プロフィールPROFILE

REONさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
れおんの言霊
ブログURL
https://reon-kotodama.com/
ブログ紹介文
これまでに観た映画を、物語を紡ぐようにネタバレなしであらすじ紹介しています。 手書きの挿し絵も交えてるので、お立ち寄りいただけると有り難やー。
更新頻度(1年)

21回 / 55日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2019/10/18

読者になる

REONさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(IN) 17,851位 16,595位 16,691位 15,693位 15,722位 14,863位 14,881位 980,478サイト
INポイント 10 20 10 10 10 10 20 90/週
OUTポイント 10 10 10 10 10 20 30 100/週
PVポイント 190 1,230 960 1,200 1,010 1,000 1,000 6,590/週
映画ブログ 48位 43位 43位 42位 44位 35位 36位 10,682サイト
映画あらすじ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 79サイト
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 35,017位 35,320位 36,833位 35,307位 35,344位 37,002位 38,639位 980,478サイト
INポイント 10 20 10 10 10 10 20 90/週
OUTポイント 10 10 10 10 10 20 30 100/週
PVポイント 190 1,230 960 1,200 1,010 1,000 1,000 6,590/週
映画ブログ 67位 71位 75位 68位 66位 76位 83位 10,682サイト
映画あらすじ 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 79サイト
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(PV) 3,353位 3,256位 3,334位 3,342位 3,437位 3,440位 3,291位 980,478サイト
INポイント 10 20 10 10 10 10 20 90/週
OUTポイント 10 10 10 10 10 20 30 100/週
PVポイント 190 1,230 960 1,200 1,010 1,000 1,000 6,590/週
映画ブログ 14位 14位 14位 14位 15位 16位 14位 10,682サイト
映画あらすじ 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 79サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、REONさんの読者になりませんか?

ハンドル名
REONさん
ブログタイトル
れおんの言霊
更新頻度
21回 / 55日(平均2.7回/週)
読者になる
れおんの言霊

REONさんの新着記事

1件〜30件

  • 【王になった男】映画のあらすじは?李氏朝鮮時代の宮廷歴史絵巻

    500年以上も続いた李氏朝鮮王朝。27人もの国王が君臨したこの王朝の歴史の中で、ある国王だけ史実に空白の期間があります。15年間の在位期間中、記録されなかった15日間。史実とフィクションを融合させ、李氏朝鮮王朝第15代国王・光海君とその影武

  • クリスマスに観たいおすすめ映画!身も心も凍てつくホラー15選

    いつしか恋人たちがイチャコラする日になったクリスマス。きっとサンタクロースはこう思ってるに違いありません。『聖なる夜にスプラッターな制裁を!(by.サンタ)』クリスマスだって怖いの観たい、そんなあなたにおすすめのクリスマスホラー映画15選を

  • クリスマスに観たいおすすめ映画!家族みんなで楽しめる15選

    街はすっかりクリスマス。イルミネーションで彩られ、一年で1番ワクワクする季節ですね。家族みんなで過ごすクリスマスにぴったりの、ハッピーな気分になれるおすすめクリスマス映画15選(プラスα)をお届けします。こまねこのクリスマス〜迷子になったプ

  • 【HACHI 約束の犬】忠犬ハチ公の実話を描いたハリウッドリメイク映画

    日本で最も有名な犬・忠犬ハチ公。東京・渋谷のスクランブル交差点を背に、駅を向いて佇む姿の銅像は、待ち合わせ場所のシンボルにもなっています。教授と1匹の秋田犬との出逢いと別れ。涙なくしては観られない、感動の実話をベースにリメイクされた映画【H

  • 【完全保存版】S・キング原作映画37作品ジャンル別まとめのまとめ

    ツッコミ入れたくなるB級ホラーから、世界中を虜にする名作まで。これほど執筆作品が映像化された小説家は他にいないであろうS・キング原作映画をまとめました。独断と偏見で8つのジャンルに分類し、簡単なあらすじや見どころをお届け中。こちらは特集一覧

  • S・キング原作映画特集〜ITなど正体不明・ブキミ系6作品〜

    モダンホラーの巨匠S・キングは、小説だけでなく《書くことについて》という自叙伝も出版しています。その中の一節にこんな文章が。「足りない部分は読者に想像してもらうことが大事」「読者が物語にのめり込み、文章を読んでることを忘れさせることが大事」

  • S・キング原作映画特集〜シークレットウィンドウなどミステリー系4作品〜

    謎が謎を呼び、広く張り巡らされた伏線。サスペンスやミステリーって、作家VS読者の深読み合戦、バトルのような気がしませんか?「あーー!そういうことか」という結末を迎えたとき、なんだかすごく負けた気になります。S・キング原作映画の中から、特に負

  • S・キング原作映画特集〜クリープショーなどオムニバス系3作品〜

    ホラーやスリラー映画の良さは「怖さ」を疑似体験できるところ。でも1本映画を観るためには最低でも1時間半くらい、長いものでは3時間くらいかかります。もうちょっと気楽にサクっとキングの世界観を楽しみたいんだけど…そんなあなたに捧ぐ、S・キング原

  • S・キング原作映画特集〜スタンドバイミーなど感動系4作品〜

    人間には怖いもの見たさという興味本位があります。おかげでホラー界は大盛り上がり、S・キングはその第一人者的なホラー作家です。…が、なにもグロい・怖い・ちょっとイカれた作品ばかりではございません。「キング=ホラー」の概念を覆す、怖いのダメな方

  • S・キング原作映画特集〜キャリーなど超能力・スリラー系4作品〜

    執筆作品がこれほど多く映像化された小説家は他にいないんじゃ…というほど著名なS・キング。そんな彼が世に羽ばたくきっかけとなったのは、超能力を持つひとりの少女の物語から。小説としても映像化作品としてもデビュー作となった《キャリー》を始め、S・

  • S・キング原作映画特集〜ダークタワーなどSF系4作品〜

    S・キング原作と言われる映画の中には、「へー。こんな世界観のもあるんだ」と思う作品もあったりします。…といっても原作そのままではなく、けっこう脚色されちゃったりしてますが。ホラーというより未来の世界、S・キング原作映画の中からSF系作品をピ

  • S・キング原作映画特集〜ミストやシャイニングなど7作品

    S・キング原作映画の中には、結末がモヤっとしたり救い難い陰鬱な作品もいくつかあります。歪んだ想い・やりきれない愛情・満たされる狂気。精神を病む系・人間の心理に潜む怖さを描いた7作品をお届けします。ミスト(2007)まずは後味の悪すぎる鬱映画

  • S・キング原作映画特集〜クジョーなど化け物クリーチャー系作品〜

    数々のヒット作映画の原作に用いられる、モダンホラー小説の巨匠スティーブン・キング。独断と偏見でジャンル分けし、化け物やクリーチャーが出てくるキング原作映画作品をピックアップしてお届けします。マングラー(1995)まず1発目の映画は、こんな最

  • ターミネーター時系列の順番は?最新作までのシリーズまとめ

    アーノルド・シュワルツェネッガーの代表作【ターミネーター】は、いつ観ても面白いSFアクション映画です。2019年11月8日には最新作も公開となり、どうやらシリーズとしては最終章になる模様。…ということで、最新作《ターミネーター/ニュー・フェ

  • 【アフターマス】ユーパーリンゲン空中衝突事故を題材にした衝撃の映画

    都市から都市へ、国から国へ。長距離移動が可能な飛行機は、最も事故率の低い輸送機関です。ただ、全く事故が起こらないわけではありません。航空史上最も凄惨と言われるユーパーリンゲン空中衝突事故をもとに、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で贈るヒ

  • S・キング小説ITはここから生まれた!?『3匹のやぎのがらがらどん』

    過去に1度TV映画化され、新たに2部作品の劇場映画化もされたS・キングの長編ホラー小説『IT』。実は有名な読み聞かせ民話から着想して作られた物語です。ということで、「REONさんのS・キングのインスピレーションは∞」をお届けします。S・キン

  • 映画アングリーバードの曲は?シーンごとに洋楽を厳選してご紹介

    世界中で大ヒットした、モバイルゲームのキャラたちが登場する3Dアニメ映画【アングリーバード】日本では映画作品に合わせて作ったオリジナル曲を挿入することが多いですよね。海外アニメ映画は上手いこと有名な洋楽をチョイスして、音楽でも作品を盛り上げ

  • 【アングリーバード】映画になったゲームの世界はトンでもなくトリッキー!?

    全世界でスマッシュヒットとなったモバイルゲーム「アングリーバード」の世界が3Dアニメ映画になりました。ゲームをプレイしたことがある方には「あ、あのキャラも出てる」というお楽しみがあり、ゲームそのものを知らなくても全く問題なくストーリーが楽し

  • ジョーカーが登場する映画まとめ。最新作を観るのに過去作チェックは必要?

    巷どころか全世界規模で世間を震撼させている新作映画《ジョーカー》ブームに乗って新作を観たいけど、過去のジョーカー出演作品も観ておいた方が良いのかな…ということで、過去作品を観てなくても大丈夫!を解説すべく、チョロっとうんちくも交えてジョーカ

  • ハロウィンに観たい映画のおすすめは?ドドーンっとまとめて一挙お届け

    今やすっかり秋の風物詩と化したハロウィン。毎年街はカボチャ色に染まり、10月31には仮装コスプレでお祭り騒ぎになりますね。秋の夜長にハロウィンっぽさを味わえる、ハロウィンに観たい映画を独断と偏見でドドーんとお届けいたします。【ハロウィンに観

  • 映画【IT】どっちが怖い?1990年版と2017年版の違いはココ

    S・キングの小説『IT』は、文庫本にして4冊にも渡る長編ホラー作品。1990年にはTV映画【IT】として制作され、その後2017年には【IT/"それ"が見えたら、終わり。】という長ったらしいタイトルの劇場映画としても制作

  • 【IT/”それ”が見えたら、終わり。】2017年のホラー映画

    人は誰しも不安を抱えて生きています。その不安から生じる恐怖、見えないものへの怯えと葛藤。"それ"と呼ぶしかない心理が具現化し、ピエロとなって襲いかかるS・キング原作ホラー映画【IT/"それ"が見えたら

  • 【ニューヨーク東8番街の奇跡】映画のあらすじは?和み系SFファンタジー

    UFO。それは遥か遠い宇宙からエイリアンを乗せて飛来する未確認飛行物体。…のはずが、突如現れたUFOはそれ自体がまさかの知的生命体でした。数々のSF大作を生み出すスティーブン・スピルバーグ総指揮、1987年公開のSFファンタジー映画【ニュー

  • 【フィッシュマンの涙】あらすじは意外に感動!シュールな魚男の生涯

    無駄にリアルな魚感。まんまる眼にプックリ唇のシュールな無表情から滲み出るのは、愛嬌と悲壮感です。ホラーな見た目もよくよく見ると被り物感満載、笑いも感動ももたらす2015年公開の韓国映画【フィッシュマンの涙】の世界へとご案内いたします。【フィ

  • 童話ヘンゼルとグレーテルのあらすじは?本当は怖いグリム童話の教訓

    映画【ヘンゼル&グレーテル】は、お菓子の家でお馴染みのグリム童話の後日談を描いた作品です。「あの兄妹がこんな大人になりました」という斬新な作品ですが、そもそもあの兄妹の元となった童話「ヘンゼルとグレーテル」を説明できるほど覚えていま

  • 【ヘンゼルとグレーテル】童話のその後を描いたダークファンタジー映画

    子供の頃から知っている童話には、夢と希望とちょっとの教訓、そして最後には幸せな結末が待っています。でもその後ってどうなったの?というのも気になるところ。お菓子の家でお馴染みのあの兄妹の15年後を描いたダークファンタジー映画【ヘンゼルとグレー

  • 【シャイニング】あらすじも怖いが顔も怖い!ネタバレなしで狂気を考察

    モダンホラーの巨匠として名高い小説家スティーブン・キング。どのシーンも絵画のようにインパクがあり、独特の映像演出で有名なスタンリー・キューブリック監督。2人の天才が生み出した、誰にでも起こりうる追い詰められた狂気を描いた名作映画【シャイニン

  • 【SF超人ヘラクレス】シュワルツェネッガーの原点は筋肉&ギリシャ神話

    アーノルド・シュワルツェネッガーといえば、肉体派アクションスターの代表とも言える超人。恵まれた体格に鍛え抜かれた筋肉で観客を魅了し、代表作が数多くあります。そんなシュワちゃんのデビュー作、いろんな意味で奇想天外な面白さ満載のSF?らしいアク

  • 【ブレンダンとケルズの秘密】トム・ムーア監督のケルト愛溢れる長編アニメ

    イングランドとウェールズの沖合にある小さな島国アイルランドには、今なお継承されている独自のケルト民族文化があります。そんなケルト民族文化を、地元愛たっぷりにアイルランドのアニメスタジオの監督トム・ムーア氏が長編アニメ化。2次元的な空間表現で

  • 【13日の金曜日】映画Part1のあらすじは?ジェイソン襲撃率0%

    不吉な日だと誰もが思う「13日の金曜日」それは毎年最低でも1回、多くて3回は訪れる恐怖の週末です。今やすっかりスプラッターな主人公として定着しているジェイソンのデビュー作映画、1980年公開の【13日の金曜日】の世界へとご案内いたします。【

カテゴリー一覧
商用