chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 茶色い空とイノシシ

       先日のこと、これまで見たこともない空色に会いました。    写真上部の雲のかたまりより・煤竹色(すすたけいろ) ※赤みを帯びた黄みの暗い灰色・茶色 ※暗…

  • 長すぎる

    水曜日は年二回の通院日でした。夏にかかりつけ医で定期検査を受けた結果を乳癌の手術を施していただいた病院で定期報告するためです。勤務先から徒歩十分足らずの場所に…

  • ちいさな秋にみつけたおおきな収穫

    日曜日は、犬と孫と一緒に古墳塚公園に行ってきました。ちょうど一年前の孫です。去年はこのようなことをして遊んだのですが、今年は、管理人さんが「この中に入ってはい…

  • サイバネティック・アバター生活

    なにこれムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現ムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空…

  • 雑記

    別居宅のアパートに戻ってからというもの、本格的な筋トレの再開はもちろん、帰宅→犬と散歩→犬のご飯とわたしのご飯→ 入浴(ほとんどシャワー)→うたた寝(なぜかき…

  • 空はまるで

    土曜日の雲の流れです。台風の影響が出る前の日曜日でしたが、わたしの母の誕生日と敬老の日を兼ねて丹波に日帰りで帰省しました。まだ日曜日は風も弱く空も晴れ渡ってい…

  • リスタート

    とうとうこの日がやってきました。日曜日の夜から犬とともに別居宅のアパートに戻っています。犬はアパートの白い無機質な部屋に馴染めず、ストレスをためてしまうと思い…

  • 豚そぼろか鶏そぼろか・・・牛そぼろではない

    わたしの好きな雲アートを見つけました。これは、何そぼろだと思われますか?牛ではないと思います。笑ではまた、ごきげんよう。

  • いつか、あの場所で

    ここは光が集まる場所あの日、COCOの肉体から魂が抜けそして光になった場所いつかこの木の下で光が交錯するそのときCOCOとわたしがふたたび出会うではまた、ごき…

  • わたしのお気に入りフォト【ペット部門】COCO & moco

      左 moco(モクゾウ)、右 COCO二匹の区別はおしっぽで♡COCO & mocoCOCOの突き刺さるような視線と、まだ食べ物にはさほど心動かされなかっ…

  • さよなら 夏の日

    2003年の大会を最後に財政難のため中止となっていた「くらわんか花火大会」が、「水都くらわんか花火大会」としてこの夏に復活しました。犬の腰の調子のこともあり、…

  • 「病を味わう」

     病気になってそれがなおって、なおって息災を喜ぶうちにまた病気になって、ともかくも一切病気なしの人生というものは、なかなか望みえない。軽重ののちごいはあれ、人…

  • わたしのお気に入りフォト【風景部門】・・・「わたしの空」編

    「わたしの空」  ではまた、ごきげんよう。

  • こけたら 立ちなはれ

    あなたが思うほど、誰もあなたのことを気にしていない。お金はあったほうがいいけれど、物はなくても生きてゆけるし、格好をつけることでプライドを保って生きている人も…

  • 継続は力まかせ

    空ばかり見あげ、のらりくらりと暮らしているように思われておられるかもしれませんが、ところかわっても戻っても、毎日の運動は欠かさず継続しています。ただ、バーベル…

  • あの改札をとおりぬけて

    秋の入り口を四季が手繰りよせているような気がする毎日です。なにでそのように感じるのかといいますと・・・・仕事帰りにツクツクボウシが鳴いていた。・朝晩がほんのす…

  • 旅するまゆ玉

    散歩の途中で出会った、旅するまゆ玉雲のおはなしです。まゆ玉は、気持がゆらぐと形がかわってしまうのです。 まゆ玉雲はさみしくなって、お母さんの待つ空の向こうにあ…

  • 約15分

    最寄りのバス停から約15分間、バスに乗車して通勤しています。その15分をわたしは読書に費やします。帰りは座れないことが多いので本を読むことはできませんが、朝は…

  • テーマパークは地上だけではなくて

    今年はまだ “夏の空” を見ていない。くる日も水色とねずみ色の空ばかり・・・突き抜けるような青はどこにいるのだろう・・・ごきげんうるわしくなかった、先日の空雲…

  • 空の記憶

    雲に近いところまで上昇しました。笑そして・・・いよいよこの世のおわりかと息を呑んだ夜新月翌日の夜でした。ではまた、ごきげんよう。

  • 7年生に進学

    先週と今週の2週にわたり、乳癌の定期検査をしました。乳癌自体の結果は異常はありませんでした。乳癌については7年生に進級しました。がんについてはこの先も終わりは…

  • カラーストーリー

    人は生涯を終えるまでに、いったいどれくらいの色に出会うのだろうか・・・と、通勤途中でふと考えたのです。人生で目にしたり記憶に残る色を集めると何色の色鉛筆ができ…

  • Way of Thinking

    刑法の一部改正により、侮辱罪の厳罰化の適用が7月6日付で施行となりました。上記刑法の改正を受けて、愛読しているある女性起業家のブログ記事を転載します(一部、軽…

  • デジタル思考なアナログ人間

    いると疎まし、いないと寂しい・・・金曜日の夜から娘と孫と濃厚すぎる三日間を過ごしました。やっと夫の母(わたしの姑)宅に帰ったあとはシーンとした居間で「やれやれ…

  • 半分以下、半分以上

    「暑い」「熱い」木曜日から外を歩くとあとの表記が正しいように感じる体感温度でした。大学では、建物と建物をつなぐ渡り廊下を利用するため、一番暑い14時以降の時間…

  • 白い部屋に住む悪魔

    夫が犬に向かって決まって言うセリフです。「かわいそうに・・・、悪魔の住む白い部屋に連れて行かれてかわいそうに・・・。」白い部屋というのがわたしが住んでいるアパ…

  • バケ~るカーニバル

       土曜日、孫のどんぐりちゃんと娘の3人で『それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル』を鑑賞してきました。コロナ禍以来初めての映画館での鑑賞です…

  • 抱きしめてトゥナイト

    できないことって・・・亡くなった者を生き返らすことくらい。それにくらべてできることはたくさんある。これまで知らなかった未知の世界に進んでゆく “不安” が「で…

  • 手放すこと

    水曜日(昨日)私用により・・・というと格好もつきますが、ここ最近はたった週5日の勤務がきつく、平日のいずれかの日に有給休暇取得したり、午後半休をとったりと休み…

  • そんな感じの空

    これは、去年7月の終わりの頃の空です。こちらは木曜日の午後6時半ごろの空です。ぼんやりとした空なのに雲の色だけは楝色(おうちいろ)と瑪瑙色(めのういろ)が際立…

  • ケーキと犬、ケーキより犬

    この前の日曜日に義母も呼び、一日遅れでどんぐりちゃん三歳の誕生日会を開きました。このケーキでした。直径約 30センチ、高さ 約17センチ16人分用の大きすぎる…

  • どんぐり記念日

    昨日の夕方を過ぎてからの空です。まるで和紙を貼りつけて作った作品のようですね。犬のくるんくるんとした体毛を思い浮かべました。6月11日今日は孫の3歳の誕生日で…

  • ぼっちとモチモチの木

    月曜日の夜から静かで落ち着いた生活に戻りました。窓を閉めると外の音がすべて遮断され、部屋の中は恐ろしく無音になります。集合住宅では、他人の話し声が聞こえると気…

  • Cape Jasmine

    もう咲きはじめたクチナシの花亡くなった COCO のような花甘い香りと幸せを運ぶ花この花にまつわるエピソードのひとつに、アメリカジャズ歌手のビリー・ホリデイが…

  • 熱闘中

    日曜劇場「マイファミリー」が終わったあと、あることを企みまして・・・犬(わたしの愛犬)をとり返すべく、かなり大雑把な計画を立ててみました。身代金の代わりに、家…

  • 心はニュートラル

    伸ばした手の先には、ふわふわモジャモジャしたいつもそこにある犬の感触がない。「ああ、そうか・・・、あっちの家だった」と生存していることにほっとしながら寂しさで…

  • わたしのなかの Evergreen

    土曜日に撮影したアジサイの写真です。なんの加工もなくこの発色、自然の持つ天然のパワーってすごいですね。色だけではなく、形状もあてはまります。鮮やかすぎるグリー…

  • 幸せな時間

    「愛犬との幸せなさいごのために」著者: 俵森 朋子インスタグラムのフォロー関係のかたが掲載されていた感想を拝読し、わたしの驚異の直感が働きすぐに購入しました。…

  • 宇宙に乾杯

    5月17日は弟の誕生日でした。夕暮れなのにこの明るさです。雲はシャンパン色に染まり、瓶から勢いよく吹き出た時のような形状でした。空で何匹もの龍が戯れているよう…

  • 天に向かって唾を吐く

    とても充実すぎた週末でした。土曜日の夜は孫だけそのままお泊まりしてくれることになりました。寝る前に一度だけグスングスン・・・と泣きそうになったものの、朝まで一…

  • 目論見(もくろみ)

    一週間以上も別居宅で寝起きしておらず、ウエイトトレーニングができていません。家族宅では、もっぱらヨガとクロスフィット、ストレッチのみで運動をしない日がないよう…

  • 青色 < ねずみ色

    わたしの物が物色されていなかったのは、わたしが居住していないということを熟知している・・・まだこの話のつづきです・・・者の犯行かと思いました。でも、標的となる…

  • なにかの公式

    田舎から、家族宅に戻ってみると・・・警察のお世話にならないといけないことが起きていました。腹が立つし気持ち悪いし、怖いし・・・この三つの感情しかありません。ま…

  • ヤンキーと木刀

    半年ぶりに帰省しました。例によって箱乗り、鼻水飛ばしです。笑耳もイケていますね。山の色合いがきれいな時期です。黄緑、緑、深緑、水色の空に白い雲・・・田舎は鳶も…

  • あの日から7年

    5月1日はわたしの相棒モッくん、またの名をモクゾウ・・・本名モコ・・・の10歳の誕生日でした。誕生日は自宅に家族みんな集まっていたにも関わらず、誰からもかまっ…

  • マーメイド

    わたしが2番目に好きな花が咲きました。カラーのウエディングマーチです。純白のウエディングドレスを着た花嫁の立ち姿に似ていますね。美しいですが、科名はサトイモ科…

  • ひさしぶりのもやもや

    ひさしぶりにこの感覚を味わっています。雨による最近よく耳にする天気痛もあるのですが、チクチクいじめられている感に襲われています。わたしの業務に対してではなく、…

  • 大きな進歩

    いつもの週末を過ごし、日曜日の夜にはわたしと犬 → 娘と孫 ・・・ という順番でそれぞれの住まいに送ってもらいます。アパートに到着すると、孫はもう心得ていて「…

  • わたしのボンボン

    水曜日の散歩のとき、ふた手に分かれた雲はそれぞれ、薄花色(うすはないろ)と不言色(いわぬいろ)のような赤支子色(あかくちなしいろ)のような色がくすみを帯びたよ…

  • 立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は・・・

    土曜日、造幣局の桜の通り抜けからの帰り道、自宅近くの空です。またまた、いろんな面影が浮かんでいます。この日の空は青くて、そしてとても暑かったです。牡丹の花が咲…

  • 2年ぶりの開花

    “今年の花” 「福禄寿」です。花びらに波打つような皺があり、花弁数は15〜20枚あり、大輪として代表的な桜です。「御衣黄(ぎょいこう)」貴婦人の御衣の色に似て…

  • きいろとみどりと

    土曜日の色河川敷公園のたんぽぽ花を摘む幼な子と、草を食べる犬あぶないところでした。ではまた、ごきげんよう。

  • わたしを見つける

    また見つけてしまいました。わたし・・・かと思うほどの女性です。そのまま、“わたし” でドキドキしました(笑)。さらに驚くことに、この写真なんてわたしの父にそっ…

  • グレースケールの世界

    モノクロームまでもいかないけれど、犬から見える景色はこんな色合いなのかな。しかも、視界はもっとぼやけているらしい。犬の眼ではないのでほんとなのかどうかはわたし…

  • 4月の空から

    ひさしぶりに意識して “空” を見上げました。金曜日の空いろんな顔があちこちにうかがえます。心のなかを反映しているようです。公園のモクレンの花がもうすぐ開きそ…

  • 桜の花びらを食べる犬

    水曜日は手術を受けた大きな病院で、これまた半年に一度の通院日でした。半年前の予約のため先の見とおしがわからない段階での日時指定なので、今回は受診が終われば勤務…

  • かなしい声

    人って、おかしい。・・・って思うわたしはさらに変人だけど(笑)。[朝の最寄バス停でのできごと]順番待ちで我先にと、競歩で何人かの人に勝って到着、そして満面の笑…

  • 舞い落ちたひとひらの花びら

    この週末の暖かさで桜が一気に花を咲かせました。日曜日夕方の桜です。月曜日、朝の桜です。夕陽と太陽とで、花びらも、幹もまったくちがう顔になります。“静” と “…

  • 18禁

    金曜日の夜から娘と孫と犬とで自宅泊まりとなりました。土曜日はメガネのレンズ交換のため駅前まで出かけ、デパート地下の食料品売り場を巡りました。こんなコーナーに遭…

  • 地球をなぞる

    ここ最近、社会情勢や経済界に政治、自然現象?などのめまぐるしい動きに “われ思ふ” ことをとおり越して疑惑の念ばかりが浮かんできます。疑惑を自分で調べるにしろ…

  • わたしは退屈より大失敗を選ぶ

    自宅からの犬の散歩コースには彼岸桜の木が二本あり、毎年この時期に花を咲かせます。この時期は亡くなった先住犬のココが、闘病で一番つらい治療を続けていた頃です。こ…

  • 手についたニオイ

    土曜日の朝はまず排水口の掃除から・・・浴室の排水口をブラシでこすってからにカビ◯ラーを吹きつける。毎週掃除をするのでカビなど見あたらないけれど、こうしておけば…

  • 愛らしい人

    仕事で起きるいざこざなんて、紛争や戦争、自然災害、病気などに比べたらなんてことではなくて、嫌なら辞めればそれで済むこと・・・。命があって生きていなければ何もで…

  • 友好関係

    別居して1か月が過ぎました。週末ごとに自宅に帰っているので完全別居とはいきませんが、お互いにとってよい選択肢だったと思います。ただし、犬がストレスによる病気に…

  • あたんする

    金曜日の朝、犬に「いってきます!」の挨拶をして玄関扉の鍵を閉めようとした時に、後ろでオートロック解除の音がして気をとられてしまいました。住人のどなたかが外に出…

  • あの男からのバトン

    終章で終わったかのようだった他学部の男性ですが、しっかりとわたしはバトンを受け取ってしまったようです。教授会開催の数日前には、学部と研究科合同で学長との打ち合…

  • 最近の暮らしぶり

    おひとりさまと犬との生活にも少しずつ慣れてきました。ヨガとクロスフィット、ウエイトトレーニング、ストレッチはレップ数はそのままで、セット数を最低数に減らして毎…

  • 想いと願い

    日本人って、いい意味でも悪い意味でもなんでも流行にしてしまうから・・・。今の自分の居場所から飛び出さなくても、SNS で拡散しなくても、心の中で願うことや祈る…

  • 追記:他人(ひと)はそれほど気にしていない 〜終章〜

    いつのまにか物語になっていたようです(笑)。今朝出勤すると、上司が「休み中に僕がやってしまいますから、〇〇さんは週明けにでも確認してください」と言ってこられま…

  • 他人(ひと)はそれほど気にしていない 〜本題〜

    先日の投稿から進展がありました。ケ◯の穴の小さな小さな男で、“情けない” から “軽蔑” へと変わりました。昨日、上司にあたる複数人とわたしを巻き込んで、相手…

  • 他人(ひと)はそれほど気にしていない

    今、場所の離れたキャンパスにある職員と、ある業務の押し付け合いをしています。わたしは今、どうしても早く帰りたい理由があるため、その業務に携わりたくないのです。…

  • スニーカー ぶる〜す

    白いスニーカーを求めてさまよう春がもうそこまできてしまいました。外反母趾が尋常でないわたしの足ではパンプスも履きはじめの皮の硬いローファーでさえ履くことができ…

  • それは寒い朝だった日のこと

    これは数日前にうっすら雪が積もった日公園の古びたベンチわたしには、〇のぶどうのシュガーバターの木に見えた。ソテツの羽状中央部分に発泡スチロールのような雪が溜ま…

  • 梅とボクとトマト

    早朝の散歩道で一本の梅の木を見つけました。「やっと、見つけてくれたんだね」そう言われているような気がしました。枝から直立した茎があり、その先に花が咲いています…

  • ソーセージ1本

    犬の体調不良は落ち着き、1,000%以上の愛でわたしに突進してくるため、瞼を爪で引っかかれたり、飛びつかれた拍子に尻もちをついてしまったりしています。わたしは…

  • ちゅんちゅんの連呼

    どんぐり「ねえ、ちゅんちゅん?これなあに?」わたし 「これはね、〇〇よ」どんぐり「ねえ、ちゅんちゅん?これなあに?」わたし 「これはね、〇〇〇よ」どんぐり「ね…

  • やれやれ

    ほっと安堵・・・犬をこたつの中に送り届けた。“モッくん@こたつ在中” このアドレスにメールを送ったら「なにかご用でしょうか?」と返信はあるわけないけど唸り声な…

  • 夕方の訪問者

    犬がおしっこをしやすい環境とは?自宅にいた時の家の中を思い出し、サークルを引き取ろうと夫に連絡したところ、すでに処分したとのことでした。行動が早くてビックリし…

  • ドタバタした沈黙劇場のはじまり

    はじめての夜・・・電気毛布の熱さで二度目が覚めた以外、熟睡できました。犬はわけがわからず、とにかくひっつき虫になり、わたしにしがみついて寝ていました。とても静…

  • 取捨選択のタイミング

    金曜日の叔父さんの通夜で住職がお話しされていました。「亡くなった人の命は肉親でもつなぐことはできない。でも、なぜ今自分がここにいるのか?それは亡くなった人の命…

  • にくにくしい

    今日の大阪はポカポカあたたかく、春を感じる朝の犬との散歩でした。昨日は早朝から神経をすり減らしてきましたので、小走りのようなモタモタ歩きのような犬の後ろ姿に心…

  • 変異 変化 変身 変人

    わたしを見ると「オマエはいつも楽しそうで、何も考えてないからうらやましい」と夫に言われます。そのとおりかもしれません。でも不安や恐怖は尽きません。人並み以上か…

  • Each Other's Way

    「一月往ぬる、二月逃げる、三月去る、四月死ぬほど長い」お正月が明け新学期が始まると祖母がいつもわたしに言っていたことばです。いま思えば、ダラダラ過ごしていた孫…

  • Hugging

    今日はとってもよい空電気毛布の温度ではまだ足りなくて、犬を抱き抱えて眠る暖をとるのは身体ではなく心・・・心が寒くて冷たい犬から感じられる体温、わたしの体温も犬…

  • オニ退治

    今、大学も大変です。特に医学に関しては、実習先からの受け入れキャンセルはもちろん、医師国家試験を前に6年生はピリピリムードだと思います。わたしの領域・・・医学…

  • 初体験

    引っ越し前だというのに、新居とはまったく関係のないものを購入してしまいます。心の隙間にちょうど収まるようなものばかりです。例えば、ドラえもんマスクです。こちら…

  • 菅田将暉さん主演のドラマ「ミステリという勿れ」の劇中で、なぜいじめられるほうが逃げなきゃいけないのか?本当に病んでいるのはいじめるほうだ・・・と、主人公の久能…

  • モクゾウスタイル

    きのう今日とほんとに冷たかったですね。例年なら「お寒うございますね」などとご挨拶するのですが、“寒い” をとおり越して “冷たい” が冬の挨拶文句になりそうで…

  • 肩と心にのった錘(おもり)

    土曜日、ずっしりと重かった錘がとれてすっきりしました。“思い過ごし” ほど、気持ちを振りまわすものはないので、とにかく「ほっ」っと安堵・・・仕事のことで双肩に…

  • お腹にできたパック

    日曜の夜、入浴前に鏡に映った裸の上半身を見て二度見した。ガリマッチョに変わりはないけれど、少し胃袋が小さくなったせいか、お腹にパックがいくつかできていてびっく…

  • おとぎばなしのこたつ

    残念ながら、本日は雲を見つけることができないほどの青空です。空が一色だけでは物足りないわたしです。やはり、空には雲があってこそ「うわぁあああ!」なので、空に向…

  • ちゅんちゅんとおかあさん

    ひさしぶりのなにもないただの空おそらく、このブルーとホワイト・・・青と白がわたし自身のカラーであることを再確認した朝の空でした。ちゅんちゅん・・・もとい、スズ…

  • 仮想現実

    メタバース・・・朝から脳が受け付けず、あとから調べました。“メタ” でさえ、最近ぼんやりとわかってきたことなのに、プラス “バース” ?「あのバースなら知って…

  • 壮大なスケール

    ・・・の初夢でした。国からの要請で、YouTuber となり、国連で使命を果たすよう指令があったのです。YouTuber が嫌いなわたしは「えぇぇええ〜!」と…

  • Sun is Rising Again

    日出ずる国に生まれし この魂この命 絶えるまで己の道を 歩むのみ何度だって 立ち上がろう必ずまた 陽は昇るのだからではまた、ごきげんよう。

  • あしたになるだけのこと

    昨日、段ボールには入らないけれどそこそこかさばるものと、ウォークインクローゼットの中にかけてある洋服一切合財を新居へ運んだ。新しいウォークインクローゼットは、…

  • セレンディピティ

    いよいよ、今日から6日間という長い休みに突入しました。本日は新居の寝室と居室それぞれにシーリングライトを取り付けてもらいます。今日はそれだけにして、あとはなに…

  • やはり、あのオトコは・・・

    日曜日は、発注し忘れた新居の掃き出し窓の採寸をし、カーテンの発注に百貨店に行ってきました。おかげで、きれいなブルーのストールを手に入れることができました。横断…

  • 七人のお笑い芸人とクリスマス

    きのうは聖夜ならぬ静夜でした。夫と義母が2人で食事に出かけるため、仕事から帰宅すると娘とどんぐりが留守番に来てくれていました。犬のモクゾウはケーキを食べること…

ブログリーダー」を活用して、mme cocoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
mme cocoさん
ブログタイトル
COCO's Ownd
フォロー
COCO's Ownd

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用