searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

しょうキャットさんのプロフィール

住所
福岡市
出身
未設定

2016年からルアーシーバスにはまってしまい、2017年には禁断の オフショアにも手を出してしまいました。釣りは自分にとって知的好奇心を 満たしてくれる数少ない貴重なものだと思っています。 2019年8月より意を決して釣りブログをはじめました。 文才がないので毎回必死ですが、楽しんでいただけたら嬉しく思います。

ブログタイトル
デッドオアアライブ釣行記
ブログURL
http://catcall88fish.com/
ブログ紹介文
福岡市長浜にあるざうお天神店で働いています。オフショア釣り人応援プロジェクトをやっており、日本でも数少ないあなたの釣った魚を料理する釣りブロガー。 自身も博多湾シーバスや福岡近海オフショアをやりながら感じた事をブログにしてます。
更新頻度(1年)

41回 / 210日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2019/09/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しょうキャットさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しょうキャットさん
ブログタイトル
デッドオアアライブ釣行記
更新頻度
41回 / 210日(平均1.4回/週)
読者になる
デッドオアアライブ釣行記

しょうキャットさんの新着記事

1件〜30件

  • 釣り用のフォールディングナイフ買ってみた

    買っちゃった。。自分の好きな物って購入して眺めるだけで得も言われぬ高揚感みたいのないですか?ロッドを見てはハァハァ・・リールを見てはハァハァ・・刃物を見てはハァハァ・・嫁を見てはハァ・・(ここはため息)目安として刃渡り6センチ以内できちんとしたメーカーで、知

  • ナイフを研ぐのにあう砥石

    キャンプ、ブッシュクラフト、釣りでナイフを使う方は多いと思います。その種類はバック、オピネルなどの折り畳みタイプ、所謂フォールディングナイフからバークリバーやモーラなどのブッシュクラフトナイフまで様々です。今は箱だしの時点である程度の刃付けがしてある物が

  • オフショア青物ジギング

    この釣行はあるアクシデントによって久しぶりのオフショアなのに中々の苦行を強いられる羽目になりました。釣行日の前日に船長から連絡があり、朝はまだウネリが残ってそうなんで8時出船に。ちなみに前日の釣果はボチボチ青物も釣れ、タイラバでも根魚やアマダイが釣れたので

  • 磯ヒラへの道⑤ーベイト探し編ー

    今回は新規開拓ともうひとつベイト探しという目的を持って下見をしました。あっ、この「磯ヒラへの道」シリーズは都市部のシーバスとオフショアを少しかじってる程度のアングラーが単独でポイントの開拓から感動の一匹を手にするまで続く予定です。今はまだまだパズルを埋め

  • エクストリーム恵方巻

    毎年お店で恵方巻をやっております。一説には大阪が発祥ともいわれていますが、縁起物だしとお店でやり始めてもう10年くらいはたつでしょうか?ありがたい事にぼちぼち注文いただくので恒例行事になってます。まぁ、正直昨今のもう何でもアリのやり方には疑問を覚えますが、

  • 礒ヒラへの道④-下見編ー

    かの鉄人、松岡豪之氏は言う「この釣りは釣り歩くんじゃなくて、 もはや歩き釣りですもんね。」その性質上回遊を待つ釣りではない。ヒラスズキのいる所に自ら動く。他の先達の磯ヒラアングラーもやはりそうであるように、この釣りは足労をかける釣りである。。という事にも

  • 礒ヒラへの道③-タックル編ー

    安全装備については取り合えずのスタートラインに立てたかなと思います。前回記載していませんでしたが、偏光サングラスとフルフィンガーグローブはすでに所持してます。次はタックルです。1人で一から磯ヒラスズキを始めるにあたりはじめての一匹に出会うまで・・・そもそも

  • 礒ヒラへの道②ー安全装備編ー

    礒ヒラをやる為にまずはそれをやる資格を得ねばなりません。兎にも角にも安全面の装備をまずは見直すという所からはじめています。釣り歴でいっても、腕でいってもまだまだの私ですが、荒れた磯場がどういう物なのかはなんとなくですが想像がつきます。厳密に言えばやがて現

  • 大潮メバリングシーバス

    釣りをしだして程なくしてから忘備録としてつけだした釣行日記。過去の釣行日記を見直しても釣果の実に8割が大潮、大潮後の中潮に集中している。前中潮も悪くないはずですが自分はあまり良い思い出がありません。干満差が最大で2mくらいの博多湾ではやっぱり潮が動く日に魚

  • 磯ヒラへの道①

    ルアーフィッシングを始めて4年目に突入しました。陸っぱりシーバスからはじまり、エギングや根魚系、ヒイカにも挑戦しました。オフショアも気が付けばジギング、キャスティング、SLJ、エギング、タイラバまぁ節操のない感じで幅を広げてます。渓流をかじった時期もありま

  • 新年オフショア1発目

    正月はゆっくりしようと思ってたんですが諸事情により2日に出撃してきました。今年は水温が高めでブリの入りが遅いと聞いとります。例年ならたしかサンマが入ってきだしてそれについてたような記憶がありますが、代わりに活性が高いのがサワラとかヤガラとか。ほんと今シーズ

  • 仕事納め

    30日で営業自体は終わり、2日までお店はお休みですが、自分の中ではまだ終わっていません。一年間酷使したこいつらを手入れしてようやく終わり。年末のバタバタした動きの中では集中してやれないのと、包丁を研ぎながらこの一年を振り返ったりしてるので、毎年誰もいない厨房

  • ティップランの餌木は専用でないといけないの?検証

    疑問に思っている事がありました。ティップラン用の餌木と通常の餌木って何が違うの?自分のイカ歴は今年の春のエギングからでその後ケンサキ狙いのイカメタル、夜焚き、秋のエギングを経験し、今冬のティップランを経験中で、トータルの釣行数も10回くらい。イカ釣りの世界

  • オフショア2日目ティップランエギング

    前日のジギングは時化の為中止に。今日は人生2回目のティップランエギングです。実はここ2,3年九州北部地域ではイカの不漁が続いています。春のエギングで爆釣したよ、夏の夜炊きでケンサキクーラーパンパンよ、という釣り人目線からするとにわかに信じがたいでしょうが、我

  • 福岡近海オフショア2デイズ1日目

    飲食店の繁忙期。もうこれは宿命なので覚悟はしてたけど、今年は想像の斜め上をいってました。長かった・・・年末のバタバタを前に少し余裕ができたので、約2ヶ月ぶりのオフショアです。今回は2デイズ予定で初日はジギングです。時化ない事だけを祈りながらタックルの準備

  • 爆風のちメバリング、雨のちシーバス

    風速10m、時折雨、冬の博多湾奥。釣りのやりずらさや、期待値を考えてもある程度の経験値を持っているアングラーなら普通は行かない。前日の雨で濁りが入っているとしても大潮後の中潮最終日だったとしても普通は行かない。けれども満足に釣りに行けてない日々が続

  • からすみの作り方

    日本三大珍味のひとつ、からすみ。ボラの卵巣を塩漬け、塩抜き、天日干しで乾燥させた物。形状が中国伝来の「唐墨」に似ている事からそう呼ばれる。ー民明書房刊 「漢のからすみ」よりー今日はからすみの作り方をご紹介しようと思います。あらかじめ断っておきますが半分自

  • 3年目の16セルテートとシーバスリール遍歴

    私のシーバスリール遍歴は①中学生の時使っていたリョービの古いやつ (画像なし)安易な考えでシーバスをやり始めた頃です。当然道具にも無頓着で、手持ちである物を使っていました。巻いてあるラインも当時のナイロンのままという、今考えれば恐ろしい事ですが、当時は何

  • 博多湾ヒイカチャレンジ

    ある日、アルバイトのエギングマスターGくんが尋ねてきた。Gくん 「ヒイカはやらないんですか?今ちょうど    入って来だしてポツポツ釣れてますよ」俺「ヒイカ?あのこまいイカやろ?  やった事ないけど、当たりとれんの?」Gくん「エギングの感覚でい

  • 成長と反省の一年、そして冬の釣り

    なまじ釣行頻度が高いと少し釣りから遠のくだけで全然わからんくなりますね。なんか今年は全然ハイシーズンを満喫できずに終わりそうです。上の写真はいつやったかな、たしか4月の後半に一人釣れるまで帰れま10をやった時のもの。泣きランカー?1年スパンでいえばアフタ

  • シーバスタックルでメバリングはできるのか?検証

    この前離島遠征をした時、実に十年以上ぶりにメバリングをやった。メバル、アラカブ等の根魚類のバイトは体型に見合わないあの大きな口を使ったシーバスと同じ吸い込み型の捕食をするので割とわかりやすいのが多いなと改めて感じた。落ちパクでラインが止まるパターンを除け

  • 初のお泊り離島遠征

    雑多な日々に追われ釣行頻度が落ちていく。心は悲鳴を上げていた。釣りだ。釣りに行くんだ。湾内シーバス?近海オフショア?違う、まだやった事のない釣りをしよう。お泊り釣行はやった事ないな。渡船でどこか沖磯に乗って泊まるか・・うーん・・どうしよっかなー。あっ!そ

  • 飲食店が釣った魚の持ち込みを断る理由

    公私混同はしたくないのでもうお店の事は書かないとかこの前言ってたばかりですが舌の根も乾かないうちに記事にしようとしてます。昭和世代の自分には某政治家が言っていた「記憶にございません・・」というフレーズが昨日の事のようにフラッシュバックしています。自分がこ

  • 葛藤の日々

    今年は10月くらいから仕事が鬼モードに入ってしまいました。恐らく釣りをはじめた3年前から遡っても過去最高に釣りから遠のいてます。飲食店の宿命です。よし!今度の休みは船に乗ろう→台風で中止ここだ!この休みしかない→時化で中止なら仕事終わってシーバスだ!→翌

  • 魚を扱う人間が考える熟成を前提にした魚の処理

    今回は魚の血や内臓の画像が多く登場します。この記事のテーマにこれらを排除する事は沿わないと判断しそのまま掲載しています。ご留意ください。    壮大にして非常に奥の深いテーマです。私も釣りをするようになって特に意識するようになり、船上での処理も含めて検証

  • オフショア釣行で自分が必須だと思う小物ベスト3

    オフショアでタックル以外でオールシーズンいつでも出番があって、自分が使ってこれはやっぱ必須よね。っていうものを紹介します。第1位 tarex偏光サングラス自分も最初は安い3000円くらいのやつとか眼鏡の上からかけれるオーバーグラスとか使ったりしましたが、最後は

  • 上げ狙いのシーバスデイゲーム

    上げ狙いの回遊待ちのデイゲームでキャストを繰り返していた。入ってくるなら、そろそろかなというタイミングでちらっと足元を見た。ランカー級のシーバスがめちゃめちゃいた。入ってきたコノシロについているようでバンバン捕食しているのが偏光サングラス越しに見えた。捕

  • 小遣い1万の恐妻家が買い物上級者になる為にその②

    物欲のまま買い物を続け月1万の小遣い制になった私がまず取り組んだのはお小遣いの底上げ。さすがにこの金額はきつすぎる。自分の場合はこの金額の中に飲み事や、日常生活に自分が使う物の購入やら全て込みなのでなおさらです。よめ・・魔王の機嫌をとって小遣い上げると言

  • 小遣い1万の恐妻家が買い物上級者になる為にその①

    釣りに出会うまで物欲が全くなかった私。欲しい時にお金をもらうシステムだった我が家は私が釣りに出会い物欲の権化となった事で状況が一変しました。ー釣りを始めてほどなくー俺「釣りを真面目にやりたいんよ、やっぱ道具は大事やん? 中学の時使いよった投げ竿と巻いたら

  • 潮が悪い時の立ち回り

    シーバスフィッシングを始めて程なくしてからずっと釣行日誌をつけています。年間釣行日数は1年目340日2年目300日3年目200~250日ペース大潮、小潮、若潮、雨、強風、クリスマス、正月、お盆とにかく行ける日は全部行った、1日中やったりもした。釣れた日も

カテゴリー一覧
商用
読者になる