searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

みっきーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ディレクターの目線blog@FC2
ブログURL
http://dmesen.blog71.fc2.com/
ブログ紹介文
本家「ディレクターの目線blog」のミラー&トラックバック用ブログです。コメントも承ります!
更新頻度(1年)

1072回 / 365日(平均20.6回/週)

ブログ村参加:2011/10/13

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、みっきーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
みっきーさん
ブログタイトル
ディレクターの目線blog@FC2
更新頻度
1072回 / 365日(平均20.6回/週)
フォロー
ディレクターの目線blog@FC2

みっきーさんの新着記事

1件〜30件

  • コタローは1人暮らし (第3話・2021/5/8) 感想

    テレビ朝日系・オシドラサタデー『コタローは1人暮らし』(公式サイト) 第3話『恩がえしのピクニック』の感想。 なお、原作の漫画、津村マミ『コタローは1人暮らし』(小学館『ビッグコミックス』刊)は、既刊7巻を既読。 コタロー(川原瑛都)は、幼稚園に迎えに来た狩野(横山裕)が編集者の駄目出しに緊張していると知り、同席する。お返しのつもりらしい。さらに、弁当作りを頼んだ美月(山本舞香)へのお礼として...

  • コントが始まる (第4話・2021/5/8) 感想

    日本テレビ系・土10ドラマ『コントが始まる』(公式サイト) 第4話『捨て猫』、EPG欄『離れていた親子。いつの間にか涙が零れる夜がある。』の感想。 春斗(菅田将暉)らの高校時代の担任教師である真壁(鈴木浩介)は、潤平(仲野太賀)らが今も相談する恩師。「マクベス」に深い縁があり、妻の出産に急ぐ真壁を瞬太(神木隆之介)が車で送ったこともある。その真壁は、瞬太が母・友利子と絶縁状態であることを心配して...

  • 連続テレビ小説「おちょやん」 (第22週/土曜日版・2021/5/8) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第22週『うちの大切な家族だす』の 『土曜日版』の感想。 ※ 本作は、2021/04/14 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を 竹井千代(杉咲花)が出演するラジオドラマ「お父さんはお人好し」は、果物屋を...

  • 生きるとか死ぬとか父親とか〔全12回〕 (第5話・2021/5/7) 感想

    テレビ東京系・ドラマ24『生きるとか死ぬとか父親とか』(公式サイト) 第5話〔全12回〕『嫉妬とか 愛情とか』の感想。 なお、原作のエッセイ、ジェーン・スー『生きるとか死ぬとか父親とか』は、未読。 父親について執筆しているエッセイがネタ切れになってきたトキコ(吉田羊)。幼いころ父と楽しく遊んだ思い出がないという話から、東(田中みな実)に提案され、父(國村隼)と二人で動物園に行くことに。しかし自由...

  • リコカツ (第4話・2021/5/7) 感想

    TBS系・金曜ドラマ『リコカツ』(公式サイト) 第4話『誕生会が地獄絵図へ… 全員離婚の結末は!?』の感想。 異動した咲(北川景子)は人気小説家・水無月連(白洲迅)の担当に指名され、厳しくも充実した日々を送っていた。一方、紘一(永山瑛太)は咲の元カレ貴也(高橋光臣)と対面してから、彼女への想いに変化が生じ、リコカツの一環として咲の母・美土里(三石琴乃)の誕生会を新居で開こうとを提案する。しかし、貴...

  • ドラマ10「半径5メートル」〔連続10回〕 (第2話・2021/5/7) 感想

    NHK総合・ドラマ10『半径5メートル』(公式サイト) 第二号〔連続10回〕『出張ホスト百人斬り』の感想。 目覚めたら山辺(毎熊克哉)とベッドを共にしていた風未香(芳根京子)。以来、山辺はただ泊まりに来ては朝、会社に行くということを繰り返し、風未香を混乱させる。ある日企画会議で女性用風俗が話題になり、風未香は宝子(永作博美)と共に様々な「出張ホスト」とのデートを体験取材することに。そんな中、デスク...

  • 連続テレビ小説「おちょやん」 (第110回・2021/5/7) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第110回/第22週『うちの大切な家族だす』の感想。 ※ 本作は、2021/04/14 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 「お父さんはお人好し」の1時間特別版の放送当日。放送開始30分前にようやく最...

  • 桜の塔 (第4話・2021/5/6) 感想

    テレビ朝日系・木曜ドラマ『桜の塔』(公式サイト) 第4話『父は警察官に殺された!! 犯人は…』の感想。 漣(玉木宏)は「警察に殺される」という亡父・勇仁(岡部たかし)の言葉を考え続ける一方で、今回の押収品横流しについて探り、1993年にも同じ手口の横流しがあったと知る。過去の事件には、権藤(吉田鋼太郎)ら‘薩摩派’の関与が疑われた。爽(広末涼子)と過去を調べ始めた漣は、薩摩派の覚えめでたい富樫(岡田...

  • 連続テレビ小説「おちょやん」 (第109回・2021/5/6) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第109回/第22週『うちの大切な家族だす』の感想。 ※ 本作は、2021/04/14 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 大人気となった「お父さんはお人好し」は、1時間の特別版の放送が決まった。その...

  • ドラマホリック!「DIVE!!」 (第4話・2021/5/5) 感想

    テレビ東京系・ドラマホリック!『DIVE!!』(公式サイト) 第4話の感想。 なお、原作の小説森絵都『DIVE!!』(角川文庫/KADOKAWA刊)は、既読。また、2008年6月14日公開、林遣都、池松壮亮、溝端淳平が主演の映画『DIVE!! ダイブ!!』も、鑑賞済み 飛び込みを続けると決意した知季(井上瑞稀)らMDCメンバーに、コーチの夏陽子(馬場ふみか)は驚くべき提案をする。それは全てを犠牲にし、代表強化合宿への参加権を掴む...

  • 恋はDeepに (第4話・2021/5/5) 感想

    日本テレビ系・新水曜ドラマ『恋はDeepに』(公式サイト) 第4話『大波乱のWデートで突然のキス!?お互いに募る想い、膨らむ疑惑… そして衝撃の告白』の感想。 倫太郎(綾野剛)の私生活が気になり始める海音(石原さとみ)。そんな中、研究室に現れた倫太郎が開発プロジェクトを降ろされたと口にして、皆を驚かせる。藍花(今田美桜)はそんな倫太郎と海音の‘関係’が進展中だと察するが、鴨居(橋本じゅん)は心配でたま...

  • 5月2日は、hide,忌野清志郎,井上堯之の"追悼の日" 「春夏秋冬」を泉谷しげる・小田和正・桑田佳祐・忌野清志郎が歌う神々の饗宴など3つおすすめ映像をご紹介!

    「5月2日」は、hide、忌野 清志郎、井上堯之の命日… 私にとって、毎年「5月2日」は、“追悼の日” である。 X JAPANの hideさんが、1998年(平成10年)に亡くなり、RCサクセションの忌野 清志郎さんが 2009年(平成21年)の 5月2日に亡くなり、井上堯之バンドの井上堯之さんが2018年(令和30年)の5月2日に亡くなられた。奇しくも、私の音楽人生に大きな影響を与えてくれた3大ミュージシャンたちだ。 聴けば聴くほど...

  • 連続テレビ小説「おちょやん」 (第108回・2021/5/5) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第108回/第22週『うちの大切な家族だす』の感想。 ※ 本作は、2021/04/14 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ラジオドラマ「お父さんはお人好し」の第1回の放送は、絶体絶命のアクシデントの...

  • 大豆田とわ子と三人の元夫 (第4話・2021/5/4) 感想

    関西テレビ制作・フジテレビ系・火9ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(公式サイト) 第4話『秘密が絡み合う二つの三角関係』の感想。 また、本作は昨夏に全話を撮影終了しているため、要望などは基本的に書きません。 八作(松田龍平)は、親友・俊朗(岡田義徳)の恋人である早良(石橋静河)のアプローチに頭を悩ませていた。自然にもてる八作を、慎森(岡田将生)と鹿太郎(角田晃広)はやっかむ。一方、かごめ(...

  • 連続テレビ小説「おちょやん」 (第107回・2021/5/4) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第107回/第22週『うちの大切な家族だす』の感想。 ※ 本作は、2021/04/14 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ラジオドラマ「お父さんはお人好し」への千代(杉咲花)の出演は、新聞報道で道頓...

  • 珈琲いかがでしょう (第5話・2021/5/3) 感想

    テレビ東京系・ドラマプレミア23『珈琲いかがでしょう』(公式サイト) 第5話/1杯目 ep.9『ほるもん珈琲』、2杯目 ep.10『初恋珈琲』の感想。 なお、原作の漫画・コナリミサト『珈琲いかがでしょう』(マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)は、全3巻を既読。 【ほるもん珈琲】ぺい(磯村勇斗)が目前に現れ、青山(中村倫也)は青ざめる。しかも、カフェで再会した垣根(夏帆)が車まで青山を追ってきてしまう。垣根...

  • イチケイのカラス (第5話・2021/5/3) 感想

    フジテレビ系・月9『イチケイのカラス』(公式サイト) 第5話『初恋のバレリーナが容疑者…』の感想。 なお、原作の漫画、漫画・浅見理都『イチケイのカラス』は、全4巻を既読。br> また、本作は今年3月末、既にクランクアップ(撮影終了)しているため、望などは基本的に書きません。 坂間(黒木華)は、バレエ団経営者で振付師の楓(黒沢あすか)が1年前にセクハラで解雇した元トレーナー・矢口(松木研也)を突き飛...

  • 連続テレビ小説「おちょやん」 (第106回・2021/5/3) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第106回/第22週『うちの大切な家族だす』の感想。 ※ 本作は、2021/04/14 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 千代(杉咲花)が出演を決めたラジオドラマ「お父さんはお人好し」は、大阪で果物...

  • ネメシス〔全10回〕 (第4話・2021/5/2) 感想

    日本テレビ系・日曜ドラマ『ネメシス』(公式サイト) 第4話〔全10回〕『AIという名のもとに』の感想。 名門女子校で美術教師の黒田(水間ロン)が転落死した。自殺だとする警察の見解を疑う同校のカウンセラー・雪村(村川絵梨)の依頼で、アンナ(広瀬すず)は平(柳俊太郎)が担任のクラスに転入生として潜入する。調査時間が制限される中、風真(櫻井翔)の旧知のAI研究者・姫川(奥平大兼)の分析により、黒田と恋...

  • ドラゴン桜[2] (第2話/15分拡大・2021/5/2) 感想

    TBSテレビ系・日曜劇場『ドラゴン桜[2] 』(公式サイト) 第2話/15分拡大『人生の大勝負! お前の道はお前が決めろ!』、ラテ欄『己の弱さを認めろ! 挫折から学ぶ再起の鍵 東大は五輪より簡単』の感想。 なお、本作の漫画・三田紀房『ドラゴン桜2』(講談社刊「モーニング」連載)は、未読。 バドミントン部の楓(平手友梨奈)は同級生の瀬戸(高橋海人)から、コンビニで万引した時に防犯カメラで撮影された映像を、桜木...

  • V.A.「筒美京平SONG BOOK」 ×氣志團「Oneway Generation」 、2枚のトリビュートアルバムから偉大なるヒットソングメーカー筒美京平の魅力を探る

    これまで筒美京平について、当blogで書いたことはなかった 偉大なる作曲家であり、大ヒットソング職人でもあった筒美京平が、2020年(令和2年)10月7日、誤嚥(ごえん)性肺炎によりに亡くなった。そのことは、多くの読者さんもご存知だと思う。 私も、70年代、80年代を中心に、筒美京平の大ヒット曲を聴いて、歌って育った世代。でも、あまりにも偉大な存在すぎて、これまで筒美京平について、当blogで書いたことはな...

  • コタローは1人暮らし (第2話・2021/5/1) 感想

    テレビ朝日系・オシドラサタデー『コタローは1人暮らし』(公式サイト) 第2話『1人ぼっちの幼稚園デビュー!?』の感想。 なお、原作の漫画、津村マミ『コタローは1人暮らし』(小学館『ビッグコミックス』刊)は、既刊7巻を既読。 漫画に駄目出しをされ落ち込む狩野(横山裕)は、描いた絵をコタロー(川原瑛都)に喜ばれ、初めて見る笑顔にうれしさを隠せない。そのコタローは田丸(生瀬勝久)から縫いぐるみをもらう...

  • コントが始まる (第3話・2021/5/1) 感想

    日本テレビ系・土10ドラマ『コントが始まる』(公式サイト) 第3話『奇跡の水』、EPG欄『孤独な夜に救いとなるのは』の感想。 1年半前の生きる気力を失ったような里穂子(有村架純)を知るつむぎ(古川琴音)は、春斗(菅田将暉)ら「マクベス」の解散発表以降、里穂子がため息ばかりついていることを心配していた。一方、春斗も兄・俊春(毎熊克哉)のことが気掛かりだ。順風満帆の人生を歩んできた俊春は、挫折を経験...

  • 今ここにある危機とぼくの好感度について〔連続5回〕 (第2話・2021/5/1) 感想

    NHK・土曜ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』(公式サイト) 第2話〔連続5回〕の感想。 真(松坂桃李)の説得が失敗し、元カノで非正規研究者のみのり(鈴木杏)は、岸谷教授(辰巳琢郎)の論文不正を世間に告発。大学当局は本調査に乗り出すことを余儀なくされる。だが、理事の須田(國村隼)らから過小報告のプレッシャーを受けた調査委員・上田教授(国広富之)が倒れてしまい、みのりもなぜか調査へ...

  • 連続テレビ小説「おちょやん」 (第21週/土曜日版・2021/5/1) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第21週『竹井千代と申します』の 『土曜日版』の感想。 ※ 本作は、2021/04/14 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を 千代(杉咲花)が道頓堀からいなくなってから、1年が過ぎた。その頃、NHK大阪では...

  • 生きるとか死ぬとか父親とか〔全12回〕 (第4話・2021/4/30) 感想

    テレビ東京系・ドラマ24『生きるとか死ぬとか父親とか』(公式サイト) 第4話〔全12回〕『時代とか 東京とか』の感想。 なお、原作のエッセイ、ジェーン・スー『生きるとか死ぬとか父親とか』は、未読。 トキコ(吉田羊)のエッセイが掲載された銀座のタウン誌『銀座百点』。それを探しに父(國村隼)と二人で銀座を訪れたトキコ。しかし、最近の銀座はすっかり様変わりしてしまい、思い出の店がいくつも移転したり、な...

  • あのときキスしておけば (第1話・2021/4/30) 感想

    テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』(公式サイト) 第1話『僕の大好きな彼女は、おじさんの中にいる…!?』の感想。 何をしてもポンコツなスーパーの従業員・桃地(松坂桃李)の唯一の趣味は、漫画を読むこと。そんな桃地がレジでクレーマーに絡まれているところを助けてくれたのは、大好きな漫画「SEIKAの空」の作者・蟹釜ジョーこと巴(麻生久美子)だった。男性だと思っていた作者は女性で、な...

  • リコカツ (第3話・2021/4/30) 感想

    TBS系・金曜ドラマ『リコカツ』(公式サイト) 第3話『うれし恥ずかし偽装の新婚旅』の感想。 リコカツ中の咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)の家に、同じくリコカツ中の咲の母・美土里(三石琴乃)が転がり込んできた。困り果てていた矢先、失踪した紘一の母・薫(宮崎美子)が箱根の温泉旅館で働いていると判明、薫を連れ戻すため、二人は新婚旅行と偽り箱根へ向かう計画を立てる。一方、咲は職場で見知らぬ男(白洲迅...

  • ドラマ10「半径5メートル」〔連続10回〕 (第1話・2021/4/30) 感想

    NHK総合・ドラマ10『半径5メートル』(公式サイト) 第一号〔連続10回〕『おでんおじさん』の感想。 週刊「女性ライフ」編集者の風未香(芳根京子)は、芸能スクープを扱う「一折(いちおり)」班で大失敗し、読者の「半径5メートル」の話題を掘り下げる「二折(におり)」班に異動。名物記者・宝子(永作博美)と出会う。二人は、レトルトおでんを買う主婦を非難してSNSで話題になった「おでんおじさん」のネタを取...

  • 連続テレビ小説「おちょやん」 (第105回・2021/4/30) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第105回/第21週『竹井千代と申します』の感想。 ※ 本作は、2021/04/14 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ラジオドラマ「お父さんはお人好し」のお母さん役に、竹井千代(杉咲花)を配役する...

カテゴリー一覧
商用