プロフィールPROFILE

MURYさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
石神・磐座・磐境・奇岩・巨石と呼ばれるものの研究
ブログURL
https://www.megalithmury.com/
ブログ紹介文
『岩石を信仰していた日本人』著者の吉川宗明のホームページ。神道・仏教・民間信仰でまつられた聖なる石。民俗学・考古学・文献史の狭間で忘れられた岩石信仰を歴史学的に研究。
更新頻度(1年)

8回 / 37日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2019/10/14

MURYさんのプロフィール
読者になる

MURYさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,428サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,200サイト
考古学・原始・古墳時代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 210サイト
史跡・神社仏閣 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 714サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,114サイト
民俗・民族学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 50サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,428サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,200サイト
考古学・原始・古墳時代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 210サイト
史跡・神社仏閣 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 714サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,114サイト
民俗・民族学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 50サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,428サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,200サイト
考古学・原始・古墳時代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 210サイト
史跡・神社仏閣 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 714サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,114サイト
民俗・民族学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 50サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、MURYさんの読者になりませんか?

ハンドル名
MURYさん
ブログタイトル
石神・磐座・磐境・奇岩・巨石と呼ばれるものの研究
更新頻度
8回 / 37日(平均1.5回/週)
読者になる
石神・磐座・磐境・奇岩・巨石と呼ばれるものの研究

MURYさんの新着記事

1件〜30件

  • 石巻山の岩石信仰(愛知県豊橋市)

    山腹を取り巻く巨岩の様子から名付けられた石巻山。山頂一帯に岩石信仰の場が残り、ダイダラボッチの民話や山の背比べ伝説のほか、修験道や神社祭祀の中で古くから神聖視されていた。

  • 「磐座の森」(岐阜県恵那市)

    旧・山岡町の山中に散在する磐座群を総称して公園化されている。考古資料、古文献記録、民俗儀礼の情報がなく歴史的価値は判断しにくい。

  • 山神遺跡/鍛冶屋の山の神(三重県伊賀市)

    現在も祭祀され続ける伊賀上野の山の神の巨石。巨石の前面から古墳時代の土師器片と推定される遺物が見つかっている。

  • 春日大社と御蓋山の岩石信仰(奈良県奈良市)

    春日大社に残る10か所の「磐座」と、神体山の御蓋山(春日山)に残る2か所の「磐座」についての記録まとめ。御蓋山山頂から南の紀伊神社、山頂から北の水谷川にかけての山中に石敷遺構が確認されているという。築造目的は不明。

  • 赤岩山赤岩寺の赤岩/大岩(愛知県豊橋市)

    山号の由来に当たると思われる「赤岩(大岩)」が寺裏山に存在。岩には石仏や祠が寄り集まり、岩石信仰が当寺の信仰要素の一端を彩っている。

  • 店内における岩石信仰

    日本全国のあらゆる種類のお店・企業内に置かれた岩石の分布図です。現代の岩石信仰から水石や盆石、コレクションまで。(売り物としての岩石は除く)

  • 三嶋大社の名石(静岡県三島市)

    三嶋大社には、三島七石のうち二石である「たたり石」「牛石」がある。七石とは別で「源頼朝・北条政子腰掛石」も残る。

  • 粟ヶ岳の地獄穴と磐座群(静岡県掛川市)

    古代からのランドマークだった粟ヶ岳。山頂に式内社・阿波々神社と磐座群がある。磐座群の中心には地獄穴と呼ばれる、地獄と現世の通り道の信仰が伝わる。

  • 吉備の中山、吉備津彦神社、吉備津神社の岩石信仰(岡山県岡山市)

    吉備津彦神社境内の環状列石、八島殿、忠魂碑台石、矢置岩、矢納宮石、岩山宮、金比羅、穴観音、鏡岩、八畳岩、環状石籬、お休み岩、元宮磐座、経塚、盗人岩、夫婦岩、不動岩、内宮石、影向石、S山山頂遺跡。

  • 堀秀道『宮沢賢治はなぜ石が好きになったのか』(どうぶつ社 2006年)を読んで

    鉱物学者の堀秀道氏が数々の雑誌に寄稿した鉱物と岩石に関する文章を1冊の本にまとめ、その中の一本をタイトルとしたもの。本ページでは岩石になぜ惹かれるのか、岩石と鉱物の違いについて、受け取り方の違いに注目。

  • 出雲大神宮の岩石信仰(京都府亀岡市)

    「元出雲」と呼ばれる丹波国一宮。禁足地・御蔭山の山裾~山麓に「磐座」など岩石信仰の事例が複数分布。

  • 内部の「なぞの石神」は現存した(三重県四日市市)

    四日市市の内部地区に「なぞの石神」として記録がとられた場所があった。最後に記録がとられてから約30年。地元での聞き取りと踏査で確認した情報を整理。四日市市文化協会『パッション』第65号収録記事の増補。

  • 「この人を知る 吉川宗明さん」(パッション第65号掲載)

    四日市市立文化協会インタビュー記事。「吉川さんはどのような活動をされているのか教えてください」「なぜ、石に興味を持ったのでしょうか?」「近くでおすすめの場所は?」「これからの目標は?」「別の仕事をされながら石の研究を両立されているコツは?」など。

  • 天乃石立神社と一刀石(奈良県奈良市)

    戸盤明神・戸岩谷神社・神戸岩神社。岩戸谷・後立磐・前立磐・前伏磐・きんちゃく岩・一刀石などの歴史を調査。天乃石立神社の成立と、一刀石との関係なども言及。

  • 花の窟神社(三重県熊野市)

    別称「般若の窟」「産立の窟」「隠れ窟」「オメコ岩」「大ハナ」。伊弉冉尊を葬る葬祭未分離の祭祀事例。白石の風習、王子窟、境内の丸石も紹介。

  • 夫婦岩/天狗岩/三間石山巨石遺構(奈良県生駒郡平群町)

    生駒スカイラインに、3体の巨岩を中心に大小の岩石群が集まる。巨石遺構説があるが遺物は見つかっていない。住吉大神が境に置いた「諍石」という『住吉大社神代記』の記述をこの石に当てる解釈もある。

  • 七つ石/剣研石(愛知県一宮市)

    日本武尊の剣研石と伝わるが、石の本来の用途は不明。川から持ってきたとも、古墳石材ともいわれ、元は別の場所にあったものともいう。

  • 酒見神社の磐船と御姿石(愛知県一宮市)

    倭姫命の旧跡として、天照大神に献じた神酒を醸した磐船、姿見をしたという倭姫命の御姿石(実見できない)が伝わる。

  • 貴志御霊神社の「夜なき石/茶臼石」「貴志のぬけ石」(兵庫県三田市)

    かつて貴志宮(貴志神社)と号した御霊神社境内に、祭礼の神酒を醸造したといわれる酒船石があり、これを夜なき石と呼ぶ。殿様に持っていかれたが石が泣いて元の場所に戻された。横並びする奇石が「抜け石」でおそらく開墾時に出土したもの。

  • 鈴鹿峠の鏡岩(三重県亀山市)

    別名「鬼の姿見」とも呼ばれる鏡肌をかつて誇った名所。鬼や山賊にまつわる民話から、神域として注連縄が巻かれていた記録もある。付近の茶畑から400点を越える土器片が出土しており関連が疑われる。

  • 赤岩大神(岐阜県養老郡養老町)

    小倉谷の谷間入口、川沿いに赤岩をまつる岩崖の奥之院があり、これを赤岩大神として社殿をまつる。社殿内や境内にも赤い石が奉献されている。

  • 梅宮大社のまたげ石・白砂・影向石(京都府京都市)

    境内に「またげ石」「影向石/熊野影向石/三石」「猿田彦大神・宇壽女命」が存在。白砂のお守りの授与や立派な百度石もある。

  • 宇治上神社の天降石/岩神さん(京都府宇治市)

    宇治上神社本殿の東隣に存在する霊石。岩石の上に、うず高く石つが積まれている。隕石説や、かつて何らかの社跡だった説がある。

  • 感神社(兵庫県三田市)

    千丈寺山の麓に鎮座。三田市に分布する感神社の一つ。社殿背後に岩盤があり、注連縄が巻かれている。

  • 磐神社(兵庫県三田市)

    祭神・磐筒男命。山・川・岩の自然環境に囲まれた神社。境内に二つのまつられた岩が存在する。

  • 石坐神山/石坐の神山/毘沙門堂(兵庫県姫路市)

    『播磨国風土記』に記された唯一の「石坐(いわくら)」。「座(くら)」と「在(います)」の関係を再考。当時の神々の住まい、宿り方、現われ方を教えてくれる示唆に満ちた場所。別称、毘沙門岩屋、有乳山岩屋寺、石蔵山万福寺。

  • 六甲比命大善神社/心経岩/雲ヶ岩/仰臥岩(兵庫県神戸市)

    2011年以降、セオリツヒメ(瀬織津姫)の聖地として知名度が上がっている巨岩群の基層を探る。「近年の後付け情報」と「旧来から伝えられてきた情報」に整理して今後の取り扱われかたに寄与できればと思う。

  • 越木岩神社と周辺の巨石群の諸問題(兵庫県西宮市)

    越木岩神社の甑岩、貴船社(雨乞社)、稚日女尊宮(北の座)、北に隣接するマンション建設予定地、北山公園の巨石群、目神山の巨石群の紹介と現在渦巻く諸問題について私感。

カテゴリー一覧
商用