プロフィールPROFILE

mizuhoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
妊婦日記
ブログURL
https://sayonaraodyssey.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
子供いらなかったけど妊娠したから産むことにしました
更新頻度(1年)

8回 / 83日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/11/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、mizuhoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
mizuhoさん
ブログタイトル
妊婦日記
更新頻度
8回 / 83日(平均0.7回/週)
読者になる
妊婦日記

mizuhoさんの新着記事

1件〜30件

  • 人生やり直せるスイッチ

    カルテットというドラマが大好きで、 今でも録画したのを時々見返す。 人生やり直せるスイッチスイッチがあっても、 もう押さない、皆と出会えたから、 というシーンがある。 今目の前にあったら、私は押してしまうだろう。 子供の存在が重く辛い。 なかったことにしたい。 こんな気持ちは誰にも言えない。でもそんなスイッチは存在しないので、 私は覚悟を決めてやるしかない。

  • 向き不向き

    赤ちゃんとの生活は思ってた以上に大変で辛い。 もっと楽と思ってた。 こんなに自分の思い通りにいかないとは。自分みたいに何事にも繊細で 人付き合いも苦手で、新しい環境に馴染むのがしんどい人間は、子供作らないほうがいいと思う。子供は可愛いけど、恐い。 子育てなんて、みんな普通にやってることなのに 私はもう辛い。

  • 親の器

    昨年末から赤ちゃんとの生活が始まった。 実家に里帰りしてるので、育児だけに専念できて ありがたい環境。親とは折り合い悪かったので、里帰りするか悩んだけどしてよかった。 子どもの存在は大きくて、親とのわだかまりをまるで感じることなく生活している。子供はとても可愛いくて、見ているだけで幸せ。 でもこれから長い間、子供にまつわる 辛いこと悲しいこと大変なことが山ほどあると思うと、自信がない。 自分は親になる器ではなかったと思う。 けどやるしかない。生んでしまったから。

  • 責任

    子供の検査はすべて異状なしで 順調に回復している。 毎日面会に通ってるけど、ただただ可愛い。 自分の子供を可愛いと思えなかったらどうしようと悩んでたけど、とても可愛いと思う。 早く退院して一緒に暮らしたい気持ちと、 自分にお世話できるのだろうか、 死なせてしまわないだろうか、と言う気持ちと。 半々くらい。自信はない。けど、やるしかない。 母親としての責任。 逃げない。

  • 生まれた…が

    出産した。 陣痛来てからスピード出産だった。 初産とは思えないと、周りのスタッフの方たちに褒められた。 生まれた赤ちゃんは元気に泣いていた。 客観的に見れば可愛いとは言い難い容姿だけど、 自分の子供は素直に可愛いと思えた。 私はとても不安症で、いつだって最悪の事をシミュレーションしてしまう。 今回の妊娠、出産もそうで、 毎回の検診のたびに、流産を覚悟してたし、 超音波の度に胎児異常があるかもと覚悟し、 出産時も死産の場合もあるかもと思っていた。 どの不安も的中せず、全く問題のない妊娠、出産だった。あまりにもうまく行き過ぎていた。 私は良い気になって油断していた。退院目前に、子供に異常があるかも…

  • もうすぐ産まれるけど

    予定日が迫ってきた。 もうすぐ産まれてしまう。 どんどん気持ちが憂鬱になっている。 産むこと自体への不安はあまりなくて、 産んだ後のことを考えると憂鬱と不安でたまらない。 妊娠したら自然に受け入れられると思っていた。 楽しみになると思ってた。 でも私は私のまま。変われないんだな。 ということは出産後もこのまま・・・。こんな冷めた母親のまま。 4月末に妊娠が分かってから今まで、自分の世界は変わった。 環境も変わったし、物の見方も変わった。 人生において貴重な体験だと思う。 でもそれが良かったのか、悪かったのか・・・。 過去に戻れるならば戻りたい。

  • 障害のある子が生まれたら

    妊娠してると分かった時一番不安だったのは 妊娠中に飲んではいけない薬を飲んでいたこと。 病院で先生に伝えると「飲んでしまったものはしょうがないので、気にしたらだめ。何か問題があればすでに流産してるはず」と言われる。 でもネット情報だと、3週目までなら影響はないけど、 4週目入ってからの薬は色々影響が大きいって書いてあるので、 とにかく不安だった。 高齢出産ということもあるので、出生前診断を受けたいと思ってて 病院側からその案内があると思ってけど結局なくて、 受けたいなら自分で色々外部病院に手続きしないといけなかったようで、 受けたい検査はもう受けれない週数になってしまった。 無認可のNIPTで…

  • 家計破綻している

    5年続けていた仕事は、仕事量がどんどん増えていって 職場の人間関係、給料はとてもよかったけど そこまで無理して働かなくてもいいかな、もう辞めたいなと思っていた時に妊娠したので、 辞める理由ができて良かったな、と安易に思った。 でも夫婦二人の状態で仕事辞めるのと、 出産を控えて仕事辞めるのとでは話が大きく変わってくる。 再就職はすぐできない事を考えると 産休・育休を取得して手当てをもらって、1~2年後に復帰するのが 経済的に一番ベスト。 でも残業多いし、男社会だし、うちの部署で産休とった人いないし(皆妊娠を機に退職してる) 復帰とか無理。会社的にも辞めて欲しいだろう。 何より産休とるとしたら、ギ…

  • 子供いらなかった理由

    30歳過ぎたときに、子供一人くらいいてもいいかもなとは思ったけど なぜそう思ったかというと、周りの友達が皆結婚したらすぐ妊娠して子供作ってたから。 皆やってることは、自分もやった方がいいんだろうかと思うタイプ。 でも本当は子供作ることのデメリットしか感じてなかった。 あと、自分と母親の親子関係が良くなかったので、 同じことになったら嫌だなと思っていた。 負の連鎖は続くものだから。 孫を作ってしまったら、結婚して適度な距離感ができた親と また親密に付き合わなければいけない事も恐怖。 非常に過干渉な母親だったので、それがトラウマだった。 周りの人を見ていても、母と娘は上手くいかないものと感じる。 …

  • 子供いらないと思ってたけど妊娠したから産むことにした

    仕事辞めたら暇になるだろうし、ブログでも書こうと思ってたら もう辞めて2か月もたつ。私はこの2か月なにをやっていたんだろうか。 何もやってない・・・食べて寝てただけ・・・ぞっとする。 もともと、子供は全く欲しくなかった。 でも30歳過ぎた時に、1人くらいいてもいいかもな~と思った。 でも結局できなかったから たぶん私か夫かどちらかが不妊症なんだろうなと。 人と違うことに不安を覚える私は、できないと思うと、 子供いない人生を選択してもよいものだろうか、やっぱいた方がいいんだろうか、と悩んだ。 少子化とかいいながら私の周りは皆結婚したら子供産んでるし。 それも2人目、3人目まで。少子化って本当なの…

カテゴリー一覧
商用