searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

とまとさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
TSUTAYAで借りるおすすめ旧作DVD
ブログURL
https://www.tsutayadvd.xyz/
ブログ紹介文
旧作DVDを対象におすすめDVDを紹介していきます。知らないorちゃんと見たことない人が多い作品だとうれしいです。また、良いドラマ・映画は時が立っても色あせないと考えてますので、そんな作品を世代を超えて紹介できたらいいなと思います。
更新頻度(1年)

62回 / 353日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2019/10/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、とまとさんの読者になりませんか?

ハンドル名
とまとさん
ブログタイトル
TSUTAYAで借りるおすすめ旧作DVD
更新頻度
62回 / 353日(平均1.2回/週)
読者になる
TSUTAYAで借りるおすすめ旧作DVD

とまとさんの新着記事

1件〜30件

  • 日本アニメ(僕だけがいない街)作品情報/あらすじ/感想

    GW最終日。今回紹介するのは日本アニメの『僕だけがいない街』です。 (作品情報) 監督 伊藤智彦 原作 三部けい 公開日 2016年01月~ (あらすじ) 売れない漫画家・藤沼悟は、「再上映(リバイバル)」と呼んでいる特殊能力を持っていた。その能力は、直後に起こる「悪いこと(事件・事故など)」の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムリープしてしまうというものだった。ある日、上京してきた母が自分の部屋で刺殺されてしまう。母は過去に起こったある事件の犯人に気づいたようだった。容疑がかかった悟が逃げるさなか、リバイバルが発生する。戻った先は過去に自分の周囲で連続殺人が起こった1988年…

  • 日本アニメ(ヴァイオレット・エヴァーガーデン)作品情報/あらすじ/感想

    GWいかがお過ごしでしょうか。 私は食材の買い出し以外では家でAmazon Prime、NetFlixを見るの毎日です。さて、今回紹介するのは日本アニメの『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』です。 (作品情報) 監督 石立太一 原作 暁佳奈 公開日 2018年01月~ (あらすじ) 4年にわたる大陸戦争が終結し、戦時中「武器」と呼ばれ戦うことしか知らなかった少女兵ヴァイオレットは両腕を失いながらも生き残り自在に動く義腕(義手)をつけて病院で意識を取り戻す。退院した彼女の前に現れたのは、上官キルベルト少佐の友人ホッジンズであった。ヴァイオレットはキルベルト少佐に一刻も早く会いたかったが、今は会え…

  • 日本アニメ(銀河英雄伝説)作品情報/あらすじ/感想

    新型コロナウイルスの影響で休日も一日家で過ごされてる方も多いのではないでしょうか。そんな方々に今回紹介するのは日本アニメの『銀河英雄伝説(全110話)』です。 (4月からNHKで同じ作品が放送開始されましたね。こちらは全24話のようで物語の最後までは放送されないみたいです。) (作品情報) 監督 石黒昇 原作 田中芳樹 公開日 1988年~ (あらすじ) 遠い未来、人類は宇宙で大きく2つの勢力に分かれていた。皇帝と貴族が支配する銀河帝国、銀河帝国から脱出した共和主義者たちで建国された自由惑星同盟。両社の戦いは150年間に及び膠着を続けていたが、両陣営に若き天才戦略家、ラインハルトとヤンが登場し…

  • 海外映画(エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは海外映画の『エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE』です。 (作品情報) 監督 ジョゼ・パジーリャ 脚本 ジョゼ・パジーリャ 出演 ー 公開日 2010年10月08日 (あらすじ) 特殊警察作戦大隊(BOPE)隊長ナシメントと麻薬組織、腐敗した政治システムとの戦いを描いた社会派作品。リオにはびこる麻薬を根絶するため、ナシメント率いるBOPEはギャングの一掃を図る。その作戦は成功に終わったかに見えたが、空白地帯となったリオで新たに台頭したのは、腐敗した警官、政治による巨大な搾取システムであった。 // (感想) 作品タイトルやDVDカバーから大分損している作品というのが一…

  • 日本アニメ(アルドノア・ゼロ)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは日本アニメの『アルドノア・ゼロ』です。 (作品情報) 監督 あおきえい 脚本 虚淵玄、高山カツヒコ 脚本 大西信介、関根アユミ 公開日 2014年07月xx日 (あらすじ) 古代火星文明の超テクノロジー「アルドノア」を有する火星「ヴァース帝国」と地球が休戦してから10年以上経つ現在(2014年)。和平交渉のため地球に訪れた火星皇女のアセイラム・ヴァース・アリューシアは凱旋パレードの折、突如テロリストに襲撃される。生死不明の皇女の襲撃事件をきっかけに火星は圧倒的な技術力を背景に地球に対し宣戦布告する。しかしその事件は一部の火星人に仕組まれた罠であった。 // (感想) 火星、地球…

  • 海外映画(バイオハザード)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは海外映画の『バイオハザード』です。 (作品情報) 監督 ポール・W・S・アンダーソン 脚本 ポール・W・S・アンダーソン 出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 公開日 2002年08月31日 (あらすじ) 21世紀初頭。全米No.1の巨大複合企業のアンブレラ社は表向きは健全な医薬品会社を装う一方で裏ではラクーンシティの地下研究所「ハイブ」で、生物兵器T-ウイルスの研究を行っていた。ある日、T-ウイルスは何者かによって持ち出され、研究所の空調設備を通して研究所全体に蔓延させられてしまった。研究所はメインコンピュータ「レッド・クイーン」により完全閉鎖。閉鎖原因を調査に来たアンブレラ社の特殊…

  • 明けましておめでとうございます

    明けましておめでとうございます。 諦めていた年末一挙放送のノーサイドゲーム、年明けにやっていましたね。昨日、全話見終わりました。ほかの作品と似てると切り捨ててしまえばそれまでですが、私にとっては大満足の内容でした。この作品見てたらラグビーワールドカップは全然違う見方ができたかもしれません。 今年も一年間、映画にドラマにアニメに紹介していきたいと思います。どうぞよろしくお願いしますm(-_-)m。 //

  • TSUTAYAには店舗ごとにDVDレンタル割引クーポンが存在!

    今日はTSUTAYAのDVDレンタル料金に関するお話(その2)です。 ズバリ、TSUTAYAには 店舗ごとにDVDレンタル料金の割引クーポンが存在! DVD4枚千円プランあるけど、1枚250円は正直高いなぁという方は、自分の通うTSUTAYAの中に割引クーポン出してる店舗がないかチェックしてみてはいかがでしょう。 割引クーポンは期間限定でスマートフォンアプリのTSUTAYAアプリのクーポン(TSUTAYAクーポン)に載ることがあります。 TSUTAYAアプリ そこにはDVDレンタル料金割引のQRコードが載ります。私の通う福岡六本松の蔦屋では最近以下のクーポンが出てました。※見切れてますが201…

  • 日本映画(水の旅人 侍KIDS)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは日本映画の『水の旅人 侍KIDS』です。 (作品情報) 監督 大林宣彦 脚本 末谷真澄 出演 山崎努 公開日 1993年07月01日 (あらすじ) ある日、川辺で少年の悟が出会ったのは一寸法師のような身長の小さな侍、墨江少名彦(すみのえのすくなひこ)(=山崎努)だった。水源から海を目指し川を旅してると語る少名彦は弱った体の療養のため一時、悟の家に居候する。少名彦から勇気や礼節、自然との向き合い方を学んだ悟は人として大きく成長していく。 // (感想) 環境問題(水質汚染)、少年と小さな侍の師弟愛をテーマにした奥深い内容の作品でした。子供の時に映画館で見た作品で、あれから26、2…

  • 次見る予定の映画(「水の旅人 侍KIDS」)

    こんばんわ。 いきなりですが、昨日、池井戸潤 原作のドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」を見終わりました。 ドラマは基本的に見ないのですが、たまたま見た日曜ドラマの「陸王」に感動して以降、映画の合間に「陸王」(=年末一挙放送を録画したもの)、「下町ロケット」、「下町ロケット2」、「半沢直樹」、「七つの会議」、「ルーズベルトゲーム」と4ヶ月間かけて大体の作品を見ることができました。内容は正直、似通ってる部分があると感じましたが、どの作品も熱血で、役者良し、話は痛快、善悪の構図がわかりやすい、と人気作品はさすがだなぁといった感じです。 やっと世間に追いついたと大満足でこの記事を書いてますが「ノーサイド…

  • 日本映画(LIAR GAME ザ・ファイナルステージ)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは日本映画の『LIAR GAME ザ・ファイナルステージ』です。 (作品情報) 監督 松山博昭 脚本 黒岩 勉、岡田道尚 出演 松田翔太、戸田恵梨香 公開日 2010年03月06日 (あらすじ) プレイヤー同士のだまし合いによりマネーを奪い合うライアーゲームの決勝戦。決勝戦で争われるゲームは金、銀、赤のりんごを各プレイヤーが投票し多数決をとる「エデンの園ゲーム」。ゲームのテーマは「信じあう心」で全プレイヤーが互いを信じることができれば容易にしかも確実に大金が手に入るという。しかし、決勝進出者の中には、最強の刺客「プレイヤーX」が姿を潜めていた。 // (感想) たぶん3回くらい見…

  • 海外映画(インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは海外映画の『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』です。 (作品情報) 監督 ニール・ジョーダン 脚本 アン・ライス 出演 トム・クルーズ、ブラッド・ピット 公開日 1994年12月10日 (あらすじ) 「私はヴァンパイアだ」 20世紀末、とある建物の一室でライターのマロイがインタビューしたのはヴァンパイアを名乗るルイ(=ブラッド・ピット)だった。ヴァンパイアに興味・あこがれを抱いたマロイはルイにヴァンパイアの魅力を語ってもらおうとするが、ルイはその愚かさ諭すように、自分がヴァンパイアになりこれまで歩んできた200年間について語りだす。 // (感想) 昔一度だけ見た作品でトム・…

  • 日本映画(残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは日本映画の『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』です。 (作品情報) 監督 中村義洋 脚本 鈴木謙一 出演 竹内結子、橋本愛 公開日 2016年01月30日 (あらすじ) 「私」(=竹内結子)は読者の恐怖体験の手紙を元に短編を連載している小説家。心霊現象については否定的。そんな「私」のもとへ部屋からサッ、サッと箒で掃くような奇妙な音がすると訴える女子大生 久保(=橋本愛)からの手紙が届く。妙な既視感をおぼえ興味を持った「私」は久保に連絡を取り一緒に調査を開始する。するとマンションの他の部屋からも奇怪な情報が出て来る。さらに調べていくとその土地で過去、さまざまな事件が起きてい…

  • 日本映画(ぼくは明日、昨日のきみとデートする)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは日本映画の『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』です。 (作品情報) 監督 三木孝浩 脚本 吉田智子 出演 福士蒼汰、小松菜奈 公開日 2016年12月17日 (あらすじ) 京都の美大に通う学生の南山高寿(=福士蒼汰)は、通学電車の中で出会った福寿愛美(=小松菜奈)に一目惚れする。勇気を振り絞って声をかけ、別れ際に「また会える?」と聞くが、それを聞いた彼女は突然涙を流し抱き付いて来たのだった。やがて二人は付き合いだしこれからすべてがうまくいくはずだったのだが・・。 「わたし、あなたに隠していることがある・・」 初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像もできなかった大きな秘密を明…

  • 日本映画(神様はバリにいる)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは日本映画の『神様はバリにいる』です。 (作品情報) 監督 李闘士男 脚本 森ハヤシ 出演 堤真一、尾野真千子 公開日 2015年01月17日 (あらすじ) クロイワ・ショウが執筆したエッセイ『出稼げば大富豪』に登場するバリ島に住む大富豪の「兄貴」こと丸尾孝俊がモデルの映画。婚活ビジネスで多額の借金を抱えた照川祥子(=尾野真千子)は、日本から逃げるようにバリへ行き、そこで「兄貴」(=堤真一)と出会う。変な風貌の「兄貴」がバリ島に住む大富豪と知った照川は、「兄貴」に成功の秘訣を伝授してもらおうとする・・。 // (感想) 原案がハウツー本ということで、成功哲学的なものを中心にした映…

  • 海外映画(仮面の男)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは海外映画の『仮面の男』です。 (作品情報) 監督 ランダル・ウォレス 脚本 ランダル・ウォレス 出演 レオナルド・ディカプリオ 公開日 1998年08月08日 (あらすじ) ルイ14世の時代。かつてのフランス英雄の三銃士アラミス、アトス、ポルトスは現役を退き、彼らと友情を交わしたダルタニアンは現在は銃士隊長として王に仕えていた。ルイ14世は圧政を敷き、貧困に喘ぐ国民を顧みない類稀な暴君であった。そんな中、三銃士のアラミスは、ルイ14世により地下牢に鉄仮面をかぶらされ幽閉された双子の弟フィリップの存在を他の三銃士に語り、彼らとともに王の入れ替えを計画するのであった・・。 (感想)…

  • 海外映画(デビル)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは海外映画の『デビル』です。 (作品情報) 監督 アラン・J・パクラ 脚本 ケヴィン・ジャール 出演 ハリソン・フォード 出演 ブラッド・ピット 公開日 1997年04月05日 (あらすじ) フランシス・マグワイヤー(=ブラッド・ピット)は、8歳のとき目の前でIRAシンパである父親をイギリス人に殺され、それがきっかけで自身がIRAの活動家となる。大人になったフランシスはある時、政府軍に対抗するため、携帯式防空ミサイルシステム(スティンガー)を手に入れようとIRAシンパであるフィッツシモンズ判事の手引きのもとニューヨークで警官トム・オミーラ(=ハリソン・フォード)の家に下宿すること…

  • 映画のまねして裁判所に行ったら休みだった。

    本日は朝から福岡 六本松のTSUTAYAで読書しその後、すぐ近くの裁判所に行ってみました。 www.tsutayadvd.xyz 結果はタイトルの通りお休みでした。守衛さんのお話では土日祝日はお休みとのこと。役所ですからね、当然かぁ。すぐそばの検察庁も閉まってたのでそこで気づけばよかった。勉強になりました。 (スポンサーリンク)

  • 海外映画(セブン)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは海外映画の『セブン』です。 監督 デヴィッド・フィンチャー 脚本 アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー 出演 モーガン・フリーマン 出演 ブラッド・ピット 公開日 1996年01月27日 (あらすじ) 退職を間近に控えたベテラン刑事サマセット(=モーガン・フリーマン)と若手刑事ミルズ(=ブラッド・ピット)はある死体発見現場に急行した。死体は信じられないほどの肥満男であり、彼は食べ物の中に顔を埋めて死んでいた。次の被害者は弁護士のグールドで高級オフィスビルの自室で血まみれになって殺されていた。現場には被害者の血で「GREED(強欲)」の文字が残されていた。サマセットは肥満男の殺害現…

  • 海外映画(アメリカン・スナイパー)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは海外映画の『アメリカン・スナイパー』です。 監督 クリント・イーストウッド 脚本 ジェイソン・ホール 出演 ブラッドリー・クーパー 公開日 2015年02月21日 (あらすじ) イラク戦争に4度従軍したクリス・カイルが著した自伝をもとにした物語。テキサス州に生まれ、厳格な父親から狩猟の技術を仕込まれながら育ったクリス・カイルは30才の時、アメリカ大使館爆破事件をきっかけに海軍シールズへ志願する。私生活でも恋人タヤと共に幸せな生活を送るカイルであったが、間もなくアメリカ同時多発テロが起こり、カイルにスナイパーとして戦地への派遣命令が下るのであった。 (感想) 戦争に行く度に心を病…

  • 日本映画(るろうに剣心)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは日本映画の『るろうに剣心』です。(全3作品) 監督 大友啓史 脚本 藤井清美 出演 佐藤健 公開日 2011年08月25日 (あらすじ) 幕末の動乱に揺れる京都で「人斬り抜刀斎」の異名で数々の幕府要人を暗殺し恐れられていた剣客・緋村剣心(=佐藤健)は、明治維新後、「不殺(殺さず)」の誓いを立て、明治の世を流浪人として生きていた。旅の途中、剣心は神谷道場の師範代・神谷薫を助けたことがきっかけで道場で居候する事になる。一方、街では「人斬り抜刀斎」の名を騙った辻斬りが横行していた。 (感想) 少年ジャンプで大人気漫画の実写版と言うことで当時この漫画が好きだった私にとっては幻滅させられ…

  • 日本アニメ(ジョーカー・ゲーム)作品情報/あらすじ/感想

    今回紹介するのは日本アニメの『ジョーカー・ゲーム』です。(全12話) 原作 柳広司 監督 野村和也 脚本 岸本卓 公開日 2016年04月~ (あらすじ) 昭和12年秋、陸軍内部の強い反対の中、結城中佐によってスパイ養成を目的とするD機関が秘密裏に設立された。参謀本部から監視の密命を受け、D機関に赴いた佐久間中尉が目にしたのは超人的な選抜試験を平然とくぐり抜けた若者たちだった。スパイマスターである結城中佐と彼らによる暗躍が始まる。 (感想) スパイ機関を題材にしたアニメで、D機関とターゲットとの手に汗握る頭脳戦、心理戦に重きを置いた大人の極上ミステリー的な作品です。 先日、TSUTAYAで実写…

  • 日本ドラマ(宇宙の仕事)

    今回紹介するのは日本ドラマの『宇宙の仕事』です。(全10話) 監督 福田雄一 脚本 福田雄一 出演者 ムロツヨシ、菅田将暉 出演者 賀来賢人、佐藤二朗 公開日 2016年09月18日 (あらすじ) ある日突然、地球を守るために集められた6人の男女。彼ら地球防衛軍に課せられた使命は月に建てられたスペースピットで地球侵略に来た宇宙人の『説得』であった。まとまりなし、使命感もなし、私生活優先でモチベーションも低い6人は、はたして地球を守れるのか? (感想) 監督、出演者の面々を見て頂ければどんな内容か想像出来るかと思いますが、ざっくり言うと勇者ヨシヒコシリーズをさらに質素にしたコメディ作品です(なの…

  • 海外映画(パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー)

    今回紹介するのは海外映画の『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』です。 監督 トム・シャドヤック 脚本 スティーヴ・オーデカーク 出演者 ロビン・ウィリアムズ 公開日 1999年03月20日 (あらすじ) クラウンドクターの先駆けとして実在するパッチ・アダムスが医師を志し医師になるまでを描いたストーリー。自殺未遂の果て、自らの意志で精神科に入院したアダムス(=ロビン・ウィリアムズ)はそこで患者とのコミュニケーションによる心のケアの重要性を知り、自らが患者に寄り添う医師になることを決意する。それから2年後、ヴァージニア大学の医学部に入学したアダムスは夢に向かって歩み始める。 (感想) ロビン…

  • 海外映画(ダークナイト)

    今回紹介するのは海外映画の『ダークナイト』です。(バットマン3部作の2作品目) 監督 クリストファー・ノーラン 脚本 クリストファー・ノーラン 出演者 クリスチャン・ベール 公開日 2008年08月09日 (あらすじ) バットマンことブルース・ウェイン(=クリスチャン・ベール)は地方検事デント、ゴッサム市警のゴードンと協力しゴッサムシティから犯罪をなくすため日々活動を続けていた。そんなある日、ピエロの仮面をかぶった一団による銀行強盗事件が発生する。この一団は銀行強盗の傍ら仲間同士で殺し合いをはじめ、ついに一人だけになってしまった。その男は『ジョーカー』を自称する後にバットマン達の強敵となる男だ…

  • 海外映画(バットマン・ビギンズ)

    今回紹介するのは海外映画の『バットマン・ビギンズ』です。(3部作の1作品目) 監督 クリストファー・ノーラン 脚本 クリストファー・ノーラン 出演者 クリスチャン・ベール 公開日 2005年06月18日 (あらすじ) ブルース・ウェイン(=クリスチャン・ベール)は子供の頃に両親とオペラに行った帰りに路上で強盗に両親を殺害される。それから14年の月日が経ち、大人になったブルースは汚職と腐敗の蔓延したこのゴッサム・シティでは正義や個人の力など何の意味も持たないことを痛感し超人的な力を追い求める。そしてブルースは、自身の恐怖の象徴たるコウモリの姿をしたバットマンとなり悪に立ち向かうのであった。 (感…

  • 日本映画(裁判長!ここは懲役4年でどうすか)

    今回紹介するのは日本映画の『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』です。 監督 豊島圭介 脚本 アサダアツシ 出演者 設楽統(バナナマン) 公開日 2010年11月06日 (あらすじ) ライターの南波タモツ(=設楽統)は裁判映画の脚本を書くために生まれて初めて裁判所へ傍聴に訪れる。傍聴に来たのはいいものの裁判所、法廷は分からないことばかり。そんなタモツは傍聴席で知り合った傍聴マニアたちと親睦を深めつつ、さまざまな裁判を傍聴し続けるのであった・・。 (感想) タモツ(=裁判所、傍聴にまったく縁が無い人)の裁判所での勝手の分からなさがリアルに表現された作品でした。この作品を見ると「一度、傍聴に行ってみ…

  • TSUTAYAのDVDレンタル料金はお店ごとに違う!

    今日は旧作DVDの紹介とは違うお話です。 ズバリ、 TSUTAYAのDVDレンタル料金はお店ごとに違います! 私が通うTSUTAYAは以下のどちらかですが、この2店は旧作DVDのレンタル価格が異なります。 TSUTAYA 天神ショッパーズ福岡 (旧作300円) 六本松 蔦屋書店 (旧作100円) 新作や準新作を一緒に借りる場合はDVD4枚千円プランがあって気になりませんが、アニメやドラマなどDVD数枚の作品を借りる人、旧作に絞って借りる人にはこの差は大きいです。もしも旧作100円でレンタルできないTSUTAYAに行く方は、近くに別のTSUTAYAが無いか調べてみてはいかがでしょうか。

  • 海外映画(グッドナイト・ムーン)

    今回紹介するのは海外映画の『グッドナイト・ムーン』です。 監督 クリス・コロンバス 脚本 ジジ・レヴァンジー 出演者 ジュリア・ロバーツ 出演者 スーザン・サランドン 公開日 1999年04月10日 (あらすじ) イザベル(=ジュリア・ロバーツ)はニューヨークで活躍している女性カメラマン。ある日彼女は弁護士のルークと恋に落ち彼と同棲することになる。しかし彼には前妻ジャッキー(=スーザン・サランドン)との間に二人の子供がいた。子供のことで対立するイザベルとジャッキーであったが、ある出来事により彼女たちの運命は大きく変わろうとしていた。 (感想) 生みの親と育ての親となる2人の母親の対立、葛藤を描…

  • 日本映画(寄生獣)

    今回紹介するのは日本映画の『寄生獣』です。2部構成の作品です。(第2部は『寄生獣 完結編』) 監督 山崎貴 脚本 古沢良太 出演者 染谷将太、深津絵里 公開日 2014年11月29日 (あらすじ) 人間の頭部を乗っ取りその肉体を支配しながら他の人間を捕食する新種の寄生生物が多数出現した現代日本で、主人公の泉新一(=染谷将太)はその寄生生物(自称:ミギー)に右腕をのっとられる。そこから新一とミギーの奇妙な共生生活が始まる。新一は人と寄生生物が共生する稀なケースとして、ミギー、寄生生物、人間と関わる中で人として大きく成長する。 (感想) CG、VFXの技術でリアルな寄生生物の動きが描かれたアクショ…

カテゴリー一覧
商用