searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

JURIさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
私は親になれない
ブログURL
https://www.oyaninarenai.com/
ブログ紹介文
流産を3回経験した子なし四十路女の経験談と小言。それでも切実に伝えたい事。未婚か既婚か、子ありか子なしか、専業主婦か働いてるか...何でもカテゴライズしがちなこの日本でも「個人」での自由な生き方がもっともっと当たり前になりますように。
更新頻度(1年)

64回 / 64日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2020/02/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、JURIさんの読者になりませんか?

ハンドル名
JURIさん
ブログタイトル
私は親になれない
更新頻度
64回 / 64日(平均7.0回/週)
読者になる
私は親になれない

JURIさんの新着記事

1件〜30件

  • 70、飲めない

    実はこの歳になるまでコーヒーが飲めなかった。 ブラックはもちろんただただ苦い。 そしてカフェラテ的なものを飲むとどうにも気持ち悪くなる確率が高くて自分にはコーヒーが合わないと思い込んでいた。 息子犬が我が家来てから、まだ散歩ができない赤ん坊の頃から抱っこ紐に入れて色々な『ペットOK』のカフェに行ってゆっくりする時間を持つようにした。 そのおかげで猫並みに、いや、猫以上に座れば必ずや走って膝に乗ってくるべったり膝乗り犬になってしまったのだが、そのおかげでどんなお店に行っても、膝の上にさえいれば全く動きもせず何ならいることさえ気付かれないくらいに大人しくできる。 そんなこともあって、この子を連れて…

  • 69、呼吸しかない

    昨日、緊急事態宣言が出された。その前から出されるという情報があったわけなので関係があるのかないのかわからないが昨日からすこぶる精神的に調子が悪い。久しぶりに暗闇くんがご機嫌窺いに来た。 当たり前のように朝、息子犬を散歩に連れ出し買い出しに行く以外外出はしていない。要請されてるからというのもあるが、そうして行かないといつまでもこの状態が続く。医療現場を守り抜く事が急務だしいつまでもこの状態がダラダラと続くのが困るから一刻も早く皆、自宅待機して欲しい。毎日毎日思う。 旦那は職種上どうしても仕事に行かねばならない。特に今大事な時期らしくきっと深くは語らないがそれなりに大変な状況で必死なのだろう。 だ…

  • 68、生きていけない

    息子犬も大好きな人たちに会う事を控えさせてしまってる状況なので、ちょっとした散歩以外何とか家でストレスを溜め込まないように運動不足にならないように試行錯誤している。 ご飯も時間をかけて食べるおもちゃの中に入れるようにしたり、新しい『好きになる」おもちゃを発見できるように携帯でペットグッズと睨めっこだ。 うちの子はパグ犬なのでわりとグデッとした時間が長くてもそこまで問題ないが、大型犬や多くの運動量を必要とする子たちはもっと大変だろうと思う。 もちろん散歩はしてるのだが、何となく人を避けたりしながらなので人の大好きなうちの子はやはりどこか不満そうである。 そして昨日、挑戦した新しいおもちゃが彼の中…

  • 67、落ちない

    家にいる時間、テレビもずっと同じ事ばかりをやっていて見る気もしない。 PCを弄りながら音楽をかける時間が普段より長くなった。 時代は進んだもので、高校の頃、 「96年summer」とか「97年winter」とか自分で揃えてきた音源を当時はMDに自らプレイリストをそれはまぁまぁな時間をかけて作っていた。 もっと前にはA面からB面に行くところでは否応なく音が途切れるという何ともいえない暗黙の了解のもと、カセットテープにも落とし込んだものだ。 少し前にまたこのカセットテープ熱が再燃してたらしい。あの懐かしい感じとレコードとCDの間のアナログ感がたまらない気持ちは何となくわかる。 それに比べ、今はピッ…

  • 66、想像もしない

    『まさか』 『そんなはずは』 『自分がこうなるなんて』 世の中はほぼほぼそれで成り立ってる気がする。 予想もしなかったことが起こるからこそ生まれるものもある一方で、何故マイナスの面でもその連続だと分かっているのにそれを忘れ過信しては、馬鹿を繰り返してしまうのだろう。 それが人間らしくって~いいじゃない。 なんて鯔背に言ってる場合じゃないのが現在の世界状況だ。 震災の時に自分の生きてるうちにまさかあんなにひどい実情を目の当たりにする事となるとは思ってもみなかった。 そしてまさか自分が3回も流産をし手術を繰り返し親になれないだなんて、そんなはずではなかった。 まさかそこから自分から一番遠い存在であ…

  • 65、淡くてせつない

    今期、一番入り込めたドラマ『死にたい夜にかぎって』が終わってしまった。 賀来賢人さんの絶妙な表情や動きには引き込めれまくったし、わがままでどうしようもなくイライラ映るはずの女性を「可愛くて仕方がない」人物に演じ上げた山本舞香さんもこれからもっといい女優さんになるんだろうなぁと思わされた。 最終回、躁鬱病と閉所恐怖症をそれぞれ持ち合わせている二人が震災をきっかけに6年間の関係を終わりにするのだが・・・。 とても切なかった。 別れ際もどこかカラッとしてて冷めきてるように見えた彼女から渡された最後にもらった手紙。 『6年間お互いに時間の無駄だったね。マジで。でも最高に楽しい時間の無駄遣いだったよ。あ…

  • 64、ほぼ喋らない

    外出自粛を心がけ、息子犬の軽いお散歩と買い出し以外は極力外に出ないようにしている。割と近隣にいる両親にも会わないようにしている。 自宅に篭ることに関してはストレスもなく、流産後に子供や妊婦に出会うのが怖くて外に出られなくなった時よりも精神的には楽なのだが。 今のウィルスも、それに対する恐怖心的な物はその時の子供や妊婦に近いものがある。 これに関しては自分がどうなることより、大切な家族が感染してしまう事の方が何億倍も怖いので自分もかかってはいけない。とビクビクしてる感覚が強い。 ご存知のように我が家には子供はおらず、夫婦二人。そして息子犬。 渋滞を避け早朝暗いうちにかなり早く出ていく夫とは帰宅後…

  • 63、幸せと感じない

    不謹慎かもしれないが、今、妊娠してなくて。子供がいなくて良かった。 とどこか思ってしまっている自分がいる。 喉から手が出て、それも何本も出て、何メートルもゴムゴムの状態で伸びるくらい子供が授かりたくて仕方がなかった私だが、そして妊娠してもそれを継続できない身体である身ながらどこか客観的に見ると、今はそれで良かった。と思えてしまうのだ。 もしもようやく授かった子であれ、今まで自分に起こった事など夢だったかのように普通に授かっていた子が成長を遂げていたとしても。 今のこの世界に我が子が存在していたら心配で仕方がないだろうと想像するだけで、私の性格上恐ろしい。 まぁ、こんなビビりで弱っちい精神だから…

  • 62、恥ずかしいことではない

    これから5月にかけて「コロナ鬱」が多発するだろうと言われてるようだ。 確かに先が見えない状況下、ウィルスへの恐怖(一部の人を除く)に加え、その緊急事態に直面した人間の淀んだ感情やイライラや尖った思考を受け続ければ、今までうつ病になどなろうなんて想像もしてなかった人もその世界に足を踏み入れることになるのは避けられない気がする。 『みんなで頑張ろう』とフラッグを掲げてるうちはまだ糸がぴーんと張っていて前向きに捉えようと踏みとどまれるかもしれないが、そこが一番危ないんだよ。 とそれこそ絶賛うつ病との戦いが『重大局面』である私は訴えたい。 私はいつもようやくよくなってきた兆しが見えると必ず、こういった…

  • 61、涙が止まらない

    コロナウィルスで闘病中だった志村けんさんが亡くなった。 近所のスーパーに買い出しに来ているときにふと、携帯を見たときにこの訃報を知った。 恥ずかしながらマスクの中は鼻水だらけ。外だったけど目も真っ赤になるくらい涙が出た。 一連のコロナ関係のニュースの中で一番心がざわざわし、急な喪失感と不思議な孤独感にかられ、なんとも言えない暗闇が近づく音がした。 芸能人の死で涙したのは初めてかもしれない。 日本の宝であるお笑いの神様がコロナに殺されてしまった。 当たり前のように定期的にバカ殿様やだいじょぶだぁが今でも放映され、それはとにかく『当たり前』だった。 人間はいつか誰でも死ぬからそれが永遠とはもちろん…

  • 60、何も生まない

    少し前、久しぶりに 「お仕事は?」 「お子さんは?」 という防御不能の攻撃を受けた。 防具を持ち合わせていない、いや、せいぜいでも『布の服』という防具しか装備していないので一気にHP(ヒットポイント)は1で真っ赤である。 家にそそくさと口を紡いで帰り、息子犬に回復魔法をかけてもらった。 それで変に引きずらなくなったのは気づかぬうちにそこの所レベルが上がっていたのだろうか。 レベルアップのファンファーレは聞こえなかったけど。 こういう類の攻撃は今までも何回か受けてきて、暗闇街道まっしぐらの時はその毒が致死量にあっとい間に達し号泣したものだが、今となっては 『まだいたか。この化石的日本人。』 と、…

  • 59、耳を澄まさない

    連日、このような状況下においても『買い溜めお化け』や『パリピの妖怪』がそれはもう俳諧している。 ただ普通に日用品を購入したいだけなのに一気にそこに正気を吸い取られて一瞬外へ出ただけで重度の疲労感を感じる。 今週末は自宅待機要請が出ているというのに我が家の向いは昨晩、子持ちの家族が集まって大騒ぎしていた。 感染の恐れありの三つの要素をここでもう網羅しており、家の中にいるからいいと思ってるアホなのか全く意味のない迷惑な行為だ。 私の好きな映画の中に河瀬直美監督の『あん』と言う作品がある。 樹木希林さん演じる「ハンセン病」のおばあちゃんがある時、町のどら焼き屋に「働かせて欲しい」と懇願し素晴らしく美…

  • 58、やめられない

    現在、抗うつ剤と安定剤とそれに変われそうな漢方薬を飲み不育外来で勧められたビタミンDのサプリに加え葉酸サプリも飲んでいる。 時に、「ハッキリともう一度」と覚悟しきれてないのになんでこのサプリを私は毎日飲み続けているのだろうと、ふと我に帰ることがあるが、なんとなく続けている状態になってしまっている。 葉酸なんて、はっきりいって毎日空振りしながら飲んでる気分だ。 そして抗うつ剤の減薬を勧めているのだが、ようやく初めての段階にまで減薬をすることができるようになっている。 心療内科も2週に1度が3週に1度になり、先日ようやく、次は1ヶ月後にしましょうというなんともはやこの類の患者としては嬉しい太鼓判を…

  • 57、止まらない

    「面白い」「はまる」「すごい人気」と耳にタコができるくらいに周りから聞いていた『鬼滅の刃』をついに始めてしまった。夫婦で。 単行本さえなかなか手に入らず、しかもこの後映画化が予定されているらしい人気っぷり。しかも二人の子持ちの親友に 「鬼滅の刃、見てますか?映画始まったらご一緒しません?」 という知らせが少々前にきた。 なぬ!?そんなにか・・・・。 あまり不要不急の外出が制限されている今、他の推薦者が言ってたように動画配信サービスで見てしまおう! ということで始めてしまったのである。 はい。それは見事、お見事にハマってしまいザザザザと放っておけばずっと見続けてしまうであろう中毒性タイプの物語だ…

  • 56、しょうもない

    先週の三連休の様子を垣間見て予想をしていたことだが、都内でついに爆発的感染が始まったようだ。 都知事からは週末の不要不急の外出は控えるように、そしてできるだけ可能ならば仕事も在宅で・・・などと初めて東京として具体的な要請を発表した。 明らかな数値の推移がみれないとこういった事を発令できないのはわかるし、結局は国がもっと効力のある発令を出してくれないと東京都自体からは強く言えない・・・というのもいかがな仕組みかとも思う。世界に誇れる大都市だというに・・・。 そんな中で志村けんさんがコロナウィルス陽性と判明し今、病院で治療にあたっていると言う。 何かニュース速報が流れるたびにドキッとしてしまうくら…

  • 55、再び、推し量れない

    春がやってきて、大好きな桜が咲いて心が躍るはずの、前までは心躍ってなんでも出来るような気持ちになっていた季節。 子供を失ってからなんとなくそこに、悲しさというより少しだけ苦味が混じった寂しさのようなものが感じられる季節へと変わった。 現在住んでいる家の近くにはちょっとした桜の名所的な所があり、毎年この季節には春待ち、冬から解放され上を見上げキラキラとした顔で桜を眺めてる人が多く見られる場所だ。 元々人混みは苦手なのでピークの時には一切行かなかったが朝方、人のいない時に少し眺めに行ったりした。 桜が大好きだったから、元よりワイワイとしながら花見をするより、誰もいないそして一本だけひっそりと咲いて…

  • 54、涙は出ない

    二人目の子がお空に行った三月になったので、休みの日に前述したその当時に住んでいた近くにいた水子供養のおじぞうさんにご挨拶に行った。一人で行く時もあれば、旦那と行く時もあって9月・11月・3月の恒例行事になっているが今回初めて陽気もいいし息子犬も一緒に連れて行くことにした。 車で向かい、ワンコ用の抱っこバッグに入れて出向いた。 お菓子とお線香を持って行く。 そこがお墓と言うわけでもなくそこにいないのはわかってるが、心の中でその3人の子供を抱いているおじぞうさんにお空に行った子供たちを『お願いしてる』気持ちでいるので挨拶に行く気持ちである。 1回目の流産、そして2回目3回目と続けて行くうちにここに…

  • 53、意味がわからない

    一年半という短期間に妊娠、流産、妊娠、流産を経験してホルモンバランスのジェットコースターを繰り返した結果、体をぶっ壊して、内臓全体が沈黙し、痩せ細ってしまってからなかなか太れない。 元々痩せすぎだ、と言われていて周りからは『羨ましい』とよく言われたが、自分的には痩せすぎてて不健康そうでそれが嫌で、グラマラスな方に憧れたものである。 だから羨ましがられても、私だってこれがコンプレックスなのだ。と心に秘めていた。 一般的に『痩せている』ことの方が『いいこと』という思想が圧倒的多数で世に出てる情報も大体が痩せるための何か、というダイエット情報ばかりだ。 太りたいと情報を集めたいと思ってもほとんど存在…

  • 52、忘れたくない

    お風呂に入り、1日の終わりをゆっくり迎えようとしていた時、一通のLINEが入った。 久しぶりの相手からだ。 かつて私は音を、そして歌を仕事にしていた。 どこか取り憑かれたように勉強してちょっとした進学校に入った身だが、そこで見事に燃え尽き症候群か一気に勉強することが億劫で面倒くさくて成績は落ちる一方だった。 軽い気持ちでサボった模擬テストの日に、担任から母へと電話が行き中学生までは真面目一直線だったために帰宅した時に母は悲しいと泣いていたものだ。突然のお勉強リタイアに母も驚いての涙だったんだろう。 そしてその『もう受験めんどくさい』燃え尽き感は高校3年になっても持ち合わせたままで、周りがこぞっ…

  • 51、鳴らない

    気づけばもう三月も終わりに差し掛かっている。歳を行けば行くほど早く感じるようになるというがその先人たちの言葉は全くもって間違っていない。 ダウンタウンの笑ってないけない、で年越しをして一連のお正月業務を終えてもう3ヶ月過ぎ去るのかと思うと怖い。 昨年末には騒音に悩まされたマンションから脱出して少々落ち着いたところだったので、 「来年、もう一度、親になるチャレンジをしてみようかな」 とどこかで心に薄めにハンコを押していた。 そうしたら年末から年始にかけて体が絶不調。久々に物が食べれなくなり、その流れで胃カメラやらMRIやらを経ていたら次は旦那が酷く体調を壊した。 そして気づけばもう4年の3分の1…

  • 50、答えられない

    死を迎える時に 「幸せでしたか?」 という質問をされ 「幸せだった」 という人たちの多くは四つ以上の『趣味』を持っていたという話を聞いた。 4という数字は総合した上での平均値か何かなのだろうが、とても納得のいく話だ。数はさておき。 自分を含め、周りの人間も幸福そうな顔をしているのははほぼほぼ自分が好きなことについて語っている時だったりする。 『マツコの知らない世界』に出てくる紹介人は、面白く変わった人たちが多いがその分野が好きすぎる人たちゆえに皆大体目がキラキラしていてついでに押しが強い(笑)。好きで仕方ないのだ。 趣味は多方面にあることだが、それがあるということはひいては 『それを知りたい!…

  • 49、より良くない

    少し前に「AI崩壊」という映画を見た。前述したように大手を振って岩田剛典推しだから(笑)、というのもあったが内容にすごく興味を持ったからである。 物語は10年後、AIが人間の健康データ等を全て管理していてもうすでにドラえもんの世界。 こんな風になったら便利だよなぁという世界が実現している。 しかし、そのAI自体がバグを起こして次々と完全管理されていた人達が死んでいく。 持病を持った人からまずは爆弾が爆発するかのように死んでいく。 管理していたのがAIだからそれが機能しなくなってはどうにも対処ができなくなるのだ。 その後、そのAIは人々を選別し、不要だと判断した人間を殺戮し始める。 この時、少し…

  • 48、無くならない

    『不倫愛大分本気だったんじゃないか』の件で大分叩かれていた東出昌大がいきなり会見をしていた。 もうそんなしょうもない事言ってる場合ではない状況に世界が蔓延してしまったため消えてなくなってた気がする。 そもそもそんな人様の不貞行為なんちゃらで人様がテレビで偉そうにあーだこーだ言ってるのはどうでもいいし、被害を受けて傷ついたのは家族の杏さんと子供たちだけ。 その人たちと解決すればいいだけの話だ。 まぁ、いちいちこういう問題でお世間様に取り上げられちゃうのは顔を晒して仕事をしている方々にとってはある意味仕方のない事だし、『ばれたらえらい事になる』という想像力というか危機管理能力が無く欲求に走ってしま…

  • 47、願わずにいれない

    今日は、私が出会えた息子犬の寝顔をみて、 感じた事を映像にしたものをここに載せさせてもらおうと思う。 今日は少しだけ暗闇くんが耳元で囁いている。 だからこそ彼を思い切り抱きしめた。 そうしたら暗闇くんは嫌な顔をして少し離れた所でこちらを伺っている。 私が伝えたいこと。 私なりに願うこと。 どうか、苦しくてどうしようもない暗闇に立ち尽くしている方々も 少しでも小さくてもそれぞれの光を掴むことができるようになりますように。 【pug パグ】パグの我が子の寝顔を見て思う事、願う事~Looking at the sleeping face of Pug's child, thinking and wi…

  • 46、感謝できていない

    アーユルヴェーダの事を知る前から、不眠に悩まされていた私はそれこそミーハーな話だが『マインドフルネス』というものを知り、本を読み、実践してみたりしていた。 瞑想って奴だ。 若い頃は当たり前のように何も考えずにテレビを眺めたりしながら気づいたら寝ていた!なんて今では喉から手が出るほど欲しいスキルが普通に炸裂していて、『寝る前には明かりは暗く、とかブルーライトは控えて、とかキャンドルの灯を灯しながらリラックスできる香りを焚いて、瞑想。』 なんてちょっとヤバイ奴がやるやつじゃないかくらい思っていた。 寝るための努力なんて事をするようになろうとは考えもしないほどよく寝る方だったと思う。 それが突然、一…

  • 45、浸透しない

    今年の冬はどこか気持ち悪いほど暖かかった。 そんな最中にこのコロナ騒ぎできっと精神的に何かを抱えてる人はさらに壊れてしまったという人は多いだろうと思う。 私自身も結構ヤバイヤバイと思いながら、どこもかしこも同じような報道しかしないテレビのニュース番組に嫌気がさして見ないでいる。 恐ろしい洗脳の嵐。 逆に追いやって免疫力落ちるわ!と言ってやりたい。 流産を繰り返してぶっ壊れた体を治すのに3年、整体や鍼灸院に通ったりしてる中で 友人に勧められた一冊の本がある。 『パーフェクト・ヘルス』 というインド系アメリカ人であるディーパックチョップラという人が記した体と心の健康について『アーユルヴェーダ』の観…

  • 44、抜け出せない

    今、お気に入りのドラマが一つある。 話題の、胸キュンドラマ『恋つづ』はまぁ違う意味で楽しみにしている訳だが(あれは女性ホルモン分泌療法ですね。) 深夜帯にやっている 『死にたい夜にかぎって』 だ。 原作の本は読んだ事がないから、そこを忠実にしているのかどうかはわからないが、かなり引き込まれる内容で自分にも若干共感できる部分がある作品だ。 主演の賀来賢人が元々芝居がうまく雰囲気を作るのが上手な俳優だからというのも大きいと思うが、ものすごく暗くてヘビーな物事をどこかおかしく感じてしまう、そんな面白いドラマ。 学生時代に校内で一番の美人だった子によくわからない理由で毎日ビンタを受けた上にそれに『飽き…

  • 43、答えがない

    この文章をネット上にあげていく事を決めた時に、お世話になったカウンセラーの先生に久しぶりに連絡した。 私のこの経験を綴る上で先生の話は絶対に必要な事だったので、その旨をきちんと伝えておきたいと思ったからだ。 それと共に、久しぶりに厄介な暗闇くんと相対していたので先生と、そう、同じ経験をしている人と話をしたいとも感じていたからだ。 カウンセリングを受けていたのはもう3年ほど前になるので先生の状況ももちろん色々変わっていた。 以前とは少し離れた所に引越しされ、手術を経験し、そして何より驚いたのは少し前に養子を迎えられ「お母さん」になっていた。 それを知った時にはそれはもう、嬉しくて嬉しくて心が躍る…

  • 42、純粋なままではいれない

    こちらの文章でちょこちょこと書いてることだが、私の趣味の一つに『ゲーム』というものが大きく存在している。 一人っ子だった私は父がまだ二四歳という若さで出来た子であり、父は若さ故?か私を子供として、というよりもどちらかといえば一緒に遊ぶ『小さな友達』という感覚で育てられたイメージが強い。 そんな父も昔からテレビゲームが好きでファミコン発売当時はいち早く購入し、マリオブラザーズに『おーおー』と言いながら興奮してプレイしていた記憶がある。 私がある程度大きくなってからは 「こいつが欲しがってたから」 と私をダシに新作のハードやらソフトを買ってきていた。 そんな少し子供っぽい愉快な父と『遊ぶ』中で女の…

  • 41、忘れてはならない

    コロナの感染拡大で混沌とした状態が続きその話題や心までも曇りがちな空気が蔓延している現在であるが、今日で東日本大震災から9年。 忘れてはいけない日からもう、いや、まだ9年。 被災していない自分にとってはショッキングな天災として『忘れてはならない』というものになっているが、実際に被災された方々、大切な人を亡くして時間が止まっている方、いまだ収束などするはずがない福島第一原発の影響。 それに対し『9年か・・・』なんて想いを馳せるなんて偉そうな事だが、自分なりにそんな人たちが大勢いて今も必死に生きている事を考えると胸がずっしりと重たくなる。 正直一人一人の意識の問題が多く問われる今のコロナウイルス問…

カテゴリー一覧
商用