searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

武0武さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
武0武/blog
ブログURL
https://bravememo.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ゲーム開発で役立つような記事を上げてます。
更新頻度(1年)

23回 / 61日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2019/12/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、武0武さんの読者になりませんか?

ハンドル名
武0武さん
ブログタイトル
武0武/blog
更新頻度
23回 / 61日(平均2.6回/週)
読者になる
武0武/blog

武0武さんの新着記事

1件〜30件

  • 【Unity】ShaderGraphで円形グラデーションを作る

    バージョン バージョン Unity 2019.3.0f3 シェーダーグラフはUnlit Graphで作成します。 円形グラデーション作成 Polar CoordinatesノードからYを抽出しそれをRemapノードで-0.5から0.5を0~1の間に値を変換します。 あとは変換した値をSampleGradentノードのTimeに繋げば完成です。 一応Polar CoordinatesノードからYを抽出しなくてもatanを使用することでも実現できます。 参考サイト https://cyangamedev.wordpress.com/2019/05/13/polar-coordinates/ ちなみ…

  • C# キーイベント以外で入力を取得する

    Keyboard.IsKeyDown()で入力を取得できる。 ソースコード using System.Windows.Input; void Update() { if (Keyboard.IsKeyDown(Key.LeftCtrl) == true) { //入力力成功時の処理 } }

  • 【Unity】ShaderGraphで虹色に光らすShaderを作成する

    はじめに バージョン Unity 2019.3.0f3 こんな感じの虹色に光るshaderを作成していく。 枠線の作成 2つの矩形をRectangleノードで作成してそれを減算して枠線を作成します。 虹色に光る部分に作成 Gradientノードで虹色のグラデーションを作成し、それをRotateノードで回転させることで虹色に光ってるように見せさせています。 あとは適当にEmission用Vector1ノードを作成して発行具合を調整してる感じです。 完成図 これで完成です。

  • C# csvをアプリに埋め込む

    Resources.resxを選択しその他の状態でリソースの追加→既存のファイル追加でできる。 以下のコードでcsvの中身を文字列として受け取れる。 string s = Properties.Resources.追加したリソース名

  • 【MSBuild】ビルド構成の切り替えを自動化してまとめてビルドする

    目次 目次 MSBuildとは 目的 visual studio側の準備 プロジェクトの用意 ターゲット名の変更 ソースコード MSBuildを使ったbatファイルを作成 終わりに MSBuildとは .NET Framework 2.0から同梱されいるビルド環境です。 Visual Studioがインストールしなくても実行できるのがいいところで、 jenkinsやbatファイルから呼び出して自動でビルドをかけたりすることができます。 参考URL www.atmarkit.co.jp 目的 複数のビルド構成のexeが必要だと、ビルド構成切り替え→ビルドする作業が何回もやらないといけない場合があ…

  • C# カーブエディタ進捗 プレビュー機能作成

    前の記事 bravememo.hatenablog.com 完成図 だいぶレイアウトが変わりました。 CurveEditor ver 1 プレビュー機能追加 プレビュー機能作成 作成したグラフを使うとどのような挙動をするのかをすぐに確認できたらいいなーと思い作りました。 グラフの値に応じて黒い四角形が移動、回転、拡大縮小、フェードインフェードアウトを行うようにしました。 拡大縮小の実装方法はこちら bravememo.hatenablog.com 描画更新のタイミング変更 いままではなにかの値が変わるたびに描画を更新してました。 ですがその実装だと複数の値が同時に変わった時に無駄な描画を更新す…

  • CurveEditor Libraryの使い方

    CurveEditor Libraryの使い方 Visual Studio 2015以降で使うことが前提になっています。 ご了承ください。 Libファイルのパスを通す リンカ 追加のライブラリディレクトリでlibが入ったフォルダのパスを通す。 リンカ 入力 追加の依存ファイルで使うlibを追加(↑の工程を飛ばして絶対パス指定でもできます) 関数一覧 CurveEditor Lib bool BezierPointList::ReadBezierPointList(std::string CSVpath) 引数 CSVpath : グラフデータ(csv)のパス 戻り値 グラフデータを正常に読み込…

  • SubGraphを使用して自作ノード(UVスクロールノード)を作成する

    はじめに 使用バージョン2019.3.0f3 よく使うのノードの組み合わせを毎回作成するのが面倒くさいので自作ノードを作成してそれを使いまわせるようにしていきます。 今回はみんな大好きなUVスクロールノードを作成します。 必要なノードを用意する よくあるUVスクロールに必要なノードを用意します 入力と出力を設定 次に自作ノードの入力と出力を追加していきます。 入力はUVのスクロールスピードとUVとUVのTilingで、 出力はUVとします。 今回は以下のノードを追加して繋ぎました。 ここでノードを繋いでないと自作ノードを出しても入力と出力が出ませんので注意です。 保存 以下のノードを選択して右…

  • C# マウスのドラックで矩形の表示

    ソースコード using System; using System.Drawing; using System.Windows.Forms; //マウスの動きで矩形を表示させるクラス class RectangleRender { Point m_StartMousePos = new Point(0,0); Point m_CurrentMousePos = new Point(0,0); Pen m_Color = Pens.WhiteSmoke; SolidBrush m_SolidBrush = new SolidBrush(Color.FromArgb(50, 255, 255, 2…

  • Unity スクリプトからパーティクルを操作する

    この状態からスクリプトでパーティクルを動かしていきます プロパティはここを変更しただけです。 スクリプトからパーティクルを操作 各パーティクルの情報はParticleSystem.GetParticlesでパーティクルの情報を取得できます。 docs.unity3d.com public class TestEffect : MonoBehaviour { ParticleSystem m_ParticleSystem; private ParticleSystem.Particle[] m_Particles; float m_TotalTime = 0; public float m_Sp…

  • C# PictureBoxを中心から拡大させる方法

    この書き方は正方形が前提です。 //rateは大きさの倍率 public void ScalePictureBox(float rate = 0) { const int PictureBoxSize = 50;//元のpictureBox1のサイズ const int m_nextscale = (int)(rate * PictureBoxSize); //拡大させる pictureBox1.Height = m_nextscale; pictureBox1.Width = m_nextscale; Point centerPos = new Point(60, 15);//中心の座標 P…

  • C# 毎フレーム描画を更新する

    この方法だと60FPSで描画更新される。 using System; using System.Collections.Generic; using System.Windows; using System.Windows.Controls; using System.Windows.Media; public partial class Form1 : Form { Form1() { InitializeComponent(); //更新処理設定 CompositionTarget.Rendering += RenderFrame; } //毎フレームの処理 private void Re…

  • C# カーブエディタ作成 ヘルプの作成

    前の記事 bravememo.hatenablog.com 完成図 ここからHelpページを見れるようになります。 Hlepページを作成 こんな感じで作りました。自分のブログに作るのが一番早いなと思ったので自分のブログに作りました。 bravememo.hatenablog.com ソースコード System.Diagnostics.Process.Start("URL")で指定したURLにとぶことができます。 private void カーブエディタの使い方ToolStripMenuItem_Click(object sender, EventArgs e) { System.Diagnos…

  • CurveEditorの使い方

    CurveEditorの使い方 github.com 操作方法 ・点の追加 ダブルクリックか点の追加ボタンで追加できます。 ・点の削除 deleteキーか点の削除ボタンで選択している点を削除できます。 ・アプリケーションの終了 Escキーでアプリケーションを終了できます。 グラフの編集 ・点の移動 左端の点と右端の点以外は点を選択してる時のみ移動できます。 移動は点をドラックか入力項目に数字(0~1)を入力することで移動できます これが点を選択してる状態です。点をクリックすることで選択できます。 真ん中の点が選択点、上下にある点が制御点です。 制御点は点を選択してる時しか表示されません。 線の…

  • カーブエディタ作成 c++でグラフデータを読み込むLib作成

    前の記事 bravememo.hatenablog.com 完成図 上のグラフをc++で読んだ時の実行結果です。 x = 0.000000 y = 0.000000 x = 0.100000 y = 0.403000 x = 0.200000 y = 0.532000 x = 0.300000 y = 0.617000 x = 0.400000 y = 0.686000 x = 0.500000 y = 0.746000 x = 0.600000 y = 0.802000 x = 0.700000 y = 0.854000 x = 0.800000 y = 0.905000 x = 0.900…

  • ヘルプましん ヘルプコンパイラ(HHH.EXE)の指定を確認してくださいの対処方法

    これの対象方法 ヘルプコンパイラのダウンロード ここから htmlhelp.exeをダウンロード。 www.microsoft.com htmlhelp.exeをダウンロードしたら起動してセットアップする。 ヘルプコンパイラのパスを指定 ツールから環境設定を選択し、こんな感じに設定すればヘルプコンパイラのパスを指定できる。

  • C# カーブエディタ作成 c++からグラフデータを読み込むための準備

    前の記事 bravememo.hatenablog.com 完成図 C++でグラフデータを読み込みたい カーブエディタ側で読み込む機能を作成 ベジェ曲線のXからYを求めたい ソースコード 終わりに 完成図 CurveEditor 外部からグラフデータを読みこむための準備 C++でグラフデータを読み込みたい カーブエディタで作成したグラフデータをc++でこんな感じで取得できるようにしたい #include "CurveEditor.h" #include <windows.h> int main() { CurveEditor::BezierPointList bp; bp.ReadBezier…

  • c++ CSVを読み込む際、余計な文字が入ってしまう現象について

    現象 以下のようなコードでCSVで読み込んだ際に余計な文字列が入る現象が発生しました。 #include <iostream> #include <string> #include <sstream> #include <vector> std::ifstream ifs; ifs.open(CSVpath.c_str()); std::string value; std::vector<std::string > values; bool isOpen = ifs.is_open();//正常なデータを開けたか if (isOpen) { //一行読み込みテスト // std::getlin…

  • C# カーブエディタ作成 進む 戻る

    前の記事 bravememo.hatenablog.com 完成図 外観の作成 ReDo Undoのおおまかなしくみ ReDo Undoの実装はめんどい ソースコード 終わりに 完成図 CurveEditor 進む 戻る機能 外観の作成 この記事と同じやり方でやればできます。 bravememo.hatenablog.com 外観を作ったらClickイベントを追加させましょう。 ReDo Undoのおおまかなしくみ これら機能はデザインパターンであるMementoパターン、Commandパターンを参考にして制作しました。 techracho.bpsinc.jp ・おおまかなしくみ 戻るの動作は…

  • AssetStoreのListの作成方法

    Listの作成方法が旧AssetStoreと少し異なる こちらの記事を参考にウィジェットを作成しているようとしてみたが、旧AssetStoreと同じやり方でListの作成が出来なかったのでメモ https://caitsithware.com/wordpress/archives/2055caitsithware.com 旧AssetStoreのやり方 ログインしてMy Listを開けばMy Listを作成があったのだが見当たらない・・・ 現在のAssetStoreのやり方 適当なアセットのページへいくと下記のアイコンがあるのでクリックする。 この画面がでたらCreate New Listをク…

  • C# カーブエディタ作成 上書き保存

    前の記事 bravememo.hatenablog.com 完成図 上書き保存 カーソル変更 ソースコード 終わりに 完成図 CurveEditor 上書き保存 上書き保存 上書き保存は一回保存したかファイルを開いてないと出来ないものです。 ですので保存か開くをした際に上書き保存のEnabledプロパティをtrueにしてそれ以外はfalseにして上書き保存できるタイミングを制限します。 保存する際のパスは開くか新規で保存した際に保存データのパスを保持しています。 なおグラフに変更があったかまでは上書き保存できるかの判定には含めてないです(めんどいから) カーソル変更 上書き保存してるときなにも…

  • C# カーブエディタ作成 グラフデータの読み書き

    前の記事 bravememo.hatenablog.com 完成図 この動画では点を適当に追加→名前を付けて保存→新規作成でグラフリセット→開くを行っています。 CurveEditor グラフデータの読み書き データの読み書き ・menuScriptの設定 まずは設定したい項目のクリックイベントを作成します。 (今回は開くと名前を付けて保存) 次にファイルの読み込みと書き込みを行うためにツールバーからsaveFileDialogとopenFileDailogをForm上に追加させます。 次に作成したクリックイベントに~FileDialog1.ShowDialog();を呼べば各項目を選択したと…

  • c++ マクロメモ

    プリプロセッサの働きとその使い方 参考URL ylb.jp #define #undef #define __MAX 100 //_MAXが100と置き換わる #define __SHANE_MESSAGE_TEST_H__ //シンボルだけ定義するものもある #undef __MAX 100 //文字列置き換えの取り消し 定数を作ったりするときに使います 参考URL https://www.grapecity.com/developer/support/powernews/column/clang/014/page02.htm インクルードガード #ifndef __SIN_TEST_H__…

  • unity shader graph プロパティ名を変更できないときの対処法

    原因はわからないがプロパティ名が変更出来ないことがあったのでメモ Unityを再起動すれば直ります

  • C# カーブエディタ作成 右クリック動作

    前の記事 bravememo.hatenablog.com 完成図 GAME DVR で録画してるので右クリックメニューが映りません。 CurveEditor 右クリック動作実装 右クリックでいろいろ 右クリックでコンテキストメニューを表示するにはcontextMenuStripが必要です。 Form上にcontextMenuStripを配置したらcontextMenuStripを選択すると入力項目が出るので、 下記画像のように入力すれば外観の完成です。 あとは追加したメニューをダブルクリックしてクリックイベントを追加してイベントを実装してあげれば完成です。 点の追加と削除はいままで実装してた…

  • TortoiseSVN 差分方法変更

    Winmergeをインストールしたら勝手に差分の表示がWinmergeでなっていたのでそれを直す方法 下記の場所で差分ビューアーの設定ができる

  • C# カーブエディタ作成 入力項目の実装その2

    前の記事 bravememo.hatenablog.com 完成図 だいぶそれっぽくなってきた。 CurveEditor ver 0 6 α版 入力項目の同期 その2 グラフ、入力項目の表記変更 ・大幅に見た目をかえました。 見た目はUniyのAnimationCurveを参考にしました。 pictureobxのサイズを640×340から540×530にし、中で500×500のグラフを表示するようにしました。 横長のグラフだとこのグラフを読み込んだ際に縦に伸びてしまい、思ったような挙動にならないはずなので、正方形にしました。 ・グラフの表記は画面の座標から1.0,1.0にし、値の調整をわかりや…

  • C# カーブエディタ作成 入力項目の実装その1

    前の記事 bravememo.hatenablog.com 完成図 CurveEditor ver 0 5 α版 入力項目の同期 入力項目を反映 同期をとる numericUpDownのValueChangedイベントで数字の変更時にnumericUpDownのValueに代入と点の座標に直接代入しています。 流れとしては 点を動かす→MouseMove内 のnumericUpDownSync()でnumericUpDownのValueに代入→Valueが変わるのでValueChangedを呼ぶ→同じ数代入するのでValueChangedを呼ばす終了点項目に入力→ValueChangedで点の…

  • C# カーブエディタ作成 点の削除機能

    前回の記事 bravememo.hatenablog.com 完成画面 CurveEditor ver 0 5 α版 点の削除機能 点の削除はボタンとDeleteキーからできるようにしています。 Deleteキーの入力についてですが、キー入力を受け付けられるようにするにはFormのKeyPreivewをTrueにさせる必要があります。 削除方法はlist.RemoveAt()を使用して削除しています。 ただし追加の時と同じで削除する際も選択している前後の点を結びなおさないといけないです。 開始点の移動制限 前回の制御点と同じような感じで前の開始点と現在の終了点の間に収まるようにClampさせる…

  • C# カーブエディタ作成 点の追加機能

    前回の記事 bravememo.hatenablog.com 完成図 点の追加ボタンを4回押して2つ目の点を選択した状態です 点の追加機能 点の追加はAddPoint()で行っています。 点の生成場所は最後の開始点と終了点の間に生成しており、位置は最後の開始点のX+30に位置に生成しています。 さらに点の移動機能も改良しており、いままではY軸の移動だけでしたが、一番最初の開始点以外はX軸の動きを出来るようにしました。 ここでとくに大事になってくるのは追加前の最後の線(開始点と終了点)の扱いについてです。 これをうまくやらないと思ったような線を描画できません。 制御点の移動制限 制御点の位置は線…

カテゴリー一覧
商用