searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

makoto1938さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
まこちゃん日記2
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/makoto1938
ブログ紹介文
まこちゃんのピンポン日記です。
更新頻度(1年)

13回 / 10日(平均9.1回/週)

ブログ村参加:2020/09/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、makoto1938さんの読者になりませんか?

ハンドル名
makoto1938さん
ブログタイトル
まこちゃん日記2
更新頻度
13回 / 10日(平均9.1回/週)
読者になる
まこちゃん日記2

makoto1938さんの新着記事

1件〜30件

  • 9月22日(火)4連休の人出の果ては!!

    『夏雲の最後の蠢き』河津米子さん撮影今日は久しぶりに青空で涼しく爽やかな日だった。10人の方が集まった。もうすっかりコロナ対応ピンポンにも慣れたようで、段取りも片付けにも皆で淀みがない。一寸力を入れて打つと軽く汗ばんで快い。世間はシルバーウイークとやらで4連休の最終日だ。昨夜の高速道路の上り、新幹線、航空便などは昨年を思わす混雑だったようだ。人間というのは、何と動くことや移動するのが好きなのかと思ってしまう。人類の元祖は放浪民族とかジプシーのような形だったというのが頷けるようだ。少なくとも太古の昔は、水と食料を求めての放浪生活であって、やがて定住するようになっても潜在意識にその移動しなければならないという本能が残ったのかも知れない。昔は食べ物を求めて、今では非日常と享楽を求めて。渋谷も原宿も浅草も、横浜球場もド...9月22日(火)4連休の人出の果ては!!

  • 9月20日(日)コロナと風評被害        

    「乗鞍に登る」写真の人物は、雑誌のリックザック宣伝のモデルさんです。森川由美子さん撮影目下、世間でいう4連休の真っ最中だ。高速道路も、新幹線も飛行機も大分元に戻りかけたようだ。内閣が変わって新しい社会になった筈だが、GOTOトラベルの東京解禁で拍車がかかり、1週間後辺りの感染者はどうなるだろう。経済の落ち込みで、収入減、生活苦、失業、就職難等とその社会的影響は計り知れない。果たしてこれは立ち直れるのだろうかと本当に危惧されている。社会が、特に経済が落ち込むと人心が乱れると言うが、そろそろ幾ら慎み深くおとなしい、国の指示を守り、人と同じ行動を取りたがるといわれる日本人も、(これが美徳でもあり、時には欠点でもあるのだが)いよいよこの長期戦で、慣れ飽きマンネリと共に精神的なダメージを受け始めて来たのではなかろうか。そ...9月20日(日)コロナと風評被害

  • 令和2年展ー(3) 透明水彩画家 岡崎 昇氏個展ー1

    同氏の個展も、もう何回展になるでしょうか。様々な施設で会場で開いておられ多くのフアンを喜ばせておられます。確かにその淡彩の彩色は見事で、しっかりしたデッサン力で、透明水彩の特長を十分に駆使した、ぼかし、にじみ、たらしこみ等の技法が誠にあざやかで、見る人に何とも清涼感、安定感そして生きている喜びを改めて感じさせて呉れるようです。絵とは、人がきれいなものを見た時のあの快感、感動といったそんなものを表現するものという事を改めて感じさせます。正直、私はこうした現代の画風の風潮(淡彩画の全盛)の真逆なところ、つまり暗く、深く,濃くあるいは重厚または思索的で、技法でいうと塗り重ね、明暗のはっきりした作品が好みで、そうした作品を目指しておりますが、この同氏の作品を見るたびに、絵の一種の呪縛から解放されたような、安らぎとか開放...令和2年展ー(3)透明水彩画家岡崎昇氏個展ー1

  • 令和2年展ー(3) 透明水彩画家 岡崎 昇氏個展ー2

    今回も茅ヶ崎駅南口の真ん前、「東急リバブル」のコミュニテイープレスで8/7~10/5までの会期でしたが、昨今のコロナの影響で急遽9月半ばで中止となってしまい、より多くの方に見てもらえなく残念なことです。地元の風景や作者の好きなバラの花などを中心に多くの作品が展示されました。その中から6点だけを、作者ご自身の推薦により、当美術館にも展示させていただきました。ご本人の絵のキャプションを絵の説明として、そのまま使わせてもらいました。それではどうぞご覧くださいませ。令和2年展ー(3)透明水彩画家岡崎昇氏個展ー2

  • 令和2年展ー(3) 透明水彩画家 岡崎 昇氏個展ー3

    『浜降祭(境内)』浜での禊を終え、南湖の金刀比羅神社に戻ってきた様子。「同氏の得意の一つに人物があります。軽妙に動きをとらえて作品に一段と雰囲気が漂います。これもデッサン力があるからでしょう」(評論家談)令和2年展ー(3)透明水彩画家岡崎昇氏個展ー3

  • 令和2年展ー(3) 透明水彩画家 岡崎 昇氏個展ー4

    『木造船』地引網を終え、浜に係留されていた木造船令和2年展ー(3)透明水彩画家岡崎昇氏個展ー4

  • 令和2年展ー(3) 透明水彩画家 岡崎 昇氏個展ー5

    『夏の富士を望む』茅ヶ崎漁港からの展望です。令和2年展ー(3)透明水彩画家岡崎昇氏個展ー5

  • 令和2年展ー(3) 透明水彩画家 岡崎 昇氏個展ー6

    『冬の富士』サザンビーチからの展望です。令和2年展ー(3)透明水彩画家岡崎昇氏個展ー6

  • 令和2年展ー(3)透明水彩画家 岡崎 昇氏 個展ー7

    『旧南湖院』明治23年に建てられたサナトリウムの一部で現在は国有形文化財です。令和2年展ー(3)透明水彩画家岡崎昇氏個展ー7

  • 令和2年展ー(3) 透明水彩画家 岡崎 昇氏個展ー8

    『白い薔薇』平塚の花菜ガーデンで見かけた気に入った一輪です。『彼のお好きでお得意なバラの作品です。その清楚で上品で、この質感は素敵ですね』(評論家の声)令和2年展ー(3)透明水彩画家岡崎昇氏個展ー8

  • 令和2年展ー(3)透明水彩画家 岡崎 昇氏個展ー終りに

    以上で6点をご覧いただきました。いかがでしたか。貴方も、絵とはきれいでなくてはならないときっと思われたことでしょう。こうして見てくると、それは絵の大切な一つの要素や要件であることは確かだと思わざるを得ません。何時か、「茅ヶ崎百景」なんて作品を纏めて本を出されタラと大いに期待しているのです。本日も,ご来館ご高覧ありがとうございました。またのご来館を!館長拝令和2年展ー(3)透明水彩画家岡崎昇氏個展ー終りに

  • 9月15日(火)未だ皆で会食も談笑も出来ないのか!        

    「大正池」森川雅昭さん撮影昨日は、菅総理大臣がいよいよ誕生した。田舎から集団就職で上京、町工場で働きながら、やがて夜間大学を卒業し横浜市議を振りだしに政界へ。「百姓の家に生まれ毛並みも伝手も何もない田舎者でも、この国は総理大臣になれるのだ」というのが売り文句で、立身出世伝やお涙好きな日本人が、唯一彼に関心を抱くことだろう。森友問題、公文書改ざん、観桜会ほかに関わる不正、偽証、虚辞、隠蔽といった重大事を、これはもう説明済みで解決済みと明言する小人的な政治屋だから期待はしない。ダントツで選んだ派閥政治、自民党というのに失望する。それはそれとして我々の日常は今のところ何の変わりもなく、菅政府になってもいつも通りの生活が続くことだろう。願わくはコロナ対策だけでも本気で任期の来年の10月では、頑張ってほしい。今日は10人...9月15日(火)未だ皆で会食も談笑も出来ないのか!

  • まこちゃんのピンポン日記2にタイトルが変わりました。

    「秋が見える」河津米子さん撮影14、5年前になるでしょうか、まこちゃん日記を付け始めてピンポンをした日には必ず書いてきました。もちろんピンポンの話ですから、なかなか厄介です。ピンポン仲間のこと、練習風景、技術論(もちろん本を読みながら)などですが、だんだん身の周りの雑感的なことが多くなってしまいました。タイトルといささか懸け離れてしまう日が多いのですが、仕方がないかと思っています。計らずも多くの方に読んで貰ったり、コメントを寄せて頂いたりで励まされるようで続ける意欲を何とか保持しています。退屈な内容と拙い文章をカバーするためにと、途中から自分で写した写真を載せるようにもしました。最近では専属カメラマンのように素敵な写真を提供してくださる方も数人あって、それが素晴らしいと皆さんの評判がよく気を良くしています。こん...まこちゃんのピンポン日記2にタイトルが変わりました。

カテゴリー一覧
商用