searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

たらさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
たらのコーヒー屋さん 2 店舗目
ブログURL
https://tarafuku10.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ダブリン在住です
更新頻度(1年)

6回 / 31日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2020/06/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、たらさんの読者になりませんか?

ハンドル名
たらさん
ブログタイトル
たらのコーヒー屋さん 2 店舗目
更新頻度
6回 / 31日(平均1.4回/週)
読者になる
たらのコーヒー屋さん 2 店舗目

たらさんの新着記事

1件〜30件

  • 町がまた動き始めています。

    今週の月曜から、カフェ、レストラン、パブ、美容院などが、制限付きながら再オープンしています。 さっそく月曜の朝、いつも通っているカフェに行ってきました。約3か月ぶりになります。 入口には、「Take Away」「Eat In」と大きく書かれた黄色いゲートが据え付けられています。ちょっとモノモノしい感じはします。 中に入ってカプチーノとクロワッサンを注文します。普段はクロワッサンは食べないのですが、再オープン記念のお祝いということで奮発しました。 名前と電話番号を聞かれました。コンタクト・トレーシングの一環なのでしょう。これはちょっと予期していませんでした。 再オープン初日ということで、テーブル…

  • ミホール・マーティン首相のこと

    アイルランドで総選挙が行われてから4か月半。やっと首相が決まり、組閣されました。フィアナ・フォイル(FF)、フィネ・ゲール(FG)、緑の党の連立政権。 FFとFGの議席数が拮抗しているので、首相はローテーション。2022年12月まではFF党首のミホール・マーティン、そのあとはFG党首のレオ・バラッカーが務めます。 アイルランドの新首相となったミホール・マーティン (Micheál Martin) は1960年8月1日生まれの59歳。アイルランド第二の都市、コーク県コーク市の出身です。名前のミホールはアイルランド語の名前。英語だとマイケル、フランス語だとミシェル、スペイン語/ポルトガル語だとミゲ…

  • キツネのサム

    アイルランドは2月8日の総選挙から4か月半ほどたって、やっと組閣できたみたいです。 組閣に向けての話し合いがまっただなかの2月25日の記事。私のブログでも一度ご紹介した、キツネのサムの話です。 www.irishtimes.com 大きくなったので巣を追い出されたサムはダブリンの街なかを歩き回って生活しているわけですが、この記事には緑の党のローデリック・オゴーマン議員の目撃情報が記されています。 レンスター・ハウス (アイルランドの国会議事堂) で長時間にわたる組閣の交渉が行われているとき、オゴーマン議員はおそらく休憩時間にガラス窓からサムの姿をみかけたんですね。 サムはやせ細っており、疥癬に…

  • ルーク・ケリーの像にまた落書き

    6月24日の夜から25日の朝にかけて、シェリフ・ストリートにあるルーク・ケリーの像がまた落書きされました。約1か月ぶり6回目。 今回はメガネは書かれていないようです。 ルーク・ケリーの像は南側のセント・スティーブンス・グリーン・ショッピング・センターの近くにもあるのですが、今回はこちらにも白いペイントが掛けられました。 Both Luke Kelly statues were vandalised last night. 😟 Thanks @pmacdublin who are currently on site cleaning Luke on Sth King Street.👏🏻👏🏻 #l…

  • アイルランドのロックダウン解除が加速します

    来週の月曜から始まる予定だったロックダウン解除のフェーズ2ですが、予定通りどころか、少しずつ予定を前倒しして、もともとの5フェーズから4フェーズに短縮されることが、レオ・バラッカー首相から発表されました。 www.irishtimes.com まず、自宅から20km、または住んでいる県の県境のうち、どちらか遠い方まで移動できるようになります。移動制限は6/29には完全に解除される予定。 また、来週月曜からは、6人までが室内で会い、15人までが屋外で一緒にスポーツできるようになります。 また、最大25人がお葬式に参列できるようになります。 また、公立図書館もオープンし、スペシャル・ニーズの子供た…

  • はてな無料ブログで AdSense に承認されました(2020年6月)

    無料はてなブログで AdSense に承認されたので、他の方の参考にもなるかと思い、やったことを書き留めておきたいと思います。 承認されたのは、いまお読みいただいている「たらのコーヒー屋さん」ブログではなくて、「tarafuku10 の作業場」というブログ。 tarafuku10working.hatenablog.com 政治・時事問題系のブログで、海外の言論人の記事を紹介したりしています。 「tarafuku10 の作業場」ブログの概要: ・2019年8月開設 ・AdSense 申請時の記事数は30。申請後に承認通知が来るまでに2件追加。 ・記事は長め(ほとんどが2000文字以上)。 ・申…

  • ルーク・ケリーの像がまた落書きされた件

    ルーク・ケリーの像がまた落書きされたと30日の新聞に出ていました。 Luke Kelly sculpture on Sheriff Street vandalised for fifth time https://t.co/nGaOsz7Qhq — The Irish Times (@IrishTimes) 2020年5月30日 去年の1月に建てられたばかりなのですが、落書きされるのは今回で1か月ぶり5回目。清掃にもお金がかかるし、こんなことが続くようなら像の移転も考えないといけないと、落書きされるたびに市議会議員が言っています。 それでは、これまでの落書きの歴史を見てみましょう。左上から時計…

  • 北アイルランドでも。。。

    先日、ドネゴール県のバンクラナにあるパブが、パイントのデリバリーサービスを始めたところ、警察にやめさせられたのだが、最終的に合法であるという判断が下され、サービスを再開したという記事を書きました。 tarafuku10.hatenablog.com ところが、昨日のアイリッシュ・タイムズ紙によりますと、北アイルランドでも同じことが起こったとか。 A Belfast pub has been given the go-ahead to resume its pint delivery service after the police said they were satisfied it was…

  • いろんな言語の新型コロナウイルス関連啓発ポスター

    今日の朝はフィブスボロの方に散歩に行きました。道に新型コロナウイルス関連の啓発ポスターが掲出されているんですが、さまざまな言語が用意されているんですね。初めて見ました。 たとえば、こちら。 左から英語、ポルトガル語、スペイン語です。ポルトガル語はおそらくブラジルのポルトガル語だと思います。 それから、こちら。 左はラトビア語、右は何語かなあと思ったら、アイルランド語でした。 それから、オモシロ系のポスターもあります。 このポスターに写っているのは、BBCとRTEで放映されている『ミセス・ブラウンズ・ボーイズ』という大人気シットコム番組の主人公であるミセス・ブラウン。演じるのはブレンダン・オキャ…

  • パブからパイントをデリバリーしてもらうのは合法

    今回のコロナ騒動で、アイルランドのパブがすべて閉鎖されるというニュースが流れたとき、「アイルランドでパブが閉鎖されるのは、香川県でうどん屋が閉鎖されるのと一緒」というツイートを見て大笑いしました(私は香川県出身です)。 現在のアイルランドは、パブは全面的に休業、酒屋さんはソーシャル・ディスタンスを守りながら営業、飲食店はデリバリー/テイクアウトのみOKという状況です。 ところが、法のあいまいなところをついて、ビールをパイントに注いでデリバリーするパブが現れたんですね。 www.irishtimes.com アイリッシュタイムズの記事によりますと、たとえば、ドネゴール県バンクラナのオフラハティー…

  • 灰皿コレクション

    お酒やたばこ関連のレトロなグッズのコレクションを始めるのに、一番とっつきやすいのが灰皿だと思います。看板やパブ・ミラーなどに比べて値段が張りませんし、その割にはデザインにもバラエティーがあって楽しめるからです。 値段的には、ノミの市で買うと10ユーロ前後、オークションだと3つくらいまとめてハンマー・プライスが20~30ユーロというところではないかと思います。 今日は、数少ないですが、私の持っている灰皿コレクションをご紹介します。 最初はこちら。 アフトン(Afton)およびメイジャー(Major)というタバコの灰皿です。タバコは昔はテレビでもCMを打っていたし、灰皿、トレイ、ビアマットなど、パ…

  • マクドナルドの営業再開とダイス・バーの炎上

    一部のマクドナルドでドライブスルー営業が水曜日に再開されたというニュースが、今日のアイリッシュ・タイムズ紙に掲載されていました。 www.irishtimes.com 混乱を起こすといけないということで、マクドナルドは営業再開についてほとんど告知しなかったそうですが。それでも噂を聞きつけた人々が車で列をなし、一時は警官も出て交通整理にあたったとか。 記事にはマクドナルドの茶色の紙袋を抱えて最高のスマイルを浮かべているお客さんたちの写真が何枚も掲載されています。コロナウイルス騒動前は、当たり前すぎる存在だったマクドナルド。ややもすれば肥満の元凶、消費社会の象徴などと悪口を言われることもありました…

  • ブログの引っ越し作業をしています

    ブログの引っ越し作業をしています。 前々から WordPress を使ったブログに移行したいと考えていたんですけど、昨日からやっと作業を開始しました。 レンタル・サーバーは今年の3月あたりに借りていたんですが、WordPressのインストールの仕方とかがわからなくて、しばらくそのままにしていたのです。 昨日、もう一度そのレンタル・サーバーのアカウントにログインしたところ、WordPress が簡単にインストールできるオプションが付いていました。若干試行錯誤しましたが、今日の朝、もう一度チャレンジしてみると、いい感じに移行が進んでいます。とりあえず手動で作業しています。 移行先はこちら(まだ工事…

  • ギネスのトレイ

    オークションで昔のホウロウ看板やポスターを買い始めた時に、やっぱりとっかかりとして興味をひかれたのはギネス・ビールのものです。 ウイスキーに興味が移る前はいろいろ買ったのですが、いや、なんでこれ買ったのかなー、とか、これにこの値段はないな、という失敗もしました。もちろんすごく気に入っているものもあります。 おいおいご紹介していきたいと思いますが、今日はまず小物ということで、ギネスのトレイを集めてみました。 ギネスの広告というと、動物を戯画化したユーモラスなものが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。こちらのトレイもそうしたデザインの1つです。これは、ジョン・ギルロイというイギリス人アーチスト…

  • FC2 有料ブログで AdSense に承認されました

    別口でやっている FC2 有料ブログで AdSense に承認されたので、他の方のご参考になればということで、私の状況をメモしておきます。 AdSense に承認されたブログはこちらです。 tarafuku10.net 現地に住んでいることを強みとして、アイリッシュ・ウイスキーの歴史、蒸留所めぐり、新聞記事などを紹介するブログになっています。 AdSense に申請したのが、5月15日(金)の朝、承認通知が来たのが5月18日(月)の朝。所要期間は丸3日でした。 申請時点での記事数は6つ。その後、承認通知が来るまでに記事を2つ追加しました。いずれの記事も、文字数は2000文字を少し超えるくらいで…

  • 自粛警察カレン

    スペクテーター誌の米国版に「カレンがあなたのコミュニティを破壊するのを許すな」(Don’t Let Karen Kill Your Community)という記事が掲載されていて、そんなヤバいことするカレンって誰だろうと思って調べてみたら、特定のカレンさんを指す言葉ではなかったのでした。 spectator.us Wikipedia の英語版にも「Karen (Slang)」として項目が立っています。 en.wikipedia.org それによれば、ある特徴を持つ人を揶揄するときに、その人を指し示すために本名に関係なく使う名前だそうです。その特徴とは「白人、中年、アメリカ人女性で、思い通りにい…

  • ロックダウン解除の第一段階が月曜から始まります

    金曜夜にレオ・バラッカー首相のスピーチがあり、5月18日(月)に予定どおりロックダウン解除に向けての第一段階に移行することが発表されました。 www.irishtimes.com たとえば、以下のような活動が許可されるようになります。 自宅から5km以内で4人までの家族または友人と屋外で会うこと 建設業や造園業など、屋外での仕事 ハードウェアの小売店の営業 (ホームウェアの店は入らない) いずれも、ソーシャル・ディスタンシングの基準を守ることが条件です。 状況によっては予定どおり第二段階に進めない可能性があること、また逆戻りする可能性があることも注意書きとして添えられています。 そして、マスク…

  • 新型コロナウイルスがアイリッシュ・ウイスキー業界に与える影響

    // 5月15日付のアイリッシュ・タイムズ紙に、「アイリッシュ・ウイスキーの売り上げに悪影響。400人の職が失われる可能性」という記事が掲載されていたので、かいつまんでご紹介します。 www.irishtimes.com アイリッシュ・ウイスキーの2019年の年間売り上げは1億3700万本を記録。これは2010年と比較して2倍の数字だそうです。しかし、アイリッシュ・ウイスキー協会(IWA)の最高責任者であるウィリアム・ラベル氏によると、ロックダウンにより世界中でパブや空港のデューティー・フリーが閉鎖されているため、成長が脅かされているとのこと。 「発注はキャンセルされ、在庫を引き取ってくれとい…

  • マスクした方がいいの?

    新型コロナウイルスが流行する前は、アイルランドでマスクをしている人はほとんどいませんでした。現在でも、マスクをしている人は圧倒的に少ないです。1~2割くらいでしょうか。 しかし、マスクを普段から着用する東アジアでコロナウイルスの被害が少ないことから、マスクは実際に予防に役立つのかが大きな話題となっています。以前ご紹介した台湾の医師へのインタビューでも、記者がかなり執拗にマスクについて質問していました。 www.irishtimes.com tarafuku10.hatenablog.com どうも近日中に、買い物や移動の際にマスクを着用することが公式に推奨されるようになりそうなんですね。そこで…

  • 失くしたクレジットカードが返ってきた話

    私は普段は基本的に現金派でして、クレジットカードを使うのはオンラインで買い物するときか、大きな買い物をするときだけでした。 しかし、新型コロナ騒動が始まって以降、お店ではコンタクトレス・カードの使用が推奨または必須となっており、私もカードを積極的に使用し始めたわけです。 ところが、慣れないことをするものではありません。私はカードを3枚持っていたのですが(デビットカードが2枚とクレジットカードが1枚)、そのうち2枚を相次いで失くしてしまったのです。 カードを使用した後、すぐに財布に戻さずに、ポケットの中に入れたり、スマホと一緒に手に持って歩いたりしていて、失くしたか、どこかに置き忘れたかしたわけ…

  • アイリッシュ・ウイスキーのブログをはじめました。

    以前からずっとやりたいと思っていたんですが、アイリッシュ・ウイスキーのブログを始めました。 tarafuku10.net この「たらのコーヒー屋さん」のブログが Hatena ブログなので、ウイスキーのブログも Hatena を利用したかったんですけど、今回は FC2 さんにお世話になることにしました。 自分でドメイン名を取ってブログを書く、というのをやってみたかったんですけど、これは Hatena も FC2 も有料のブログ・サービスでないとできません。ところが、Hatena は海外で住所を登録していると、有料サービスに移行できないんですよ。Hatena と提携 (?) しているお名前.co…

  • オークションで買って失敗したアイテム

    地方のオークションに参加するときは、ほとんどの場合、現場にはいかずにオンラインでカタログだけ見て入札するんですよね。ですので、買ってみたら思っていたのとちょっと違う、みたいなことはあります。今回はそういう失敗アイテムをご紹介します。 最初は、Taaffe & Coldwells という会社のシャツのお店。たぶんワイシャツのお店じゃないかと思うんだけど。 いや、しかしこれはひどい。絵柄が全部退色して真っ白になっているでしょう。まさか、もともとこういうデザインだったとも思えないので。これは、現地に行ってた、行っていなかったの話ではないですね。写真で見たらわかる話なので。 その頃、ちょうどホウロウ看…

  • U2のボノが60歳の誕生日を迎えました

    U2のボノがこの日曜日(5月10日)に60歳の誕生日を迎えました。おめでとうございます。 U2について個人的な思い出を書きますと、私が初めて買ったU2のアルバムはセカンド・アルバムの『October』でした。日本でのタイトルは『アイリッシュ・オクトーバー』です。日本版が発売されたとほぼ同時に荻窪だかどこかの新星堂で買ったと思います。 渋谷陽一さんがライナー・ノーツを書いていて、ブリティッシュ・ロックについて力説していたのを覚えています。アルバムのタイトルに「アイリッシュ」って入ってるんですけどね。 アルバムを聴いてみての感想はと言いますと、私は正直あまりピンとこなかったんですね。Edgeのギタ…

  • コーヒーのジレンマ

    私の住んでいるスミスフィールド/ストーニーバター界隈には、シリアスなコーヒーを出すカフェが3軒あるんですね。 スミスフィールドのアーバニティとプロパーオーダー、そしてストーニーバターのラブ・スプリームです。 Proper Order このうち、プロパーオーダーとラブ・スプリームは現在休業中で、テイクアウトもやっていません。 コーヒーにシリアスなお店とその他のお店の違いの1つは、カプチーノのテイクアウトをするときに、シリアスなお店はカップが小さいという点です。カップが小さいとミルクの量が少ないということですから、コーヒーをより味わうことができるわけです。 ところで、コロナ騒動が起きる前、私がほぼ…

  • グラフトン・ストリートのビューリーズ・カフェが閉店します

    新型コロナウイルスの影響を受けて、グラフトン・ストリートのビューリーズ・カフェが閉店するというニュースが一昨日(5月6日)流れてきました。110人の職が失われるとのことです。 www.irishtimes.com ビューリーズ・カフェはアイルランドに住んでいる人なら誰もが知っているダブリンの象徴ともいえるカフェです。 ビューリーズは19世紀半ばに中国からお茶を輸入する会社として事業を開始 (Bewley’s Oriental Café と Oriental が名前に入っているのはその名残) しました。その後、コーヒー・ショップ・ビジネスにも進出し、グラフトン・ストリートにお店を開いたのが192…

  • Shithousery (サッカー英語の表現集 7)

    tarafuku10.hatenablog.com 新型コロナウイルスの影響でアイルランドやイギリスの放送局もパーソナリティが自宅から放送する番組が多くなっています。 こちらは元イングランド代表サッカー選手のピーター・クラウチが司会を務めるBBC ラジオ 5 のポッドキャスト番組。 Incredible explanation Thankyou @susie_dent pic.twitter.com/d2JLZXw4Qy — Peter Crouch (@petercrouch) 2020年5月6日 今回はスージー・デントさんという辞書学者がゲスト出演して、” Shithousery” という…

  • 行動範囲が拡大しました

    4日の火曜日から、運動のために行動していい範囲が2kmから5kmに拡大されたので、ラネラの方まで散歩しようかと思ったのですが、さすがにしんどくなったのでセント・スティーブンス・グリーンまででやめにしました。 グラフトンストリートのあたりは、人通りはもちろん少なかったですが、天気が良かったせいもあってか、ロックダウン初期ほど陰鬱な印象はありませんでした。 それから、ヘンリー・ストリートのアイスクリーム屋には人が並んでいましたね。まあ、厳密に言えばアイスクリームは不要不急でしょうが、食品でテイクアウトという基準を満たしているので、営業OKなわけです。 ダブリンにはの街なかにはウイスキー専門店が3つ…

  • 街のキツネ

    ロックダウンの影響かどうかわかりませんが、ダブリンの街なかで見かけるキツネが増えているとのこと。 www.irishtimes.com ダンレアリに住むデニス・ドナヒューさんの裏庭に8匹の子ギツネが現れた。 2年前、庭に置いてある木造の物置小屋の下に巣があって、キツネの一家が住んでいた。去年は見かけなかったので残念に思っていたところ、今年はいきなり8匹やってきた。 キツネの発情期は 1 ~ 3 月で、今が子供が生まれてくる時期らしい。キツネが一度に産むのはだいたい5匹なので、8匹というのは非常に大きい兄弟。朝日が昇る頃に姿を見せ、人が起き出す頃には姿を消すらしい。キツネは通常家族で行動するのだ…

  • アイリッシュ・タイムズの映画評論家が選ぶアイルランドの映画ベスト50 (後編)

    (前編から続く) www.irishtimes.com 25位: 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア (2017、ヨルゴス・ランティモス)。サイコ・ホラー。舞台やストーリーはアイルランドと関係ないのがが、資本がアイルランドから出ている。コリン・ファレルやバリー・キョーアンなどのアイルランドの役者も出演。見た。 24位: His & Hers (2010、ケン・ワードップ)。これも好きな映画。見た。 tarafuku10.hatenablog.com 23位: ブッチャー・ボーイ (1997、ニール・ジョーダン)。主役を務めた子役の子が凄くよかったんだよね、この映画。ブラック…

  • アイリッシュ・タイムズの映画評論家が選ぶアイルランドの映画ベスト50 (前編)

    アイリッシュ・タイムズの映画評論家であるタラ・ブレーディとドナルド・クラークが選ぶアイルランドの映画ベスト50という記事が掲載されていたのでご紹介します。 www.irishtimes.com 何が「アイルランドの映画」かというのは議論が分かれる点ですが、2人の批評家はここでは緩めに捉えているようです。アイルランド人が数多く関与している、かなりのアイルランド資本が入っている、などはアイルランド映画にカウントされます。 しかし、外国の制作会社がアイルランド以外の場所のシーンを撮影するのにアイルランドのロケーションを使っただけのものはカウントされません。たとえば、『プライベート・ライアン』(ノルマ…

カテゴリー一覧
商用