searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

JURIさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
私は親になれない
ブログURL
https://www.oyaninarenai.com/
ブログ紹介文
流産を3回経験した子なし四十路女の経験談と小言。それでも切実に伝えたい事。未婚か既婚か、子ありか子なしか、専業主婦か働いてるか...何でもカテゴライズしがちなこの日本でも「個人」での自由な生き方がもっともっと当たり前になりますように。
更新頻度(1年)

88回 / 351日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2020/02/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、JURIさんの読者になりませんか?

ハンドル名
JURIさん
ブログタイトル
私は親になれない
更新頻度
88回 / 351日(平均1.8回/週)
読者になる
私は親になれない

JURIさんの新着記事

1件〜30件

  • 95、「情けない」をしない

    久しぶりに少し暗闇君と濃密な時間を過ごした感がある。 前々から決めていた親と息子犬との小旅行を終えたのだが、ある意味でいい形でその旅を終わらせることができなかった。 森の中にあるある意味『療養的』に過ごせるだろう場所に本来なら7日ほど滞在する予定が、私の精神的不安定さのせいで4日で帰ってくることとなってしまった。 親に気を遣わせ、私も親に気を遣い、それが悲しくて、普通にできていたことができなくてどんどん自分にまた『✖️』をつけていってしまう悪循環だ。 其の私の精神状況と少しだけイラッとしていた父との間で最悪の空気を構築してしまい、とにかく家に帰りたくて、旦那に会いたくて仕方がなかった。 私は本…

  • 94、ほどけない

    なんとも言えない気持ちになって久しぶりに意図的に抗うつ剤を飲むことにした。 もうほぼほぼあまり作用しない程度の減薬にたどり着いていたのでどこか悔しい気持ちだったが、暗闇くんとの親密度が上がるのは今現在は特にごめんだ、と思いちょうど飲んでもいい日数が経ってもいたので投与。 おかげでちゃんと(ドーピングしてだけど)寝る事はできた。これだけで心を保つ体力維持には助かるのだ。 よく寝れたこともあって前日に久しぶりに一頻り大泣きした割には心はマシだった。 上手に起きた事を受け流そうと思った。自分を責めずに悲観せずに今日1日過ごそうと決めていつも通りのルーティンで家事をこなし、息子犬の散歩を終えた時。母か…

  • 93、理解できない

    久しぶりに過呼吸になった。 何日か前から兆しはあった。 産休に入ったと言う友人が「子供が生まれたら沢山絵本を読ませたい。」 とSNSで発信していて、もちろん初めは「うっ」と思ったわけだが気持ちがその時少し落ち着いていたこともあり、素直に『羨ましい』と感じる方が強かった。 私も結婚をして生まれてくるであろう子供を夢に見て、元々好きだった絵本を『これは読ませたい』『これはちょっと違う』と整理をして置いたままになっていた。 明るい未来しか見えなくて楽しみでワクワクしながら仕分けした思い出がある。 だから絵本の話はとってもとっても羨ましいと思った。 そして既に覚悟している出産報告、妊娠報告の第二波第三…

  • 92、密になれない

    久しぶりに美容室に行った。もちろん大手を振って行ったわけではないが、移してしまっては困る、と感じる家族が普通に稼働し始めたからだ。 私は私自身より、家族に及ぶのが怖くて自粛をしてきた所が強い。 そんな家族が割と普通に動き始め日常を少しづつでも取り戻して行かなけてはならない方面にシフトしたからだ。 伸ばし途中の髪を少々整え、割とお気に入りのカラーリングを前回、緊急事態宣言前ギリギリに行けた時と同じにしてもらった。 距離が近いのでもちろんどこか緊張をする。心の中で 『本当に嫌な世の中になってしまったなぁ』 と思った。人と会う時に、どんなに気のおける、信用に足りる人でも必ず心の中でどこか警戒心を持っ…

  • 91、悪いことではない

    ふとCSチャンネルを見ていると子供の頃大好きで何度も見ていたアニメをやっていた。 『うる星やつら 完結編』と言う、うる星やつらの劇場版だ。 この漫画自体世代は自分よりも少し上で単行本を読んでいたわけでもなく、どちらかといえば『らんま1/2』の方がガッツリ読んでいた方なのだが、なぜかこの『完結編』のアニメだけは自分の中でも思い出の一本に入ってるくらいの作品だ。 きっと当時のVHSレンタル時代の中、何かと一緒に父が借りてきたか何かだと思う。 それをどうにかして手に入れて持っていたはずなのだがそれはもちろんVHS。もうかなり遠のいてしまった自分の思い出のものだった。 久々に見ていると、わかっていたこ…

  • 90、『ペット』ではない

    6月に入り、すっかり世の流れ的には普通になりつつもあるけれど、やはりどこか人も警戒の中そして街も閑散としている場所はしている。 ただ一つ面白いなぁと思ったのは俗に『中毒性』のあるものと言われてるものには店内だろうが続々と人が入っていて活気を取り戻してる感があった。 特に。。。。 『ラーメン』。我が家の近所のラーメン屋は緊急事態宣言が全面的に解除された最初の週末、軒並み満員になっていた。 ラーメンは非常に中毒性があると思う。私自身も今異常に食べたい。 自粛期間中の最中には袋麺がめちゃめちゃ売り切れまくっていた。 中国のことは正直、思うところ多すぎて私自身は好いていないが現在の日本のラーメンは日本…

  • 89、同じではいれない

    「いい季節」と言う時になかなか思う様外には出れないご時世だったので気づけばもう梅雨が目前の6月手前だ。 噂のアベノマスクは我が家には割と早く投函されていたのだが、謎の一枚だけ少々黄ばんでいる状態のものだったのでそのままにしている。どこかに寄付をするにもこれではどうかな?と思いそのままになっている。 給付金についても旦那のマイナンバーのパスワード問題で引っかかり書類を待っている状態だが未だに音沙汰もない。 夏さえも過ぎ去っていくのではないかと思ってしまう。 自粛生活中に周りに推し進められた「鬼滅の刃」にはものの見事にハマってしまい、映画など待てないすっかり大人な自分たちは単行本をゲットしてしまっ…

  • 88、全ては共有できない

    この文章を書いていることを旦那には告げている。気持ちが少しだけ『アウトプット』できる様になったので今まであったことや流産経験を経て感じたことを落とし込めてみようと思うと。 どこかの誰かがたった一人でも思うところがあって、一瞬でも救われてくれればと思い始めたこのブログを開設する前にある程度の経緯は書き綴っていた段階だったので旦那にはこのブログを開設して少ししてからURLを教えた。 いつも自分の気持ちをうまく言葉で発することができない私はこの文章を通して、かなり包み隠さず思ったこと・思っていたことを出すことができている。過去のこともだ。 「時間がある時に一気に見ようと思ってる」 といった彼はきっと…

  • 87、真面目を呪わない

    緊急事態宣言が解除された。 だからと言って今日この日から突然元に戻るわけではない。 この数ヶ月で多くの命が奪われて多くのモノを失った人もいる。これからまだまだ影響をうけて辛い想いをしていく人が確実にいると言うことが悲しくて悔しくてならない。 まだこのコロナ戦争の入り口であった時に私は、 「元々鬱を持ち合わせてるから逆にこう言う状況には強いのではないか」と 綴った。 そう言う面も確かにあったと思う。自分がおかしくなる雰囲気を数日前から察知できるのだ。 その波が否応なくなぜか大体二週間おきに打ち寄せる様に訪れた。 朝起きた瞬間からこの状況を嘆き、何につけてもイライラして自分の孤独を呪ってとにかくそ…

  • 86、癒えない

    宇多田ヒカルの曲が好きだ。 正確に言えば、彼女が一時音楽活動を休止しそして子を産み、母親をあのような形で亡くした後の彼女の曲が好きだ。 どこか孤独のエッセンスを加えた前向きな曲や希望を散らした願い事、それは歌詞も然りだがメロディーや楽器の旋律もたまらなく惹かれる所が多い。 元々彼女の曲は聞いていたが、そこまで入り込むほどでもなかった。 しかし私が3度目の流産をし、打ちひしがれてる時に彼女の 『真夏の通り雨』 という曲が流れてきて、その瞬間に自分の気持ちをそのまま代弁されてるような、しかも曲に包まれて浄化されるような不思議な気持ちに包まれた。 ~夢の途中で目を覚まし 瞼閉じても戻れない さっきま…

  • 85、喋れない

    緊急事態宣言は未だ解けていない東京であるが、連休明けからは我が家の近所、いや、住宅街と言える場所はもうほとんど元どおりと言っても過言ではない。 最近できたと言うフルーツサンド的な店には連日行列ができている。こんな時にも並ぶのか日本人は、と毎日その行列を前に私は呆れてしまう。 しかし一方で、これもまた近所の商店街にある一つの居酒屋さんが今月に閉店します、と言う看板を立てて今まで使っていたのであろう食材や備品を売りに出していた。 これからもっともっと増えていくであろうこの情景を目にして苦しくなった。 もちろん今すぐに元どおりに戻るわけにいかない。 今の状況でごく普通に密な状況の店内で食事をしてる人…

  • 84、報われない

    引き続きちょっとした軟禁状態は続く。 うちの集合住宅の中には世に言う『非常識』としか見受けられない家が二つほどある。 非常事態宣言が発令され、医療現場も逼迫しておりコロナというものがいかに恐ろしいかを有名な著名人が身を以て示していた最中にも、と言うか最中だからかなのか普段よりも更に頻繁に家に沢山の人を招いては騒いだりしていた。 でっかい声で盛り上がってはその中で子供もペットも騒ぎ、そして同様に騒ぎながら帰っていく。 真夜中にも何回か行われてた。 もちろん集まるのは自由だ。だけど、私が心の底から思ったのはよくこんなご時世の最中 「やめてください」 と言われてる事を堂々と、なんの悪びれもなくできる…

  • 83、浮かばない

    初めて少し日が空いてしまった。 旦那の仕事がようやくうまく時差出勤や交代勤務ができるようになったので一人の時間が大分減ったこともあるが、とにかくその一人の時間然り、そうでない時も我が家の息子犬の「くっつき虫」度が相当上がって来てることに理由がある。 やはり今のどこか「イレギュラー」な動きの毎日にワンコもストレスを感じてるのは間違いないようで普段と違う動きを見せることが増えた。 元より、犬というよりも猫っぽい性格で誰かが座ればその途端に膝に飛び乗り丸くなって眠る。 そのため現在、夫婦揃ってお尻の筋肉が凝ってしまい 「痛い、痛い」 の日々だ。 地獄か何かで膝の上に重石を乗せられているあの苦行的な拷…

  • 82、いない

    昨晩『アメトーク』でノムさんありがとう芸人をやっていた。 中学時代、ヤクルトスワローズが黄金期と言われる少し前から私はちょっとしたきっかけでヤクルトファンと化し、ファンクラブはもちろん応援歌も全曲モーラ。 その中でも頭のキレる立ち位置にいた古田の大ファンだった。 だから入団当初から繋がりが物凄い強かったノムさんには個人的にもとても思い入れがある。 昨晩の番組内でも懐かしい話が沢山繰り広げられてて、そりゃあもう 『池山』『広沢』『飯田』『内藤』『川崎』『岡林』『高津』『秦』 なんて名前を聞いただけで久々に心が踊った。 就寝が早めだった私は当時ベッドの中で延長戦になっていた野球中継をラジオで聞いて…

  • 81、ココロない

    自分の中の『LINE』の稼働率は高い方ではない。 ほぼ、旦那しか「毎日」は動かない。あまり友人とも頻繁に連絡を取るタイプでもない。 仲の良い仲間の中でもグループがいくつか別れていたりもする。 いい意味でも悪い意味でも、このグループはこの人たちがいては話がし難いという理由を元に作られているモノだと思う。 現在、たまに動くグループライン。こんな状況だからか普段よりもふと気づけば進んで盛り上がってたりする事が増えた。 それに助けられる事も大いにある。 ああ、皆頑張ってるな、とかくだらない話で気が紛れたり一人の時間が埋まったりする。 たわいもない会話の中でやはり如何にもこうにも自分が登場しづらい会話内…

  • 80、知らされない

    このコロナ騒ぎの裏側で4月から水質基準の見直しが行われたらしい。国民にはもちろん何も知らされずに進められたことのようだ。その中には毒性の強い除草剤や殺虫剤も緩和対象になってるらしい。これには飲料水の水質悪化が懸念されるのは必至だ。 マスコミが情報操作のもと動かされてることや、それぞれの利権や派閥によって偏った情報ばかりが特に地上波では流されてる事はわかっているのでなるべく偏らないように、でも自分の思う「正しさ」を選んで疑いながら自分に情報を取り入れるようになってから、特に国のやり方がよくわかるようになった。 テレビしか見ないお年寄りやお国の状況に全く興味もなく危機感もない人たちは疑問に思わない…

  • 78、むいてない

    ワインが好きだ。 二十代から散々パラお酒は飲んできて、ある程度は一通りの種を嗜んだと思う。 だいたい初めは梅酒とか当時はやってた杏露酒の類。 更にその頃のクラブではZIMAなんて、思えばなんの酒だよ!?と思ってしまう酒が出回っていて美味しいと思わずに酔うために飲んでた酒もある。テキーラや薬草酒の類。 やっすい日本酒を飲み過ぎて後悔したり、ボトルで芋焼酎を仲間でシェアしたりもした。 旦那がやっていたBarではBarなのにやたら緑茶ハイの類が美味しくてそればかりを飲んでいた。 赤提灯を巡っては二十代ですでにおっさん化していた。 ワインは途中で洋食にはやはりワインが合う(味が変わる)と分かった時から…

  • 77、好きじゃない

    雨が予報通り降っている。 結構な土砂降りだ。 気圧や湿気にめっぽう弱い私は起きた瞬間から体の調子が悪い。 熱が末端に溜まっている感覚と、頭と目がシュパシュパする感じだ。 以前、まだ『妊娠するために』と希望いっぱいで通っていたプレマタニティーフィットネス(妊娠しやすい体にするためのフィットネス)の先生が言っていた事がある。 「私は雨の日も好きです。なんだか自分を洗い流してくれるような・・・そんな浄化されるような感覚で好きです。」 こと、運動を推奨して先導をとっている人は割とそういう『前向き思考』みたいなものを前面に押し出してくる人が多いように感じる。 自分の心が前向きで調子が良い時はその言葉も『…

  • 76、変えなければならない

    心療内科に行って現在の状態を先生に話しただけで気持ちがとても楽になった。 とても短時間ではあるが、この言葉に言い表し辛い気持ちを言葉をゆっくり探りながら放出できただけでこの1ヶ月溜め込み状態であった何かが無くなった気がする。 前述の通り、現在通っている心療内科は転院して来た所で「薬」だけを与えて安心させようとする先生ではない。 初めに通っていた所はとにかくすぐに薬を大量に出してくる病院だったので、今思えば恐ろしい牢獄のような場所だったかもしれない。 そして今の先生は、きっと自分と本質が似ている。と感じるのだ。 私は元々神経質なところがあり、今執拗に推奨されている『手洗い』も『うがい』も元来やり…

  • 75、ママは負けない

    今日は『月に1度で良いでしょう』と太鼓判を押してもらってから初の心療内科だ。 こんな時だ。この1ヶ月で結構 「ヤバイ」 という日も何日かあり身構えてそれによって余計疲れたりもしたが、正直その日に抗うつ剤を飲んでもあまり変わりがなかった。 日によって波があるので抗うつ剤に対しての信頼性が逆に自分の中で無くなって来ている。 ある意味ではそれくらいに減薬できている証拠なのかもしれない。 否応なく呼吸が苦しくなる時、怒りがこみ上げる時、涙が出る時。 今はそれが普通であると思える世界状況だからなのかもしれない。 うつ病であることを自分で認めて診断されてからうまく付き合えて来ている。 このコロナ騒ぎの中、…

  • 74、足並み揃わない

    昨日、始めて友人とfacetimeで長時間会話をした。 音楽に携わっていた時の『相方』と呼べる子で、そりゃあもう素晴らしいピアノを奏でる彼女。 ちょうど誕生日だったので久しぶりにおめでとう、とLINEをした。 今でもバリバリ仕事をやって生き生きと過ごしてる彼女の職種はまさに『3密』の条件が重なる職種で現在、休業中だという。 そして彼女は1人でいる時間が長くて1日に1度はわけもなく涙する、と言っていた。 その気持ちが痛いほどよく分かった。 とても真面目で常識ある彼女はもちろん実家へ行く選択もしていない。 一人で自粛する道を選んでいる。 そんなLINEを読んで、私の方から 「明日にでもFaceTi…

  • 73、正義はない

    現在私が遂行中、そして終わりに差し掛かっているゲームは 『ペルソナ5スクランブル』というもので、名作と言われてる『ペルソナ5』の続編をRPGからアクションRPGに変え発売されたものだ。 シナリオもゲーム感もものすごくよくできている作品でよくまぁこんなものが作れるなぁ、と感心したのは物凄い久しぶりのものだったかもしれない。 続編前の初めの作品なんて参考書か!?というほどの分厚さの攻略本を片手にプレイした。その感じが自分的には楽しくて仕方なかった。 細かいことは置いておいて、内容がものすごくリアルで所々に映画や本並みに 『深いなぁ』 と思わされる場面やセリフが散りばめられていた。 モラハラやセクハ…

  • 72、怖くて仕方ない

    世の中がこんな状況になっているので、そして収束するにはだいぶ時間がかかってしまうのは必至であると感じるので。 自分の中の選択肢、 『親になるための努力』 をするのか否かの議題、というか課題、が静かに延長・待機状態になっている。 毎日目を覚ますたびに、何となく志村けんさんの事を思い出したりして今起こってる異常事態が夢でもなく、人々の生活や価値観までも一転させるような戦争状況にある事をまず思うのだ。目を覚ましてまず。 そうやって1日1日目を覚ますたびに、私も着実に歳をとっている。 歳を取るのは大歓迎。もっともっと歳を重ねたい。 ただ子宮の老化は間違いなく刻一刻と進んでるのだろう、と言うことまで感じ…

  • 71、3つのしない

    とにかく現実離れした事柄に触れていこうと毎日試行錯誤。 とはいえ、現在巷で『ウケている』と言われてるアニメは結構、現実味を帯びながら暗めのそして重めの内容のものが多い。 これが時代というやつか。 映画もイマイチ引かれるものがなくて、読書もどうにも集中できない。 おなじみのゲームはというと現在は名作と言われた『ペルソナ5』の続編、『ペルソナ5スクランブル』をやっている。 アニメにもなったくらいシナリオもゲーム性もとても優秀な作品で、続編といえどかなりよくできた今は特にありがたい『現実逃避』の一つになっている。 ちなみにこのペルソナは世直し的な内容が主だ。 細かく語ると、語り過ぎてしまうため割愛す…

  • 71、許せない

    昨日、息子犬がお世話になってるトリミングサロンから電話がきた。 この現在の事態を受け当面営業を自粛するため、今月のご予約をキャンセルにさせてください。という内容だった。ちょうど、来週に予約が入っていたため従業員さんのことも考え今は自粛を考えキャン セルしたほうが良いかな?と思い連絡しようとしていたところだった。 近所にあるこのサロンで我が子はシャンプーをお願いする。 小さな頃から通ってる所なのでいつも可愛がってくれる従業員さんやトリマーのお姉さんのことが大好きで、シャンプーは疲れるけどいつもその場へ行くのを楽しみにしていて、そこの店名を口に出すだけで尻尾を振るくらいとにかく好きで仕方ないらしい…

  • 70、飲めない

    実はこの歳になるまでコーヒーが飲めなかった。 ブラックはもちろんただただ苦い。 そしてカフェラテ的なものを飲むとどうにも気持ち悪くなる確率が高くて自分にはコーヒーが合わないと思い込んでいた。 息子犬が我が家来てから、まだ散歩ができない赤ん坊の頃から抱っこ紐に入れて色々な『ペットOK』のカフェに行ってゆっくりする時間を持つようにした。 そのおかげで猫並みに、いや、猫以上に座れば必ずや走って膝に乗ってくるべったり膝乗り犬になってしまったのだが、そのおかげでどんなお店に行っても、膝の上にさえいれば全く動きもせず何ならいることさえ気付かれないくらいに大人しくできる。 そんなこともあって、この子を連れて…

  • 69、呼吸しかない

    昨日、緊急事態宣言が出された。その前から出されるという情報があったわけなので関係があるのかないのかわからないが昨日からすこぶる精神的に調子が悪い。久しぶりに暗闇くんがご機嫌窺いに来た。 当たり前のように朝、息子犬を散歩に連れ出し買い出しに行く以外外出はしていない。要請されてるからというのもあるが、そうして行かないといつまでもこの状態が続く。医療現場を守り抜く事が急務だしいつまでもこの状態がダラダラと続くのが困るから一刻も早く皆、自宅待機して欲しい。毎日毎日思う。 旦那は職種上どうしても仕事に行かねばならない。特に今大事な時期らしくきっと深くは語らないがそれなりに大変な状況で必死なのだろう。 だ…

  • 68、生きていけない

    息子犬も大好きな人たちに会う事を控えさせてしまってる状況なので、ちょっとした散歩以外何とか家でストレスを溜め込まないように運動不足にならないように試行錯誤している。 ご飯も時間をかけて食べるおもちゃの中に入れるようにしたり、新しい『好きになる」おもちゃを発見できるように携帯でペットグッズと睨めっこだ。 うちの子はパグ犬なのでわりとグデッとした時間が長くてもそこまで問題ないが、大型犬や多くの運動量を必要とする子たちはもっと大変だろうと思う。 もちろん散歩はしてるのだが、何となく人を避けたりしながらなので人の大好きなうちの子はやはりどこか不満そうである。 そして昨日、挑戦した新しいおもちゃが彼の中…

  • 67、落ちない

    家にいる時間、テレビもずっと同じ事ばかりをやっていて見る気もしない。 PCを弄りながら音楽をかける時間が普段より長くなった。 時代は進んだもので、高校の頃、 「96年summer」とか「97年winter」とか自分で揃えてきた音源を当時はMDに自らプレイリストをそれはまぁまぁな時間をかけて作っていた。 もっと前にはA面からB面に行くところでは否応なく音が途切れるという何ともいえない暗黙の了解のもと、カセットテープにも落とし込んだものだ。 少し前にまたこのカセットテープ熱が再燃してたらしい。あの懐かしい感じとレコードとCDの間のアナログ感がたまらない気持ちは何となくわかる。 それに比べ、今はピッ…

  • 66、想像もしない

    『まさか』 『そんなはずは』 『自分がこうなるなんて』 世の中はほぼほぼそれで成り立ってる気がする。 予想もしなかったことが起こるからこそ生まれるものもある一方で、何故マイナスの面でもその連続だと分かっているのにそれを忘れ過信しては、馬鹿を繰り返してしまうのだろう。 それが人間らしくって~いいじゃない。 なんて鯔背に言ってる場合じゃないのが現在の世界状況だ。 震災の時に自分の生きてるうちにまさかあんなにひどい実情を目の当たりにする事となるとは思ってもみなかった。 そしてまさか自分が3回も流産をし手術を繰り返し親になれないだなんて、そんなはずではなかった。 まさかそこから自分から一番遠い存在であ…

カテゴリー一覧
商用