searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

duffy.kumakitiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
幸せ探して50年
ブログURL
https://vy-happy.com/
ブログ紹介文
引き寄せブログや書籍は、二十代から三十代の人が書いている印象だが高齢者だってやってみたい。それと高齢者だから語れるパートナーシップ、夫婦の問題解決なども書いてます。
更新頻度(1年)

4回 / 11日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2021/09/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、duffy.kumakitiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
duffy.kumakitiさん
ブログタイトル
幸せ探して50年
更新頻度
4回 / 11日(平均2.5回/週)
フォロー
幸せ探して50年

duffy.kumakitiさんの新着記事

1件〜30件

  • 大切にしたい妻に些細な事で頭に来た

    くだらない事で、私は妻を責めてしまった同時に、妻の事だけじゃなく私自身も責める 大事な妻、大事な自分ダブル自分責めしているみたいだった。 夕飯の後片付けにて発生した喧嘩 今夜も楽しく自宅ディナーを2人で楽しんだ。その後は仲良く並んで食器を洗ってから寝るのが恒例。 後片付けも美味しいディナーの一部分。 しかし、今夜は後片付けの最中に些細な事から喧嘩した。 妻の欲しかった新しいホットプレートを買って来たのを使った夜ご飯だった。それはもちろん楽しいひと時を過ごせた。 そのホットプレートの洗った鍋みたいな部分を食器乾燥機に入れるか?タオルで拭いて乾かすか? そんな程度の会話が発端だった 私はどちらでも

  • コロナ禍の分断が騒がれる今、平和な気分になる

    意見は批判になる コロナ禍の中で、コロナに対しても、ワクチンに対しても、人は大きく分けて二種類の意見を持っている。もちろん、人それぞれの仕事の立場や身体の事情で、二種類ではなく、実際はもっと微妙に違うと思うけれど、大雑把に言えば正反対な二種類の意見と言えなくもない。 ただ、それでも、私はこっち側の意見ですと、自分の意見を述べたいが、自分の意見を述べると、その途端に反対側の意見を批判する立場になってしまう。 別に誰かを批判したくない。お互いに認め合いたいよね?と思うのに、自分の意見を言うだけで反対側を批判する矛盾がある。 この部分を偶然読んだら平和に戻った 実際は、この本は昔に購入して一度読んで

  • 細かくチェックする上司的な自分責め

    自分責めをやめようと努力した矢先にビックリする頭の中 日常的な自分責めに驚いた 私は、さっきのお客様に気が利かない対応をしたのかも知れない。さっきのレジへの並び方は、多少割り込み的になってないかな?このクレームは、お店に横暴と思われたのでは?その逆に、お店にばかり遠慮して自分の気持ちを蔑ろにしなかったか?さっきの車の合流は、前に入れてあげるべきだったのでは? 次々と発生する日常イベントの中で、ほとんど毎回のダメ出しをしている事に気が付いた。 自分的にベストだったのか?と逐一反省する癖なのだろうか? 気付けば、かなり細かくイベント毎にダメ出しがある。 これじゃあ、私の気が休まらん 細かく、厳しい

  • 「コロナが終わったら幸せなのに」の気持ちに、もう疲れた

    コロナが終わったら幸せになれる。今だけの我慢だ。そう言い聞かせて、早くも2年になる。 コロナ禍の最初1年は情報収集にお金と健康を浪費した お金は損したし コロナ禍に入ってまず最初数ヶ月は、豪華客船のコロナ患者を自由ルートで帰宅させたりビックリ報道に心が振り回された。意味不明な数ヶ月だった。 途中からコロナを知る為にとテレビを見る事をやめた。 代わりにインターネットで様々な著名人が主催するアフターコロナ向けビジネスセミナーにお金を出してみた。 金融破綻に備えて!価値の変わらぬ金を買えば良い!銀を買えば良い!いざとなれば現金が良い!金も最後には没収されるから無意味だ!コロナの後に経済的な勝組になる

  • 考え事を先送りする実験は良い感じ

    考え事で身体まで壊す私の秘策として考え事の先送りを思いついた時の記事 以下の二つが、私にぴったりな秘策だと思った時の記事でした。思い付いたけど翌日には身体を壊してしまったが、その後は気をつけて継続している。とは言えども一週間程度ですけど。 秘策実験の理由 自分で言うのも何ですが、私は真面目な性格にて、気になる心配があると、問題解決に向けて考え続けて、その根気強さは凄いが、でも、なかなか解決しなかったり、考えても無駄な事は多い。時間の無駄と、自分の健康に問題が生じるから無駄な考え事は辞めようと思ったのが、上記の過去記事。 心配性な私の出来る限界が考え事の先送り 私には、とりあえず、考え事を破棄す

  • 細かく自分責めするの止めたいよ

    「自分責め」と言う言葉を知ったのは、割と最近で どなたかのブログで拝見して、自分を責めるのはよろしく無い波長を出しているとか知ったのは、ここ数年以内くらい? 私はそこまで自分責めタイプとは思わないで しかし、先日、驚く発見をした私。 しかし些細な事で自分を責めていた エレベーターの順番を取られただけなのに 病院の入院病棟でエレベーターを呼ぶ時に、機敏に頭が働かず、後から来た人にエレベーターを先取りされた。 その時に発生した自分責めに驚いた。 自分を執拗に責めていた 上下で逆方向に行く人にエレベーターを無駄に先取りされたので、私はその最初のエレベーターに乗れなかった。病院のエレベーターは、結構待

  • 不安と感謝はコップの水の話と似ている

    消せない不安が消えた昨日の話し 不安が勝手に消えた話がこちら↓↓ 愛する妻の健康不安は、ただ気付くだけじゃ解消しなかったし、感じ切っても解消しなかったが、無理やり不安を消す事を諦めて、今ある感謝にフォーカスするとさっきの不安は消えていた。そこには努力もなく、痩せ我慢でも無いのに消えていた。 不安と感謝は表裏一体なのか? 不安と感謝は真逆な感じ 不安と感謝が対照的だと感じた昨日の日記。両者の対比は、まるで  光 と 闇 ある と 無い みたいな不思議な関係だと思った。 ドラッカー氏のコップの水みたい コップにまだ水がある、と見るのか、これしか水が残ってない、と見るのか? この話は、良く引用される

  • 不安が消せない時は、感謝が効果的

    感謝が大切とは良く聞く話だけど、なんかウソっぽいし、綺麗事に聞こえるし、だけど、自分が体験的に明確になると、良い話だなあ。便利だなあ。も心から思った。 妻の健康問題は私のウイークポイント 先日の不安に襲われた日の日記がこちら↓↓ 昨日、不安が消え去るまでやった事 妻の健康問題が再発してしまった。ショボン。 これが正直な私の最初の反応であり、私の思考選択だった。 気分が悪いことに気が付いて、一呼吸置いてから私の思考選択は、 妻はそこそこ元気に生きている。 余命宣告もされてない。 私の身体でカバーすれば日常生活は楽しめる。 この先も2人の時間が沢山ありそうだ。 今ここにある幸せへの感謝を思い出して

  • 初日からダウンする私|考え事で身体まで病まさない

    考え事を先送りしてみるか?と書いた翌日 昨日、妻の体調が久しぶりに悪くなって、妻を病院に連れて行った私。 考え事は先送りして、身体まで壊さない と書いた矢先だが、妻を病院に連れて来てのリアルタイムな不安なので、 不安な考え事の先送りは出来無かった。 そして、朝7時半から病院で入り口で順番を取って、昼までかかって疲れて。 ただ、検査結果が怖くて、不安で、何を言われるのか?戦々恐々としてました。 検査結果は原因不明 肩と腰の痛みの対処方法は特に無しでした。 現代医学では分からない痛み。 レントゲンで異常無しでも、妻は歩くのも辛そう。 私は、妻を失う不安が怖い。でも原因が無いからとりあえず妻の命は大

  • 妻の身体不調でビビる私

    久々に妻が原因不明の不調になった 前にもあった症状だが、最近は完治したはずだった。 これが悪化すると寝返りも出来なくなるし、妻は肩と腰が痛くて日常生活が何も出来なくなる。 心配で朝から病院で検査している。 私には、妻の幸せが1番大切なんだ。だから妻の健康不安はめちゃくちゃビビる。ママを失ったり、ママの健康が失われたら生きてゆけない。 生きた心地しない まてよ、私の望むのは何だ? 不安な未来ではなく、妻の元気な姿だよ。こんな不安なのは妻を愛するからだ。こんな仲良しの妻がいる私は幸せ者だ。 ここ最近の2人はそこそこ普通の健康だった もちろん年齢から不調は色々あるけど、年齢的に健康の範囲だったので日

  • 娘のコロナ重症化の続編(笑い話)

    東京に暮らす娘がコロナになって重症化した記事 今日は続編で回復して来た日の会話 遠くに暮らす娘夫婦がコロナ感染して婿殿は回復傾向にあった時に娘が死にそうになった時、私は手も足も出せない親として現実逃避するしか無かった。 娘夫婦は買い出しも出来ない(コロナだから)し、お金がないから通販も出来ないと知って、支援物資を家から発送したり、通販を送ったりして、お金も送金したり、そのさきは手も足も出ない無力感で、現実逃避してしまった。 そうしないと心が病んで、身体も壊れそうでした。 現実逃避した私を知らない娘からの連絡 私が現実逃避しているとは知らない娘ですが、娘が死の淵から脱して、命の危険性は感じない程

  • 考え事を先送りしてみる|考え事で身体まで病まさない

    考え事を先送りしてみるか 私は、考える時はとことん考える人だと思う問題解決するまで、それが気になって考えることをやめられない考えることをやめる方がストレスになる結局、身体を壊すまで悩んで、解決しないまま強制終了することがある こうして書くと我ながら情けない軟弱な体質と考え過ぎて馬鹿みたいな状態 考えても良いけど、そこまで考えないでも良いんじゃないの? 妻には長年、迷惑をかけてしまっている私です。 この前の娘のコロナ重症化で死にそうだった時も私は自分まで死にそうな感じに身体を壊してしまった。 この先は妻の為に生きると誓ったのに、考え過ぎて身体を壊してたらダメだ こんな考えすぎる私の対策案 考え事

  • 考え事で身体まで病まさない

    コロナの重症化で娘が危篤の日に私も身体を病ませてた 先日、コロナで娘が死にかけた日に、私も死にそうな気分となり身体が強烈なダメージを受けつつあった。 本来なら私がしっかりしなければダメなタイミングなのにである。 私は若い頃から悩みがあると身体を壊すタイプ 私はサラリーマンだった若い頃から悩み事、考え事があると身体を壊すまで悩むタイプだった。 考えるべき課題、心配になる悩み事、それに対処する為には身体を壊したら逆効果なのは当然なんだけど、先を急りベストを狙う性格上、解決まで辞められない考え事になってしまう。 身体を壊して考え事の強制終了 今日になって思えばだけど、強制終了だったのかも知れない。あ

  • 娘コロナ重症化で学んだこと

    東京に暮らす娘がコロナになってしまった 東京だからいずれ娘夫妻がコロナに感染するのは避けられないだろう。と漠然と覚悟はしてました。でも娘夫婦は若く体力があるだろうから感染しても大丈夫だと思ってました。むしろ二人が感染したら免疫を獲得してワクチン以上に本物に戦った証だから安心の証明になるのかな?そんな気持ちで遠方から無事を祈る日々でした。 先日、婿がコロナでダウンしたと娘から連絡があって、しかも婿さん若いのに高熱で大変だと知りました。 あれから一週間くらい、ついに娘にコロナが感染(夫婦で当たり前)。しかし、娘は当初は軽症で私の娘は大丈夫だと安堵しました。軽症の娘は相変わらず後遺症で辛い状態の治り

カテゴリー一覧
商用