chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Amurin2019
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/04/27

  • 総選挙をハロウィーンに 「投票日おめでとう!」

    アイスランド在住の小倉悠加さんの連載記事「こちらアイスランド」を読んだ。 先週9月25日の日曜日にアイスランドでは総選挙があったようだ。盛り上がりの方は「アイスランド的」にはいまいちで、投票率は史上ワースト2位ということだが、それでも何と80%! 日本も何とかせないかんぜよ、という数字だ。 どうすれば日本の投票率を上げることができるのか?――「投票日おめでとう!」と「仮装行列」というのは「ハッピー・ハロウィーン!」ということかと笑った。以下、「鮫島タイムス」に掲載された記事より引用を許されたい。こちらアイスランド(42)議会政治発祥の地の合言葉は「投票へ行こう」ではなく「投票日おめでとう!」〜…

  • 8月6日の疑惑の検証

    今年の8月6日、広島の原爆死没者慰霊式・平和祈念式で内閣総理大臣として挨拶したスガが文章を読み飛ばした件(それ以外にも、原爆を「原発」と読んだり、内容も前年のアベ挨拶をほぼコピペしたものであるなど、「事件」と呼んでいいくらいの失態だった)。珍しくも、その日のうちにスガ本人が陳謝したが、問題は、なぜ読み飛ばしたか、その理由の説明だ。報道各社は、首相周辺(誰?)のオフレコ取材より「原稿を貼り合わせるのりがはみ出して紙同士がくっついて剥がれず、めくることができなかった」「事務方のミス」などと報じた。代表して毎日新聞と共同通信(孫引き)の8月6日付記事を以下に。首相の読み飛ばし 原因は「原稿がのりでく…

  • アベアソ時事密談

    アソ:おう、シンゾーじゃねぇか。どこ行ってたんだ? アベ:あれ、嫌な人に見つかったなあ。副総理こそ、どちらへ? アソ:おめえと同じところに決まってんだろ。何、話して来たんだ? アベ:いやいや、それは、副総理と同じに決まってるじゃないですか。 アソ:ほー、するってぇと、アベノガールとカケトモのことだな。総裁選ではアベノガールにずいぶん入れこんでたみたいじゃねぇか。 アベ:いやいや、それほどでもないですよ。コーノ潰しには電通作戦でいこうと、今井さんから言われましてね。親衛隊がちょっとやり過ぎて、極右イメージが定着したのは想定外でしたけど、まあ本人も私の「後継者」気取りでしたから、それくらいのリスク…

  • 自民党総裁選と「世論」

    昨日、自民党の総裁選が終わり、千葉県の自民党員・党友の開票結果がわかった。 河野太郎の圧勝だったことがわかる。【速報】自民総裁選党員票、千葉は「河野氏」圧勝 2位は高市氏 | 千葉日報オンライン 河野太郎 1万0617票(48.05%) 高市早苗 4939票(22.35%) 岸田文雄 4712票(21.32%) 野田聖子 1778票( 8.05%) 無効 52票( 0.23%) ※投票率66.16% ※全国の一覧はこちら https://jimin.jp-east-2.storage.api.nifcloud.com/pdf/news/information/202062_2.pdf ちなみに…

  • 前総理と都議

    自民党総裁選の日。下馬評では河野と岸田の決選投票と言われている。しかし、ジャーナリストの佐藤章さんは、一貫して、河野と高市のたたかいと述べている。なぜ、岸田でなく高市なのか。そこには暗躍するアベシンゾーの異様なる執念とその「資金力」があるらしい。佐藤さんの話に、さもありなんと思いつつ、こういうのを、アソタロなども含めて、「政界サラブレッド」などと持ち上げて担いでいる勢力をお払い箱にしないかぎり、自民党、ひいては日本の政治に明日はないと強く思う。 以下、9月27日付「一月万冊」より部分引用(13分40秒頃から)。自民党総裁選で飛び交う現金3億円以上!?高市早苗を総裁にしたい安倍晋三がなりふ…

  • 白井聡さん「総裁選に寄せて」

    誰が勝っても政局の狼煙になると言われた横浜市長選が行われたのが8月22日。地盤である(はずの)横浜で、自らの推す候補が敗れ「惨敗」を喫したかたちのスガ首相が、八方塞がりで自民党総裁選への出馬をついに断念したのが9月3日。それから1ヶ月近くにわたって繰り広げられてきた(煽られてきた)自民党の総裁選も、明日9月29日でようやく決着を迎えることになる。 この間、新型コロナの新規感染者の減少傾向をいいことに、国会を開かず、次のコロナ第6波に備えた体制・法整備をすることなく、今月をほぼ「失われた1ヶ月」にしてしまった罪は重い。 昨日(27日)もコロナ感染による死者は28人、この1年半余のあいだに累計で1…

  • 照ノ富士と「隻腕の力士」

    大相撲秋場所は新横綱の照ノ富士が優勝した。けがや病気がなければ、もっと早くに横綱になっていたはずの人で、かつてのパワーや豪快さは薄れてしまったが、どん底を経験し、這い上がってきたその精神力は、場所中も随所に感じられた。贔屓目もあるが「風格」が漂うほどだ。 その照ノ富士がこの春、昔のドキュメンタリー番組で、片腕だけで相撲を取っている人を見て、自分もやらなくては、という気持ちになったと明かした。照ノ富士を奮起させたのは、30年前「隻腕の高校生力士」として紹介された布施美樹(よしき)さんだ。人間劇場ドキュメンタリー「土俵の青春」 - YouTube 【HTBセレクションズ】片腕の力士 - YouTu…

  • 共産党・志位委員長のTweetを見て

    共産党の志位和夫委員長の9月24日付Tweetがちょっとした波紋を広げた。反共側から反響(!)があるのは、まあ当然のこととして、志位委員長自身がマルクスの「法則」や「共産主義」をどう理解しているのかがほの見えて、個人的には少し驚いた。志位和夫 on Twitter: "「共産主義はどうも」という方に2つの質問をしたいと思います。 1、資本主義という矛盾に満ちた社会が人類の到達した最後の社会か? 2、マルクスは21世紀では古くなってしまったか? 人類社会は資本主義で終わりでなく、その先に進むことができる。その法則を明らかにしたのがマルクスなのです。" 理屈はさておき、「印象」を記す。 まず、この…

  • 揶揄の対象

    今日は(も)短く。 過去のアベ発言を動画編集して笑いを届けてくれる「尾張おっぺけぺー」さんが、編集し直した動画を拝見した。「安倍晋三 胸に刻んだ爺ちゃんの言葉」。これは元は2018年、アベ絶頂期?に作成されたものらしいが、このたびこれに”新発見”が追加されリニューアルされたとのこと。尾張おっぺけぺー😷自民公明、国会閉じて6月から夏休み😷 on Twitter: "今年作成動画を振り返る第1位!「安倍晋三 胸に刻んだ爺ちゃんの言葉」(この動画は今回作り直した特別ヴァージョンです)安倍さん、おっぺけアワード2018受賞おめでとうございます!… " 「…そして、鎌なんかで傷がついてますから、指が落ち…

  • 10万円給付という公約

    自民党の総裁選が終われば総選挙がやってくる。10月か、11月…? そのときコロナ感染はどうなっているか。中にはもうGO TOに前のめりになっている人がいるという話も聞く。確かに第5波は8月20日頃をピークに下降線をたどっているように見える。が、喉元過ぎると常にこういうことを言い始める人々の頭の中には儲けやばら撒きのことしかないのだろうか? 「ばら撒き」と言うと語弊があるが、衆院選の公約で、「10万円給付」を打ち出す政党が相次いでいる。立憲民主党、国民民主党、公明党、共産党…。しかし、その対象はというと、国民民主は全国民、公明が18歳以下、立民が「低所得者」、共産が「生活困窮者」と違いがある。国…

  • 総裁選 雑記

    昨日の毎日新聞の水曜日連載・「水説」が興味深かった。編集委員の古賀攻氏がある有力な古参議員から聞いた話として紹介した自民党の総裁選の経過の理解は意外なものだった。プレーヤーみんなが読み違い、「目算が狂って今の形になった」というのだ。なるほど…。 9月22日付毎日新聞の記事より要約。水説:古参議員の機微な話=古賀攻 | 毎日新聞 〇岸田+菅 「岸田は菅が出る前提でつまらんこと(党役員任期の制限)を言った。言わなきゃ岸田の流れができていたかもしれないのに」 だが、岸田の任期制限論が二階俊博幹事長を直撃したから、首相を慌てさせたのではないか。 「使命感のある主張なら仲間の結束を強める。でも岸田陣営の…

  • 森友問題 小さな疑問

    森友問題の公文書改ざん(2017年2月以後)と赤木俊夫さんの死をめぐる小さな疑問。 「赤木さんは改ざん作業を強いられてうつ病になり、自ら命を絶った」という一文が繰り返されているうちに、我々もマスコミの一部も、ある重要な要素(プロセス)が抜きとられていることに気づかなくなっているのではないかと。 奥さんの雅子さんの話によると、赤木俊夫さんは「国家公務員倫理カード」を常に携帯し、「僕の雇用主は国民です」と、公僕であることを誇りに思って働く真面目な人だったという。「うつ病」になったのも、「公僕」にあるまじき不正・不法行為に無理やり関与させられたためと見られている(財務相の調査は全然十分ではない)。し…

  • 河野太郎と核燃料サイクルの停止

    これは「こんなのを総理大臣にしてはいけない」シリーズの3回目であるが、今までとは趣を異にする。小生、個人としては、ちょっと様相が変わってきた。「変節漢」の河野氏にも「変節」しない部分がある(ようだ)。それが「核燃料サイクル停止」の問題。これはアベの憲法改正(9条改憲)の宿願に近いものがある(ようだ)。しかし、同じ「宿願」でもベクトルの向きは逆。「反対勢力」とか「抵抗勢力」と呼ばれるものが、「核燃停止」と「9条改憲」では、まるで対極に位置することになるかもしれない。河野氏が「核燃停止」を言い続けるとすれば(それは確固とした前提となっているが)、今後も「反対勢力」たる電力業界や経済産業省らから、陰…

  • 山添議員の書類送検のこと

    むかし若い頃、夜8時過ぎまで仕事をし、車での帰り途、コンビニで買い物をした直後に検問に引っかかったことがあった。そのときたまたまシートベルトをしておらず、お巡りさんにそのことを指摘されたので「はい、はい」と愛想よく慌ててシートベルトをしたが、間に合わず、そのままパトカー内に移動するように言われてしまった。「ちぇっ! ついてない」と思いながら、パトカーの中から外を見やると、シートベルトをしていない車が通って行くのが見えた。「お巡りさん、お巡りさん、あれ、あれ…」と言ってはみたが、警官は書類の記入で忙しく、ほぼガン無視。大いに機嫌を損ね、捨て台詞に「私、お巡りさんの名前、一生忘れませんから」などと…

  • 太田さんの居酒屋ふらり旅を、また…

    お酒が好き、というより、飲みながら人と話をするのが好きだった。40くらいまではお酒の誘いを断ることはなかったと思うが、近年は親の介護もあって、すっかり腰が重くなってしまった。旅行もしないので、旅番組や居酒屋紹介などを見ながら、「疑似体験」するのがせいぜいだったが、地元の千葉テレビが太田和彦さんの「ふらり旅」(元はBSイレブン)の再放送をしているのを知ってからは、毎週かかさず見てきた。放送時間が変更になったりしているうちに「見失って」しまったが、今もまだ放送しているのだろうか? 昨日新聞を眺めていて、その太田さんの名前を見つけた。短いインタビュー記事だった。冒頭で「生きがいだった居酒屋巡りができ…

  • 懐かしいプリント原稿

    6月にパソコンが壊れてしまい、今のパソコンに古いデータの取り込みをしていたら、むかし懐かしい授業プリントの原稿が出てきた。テーマは「アイデンティティーを考える」だったかと思う。引用資料として、読んだ新聞記事をすぐに切り抜いた記憶がある。 中高生のような若い人が、本ブログを読んでいるとも思えないが、もし、現在、何か自分が彷徨っていて落ち着きどころがないとか、あるいは、長い長いトンネルから抜け出せないような感じを持っていて、たまたま通りかかったのなら、参考までにお読みいただければ、と思う。20年前の話で、ちょっと感覚的に古いかもしれないが…。 元記事は、2001年3月24日付の朝日新聞・朝刊に掲載…

  • スガ政権1年間の笑軌跡

    官邸が「菅政権1年間の軌跡」なる動画を上げている。どれどれと眺めてみたら、これがまた、いつもにも増して「お手盛り」感満載で、「最後の一日まで国民のために働く内閣として全力を尽くします」と――これには声を出して笑ってしまった。ここまで来るとスガ総理はもはや政権集団に踊らされる哀れなコメディアンに思える。もちろん三流以下だが…。菅政権1年間の軌跡 令和2年9月16日~ - YouTube ウーマンラッシュアワーになったつもりで?、つっこみヴァージョンをつくってみた(ツッコミ役とはいえ、実際には中川パラダイスは無用なツッコミはしないけれど…)。どなたか動画版をつくってくれるとうれしい。 スガ:<拍手…

  • 「ひるおび」のスポンサーであること

    先日の「ひるおび」での八代弁護士の発言を、小生は、誹謗中傷(差別発言)と捉えているので、一方で、オリンピック組織委の会長やらプロデューサーやらが自らの差別発言で辞任して責任をとっているのに、他方で、八代氏が謝罪にもならない釈明をして大目に見てもらえる状況には、承服しがたいものを感じている。「より正確にバランスに配慮」すれば、八代氏が番組に出演することの是非が問われてしかるべきで、それをしない番組がこのまま続くとなると、今後また同じような誹謗中傷(差別)が繰り返されるのではと疑念をもつ。 昨日、再春館製薬とキューピーが「ひるおび」のスポンサーを降りたとするTweetを見かけたが、ガセかも知れない…

  • 大豆の値上がり +「ひるおび」

    昨夜テレビを見ていて、「また豆乳を飲んでみようか」と思い始めた。買い物では牛乳2本がお決まりだったが、今後は1本は牛乳、1本は豆乳にしてみようかと思う。こういうのに「踊らされ」て何かを買うのもどうかとは思うが、豆乳が健康によいのは確かだろう(毎日豆腐でもよいが、飽きるから…)。〖林修の今でしょ講座〗豆乳・牛乳・アーモンドミルクを比較(9月14日) | Paradise World その豆乳の原料である大豆が値上がりしそうだという。先日も小麦製品の値上げが報道されたばかりである。主要農産品を輸入に頼るこの国にとって、食糧安保は今、最優先課題だ。「電磁波で敵基地無力化」などと得意顔になっているのが…

  • 目取真俊『眼の奥の森』

    「一月万冊」で佐藤章さんが推奨していた目取真(めどるま)さんの作品。2004年から2007年にかけて季刊『前夜』に12回にわたって連載された文章に加筆・訂正したもので、2009年の刊。現在は品薄状態にあるようで、入手できたのは幸運だった。 戦争末期の沖縄で米兵たちに強姦された少女と、その米兵たちに銛をもって一人で向かっていった少年をめぐる多声的多重的な内容。話はもちろんフィクションだろうが、ノンフィクションの側面があることを容易に想像させる。小生のような軽薄な人間には、ただただ言葉を失う描写の連続。 半分近く読んだ時点では、2017年の東京写真記者協会賞を受賞した「沖縄の視線」という写真(東京…

  • 「従軍慰安婦」から「従軍」を削除すること

    先週新聞を読んでいて小さな記事が気になってはいた。中学・高校の社会科教科書の記述から「従軍慰安婦」の「従軍」が削除されるというのである。慰安婦「従軍」を削除 教科書訂正を承認 文科省 | 毎日新聞 「従軍慰安婦」「強制連行」5社が教科書訂正 政府答弁受け:朝日新聞デジタル「従軍」の文言をとることは、「慰安婦」が軍(国)による「強制」によるものだったという認識を否定することである。上の朝日新聞9月8日付記事にはこうある。政府は4月27日、「『従軍慰安婦』または『いわゆる従軍慰安婦』ではなく、単に『慰安婦』という用語を用いることが適切」との答弁書を閣議決定。一方、「いわゆる従軍慰安婦」という用語を…

  • 戦場から帰る兵士たち 

    「月命日」(月忌)というのはあまり気にしてこなかったが、先日知人に母親と父親の月命日が続いていると言われて、「ああ、そうだ」と気づいた。 今日、父親の忌日。一月の早かったことを思う。 亡くなった人と向き合うに、アフガニスタンから帰還したアメリ軍兵士の心が蝕まれているという毎日新聞の記事を2つ思い起こす。1つめは、9月9日付の一部。「9・11」後の20年:あの日から アフガン従軍兵、心の傷 仲良い子供ら爆死 | 毎日新聞薬物に溺れ除隊 米帰国後、牧師に 黙々と子供たちの肉片をかき集め、飛び散ったからだの一部を拾って回った。砂ぼこりのなか、トラックの荷台に遺体を積み込み、駐屯地に帰ると両手を漂白剤…

  • 「ひるおび」八代発言と共産党

    TBSの「ひるおび」は一時眺めていた時期もあるが、コメンテーターに呼ばれるスシロー氏の醜悪さに嫌悪感があり、最近はあまり見ていない。しかし、そのスシロー氏でもさすがにこれは言わないと思う。番組の顧問弁護士然と一見スマートなことを曰う(つもりの)八代英輝弁護士の昨日の発言がそれである。八代英輝氏「暴力的な革命廃止していない」発言に共産党が猛反論「卑劣なデマ」 | 東スポのニュースに関するニュースを掲載 TBS「発言は誤りでした」共産党めぐる八代弁護士のひるおびでの見解に - 芸能 : 日刊スポーツ 過去の差別発言さえ徹底的に糾弾される昨今、こうした政治的差別発言が堂々とまかりとおるとしたら不思議…

  • 時事スガ川柳 「卒業」編

    コロナ対応に専念するため、自民党の総裁選には出馬せず、今月末で退任する見通しのスガ総理。何と、今月の下旬に訪米し、バイデンとの日米首脳会談、「クアッド」と呼ばれる日本、アメリカ、オーストラリア、インドの4か国による首脳会合への出席を調整するとのこと。来月には首相でなくなる人と「首脳」会談をさせられる米豪印の政府は、バカにされてる気分ではなかろうか。菅首相 今月下旬訪米で調整 日米豪印の首脳会合出席念頭に | 菅内閣 | NHKニュース もはやすっかりスタッフの慰労を兼ねた「卒業旅行」モードにでも入っているかのスガ総理(税金なんですけど!)、自然減を待っているだけの「放置策」ではコロナは終息しな…

  • 高市早苗はアベシンゾーである

    自民党の総裁選など、基本的には勝手にやってろと思って眺めているが、当初「泡沫」「かませ」候補とみられていた高市が、アベの支持する意向が明らかとなるや、俄然▲ダークホースから〇対抗馬に格上げされていく状況には驚かされる。もし、高市を総裁に選ぶとしたら、自民党というのは本当に「泥船」だと改めて思う。加えて「自由」と「民主」の看板は下げた方がよいと、「非自由民主」な議員の皆さん方には改めて申し上げたい。 昨日の「一月万冊」でジャーナリストの佐藤章さんと清水有高さんはこう話していた。速報!高市早苗自民党総裁選正式出馬表明。サナエノミクス発表。その裏で蠢く安倍麻生。麻生は河野太郎に対して「出馬したら短…

  • やっと晴れて

    一昨日から昨日のこと。 法務局に行き「法定相続情報一覧図」を申請する。これは、誰が被相続人(亡くなった人)で誰が相続人か、シンプルにわかって大変便利。役所で戸籍謄本など必要な証明書類を集めなければならない手間はあるが、一回つくると何枚でも無料で発行(証明)してくれる。銀行預金の払い出し、不動産登記、相続税…等々、いろいろな用途に使える。最初から知っていれば、余計な情報満載の戸籍謄本*をあちこちに何度も運ぶ面倒はなかったのに。法務局の担当の人も親切にいろいろと教えてくれた。後で、電話がかかってきて、字がちがってましたが、こっちで直しておきますから、とか、予定より早めにできそうですが、とか…、いや…

  • スガ自滅杯競走(狂騒)GⅡ

    Webでおもしろい「馬柱」を見つけた。出所はわからないが、コラムニストの小田嶋隆さんのTwitterにある。無理やり8枠にしたところはあるが、なかなか笑える。なるほどね。こういうのがむしろ「世間の声」であるのかもしれない。勉強になるなあ。 pic.twitter.com/IHkXJ0TYeR— 小田嶋隆 (@tako_ashi) 2021年9月6日 では、トラックマン(政治部記者?)からの朝一怪情報を以下に。1枠1番 アベノガール:タカ派人気とアベ・ファーストでまさかの現実味。 【高市早苗】高市早苗氏まさかの自民新総裁“爆誕”も タカ派人気とアベ・ファーストで現実味|日刊ゲンダイDIGITAL…

  • 総裁選と野田聖子

    こういう闇世界の話を知ると本当に嫌になる。 スガが自民党総裁選に出馬しないことを明らかにしてから、政界やメディアは誰が立候補するかの話題一色となっている(まず国会を開かないことが不当であることを報道する方が優先だと思うが…)。そんな中、野田聖子・幹事長代行も出馬に意欲を見せていると報じられた。毎度のことながら、推薦人が集まるのかくらいに思っていたら、先月の裁判で、野田の夫が「元暴力団員」と認定されたという記事を見た。噂話としては知っていたが、現職議員のつれあいを、いくら「元」とはいえ、10年間反社会的勢力の一員だったと裁判所が認定したという事実は衝撃である。 8月15日付の記事(元記事はデイリ…

  • ビートたけしが襲われた

    今日は事情があって手短に。 昨夜ビートたけしが襲われたというニュースを知った。最初は大昔のフライデー襲撃の話か何かと思ったが、「襲った」のではなく「襲われた」のがビートたけしだった。いやはや、昭和の人間であることを痛感したが、怪我がなくて本当によかった。ビートたけしさんが乗る車襲われる 鈍器のようなもの持った男を確保:朝日新聞デジタル ビートたけしが乗った車が刃物を持った男に襲われる 小刀とつるはしでガラスを叩く|ニフティニュース たけしはその夜出演していたテレビ番組で、進行役から「10月、11月に行なわれる衆議院選挙の場合は、たけしさんは自民党に入れるということですか?」とふられ、「いや!共…

  • 菅の不出馬 続 政局ばなし

    昨日昼、スガ首相は来たる自民党の総裁選に出馬をしないと言い出した。総裁選にもコロナ対策にも莫大なエネルギーを費やすため?「(総裁選よりも)コロナ対策にセンニンしたい」(字幕には「専念」と「専任」の2つあり)というのが出馬断念の理由だが、もはや誰も真に受ける者はいない。 コロナ対策とオリンピックは「両立」できるが、コロナ対策と総裁選が「両立」できないとは、これいかに? 非常事態宣言下でもオリンピックはやるが、飲食店には営業停止を要請するがごとし(お粗末!) 揚げ足とりをしたいわけではないが、これを見たとき、ある意味、スガ首相とこの政権の「言葉の問題」を象徴している感じを受けた。一部テレビが「専念…

  • もしもし、枝野さん…?

    選挙で立憲民主党(その前身の民主党)とその候補者に投票したことはない。それでも野党勢力の主軸にある政党はこの政党だ。次の総選挙で議席を増やすのはまちがいない。しかし、最近の党代表の様子を見ていると、その発言内容とは裏腹に、政権交代できる、政権交代しようと、本気で思っているわけではないのではという疑念を抱く。 9月1日、枝野幸男代表の発言として伝えられていることは、「単独過半数を目指す」「共産党とは連立政権を組めない」の2点(共同通信より引用)。 枝野氏、単独過半数掲げる 衆院選、共産との連立否定 | 共同通信立憲民主党の枝野幸男代表は1日、共同通信のインタビューに応じ、次期衆院選について「単独…

  • こんなのを総理大臣にしてはいけない 2

    まだ選挙でないのに「落選運動」もないが、これは、情勢によってはすぐにでも自民党総裁に担がれて日本国総理大臣になりそうな一有力議員を、総裁や総理大臣には選ばないようにと呼びかけるキャンペーンのようなものである。賛同の声が大きくなることを望む。 河野太郎ワクチン担当相兼規制改革担当大臣が、8月24日のオンライン会議で、資源エネルギー庁の幹部職員にパワハラを行った疑いがあることがわかった。 9月1日付文春オンラインが伝えている。河野太郎大臣パワハラ音声 官僚に怒鳴り声「日本語わかる奴、出せよ」 | 文春オンライン 会議には河野氏のほか、内閣府の山田正人参事官と、エネ庁の山下隆一次長、小澤典明統括調整…

  • スガーリンに棄てられる自民党議員

    ワクチン接種の2回目。先月すでに2回目を終えた妹は、一時的に高熱を発し、カロナール(解熱剤)を飲んだらしいが、「でも、熱が出たのは1日だけだから、全然大丈夫ー」と言っていた。しかし、中には熱が40℃まで上がったという人もいるし、命にかかわる人も出ている。朝から一抹の不安がよぎる。 病院に着くと、小生のような2回目の接種の人が後から後から来院する。時間がかかるかと思ったら、ほとんど待たされることなく接種は終わり、15分ほど様子見で待機したが、異常がなかったため、すぐに「釈放」された。帰宅後、手のひらや足の裏が若干温かくなったような気がして、そろそろ熱が出るのかと気にしながら昼ご飯を食べたが、さに…

  • 山中・横浜市政の多難なる船出

    新しい横浜市長の山中竹春氏が昨日(8月30日)初登庁し、記者会見に臨んだという。話題にはなったが、よそ様の首長のこと。それでも、何を語るのかに関心はあるという程度だが、ありがたくも会見内容を文字に起こしてくれている人が複数いる。全36分の文字起こしには、それ相応の時間と労力が必要で、これをその日のうちにWebに上げていることに敬意をもって読ませていただいた。だが、その内容はというと、IRの問題やコロナ対策など、「まだ初日ですから」を言い訳にすることが多く、「守り」の姿勢ばかりが目についた。8月24日には「強要未遂」や「経歴詐称」などの疑いで市民から告発もされている。横浜市の人たちはこれから山中…

  • 「車いす少年の違和感」

    昨日のブログでも引用した前自民党幹事長で元総裁の谷垣禎一氏についての毎日新聞の記事。台所のテーブルの上においたままだったので、一面トップのこの記事の見出しを見かけるたびに違和感を抱いていた。 「こういうのが障害者なんだ」――これは谷垣氏自身の言葉として記事の中で紹介され、見出しになった文言だ。自転車事故で頸髄(けいずい)を痛め、電動の車椅子生活を余儀なくされた谷垣氏にとって、 「障害者という存在について一定の理解をしていたつもりでした。でも、頭で考えていたのと、自分が現実に障害者になるというのは全然違うことでした。『ああ、こういうのが障害者なんだ』」 というのは実感だろうとは思う。 しかし、こ…

  • 断片的すぎる随想

    今日は新聞を読みながらの断片的でまとまりのない随想を少し。 昨日ふと思い立って、亡くなった父親の姿が映った紙をパウチ加工した。父親を預けていた施設のリハビリ担当の方が写したもので、6月に父親と面会した際にいただいた。表面をコーティングしておけば、写真と同じで長持ちすると考えた。歩行訓練のさなかにいきなり映されたのだろうか、やや驚いておどけたような顔をしたものと、何かうれしいことでもあったのか、目を細めて笑っている顔とが二つ並んでいる。父親が写真に写った最後の姿だ。このときはまだ元気だったのにと思い返す。 父親はほとんど耳が聞こえず、障害者手帳ももっていた。今開かれているパラリンピックは「障がい…

  • 棄民政策:アフガニスタンから 渋谷から

    入院が必要なコロナ感染者が自宅待機させられたあげくに、病状が悪化して亡くなるケースが続出している。一時は重篤な状態に陥ったタレントの野々村真氏は、自分は自宅から24時間スタッフに看病してもらえる病院に入れてもらえたから命を救われた、「自宅療養」とは「自宅放置」のことだ、と言っていた。まさしくそうだ。これを「棄民」政策と称するのは、いくらぎょうぎょうしくても、現在のコロナ患者に対する政府や東京都の姿勢を的確に示していると思う。 ところが、ことは日本国内に限らなかった。アフガニスタンでも日本大使館が文字通りの「棄民」をしていたのである。驚きである。 自衛隊機の派遣も、要するに「やってる感」を演出す…

  • 危機の時代と自己責任

    8月20日に放送されたCSのTBS NEWS『国会トークフロントライン』で、元自民党幹事長の古賀誠氏が、コロナの感染拡大と自己責任について言及していることを知った。自民党の総裁選の話より、こちらの方が気にかかった。 以下、該当部分の引用。解散は?総裁選は?出馬意欲の3名は?元自民党幹事長 古賀誠氏に聞く|TBS NEWS石塚博久政治担当解説委員: ……毎日コロナの感染拡大が止まらないということで、新規陽性者数の推移を見ていくと、8月18日の時点で2万人を超える事態となっているということです。毎日、東京の感染者数に関しては午後4時45分に発表になるんですけど、毎日びっくりするような数字が出ている…

  • スガの「明かり」

    スガ首相が昨日(8月25日)の記者会見で「明かりははっきりと見え始めています」と述べたことに、あちこちから疑問(抗議)の声が出ている。 念のため、官邸動画で確認したら、 …ワクチンはデルタ株にも明らかな効果があり、新薬で重症化を防ぐことも可能。(だから?)明かりははっきりと見え始めている…。9月12日に宣言解除ができれば、その先には、飲食店の利用、旅行、イベントなど、日常生活や社会経済活動の回復をしっかり検討する… と言っていた。 この「楽観ぶり」は今始まったことではないが、ひょっとしたら、東京の新規感染者数の増加が最近「頭打ち」になったように見えることも影響しているかもしれない(別に擁護して…

  • 政局ばなし

    8月22日の横浜市長選で自民候補が落選したことで「スガ政局」が動き始めた。ジャーナリストの佐藤章さんによると、スガ首相は、昨日8月24日に始まったパラリンピックが終わる9月5日を待って、 9月 6日(月) 衆議院解散 9月12日(日) 緊急事態宣言終了 9月13日(月) 衆議院選公示 10月10日(日) 投開票 その後 自民党総裁選挙 という日程をもくろんでいるらしい。明日8月26日に自民党総裁選の日程が決まると言われていたので、ここで9月の総裁選実施が明言されなければ、上の日程で決まりということになる。 以下、昨日の「一月万冊」から起こしたもの。特ダネ!横浜市長選決着後の政局!自民党は菅首…

  • 雷雨とパラリンピック

    役所や農協の諸々の手続に結局一日かかってしまう。午前中、突然の雷雨に見舞われ、役所で足止めされる。雨宿りしているうちに、そういえばと、自宅2階の窓を開けたままだったことに思い至り、昼に帰宅した折り、おそるおそる部屋をのぞいてみると案の定…。「大災害級」とまではいかなかったが、机の上のほか、布団や畳、積んでいた本にも雨が吹き付けていて、がっくり。後始末で余計な仕事が増えてしまった。 日本でコロナに感染して亡くなった人の数は、8月23日、NHKのまとめで15,670人。東日本大震災の死者数は、警察庁によれば、今年3月10日時点で、15,899人。統計上の数字は未曾有の大災害だった10年前のあの震災…

  • 君をなぜ総理大臣にできないのか

    横浜市長選は直前予想通りの結果となった。NHKは、およそ18万票の大差をつけたと評するが、小此木票の325,947と林票の196,926を合わせると、52万票余となる。当選した山中候補の得票が506,392だから、乱暴に言えば、自民党の分裂選挙でなかったら「負け」である。この選挙結果は、近づく衆院選の弾みにはなるが、見たいように現実を眺めるのはやや危険な感じがする。終盤戦で注目された田中候補の票(194,713)は林候補の得票を上回ってもいないのだ。敵失ばかりとはいえ、自民党の底力をあまり甘く見ないほうがよいと思う。 山中陣営を援護した(本人はたぶん自分が当選させたと思っている)「ハマのドン」…

  • 「政治の責任」

    当初は横浜市長選と自民党の総裁選、衆議院解散のことを知るつもりで、デモクラシータイムスを眺めていたのだが、政府のコロナ対応に関するジャーナリストの鮫島浩さんが、これまで何となくモヤモヤと感じていたことをズバリ言葉にしてくれていて、こちらの方が印象深かった。 そうだと思う。政府がまずやるべきだったのは、感染を抑えるかどうかよりも、むしろ、医療体制の整備こそだったはずだ。「母が、子供が」 コロナの悲鳴 菅にトドメか横浜市長選 WeN20210821 - YouTube 高瀬:この一年半くらい、見ていると、日本の政治を過去の戦争と重ね合わせてみるという意見がどんどん出てきていて、より、まさにそうだな…

  • 横浜市長選 田中康夫候補のこと

    市役所に手続きに行くが、不備があって、月曜に出直すことになる。市民課、高齢者支援課、国民年金課、社会福祉課、課税課、農業委員会…。いやあ、回らなければならないところが本当にたくさんある。でも、応対する職員はみんな若いし、何よりも丁寧で親切だ。ありがたいことだと思う。 横浜市長選挙の投票日が近づいてきた。千葉の田舎民には結果を見守るだけだが、候補者の一人、田中康夫氏の街頭演説の一部がやけに心に響く。 「毛ば部とる子」さんの8月20日付Twitterに投稿されている、8月15日、港南台駅前で撮影された田中候補の演説の一部を以下に起こしてみる。https://twitter.com/kaori_sa…

  • 「日本という牢獄」

    葬儀明け。納骨まで終わって一区切り。葬儀に参列した方々が父親の遺影を見るとみな表情を緩めていたのが印象的だった。父親のお骨は足も腕もしっかりしていて、すんなりと骨壺に収まらないほどだった。長い間、本当に本当によく働いたと思う。安らかに休まれよ。 今日からはいろいろと手続きに動かなければ…。 スリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさんが亡くなった件での、名古屋出入国在留管理局や法務省の対応には、この間、ずっと不信感をもってきた。ビデオの公開しかり、黒塗りの文書開示もしかり…。 昨日、出所をメモするのを忘れてしまったが、外国人支援団体を主宰する織田朝日さんという方のコラムを読んだ。標題は「日本とい…

  • タンザニアの「感染ゼロ」

    8月17日付亜留間次郎氏のTweetを見た。現下の日本政府と似たものを感じざるを得ない。 引用を許されたい。亜留間次郎 on Twitter: "皆さん、去年の5月の終わりごろから今年の7月の終わりまで一年以上も新型コロナの患者数ゼロを続けたタンザニアの公式データです。 タンザニアはどうやって一年以上も患者ゼロを達成したと思いますか?… "曰く、皆さん、去年の5月の終わりごろから今年の7月の終わりまで一年以上も新型コロナの患者数ゼロを続けたタンザニアの公式データです。 タンザニアはどうやって一年以上も患者ゼロを達成したと思いますか?タンザニアは長年にわたってオンコセルカ症*を撲滅するために国民…

  • 100分de名著『戦争は女の顔をしていない』

    さすがに弔問客は一段落したと思って、届け出や買い物などで外出したら、その間、意外にも来宅されていた人がいたりする。昨晩、弔問にいらした方は、留守中に2度も来宅されたと聞いて恐縮してしまった。 東京から夫婦で移住してきて10年というこの方、父親から畑を借りて野菜作りを始めたと、それは知っていたが、曰く、「周りに知ってる人もいないし、何もわからずに始めたから、お父様にね、これはこうやった方がいいよって、いろいろとアドバイスされて、本当にありがたかったですよ。落花生とか枝豆とか、〇〇さん、いい苗があるから、これ植えてみなよ、って持ってきてくれてね。おいしい枝豆ができて、本当うれしかった。…」と。 同…

  • 日本の統治システムの宿痾

    朝、可燃ゴミを出しに外に出たら、雨は止んでいた。山鳩が鳴いている。 ふと、今日は、父親が病院に行く日だったことを思い出した。施設では父親との面会がままならないが、病院では落ちあえるので、楽しみにはしていた。 家のカレンダーには、あれこれ今後の予定が書いてあるが、そういうのを見るたびに、「本当は今日は……する日だった」と思い起こすことになるのかと、ちょっとしんみりしてしまった。葬儀まではまだ少し間がある。 朝日新聞デジタル8月15日付記事に、長谷部恭男さん(憲法 早稲田大教授)、杉田敦さん(政治理論 法政大教授)、加藤陽子さん(日本近現代史 東京大教授)の鼎談があり、興味深く読んだ。 加藤さんは…

  • DaiGO氏と「心の災害」

    「のら猫 寛兵衛」さんのブログを見ていて、メンタリストDaiGo氏なる人物の発言を知った。そういえば、この方、テレビで出演者の心理分析のようなことをしていた人だった記憶がある。ああいう人を「メンタリスト」というのかと、今日初めて知った。 問題になっている発言の内容を確かめようとしたが、YouTubeがすでに閉鎖されていて視聴できない。新聞などによれば、 ホームレスについて、「自分にとって必要のない命は僕にとって軽いんで。だからホームレスの命はどうでもいい。いない方が良くない? 邪魔だしさ、プラスになんないしさ、臭いしさ、治安悪くなるしさ。もともと人間は自分たちの群れにそぐわない、群れ全体の利益…

  • 葬儀前 合間に

    お盆と重なり、お寺が一番忙しい時期に父親の葬儀をすることになった。通夜は18日と決まった。最初は早くても20日と言われていたので、これでも早くなってよかったのだが、夏場の暑い時期に葬儀まで一週間というのはちょっと長い。自宅に亡骸をいつまでも置いておけないので、今日は葬儀屋さんに頼んで、葬儀場へ運び、冷所に安置してもらうことにした。もうこれで、父親が自宅に戻ることはない。 替わりに昼に遺影が届き、焼香台の前に置かれた。改めて父親の遺影を眺めてみると、十数年前の姿とはいえ、わりと「男前」で柔らかな笑みを浮かべていて、何か、ほっとするやら、おかしいやら…。 弔問は相変わらず続いている。合間の世間話で…

  • 父親の逝去

    昨日の午前2時半頃に目が覚めた。前日にコロナワクチンを打ったせいで肩に痛みがあり、寝返りをうつのに難儀して、うまく寝付けなかった。しばらくネットでニュースを眺めることにして、程なくすると電話が鳴った。父親が心肺停止という連絡だった。慌てて病院に駆けつけたが、いかんともしがたく、無言の父親を引き取るしかなかった。 お盆で施設から一時帰宅することになっていたため、あれこれ準備をしてきた。コロナ下の病院や施設では面会もままならなかったので、自宅に戻ってくるこの機会に近しい人たちに連絡を取って、できるだけ多くの人に会ってもらうつもりだったが、果たせなかった。残念でならない。 本当によく働いた父親だった…

  • 立川談四楼 五輪を斬る

    立川談四楼さん。名前でわかる通り、故・立川談志の弟子。辛口世評は師匠譲りか。 師匠の談志は1971年、参院選挙に出馬し、当選。1期だけ議員を務めている。当時の全国区で、50人中50番目の最下位当選だったため、当選が判明したのは明け方頃だったという。談四楼さんによれば、「新聞記者ってのは意地悪でねえ、『談志師匠、ビリでしたねえ、ペケでしたねえ』と言ってくるんですよ」と。 そこで、談志は名台詞で切り返す。 「ばかやろう、真打は一番あとから出るもんだ!」。立川談四楼 - Bing video 無所属で立候補したのに、当選直後に自民党に入ったのはいただけないが、今の政治家のように害悪を垂れ流すようにな…

  • 「後の祭り」 茄子と五輪 

    今朝、台風の強風が2日続いたせいで茄子が根元から折れてしまっていた。よい茄子株だっただけに残念で悔しい。隣に一本残った茄子は何とかもちこたえてくれている。葉に病気が出て、一時は枯れそうになり、背丈が伸びなかった分、こちらは風をしのげたのだろうか。よく生育して背丈が伸びた方が、それゆえに?倒れるとは…。「人生万事塞翁が馬」というか(人ではなくて茄子か!)「禍転じて福となす」というか…。 さて、8日に閉幕した「パンデミック五輪」は我々にいろいろな側面を見せた。これは、成功・失敗という端的(短絡的)な評価では十分に語り得ない内実をもっていると思う。半年後には北京で冬季オリンピックが予定されているが、…

  • 「観光地図にない」平和資料館

    今日8月9日。デモクラシータイムスで、今年の2月、長崎の小さな資料館を紹介する動画を見たことを思い出した。衝撃の「地図にない」平和資料館~加害と向き合う【デモタイ取材旅】 - YouTube 案内者(訪問者)はジャーナリストで作家の高瀬毅さん。長崎市の生まれであることはあとで知った。 長崎は坂の多い町だ。JR長崎駅から坂道を歩いて5,6分、高瀬さんの息づかいが聞こえるが、長崎市西坂町の丘に「二十六聖人」の碑と記念館* があり、その少し先、坂の途中に「岡まさはる記念長崎平和資料館」が建っている。調べてみると、動画で言われていたとおり、長崎市の観光地図にこの資料館は載っていない。Googleなど、…

  • ラムダ株の隠蔽

    今日で東京五輪も終わるが、このタイミングで重大な情報隠蔽が発覚した。 南米で猛威を振るっているとされる新型コロナ・ウィルスのラムダ株。現在日本でも感染が広がるデルタ株に匹敵(あるいは超越)する感染力があると恐れられている。一番の懸念はワクチンが効かなくなることで、研究者の中には効果が5分の1程度まで下がると指摘する人もいる。東京五輪で“最凶”の「ラムダ株」が上陸 ワクチン効果は5分の1? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 6月の段階までは日本でのラムダ株の感染例はないとみられていた。しかし、7月20日に羽田空港へ到着した30歳代女性のラムダ株感染が判明した。女性は…

  • 銚子商・習志野時代の追憶

    これはちょっとローカルな話。 千葉県の高校野球を知るオールド・ファンには懐かしい特番が、千葉テレビで放送されていた。チバテレ開局50周年記念特別番組「野球王国千葉の礎 蘇る二強時代~銚子商・習志野~」――1960年代から70年代の千葉県の高校野球を牽引した銚子商業高校と習志野高校の両校OBとして、銚商からは、第47回(1965年)の全国選手権・準優勝時の投手・木樽さんと遊撃手・阿天坊さん、加えて、第56回(1974年)大会で全国制覇したときのエース、土屋さん(VTR出演)の3名。習志野からは、銚商・木樽さんと県大会で戦い敗れたが、のちに中日で活躍した谷沢さんと、選手と監督で全国制覇[第49回(…

  • 昨日の「悪乗り」

    昨日の「悪乗り」。 五輪の馬術競技の障害物。富士山とかダルマとか、デザインが話題になっているのは知っていた。「遊び心」が見る人を楽しませるというのはあるかもしれない。しかし、昨日の花札は、「悪乗り」が過ぎると思う。当方の頭が固いのかも知れないが、設計者は、感覚上、ゲームアプリと人馬一体となった実際の競技の区別ができなくなっているのではなかろうか? そういう嫌悪感を覚える。 (出所:オリンピック 障害馬術団体 日本は決勝進出ならず | 馬術 | NHKニュース) 1日前の話になるが、名古屋市長の金メダル噛みつきも「悪乗り」が過ぎる。4月には名古屋城の金のしゃちほこにもかじりついたと報道されている…

  • 8月6日 の「断章」

    1945年8月6日の天気図を見た。東海上から(太平洋)高気圧が張り出していて、ここ数日の天気図と似たところがある。同年8月9日の天気図では、南海上に(熱帯)低気圧があり、今日の天気図にさらに似たところがある。76年前も今日と同じで朝から晴れて暑かったことだろう。 デジタル台風:原爆投下と天気 - 過去の天気図 今日2021年8月6日金曜日、千葉の片田舎の午前8時15分の様子。朝から晴れていた空に雲がかかり一時的に日が陰る。NHKは広島の平和式典の黙祷の場面を中継しているが、テレ朝は札幌の50キロ競歩の中継。その他はバラエティー番組の放送。外ではツクツクホウシが鳴いている。向かいの家では早朝から…

  • 「トリアージ政権」 の錯乱

    スガ政権が感染爆発に直面し、苦し紛れに打ち出した中等症以下の「自宅療養」方針。何と、身内(公明党・自民党)からも撤回を求められる錯乱ぶりだ。これは「国民皆保険」の放棄、「棄民」政策だと呼ぶ人もいるが、スガが政権発足時に掲げた「自助(・共助・公助)」の理念(?)からすれば、あり得べき帰結なのかもしれない。しかし、これは国民の「トリアージ」(命の選別)を公言しているも同然だ。こんなことを本気でやるつもりなのだろうか。 東京都では、8月1日時点で、自宅療養中のコロナ感染者の213人が119番通報しても、病院に搬送できたのは半数以下の91人、残りの122人は搬送先が見つからず、自宅に留め置かれたという…

  • 五輪ボランティアのこと

    映像で見ると、東京五輪のボランティアはみんなTOKYO 2020の文字の入った青色のポロシャツを着ている。このユニフォームを着て縁の下の力持ちとしてオリンピックを支えている。そのことに誇りを感じていたはずだ。今はどうなのだろうか。 あるボランティアの男性は、宿舎から出るときには必ず「アクレディテーションカード(資格認定証)」を外してくださいと言われたという。理由を尋ねると、「五輪関係者が泊まっていることがわかると、批判されるから」と説明されたとのこと。 また、6月の事前説明会で、自宅から会場までは青色のユニフォームを着て移動するようにと言われたボランティアの中から「嫌がらせされないか心配」とい…

  • 「地の利」と「不公平」

    オリンピックに「地の利」というのはあるのかも知れない。こんな高温多湿な悪条件で競技に臨む選手たちからすれば、こういう気候に「慣れている」ことは大きなアドバンテージだろう。しかし、ある選手は自由に練習できるのに、他の選手は練習時間さえ制約されているとか、あるいは、ある選手は個別に最適の食事が用意されるのに、他の選手は定食というのでは、不平不満が出ても無理はない。「地の利」と称されるものが、このように「見えるかたち」になったら、それは「地の利」ではなく、ただの「不公平」だろう。むろん「地の利」だけで成績が上がってメダルが「量産」されるという話ではないだろうが、日本の選手だけが努力を積み重ね、五輪に…

  • アメリカ人のテレビ離れ

    暑い日が続く。夏だから当たり前なのだが、コロナの感染爆発もあり、こんな中でよくオリンピックなどする気になったなと改めて思う。特に屋外競技。選手や関係者、ボランティアの人たちは気の毒だし心配だ。トライアスロンなどは、去年から水質に問題大ありと指摘されていたのに、結局改善されずにレースに突入した。テニスは炎天下に2時間も試合をさせるし…。選手を含む大勢の人たちがこの炎熱に付き合わされているかと思うと、「惨事」にならない(発覚しない)のが不思議なくらいだ。 毎日毎日、メディアは日本が(国ではなく選手の間違い!)メダルを獲ったと大騒ぎしているが、騒ぐほどに興奮している人は周りにはあまり見ない。病院や食…

  • はぐらかし答弁

    7月30日に緊急事態宣言が4府県に拡大された。記者会見に臨んだスガ首相、最近「スガ節」なる語を目にしたが、これで独演会をするにはあまりに内容が貧相で惨い。「ご飯論法」ならぬ「ヤギさん答弁」というのもあるようだが…。「やぎさん答弁」に見る菅首相の戦略は? 上西充子・法政大教授 | 毎日新聞 まわりくどくて恐縮だが、30日の記者会見での菅首相と記者とのやりとりから「問題」をつくってみた。 引用元は、【菅首相会見詳報】緊急事態宣言は「最後の覚悟」…感染対策、私はできる:東京新聞 TOKYO Web。【問】次の1)~ 3)のスガ首相の答弁に対応する実際の質問はA・Bのいずれか?1)スガ:感染対策にしっ…

  • 映画「パンケーキを毒見する」上映開始

    昨日(7月30日)から上映されている映画「パンケーキを毒見する」がネットで話題になっている。アメリカでは、マイケル・ムーアが2004年に「華氏911」で当時の現職大統領のジョージ・ブッシュjr. を笑い飛ばしたことが懐かしく思い出されるが、ついに日本でも現役総理をネタにした風刺映画がつくられる時代になったということか。いや、でももしかしたら、これを最後に「冬の時代」になるかもしれない。「表現の不自由展」の妨害を見るにつけ、この国の社会が自由社会であることをみんなの力で証明していかなくてはならないと思う。 上映開始を記念した対談動画を見た。出演者は、元経産省官僚の古賀茂明さん、元文科事務次官の前…

  • 過去の嘘 現在の嘘

    むかし吉村徳蔵さんという高校の歴史の先生がいた。直接お会いしたことはないが、歴史教育者協議会という団体の副委員長を務めていたので、その筋では有名な人で、著書も何冊かある。最晩年の著作に、自身の半生を振り返った生徒向けの講演の記録があり、8月の「終戦」の頃になると、その一節をよく思い出す。今年はまだ7月だが、昨日、1日の新規コロナ感染者数がとうとう1万人を突破したという報に接して、不意にそれを思い出した。そこにはおおよそこう書かれている。 ……岩波新書に『粘土板に書かれた歴史』っていうのがあるんですね。これはメソポタミア地方(現在のイラクあたり)の歴史のことです。粘土板というのは古代の王の墓の煉…

  • ゴミ箱のロールパン

    「あげるとこなくなりやめた自家菜園」(さいたま 影無さん) 7月19日付毎日新聞の「万能川柳」の句。そうならないよう(?)週に1度くらいは「お裾分け」をしている。昨日野菜を届けたお宅のおかみさんは、数年前までは元気に自転車に乗って買い物もできたが、昨年あたりから不調続きだ。聞けば、都心の近郊に住んでいる娘さんが定期的に来て、代わりに買い物をしていたらしいが、コロナ感染が心配だから今は「来るなー!」と言っているとのこと。「オリンピックやってる間は(新型コロナの感染者は)減らないよー」と。 昨日(7月28日)は国内の新規感染者が最多を記録した。東京都3,177人、国内9,576人。首都圏のみならず…

  • 「じゅんみま」と「みまじゅん」

    ……NDANDANDANDANDANDAND…… これは確か、民族楽器の演奏家(…という肩書きでいいのかどうか)若林忠宏さんがどこかで聞いた話として紹介していたと思うが、上のアルファベットの連なりを「読んでみてください」と言われると、三通りの読み方(区切り方)があるが、日本の人の多数派はDAN・DAN…と読み、アメリカの人はAND・AND…と読み、アフリカの人はNDA・NDA…と読む、と(「アフリカの人」というのはちょっと乱暴過ぎるくくり方だが)。そういうリズムの世界に暮らしているという話をされていた。そう言われると、DAN・DANのリズムが最も自然な感じがする自分などは、日本の「多数派」なの…

  • 1940年 幻影の東京五輪との類比

    先週から始まったオリンピックは1964年の東京大会と比較されることが多い。実際、今大会の誘致に動いた人々の頭の中は、「1964年の東京大会を、もう一度」だったし、自分も何となくそう思ってきたが、時代の前後を含めれば、本当に比較すべきは、64年大会ではなく、中止になった1940年大会のような気がしてきた。 中止になったのならともかく、事実として開幕して進行中のオリンピック大会を「まぼろし」の大会と比較してどうするのか。単に今大会を「中止」すべきという思い入れが強いだけではないか。そう言われたら、確かにそうかもしれない。今の為政者たちの無能と無責任ぶりがよく戦中と類比されるにしても、時代状況はだい…

  • 時事スガ川柳 五輪編

    オリンピック開催のさなか、国内にも選手村にもコロナ感染が急拡大し医療現場を逼迫させている。経験したことのない暑さに苦慮する選手も多い。東京五輪への懐疑と危機感を押し流すかのような(押し流したい?)五輪報道があふれかえっているが、そんな中でも、人々の批判精神が健在なのには励まされる(笑う)。 7月19日付朝日新聞の「素粒子」に「五輪カタカナ語辞典」なるものが載っている。 (https://digital.asahi.com/articles/DA3S14980075.html?iref=pc_ss_date_article) 〇アンダーコントロール:誇大広告と希望的観測に基づく招致の根拠。いまや…

  • 東京五輪の開会式のこと

    東京五輪の開会式。小生は少ししか見ていないのだが、総じて評判があまり芳しくない。昨日出先で会った人は酷評していて、NHKの紅白歌合戦ばりのノリでつくられたものを見せられているような感じだと言っていた。昨夜TBSの番組「新・情報7daysニュースキャスター」に出演したビートたけしも、「外国、恥ずかしくて行けないよ。本音はそうでしょ、あれ、すばらしかったですか?」とにべもなかった。 しかしながら、直前までドタバタが続いて、開会式自体をやれるかどうかもわからない中、各パートを演じた人たちの心中は察するにあまりある。子どもたちも違法に夜中まで駆り出されて…。 そんな中、文春が今回の開会式の演出をめぐる…

  • 手を組むヒトラー 腕を組むスガ 

    毎朝仏壇にご飯とお茶を供え、母親の写真を拝む。葬儀で写真が必要になったとき、母親は笑顔で写っている写真が少なかったので、探すのに苦労したが、葬儀屋さんがそれらしく仕上げてくれてありがたかった。以後、ずっとこの写真が母親の「基本的」肖像となるわけだから、笑顔で写っている方が断然いい。 しかし、不思議なことに、笑顔で写っているはずなのに、拝んでいる側が「笑顔」でないと、母親が笑っているように見えないことがある。そういうときには思い直して「気持ち」を入れ替え、再度手を合わせるのだが、毎朝拝みながらこの〝関係性〟について考えさせられる。 いくら今は一般の人でも好き勝手に写真を加工修整できる時代になった…

  • 辞職ドミノの向こうで

    パソコンを開くたびに「辞任」や「辞退」のニュースを目にしてうんざりさせられる。今回、開閉会式の演出担当だった小林賢太郎氏の場合は「辞任」ではなく「解任」である。過去にホロコーストを笑いの一部に取り上げたことが咎められたかたちだが、何か問答無用な感じがする。内容的には、その前の小山田氏の方がはるかに「悪質」だと思うが、その小山田氏を、組織委員会は、批判されても当初は「擁護」したのである。それに比べ、小林氏の場合、あまりに「迅速」(性急)だ。スガ首相などは「言語道断」とまで吐き捨てたが(スガもちがう意味で「言語」が「道断」されているが…)、ユダヤ人団体からの「外圧」だと、こうもちがうものかという印…

  • 利己心と五輪

    昨夜大ネズミが船から逃げ出したようだ。いやあ、呆れた。この大ネズミ、今度は腹も痛くないらしい。天皇が出席する開会式に組織委員会の「名誉最高顧問」が出なくていいんだったら、他にも「逃亡」する輩が出てくるのではないか。ひょっとしたらバッハまで「じゃあ、俺も出ない!」とか言い出しかねない。何せ、2日前に「東京五輪の開催に疑念を持っていた」などと、大会終了後でもない開幕直前のこの時期に、突然手のひら返しをするのだから。組織のトップに座っている人間たちがこれでは、末端で支えている人間はたまらない。昨日のアーレントではないが、こういう連中には「利己心」しかないのだろうか。〝インパール五輪〟という形容が誇大…

  • 「泥船」の出航

    「大船」に乗ったつもりが実は「泥船」だった――いやまあ、「泥船」は言い過ぎだが、最大限好意的な表現を使ったとしても、出航前からこの船は完全に舵が壊れていると思う。 迎賓館でバッハの歓迎会をやるなど、一部の国民からすればケンカを売られているような感じだ。しかも、そこにわざわざ森喜郎を呼ぶのである。勇退した前会長ならともかく、彼は、五輪組織委のトップとしての適性を疑われて会長を下ろされた人物である。呼ぶ方も呼ぶ方だが、呼ばれる側にも、矜持があれば、普通こういうところへノコノコと出ていかないだろう。こういう組織体だから、小山田氏の問題も世の批判を浴びるまで(浴びてもなお)適正な判断が下せなかったのだ…

  • 東京五輪「打ち切り」の可能性

    〝東京五輪、選手村クラスターで前代未聞の「打ち切り」になる?〟 ――ずいぶん「刺激的」で大げさな見出しである。人によっては「悪意」を感じるかも知れない。しかし、すでに選手村からは少なくとも61人のコロナ陽性者が出ているとされている(日に日に増えるのではなかろうか)。選手村が公式上「閉じた空間」だとすれば、昨年春に話題となった豪華クルーズ船の「ダイヤモンド・プリンセス号」を連想させる。いや、選手村の場合、人の出入りがあるわけだから、条件的にはさらに悪い。テニスの全豪オープンをまねて、今回採用された「バブル」方式なるものが、本当に感染症の専門家の監修を受けてつくったものなのか大いに疑問である。 M…

  • スポンサー・ファースト 鹿嶋市の場合

    「『福祉のよろず屋』ぽれぽーれ」さんがTwitterで驚くべき事実を紹介している。 東京オリンピックの競技は多くが無観客開催だが、茨城県は「学校連携観戦チケット」による地元の児童生徒の入場を受け入れることを表明している。鹿嶋市はサッカーの会場になっているが、その鹿嶋市の(おそらく)教育委員会が配布した(おそらく)保護者宛文書に驚くべき一文がある。「その他」という項にある注意書きによれば、 ・飲料は、750ml以下の容量の水筒かペットボトルを2本まで持ち込み可能で す。(大会会場規定では1本まで持込とされていますが、鹿嶋市の児童生徒は2本 まで持込可能としていただいています。)ペットボトルの場合…

  • これで開催するのか、東京五輪

    五輪開会式の音楽担当を務める小山田圭吾氏が過去に障碍者に対し悪質な「いじめ」をしていた件。どうしてこんなタイミングでとも思うが、いくら大昔の失態・悪行とはいえ、のちにそれを自ら堂々と笑い話として話すこと自体、後悔や反省の気持ちがあるとは思えない。やはり五輪の仕事にかかわるのはふさわしくないと思う。小山田圭吾氏辞職せず「本来なら辞退すべきだったかも」謝罪し職全う意向(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース 【東京五輪】世界に広がる3度目の恥…悪質いじめ小山田圭吾 世界各地で報道(東スポWeb) - Yahoo!ニュース 開会式を直前に控えた組織委員会としては、この期に及んで辞任されたらたまらな…

  • マフィアと政府の原風景

    時事通信の今月7月の世論調査(7月9日~12日実施)によると、内閣支持率は29.3%(ー3.8)で、不支持率は49.8%(+5.6)となった。支持率が3割を切るのは、スガ政権では初めてであり、内閣としては「加計学園」問題で揺れていた前アベ政権の2017年7月以来、4年ぶりのことだという。 菅内閣支持29.3%、発足後最低 初の3割割れ―時事世論調査:時事ドットコム 支持率下落の要因はいくつもあるだろうが、飲み屋さんや酒問屋に対する「圧力」問題は大きい。酒類の提供を拒む飲食店の情報を取引銀行(金融機関)に流すとか、グルメサイトに情報を上げてもらうとか、やることが「陰湿」で、まともに問題に向き合お…

  • 「偉い人が見るためだけのオリンピック」

    Bach,You are liar!…確かにそう聞こえた。 小池都知事との会談のため東京都庁を訪れたIOCバッハ会長らが記念撮影に並んで、しばらくすると男性の声が響いた。Bach,You are liar! Airport is dangerous! Bubble is broken!小池都知事から笑顔は消えたが、バッハは平静を装っているように見えた。バッハ会長に「お前はウソつきだ!」と罵声。小池都知事との記念撮影でハプニング | ハフポスト東京オリンピック開幕まで一週間。甘く杜撰な感染対策があちこちで露呈し、感染爆発はもとより、大会中に悲惨な事故が誘発されるような嫌な予感もある。自分たちのオ…

  • バッハの顔がこわばるとき

    Web上で「#次にバッハ会長がしそうなこと」というハッシュタグがトレンドになっているという。どれどれと眺めてみると……。うーん、みなさん、さすがだ。News about #次にバッハ会長がしそうなこと on Twitterたとえば、 〇「広島訪問中、フクシマと言い違う」 〇「菅さんに挨拶する時に『 Hello Abe 』と言う」 〇「開会式の日に間違えてここ(百貨店のOlympic)に行ってしまう。」 〇「ベンツに乗りながら、iPhone片手に、ペプシコーラを飲む。」 * 注)ワールドワイドオリンピックパートナーにはトヨタ、サムスン、コカコーラの名が…。 「youは何しに日本へ?(テレ東番組)…

  • バッハの失言 笑って許せない理由

    昨日(7月13日)のIOCのバッハ会長の失言。もう心中、半年後の次の「接待」地の方に関心が向いていたからだろうか。中には「凍り付いた」人もいたのではないか。去年10月、スガ首相が訪問先のベトナムでASEAN(東南アジア諸国連合)を「アルゼンチン」と言い間違えて失笑を買ったことがあったが、日本の人にはそれ以上の驚きと違和感を与えたと思う。丁重なる「おもてなし」の御礼がこれか?と。要するに、その程度の人がIOCのトップだということ。彼の頭の中の世界地図では、まもなくオリンピックが開催されようとしている、自身が立つこの地は、「極東」のどこかなのだろう。バッハ会長「最も大事なのは『中国国民』」 日本人…

  • 街の「排除アート」

    ある学校の正門は石畳と赤レンガづくりで味わいがあった。春に桜が咲けば映画のワンシーンにでもなりそうな趣だった。ところが、その石畳の上にニョキニョキと数個の「オブジェ」が現れた。見るたびに違和感を覚えたので、事情通に聞いたら、朝晩の車の駐停車を避けるためだということだった。雨が降ると、保護者による送迎の車が並んで歩行者が危ないのだという。なるほど、と思いつつ、でも、なぜ急に?と釈然としなかった(車の送迎なら前からあるはず)。同時に、それなら、何かもっといい手がなかったのだろうかとも思った。どこにでもあるような風景ではない。せっかくの空間を「排除」の力学だけで構成するのは非常に惜しい気がした。その…

  • ジョコビッチの「半々」

    梅雨明け間近となった。 今朝赤くなった庭のトマトを捥ごうとしたら、枝にアブラゼミがとまっていることに気づいた。ニイニイゼミが6月の下旬に鳴き始めたのには気づいていたが、とうとうアブラゼミの順番になったかと思った。と、朝食を食べ終えたら、今度は何と、ミンミンゼミの鳴き声を聞いた。ミンミンゼミの初鳴きが7月12日というのは、この辺りでは異例の早さである。例年なら7月末か8月に入った頃だ。まだ、アブラゼミの鳴き声もまともに耳にしていないのに…。セミの世界も「梅雨明け」に向けて動いているようだ。 人間界の方は、今のパンデミック下で、梅雨明け前後の「風物詩」たる祭りなどのイベントは中止になっている。とこ…

  • 「You Are Not Welcome!! GET OUT!」

    よいニュース。文部科学省は「教員免許更新制」を廃止する方針を固めたとのこと。この先もずっと「選挙前」だったらいいのに(笑)。 これは「アベ政治」から決別する一つの嚆矢ではないか。そうしないといけないと強く思う。 (教員免許更新制廃止へ 文科省、来年にも法改正 | 毎日新聞) IOCのバッハ会長が7月8日に来日した。昨日(10日)、宿泊するホテルオークラにデモ隊(「五輪マフィアを退治する市民有志」)が押し寄せ、これを押しとどめようとする警官隊と一時もみ合いになったとのこと。デモ隊のもっていた「You Are Not Welcome!! GET OUT」のプラカードの文言に共感する。【速報】警察出…

  • 総理大臣の「やらせ」記者会見

    高校時代の教育実習生に笑える人がいた。確か慶応の学生と言ってたと思うが、帰りのホームルームかなにかで、「明日の授業、最後なんで、先生方がいっぱい見に来ます。そこで、私がこういう質問をしますので、答えてくれる人、はい、あなた、じゃあ、こう質問をふりますから、こう答えてください。その次は、はい、あなた、こうふるので、こう答えてください…。」などと配役を決め始めた。よくやるなあ、と思いつつ、当日は、みんなニヤニヤしながら彼の授業を受けた。シナリオ通りに事は進み、無難に終わって、帰りのホームルームで、「いやあ、みなさん、ご協力ありがとうございました」(笑)。「それにしても、〇〇さん、質問されても、すぐ…

  • 「無観客なら安全」の欺瞞

    政府が4回目の緊急事態宣言の発令を決め、オリンピックの一都三県の無観客開催が決定された昨晩、またしても、本当にまたしても、酒類提供の自粛を要請される東京都内の飲食店と酒類の卸業者、せっかく手に入れたチケットをふいにされた人など、多くの人びとから怒りと不満の声が上がった。 Yahooニュースの「投票」(57,500票余)によれば、7月9日朝の段階で、「東京都に4回目となる緊急事態宣言の発令決定、効果はあると思う?」という問いに対する答えは、「ある」3.2%、「少しある」3.8%、「あまりない」6.1%、「ない」86.2% だった。これまで3回の緊急事態宣言の効果と課題を検証することもなく、場当た…

  • ワクチン接種の副反応について

    先週ワクチン接種券が届いた。副反応をめぐる報道を知ると、どうしたものかと考え込んでしまう。 たとえば、1度目の接種では何もなかったのに、2度目の接種後に副反応が出て、怠さや痛みで3日間仕事にならなかったという医師の話。 (コロナワクチン「重い副反応が出た」医療従事者が続出…現場からの報告(長谷川 学) | マネー現代 | 講談社(1/5)) あるいは、こちらの方が重大だが、6月18日時点で、国内のワクチン接種後の死亡数はファイザー製で354人という話(6月23日厚労省専門部会での報告)。以後、あまりこの話題は漏れてこない。 ワクチン接種後350人超が死亡!「死亡例リスト」にみるリスク要素は?(…

  • 広島・買収事件 全員不起訴のこと

    広島・河井夫妻の公職選挙法違反(買収)の件、夫妻から現金を受け取って告発された地方議員ら100人を、東京地検特捜部は6日、全員を不起訴処分(起訴猶予)にしたとのこと。 現金受領100人、全員不起訴 河井夫妻が買収 東京地検 | 毎日新聞 被買収100人全員不起訴 河井元法相事件 検察「受動的」 | 中国新聞デジタル 河井夫妻事件被買収者“全員不起訴”で「検察の正義」は崩壊(郷原信郎) - 個人 - Yahoo!ニュースいくらなんでも、これはひどい。ポケットに現金をねじ込まれるなど、(意に反して?)河井から無理やりわたされた、だからいいんだ(!)、ということになったら、以後受け取った側はみんなそ…

  • 教員免許更新制のこと

    2009年から導入された教員免許更新の講習の見直しについて、春から中央教育審議会(中教審)で議論が進んでいる。小生はすでに学校から離れているが、もし、非常勤講師として勤めることにでもなれば、旧免許は有効らしいが、更新講習を受けなければ授業をさせてはもらえない。 ところが、この講習がけっこうな負担というか、まず、受講先の大学を確保することからして大変で、受付開始スタートに合わせてインターネットで申し込みをしようとしても、運が悪いとすぐに定員が埋まってしまう。都市部にお住まいの先生方は他にも大学はあるかもしれないが、小生のような地方の田舎に在住する者にとっては、悠長に構えていると、どんどん受講会場…

  • 都議会第一党の「敗北感」

    昨日(7月4日)の東京都議選。選挙結果が判明した。自民党は前回未曾有の大惨敗を喫したが、今回はやっとのことで「第一党」へ返り咲いた。しかしながら政権与党(自公)への風あたりは強く、当初の甘い「皮算用」からすると、さほど議席数を伸ばすことが出来なかった。地滑り的な大敗北にならなかったのは、前回の負け分があるのに加え、一人区はあるが、基本的に都議選が小選挙区選挙でないことのおかげかと思う。7月4日付朝日新聞デジタルの記事より。「小池氏にやられた」「大敗北」都議選、自公失速の内幕 [東京都議選2021]:朝日新聞デジタル<前略> ……自民、公明両党で過半数に届かない事態に議員らが受けたショックは計り…

  • 「五輪の政治利用」 アベの「論理」

    アソーの「何様?」答弁につづく、アベの「トンデモ」発言――両名ともこの国の総理大臣だった人である。驚き呆れるばかりだが、他国の政治家諸氏にならい、もう引退して「回想録」でも書いたらどうかと思う。能力がなくとも口述筆記で何とかなるだろうし、それなら漢字でツッコまれる心配もないだろう。 もう、ご尊顔を拝見するのも苦痛だよ。早く見えないところへ行ってくれないか。 「月刊Hanada」(8月号)に掲載されたという対談記事の中で、アベが発した暴論にあちこちから批判が出ている。安倍前首相「五輪に反対する人は反日的」またまたトンデモ主張|日刊ゲンダイDIGITAL 安倍前首相「反日的な人が五輪開催に強く反対…

  • 三菱電機の検査不正のこと

    三菱電機の長年にわたる検査不正が発覚した。遅くとも(「早くとも」!ではなく)1985年にはすでに不正をしていたという。今から35年以上も前の話だが、これよりも前からやっていたということになると、あの「バブル経済」以前ということになる。驚愕である。 (30年超続いた不正の根 三菱電機の「おごった考え」:朝日新聞デジタル) 7月2日付毎日新聞の記事より引用。検査不正放置35年以上 三菱電機、技術過信で自浄作用働かず | 毎日新聞…今回発覚した検査不正は遅くとも1985年には存在していたうえ、90年からは、実際はやっていない検査を適正に実施したように装うため、検査成績書に別の検査データを自動転載する…

  • 千葉県八街市の事故のこと

    今週の週明け6月28日の月曜日、県内の八街(やちまた)市で集団下校中の小学生の列にトラックが突っ込み、2人が重傷、1人が意識不明の重体、そして、2人が亡くなった。現行犯逮捕されたトラック運転手は酒を飲んでいたことがわかり、子どもを車ではねて死なせたこと自体重大だが、さらに飲酒運転の事実が判明したことで、言葉を失った。 事故に遭った子どもたち、家族、関係者にはお見舞いを申し上げたい。同級生を亡くした学校の子どもたちのショックも相当だと思う。特に、かわいい盛りのはずのお子さんを失った親御さんの気持ちは察するに余りある。 昨日7月1日午後、総理大臣が現場の視察に行ったという。現状で、もしやるのなら、…

  • ワクチン供給ストップ!

    昨日、所用で76歳になる親類を訪ねたら、「今からワクチンを打ちに行く」と言っていた。なるほど、千葉の田舎自治体でも着々と高齢者接種が進んでいるようだ。ことを堅実に進めてほしいと思いつつ、疑念もある。一般に高齢者は外出機会が多いわけではない。家にいてくれと言われれば、「若い人」たちとちがって、買い物や通院などがなければ家に籠もっていられる。「人流」にさらされなければ感染リスクは低いわけで、しかも、現状では重症化のリスクは高齢者だけが高いとも言えず、ワクチン接種を高齢者から始める説得的な理由は乏しい。やはり、これも「政策」的理由なのだろうか。詳述はしないが、つまりは、Go to 再開への布石と解散…

  • 財務大臣9年目のアソータロー

    記者側の「質問力」とか「取材力」、要するにツッコミ不足にも疑問を感じないではないが、それにしてもアソータロー氏の一連の答弁はひどい。この人はもうこの国で9年近く財務大臣のポストにある。途中何度か大臣としての責任問題が浮上したが、辞めずに(=責任もとらずに)ここまで来てしまった。こうした言動に、みんな慣れっこになってしまい、ああ、また出た「麻生節」ね、ひどいよな、でも、誰も止められないものな、いちいち気にしててもね…と多くがあきらめている。だが、こうしてアソー氏の言動を放置してきたことが、アソー当人とその周囲を堕落させ、派閥の面々を堕落させ、所属政党を堕落させ、…その果てに国に堕落を押し広げ、今…

  • 辰鼓楼と「偽造、捏造、アベシンゾー」

    「偽造、捏造、安倍晋三(ギゾウ、ネツゾウ、アベシンゾウ)」――東京都議選の応援演説で、ある衆議院議員が述べた言葉を弁護士の澤藤統一郎さんが紹介している。笑えるけど、笑えない(けれど、笑う)。 (6月25日付「澤藤統一郎の憲法日記」澤藤統一郎の憲法日記 » 2021 » 6月) アベスガの公文書には、これに「隠蔽」が加わる(「ゾウ」じゃないが…)。 日本学術会議の会員任命拒否問題で、任命されなかった6人の研究者がその理由を明らかにするために情報開示請求をしたが、内閣府や内閣官房は開示しない決定をした。内閣府の言う「公正かつ円滑な人事の確保に支障を及ぼすおそれがある」という不開示理由は、要するに、…

  • 野口健氏の警鐘「遭難の典型的パターン」

    山登りが好きな友人が「一緒に行こう」と誘うので、むかし何度か登山をしたことがある。奥穂、北岳…。高所恐怖症のきらいはあるが、山頂から見る大パノラマは確かに雄壮で、登山愛好家たちの気持ちが少しはわかった。夜に見た星空もまた忘れられない。「満天の星」とか「星降る夜」とはこのことかと思った。天の川とか銀河がなぜ「河(川)」なのか、実感できた。人類は…などというのは大げさだが、ここ百年、二百年を除けば、世界の人々は何千年にも渡ってこういう星空を見上げてきたのかなと思った。 だが、登山には個人的には難点もある。山登りに出かけると、必ずと言っていいくらい雨が降る。一度ずぶ濡れになって下山したら、今で言う「…

  • スガ首相の「内奏」

    清水有高さんの「一月万冊」で清水さんと佐藤章さんとの対談を見ていて、6月22日(火曜)に総理大臣が天皇に国政の報告をする「内奏」があったことを知った。この「内奏」、戦中の「上奏」を連想してしまい、よいイメージがわかないが、1973年当時の首相(田中角栄氏!)の答弁では、「天皇の教養を高めるために閣僚が所管事項の説明を行う」ものであり、1988年当時の宮内庁次長によれば「国情を知っていただき、理解を深めていただくということのためにご参考までに申し上げる」ものとされている。「天皇の教養を高めるため」とか「国情…の理解を深めるため」とか、アベスガに関しては、悪い冗談にしか聞こえない。 スガ総理はこの…

  • 宮内庁長官の「拝察」のこと

    6月24日の宮内庁の定例記者会見で、「拝察」というオブラートにくるんだ言葉で天皇の「心境」を伝えた西村・宮内庁長官の「間接話法」が波紋を呼んだ。 「…オリンピックを巡る情勢としまして、天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変ご心配しておられます。国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されている、ご心配であると拝察しています。私としましては、陛下が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックで、感染が拡大するような事態にならないよう組織委員会をはじめ関係機関が連携して感染防止に万全を期…

  • 東京五輪公式グッズのこと

    五輪の公式グッズの売れ行きが芳しくないという記事を見た。 むかしロサンゼルス・オリンピックの開幕前に公式マスコットのイーグルサムのワッペンが胸についたTシャツを買ったことがある。当時、すでに商業五輪への批判の声も耳にしていたが、オリンピックを見るのは好きだったし、カンパの気持ちもあった。値段は確か1,500円くらいでやや高かった記憶がある。1回洗濯しただけでワッペンがひび割れしたのにはがっかりしたが、まあ、そういうものかと当時は思った。 そういえば、2週間前に行った丸の内オアゾ・ビル内の丸善の2階に五輪グッズの販売コーナーがあったことを思い出した。確かエスカレーターで上がっていった正面にあった…

ブログリーダー」を活用して、Amurin2019さんをフォローしませんか?

ハンドル名
Amurin2019さん
ブログタイトル
ペンは剣よりも強く
フォロー
ペンは剣よりも強く

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用