searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

あかりさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

私が実際に体験したことを書いています。 自分が体験したからこそ、不倫・婚外恋愛で苦しい、辛いとお悩みの女子たちを助けたい。幸せに導きたい。 不倫恋愛の彼に大切にされる、愛される方法等もお伝えしていこうと思っています。

ブログタイトル
不倫の末の幸せ
ブログURL
https://www.akarinpopo.com
ブログ紹介文
彼と出会って私の人生が変わった!年下の彼との不倫の話。別れ、復縁 不倫の末の結果、こんな事って稀だと思うけど・・・
更新頻度(1年)

20回 / 25日(平均5.6回/週)

ブログ村参加:2020/06/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あかりさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あかりさん
ブログタイトル
不倫の末の幸せ
更新頻度
20回 / 25日(平均5.6回/週)
読者になる
不倫の末の幸せ

あかりさんの新着記事

1件〜30件

  • お土産

    あの日を最後に私たちは一切連絡を取っていない。 『会いたい』 とメールを送ろうと何度も思ったが、未練がましい、しつこいと嫌われるのがイヤだったので思いとどまった。 彼は新婚旅行中。 彼のことを忘れようと仕事に没頭した。 でも、ふと彼のことを思い出し泣きたくなることもしばしばあった。 新婚旅行から帰ってきた彼の左手の薬指には指輪が。 ホントに結婚したんだなぁ・・・と実感した。 彼は新婚旅行のお土産をみんなに配っていた。 そして私のところにも。 私はニコッと笑って”ありがとう”と言って受け取ったが、どうしても食べることができず、持ち帰りゴミ箱に捨てた。 彼と白木さんの結婚を心から祝福することができ…

  • さよなら・・・

    彼から二人でご飯を食べに行こうという誘いがきた。 おそらくこれが最後になるだろう・・・ 暗くなるのは嫌いなので私はいつも通り明るく振る舞い、食事をしながら会話を楽しんだ。 いつも二人で行くバーに行き、お酒を飲んだ後二人きりになりたいねと言ってラブホテルへ 私たちは今までにないくらい深く愛し合った。 「あーっ、結婚したくない・・・」 「何言ってるの!?」 「あかりがいい!」 「あかりと結婚したい!」 「自分が選んだことでしょ?」 「そんなこと言わないの。」 「彼女と結婚したくない」 「あかりと結婚がしたい」 女の人のマリッジブルーは聞いたことがあるが 男の人でもなるのか・・・ もう帰る時間。 帰…

  • 突然の宣告

    結局、夫との約束を破り、毎週ではないが彼と会っていた。 彼といると嫌なことも忘れて気持ちが安らぐ。 帰る時間が迫ってくると胸が苦しい。 3月は別れの季節。 転勤する人、異動する人。その人たちを送る送別会があった。 宴会が始まったばかりなのに上司が急に立ち上がり、思いもよらない言葉を発した。 「ここで一つお知らせがあります」 「○○ ひろきくんが結婚することになりました」 えっ!?と私は驚いた。 結婚!? そんなこと聞いてない・・・ 『えっ!?いつプロポーズしたの!?』 『彼女と結婚するって決めてたのに 私と会ってたの!?』 『やっぱりあかりが好きって言ってたのに』 『どういう事!?』 もう頭の…

  • 復活!?

    彼と別れて3か月。 もう会わないと言っても課が一緒なので顔を合わせない日はない。 彼が休んだ日はホッとする反面、彼女も休んで一緒にいるのかなぁと落ち込むこともあった。 会社では以前より会話は減った。 彼の態度もよそよそしい。 このままでは仕事にも支障をきたしてしまうので普通に接してと彼にお願いをした。 私だって辛くて泣きたいのに何もなかったかのように接しているんだからーっ๐·°(৹˃ᗝ˂৹)°·๐ 12月。。。 忘年会の人たちで街には人がいっぱい。 私の会社でも忘年会があった。 彼は幹事。 もう私の向かいに座ることはない。 彼のことは気にせず、他の人たちと盛り上がっていた。 2次会後、歩いてい…

  • 終わりにしよう

    夫にバレたことを彼に伝えた。 もう夜は会うことができないので、お互い有給休暇を取って日中、二人でドライブに出かけた。 なんとなく重い空気。 話をしても浮かない顔。 彼は何か考えているみたい。 その帰り、車の中で 「終わりにしよう」 と彼が言った。 えっ、おわり!? 私は耳を疑った。 「嫌!別れたくない!」 彼は首を横に振る。 「あかりの家族を壊したくない。。。」 後日、何回も何回も話し合いをした。 でも彼の気持ちは変わらなかった。 私がもうやめようって言ったとき、泣いて離れたくないって言ったくせに・・・ 夫と別れ、彼との再婚を夢見ていた。 でもそんな事が叶うはずがない。 私には子供がいる。 い…

  • 夫にバレた

    彼と夜景を見に行った。 帰ってから 『夜景、綺麗だったねぇ』 などとメールを交わし、眠りについた。 夜中、夫に揺すり起こされ 「おい、これなんだ!?」 私の携帯を勝手に見て、彼とのメールのやり取りを見せてきた。 いつもなら見られないように警戒し、人の気配がしたら、すぐ起きていたのにその日に限って、爆睡していた。 「ちょっと、何勝手に見てるの!」 「おまえ、やっぱり浮気してたんだな」 「誰なんだ、こいつ!」 「やったのか!?」 「何もしてない。ドライブに行っただけ!」 夫は彼と関係をもったのか、しつこく聞いてくる。 私は”ない”と嘘をつき通した。 『会社に電話する』『親にも言う』『そいつに会わせ…

  • 違和感

    彼との関係も半年以上が経った。 相変わらず会いに行っている。 この前、彼は私に初めてやきもちを妬いた。 人生で初めてらしい。 (ホントかな!?(^_^;)) 私は彼に愛されてるなぁと実感していた。 家では夫と喧嘩が絶えない。 喧嘩の原因はいつも子供のこと。 『家から出たい』 『夫と別れたい』など 彼に愚痴ることが多くなってしまった。 夏に私の地元でお祭りがあった。 彼はそのお祭りが見たいというので、泊りでそのお祭りを見に行った。 私は浴衣で、彼は甚平姿。 夏の祭りを満喫し、夜は飲み屋街でお酒を楽しんだ。 最終日は花火大会。 会場はすごい人混み。 その中にもしかしたら会社の人がいるかもしれない・…

  • 離れたくない

    二人で会っていることは、彼女にはまだ知られていないようだ。 夫にも知られていない。 この不倫がバレたらどうなるんだろう・・・ 終わるなんて今は想像がつかない。 彼との恋にどっぷりはまって抜け出せない・・・ でも彼女が誰だか知ったとき、私は 『もうやめよう』 と彼に言ったことがある。 でも彼は首を縦には振らなかった。 このまま関係を続けていくのか、話をしている最中 「離れたくない、離れられない」 と言い、彼に抱きしめられた。 私もそれに応えようと抱きしめた。 キスしようと彼の顔を見たとき眼に光るものが・・・ えっ、泣いてる!? 「どうして泣いてるの?」 「別れたくないと思ったら、自然に出てきた」…

  • もしかして...あの人が彼女!?

    みなさんは女の勘って信じますか? 女の勘は鋭く、当たると聞きます。 あの胸騒ぎ、嫌な予感・・・ 彼の彼女があの人なのか確かめたくて、彼に聞いてみた。 「ねぇ、ひろきの彼女って、もしかして白木さん?」 「あーうん、そう」 「えっ、どうしてわかったの?」 「どうしてか自分でもわからないけど、なんとなくそうかなと」 女の勘って恐ろしい((((;゜Д゜))) 「彼女のこと好き?」 「うーん...好きというか...」 「彼女よりあかりが好き」 「じゃあどうして付き合ってるの?」 「・・・」 「この人一人で生きていけるんだろうかって心配で」 「ほっとけないんだ」 心配!?ほっとけない・・・ その言葉を聞い…

  • 彼女の存在

    『会いに行っていい?』と聞いたとき 『今、彼女のところにいる』と彼に一度断られたことがある。 彼女といるのか・・・ 彼女がどんな人なのか 気になる・・・ 何歳なのか・・・ 私より年上ではないだろう。 ある日、私は彼に会いに行ったとき彼女のことを聞いてしまった。 「ねぇ、彼女って何歳?」 「あかりの1つ下かな」 「私の1つ下!?」 「彼女、可愛い??」 「いいや、顔はあかりの方が可愛い」 「どうして、そんなこと聞くの?」 「いやぁ、なんかどんな人なのかなぁって気になっちゃって」 彼女は地味な子で、料理や掃除が苦手らしい。 「彼女に料理作ってもらったことあるの?」 「あるけど、僕作った方が美味しい…

  • 2回目のドライブ

    今日は2回目のドライブ。 しかし二人きりのドライブではなかった。 私の子供たちも一緒だった。 彼は子供好きで、私から子供の話を聞いていたので 「子供たちに会いたいな」 と言い出した。 普通は不倫相手に子供たちを会わせるなんてありえないですよね。 家族に知られるのでさえ嫌なのに。 子供たちだって嫌がるだろうし、「お母さん今日知らない男の人と会ってた」なんてお父さんに告げ口しそうなもんですよね。 私も会わせるなんてどうかしているがうちの子供たちもちょっと変わっている。 二人とも父親のことが嫌いなので私が彼と会っていることを告げ口することは絶対にしない。 もちろん彼のことが好きなことも知っている。 …

  • 彼の部屋

    彼に会いに車を走らせた。 いつも外で話していたが、さすがに寒くなってきたので初めて彼の部屋へ。 彼の部屋は整理整頓されていて綺麗さに驚いた。 私の想像では男の一人暮らしはもっと部屋が汚いと思っていた。 (夫の部屋は汚かったので(¯∇¯٥)) 「彼女が掃除してくれてるの?」 と何気なく聞いてみた。 「彼女はこの部屋に来ないから」 「えっ、そうなの?どうして?」 「んー、わからないけど来たがらない」 普通は彼氏の部屋に行きたいもんだが、なんとも変わった彼女である。 部屋では二人きり。 最初は座りながら話していたが、だんだん近づいてきて彼は私を求めてきた。 ホテルでの出来事が頭をよぎったが、 あれっ…

  • Hotel

    これでいいのか・・・ これでいいんだ・・・ いや、やっぱりやめるか・・・ でもエッチしてみたいな・・・ 自問自答を繰り返しているうちにラブホテルに着いてしまった。 ラブホテルなんて来るの何年ぶり!? 夫と結婚する前に来たことはあるけど。 部屋に入り、私は照れと恥ずかしさで回りをキョロキョロ。 彼はそんな私を抱き寄せ 初キス(ノ*>₃ 服を脱いで裸を見られるのが恥ずかしかった。 でもドキドキと興奮ですごく濡れているのを知られる方がもっと恥ずかしかった。 裸もそうだけど夫以外の人のを見たことがなかったので彼のを見てちょっとびっくり( ⊙⊙)!! えっ、これ入れるの!?って心の中で叫びました。 いよ…

  • 二次会のあと

    あれから週に2、3回は彼に会いに行っている。 その度に夫に嘘をつくのが大変だ(¯―¯٥) 疑ってもいる。 でも彼に会いに行くのがやめられない・・・ 会って何をするわけでもない。 ただ外で話をするだけ。 彼は部屋に入りなよと言うが私はひたすら断っていた。 過ちを犯してしまったら大変だから・・・なーんてちょっと期待してるくせにーっ٩(๑> ₃ 秋に異動してきた人の歓迎会があった。 彼は幹事だったので今回は私の向かいに座っていなかった。 宴会の最中、 「二次会の後、二人で飲みに行かない?」 と彼からメールがきた。 私も二人きりで飲みに行きたかったので 「いいよー」 と返事をした。 二次会では私の隣に…

  • 会いたくて・・・

    昨日は楽しかったなぁ・・・ ひろきくん、今何してるんだろう・・・ 自分の気持ちの中では一回切りにしようと思っていたのに なぜか無性に"会いたい"という気持ちが込み上げてくる。 なぜだろう・・・ もう一回だけでいいから 会いたい・・・ もう気持ちが抑えきれなくて車のキーを手にした。 「どこ行くの?」と夫に言われ 「あっ、ちょっとTSUTAYA」と嘘をつき、彼の家まで車を走らせた。 彼の家の前に着いたが部屋の灯りがついていない。 「そっか、出掛けてるか・・・」 彼女といるのかなと思いながらとりあえず彼に 『何してるの?』とメールを送った。 すぐに返事なんて来るわけないかぁと思い、帰ろうとした時、 …

  • ドライブ②

    今日はひろきくんとドライブ♪ 午前中に待ち合わせなので、子供を実家に預け、急いで彼のもとへ。 (なんて酷い母親だ(-_-;)) 待ち合わせ場所に行くと彼が待っていた。 私服姿を見るのは初めて。 ワイシャツとネクタイ姿は見慣れているけど私服の方がカッコいいかも(๑•᎑•๑)♬*゜ どこに行きたい?と聞くと、 「あかりさんの生まれ育った町に行きたい!」 と言うので、私の生まれ育った町に向かった。 私の通っていた学校私が昔住んでいた家私が見てきた景色など なぜか彼に私の生い立ちを教えたくなった。 最後は海に行き、二人で座っていろんな話しをした。 夫以外の男性とこんなに話すのはいつぶりだろう・・・ 一…

  • ドライブ①

    好意をもってくれているひろきくんが気になっていた。 仕事や家事・育児に追われ、そんな毎日が嫌で何か変化がほしかった。 『そうだ!気晴らしに彼をドライブに誘ってみよう!』 仕事中彼が上の階に行こうと廊下に出たところ私は追いかけ、階段の踊り場で 「ひろきくん!」 と呼び止めた。 「ねぇ、あのさぁ、明日ひま?」 「えっ、うん。」 「明日ドライブ行かない?」 「えっ、行く!」 「行く!」っていう言葉に私はビックリ!! 「明日用事あって…」とか言われて断られると思っていたので(¯∇¯;) 帰り際に彼からこっそりメールアドレスの書いた紙を手渡された。 家に帰って家事も一段落したところで彼からもらった紙を手…

  • 好意

    私が彼のいる課に異動になったとき 歓迎会をしてくれました。 その時の幹事が彼で、 あっ、彼の名前は仮に”ひろき”くんにしておきましょう。 私の向かい側に座ってニコニコしているので 「どうしたの?」と聞くと彼は 「あかりさんがまた僕のいる課に異動してきて嬉しいなぁって」 えっ?なんで? 前の課ではあまり話していなかったのに・・・ それから毎回飲み会では私の向かいに座るので、 偶然かなぁと思っていたのですが、 彼の同期や、後輩に 「ほら、あそこに座ってるぞ。座れよ」 って言われているのを聞いて あっ、偶然じゃないんだなって(¯∇¯٥) そんなある日、 私は同期と昼ご飯を食べているときに 同期「ひろ…

  • 彼との出会い

    まさか自分が不倫するなんて・・・ 当時私は28歳。 結婚もして2児の母親だった。 仕事と家事・育児に追われる毎日。 夫は家事もしないし育児もしない。 そんな毎日が嫌で鬱気味になっていた。 そんなある春の日、私は彼のいる課に異動なった。 彼は23歳。 私の席の向かい側に座っていた。 私は人見知りで自分から話すことができない。 ましてや5歳も年下の彼と何を話せばいいのか共通する会話も浮かばない。 この時点でホントにこの彼と不倫するんだろうかと思いますよね( ˙▿˙ ; ) 私も不倫するなんて思ってもいませんでした。 でも彼は私が人見知りする人だと気づき、彼の方から話しかけてきました。 なのに私は素…

  • はじめまして、まずはご挨拶から

    初めまして、あかりと申します。 結婚20年で離婚、子供は2人です。 離婚原因はいろいろ。 まぁどれか一つ言えば私が不倫をしたからかな・・・ 周りから見れば至ってごく普通の家族でした。 しかし一歩家の中に入ると・・・ 元夫は飲みに行ったり、浮気など一切しない人。 でも気に食わないことがあると、 私や子供に暴力を振るう。 何度も離婚を考えましたが、 子供には両親が必要と思い我慢していました。 そんな中、彼に出会い私の人生は変わりました。 不倫の世界に足を踏み入れてしまったのです。 いけない事だとは分かっていても、誰かに癒されたい・・・ 今は毎日彼の寝顔を見ることができます (*´ー`*) そんな彼…

カテゴリー一覧
商用