searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

勝鬨美樹さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
勝鬨美樹/銀座グランブルー 設定
ブログURL
https://note.com/mikebear555jp
ブログ紹介文
ワインを巡る歴史話。僕が子供の頃の東京下町のこと。青春時代に歩いた米軍キャンプとNYCの話。銀座グランブルーのこと。
ブログ村参加
2020/12/27
本日のランキング(IN)
フォロー

勝鬨美樹さんの新着記事

1件〜100件

  • 丘の上に立てるべき旗のこと

    20代に一念発起した「岩波文庫全冊読破」は、完遂するのに30有余年かかった。その間に岩波総目録は三回買い替えた。翻訳者が替った場合は読み直しもした。・・それで30有余年。雄途に頬染める青年(僕のこと)は、いつの間にか60の声を聞こうとする練者となっていた。・・斯くの如く人生は短い。ただ一つのことをやり遂げるだけのためにも、あまりにも与えられている時間が少ない。そのことに、あなたは「あるとき」気が付くのだ。 もし何もやり遂げるものを持たぬまま馬齢を重ねたとしても「あるとき」それに気が付くのだ。 与えられている時間が少ない。 ・・しかし、敢えて思う。それでいいのかもしれない。やり遂げ

  • 江戸と東京をめぐる無駄話#47/おわり

    さてさて。一年余りかけてズルズルと書いてきた江戸と東京を巡る無駄話だが、ここで漸くおつもりのおつもり話となる。 王である秀吉に匹敵するするほどの力を得た家康は、秀吉に疎まれ遠国へ一族郎党ごと追いやられて小田原を超えて江戸湊に至った。誰もが何故?と思った選択だった。しかし家康は、それを/禍福を糾る纏とした。この地で大成できるかどうかは分からない。それでも大成するための努力と情熱を、家康は江戸湊にかけたのである。・・その辿った道を習ってみたのが、今回のこの稿だった。 江戸とは、家康が勝ったときのための布石として準備した拠点だった。だからこそ、秀吉の老耄によって秀吉王朝が崩落へ向いたとき、

  • 江戸と東京をめぐる無駄話#46/おつもり#06

    大政奉還後、そそくさと蟄居する徳川慶喜を見て、諸藩武家も足早に江戸市中から撤去を始めた。江戸から住民の半分が消えた。江戸城周辺北部周辺は急速に無人化した。経済は破綻した。モノは売れなくなり、売掛の取りっ逸れが無数に起きた。もともとスレスレのところで成り立っていた商い家はどこも途方に暮れた。しかし住民そのものが半減したため、モノが不足することにはならなかった。米騒動は起きなかったのだ。 それでも山の手には、武家が帰郷したあとの廃屋が並んだ。のちにこれらはすべて明治政府が召し取り、青雲の志で上京した若者たちに分配するのだが・・その前夜の話である。 明治2年12月27日。関東のからっ風が吹

  • 江戸と東京をめぐる無駄話#46/おつもり#06

    大政奉還後、そそくさと蟄居する徳川慶喜を見て、諸藩武家も足早に江戸市中から撤去を始めた。江戸が住民の半分が消えた。江戸城周辺北部周辺は急速に無人化した。経済は破綻した。モノは売れなくなり、売掛の取りっ逸れが無数に起きた。もともとスレスレのところで成り立っていた商い家はどこも途方に暮れた。しかし住民そのものが半減したため、モノが不足することにはならなかった。米騒動は起きなかったのだ。 それでも山の手には、武家が帰郷したあとの廃屋が並んだ。のちにこれらはすべて明治政府が召し取り、青雲の志で上京した若者たちに分配するのだが・・その前夜の話である。 明治2年12月27日。関東のからっ風が吹く

  • 江戸と東京をめぐる無駄話#45/おつもり#05

    日米修好通商条約締結(1957/7/29)を受けて、徳川幕府は翌々年1859年7月1日に武蔵国久良岐郡横浜村(現・中区関内あたり)を開港した。そして同地への出店を促すお触れ書を大阪・江戸に店を構える大店/廻船業者へ出すとともに、現在神奈川県本庁の在るあたりに税関(運上所)を設け、その沿岸に二つの波止場を建築した。外国から入った商人は20名ほどだった。 取扱品目は、主に生糸と茶。輸入品は綿糸・織物と砂糖などだった。その交易の主導を握っていたのは、言うまでもなく米国だ。たしかに江戸幕府は五か国と通商条約締結を結んでいたが、外国商人側のキャスティングボードを握っていたのは米国だったのだ。 な

  • トンガ海底火山爆発で連想したこと

    トンガと聴くと僕がすぐさま連想するのはジスプロシウムdysprosiumだ。永久磁石には必須の鉱物である。これがパプアニューギニアからトンガを含む周辺海底にレアアース泥として無尽蔵に眠っている。マンガン団塊、コバルトリッチクラストそして海底熱水鉱床も・・である。 同じような鉱物資源床は尖閣諸島周辺にも存在する。尖閣諸島は膨大な"未来の宝の山"なのだ。CCP中国が強く尖閣を自分のものであると主張する理由はこれだ。しかし深い。水深4,000~6,000mの深海底に眠る鉱床だ・・その海底に、拳ていどの塊で無数に転がっているのだが。いまのところ、これを採算ベースで採掘する方法は見つかっていな

  • 江戸と東京をめぐる無駄話#44/おつもり#04

    1858年に諸外国と交わされた安政五カ国条約を違勅と騒ぐ攘夷派の躍動に、幕府は条約の実効を危ぶみ、律儀に文久2年(1862年)竹内保徳(文久遣欧使節)を英国へ送っている。そして開港開市5年間延期の覚書を交わしている。まったく愚直なほど有能な、約束を守る官吏たちなのだ。しかし延期をしたとしても条約実行危うしと見た英国は、英仏蘭連合三カ国艦隊を組成し慶応元年9月6日(1865年11月4日)に日本海兵庫沖に停泊し京都を威圧した。条約の勅許と兵庫開港の前倒を強要したのである。身の危険を感じた孔明天皇は。すぐさま慶応元年10月5日(11月22日)に勅許を出した。天下の大騒動だった違勅話はこの日を

  • 黒海の記憶#09/キンメリア人のクリミア

    ウクライナ南端部、黒海に突起する半島。それがクリミア半島だ。半島は北のペレコプ地峡で本土と繋がっている。この地峡は幅が8kmしかない。 5000年前の地中海決壊大洪水に辛うじて生き残った陸である。なので当然山深い。クリミア半島自体がそもそも山深い。大洪水の災害に生き残った「山」だった地区なのだ。 半島東部のケルチ半島が伸びて、さらにようやく黒海と繋がっている内海/アゾフ海を作っている。そしてロマン・コシ山(1545m)がある。北は乾燥したステップ地帯だが南は切立った崖が続く平地がほとんどないところだ。 ここにキンメリア人がいた。 クリム半島の「クリム」はキンメリア人のことだ。 ウクラ

  • 戦争花嫁

    令和にとっての昭和は、昭和にとっての明治みたいなものらしい。時間的距離感もそんな感じだからね、そういわれると何となく納得しちまう。最後の昭和(1989)生まれは既に34歳になってるわけだしね。 そんなことを思いながら、つらつらと昭和の話を書いているワタクシは昭和26年(1951)対日講和条約・日米安保条約調印の有った年に生れております。 今朝は昭和の遺産・戦争花嫁の話をしたい。 父は米兵だった。母に何度も求婚したが母は諾わぬまま僕を産んだ。GHQで働いていた母は何人もの哀しい戦争花嫁を見ていたからだ。母は父と共に米国へ渡ることを恐れていた。 一度だけ年老いた母がそのことを口にしたこと

  • なぜ羊は沈黙を続けるのか

    https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/atarashii_sihonsyugi/kaigi/dai3/shiryou1.pdf昨年11月に内閣官房室が出したレポートからの抜粋。いかに日本人の収入が上がっていないかというグラフ。 ・・おいおい、しかしだなぁ。韓国と中国フィリピンが抜けてるよ。比較相手を対欧州だけにしてる。対アジアについても惨敗してるのになぁ~意図的かい?? 現日本政府は「日本を安くして、安さでモノを売り、観光誘客を行おうとしている」わすれちゃならないよ。日本は安いから、アジアから(主に中国から)大量の人々が来てるんだ。 そのために国民

  • 黒海の記憶#08/ワインとオリーブ油を携えて

    メソポタミアにもアッシリアにも、もちろんエジプトにも、黒海について語ったものは殆どない。 黒海について話し始めるのはギリシャ人からだ。 この北方から来たヘルメス(ギリシャ人はそう自称した)の民は、キルキスの西に広がる平原に定住すると次第に海岸線へと進んだ。ギリシャ人はインドヨーロッパ語族である。灌漑の技術と牧畜の知恵を携えていた。しかしギリシャの平原は大きくない。彼らが海に向かって進んだのは必然だったのだろう。 しかし地中海の海は瘦せている。パンゲアの亀裂である超古代から続く海は深く海棚が狭い。その上亀裂の圧力に押された陸地は撓み隆起している。陸の部分も平地が少ないのだ。そのため

  • 江戸と東京をめぐる無駄話#43/おつもり#03

    天皇という錦の御旗を立てて、徳川幕府から日本国の統治権を奪取した薩長明治政府は、まずオノレが正統的日本国統治権継承者であることを諸外国に認めてもらわなければならなかった。 開港は徳川幕府によって行われており、横浜に窓口を設けている米英仏蘭/諸外国にとって日本国=徳川幕府だったのである。 いかに「天皇=国王復権」という御印を振り回そうとも、事態の趨勢を推しはかる米英仏蘭は態度を保留したままでいた。もちろん薩長明治政府に対してはロスチャイルド家英国より多大の資金援助が行われていることは公然の秘密だった。もし雌雄が決まれば・・薩長勢が勝利すれば・・彼らがロスチャイルド家の意思に即応するつも

  • マティーニ幻夢

    健さんの夢を見た。 土橋にあったBarOLDPALの健さんの夢だ。 カウンターに家内と僕が座っていた。何かの話の流れで、僕がBarをやりたいと言った。 「ホームパーティの時、主人が食事の前に必ずカクテルをお出しするの。それも幾つも幾つも。だから私の料理が出るころには皆さんベロベロになってるの」家内が言った。 「噺じゃないけど、幇間腹の若旦那なんだ。やってみたいんだ」僕が言うと、健さんがこともなげに言った。 「早い時間に此処で練習してみますか?」 びっくりした。バーカウンターの向こうは聖域である。客が入ることはない。 それを「奥様と私がお客になりますよ」と言ったのだ。 なんという恐ろしい

  • 「なんでもあるが希望はない国」を「なにもないし希望もない国」にしてしまったのは誰か

    年始に思うこと ところで、ですね。海外に学ぶ日本人青年って、どのくらいいると思いますか?想像してみてください。当たった方は、佃住吉神社初詣ご招待です。 とりあえずアメリカだけを見てみると アメリカの大学に通う代表的なアジア人の若者数は・・ 中国は32万8547人。 インドは16万1007人 ベトナムは2万1403人 台湾は2万1127人 日本人は1万9060人です。 https://www.businessinsider.com/countries-send-most-students-american-colleges-2017-2?fbclid=IwAR0YJqZR-CCDXIu6

  • 江戸と東京をめぐる無駄話#42/おつもり#02

    幾つもの幸運が重なって、薩長明治政府は日本国を我が物にした。 江戸の半分を構成していた武家は、慶応四年に大半が郷許へ戻り、江戸は経済活動が麻痺した。それでも慶応二年に有ったような暴動が起きなかったのは、人口が半減したことで江戸市中にあった備蓄が足りなくなる/民が飢える事態には陥らなかったからだろう。市中での反乱も、禄を持たない河内に帰ることのできない直参旗本とそれにブル下がる奴(やっこ)たちが苦し紛れに起こした上野の山での動乱だけだった。薩長明治政府は、その戦時を賄える資金を用意していなかったので、急きょ外国から軍艦を買うため用意していた資金を充てて対処した。しかし・・じつは・・もし山

  • 江戸と東京をめぐる無駄話#41/おつもり

    事業の成功は、沢山流された血と汗と涙そして少しの僥倖から為される。 明治政府もそうだった。 ド田舎の下級武士と貧乏公家の集団が、外国人から受け取ったお金を梃にして「革命政府」を起こせたとしても、なぜフィニシュまで辿り着いたのか?なぜ崩落しなかったのか? その時代的背景と、彼らが流した血と汗と涙と、そして天より得た少しの僥倖を僕らは「維新」を見つめるとき、意識する必要があります。礼賛すべきではない。醒めた視線で見つめるほうがよろしいと、僕は思います。 さて。今年に入って長々ダラダラ続けてきた「江戸と東京についての無駄話」もそろそろ「おつもり」にしたいと思ってます。 ・・あ、おつもりって

  • 黒海の記憶#07/ギリシャ人台頭に向けて

    オデッサのすぐ傍にあるチェルノモルスク港でspitterのアルミタンクを降ろしているとき、船内で仲良くなった二等航海士が近づいてきた。そして言った。「復路は?乗られないんですか?」 「はい。飛行機で戻ろうと思っています」僕が言うと彼が笑った。 「そうですか・・でも、陸路で空港へ行くより、おそらくイスタンブルに戻られて機上につくほうが早いですよ。」 「?」僕が不思議そうな顔をすると彼が続けて言った。 「この海の海流は常時時計と逆回りなんです。流れ込む川の勢いが決めいているんです。だから帰り、巧く海流に乗れば明日にはイスタンブルに着いています。」 僕は驚いた。本部の人間には思いもつかない話

  • 黒海の記憶#06/大洪水時代

    古代の黒海は淡水湖だった。今の大きさの1/2をイメージするといいかもしれない。 黒海には大きな川が幾つも流れ込んでいた。しかし海への出口を持たなかった。そのため黒海は少しずだが大きくなっていく湖だった。そのため湖畔の水辺は無数に泥濘む湿原があった。ヒトらがそこに定住し始めたのは、水が豊かなこと/採集できる植物が多かったこと、容易に家畜化できる生き物が手に入ったためである。およそ1万年ほど前であろうか。 古代の黒海周辺は、ヒトらが彷徨・拡散から定住に変われるだけの地力をもつ所だったのである。 かなりの確度で言えるのは、いわゆる印欧語もこのあたりが始まりだったことだ。言葉と技術は合い為すも

  • 黒海の記憶#05/夜明け前#02

    ヒトは進化の過程の中で、何回か大きな曲がり角を超えている。 つい最近の曲がり角は「汎用計算機」という機械の花嫁を得たことだ。この花嫁は、ヒトがこなせる仕事量を爆発的に拡大した。・・実はこの曲がり角はまだ越えていない。花嫁は、より極小になり総ての間に遍在し、ついには「不確定性の壁-カオスという名」の堅牢な壁も破壊するだろう。ようやくヒトは「幼年期」を終えるのかもしれない。 その前にあった大きな曲がり角は「火を鉄の器の中に閉じ込めた」ことである。内燃機という。閉じこめられた火は、汎用的動力となって様々な機械を動かした。そのことで機械は大きくなり、より精密になった。史家はこれを産業革命と呼

  • 黒海の記憶#03/ルーシ人

    Spitterの50リューベタンクを背負って黒海を縦断した話の続きを少ししたい。 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国からウクライナ共和国へ独立宣言した直後の話である。おそらく弊社がオデッサから西へ数10km離れた川辺にある製粉工場の一部リニュアルを請けたのも、この独立宣言があったからだと思う。しかし社内には猛烈な抵抗があった。1986年4月26日からまだ大して時間が過ぎていない。そのうえ責任を取るべきソ連が崩壊し、チェルノヴィリは未だブラックボックスのままだったからだ。「そんなところへ重要な技師を派遣するのか!」という議論である。しかし弊社代表は頑固だった。「パンがなければ民は飢える。

  • 黒海の記憶#04/夜明け前

    樹を下りたサルは致命的な遺伝形質を抱え込んでいた。それは世代を重ねると脳が肥大化するというものであった。そのサルたちを我々はヒトと呼んでいる。 産道は腰骨の間を通っている。胎児がこの通り道より大きくなると死産する。母子とも死ぬ。サルの胎内期は18か月である。 農が肥大化する形質を持ったサルは、ある限界域を超えるとすべて死産し母も死んでしまう。そのため人類は原人も旧人もすべて絶滅している。 唯一絶滅しなかったグループがいる。それは子を超未熟児10か月で産んでしまう種族だ。しかし普通より8か月も早く産まれてしまう子を守るのは至難だ。そのためにオスメスは鳥類のようにつがいになるしかなかった。

  • 明治の碩人と同じ決断をしないかぎり、日本はこのまま開発途上国と同じ位置に並び続ける

    11月30日にFactorial Energyがメルセデス・ベンツ/ステランティスと共同開発及び投資契約を結びました。しかし全個体電池のフラッグシップであるHenrik Fiskerが、先日あったオートモビリティLAでかなりシビアなカンファレンスを開いています。「最後の1マイルを埋めることができない。この最後の1マイルを埋めるには、今までかけた資本投下と同じだけお金がかかるだろう。」と。CES 2018のときと、うってかわった口調で、実は僕自身もびっくりしました。 現実的に考えると・・投資家目線で・・トヨタは、相変わらず開発のための資金調達ができないままでいます。松下と組んでも資金調

  • いま新札を出す理由は深刻だ

    再来年2024年に新1万円が出ます。タンス預金が暫時洗い出されますね。デザインが刷新されるのは1万円、5千円、1千円の3種類のお札。 日本人のタンス預金は現在100兆円です。日本の家計が保有する金融資産のほぼ8%がこれです。 金持ちは銀行を信用しない。しかし流通している紙幣が替われば・・そして旧紙幣が利用できなくなれば、これらは嫌でもタンスから引きずり出されることになる。 コロナ対策が100兆円を超え、日本政府はこれに充当させる資金を国債で賄おうとしているわけですが、このコロナ対策費約100兆円というのは過去の赤字の3年分の国債です。誰が買うのか?銀行を介在させてBOJなのか?? 麻

  • PBR1前後の企業に何の夢を見ろというのか?

    僕が起業したころ。1990年前後、バブル破裂直前、日本企業は株価時価総額で世界の上位をほぼ独占していました。その後、米国の鉄槌を食らって日本は極端に失速した。そしていまなお立ち戻れないままでおります。 いつものように国内株価/時価総額1位(33兆円)のトヨタを見ます。世界の時価総額順位ではどのくらいか? 20位にも入れない。日本一の会社が世界基準で見ると、その体たらくぶりなんです。 PBRが1.13倍だということ! 驚異的低さです。つまり会社を解散したときに得られるであろうお金の0.13倍しか企業価値がないという意味です。 テスラはどうでしょうか?テスラの株価PBRは11.1倍です。

  • 黒海の記憶#02

    ウクライナにある製粉工場だった。そこに設置する50リューベのアルミのタンク(spitter製)を何台か、オデッサのすぐ傍にあるチェルノモルスク港へ持ち込んだ。家内と結婚したばかりのころだから・・40年近く前の話だ。 僕が随伴したのは、相手側に当時まだ正常なFOBを行えるほど与信力がなかったからだ。 50リューベの空のタンクは美しい。そして相当な大きさだ。これを載せた貨物船は地中海からマルマラ海峡へ入りボスボラス海峡を抜けて黒海へ入った。チェルノモルスク港は黒海の北の外れにある。黒海に入ってからも長い旅路だ。 僕は誂えられた船室で、相変わらずMitsubishi製のシーケンサーを弄ってい

  • 黒海の記憶#01

    ビザンティウムと呼ばれ、コンスタンティノープルと呼ばれ、今はイスタンブルと呼ばれる古代から連々と続く街は、ボスボラス海峡を挟んで二つに分断されています。バルカン半島側を「旧市街」アナトリア半島側を「新市街」と呼ぶ。この二つを繋ぐ橋がボスボラス海峡に架かっているガラタ橋です。 旧ガラタ橋は1991年でしたか焼失してしまいました。今のは新ガラタ橋です。 この橋は面白いことに2階建てです。橋の下にレストランが並ぶ。美味しい魚料理を食べさせる店が多くて何れも混雑している。ちなみに此処で供する魚は、ガラタ橋の上で釣り人たちが釣ったもので、これを帰りに橋下のレストランで売って帰る。素敵ですね。 そ

  • 有楽町の鳩事情

    karasunoseitai.pdf drive.google.com 近所で同じく飲食を営む方と話をしてた。たまたまネズミが増えた話になった。 「カラスがいなくなったせいですよ」と彼が言った。「カラスはマメにネズミ捕ってましたからね」 そういや、カラスがいなくなったな。銀座の飲食が路傍に出すゴミ袋が荒らされなくなってる。 都と区によるカラス締め出し戦略が効を奏してるんだろうね。おかげでその恩恵をドブネズミが受けているというわけか。 「そういや、鳩もいなくなったな。」 「あ~見ないですねぇ。鳩もフン害とか言って区が締め出してるんですかね」 「ん~小池百合子に

  • 「銀座の子」

    銀座は小商いが集まる"村"だ。 この"村"の産業は小商いだった。一階に店舗を構え、二階以降に住むというのが普通だった。そんな商売屋の子が通う小学校があり中学がある。・・子らは独特の気風を持っていた。きっとそれは奉職者がほとんどいない学区だったからにちがいない。 それと、付き合いが親から続いている友達関係が多かった。だから大抵子供たちの通り名は「チョーシヤのたっちゃん」とか「あけぼのミチコ」だった。何かあると、女子はマメに母親へ言いつけるので、たいていのアクジは翌日に親の耳に入る。大目玉をくらうという仕掛けだ。 その分、友達関係は長く続く。大抵の子は成人すると親の商売を継ぎ「チョーシヤの

  • 12/03.2021短観

    本年3月並みの暴落(-30%)になるかと思われた11月26日の世界同時株安も、今週は落ち着いています。 オミクロンが、感染力>でも毒性<だという報道が効いているのでしょうか。S&P500VIXは現在(12/02)では11.93です。 安定圏内にいる。 https://jp.tradingview.com/chart/?symbol=CBOE%3AVIX ちなみにこのVIX(恐怖指数)は経験から導かれた疑似科学です。単純モデルとして捉えると・・直近1か月の変動係数を√12倍=3.46倍にしたものを今後一年間の変動幅と予測するという考え方です。過去例からこの予想は90%

  • ひとつの町がひとつの世界一をもつ

    何回か書いてきましたが、先の大戦で負け側になった日独伊はすべて戦後先進諸国(連合軍側)の加工貿易国家へ替えられました。ドイツは地の利を生かしEUという組み合わせの中で自分の地位を再構築しました。イタリアはできなかった。周辺の諸国が同じく加工貿易国へ変わる経緯の中で価格競争に負け、国力の回復が為されないまま現状に至っています。 日本の場合、朝鮮戦争ベトナム戦争という二つの特需を経て、先進諸国(主に米国)の加工貿易国家として見事にその位置を獲得しました。しかしイタリアと同じように周辺諸国に優秀な加工貿易国(中国・東南アジア)が幾つも立ち現れることで次第に国勢力を失い、現在に至っております。

  • 日本を急激に金融立国へシフトチェンジさせた男

    加工貿易国としての後戻りできない凋落の代替えとして、安倍晋三は日本を急激に金融立国へシフトチェンジしました。いま日本国の収入の大半は、海外投資のリターンと金利です。これらが現在大幅な黒字を日本へもたらしています。その意味ではアベノミクスは大局で大成功した施策でした。・・短期的には、ですが。 つまりいま日本が得ている利益の大半がドルなんです。ドル⇔円です。内需である円⇔円ではない。そのためドルの動静がそのまま日本国の収益に大きく反映される。 いま米国は高いCPIに晒されています。FRBは思い切って金利を上げるしかないところにいます。この米国の動きは直截的に日本の国家としての収益(金融的)

  • 「春秋」の筆法をもってすれば

    「春秋」の筆法をもってすれば安倍晋三は後代、本邦の民力を著しく疲弊させた奸臣と呼ばれるに違いない。 秦代の宦官に趙高という者がいた。始皇帝の秘書だった人物だ。始皇帝死後、趙高は末子胡亥を惑わし兄扶蘇を弑逆し(望夷宮の変)徹底的な独裁政権をつくった。ある日、宮中に鹿を連れ込み、胡亥にこれを「馬である」と言った。胡亥は「いや鹿である」と返したが、宮中の者全員が「馬でございます」と言った。 これが「馬鹿」の語源だ。 馬鹿の例を見よう。 官製金融機関であるGPIFは、国民の年金を司る機関である。そのGPIFの資産運用ポートフォリオは「しかるべきところ」に委託され組まれている。その199兆円のポ

  • 世界は資本主義と社会主義の混合へ進むのか?

    経済について語るとき、僕らは常にケインズを頭のどこかに置きます。「マクロ経済理論」は彼が始祖だからです。ケインズ教徒たちは「ケインズを知らずして経済学を語ることなかれ」と言います。学者の中にこうした教徒が多い。彼らの話をうのみにする政治家たちはケインズの理論を用いて経済政策を立案しています。欧米・日本ともです。 ・・実は・・僕はケインズが生理的に嫌いです。 英国の官吏で御用学者だったケインズにどうしても「愚民は管理するもの」という視座が見え隠れするからです。 「ケインズ革命」の本性は「個人益より国家益」です。国家が豊かになることで国民も豊かになるということです。 国民は国家に強い忠誠

  • たとえば・・皇女ではなく皇太子だったらメディアはどう書くか?

    たとえば・・皇女ではなく皇太子が大学で聡明な女性に出会い、彼女との結婚を決意し、のちにその女性が非正規雇用で生活してきた母子家庭の子で、母が大きな借金を抱えていることが発覚し、それでもその女性が海外で弁護士資格を取ろうと頑張っていたら・・・ メディアはこれをどう扱いますか??

  • 危険水域に達した金融機関と取引する金融機関は無い

    僕がFRBの金融政策を話すかというと・・それが日本の生死を決めるからです。具体的な傍証例を出します。ぜひ実感してください。 日本はアベノミクスとやらで、大量の円を増刷しました。理由はインフレ2%を目指すとのものでした。もちろん今の今まで、その目標は達成されていません。増刷した円は多くが海外(米国)へ流れたからです。金利ゼロの・・それどころか目減りしてしまう日銀口座は吸血口座です。お金は金利の付く米国債へ大量に流れました。 現在米国10年債年金利は1.63%です。0%金利の円とのイールドは1.63です。これに4回転のレバレッジを懸けた場合、26.08です。 金利ゼロで死蔵するしかない円

  • 銀座/消えた戦後の残り香のこと#02

    日劇の下に有ったオフクロの馴染みだった床屋「ホワイト」の話。ホワイトの営業は1977年までだった。「ロッキー」があった年だ。なぜ憶えているかというと、あの映画はオフクロの建ての願いで一緒に見に行ったからだ。その帰りに有楽町の駅なかに有った花屋であつらえてもらった花束を持って「ホワイト」へ寄った。 「さびしいわね。」オフクロが言うと 「みんな辞めちまうよ。ふじやも閉めるそうだ。」 「牛丼屋さんも?・・帰りに寄ってみるわ」 「ああ、そうしとくれ。みんな散り散りになる。」 オフクロが「ロッキー」に誘ってくれたのは、銀座に"まだ残る戦後の残り香"を僕にも感じておいて欲しかったから・・かもしれな

  • 銀座/消えた戦後の残り香のこと#01

    日劇の地下に「ホワイト」という床屋があった。オヤジさんが母の旧知でガキの僕の頭は此処で刈ってもらった。ヘンな坊ちゃん刈りじゃいし、子供に有りがちなテキトーな刈り上げでもなかった。品のよい仕上げだった。 母は「見かけ」にこだわる人だったからね。「人は見かけだよ。見かけもマトモにできないような大人になるんじゃないよ」といつも言われていた。 神田の製本屋の娘で、そうとうおきゃんだったらしい母の、下町育ちの心意気だったのかもしれない。 子供は"小さい大人"母はそう思っていたに違いない。 いつも思うんだけど、山の手と下町とは子供の立ち位置が違うんじゃないかな。 山の手は「子供」という形式があっ

  • 非正規雇用者はハチのようにお前を刺せる

    18歳以下の子供世帯をもつ世帯(賃金960万円以下)へ10万円支給することの歪みになぜ気が付かないのか?胸糞が悪くなる。 本邦経済の主構成員である世帯は非正規雇用者だ。非正規雇用者にとって結婚と子育ては"夢"でしかない。その"夢"を手に入れた者だけ・・主に正規雇用者に向けてだけヘリコプターマネーを撒くのか? その10万円はもらえるであろう、パートで食いつなぐ母子家庭が必要なお金は、10万円どころではないだろう。 貧困を知らない輩の思考は、聞いているだけで気持ちが悪くなる。忘れなさんな。非正規雇用者も一票を持っているんですぜ。アンタをハチのように(命を賭して)刺せる。 【

  • 希望のない社会を作れば報復はくる

    日本はこの30年間で、外国人労働者に対して門戸を開けず(開かずではない)、自国民のなかに時間給が正規雇用の1/3程度の働き手を大量に生産する方向へ進みました。すでに日本は、40%(2000万人)も同国民の非正規雇用者がいる国家になっています。 それに相まって高齢化が進んでいます。現在総人口の32%(4000万人)が年金受給者です。そして次世代の年金受給者たちは「俺たちはもらえない」と考えてる。「俺たちは負け側だ」と思っている。 ジョーカーの格好して電車でナイフ振り回す奴が出てくるのは、この国家的犯罪が原因です。 希望のない社会を作れば報復はくる。 自業自得・自己責任という議論ではな

  • 現在、日本の負債は如何ほどのあるのでしょうか?

    日本の国債は国民の貸し付けだから安心なのか 麻生大臣かつて「ギリシャとは違う」と発言|富を拡大するインテリジェンス2.0  興味深いことに、世の中で大事なところに混乱があります。 財政問題も何が正しく、何が間違っているのか分から... www.nikkan-gendai.com 麻生さんの寝言は置いといて(^o^;; 現在、日本の負債は如何ほどのあるのでしょうか? 政府の負債が1413兆円。民間非金融法人の金融負債が989兆円。世帯負債が362兆円、合計2764兆円です。 これは本邦GDPの5倍です。こんなに負債の多い国は、いまありません。この議論は誰も口にし

  • 「国民と国家」という概念は新しい

    民族は「血」だ。しかし国家は「絆」だ。 この違いは、正鵠に心の中に置くべきである。 血は変わらないが、絆は変わる。 国家に帰属性を求めるナショナリズムの歴史は・・実は浅い。 確実と云えるはじまりは、おそらく間違いなくパリ革命だろう。 王も貴族も富豪も国家には帰属していなかった。民は彼らの実質的な所有物だった。「国家」は身体を預けられる場所では無かったし、そこにアイデンティティを置けるようなものではなかった。 ところが、革命が民に政治的主権性をもたらすと、彼らは新しい帰属性を求めた。それが国民nationという考え方だった。これはある種ブームを起こした。世界中で「国民と国家」というスタ

  • 機械の花嫁への懸想#04

    子供のころは音楽なんか全く興味がなかった。ガッコの帰りに大声でみんなと一緒に歌うのは春日八郎の「お富さん」だったし、三波春夫の「チャンチキおけさ」だった。ンで、それが赤胴鈴乃介に続く。これを合唱しながら毎日帰校していた。あとは「田舎ぁのバスは♪おんぼろクルマ♪♪」あたりかなぁ。熱唱してた。 そのころ僕が通っていた佃島小学校は、西仲商店街一番に有ってね、ウチは元佃だったから、佃堀にかかっていた木の橋を渡って帰宅してた。ンで、興が乗るとその橋の真ん中に立ち止まって隅田川に向かって皆で合唱するんだ。声を限りにね。 死んだはっずだよ♪ おっとみさんン♪ 生きていたとはぁ♪ おしゃっかさまでも

  • 機械の花嫁への懸想#03

    子供のころから僕は何となく石川島で働くんだろうなと思ってた。僕が生活していた佃島の隣にある石川島播磨重工は、子供の僕にとって不可侵な技術の神殿に見えたからだ。神官になるつもりでいた。だから学校も高校は石川島の高専に行くつもりでいた。佃の伯父は僕がそれを言うと、いつも強く反対した。「だめだ。もし技術に生きるんだったら、大学を出てないと先は頭打ちになるぞ。大学は行け」と。でもウチは決して豊かじゃなかったからね、そんなお金のかかることは母に言い出せないと一人合点をしてたんだ。 ところで、植松さんに連れられて東海大学の15号館だったか・・に出かけたとき。僕はそこにある本当に動く"機械の花嫁"に

  • 製本屋の倅が紙のない世界へ進むきっかけ

    結局のところ僕のHALは動かなかった。僕の小遣いの大半を注込んでそれでも足りなくて、僕は小石川の叔父さんがやっていた製本所へアルバイトに行った。 小石川の叔父さんは、九人兄弟だった母の一番上の兄(当時母の兄弟は母を含めて4人しか存命じゃなかった)だった。彼は白石家の家業である印刷業を継いで美術印刷の製本屋として小さいながらも確固たる位置を占めていた。・・実は、東京へ出てきた白石家の裔で男子を齎したのは母だけだったため、僕は「特別な子」として、白石家・母の兄弟の間では扱われていた。その子が何かに夢中になって「小遣いが足りない」でいれば、みんなが僕の興味が何に向いているか関心を示してくれた

  • 日銀の「生活意識調査」をみながら思うこと

    驚くべきことに僕らは、現在の日本における所得階級データを知りません。最後に行われたのは2009年。厚労省のものです。往時のdataでは日本人の平均収入は547万円です。中央値は427万。その頃には既に年収300万円世帯は全世帯数5300万のうち、半数を占めていました。ショッキングな数字です。 いまこの瞬間については、類推するしかない。異様な話です。 21年10月に発表された日銀の「生活意識調査」を見てみましょう。 https://www.boj.or.jp/research/o_survey/data/ishiki2110.pdf 「ゆとりがない」「苦しくなった」と応えているのは36.

  • 希望のない社会を作れば報復はくる

    ホームレスではない。ポープレスがこの国を破滅に落とし込む。 なぜ彼ら(住所不定職業不詳の服部恭太に代表されるような若者)は夢も希望も持てないのか。戦う前から俺は負け側と思われてしまうようになったのか・・なぜ日本は、自国民を老いも若きも「海外労働者と同じ扱いにしてしまった」のか。派遣社員あるいは、それにもなれないuberドライバーのようなギグワーカーばかりにしてしまったのか。経済的貧困だけではなく精神的貧困にまで墜とし込んでしまったのか? 今、他国が抱えている経済的課題は、生産単価を落とすために海外から多数の移民を受け入れたことで起きている。日本はそれを極力しなかった。その結果、どうな

  • 金持ちが増えて貧乏人も増えた日本国

    日本国民全世帯数5300万の合計所得は、337兆円(2019年)です。うち共働き世帯は70%です。いつの間にか専業主婦が少ない国になってしまった。同時に世帯の高齢化が急速に進んでいます。つまり日本国の構成要員である日本国民が斜陽化している国だということ。これはきちんと理解しておくべきでしょう。・・ちなみに企業所得は87兆円です。 https://www.stat.go.jp/data/nihon/03.html 前述したように日本の家庭所得は、ここ30年間上がっていません。そのために世界水準からは大幅に下落し、20位台半ばまで凋落しています。少子化高齢化の結果として、現在空き家は全

  • マージャンの極意は経営の極意(笑)

    僕は長風呂です。原因はkindleです。だいたい一度の風呂で、一冊分を読みます。かかる時間は一時間程度・・なので一時間の長風呂になる。そのことでママにはずっと怒られっぱなしでいます。 「お風呂で死んでたら、片付けるの嫌だからね」と・・ ま。許してください。どうしても静かなところで、小難しい本が読みたい。 僕のkindleの中は、古典ばかりです。本棚には到底置けないほどの古典がkindleに収まってます。ありがたいことです。 ところが、これに最近にマージャンゲームが加わった(^o^;; kindoleをKindle PaperwhiteからFire HD10Plusに替えたからです。た

  • アメリカ閑話夜話#06/幸せな奴隷は奴隷を産み育てる

    コロンブスによるアメリカ大陸の「再発見」は、当然中央アメリカ/南アメリカの侵略簒奪開拓から始まったが、その地がどうやら相当巨大で、なおかつインド大陸ではないことが窺い知れると、北回りで/北極海を抜けて反対側へ回ろうという冒険者が多く輩出するようになった。 しかし当時の船・航海術では全く不可能で、これらの試みはすべて失敗している。ところがこうした「北回りルート」の模索は、おおきな副産物をもたらした。北海が実は思いのほか広大な漁場だということだ。当時、タラとクジラは極めて重要な産業物だった。タラは、牛肉豚肉の代替え物として貧しい人々の貴重な蛋白源だったのだ。クジラはその油がとても重要な

  • アメリカ閑話夜話#05/奴隷三角貿易

    南アフリカ/西インド諸島で作られた砂糖は、欧州で飛ぶように売れた。膨大な利益を生み出した。 となればいつまでもポルトガル/スペインの独占物とはいかない。かなり早い時期から、英国とフランスもこの事業に踏み出してくるようになった。 そのため、西インド諸島は、ポルトガル/スペイン/英国/フランスが取りつ取られつする地になってしまったが、奴隷の販売は超党派的にどの地区でも行われたままでいた。あまりにも過酷な労働のため、働く者の寿命が呆れるほど短かったから、次から次に補填する必要があったからだ。 主たる供給先であるアフリカ象牙海岸は隆盛を極めた。 残されている資料によると、1500ADから186

  • 電算機との出会い

    ENIAC/electronic numerical integrator and calculatorに魅せられた。中学生の時だった。晴海に有った図書館で見た雑誌に載っていた。たしか「初歩のラジオ」だったと思う。僕はラジオ少年だったから、あのヘンの本は愛読書だったんだ。でもそろそろラジオ製作そのものに飽きてきてた頃だったし、東海大学がFM放送を実験的に始めたり、「科学テレビ 東京12チャンネルテレビ」が始まったりしていたから、電波少年としてはネクストステージに胸をときめかせてた時期だった。 そんな時にENIACに出会った。夢中にならないわけはない。 ENIACはJ.プレスパー・エッカ

  • 替えられることを放棄していないか?

    話のすり替え・・「甘利疑惑」をかわすために、選挙を「共産党支配にしたいのか!」話を繰り返して、予算委員会での政策審議を開かないまま解散・総選挙に向かおうとする岸田自民党。投票日は10月31日です。 今回は、あからさまに単独政権をなんとしても取りたいという我執を剝き出しにした醜い選挙になっています。 https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/69945.html 「野党側 予算委開催再要求/与党側 応じられない考え」 https://www.data-max.co.jp/article/44372 ・・結果はどうなるか。まだ見えま

  • アメリカ閑話夜話#04/残虐なヒト狩人だったコロンブスの実像

    クリストファー・コロンブスは、アメリカの教科書の中では「アメリカ大陸発見者コロンブス」国民的英雄として描かれる。日本もこれに倣う。多くの子供向けの読み物は「あるところに海を愛する少年がいました」的に始まる。そして帰国報告について「国王と女王が黄金とインディアン(奴隷として連れてきた)を目にし、コロンブスの冒険談を聞いて驚かれました。そしてみんなで教会に行き、祈りと歌を捧げました。コロンブスの目には涙が溢れていました」と書く。・・ちなみにコロンビア百科辞典のコロンブスの項にも、彼と彼の仲間が行った残虐行為については一言も触れられていない。 同地における奴隷制や強制労働、レイプ、殺人、

  • アメリカ閑話夜話#03/象牙海岸の奴隷市場

    さて。このサトウキビという作物の伝播について、少し詳細に書きたい。 前述したようにサトウキビは、ニューギニアが原産である。これがインドに持ち込まれ、紀元前には既に盛んに栽培されていた。 紀元前4世紀にアレキサンダー大王がインドへ侵攻したとき、武将の一人が「その摩訶不思議な甘き作物」を、インドの特産物として報告している。してみると、その時期には中東にも地中海東部にもサトウキビは存在していなかった・・ということになる。 しかしサザン朝ペルシャの時代になると、サトウキビはメソポタミアでも栽培されるようになっていた。そしてイスラム帝国が同地を併合した頃から、地中海でも栽培されるようになっていっ

  • 中央区のらりくらり#40/天皇の資産形成#02

    薩長明治政府は、天皇家の功績に対してまず、ほぼ10万石だった禄高を15万石に増加させた。財源は70万石に削減した徳川家の持ち分の分配である。また所有土地についても大幅な増加を認め(多くは徳川家のものだった)明治半ばころには、54か所/700万坪が「天皇所有」のものとして、ここからの「売り上げ」が天皇家の収入となった。これが如何ほどかというと、明治6年の段階で50万円ていど、明治半ばころには200万円程度に膨れ上がっている。 明治13年に「第十五国立銀行」の設立。ここが投資先として原敬の「日本鉄道株式会社」を設立。まず東京-青森間を敷設している。 この資産形成の根幹に岩倉具視がいた。彼

  • アメリカ閑話夜話#02/コロンブスの航海

    スペイン王家の資本によって行われた「コロンブスの航海」は、公式に大西洋のはるか向こうに巨大な大陸乃至島嶼が存在することを証明した。この意味は極めて大きかった。結局のところ。コロンブスはaマルコポーロの云う「東方の黄金の国・ジパング」には辿り着けなかったが、それでも彼による「大陸がある」という証明は、ほかの多くの野心家を刺激することになった。 「マルコポーロの話が嘘のわけはない。彼の『東方見聞録』の中に出てくる話は、確認されている部分、すべてが真実だから。だから必ず、黄金の国はあるはずだ! 」と多くの野心家たちは思った。ただ単にコロンブスは不運でたどりつけなかっただけだ・・と。 コロン

  • アメリカ閑話夜話#01/世界が円筒形であることは船乗りの常識だった

    人類史に出てくる植民地は、殆どが内紛といがみ合いで内部崩壊しています。ところがひとつだけしなかった国があります。アメリカ合衆国です。 あの国で、内戦と云えるのは南北戦争位なもの。他にはありません。 不思議だと思いませんか?あの国を目指して世界中の民族が夫々の理由で集まったというのに、細かい諍いはあっても深刻な事態に陥るような齟齬は生まれないまま、国として世界最大のものへ育っていったのです。 この・・世界でただ一つ、成功した植民地の話を、ちょっとの間、してみたいと思います。 閑話夜話・・ご容赦ください。 一番初めに北アメリカに生きる場所を求めて入った人々は、カムチャッカ海峡を越えて

  • 高校生歌謡バンド結成のこと

    高校三年の時(1960年代後半)我が「高輪カルテット」のリーダーのサカズメが、フォーフレッシュメンのLPを持ってきた。そして唐突に「これやろう」と言った。 うげげげ。歌かよ。ロクに楽器できないのに。歌はムリだろ?メンバーが全員、訳わからんという顔でいたら「これからはグループサウンズだ」と言った。 「グループサウンズってたって、もうソンなもン、終わってんじゃねぇの?」とイシジマが言うと・・ 「いやいや、何てったって二匹目のドジョウがうまい」と返してた。 あきれて誰も反対しなかった。 で。突然「高輪カルテット」はコーラスバンドに変貌した。 まあ、下心はあったね。ウチのバンドは、ほんと何処行

  • 中央区のらりくらり#39/天皇の資産形成

    時代の趨勢で徳川幕府に取って代わった天皇を頂く明治政府だが、中身は薩長の下級武士と京都の貧乏公家の集団でしかなかった。だからこそ己を大きく見せるために虚勢ばかりは張った。たいていの革命政府はそうした虚勢のために混乱を招き失速してしまう。ところが薩長による新政府は、幾つもの幸運が重なって崩落までは至らずに進んだ。 それは「天皇という錦の御旗」のおかげだろうか?それとも薩長下級武士の裏で暗躍した海外資本のおかげだろうか?いずれとも思えない。 ・・時代の必然とでもいえば良いのだろうか? 欧州に蚕食されていく隣国清の趨勢を、かなり正鵠に見つめていた日本国は、おそらく旧態依然とした幕府体制をその

  • おわりに・・憂国の思いをこめて【イタリアワインとパスタを見つめながらの取り留めない話の〆#15】

    さて。イタリア統一運動リソルジメントは、同地のワイン生産者に如何ほどの意味と価値が有ったのか? たとえば・・パリ革命は、ワイン生産者に膨大な変革をもたらしました。畑の持ち主だった貴族・僧侶は片っ端にギロチンにかけられて、その土地は小作人と商人たちに分配されたのです。フランス全土で、これが起きた。 比して、サルディーニア王国の拡充という方向で起きた統一イタリア運動は、結局のところ資本家目線で起きた「革命」であり、農家や商人にとっては、ただ単に搾取者が入れ替わった・・程度の意味しか殆んどなかった。 ワインは相変わらず地産地消で、小作人は生産物の半分を物納し、貧しいままでいた。ただ北イ

  • イタリアワインとパスタを見つめながらの取り留めない話#14/統一イタリア

    南北間経済格差の中で生まれた 「統一イタリア」王国の話を続けます。 1861年に生まれたイタリア王国の首都は、当然サルディーニア王国の首都だったトリノでした。これをフィレンツェに移したのは1865年。1866年に勃発したプロイセン・オーストリア戦争に、プロイセン側として参戦。勝利しヴェネツィアを手に入れました。そして1870年、フランス軍が駐留していたローマへ侵攻。これも占領しました。 ローマは当時、ローマ教皇領として成立していました。これに侵攻し、イタリア王国の首都をローマとしたのです。当然、ローマ教皇たちは激怒しました。ローマ市内のバチカンの丘に立て籠もり徹底に反抗しました。ま

  • 「政治家三流・官吏一流」の真価

    矢野事務次官の寄稿は「財務省の事務方トップが“会計学に無知識である”ことを世界に晒した」 ~高橋洋一氏が指摘(ニッポン放送) - Yahoo!ニュース ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月13日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。『文藝春秋』で発表さ news.yahoo.co.jp 矢野事務次官を批判する高橋洋一。しゃべり口調に詐欺師の臭いがプンプンとする彼は、典型的な東大話法の使い手だ。 聞いていると胃の調子が悪くなってくる。 https://note.com/mikebear555jp/n/n9504f245e153 日銀が買う

  • 小説日本国憲法/おわりに

    先人の血と汗と涙の上に、町も人も在ります。 私たちは、文明と文化の街道を旅する者だと云えましょう。 正しく携えた荷物を後人に託すには、やはり先人の道を知る必要が有ると筆者は考えます。 しかし現代史を見つめようとすると、どうも不明な部分が多い。「こうなった」は残されている。しかしその背景に有る「何故そうなったか」については何となく藪の中という話が多いのです。こうした背景に疑問をもたないまま、事実を羅列する姿勢に筆者は強いストレスを感じます。 実は、筆者はアメリカTV映画/刑事ドラマの大ファンでして。きちんと張られた伏線が、思いもよらないもので、それが見事に解決していく筋立てが大好きです

  • 一抱え あれど柳は 柳かな

    銀座の通りは縦横とも植物の通称が多い。花椿・マロニエ・スズラン・並木など・・ ウチの店の前にあるは柳通り。銀座は柳の町なんだけど、8丁目の御門の柳、泰明の銀座二世の柳とは別に、通りへ「柳」を冠しているのは此処だけだ。 その柳通りは、後藤新平の昭和通りで分断されている。木挽町側・・僕は裏銀座と呼んでいる。裏銀座の柳の木の下には誰が植えたかアジサイが寄り添っている。柳とアジサイ。これがなんとも佳い趣なのだ。 一抱え あれど柳は 柳かな と加賀の千代女は詠んだが、さすがにそれほど太い幹のものは銀座にはない・・だけど彼女が観たものは判る。 そんな柳を大老・井伊直弼は好んだ。雅号も柳王舎(やぎわ

  • 中央区のらりくらり#38/明治政府の財布の中

    1868年(慶応四年)4月11日。江戸城無血明渡しによって、江戸は完全に薩長が先頭を走る東征軍の手に落ちた。7月17日、江戸から東京へ改称。10月13日には江戸城を皇居とし「東京城」と改称した。10月23日に年号を「明治」とし、天皇一代の間に一年号とする「一世一元の制」を立てた。そして12月7日に、東京城に宮殿を造営するという布告がされている。 翌年1869年(明治2年)2月ころから新政府諸機関が機能し始めている。これら一連の動きを当時は「御一新」と呼んだ。 もちろん順調に動いたわけではない。薩摩(藩主島津久光)長州(藩主毛利敬親)土佐(藩主山内容堂)などは、維新の中核を為した自らの

  • 中央区のらりくらり#37/無能な王は当然国を亡ぼす

    戦争は国力を削ぐ。まして内戦は傷が深い。海外から嗾けらて長州・薩摩・土佐が徳川幕府に食いついたとき、幕府は石高制と幕府発行通貨による経済政策が経年疲労を起こし破綻寸前になっていた。 その窮地を脱する為の井伊大老の開港政策だったのだが、結果として起きたのは桜田門の変/公武合体である。すべてが裏目に出ていた時である。もし一つでも、徳川財政立て直しの糸口になっていたら・・事態は大きく変わっていただろう。長州征伐は、反乱の芽を潰す成果になっていたかもしれない。しかし時代は慶喜の味方をしなかった。ありていに言うならば、時代が味方するほど慶喜は有能ではなかった。愚才だった。 それでも大政奉還し王政

  • 中央区のらりくらり#36/見間違えた政敵#03

    1860年3月24日/安政7年3月3日。この日の江戸は明け方から季節外れの雪模様だった。 3月3日の雛祭りである。この日大名諸侯が祝賀のため総登城する日だった。その大名駕籠の行列を見物するため多くの町民が雪の町へ出ていた。 彦根藩邸上屋敷から井伊直弼の駕籠が出たのは午前9時ごろ。彦根藩邸から桜田門までは三~四町くらい、行列は総勢60人ばかりだった。全員が雪装束をしていた。腰の刀は雪を避けるために袋へ収められていた。 ・・その駕籠行列の前に駕籠訴の徒が御畏れながらとしゃがんだ。不埒者!と供の者が取り押さえに走った。しかし男は唐突に立ち上がり抜刀した。桜田門外の変である。 まず井伊直弼の駕

  • 中央区のらりくらり#35/見間違えた政敵#02

    ペリー来訪が1853年7月8日。 蒙昧病弱だった家慶死(1853年7月27日)後、将軍席は実子・家定が継いだ。しかしこれを面白くないとする勢力があった。家定もまた幼少の頃から病弱で、人前に出ることを極端に嫌う人だったからだ。しばしば癪を起した。 家定への評価は御三家からも幕閣からも低かった。「安政紀事」にも「疾ありて政をきくことあたはず、ただ廷中わずかに儀容を失はざるのみなり」とある。客観的に見て、父・家定に輪をかけた無能な男だったのだ。ペリー来訪を受けて天下揺籃の時に、これほど相応しくない人物が将軍席に就いてしまったことは、本人にも徳川幕府にも不幸だったといえよう。 当然のように、家

  • 中央区のらりくらり#34/見間違えた政敵#01

    不運なことに・・徳川幕府は、徳川家斉の長期安定政権のあと、将軍席を実子・家慶が継いだ。 家慶時代、幕府財政は家斉が実施した改鋳という金融緩和政策で一時驚異的な回復を果たしがらも、家斉自身の放埓な浪費と石高制の機能不全が全く手つかずに置かれたため。家慶の代には再び深刻な財政難に陥っていた。その危機を背負いながら、蒙昧な上に病弱だった家慶は、何の起死回生となる策も打てないまま漫然と統治を続けていた。 そこにペリーの船がやってきたのである。 家慶自身は、開国について否定的だった。海防掛を常設させたりして、外国船の打ち払いを指令していた。しかし諸藩は、行き詰った藩財政の足しになれば・・と幕府に

  • 亡国の論理であることに気が付かない哀れ

    矢野康治事務次官の命を懸けた「諫」を貶める高市早苗。 https://news.yahoo.co.jp/articles/de8a1b660a86df6577f0fe2e380cff38cc28c0f6/images/000 「(日本の国債は)自国通貨建てだからデフォルト(債務不履行)は起こらない」OK、しない。では誰が買うのか? 金利ゼロの国債を誰が買うのか? GPIFか? かんぽか? 民間銀行か? 金利益で成り立っている事業体がそれを買い続ければどうなるか?子供でも分かるはずだ。 GPIF/かんぽ/民間銀行が誰のお金を預かって、それを運営しているのか? 金利が物価上昇率と連動して

  • 自然との共生

    実はNYCはSynanthrope Preserve(シナントロープ保護区)です。意外と知られていないですね。 https://synpreserve.com/ 僕らが作ったヒトが生きるための環境/村・町・都市・畑・工場・森林・漁場・・etcを、如何に他の生き物たちと共用できるか?これはとても重要な"ヒトの課題"です。ヒトはヒト以外の生き物との共生なしで安寧は得られない。 NYCのSynanthrope Preserveという考え方はここから始まっています。東京も深く学ぶべき部分があります。 僕らと同居している鳥たちの多くは雑食ですが、昆虫と木の実が主食の鳥類を僕らが快く迎え入れるに

  • お金は、誰かの借金だということ

    いま、まさに下記日銀の説明通り、日銀は政府からの命令で「日本円の価値の崩壊」の道を、突き進んでいます。 https://www.boj.or.jp/paym/outline/kg22.htm/ 「第2の仕掛けは、おさつの価値が下がらないようにすることです。倒産しない者に発行させる、というだけなら、中央銀行でなく政府が発行しても問題ないはずです。しかし、国の経済の中にあって政府は自ら巨額のおかねを使う主体でもあります。おかねを使う者が発行することになれば、おさつが節度なく大量に発行されるおそれが出てきます。おさつが節度なく発行されれば、おさつの価値が下がっていく可能性が高まります。おさつ

  • 小説日本国憲法4-10/朝鮮戦争と云うカミカゼ

    筆者は、朝鮮戦争こそ戦後日本を救った最初の「神風」だったと考えている。 では如何ほどの衝撃を日本経済に与えたか。 青山学院・米澤義衛先生の研究(経済審議庁/通商産業省作成「昭和26年産業連関表」に基づく)によると。もし特需がなかったとすれば、1951年には国内生産は5.55%,付加価値生産額は2.27%減少したであろうとしている。またもし、朝鮮戦争を契機とする世界的なブームによる日本の貿易拡大も存在しなかったとすれば。国内生産/付加価値生産額の減少率は,それぞれ15.30%、6.25%にも及んだであろうと試算している。 もしこの「神風」が吹かなかったら・・日本に戦後の空前な好景気は訪

  • らく町まぼろし散歩#06

    「これ、おいしいね」と僕が言うと、母の額にピッ!と走るものがあった。 「男はね"うまい"で佳いんだよ。"おいしい"はおんな言葉だから。」 ところが最近は女の人まで"うまい"を連発するようになった。可愛い娘路線を走ってる若い子が「うまい・めちゃうまい」を連発しているのを聞くと、あ~お里が知れるというのはこう云うことを言うんだろうなあ、と思っちまう・・実はですね「お里が知れる」と「恥を知れ」は、とても日本語的なネガティブ・ワードなんです。ま、でも最近、面と向かって「恥を知れ」と言いたくなるような言動の輩と袖摺りあうことが多くなったから、「恥」もバーゲンセールで売り尽くされちゃってるのかもし

  • 東京弁と首都圏語#37/東京弁に今も残る六方詞

    万治・寛文年間(1658~73)に台頭した六方者の存在は歌舞伎を通して大きく江戸の文化に影響を与えた。六方者とは、天下の御(5)法を守らぬ無(6)法者という語呂合わせである。大半が旗本奴の六法組や町奴だったという。 彼らは成立しつつあった御家人言葉を忌み嫌った。より地の言葉である関東弁を多用した。それが六方詞だ。典型的な六方詞を列挙する。 ①促音。撥音を伴う接頭語として。 とっつく・ひっつく・かっつく・めっっく・ぶっかける・ぶっこぽす・ぶっつける・ぶっ散らす・ひっちぎる・引っ張る・ひったくる・ひっさぐる・ひっごうむ・ひっいう・引っ付ける・ひっつる・突っ立つ・とっちめる・うっちゃる・

  • らく町まぼろし散歩#05

    有楽町駅前のすし屋横丁の中に「コンボ」というジャズ喫茶が有った。オーナーは川桐徹という方だった。店は1955年に閉めてるから僕は知らない。でも僕らの先輩ジャズ屋が良く口にする名前なので、存在だけは知っていた。小川隆夫が川桐さんにインタビューしてる記事があるからね、もし関心がある方は読んでみてください。実は新橋の「オニックス」にも僕は間に合ってないのです。 ここでは相倉久人先生の「至高の日本ジャズ全史(集英社)」からの引用をします。 『コンサートが終わって会場を出ようとしたとき、誰かが「この近くにジャズのレコードを聴かせる店があるので寄ってみないか」といい出した。 (注:1952年4月

  • なぜ中国に停電が類発しているのか

    なぜ中国に停電が類発しているのか?習近平CCPは北京市の停電を「電力設備の交換」と説明している。設備が老朽化したので大幅なリニュアルを行うと。もちろん、そんな説明が中国全土で起きている停電の説明にはなりません。 https://www.scmp.com/economy/china-economy/article/3150313/what-has-caused-chinas-electricity-shortages-and-beijings?fbclid=IwAR3u_maEdeu5_wreZvNCoamN8oETWGFaNwAQEDDbtdWFHzApPBEu8Pe9afg もっと

  • なぜ恒大集団が資金繰りの危機に陥ったのか

    なぜ恒大集団が資金繰りの危機に陥ったのか。 不動産の売れ行きは前年比より12.7%もある。きわめて好調です。恒大集団の売上も、前年比で1割は増えています。資金繰りが・・つまり満期がきた社債と銀行借り入れを返済できれば問題ない健全企業です。それが倒産の危機に陥った。理由は習近平CCPによって、近年急成長した企業に対しての銀行融資が実質停止したからです。きわめて意図的です。 彼はいま「太らせたブタ」の刈り込みをはじめた・・と見るべきです。 現在の中国の隆盛は、ロックフェラーと手を組んだ鄧小平がもたらしたものです。 習近平CCPがやろうとしているのは「偏った背伸びはし易かった。しかしもういい

  • らく町まぼろし散歩#04

    嫁さんの誕生日で先日道東にあるオーベルジュまで食事に出た。片道9時間の晩飯行だった。 さすがに一泊したんで、翌日は僕の趣味で美幌峠に寄らせてもらった。 菊田先生の「君の名は」を松竹は映画化した。三部作でね。その一つの舞台が美幌だったんだ。ぼくにとって少年/青年期の大きな道祖神でもある松竹の生んだ大作の一つだ。あ。余談だけど「人間の条件」も舞台になった北満鞍山市を訪ねて、鞍山老虎嶺を探し求めたことがある。とても深い思い出だ。 で。今回は熊笹に覆われた美幌峠。チャーターした車は駐車場に待っていただいて展望台まで嫁さんと登った。途中までくると朗々と歌声が聞こえた。「誰か展望台で歌ってるわよ」

  • イタリアワインとパスタを見つめながらの取り留めない話#13/統一国家イタリアへ

    ローマ帝国崩落の後、イタリア半島に統一国家の芽生えが見え始めるには1000年以上の時を必要としました。 イタリア半島は、地勢的に見て地中海の中央という位置にありますから、交易の拠点としては極めて有利な場所です。それが仇して、ローマ崩落後のイタリア半島は、諸外国から弛むことなく侵略され続けてしまったのです。結果として都市単位・地域単位で分断されたまま1000年以上という時が過ぎた。 疲弊した人々が未来に夢見るのは至難です。 イタリア・ルネッサンス/イタリアン・バロックを生み出した諸貴族も、その出自を見れば大半が異国の人です。イタリア半島の人ではない。彼らが閉ざされた中で、内向きに絢

  • かどかどの 支えとなれや 小商い

    かどかどの 支えとなれや 小商い

  • 小説日本国憲法4-9/薔薇は枯れた

    松田義一の葬儀後、松田芳子は関八州の親分らの後見で関東松田組の跡目を継いだ。全国ヤクザ組織中唯一の女親分が誕生した。それも舎弟2000人を引き連れる大親分だったので松田芳子は大いに世間の注目を浴びた。 兄・浜田康弘は、白洲次郎からそのことを聞いた。康弘は沈黙したままだった。康弘は母にその話をしなかった。浜田家にとって、長女・幸枝は終戦の動乱で行方不明になったままの存在でよかったのかもしれない。「流転」・・康弘は、そんな言葉を思い浮かべた。 松田芳子がそのことを知る由もない。彼女は松田組統制に粉骨砕身した。 状況は良くなかった。松田義一の死で、台湾華僑の介入は露骨になった。芳子

  • おはぐろ蜻蛉: 東京日和 2つめ

    自著「おはぐろ蜻蛉: 東京日和」の 2つめ を出しました。 おはぐろ蜻蛉: 東京日和 2つめ www.amazon.co.jp 0円 (2021年09月28日 02:30時点 詳しくはこちら) Amazon.co.jpで購入する おはぐろ蜻蛉: 東京日和 www.amazon.co.jp 0円 (2021年09月28日 02:30時点 詳しくはこちら) Amazon.co.jpで購入する

  • 稲荷杜 団子背負ひて 鶲かな

    裏銀座にもお稲荷さんはある。銀座の村民はお稲荷さんが御趣向だ。ウチの傍にも安平神社がある。この辺りは新庄美濃守の屋敷があったからね、そこに祀られていた稲荷神社だ。 明治になってからは某田舎成金に買われて料亭「万安樓」になった。そいつが銀座タワーへ歩成りして、お稲荷さんだけが此処に移されたというわけだ。小さな杜(もり)を具えている。 今朝、店へ出るのにその横路地を抜けた。 そしたら鶲(ひたき)の姿を見た。少し小雨模様なのに何かエサを探しに来たのかもしれない。あぁ晩秋なんだなぁ。裏銀座にも秋がきている。 稲荷杜 団子背負ひて 鶲かな

  • らく町まぼろし散歩#03

    高校時代「新宿へ行ってくら」と母に言うと「およしよ、そんな遠いとこ行くのは」とたしなめられた「あそこは駅前で牛が鳴いてるトコなんだから」 銀座を真ん中に2km圏内だけで90年生きた母にとって、青山や原宿は鄙なる里だったから、新宿なんぞトンでもない遠隔地だったんだろうな。 ・・そう母に言われたとき、僕は一笑したが、考えると僕自身も同ンなじようなもンだったと、今になると思う。 僕の街も銀座と有楽町だった。 もし・・僕の高校時代の拠点が新宿だったら・・僕の1960年代は違う時代風景になっていたかもしれない。 あの頃、僕とって新宿はピットインへ行くだけの街だった。あくまでも銀座有楽町が僕の毎

  • 蓑虫の 首ちゞめたる 嵐かな

    昨年9月のことを、キレイに忘れたような報道を見つめていると、今回の総裁選の行方が垣間見えるような気がする。 あのときの結果は1位が菅、2位が岸田、3位が石破だった。菅が総裁になることは予定調和だった。それでも石破が2位になることを 安倍/麻生タッグは嫌った。次の総裁選(今回の)に出てこさせないために息の根を止めたかったからだ。そのために菅票に回るはずの票を間違いなく岸田に回した。 ・・今回はどうだろう。鬼っ子河野のぶつけるに足る技量が岸田にあるか?岸田は、今回の総裁選に望んで徹底的に菅政権を反面教師とする発言を重ねている。それだけで充分なのか? 僕は高市とその周辺を見つめたい。二階だ

  • イタリアワインとパスタを見つめながらの取り留めない話#12

    ローマ帝国崩落の後、イタリア半島に統一国家の芽生えが見え始めるには1000年以上の時を必要としました。 イタリア半島は、地勢的に見て地中海の中央という位置にありますから、交易の拠点としては極めて有利な場所です。それが仇して、ローマ崩落後のイタリア半島は、諸外国から弛むことなく侵略され続けてしまったのです。結果として都市単位・地域単位で分断されたまま1000年以上という時が過ぎた。 疲弊した人々が未来に夢見るのは至難です。 イタリア・ルネッサンス/イタリアン・バロックを生み出した諸貴族も、その出自を見れば大半が異国の人です。イタリア半島の人ではない。彼らが閉ざされた中で、内向きに

  • 敬読書

    敬読書

  • イタリアワインとパスタを見つめながらの取り留めない話#11

    乾燥させても型崩れのしない硬質系小麦粉を、携帯用・保存用として最初に使用し始めたのは中東の荒地・砂漠地帯に住む人々だと言われています。 前述しましたが、硬質小麦は粒系が大きい。これに水を加えて力強く捏ねると、粘着質の極めて強い表面の固いダマができます。最初は、そのダマを湯掻いて食べた。 ちなみに湯掻かないで、そのまま水に漬けたままにすると、発酵を始めてビールになります。 ビールの発見(発明)は、ダマにして携帯する・保存するという歴史と同じくらい古いのです。おそらく最初は偶然から発見されたんでしょうね。ちなみに当時のビールは上面発酵ですから、管状の容器で作られて、これに長いストローを

  • 東京弁と首都圏語#36/東京弁はいつ東京語になったのか#05

    「安愚楽鍋」は生きた明治の言葉だ。とても面白い。 引用した三つの章を比べてみると・・ 「僕」を使っているのは武士だけ。 職人は「おら」と「こちとら」を使っている。 芸人は「わちき」と「わっち」を使っている。 身分によってもはっきりと代名詞が違うことが判る。 「ダ」は、武士は使わないが職人/芸人とも使う。対して「じゃ」は使われていない。ここでは引用していない章では、知識人の間では使われている。 「デゴザル」は武士だけが使っている。 「職人」は「ダ」を使う。町人は「デゴザリマス」と「デゴザイマス」を使った。 芸人は「デゴゼエヤス」と「デゴゼエス」と「デゲス」を使っている。 https://

  • 東京弁と首都圏語#35/東京弁はいつ東京語になったのか#04

    1871-72(明治4-5)年に出された仮名垣魯文の戯作「安愚楽鍋」から、当時の侍、芸人、職人のしゃべり言葉を見てみたい。 読みやすいように言葉の間に間を挟んだ ○鄙武士(ゐなかぶし)の独盃(ひとりのみ)  としごろは三十ばかり いろあくまでくろく あたまは自びんのくさたばねもつとも そうがみの火のつきそうなみだれが みくろもめんのもんつきとんつくぬの子に 小くらのよごれくさつたるはかまみぢかき 一ぽんがたなのつかのよごれをいとふか あるひはつかいとのほつれをかくさんためか しろもめんにてぐるぐるとまき つけつんつるてんのきものをうでまくりして しやにかまへ よほどゑひがまはりしと見

  • 東京弁と首都圏語#34/東京弁はいつ東京語になったのか#03

    東京語の原型である「江戸弁」は江戸町奉行所支配域(所謂朱引内)の生まれたものである。 郡部は、土地の方弁を使っていた。 江戸弁は、江戸城を中心にして、武家屋敷地区で使用されている「武家言葉」と、町民・職人が暮らす人々が使う「町民言葉」に分かれていた。 「武家言葉」が、地方から参内する武家たちの間の共用語として暫時成立したものだった。中央集権化の基礎は使用される言語の統一である。江戸城内で政治にかかわる人々の使う言葉は徳川政権成立と共に急速に整備された。ベースになったのは河内弁だったが、これに京風/公家風の言い回しが混ざり形成されていった。 一方「町民言葉」は、従来からある武州方便と上方

  • 東京弁と首都圏語#33/東京はいつ東京になったのか#02

    かくして薩長革命軍の手に落ちた日本国は、声高らかに遷都と首都名の変更を宣言した。 彼らは、先ず江戸町奉行所支配域(所謂朱引内)を東京"府"とした。 「府」は、唐代から清代にかけて、県の上に置かれた行政区画である。そして国衙を中心に置いた中央都市を「国府」とした。日本はこれを倣った。 江戸時代「府」は江戸のことを指した。江戸市内を「府内」あるいは「府中」といった。 そして江戸に入ることを「入府」江戸にいることを「在府」江戸に常駐することを「 定府 」と呼んでいた。 ・・余談だが、ひとつアタマに入れておくべきことがある。 薩長・土佐の革命軍だが、江戸幕府を征服したあと、新体制の国家体制を

  • らく町幻散歩#02

    心に骨格が出来て、血肉が付くのはきっと中学から高校になるころなんだろうと思う。 色々なものとの出会い。人、モノ、音楽、映画、書籍・・これらが、そのままマッつぐに血肉になる時代なんだろうな。とすれば人は高校時代に完成されて、それ以降は大して伸びない変わらないものかもしれない。 僕にとって、中学/高校は銀座と有楽町だった。音楽も人も映画も書籍も・・この街で出会った。 東劇の五階の小さな映画館「中央劇場」。三原橋の下にあった「名画座」になったりエロ映画館になったり忙しかった処。そして日劇にあったATG。ヴィスコンティもゴダールもエイゼンシュタインも何もかも僕は全て銀座の映画館で観た、 高柳

  • らく町幻散歩#01

    僕にとっての銀座/有楽町は1965年あたりから1970年くらいだ。高校生になってからと大学生になってから・・だね。それ以前だと母に連れられて出かけた、ちょいとオシャレをしてく街だった。神田に有った洋書専門の製本屋だったウチの娘だった母は、昭和元年生まれだったから激動の時代に多感な10代を過ごした人だった。それも洋書専門の製本屋という特異な環境が、あの時代に有りながらも母の趣味や性格に深く織り込まれたのかも知れない。普通に英語を話し、洋楽と洋画と普通に洋食を嗜む人だった。・・GHQで働いていた父が逝った後も母の洋風な暮らしは全く変わらなかった。 僕が中学の時に、付き合っていたお嬢さんか

  • イタリアワインとパスタを見つめながらの取り留めない話#10

    ●茹でるモノの登場 紀元1000年過ぎごろから、茹でるという文化が生まれてくると、おそらく一番初めに茹でられたのは、水を混ぜて捏ねられ引き延ばされた麦の粉でしょう。パスタです。 パスタは、北イタリアで最初に開発された、と云われています。つまり生パスタですね。最初に作られたパスタは、すべて生パスタだった。短冊状・細棒状の前に平板状(パエリア)のものが登場し、これの間に具材を挟んで火を通す。あるいはスープに入れる食べ方が急速に広がりました。 殆んど同時期に、南イタリアで乾パスタが登場します。 実は、北イタリアと南イタリアでは収穫される麦が違います。 北は軟質麦系が多く、南は硬質麦系が多

  • ボルドーれきし ものがたり4-3/"葡萄の時代"#02

    大洪水の時、葡萄農夫だったノアが箱舟に持ち込んだモノ。それがすべてワインの源だと神話は語ります。そして水が引いた後、ノアがアララト山に葡萄畑を作りそこでワインを作ったと。。あながちこの話が蔑ろにできないのは①どうやら僕らが使用しているワイン用の葡萄は原種がアララト山の北側らしいこと。②ワインのための葡萄の木は、寄木でしか増えないこと。 残念ながら、今でも残っていると言われる「ノアの畑」には、僕らは訪ねることもそのワインを飲むことも叶わない・・のですが。 さて。4500年前。アナトリア地方を襲った大干ばつによって、人々は葡萄の木を携えて西へ西へと移動しました。そしてその辿り着いた地で葡萄

  • 小説日本国憲法4-9/日本国憲法発令

    枢密院を通過した新憲法草案は、幣原からバトンタッチした吉田茂第一次内閣に移された。GHQ/ホイットニー、ケーディスたちは暫く黙ってその経緯を見つめるようになった。しかし吉田は常に進行状況を彼らに報告し、そのためのGHQ詣では数十回に及んだ。完全な連係プレーで制定まで突き進んだわけである。 吉田は、組閣後すぐに憲法選任国務相という新しいポジションを作った。そして金森徳次郎をこれに充てた。金森は戦前の法制局長を務めた人物である。彼ほどその地位に相応しい人物はいない。飄々とした人格で、未だ帝国憲法下にあった議会での大日本帝国憲法改正審議は、殆ど彼一人で政府答弁を行っている。たしかに「ノラ

  • 日本列島RustBelt時代#02

    コロナ渦を理由として、世界中の政府が赤字国債を増発しています。そしてそれを中央銀行が買い取る。通貨発行量が激増し、これによって財政支出が補填されています。 日本政府の場合、今回は ①個人向け国債は2021年10月15日(金)発行 内訳は固定3年(第136回)/固定5年(第126回)/変動10年(第138回)。 ➂金利は 固定3年/0.05%(税引前) 固定5年/0.05%(税引前) 変動10年/0.05%(税引前) ➂償還日は 固定3年/2024年10月15日 固定5年/2026年10月15日 変動10年/2031年10月15日 です。 個人向けというが、金利ゼロの国債を一体だれが買う

  • 日本列島RustBelt時代#01

    14日の東京株式市場で日経平均株価が1990年8月以来31年ぶりの高値を付けた。本日も3万円を維持している。1989年12月の高値は3万9800円だった。その天井に向かって動いている。 ちなみに最安値は2012年の8000円。民主党の野田政権が、消費税10%の法案を出した時です。 なぜいま株価が上がったのか? 次期首相が誰になろうが(自民党政権なら)菅政権では停滞していたアベノミクスが始まるだろうとマーケットが見ているからです。次期首相は以下二つを必ず実行します。 ①コロナ対策補正予算。50兆円程度 ➁BOJの国債買取でベースマネー(当座預金)の増加。60兆円程度か。 マーケットにお金

ブログリーダー」を活用して、勝鬨美樹さんをフォローしませんか?

ハンドル名
勝鬨美樹さん
ブログタイトル
勝鬨美樹/銀座グランブルー 設定
フォロー
勝鬨美樹/銀座グランブルー   設定
カテゴリー一覧
商用