searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

のあさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
韓国ドラマ 備忘録的感想部屋+α
ブログURL
https://k-dorama-bibouroku.jimdofree.com/
ブログ紹介文
視聴した韓国ドラマの感想ブログ。『麗~花萌ゆる8人の皇子たち~』の二次小説も執筆中。
更新頻度(1年)

31回 / 37日(平均5.9回/週)

ブログ村参加:2020/06/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、のあさんの読者になりませんか?

ハンドル名
のあさん
ブログタイトル
韓国ドラマ 備忘録的感想部屋+α
更新頻度
31回 / 37日(平均5.9回/週)
読者になる
韓国ドラマ 備忘録的感想部屋+α

のあさんの新着記事

1件〜30件

  • 『ゴー・バック夫婦』レビュー ネタバレありver.

    『ゴー・バック夫婦』感想 ネタバレありver. あらすじ 相関図

  • 『ゴー・バック夫婦』レビュー ネタバレなしver.

    『ゴー・バック夫婦』感想 ネタバレなしver. あらすじ 相関図

  • 麗~after story~ ⑨

    店長から講師を打診された2週間後、ハジンは本社に来ていた。

  • MY BIRTHDAY

    こんにちは。

  • 『ラブオン・ハイスクール』レビュー ネタバレありver.

    『ラブオン・ハイスクール』感想 ネタバレありver. あらすじ

  • 『ラブオン・ハイスクール』レビュー ネタバレなしver.

    『ラブオン・ハイスクール』感想 ネタバレなしver. あらすじ

  • 麗~after story~ ⑧

    「え?男性にお礼の贈り物?」

  • 『不滅の恋人』レビュー ネタバレありver.

    『不滅の恋人』感想 ネタバレありver. あらすじ 相関図

  • 『不滅の恋人』レビュー ネタバレなしver.

    『不滅の恋人』感想 ネタバレなしver. あらすじ 相関図

  • 『悪の花』イ・ジュンギ×ムン・チェウォン TVインタビュー

    『悪の花』イ・ジュンギ×ムン・チェウォン TVインタビュー映像公開

  • 麗~after story~ ⑥

    ××××× あの簪を、なぜソヌが持っているのか。 なぜ、あの人と瓜二つのソヌが現れたのか。 何度考えても、偶然とは思えなかった。 疑問を解決するには、ソヌに近づくしかない。 ハジンはそう考えたが、もちろん、そう簡単に社長に会えるわけがない。 どうしたものかと考えながら仕事をしていたのがいけなかったか、ハジンはミスをしてしまい、客からクレームが入った。 客が予約していた商品を他の客の商品と間違える、という新入社員でもやらないような初歩的な失敗だった。 ハジンの対応だけでは納得いかず、店長を出せ、という客の要望通り店長が出てきて対応していた。 人の目もあるため、一旦奥の部屋へ客を案内し、ハジンは引き続き店頭対応するように、と言って店長も奥の部屋へ入っていった。 大丈夫だろうか、お客様の怒りは収まるのだろうか、自分も一緒に謝罪した方が良いのではないか。 ハジンの頭の中には色々な考えが巡り、接客に集中できずにいた。 奥の部屋が気になって仕方なかった。 「どうした?」 突然、背後から声をかけられたハジンは驚き、振り向いて声の主を確認する。 「…社長」 「どうしたんだ?」 ハジンの様子を不審に思ったソヌが怪訝そうに聞いてくる。だが、ハジンが答えるよりも先に奥の部屋から、「バカにしてるの!?」という甲高い怒鳴り声が聞こえてきた。 ハジンが気まずそうにしていると、ソヌはすぐに状況を察したのか、奥の部屋へ足を進めた。 ハジンが、慌ててソヌの腕を掴む。 「あの、私も――」 「いいから」 言葉を遮りハジンの手を離すと、ソヌはそのまま奥の部屋へ入っていった。 20分ほどして、客、ソヌ、店長の順で店頭へ出てきた。 とても機嫌が良さそうな客を見て、ハジンはホッと胸を撫で下ろす。 目の前を客が通り、ハジンは頭を下げた。 客は、ハジンを一瞥するだけで何も言わず、ソヌと一言二言会話してから帰っていった。 ハジンはソヌに声をかけようとしたが、客が帰るとソヌは店長に挨拶をして早々にお店を後にしてしまった。 お礼を言いたかったのに…。 ハジンが肩を落としていると、ソヒョンが、気にしない気にしない、と背中を軽く叩いて慰めてくれた。 ××××× 本社の社員専用の地下駐車場へ行くと、そこには見覚えのある車があった。 ソヌと初めて会った日に見た、あの黒い車。 まだ、ソヌはいる。 そう確信したハジンは、車の近くの縁石に腰をおろした。 深い息を吐いて腕時計をチラリ

  • 『TWO WEEKS』レビュー ネタバレありver.

    『TWO WEEKS』感想 ネタバレありver. あらすじ 相関図

  • 『TWO WEEKS』レビュー ネタバレなしver.

    『TWO WEEKS』感想 ネタバレなしver. あらすじ 相関図

  • 『宮3D』CF撮影現場 イ・ジュンギへ突撃インタビュー

    イ・ジュンギが携帯ゲーム『宮3D』の公式モデルに就任した、というのはファンの方なら、もう既にご存知のことと思います。 もちろん、私も知っていました♪ TVCFを視聴したときには、ワン・ソが時代を越えて現代に現れたようでテンション上がりました! 麗で共演したIUやカン・ハンナもInstagramでコメントしてましたね(*^^*)

  • 麗~after story~⑤

    ××××× ハジンは、カーテンの隙間から差し込む太陽の光で目が覚めた。 頭が、ガンガンと痛い。 起き上がると、さらに頭の痛みが強くなった。 ハジンは痛い頭を押さえつつ、周りを見てみると自分の部屋じゃないことが分かる。 ここは、どこだろう…? 広い部屋に置かれたシンプルでシックな家具たち。 布団の柄やインテリアから、男性の部屋なのが見てとれる。 目の前の本棚には、経営学の本がたくさん並んでいた。 ハジンが部屋の中を見回していると、部屋のドアが開いた。 「起きたか」 入ってきたのは、ソヌだった。 思いがけない人物に驚いて声も出せないでいると、ソヌはそんなハジンを一瞥してクローゼットへ足を進める。 そして、スーツの上着とネクタイを取り出しながら、 「昨日のこと覚えてるか?」 と聞いてきた。 ハジンは、昨日のことを懸命に思い出す。 たくさんお酒を飲んでしまったことは覚えている。 たくさんたくさん飲んで気持ち悪くなって、お手洗いに立ったところまでは覚えているが、それ以降が思い出せない。 お手洗いに立った後、どういう経緯でソヌの家に来ることになったのだろうか。 ソヌをあの人だと思って何か失礼なことを言ったりしたりしてないだろうか。 まさか――。 あの人だと思い込んで、強引に誘った…なんてことはないだろうか。 だから、ベッドにいる――? ありえないと思いつつも、ハジンは一応布団をまくり自分の服装を確認した。 「何を想像してるんだ」 ハジンが何を思ったのか分かったようで、ソヌは呆れたように大きなため息をついた。 ハジンは気まずく、ははっと乾いた笑いでごまかすことしかできなかった。 「酔っぱらいの子供に手は出さない」 「子供じゃありません!もう28歳です」 ムッとして言い返すハジンに、 「8歳も年下なら、私からしたら子供だ」 と、ソヌも反論する。 ハジンはソヌが8歳年上だったことに驚いた。ソヌは若く見え、どんなに年上だとしてもせいぜい4、5歳年上なぐらいだろうと思っていた。 「それより、本当に覚えてないのか?」 ソヌが立て掛けてある全身鏡の前に立ち、ネクタイを結びながら鏡越しで尋ねてくる。 「え、っと、…私、昨日は凄く酔ってましたよね。それで、気分が悪くなって、お手洗いに行って、それで……」 ハジンは、必死に思い出そうと頭を抱える。 「本当に覚えてないんだな。あれも?」 そう言って、ソヌが顎でさす方向を見てみると、"あれ"の答えで

  • 『ゆれながら咲く花』レビュー ネタバレありver.

    『ゆれながら咲く花』感想 ネタバレありver. あらすじ 相関図

  • 『ゆれながら咲く花』レビュー ネタバレなしver.

    『ゆれながら咲く花』感想 ネタバレなしver. あらすじ 相関図

  • 『また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~』レビュー ネタバレなしver.

    『また!?オ・ヘヨン』感想 ネタバレなしver. あらすじ

  • 『また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~』レビュー ネタバレありver.

    『また!?オ・ヘヨン』感想 ネタバレありver. あらすじ

  • 麗~after story~ ③

    新店舗オープンから10日ほど経ち、オープンの賑わいも落ち着いた頃、ソヌが秘書と一緒に店舗へやって来た。

  • web拍手

    こんにちは。 最近は、とても暑いですね(×o×;) 気温が30度以上になる日も増えてきて、まだ梅雨もきてないのに、すでにもう夏!って感じです。 さて。 本日、タイトル通り『web拍手』を設置しました。 ホーム画面の下部と、各記事の一番下に設置しましたので、読み終わった後に気軽にポチッとしていただけると管理人の励みになります(*^^*) にほんブログ村のランキングにも参加しています。 そちらも『web拍手』と一緒に設置していますので、ポチッとしていただけると嬉しいです。

  • 『クリミナルマインド:KOREA』レビュー ネタバレありver.

    『クリミナルマインド:KOREA』ネタバレありver. 感想 あらすじ 相関図

  • 『クリミナルマインド:KOREA』レビュー ネタバレなしver.

    『クリミナルマインド:KOREA』ネタバレなしver. 感想 あらすじ 相関図

  • 麗~after story~ ②

    新店舗オープンの準備も順調に終わり、残すは明日のオープンを待つだけとなった。

  • 麗~after story~ ①

    ××××× すべてを思い出したあの日から、もうすぐ1年が経とうとしている。 ハジンは、また同じ場所に立っていた。 あのデパートのあの場所に、新しい店舗がオープンするのだ。 1年前はイベントのために出向で来ていたけれど、それが好評だったらしく、新店舗のオープンにこぎつけることができた。 ハジンは、その店舗へ異動になり、一週間後に迫るオープンに向けて準備を進めるために同じ場所に立っていた。 1年前のことを思い出し、また胸が苦しくなる。1年という期間は、短かったのか長かったのか…。 分からないが、あの人を想わない日はなかった。 ××××× 「終わったー。ハジン、そっちは?」 「ん、こっちももうすぐ終わる」 納品された商品を段ボールから一つひとつ取り出し検品し、ようやくその作業が終わろうとしていた。 「あー、疲れた」 一足先に検品が終わった同期入社のソヒョンが、伸びをしてから首をまわす。 「これが終わったら帰っていいって言ってたわよね?」 「そうね」 ハジンは腕時計をチラリと見る。時計はもうすぐ19時をさそうとしていた。 「ソヒョン、先に帰って」 「もう終わるんでしょ?だったら待ってる」 と、言いつつも手持ちぶさたになったソヒョンは、鼻歌を歌いながら窓の外を眺めて右へ行ったり左へ行ったり。 ハジンは、そんな様子を見て軽く微笑む。 すると突然、ソヒョンが、あっ、と声をあげた。 「忘れてた!」 「どうしたの?」 「これ、本社に届けるように言われてたんだった」 そう言って、ソヒョンは売り場のカウンター横に積まれている段ボールを指差す。 「それ何なの?」 「本社に送られるはずだったサンプルの商品が手違いでこっちに届いちゃったみたい。それで、店長に本社に届けるよう言われてたの」 ハジンたちがいる店舗から本社は近く、10分ほど歩いた先にある。 ソヒョンがハジンをじっと見つめる。無言のお願いだ。 ハジンは、ソヒョンの可愛いお願いを断ることもできず、呆れて笑ってから、 「分かった分かった。私も行くわよ」 と答えた。 ××××× 更衣室で私服に着替え、ハジンとソヒョンはエレベーターに乗り込んだ。 「あと6日、裏方の地味な仕事ばかりね」 ソヒョンは、耐えられない、とぼやく。 確かに、モデルのようにスラッと背が高く、華やかな顔立ちのソヒョンは、お客様と接することが大好きなので、オープンするまでのこの準備期間は少し辛いかもしれない、とハジンは苦

カテゴリー一覧
商用