searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

はるパパさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
dbSheetClient千夜一夜
ブログURL
https://www.newcom07.jp/dbsheetclient/dbsc-blog/
ブログ紹介文
いつも身近にあるExcelをデータベースと融合させる魔法のツール「dbSheetClient」の物語
更新頻度(1年)

50回 / 358日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2020/09/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、はるパパさんをフォローしませんか?

ハンドル名
はるパパさん
ブログタイトル
dbSheetClient千夜一夜
更新頻度
50回 / 358日(平均1.0回/週)
フォロー
dbSheetClient千夜一夜

はるパパさんの新着記事

1件〜30件

  • 業務報告改革の続き

    コロナ禍以前より報告業務の効率化を図っていた企業では、それほど大きな混乱は、なかったかもしれません。昭和世代の筆者は「営業は会ってナンボ」的な価値観、あるいは「個人商店」的な流儀...

  • 業務報告改革

    コロナ禍で奪われた人と人とのリアルなコミュニケーション。たわいもない井戸端会議が、貴重な情報共有の時間だったのですね。このままコロナが終息して、以前のようなコミュニケーションの時...

  • 新鮮革命

    普段テレビを見ない方も、オリンピックは断片的でも観戦されたのではないでしょうか。特に、LIVE(生中継)は、競技の臨場感が何倍にもなって迫ってきますね。いわゆる筋書きのないドラマ...

  • Shall we 文書管理?

    「デジタイゼーション(Digitization)」を前提として「デジタライゼーション(Digitalization)」に進めます。英語の禅問答のようですが、該当する言葉が日本語に...

  • 月度からの脱却

    夏と言えば、夏休み。小学生の頃、一日中、真っ黒になって遊んだ記憶が蘇ります。そして、夏休みが終わりに近づくと、まったく宿題をやっていなかったことに気が付くのでした^^;大人になっ...

  • カスタマーサクセス

    いま、クラウドサービスやサブスクリプションの台頭を背景として、製品やサービス提供のビジネスモデルが大きく変化してきています。新しいビジネスモデルで製品やサービスを提供する企業にお...

  • 気が付けばDX(5)

    従来のITは業務効率化を図る道具として位置づけられ、ITにかかるコストは「経費」でした。しかし、システムから売上アップを期待できるようになると、それは、「経費」ではなく「投資」と...

  • 気が付けばDX(完)

    企業は、世の中の変化にうまく適応して変わり続けないと生き残ることができない宿命にあります。近年、変化のスピードは、インターネットの普及、デジタル化の影響で凄まじい速さです。DX(...

  • 気が付けばDX(4)

    システム化の効果は、紙の報告書をデジタル化するだけではあまり期待できません。デジタル化と同時に業務フローを見直すことがポイントです。そして、もう一つの重要な点は、デジタル化された...

  • 気が付けばDX(3)

    Excelを使った業務のシステム化に適した「dbSheetClient」という製品があるらしい。確か我が社の作業報告書もExcelを使っている。話だけ聞いてみるか。若手が次々と退...

  • 気が付けばDX(2)

    IT投資の決断を鈍らせるものは何でしょうか。情報システム部門「忙しくて無理やで、新しいこと勘弁したってや」担当役員「あと3年でリタイアやさかい、頼むからジッとしといてくれ」社長「...

  • 気が付けばDX(1)

    DX(デジタルトランスフォーメーション)が時代のキーワードになっています。しかし、ネットで紹介されている成功事例は、まだ数が少なくて大企業や先端技術分野の企業ばかりです。そこで、...

  • dbSheetClient継承編(完)

    今回は、「開発技術の継承」をテーマにします。要するに、いかに早くシステム開発者を育成するかという課題です。システム内製化体制整備を目指す組織にとって、避けて通れない課題ですね。と...

  • dbSheetClient継承編(2)

    DX(デジタルトランスフォーメーション)時代には、いままでの常識を疑うことが大事です。プログラマーの中には、プログラミングは好きだけど、仕様書や手順書を作るのは面倒くさいと思って...

  • dbSheetClient継承編(1)

    今回からのテーマ「継承」には、2つの側面があります。1つは「システムの継承」、そして、もう一つは「開発技術の継承」です。いずれも、「2025年の崖」の課題である「レガシーシステム...

  • dbSheetClient格闘編(完)

    最近は、巣ごもりを強いられて外食する機会がメッキリ減りました。その反動でしょうか、外で食事することがとても楽しみになりました。家庭とは違う空間や味覚を満喫できるって、小さな幸せだ...

  • dbSheetClient格闘編(3)

    ご飯を炊いたことがない。お茶も入れたことがない。「男子厨房に入らず」の典型だった筆者も、コロナ禍の巣ごもり生活で、遅ればせながら台所デビューしました。料理を体験するプロセスで、ほ...

  • dbSheetClient格闘編(2)

    SQLの「Q」は、Queryの略です。直訳すると「質問する」「照会する」「問い合わせる」などの意味です。皆さんが「ググる」(Googleで検索する)時の検索キーワードもQuery...

  • dbSheetClient格闘編(1)

    今年のゴールデンウイークも、ジッと大人しく過ごす毎日ですね。さて、今月は、プログラミングもわからないのにdbSheetClient導入を強行してしまった筆者の体験記です。まず、避...

  • dbSheetClient導入編(完)

    最新バージョンのExcelは、1つのシートで、104万8,576レコードを扱えます。よほどの大企業でなければ月間の仕訳が100万件を超えることはないと思います。パソコンの処理能力...

  • dbSheetClient導入編(3)

    今回は、dbSheetClient導入のキッカケです。それは、Excelで運用されていた営業資金予算を収集する業務のシステム化を試み、挫折したことでした。文字通りスクラッチやノン...

  • dbSheetClient導入編(2)

    当時(2002年頃)は、1人1台のパソコン導入に懐疑的な社員が多くいました。「なぜ今なの?」とか「他のことに投資したほうがイイのでは?」などです。使い方がわからず、覚えようともせ...

  • dbSheetClient導入編(1)

    新年度に入りましたね。皆さん慌ただしい日々を過ごされていることと拝察いたします。今月は、何回かに分けて、筆者がdbSheetClientと巡り合った経緯について書いてみます。 I...

  • 見える化

    皆さんの家の掃除機は、サイクロン式ですか、紙パック式ですか?筆者の家では、随分前からサイクロン式です。それぞれメリット、デメリットがありますが、サイクロン式のメリットは、集められ...

  • 確かめる勇気

    いまどきの若者は、愛を告白することを「コクる」というらしい^^相手が自分をどう思っているのか。勇気を出さないと、なかなか確かめられませんね。惚れっぽい筆者は、何度フラれたことか(...

  • ニワトリが先か、タマゴが先か

    システム開発ツールの特性として、開発実績が増えてくると、ノウハウの蓄積が活きて、ますます開発スピードが上がります。そして、新たなシステム開発に当たって、2つの選択肢を意識すること...

  • ノンプログラミングとローコード

    2020年度から、プログラミング教育が小学校で必修化されています。「ソフトウェアが世界を飲み込む理由」(マーク・アンドリーセン)で説明された通り、いま世界はソフトウェアで動いてい...

  • 隣の芝生は青く見える

    The grass is always greener on the other side of the fence.古代ローマ詩人の作品中の一節「他人の畑はいつも豊作」に由来し...

  • 架け橋

    今回は、ニューコムさんの企業テーマにちなんで「架け橋」について書いてみます。「架け橋」は、海や川で隔てられた地域と地域を劇的に短時間で結ぶことができるタイムマシンです。筆者は新卒...

  • 素朴なAI

    目まぐるしく変化する社会情勢、それに呼応して複雑に流動化する消費者ニーズ。製品やサービスを開発する立場の方々は、常に頭を悩ませていることでしょう。「どんな製品を作れば売れるのでし...

カテゴリー一覧
商用