searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Ryujiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
手賀沼オオバンクラブ
ブログURL
https://coot20.blogspot.com/
ブログ紹介文
日常の気になったことなどを気ままに綴ります。
更新頻度(1年)

7回 / 363日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2020/08/29

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Ryujiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Ryujiさん
ブログタイトル
手賀沼オオバンクラブ
更新頻度
7回 / 363日(平均0.1回/週)
フォロー
手賀沼オオバンクラブ

Ryujiさんの新着記事

1件〜30件

  • 刺青

       近年、「刺青があって何が悪い」という主張をめぐって論争に及ぶことがあるらしい。  かつて、刺青は犯罪者の証であった。一方で、鮮やかな絵柄の刺青をほどこし、彫り物と称して、男伊達を誇る習俗も生まれた。  むかし幼い頃、亡き母に「決して刺青の(ある)人を見てはいけない」とたしな...

  • あの頃

      管理主義的なニフティサーブではなく、無法地帯と呼ばれていたPC-VANの住民であることが誇らしく(笑)感じられたあの頃、  偽悪的な振る舞いをすることが大人のやり方だと信じていたあの頃、  べっこあめや、リムネットが光り輝いて見えたあの頃、  あやしいわーるどの蠱惑的な世界を...

  • 箱根駅伝:もう一つの試練(ドラマ)

       箱根駅伝に関して、青山学院大の神林主将を襲った悲劇をめぐる一連のエピソードが話題になっている。早大競争部とは何の関りもないので、詳しい事情は知らないが、早稲田でも同じようなトラブルが往路の大ブレーキに繋がっていたようでもあり、彼らの懸命な努力と心情に敬意を示し、心からお疲れ...

  • 箱根駅伝2021

       明日は年に一度の 箱根駅伝 だ。二年前(2018年12月)に倒れて以来、初めて自宅で観戦する箱根駅伝でもあるから、感慨深くもある。  昨年は、施設からのテレビ観戦だったが、シード落ちもやむなしの状況から何とか盛り返し、シードを確保した母校は、今年は優勝をも伺いうる好調ぶりだ...

  • 手賀沼公園

     9月4日にガイドヘルパーさんと手賀沼公園に行ったので、そのときの写真を4枚だけ。  鳥のことにはまるで疎いのだけれど、こちらのサイトによれば、どうやらチュウサギらしい。凛とした風情があり、美しい立ち姿に、ふだんは野鳥を愛でるような習慣のない私はすっかり感動してしまった。手賀沼に...

  • 月より団子か、はたまた酒か:10/1(旧暦8月15日)

     去る十月朔日は旧暦の八月十五日。すなわち中秋の名月。  ありし日の江戸の有り様を嘉永二年生まれの、水道の水にて産湯を使いし、我らが江戸っ子・蘆の葉散人翁に語っていただきましょう。  さて、盆提灯に毎夕火を点し終えるや、日脚も短く、朝夕に冷気が加わり、清風が夜を永くいたします。こ...

  • 正代

     大相撲九月場所は正代の初優勝で幕を閉じた。  土俵際をかろうじて残し、跳猿を突き落として勝った後、カチンコチンの、まるでロボットのような足取りで戻っていく様はどこかおかしみもあり、微笑ましくもあって、初場所の徳勝龍や、先場所の照ノ富士のときとはまた少し違った味わいのあるハッピー...

  • 物語と地図:Google マップで聖地巡礼?

     子どもの頃から地図が好きだった。買ってもらった物語に地図がついていると、それだけで胸が高鳴った。とりわけ手描きの、物語の主人公たちが冒険の足跡を自ら描き込んでいったような地図が大好きで、その出来栄え如何では、幾晩も幸福な時間を過ごすことができた。じぶんでは、ちょっと変わった好み...

  • ツツジとケヤキの町

     私が住んでいる市の花と木はタイトルのとおり、ツツジとケヤキなんだそうな。まるで他人事のような言い方になってしまうのは自治体のシンボルとしてはありふれていて、あまり愛着がわかないせいだろうか。それとも、この町に移り住んでからまだ年月が浅いからだろうか(それでも、もう20年以上経っ...

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー