた壁の中に僕らはいるのかもしれない。そして謎は二期に続くto be continued...#白猫独りロードショー Attack The Titan open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzus…

  • Quantum of Solace〜愛したものを殺されて復讐しないものはクズだけ

    「007/慰めの報酬」を観た。重要な点は最近の組織はダイヤや黄金ではなく「水」を重要視することである。そして、もう一つはソリの合わない女性上司の仕事をするのは辛いことである。徐々にダニエル・クレイグ版ボンドの人となりもわかってきたのでこれからますます面白くなることだろう。#白猫独りロードショー Quantum of Solace open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com

  • VINLAND SAGA〜神々の黄昏と真実の強さ

    「ヴィンランド・サガ」を観た。上等な歴史の教科書を読ませてもらった気がします。しかも、アングロ・サクソンの大移動やヴァイキングの活躍などの美味しいところだけをピックアップしてもらいました。#白猫独りロードショー VINLAND SAGA open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com iku…

  • The Lord of the Rings〜剣と魔法と小さきもの

    「ロード・オブ・ザ・リング」を観た。流石はすべてのファンタジー小説の祖であり、最高峰。まずは、よくぞ映画にまとめたと賞賛せずにはおられません。そして、人の弱さや悪の本質まで描いていたのはすごい映画でした。#白猫独りロードショー The Lord of the Rings open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.h…

  • Lie, lie, Lie〜妖精さんと抗鬱剤

    中島らも「永遠も半ばを過ぎて」読了。中島らもというと週刊ぴあの1P広告のてっちゃんの広告でしか知りませんでした。でも、燃え殻氏の著作に載っていたのを目に留めて、出来心で図書館で借りてしまいました。ところが、読みだすとこれが面白い。僕も心療内科に通っていたときは、毎晩のように抗鬱剤とお酒を飲んでいましたが、毎晩のようにトイレで座って寝込んでいたのは、アレは軽くラリっていたんですね。本の内容は、それはそれとして写植屋に、何かが取り憑いたように書かれた小説がヒットしてしまうというようなものなのですが、きちんとハッピーエンドになっていて嬉しくも面白いものだったのです。#白猫Bookreview Lie…

  • Casino Royale〜ジェームズ・ボンドビギニング

    「007/カジノ・ロワイヤル」を観た。新生007ダニエル・クレイグ第一作、映画の世界では人気シリーズは役者を刷新して継続することがある。ジェームズ・ボンドもバットマンも役者が変わり新しい魅力を発揮しているはまため無駄使い°、おそらく慰安・フレミングの想定したボンドに一番近いのがダニエル・クレイグかもしれない。#白猫独りロードショー Casino Royale open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.ha…

  • HELL'S Flower garden〜ヤンキーOL百花繚乱

    「地獄の花園」を観た。これは酷い(超褒め言葉)ひょっとして日本映画はやればできる子だったのでしょうか?黒澤明以後どんどん集落してきたのかもしれませんが、ちゃんとしたアクションもできるじゃないですか(しかもクロスカウンターで決着)。 こういう映画ならもっと作って欲しいのですが、調子に乗ってキルラキルの実写だけはやめてくださいと祈るしかありません。#白猫独りロードショー HELL'S Flower garden open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.…

  • 新潟vs熊本〜雨天快勝

    022.8.20Sat800〜J2第32節新潟1-0熊本#アルビレックス新潟 新潟の誇り ikuzuss.hatenablog.com youtu.be 【追記】ハイライト動画は後日

  • Bohemian Rhapsody〜魂の救済

    「ボヘミアン・ラプソディ」を観た。この映画は紛れもなく孤高のパフォーマーフレディ・マーキュリーの映画ですが、同時に愛されたいと望みつつ、すれ違い、バンドや家族と壊れた絆を修復する話でもある。だからいくつも好きなシーンはあるけれど、ライブ・エイドに行く直前に実家に立ち寄ったフレディがジムと手を繋ぎゲイであることを家族に示唆し、父と和解する場面に涙するのである。#白猫独りロードショー Bohemian Rhapsody open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuz…

  • SOYLENT GREEN〜近未来食糧事情報告【※ネタバレ注意】

    「ソイレント・グリーン」を観た。地球温暖化・土壌汚染・海洋汚染(プランクトンさえ絶滅した)ことによって陥った厳しい量事情の近未来。老人の死体を再利用して食糧に変える社会が描かれている。現実でも昆虫食が検討されているようにこれは単なるSFとしてみるのは早計であろう。逆に、ある種のシミュレーションとして捉えていけないかもしれない問題を孕んでいる故デストピア映画の金字塔なのかもしれない。#白猫独りロードショー SOYLENT GREEN open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.…

  • K-ON!!EXTRA PART [WINTER DAY!]〜かんぷう!

    『けいおん!番外編 「冬の日!」』を観た。番外編です。それ以上でも以下でもありません。#白猫独りロードショー K-ON!!EXTRA PART [WINTER DAY!] open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com

  • K-ON!!EXTRA PART [LIVE HOUSE]〜ばんがい!!

    『けいおん!番外編 「ライブハウス!」』を観た。番外編です。それ以上でも以下でもありません。#白猫独りロードショー K-ON!!EXTRA PART [LIVE HOUSE] open.spotify.com

  • K-ON!!EXTRA PART [VISIT]〜ばんがい!

    「けいおん!!番外編 「訪問!」」を観た。番外編です。それ以上でも以下でもありません。#白猫独りロードショー K-ON!!EXTRA PART [VISIT] open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com 【追記】けいおんNOなかでは僕はさわちゃん一推しです。

  • K-ON!!EXTRA PART [EDITRIAL MEETING]〜ふういん!

    「けいおん!!編集会議」を観た。番外編です。それ以上でもイカでもありません。#白猫独りロードショー K-ON!!EXTRA PART [EDITRIAL MEETING] open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com

  • K-ON!!〜スッポンモドキ(トンちゃん)も部員です!

    「けいおん!!」を観た。部長りっちゃんは語った。「放課後とは人生の無駄使い」だと!でも、違います。社会人のサービス残業は人生の無駄遣いですが、学生の放課後は人生の黄金時代だと思うます。#白猫独りロードショー K-ON!! open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hat…

  • Awakenings〜落とした三十年間

    「レナードの朝」を観た。最初は難病ものかとチョ音警戒して観ていた。でも徐々にレナードが他人事とは思えなくなり。最後にはボロ泣きの始末。僕は車椅子に乗って、映画を観てこの文章を書いている。僕は脳溢血サバイバーであり、後遺症として左半身麻痺と高次脳機能障害を患っている。半身麻痺は車椅子に乗っていればわかってくれるだろうが、もう一つの高次脳機能障害は(別名見えない障害)と言われるくらいで自分で説明することもできない脳の障害である。きっと僕は一生介護施設か同じような施設から出ることはないだろう。正直辛いなんてもんじゃない。これまで何度も何度も自殺を考えたし、これからも考え続けるだろう。でも、友人や肉親…

  • Okitegami Kyoko's Household account book〜「吾輩は猫である」も叙述トリックである。

    西尾維新「掟上今日子の家計簿」読了。「掟上今日子の誰がために」「掟上今日子の叙述トリック」「掟上今日子の筆跡鑑定」からなる掟上今日子シリーズ第七段。内容としては西尾維新の推理小説に対する愛が注がれた小説です。忘れてはならないのですが(忘却探偵ですが)西尾維新は実はミステリー作家なのです。#白猫Bookreview Okitegami Kyoko's Household account book ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hatenablog.com

  • 本日のリハビリ

    2022年8月18日のリハビリの様子です。 腹斜筋の腹筋をやっているのでうっすらと腹に筋(のようなもの)が見えてきました。#白猫日記ちなみに左足につけているのは装具と言います。 youtu.be ※トレーナーさんの会社には内緒なので秘密でよろしく

ブログリーダー」を活用して、車椅子の白猫さんをフォローしませんか?

ハンドル名
車椅子の白猫さん
ブログタイトル
多肉植物のように
フォロー
多肉植物のように

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー