chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
服池板
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/08/17

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 【書評】忘れる読書 落合陽一 PHP 新書

    今週のお題「人生変わった瞬間」 それは、読書です。読書をするたびに人生が変わっています。落合陽一さんも読書で人生が変わった人の1人だと思います。落合さんが読んできた本を通じて、これからの人生に必要な考え方を教えてくれるというすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 この本は、落合陽一さんが今の落合陽一さんにどうやってなったのか、ということがよくわかる本です。 様々に思考するためには、それぞれの思考の材料となる知識が必要です。 知識はボーっとしていて、勝手に身に付くものではありません。 知識を得るた…

  • 【書評】京大院卒経済アナリストが開発! 収入10倍アップ 高速勉強法 馬渕磨理子 PHP

    今週のお題「防寒」 懐が寒いと凍えてしまいますね。あなたは、この冬ではなく、人生が凍えない準備はできているでしょうか?人生で凍えない為に、収入が10倍アップする勉強法を教えてくれるというすんごい本を紹介します。 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 経済アナリストが、収入を増やす勉強法を教えると言うと、なんだがギラギラした感じがしませんか? この本の著者は、「元からできる人間で、庶民のみなさんとはデキが違います」というタイプの人ではございません。 ご本人は、学生時代も努力はしていましたが、社会に出てその努力が全く役に立たなか…

  • 【書評】才能の科学 マシュー・サイド 河出書房新社

    今週のお題「わたし○○部でした」 高校時代は吹奏楽部でした。音楽が苦手だったので、音符が読めると良いなと思って入ったのがきっかけです。ホルンを担当しました。楽器に対する才能がないので、上手くなるはずないやろーと思っていましたので、予想通りの結果でした。しかし、結果とは、苦手とかそういうものではなく、どれほど努力したのかで違う、という事を教えてくれるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 本書の著者は、「失敗の科学」や「多様性の科学」でベストセラーを獲得したとても著名な方です。 この人は、卓球のオ…

  • 【書評】ディストピア禍の新・幸福論 前野隆 プレジデント社

    今週のお題「やる気が出ないときの◯◯」 やる気が出ない時こそ、やる気が出る読書ですね。面白い本を読むと、ジワジワとやる気が出てきます。少なくとも、もっと本をよむぞ!となりますが、本来やりたかった事ができるかは別です。(笑) でもそれだけ、夢中になれる本があると幸せですね。今はコロナ禍で、みなさんの希望が消沈気味だと思います。そんな中、みなさんが幸せになるため方法を教えてくれるすんごい本を紹介します。 【1.本書の紹介】 幸せについて書かれた本は古今東西、たくさんあると思います。 将来の幸せは、人生の目的であると捉え過ぎた為に、目の前にある小さな幸せや、ちょっとした喜びが制限されたり、犠牲になっ…

  • 【書評】なぜか惹かれる言葉のつくりかた 能勢邦子 サンマーク出版

    今週のお題「地元自慢」 現在の私の地元は京都です。京都と言えば神社仏閣が有名ですね。そして、京都言葉の「~どす」「~どすえ」なんて言葉も自慢の1つです。私はめったに使いませんが。(笑) 今回は、そんな惹き付けられる言葉のつくりかたを教えてくれるというすんごい本ほ紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関係書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 本や雑誌を読む人は減っているそうですが、それでも文字自体を読む機会は減っていないと思います。 ネットニュースを見てもやはり文字が書かれているので、それを読まないと意味が理解できませんよね。 そこで、重要になって…

  • 【書評】問題解決力を高める「推論」の技術 羽田康祐 フォレスト出版

    今週のお題「カバンの中身」 カバンの中身はもちろんコレ!この本を入れています。 カバンの中に入れているだけで問題解決できたらいいのですが、そんなうまい話はないようです。(笑)現代は、正解のない時代だと言われています。そんな時代に、確かに!と言われるような推論ができる方法を教えてくれるというすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連図書の紹介】 【1.本書の紹介】 たまに、帰納法でとか演繹法でとか言われますが、その意味をご存じでしょうか? 説明をする時にこれを用いると、論理的に聞こえるので、はるか昔から重宝がられてきた論法です。 私…

  • 【書評】大地の五億年 せめぎあう土と生き物たち 藤井一至 ヤマケイ文庫

    今週のお題「最近おもしろかった本」 最近面白かった本は、こちら。私、服池 板が書きました「SDGsベスト4 最速で読むべき本が見つかる ずるい選書術」です。SDGs本がたくさん出ていますが、自分に合った本が10分で見つかります! 10月15日(土)16時まで無料でお受け取り頂けます!是非どうそ! SDGs ベスト4: 最速で読むべき本が見つかる ずるい選書術 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 どうして5億年かというと、土壌ができたのが5億年前だからだそうです。 地球の誕生は46億年前と言われていますから、土が、そして生命…

  • 【書評】ドラッカー名言集 仕事の哲学 最高の成果をあげる P.F. ドラッカー ダイヤモンド社

    今週のお題「マイルーティン」 朝の習慣は、散歩です。朝は普通4,000歩前後歩きますが、先日は9,000歩歩いて、朝からヘトヘトになってしまいました。(笑) 歩くことは、仕事のパフォーマンスを上げることにつながると言われています。今回は最高の成果をあげる仕事の哲学を教えてくれるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 ドラッカーは未だに、経営者の方には特に大変人気があります。 それは、わかりやすい言葉で、的確に言葉を定義しているからだと思います。 今回は「最高の成果をあげる」というサブタイトルの名…

  • 【書評】国際エグゼクティブコーチが教える 人、組織が劇的に変わる ポジティブフィードバック ヴィランティ牧野祝子 あさ出版

    お題「これ買いました」 これ買いましたと言うことで、ポジティブフィードバックを買いました!職場では上司部下の関係があり、うまく行く時と行かない時では、業績に雲泥の差が出ます。そこで、今回は、組織がうまく行くためのポジティブフィードバックを教えてくれるというすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 フィードバックという言葉を、最近よく聞くと思います。 それは、フィードバックをすることで、改善につなげていこうという動きですね。 しかし、実際には日本で、フィードバックが行われることは少ないそうです。 し…

  • 【書評】僕らは嘘でつながっている 浅生鴨 ダイヤモンド社

    今週のお題「はてな手帳出し」 近年、本田健さんの手帳を使っています。一番大きな理由は、スケジュール管理がしやすいからです。加えて、充実した1年間になる為の仕掛けがしてあり、人生が向上しているような気がします。今まさに来年分が出たばかりなので、今買うと特典がゲットできるかもしれません! 本田健 未来を拓く手帳 2023 特典をゲットできるかもしれません!というと事実ですが、絶対ゲットできます!というと嘘になるかも知れません。しかし、私たちは、そんな事を気にする必要もないくらい嘘をついているそうです。それほどに、世の中は嘘だらけだと言っているすんごい本を紹介します。 【1.本書の紹介】 【2.本書…

  • 【書評】2030年の世界地図帳 新しい経済とSDGs、未来への展望 落合陽一 SBクリエイティブ

    今週のお題「キャンプ」 キャンプと言えば、キャンプファイヤーですね。最近は、マシュマロを棒の先に刺して、キャンプファイヤーの火で炙って食べるというのが流行っているみたいです。おいしく食べるには火加減を上手くやらないといけないので、「こんがりきつね色」はわりと難しいワザだったりしますね。そんな中、来年を予測するもの難しいのに、2030年の世界地図を予測して考えていこうというすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 こちらは、2030年のゴールを見据えて、いろんな角度から将来の事を考えているSDGs本…

  • 【書評】成長の技法 田坂広志 PHP文庫

    【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 お題「これ買いました」 今回はこれ買いましたと言うことで、この本を買いました。 とてもいい事が書いてありますので、ぜひご覧ください! 【1.本書の紹介】 優秀な人ほど、成長が止まるそうです。 簡単に言うと、過去の栄光から抜け出せられないのが原因の1つのようです。 これからは、AIが世の中の至る所で活躍する時代になります。 論理的な事や知識は、AIには勝てません。 人間だからこそできる事は何かということを考えて、行動していかないといけません。 さて、人間ができる事とはどんな事なのでしょうか? 【2.本書のポイ…

  • 【書評】会って、話すこと。 田中泰延 ダイヤモンド社

    【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 前回のベストセラーは文章本でしたが、今回は、会話本になります。 世の中には、会話の本がたくさん出版されていますね。 それだけ会話に悩んでいる人が多いとも言えます。 しかし、これだけ多くの会話本が出版されても、一向に人々の悩みが解決する気配がありません。 どうして会話に困るのでしょうか? ひょっとしたら、私たちは会話について何か捉え方を間違っているのかも知れません。 私たちは会話に何をもとめているのでしょうか? それを良く考えてみる必要がありそうですね。 では、人と会って話をするという事は…

  • 【書評】Z 世代に学ぶ超バズテク図鑑 原田曜平 PHP研究所

    今週のお題「冷やし◯◯」 冷やしと言えば、やっぱりそばですね。夏の暑い時に、冷たいざるそばを食べるとスッとします。夏はどうしても冷やし系を求めてしまいますが、ブログをやっている人は皆、何かの間違いで火を噴いて(バズって)くれないかな~なんて思っているのはないでしょうか?今回は、Z世代にバズる方法を学ぼうというすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 現在、代表的なSNSとしてTwitter、Instagram、TikTok、YouTubeがありますが、うまく使えていますでしょうか? これを上手く使…

  • 【書評】なぜか聴きたくなる人の話し方 秀島史香 朝日新聞出版

    夏に見たいドラマは又吉直樹さんの「火花」です。夏はやっぱり花火ですね。その花火の様子を画像ではなく音声だけで聞くとまた趣が違って、イメージがふくらんで意外といい体験ができます。今回は、ラジオを通じて話す表現を磨いてきたラジオDJが、聴きたくなる話し方を教えてくれると言うすんごい本を紹介します。(笑) 【2.本書のポイント】 【4.関連書籍】 #夏に見たい映画・ドラマ・アニメ・バラエティ by FODプレミアム「この夏は、楽し見放題!」 【1.本書の紹介】 人に話を聴いて欲しいのに、聴いてもらえない事ってありませんか? 人が思わず聴いてみたいと思うのは、何か秘密があると思います。 毒舌なのに、な…

  • 【書評】世界は悪ガキを求めている 妹尾輝男 東洋経済新報社

    この夏に見たいのは、TUBEのコンサートですね。いつからでしょうか、夏と言えばTUBEだ!と言わなくなりましたね。今年の夏はメチャクチャ熱いですが、こんな夏こそTUBEの出番です。ボーカルの前田さんの、ちょっとした悪ガキっぽさも魅力でしたね。今回は、悪ガキが世界から求められているんだよ、と、ちょっと?と思うすんごい本を紹介します。(笑) #夏に見たい映画・ドラマ・アニメ・バラエティ by FODプレミアム「この夏は、楽し見放題!」 【1.本書の紹介】 悪ガキというと、子供のガキ大将みたいなイメージをいまだに持っていますが、みなさんはいかがでしょうか? 最近、「この悪ガキが!」と言われるような子…

  • 【書評】「ありがとう」の教科書 武田双雲 すばる舎

    今週のお題「人生最大のピンチ」 人生最大のピンチは、新入社員時代、配属初日に寝坊して遅刻したことです。この時、生きた心地がしないまま、駅に向って走りましたが、足が地に着いている感覚がありませんでした。そんなこともありましたが、今まで勤務し続けられていることを考えると、即クビにしなかった会社には、感謝しかないですね。(上司にはメチャクチャ怒られましたが。(笑))今回は、感謝するにはどうしたら良いのかを教えてくれる、すんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 ふだんから、「ありがとう」って言っていますか…

  • 【書評】限りある時間の使い方 オリバー・バークマン かんき出版

    今週のお題「最近洗ったもの」 最近、長崎へ旅行に行って心の洗濯をしてきました。九十九島の観光船に乗って、とても素晴らしい景色に感動しました。長い人生においては心の洗濯が必要です。しかし、長いと思う人生の時間には、限りがあります。その限りある時間の使い方を指南してくれるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 人生には、限りがあります。 皆さんご存知でしたでしょうか?(笑) 残念ながら、私たち人間には永遠の命はありません。 それなのに、永遠にあるかのように時間を使ってしまっていないでしょうか? さて…

  • 【書評】22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる 成田悠輔 SB新書

    今週のお題「SFといえば」 SFといえば、宇宙人ですね。自分の理解を超えた存在です。そういう意味では、日々の生活の中で、そんな人やモノに出会ったりすることは多々ありますね。今回は「選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる」という宇宙人的発想をしているすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍】 【1.本の紹介】 最近、この著者は至る所で引っ張りだこになっているようで、あちらこちらで顔を見かけます。 眼鏡のレンズ部分が、丸と四角というのもとてもユニークですね。 本書では経済学者が、22世紀の民主主義を語ります。 元々、政治は専…

  • 【書評】静かな人の戦略書 騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法 ジル・チャン ダイヤモンド社

    今週のお題「二軍のTシャツ」 会社の運動会でもらったTシャツを、よく家で着ています。昔は、首回りがすぐに伸びて使い物になりませんでしたが、最近は品質が良くなったため、長年愛用しています。(笑)たまに、そのまま外出しているのに気が付いた時には、同じ会社の人に見つからないかドキドキしています。内向型は気が小さいですね。しかし、そんな内向型の考えを肯定してくれるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 静かな人、つまり内向型の人というのは、一般的に活躍しづらい人だと思っていませんか? どうも、学校教育を…

  • 【書評】書く習慣 自分と人生が変わるいちばん大切な文章力 いしかわゆき クロスメディアパブリッシング

    今週のお題「マイベスト家電」 マイベスト家電はiPadです。最近は、みなさんご承知の通り、iPadの手書き文字の認識力が向上しています。普段、紙に書いた自分が書いた文字が読めない私の文字でも、少し丁寧に書けば読めるレベルに認識してくれます。そして、その手書き文字をテキスト化してくれたりします。さらに、自分の手書き文字からも検索してくれるんです!ちょっと驚きです!そんなことで、今回は書くことを習慣にすると人生が変わるというすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍】 【1.本書の紹介】 書いてみたいけど、書くことが苦手だと思って…

  • 【書評】80歳の壁 和田秀樹 幻冬舎新書

    【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 最近、寿命が延びて、100年人生なんてことも言われています。 100年人生を生きるためには、80歳の壁を超える必要があります。 この80歳の壁を超えるには、どんな心構えが必要なのでしょうか? そして、80歳の世界には、どんな世界が待っているのでしょうか? 【2.本書のポイント】 八十歳を過ぎたら 我慢をしない。 我慢を強いられてのストレスフルな生活より、好きなことをして気楽に生きる生活の方が、免疫力が高まることが分かっています。 新しいことや 好きなことをすると、脳は刺激を受け、活発化し…

  • 【書評】ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも 行き詰まりを感じているなら、不便をとり入れてみてはどうですか?~不便益という発想 川上浩司 インプレス

    今週のお題「わたしのドメイン」 ドメインは、名前そのものです。何か気の利いたドメインがあればそれにしたいのですが、これを考えるのもまた、骨が折れますね。最近は、ネットの世界でも、いろんなものが簡単にできるようになりました。はてなブログも簡単にブログが始められます。その点はとてもありがたく感じています。しかし、あえて少し苦労して行うことで、そのプロセスを体験する益を得ましょうというすんごい題名が長い本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 世の中は、便利になり過ぎて、実は本来、我々が感じることができるはずの…

  • 【書評】4021の研究データが導き出す 科学的な適職 最高の職業の選び方 鈴木祐 クロスメディアパブリッシング

    今週のお題「本棚の中身」 こちらの本をとってみました。こちらは、職業の選び方の本ですが、一般に言われていることが間違っているという事を言っているすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 みなさんは、ご自身にとって最適なお仕事が選べているでしょうか? これについては、いろいろ言いたいことはあると思います。(笑) 最新の研究データによると、仕事の選び方に関して、我々がふだん思っているようなことが全く逆だったりするようです。 さて、適職を見つけるにはどうしたら良いのでしょうか? 【2.本書のポイント】 …

  • 【書評】SIGNAL 10億分の1 の自分の才能を見つけ出す方法 チョン・ジュヨン 文響社

    " data-en-clipboard="true">今週のお題「夏物出し」 " data-en-clipboard="true">もう夏ですね。そろそろ冬にお世話になったコートをクリーニングに出さなきゃと思っています。夏の服は場所をとらず、軽くていいですね。さて今回は、冬服から夏服にチェンジするように頭を、気持ちを整理することで人生が大きく変わるというすんごい本を紹介します。 " data-en-clipboard="true">【1.本書の紹介】 みなさん、みなさんの当たり前や常識は、本当に間違っていないでしょうか? 親がやれという事、先生がやれという事、上司がやれという事、これはすべて正…

  • 【書評】2000年前からローマの哲人は知っていた 死ぬときに後悔しない方法 セネカ 文響社

    今週のお題「人生で一番高い買い物」 家ですね。ローンを組んで80歳まで支払い続けます。長生きしないけませんね。(笑)と言うことで、今回は死ぬときに後悔しない方法を教えてくれるという、すんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【5.読者の方から感想頂きました】 【1.本書の紹介】 みなさんは、いつか死ぬという事実をご存知でしたでしょうか? おそらく、すっかり忘れてしまっていると思います。(笑) 毎日忙しいですからね。 忘れていても、全く問題はありませんが、意識しておくと良い事があるようです。 さて、死に向き合い、考えに…

  • 【書評】未来実現 マーケティング 人生と社会の変革を加速する35の技術 神田昌典 PHP ビジネス新書

    今週のお題「何して遊んだ?」 以前は公園で遊んだり、ゲームをしたりということを遊びととらえていましたが、最近は、サウナに入ることが自分の遊びとなっています。年を重ねるごとに、遊びと感じることも変わっていくんだなと思う今日この頃です。本日は、未来を現実のものとするマーケティングの事例を教えてくれるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 皆さま、SDGsってご存知でしょうか? 最近は、あちらこちらで見たり聞いたりされていると思います。 SDGsが流行っていますので、最近は特にSDGsの本もたくさん出…

  • 【書評】アイディアは図で考えろ! アーロン・ズー クロスメディア・パブリッシング

    今週のお題「ホーム画面」 昔は、PCのホーム画面は知らないうちにフォルダでいっぱいになりましたが、最近は増殖しないように気を付けていますので、シンプルなままをキープしています。今回は、アイデアを出すために図を使うことで発想が生まれるというすんごい本を紹介します。 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍】 【1.本書の紹介】 何かを説明する時、絵や図を使うことて説明を受ける側も直感的に理解でき、言葉よりもイメージしやすいということで、図解がジワジワと流行言葉になりつつあります。 例えば、ポンチ絵と言って、どこかで見て来たものや、自分の頭の中でイメージしたも…

  • 【書評】フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか 堀内都喜子 ポプラ社

    【0.御礼】 この度初出版しました「げらげらグチる。」が「常識マナー部門」「ビジネスコミュニケーション」部門で1位になりました!皆さん、ご購読頂きましてありがとうございました! 5月8日(日)15時59分までは、無料ダウンロードキャンペーンをやっています! まだ、お受け取りされていない方はお早めにどうそ! 明日からの仕事を前にブルーな気持ちになっている方、元気になれるかもしれません! げらげらグチる。楽しい働き方に効くグチ学 ←こちらからどうぞ! 【0.御礼】 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍】 【5.今週のお題】 【1.本書の紹介】 フィンランド…

  • 【書評】 夜と霧 ビクトール・E・フランクル みすず書房

    げらげらグチる ←こちらからどうぞ! ~5月8日(日)15時59分まで初出版しました無料ダウンロードキャンペーンやっています! まだダウンロードされていない方は、お早目にお受け取り下さい! 今週のお題「好きな街」 好きな街は、歩いていてイイと感じる街ですね。街並みが、歩いている人が、空が、緑がすべてにおいて五感が心地よく感じる場所ですね。今回は、そんな好きな街とは正反対の、第二次世界大戦のユダヤ人迫害に伴う悪名高き強制収容所の体験談で有名になったすんごい本を紹介します。 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 本書は、強制収容…

  • 【書評】げらげらグチる。楽しい働き方に効くグチ学 服池 板 kindle出版

    今週のお題「好きな街」 みんながげらげら笑っているような街がいいですね、今日は、グチをどんどん言うことで、明るく楽しい生活ができるというすんごい本を紹介します!(笑) げらげらグチる ←こちらからどうぞ!5月3日(火)~5月7日(土)まで無料キャンペーンやっています! 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 この本は、私が書いた初めての本になります。本日、キンドル出版から発売されました! きちんとした本に交じって、素人の自分の本を並べるのもどうかと思いますが、正直、悪い気はしません。(笑) さて、げらげらグチるというのは、どん…

  • 【書評】佐久間宣行のずるい仕事術 佐久間宜行 ダイヤモンド社

    今週のお題「好きな公園」 好きな公園は、屋根付きのベンチがある公園です。子供が遊んでいる間に、本を読みながらうたた寝をするのが至福の時です。これは、ずるいですか?今回は、仕事上で、戦わずして結果を残す方法を教えてくれるというすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 著者は、テレビ東京で番組の企画をして、ヒットを多発させた人です。 テレビ業界と言うのは、我々が勤務するような一般企業とは世界が違うものと認識していましたが、雇われて働き、結果を求められるという意味では全く同じなんですね。 テレビ業界だから、特別な人が働いているというわけではなく、その業界が好きでその仕事に食らい付いて結果を…

  • 【書評】スタンフォードのストレスを力に変える教科書 ケリー・マクゴニカル 大和書房

    " data-en-clipboard="true"> もしも英語が使えたら、この本の著者とお話をしてみたいです。研究成果から得られた知見についてお話を聞くことは、日本語で聞いても理解が難しいと思いますが、英語で1つでも質問ができたら格好いいですよね。今回は、ストレスが力になるという驚くようなお話をしてくれるすんごい本を紹介します。(笑) #もしも英語が使えたら by クリムゾンインタラクティブ・ジャパン 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【3.関連書籍の紹介】 " data-en-clipboard="true"> " id="1本書の紹介">【1.本書の紹介】…

  • 【書評】Q思考 シンプルな問いで本質をつかむ思考法 ウォーレン・バーガー ダイヤモンド社

    " data-en-clipboard="true"> 今週のお題「わたしの部屋」 最近は、WEB会議などで自分の背景の画像を出せない時など、部屋の背景が映ってしまうことがありますね。と言うことで、うつり映えのするイイ感じの本棚を買ってみましたが、本が全部入りきれなかった為、床に重なった状態になっています。(汗) これどうしよう?こんな時、良い問いを考えるといいアイデアが浮かぶよ!と言っているすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関係書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 " data-en-clipboard="true">最近はAI…

  • 【書評】ソース あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。 マイク・マクマナス VOICE

    お題「ささやかな幸せ」 ささやか幸せを感じる時は、人生が楽しくなりそうな本に出会った時です。今回は、人生がワクワクすることを教えてくれるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書のポイント】 【2.ポイントは以下】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書のポイント】 ワクワクするといいよ! なんてよく言いますよね。 逆に言えば、ワクワクしていない人の方が多いということではないでしょうか? ワクワクしたい! これは誰もがそう思う事だと思います。 ひょっとしたら、ワクワクすることを忘れている人もいるかもしれませんね。(笑) では、ワクワクするにはいったいどうすればよいのでしょうか?…

  • 【書評】自分の時間 アーノルド・ベネット 三笠書房

    " data-en-clipboard="true"> 今週のお題「デスクまわり」 わたしのデスクまわりはUSB電源コードが増えています。スマホ、腕時計、スピーカー、充電池などなど、USBから電気を充電するものが増えてきました。もう、電気のない生活は考えられないようになりましたね。電気のおかげで便利になりましたが、忙しくもなったのも事実だと思います。今日は、人生で一番価値のある時間について慧眼を与えてくれるすんごい本を紹介します。(笑) " data-en-clipboard="true"> 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 " id="1…

  • 【書評】世界一の生産性バカが1年間、命がけで試してわかった25のこと クリス・ベイリー TAC出版

    " data-en-clipboard="true">今週のお題「デスクまわり」 " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">デスク周りは本に浸食されて困っていましたが、先日ついに新しい本棚を買いました。しかし、本が収納しきれなかった為、次の本棚をどうするか検討しています。(汗) 今回は、今話題の生産性をテーマにした、自分の生産性を上げる方法を紹介したすんごい本を紹介します。(笑) " data-en-clipboard="true"> 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 " …

  • 【書評】フューチャリストの「自分の未来」を変える授業 ブライアン・デイビッド・ジョンソン SB クリエイティブ

    今週のお題「わたしのコレクション」 今日も良い本をたくさん集めました。今回の本は、「あなたの未来を自分で作る方法」を教えてくれるというすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 最近、未来を予測する類の本がたくさん出版されています。 時代の変化が激しいですし技術の変化も激しいので、少しでも将来を予測して、自社がどうしていくべきなのかを様々な企業で検討されています。 よくよく考えると、世の中とビジネスについては考えている人が多いですが、自分の未来を真剣に考えている人はとても少ないのではないかと思います…

  • 【書評】1%の努力 ひろゆき ダイヤモンド社

    今週のお題「引っ越し」 うちの近所の空き地にマンションが建ち、徐々にですが新しいお城に引っ越しが始まっています。その中には、おそらく学生や新入社員の方もいて、4月からの新生活に不安と期待で胸を膨らませていることと思います。そんな新しい世界へ旅立つ人たちに、少し角度が違う視点からのアドバイスを贈るすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 最近、あちらこちらのメディアでコメンテーターとして大活躍のひろゆき氏です。 彼は、2ちゃんねるを運営していたことで有名です。 彼は、今とっても売れっ子で顔を見ない日…

  • 【書評】稲盛と永守 京都発カリスマ経営の本質 名和高司 日本経済新聞出版

    今週のお題「冬のスポーツ」 冬のスポーツと言えば、アイスホッケーですね。こちらは、氷上の格闘技と言われています。しばしば乱闘になるので、見ていて思わず熱くなりますね。さて、経営の方でも熱い経営者がいます。今回は京都から世界企業を育て上げたお二人の共通点を探るすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 「部屋とワイシャツと私」 「東大と野球部と私」 とくれば、「稲盛と永守と私」ですね。(笑) 残念ながら、今回「私」は入ることができませんでしたが、会社員としては、このお二人に並ぶことはとても名誉なことな…

  • 【書評】東大と野球部と私 勝つために大切なことは何か 桑田真澄 祥伝社

    今週のお題「復活してほしいもの」 それは、「9番ピッチャー、桑田。背番号18。」 桑田投手が投げる試合は、投手戦となり、緊張感のある試合になります。ホームランがたくさん出る試合もいいですが、大人になると、投手戦に味わいを感じるから不思議です。今回は、あの名投手桑田さんが、あの日本の最高学府と言われる東大の野球部を指導した記録を公開しているという、すんごい本を紹介します。 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 こちらの本の題名は、名曲「部屋とワイシャツと私」から連想されていると思われますが、とてもいい題名だなと思いました。 つ…

  • 【書評】ちょっとサウナ行ってきます こうあるべきを脱ぎ捨てて、明日がもっと軽くなる 岩田リョウコ いろは出版

    今週のお題「自分に贈りたいもの」 自分に贈りたいものそれはズバリ、家庭用サウナです。(笑)それがダメなら、快適なサウナの時間です。最近サウナが流行っているのは知っているけど、具体的に何をどうしたらよいのか気になっている人もいると思います。そこで今回は、初心者向けにサウナをわかりやすく紹介したすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 最近、ととのった!なんていう言葉が流行り、サウナに注目が集まっていると思います。 サウナって、どうしてそんなに良いのでしょうか? サウナに入りたくなったら、どこに行けばいいのでしょうか? サウナの費用はどれくらいするのでしょうか? どうやればととのうのでし…

  • 【書評】ウキウキでんしゃさん スフレ 七月堂

    今週のお題「鬼」 鬼は外、福は内。毎年、豆まきのおかげで、豆の美味しさを感じられますね。 豆まきでは、鬼が悪者になっていますが、一方的に鬼を悪者にするのではなく、悪者にされた鬼の気持ちを考えてしまうクセがつくような、すんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書の感想】 【3.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 今回は、詩集です。 この本には、著者スフレさんの詩に合わせて描いたイラストが挿入されています。 このイラストがまた、詩の内容をイメージさせてくれます。 これはまるで、大人の絵本や~って感じです。 普通の絵本はサイズが大きいですが、この詩集はビジネス書よりもやや小ぶりで…

  • 【書評】ちょっと今から仕事やめてくる 北川恵海 メディアワークス文庫

    お題「我が家の本棚」 なぜかよくわかりませんが、うちの子供が私にこの本を勧めてくれました。 自分は会社をやめる気は全くないので、え!なんで?と思いましたが、「最後泣けるし、いい本みたいなのでおすすめ」ということで、せっかく紹介してもらったので読んでみました。 ちなみに私は、仕事をやめる気ないんですよ。本当に(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のあらすじより】 【3.本書からの引用】 【4.本書の感想】 【5.関連書籍の紹介】 【5.ワンポイント動画】 【1.本書の紹介】 この本は、新入社員の物語です。 この主人公の勤める会社はいわゆるブラック企業で、時間や休日関係なく働かされます。 それなの…

  • 【書評】雑談の一流、二流、三流 桐生稔 明日香出版社

    今週のお題「手帳」 素晴らしい雑談の本がありました!今回は、思わず手帳に書き留めたくなる言葉が、たくさん詰まったすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【5.ワンポイント動画】 【1.本書の紹介】 雑談をするのが好きな人はたくさんいますが、初めて会った人と雑談するのは難しいですよね。 実は、雑談にも一流、二流、三流があるんです。 さて、雑談の一流と呼ばれるにはどんなことに気を付ければいいのでしょうか? 【2.本書のポイント】 調子はどう?今何に取り組んでいるんだい?(ビル・キャンベル) 一流は質問をする。 挨拶+①…

  • 【書評】 決算書の比較図鑑 見るだけで「儲かるビジネスモデル」までわかる 日本実業出版社

    今週のお題「手帳」 昨年末に書いた新年の予定を新しい手帳に書き写す時、新しい年が始まるぞ!という引き締まった感じがします。新年と言えばお年玉。きちっとしている家庭では、家計簿へ記録されますね。きちっとしている企業で言えばきちっとした決算書ということで、Kindle版も出版されているすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【5.ワンポイント動画】 【1.本書の紹介】 企業が出している決算書を理解するって、とても難しそうですよね。 簡単に読むことができる方法がないかなーと思っていたら、本屋さんですんごいのを見つけました…

  • 【書評】脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方 ジョン J.レイティ NHK出版

    特別お題「わたしの推し」 たくさんのファンを抱えいる本ですが、わたしの推しはズバリ、これです!この本はぜひ買ってください!これを読めば、あなたの人生が好転すること間違いなしです。 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【5.ワンポイント動画】 【1.本書の紹介】 そもそも、脳を鍛えることってできるのでしょうか? できます! それも、わりと簡単な方法で、脳を鍛えることができるんです! さて、脳を鍛えるにはどうしたらよいのでしょうか? 【2.本書のポイント】 運動で爽快な気分になるのは、心臓から血液が盛んに送り出され、脳がベストの状態になるからなの…

  • 【書評】多様性の科学 画一的で凋落する組織、複数の視点で問題を解決する組織 マシュー・サイド ディスカヴァートゥエンティワン

    今週のお題「買ってよかった2021」 この本はズバリ、買ってよかったです!今回は多様性の重要性がよく理解できるすんごい本を紹介します。 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【1.本書の紹介】 多様性が重要だということは、なんとなく聞かれた方も多いと思います。 多様性がイノベーションを生むなど言われていますね。 なぜ多様性が良いのでしょうか? また、多様性がない方が良い場合とは、どんな場合なのでしょうか? 【2.本書のポイント】 人間の頭や心は、序列が定められた集団の中で生きるよう設計されているのだ。 地位の高いリーダーが率いるチームより、それほど高くないリーダーが率…

  • 【書評】SDGsの不都合な真実 「脱炭素」が世界を救うの大嘘 川口マーロン恵美+掛谷英紀+有馬純ほか 宝島社

    今週のお題「買ってよかった2021」 買ってよかったのはこの本です。(笑) 最近はSDGsというキーワードを聞かない日はありませんが、その問題点を提示しているすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 最近「SDGs」という言葉を聞かない日はないというほど、あちらこちらで見かけますね。 持続可能な発展をしていきましょうというものですが、ゼロカーボン、脱炭素という言葉も、毎日のように新聞や雑誌に登場しています。 日本は、環境対策に消極的だと、しばしば海外メディア等から指摘されています。 本当に環境対策…

  • 【書評】人間愚痴大全 福田智弘 小学館集英社プロダクション

    「はたらく」といろんな不平不満があふれ出します。これは、現代人だけの問題ではなく、歴史の記録を見てもそれは同じことです。 昔から、思ったようにはうまく行かず、涙あり、笑いありの「はたらく」という行為は、人生そのものだといえるのかもしれません。 今回は、歴史上の偉人達が我々と同じく、不平不満という愚痴を言っていたという記録を集めたすんごい本を紹介します。 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 愚痴は言うなと言われているので、昔からそうなのかと思っていたら、実は、昔の人々も愚痴をこぼしていました。 古今東西の有名人が残した言葉を…

  • 【書評】Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代 ドット・ローズ オギ・オーガズ 三笠書房

    今週のお題「最近あったちょっといいこと」 それはもちろん、この本に出合った事です。きっとあなたも、この本を読んだら人に進めてたくなるというすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 学校の成績だけで、人生が決まってしまうとしたら、楽しいでしょうか? 楽しくないですね。 自分の成績が良くなかったから、というわけではありません。(笑) 学校の成績はその時の評価であり、それが一生を決めてしまうのは間違っていると思うからです。 なぜならば、学校の教育というのは、いわゆる標準化したルールの中で順番を付けるため…

  • 【書評】グリーン・ジャイアント 炭素ビジネスが世界経済を動かす 森川潤 文春新書

    今週のお題「あったか~い」 「ジャイアンツ」と言えば?「巨人」ですね。では、「ジャイアント」と言えば?「馬場」ですね。この答えが合うと、とても心があったか~くなりますね。(笑) 今回は、地球があったか~い状態になるとヤバいので、なんとか食い止めようと言うお話。これを読めば、地球温暖化にまつわる問題点が見えてくるという、すんごい本をご紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 最近、やたらとゼロ・カーボンという言葉を聞きませんか? 地球の温暖化防止の為、炭素排出をゼロにしようという国際的な動きですが、なんだか日本…

  • 【書評】書く「習慣」で脳は本気になる なぜ言葉にすると夢は実現するのか 茂木健一郎 廣済堂新書

    はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと」 10年前と変わったことは、本を読みブログに書き込むようになったこと。変わらなかったことは、禁酒が続かないことです。(笑) そんな悪い習慣ばかりではなく、良い習慣の1つを教えてくれるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 自分の夢を紙に書くと、夢がかなうということを聞いたことはありませんか? 私は紙に書くと本当に夢がかなうということを本で見たり、テレビで聞いたりしたことがあります。 自分の夢を紙に書いたことがあると思いますが…

  • 【書評】最先端研究で導き出された「考えすぎない」人の考え方 堀田秀吾 サンクチュアリ出版

    今週のお題「お気に入りの靴下」 長持ちする靴下。そう、考えすぎてはいけません。答えは、それでイイんです。そんなに考えなくても、そんなに間違っていないでしょ。(笑) 今まではしっかり考えることが大事だと思っていた私達に、真逆の説を唱える研究結果を紹介してくれるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.参考書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 ずーっと、悩み続けた経験はありませんか? 悩みは、簡単に解決することではないので、なかなか止まらないですよね。 しかし、悩み続けることはムダなんです! と、言われたら、どう感じますか? とりあえず、私は…

  • 【書評】調べる技術書く技術 佐藤優 SB 新書

    今週のお題「秋の歌」 秋の歌といえば、♫秋の夕日に照る山もみじ~ですね。この歌詞は、秋の彩りを見事に表現していると思います。表現すると言えば、世の中の出来事を調べて書く技術がまさに超一級著者のすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 教養ってなんでしょうか? 教養はどうすれば磨かれるのでしょうか? そんな疑問をお持ちの方もおられると思いますが、ここには、わりと簡単に取り組めそうな知的生産性向上の方法が紹介されています。 さて、知的生産性を向上させるにはどうすれば良いのでしょうか? 【2.本書のポイ…

  • 【書評】グチの教科書 原祐美子 マイナビ新書

    今週のお題「赤いもの」 有名カップラーメンに「赤いきつね(おあげとうどん)」と「緑のたぬき(天ぷらとそば)」というのがあります。随分前に、スーパーのカップラーメンコーナーで「俺は、赤いたぬき(おあげとそば)を食べたいんだ!」と怒鳴っているおじさんがいました。(笑) そのおじさんもおそらく、家に帰ってグチ言うタイプだと思いますが、今回はグチを正しく理解することができるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 グチは言ってはいけません。 先生や親から、そんな風に言われてきたと思います。 しかし、グチと…

  • 【書評】進化思考 太刀川英輔 海土の風

    今週のお題「叫びたい!」 ウォー!っと叫びたくなるほど、すんごい本が出ましたので、紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 新しいものを創る時、何を参考にしますか? アイデア本など参考にして、新しいことを発想したりしている方もおられると思います。 この本は、新しいモノを創造するためのバイブルと言われる本になるかもしれません。 軽く言うと、アイデア本の王様です。(笑) 今までのアイデア本と大きく違うのは、生物の進化の過程を分析して参考にしている点です。 さて、新しいものを創造するには、どうすればいいのでしょうか…

  • 【書評】電通現役戦略プランナーのヒットを作る「調べ方」の教科書 あなたの商品がもっと売れるリサーチ術 阿佐見綾香 PHP

    今週のお題「叫びたい!」 これはすごい!そう叫びたくなるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 マーケティングってよく聞きますが、一体、何をどうすればよいのでしょうか? ここにはなんと、電通現役プランナーが実際にやっている方法、考え方、テンプレートなどなど惜しげもなく、全部公開しています!ワオ! さて、これをマスターすれば、あなたの売りたい商品が、ヒット商品になるかもしれません! さて、ヒット商品にするためには、一体どんな事をすればいいのでしょうか? 【2.本書のポイント】 本書は以下のような方…

  • 【書評】ビジネス書の著者になっていきなり年収を3倍にする方法 松尾昭仁 自由国民社

    今週のお題「読書の秋」 という訳で、いろんな本があると思いますが、これを読むと、な、なんと!年収を3倍にできるというすんごい本をご紹介します!(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 出版というのは、一部の人の話だと思っていませんか? 実は、出版している人はその道のプロばかりではありません。 わりと素人の方が出版をして、そこから著者として有名になるということがこの業界では多々あるようです。 こんまりさんはその典型だと思いますが、彼女の年収は今や、OL時代の3倍どころではないですね。(笑) さて、どのようにすれば、年収が3…

  • 【書評】無(最高の状態) 鈴木祐 クロスメディアパブリッシング

    はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと」 10年で変わったことは、10個、年を取ったとこです。(笑) 普段はあまり気になりませんが、10年前の自分の写真をみるとやはり、この子若い!と思ってしまいます。(笑)これから10年後、あっという間に10年、年を取ると思うと、悲しくなりますね。そんな人間の思考回路を解明して、悩みを解決してくれるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 最近はマインドフルネスが流行っています。 無になることの効果が認識されている結果だと思います。 無の状態になると何が良いのでしょうか? 無の状態というのは、どういう状態なのでしょうか…

  • 【書評】夢現力 あなたの中の無限の可能性を引き出し夢を叶える5つの力 和仁達也 ゴマブックス

    はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと」 10年前はほとんど本を読んでいませんでしたが、この10年で本をよく読むようになりました。本を読むコツは、面白い本を読むことだと思います。そして、ひたすらページをめくる事、全てを理解できなくても気にしない事だと思います。そんな読書経験から、すんごい人の考え方をお伝えする本をご紹介します。 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 堀貞一郎さんという方をご存知でしょうか? 私は知りませんでした。(笑) 1929年生まれの方なので、ご存知無い方が多いと思いますが…

  • 【書評】売上を、減らそう。 たどりついたのは業績至上主義からの解放 中村朱美 ライツ社

    今週のお題「今月の目標」 京都には、コロナ禍以前はいつも行列が出来ていて、とても美味しいと評判の国産牛ステーキ丼専門店「佰食屋」があります。今月の目標は、そのお店に行って、ステーキ丼の写真を撮ることです。今回は、「売上を減らそう。」という、もしも営業マンが言ったならフルボッコにされそうな題名をつけた、新しい働き方を考えさせられるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.お店訪問】 【5.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 経営者であれば、売上を最大限上げることを至上命題としているのが当たり前だと思います。 売上を上げて、事業を大きく…

  • 【書評】あなたはいまの自分と握手できるか 自分の夢を必ずかなえる成功秘訣! アンソニー・ロビンズ 三笠書房

    今週のお題「眠れないときにすること」 眠れない時には、右手で右手を持つにはどうしたら良いか?を考えます。(笑) 今回は、自分と握手できるか?禅問答みたいな問いかけをしてくるすんごい本を紹介します。 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 自己啓発書というのは昔から人気のある本です。 今回ご紹介する本は、アンソニー・ロビンズさんと言う、自己啓発界では知らない人がいないと言うほどとても人気な方です。 そのアンソニーロビンズさんが30年以上前に書いたのがこの本です。 30年前以上に書かれたものですが、その本質は今でも変わっておらず、…

  • 【書評】壁はきっと越えられる 夢をかなえる晩成力 鈴木明子 プレジデント社

    今週のお題「眠れないときにすること」 眠れない時にお酒を飲むと、ぐっすり眠れますが、飲みすぎると寝すぎてしまいますね。(笑) 例えば、悔しくて眠れないとしても、夢をかなえるには、しっかり寝て、努力を積み重ねることが大切です。勝ち急ぐ必要はありません。そんなカメがウサギに勝つような方法を教えてくれるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 小さい頃から頭のいい人、運動の出来る人、そんな人がいましたね。 皆さん、そういう人に憧れたと思います。 一方、たいていの人はできる人ではなかったはずですが、周りをみると、子供の頃からできた人が必ずしも成功しているとは限りませんよね。 では、成功するに…

  • 【書評】化学で「透明人間」になれますか?人類の夢を叶える最新研究15 佐藤健太郎 光文社新書

    今週のお題「眠れないときにすること」 眠れないときにすることは、やっぱり読書ですね。難しい本を読むと、そのまま安眠の世界へ旅立つことができます。(笑)しかし、そんな面倒くさいことをしなくても、簡単に解決してさしあげましょうというのが化学という分野です。今日は化学によって実現化していることを紹介するすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 子供の頃、あんなことできたらいいなーと思ったことはありませんか? 実は、私達が子供の頃に思っていたことで、実現しているものがいくつもあるんです! これからも、人々…

  • 【書評】才能を開く編集工学 世界の見方を変える10の思考法 安藤昭子 Discover

    今週のお題「肉」 食欲の秋なので、焼き肉なんか食べた日にゃついつい食べすぎてしまいますよね。これには注意したいところですね。肉は体の栄養には欠かせないものですが、今回は脳の血肉となるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 ご存知ですか? 才能って何でしょう? 記憶力のことでしょうか? 計算力のことでしょうか? 教養のことでしょうか? 違います。 たぶん。(笑) ではいったい、才能って何なんでしょう? そして、才能を伸ばすにはどうしたらよいのでしょうか? 【2.本書のポイント】 物事の間に潜在する…

  • 【書評】仕事に使える!棒人間図解大全 MICANO 自由国民社

    今週のお題「好きなお茶」 好きなお茶は緑茶です。仕事中でもお茶を飲むとホッとしますね。自分だけでなく、人間関係にもゆとりが必要です。そのゆとり、良いコミュニケーションを後押ししてくれそうなすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【4.関連書籍の紹介】 【5.関連書籍の内容紹介】 【6.その他関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 自分の気持ちを伝えたい。 でも、文字だけでは上手く伝えられない。 絵を描くには自信がないし、時間もかかる。 さて、そんな時はどうしたら良いのでしょうか? 【2.本書のポイント】 こちらの本では、下記の様な棒人間の書き方や、用途の事例が…

  • 【書評】ビジョナリーカンパニーZERO ジム・コリンズ ビル・ラジアー 日経 BP

    今週のお題「爆発」 ということで、発売以来、話題沸騰で販売数が大爆発している、ビジネスマンならおなじみのすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 素晴らしい会社をつくりたいなーと思っている人はいませんか? 誰でも、会社をつくるなら、素晴らしい会社、偉大な会社を作りたいものだと思います。 そんな中、ビジネスマンなら誰もが読んでいると言われるビジョナリーカンパニーシリーズからZEROが出ました! なぜZOROかというと、ビジョナリーカンパニーシリーズの1よりも前に書かれたビヨンドアントレプレナーシップ…

  • 【書評】知覚力を磨く 絵画を観察するように世界を見る技法 神田房枝 ダイヤモンド社

    今週のお題「サボる」 ということで、ブログの更新はサボるつもりはなくても、結果、サボっていることがありますね。サボるのか、サボってしまったのか、とらえ方によって印象は変わってきますよね。今回は、そのモノのとらえ方、知覚についてすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 私は、目の前のものを完全に見ていると思っている人はいませんか? 実は、見てるようで、見ていないところがたくさんあるそうです。 見ているのに見えていない? これはどういうことなのかとても気になりますね。 では、目の前のものをあるがままに…

  • 【書評】あなたの知識を驚くべき結果に変える 超戦略ノート術 メンタリストDaiGo Gakken

    今週のお題「やり込んだゲーム」 「炎上」もゲームと捉えると新しいゲームかもしれませんが、とても危険なゲームですね。最近炎上したおかげで、すっかり評判を落としてしまった学習カリスマのすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 ノートを書いているけど、役に立たない! という人はいませんか? ノートは単に文字を書くのではなく、どう書いていけば頭の中にのこるのか?を知って実行することが大事です。 その方法を知っているのと知らないのとでは、すんごい差が付くんです! さて、効率よく覚えることが出来るノート術とは…

  • 【書評】科学者たちが語る食欲 デイヴィッド・ローベンハイマー スティーヴン・J・シンプソン サンマーク出版

    今週のお題「やり込んだゲーム」 インベーダーゲームってご存知ですか?子供の頃、とても流行りました。今思うととても単純なゲームです。しかし、どれだけ夢中になっていても、知らない間にお腹が空きますよね。ということで、食欲についての常識を打ち壊すすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 ポテトチップスを食べ始めると、止まりませんよね~ さらに、かっぱえびせんになるとやめられない、止まらないですよね。 どうしてでしょう? ここに、恐ろしい事実が隠されています。 他にもっと美味しい食べ物はあるはずですよね。…

  • 【書評】半歩先を読む思考法 落合陽一 新潮社

    今週のお題「好きなスポーツ」 ということで、もし魔術というスポーツがあったら、世界のエースを務めること間違いないと言われる著者が書いたすんごい思考法の本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 未来が見えなくて困っている方はいませんか? 実は、私も見えなくて困っています。(笑) しかし、未来は見えなくても、半歩先なら見えるかもしれません! なんと、時代の寵児と言われる落合さんが、半歩先を読む思考法を紹介されています。 さて、落合さんは、一体、どんな思考法をしているのでしょうか? 【2.本書のポイント】 諦め…

  • 【書評】インクルージョン思考 石田章洋 大和書房

    " data-en-clipboard="true"> 今週のお題「自由研究」 ということで、自由研究のテーマは、「アイデアの発想法」と題して、これをわかりやすく説明するするすんごい本を紹介します。(笑) " data-en-clipboard="true"> 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 " id="1本書の紹介">【1.本書の紹介】 " data-en-clipboard="true">アイデアなんて無理やり考えても浮かばないよ! " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="tr…

  • 【書評】超一流は、なぜ、デスクがキレイなのか? 千田琢哉 総合法令出版

    今週のお題「好きなアイス」 アイスを食べるならスッキリとした空間がいいですね。そんな空間を目指して、今すぐに整理整頓したくなるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 いちいち片付けをすると、仕事の効率が悪くなると思っている人はいませんか? 実は、いちいち片付けをした方が、結局は効率が良くなるんです! 最近は、整理整頓が大事だと言われていますが、片付けをすると、どんな良いことがあるのでしょうか? 【2.本書のポイント】 ロスにあるYOSHIKIの豪邸をテレビで見た時、人生観が一変した。 物が多い状…

  • Makuake式「売れる」の新法則 坊垣佳奈 日本経済新聞出版

    はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」 ということで人生の幕開けは、ハラハラドキドキして、いつまでも記憶に残る時だと思います。そんな人生の幕開けにふさわしいすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.本書の関連書籍】 【1.本書の紹介】 モノを作って売りたいなーと思ってもお金がないからムリ、って決めつけている人はいませんか? 実は、お金がなくても商品は作れるんです! 最近は、クラウドファンディングという手法がメジャーになってきました。 さて、クラウドファンディングを上手く利用するには、どのようなことに気を付ければいいので…

  • 【書評】「顧客消滅」時代のマーケティング ファンから始まる「売れるしくみ」の作り方 小阪裕司 PHPビジネス新書

    はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」 と言うことで、インターネット時代における商売のすんごい方法が書かれた本をご紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 コロナ禍では、中小企業の商売は上手くいくわけない、なんて思っていませんか? 必ずしもそんなことはありません。 こんな状況の中でも、コロナ禍以前とほとんど変わらない売上を達成している企業はあります。 さて、その企業はどんな事をして、売上を維持することができたのでしょうか? 【2.本書のポイント】 「心の豊かさ」の消費とは、人がよりよく生きるため…

  • 【書評】生物に学ぶガラパゴス・イノベーション 稲垣栄洋 東京書籍

    今週のお題「寿司」 ということで、「回転寿司」は日本が生んだ、まさにガラパゴス化の代表作になりますので、今回はガラパゴスにちなんだすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 ガラパゴスって聞いて、ガラケーのこと?なんて思っていませんか? 正解です!(笑) ただ、ガラパゴス化したものが何でも悪いとお考えでしたら、それは間違いです。 なぜなら、独自進化したものは、オリジナリティがあり、価値あるものだからです。 では、ガラパゴス化したものが負けないためには、どうすればよいのでしょうか? 【2.本書のポイン…

  • 【書評】売れる人がやっているたった四つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践 笹井清範

    今週のお題「住みたい場所」 というこで、観光地でもわりと住みやすいのは京都です。その京都からも繁盛店を紹介しているすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 商売はなかなかうまく行かないなと思っている方はいませんか? 実は、商売において儲けを最優先にすると、商売は続かないんです。 商売を継続させるには、儲けよりも大事なものがあるんです。 それを実践すれば、お客様が自分の商売を支えてくれます。 さて、儲けよりも大切な繁盛するための4つの法則とは何でしょう? 【2.本書のポイント】 古くして古きものは滅…

  • 【書評】ELEVATE 自分を高める4つの力の磨き方 ロバート・クレイザー ディスカヴァー・トゥエンティワン

    今週のお題「一気読みした漫画」ということでめくるページが止まらない漫画のような成功本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍】 【1.本書の紹介】 自分の人生はこんなもんだと、あきらめている人はいませんか? 人生をあきらめてはダメです。 あきらめるなら、自分の高め方を学んでからでも遅くありません。 せっかくの人生ですので、自分の高め方を学んでみませんか? 【2.本書のポイント】 自分のコアバリューを見極めるには、自分と向き合い、自分にとって最も大切なものは何か、じっくり考えなければなりません。 どんなときに幸せだと感じるか? どんなと…

  • 【書評】「考えた人すごいわ」を考えたすごい人 岸本拓也 CCC メディアハウス

    今週のお題「一気読みした漫画」ということで、この漫画表紙を見て頂けましたでしょうか?面白そうでしょ?普通の漫画よりももっとパンチが効いていて思わず一気読みしてしまったすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.変わった名前のパン屋さん訪問】 【5.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 「考えた人すごいわ」 「だきしめタイ」 「あらやだ奥さん」 「奇人と変人」 「うん間違いないっ!」 「すでに富士山超えてます」 「キスの約束しませんか」 「おい!なんだこれは!」 これは何の名前かお分かりでしょうか? 実はこれすべて、著者の岸本さんがプロデ…

  • 【書評】フィードバック入門 中原淳 PHP ビジネス新書

    今週のお題「100万円あったら」 ということですので、100万円あったら、100万円以上の価値があるフィードバックを受けてみたいということで、そんなフィードバックを教えてくれるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 部下の育成が難しいと感じることはありませんか? 難しいと感じるのは、異常ではありません。 どちらかと言うと、今の時代では普通の事なんです。 なぜなら、最近の組織では部下の育成ができないからです。 組織や働き方も変わり、以前の様に教えなくても部下が育つ環境ではなくなってきました。 しか…

  • 【書評】医者が教える食事術 最強の教科書 牧田善二 ダイヤモンド社

    今週のお題「575」 ということでここで一句、 「食べすぎて 苦しくなって 後悔す」(笑) 今回は、長寿になるためのすんごい食事術の本を紹介します! 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 長生きのためには、お酒を控えるべきだと思っていませんか? 実は、そんなことはないんです! お酒は飲んでもいいんです! では、どうすれば、長寿になれるのでしょうか? 【2.本書のポイント】 今の医学の常識では、肥満を生み出す原因は糖質であって、カロリーや脂肪は関係ありません。 「日本の長寿村短命村」(近藤正二医学博士著)を私なりに、博士の研究…

  • 【書評】どこでも誰とでも働ける 尾原和啓 ダイヤモンド社

    今週のお題「575」 ということで、ここで一句 役に立つ 本があったら うれしいな こんな気持で今回も、生きていく上では避けて通れない「働く」に関してすんごい本を紹介させていただきます。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 一度就職したら、その会社を辞めるなんて恥ずかしい、なんて思っていませんか? そんなことはありません。 今は、1つの会社に縛られる必要は全くないんです! 逆に、いろんな会社を経験することでスキルが向上しますし、新しい会社にとっては既存社員にはないスキルや風を送り込むことを期待される時代となりました。…

  • 【書評】ゾーンの入り方 室伏広治 集英社新書

    【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 今週のお題は #そうめん ということで、そうめんとは真反対の色と体型をした、あのハンマー投げオリンピック金メダリストの室伏広治さんのすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 集中したいのに集中できない、なんてお困りではないでしょうか? 実は、集中する方法があります! 練習すれば集中法を習得できるんです! では、どうやれば集中力が得られるのでしょうか? 【2.本書のポイント】 一本の指を完全に伸ばすためには全身の筋肉を総動員しなければできないのです。たった指一本を全力で伸ばすためにも全身の力が必要な…

  • 【書評】これからのデザイン経営 永井一史 クロスメディアパブリッシング

    今週のお題は #そうめん ということで、そうめんみたいに真っ白い表紙のすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 最近デザイン、デザインって、アチラコチラで聞きませんか? 実は、デザインって色や形や素材を決めるものだけではないんですね。 デザインには広い意味があります。 ある人は、デザインを「より良くするもの」と表現しました。 経営にもデザインを導入する、これがトレンドとなっています。 では、経営にデザインを取り入れるとは、いったいどういうことなのでしょうか? 【2.本書のポイント】 経営にデザイン…

  • 【書評】「つながり」の創りかた 新時代の収益化戦略 リカーリングモデル 川上昌直 東洋経済

    今週のお題は #わたしのプレイリスト ということで、「サブスク」の意味がよく分かるすんごい本を紹介します。 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 最近、サブスクサブスクって何でもサブスクになっていますが、「本当は意味がよくわからないの」という方はいませんか?(笑) サブスクが流行り出したのには、もちろん訳があります。 理由の1つは、生活が豊かになり、モノそのものを持つことに魅力を感じなくなり、必要な時に必要なだけ使うという感覚が芽生え始めたからです。 モノを大量に持つことが必ずしも豊かであったり、幸せに直結しなくなってきまし…

  • 【書評】時間と空間を操る「量子力学的」習慣術 村松大輔 サンマーク出版

    今週のお題は #わたしのプレイリスト ということで、私の読書プレイリストの中で、すんごい習慣本をご紹介します。 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 私の思いは、叶わない。 なんて寂しい事を言っている人はいませんか? 思いは叶います! ただ、その方法を知らないだけなんです! では、どうすればその思いは叶うのでしょうか? 【2.本書のポイント】 原子の中にあるのは「クォーク」と「電子」と「フォトン」の三つです。クオークは物質の素、電子は電気の素、フォトンは光の素になる粒子です。 フォトンは、「電子」と同じ素粒子の一種です。電子…

  • 【書評】超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける 五百田達成 ディスカヴァー・トゥエンティワン

    今週のお題は #雨の日の過ごし方 。雨の日の過ごし方は、もちろん読書!ということで、「雑談力」がめちゃくちゃ上手になるすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 初めて会った人と雑談するって、難しいな~と感じている人はいませんか? 実は、初めて会った人と雑談をすることは難しくありません! 雑談が難しいと感じるのは、雑談を学んでいないからです。 雑談なんてわざわざ学ぶものではない、と思う方が多いですね。 その結果、雑談が苦手な人だらけになってしまいました。(笑) では、雑談が上手になるにはどうすればい…

  • 【書評】小さな天才になるための46のルール マーティ・ニューマイヤー BNN

    今週のお題は #雨の日の過ごし方 。雨の日の過ごし方の王道はもちろん読書ということで、天才になるためのすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 私は天才じゃない。 なんて、最初からあきらめている人はいませんか? それは、謙虚ではなく、単に怠惰なだけなのかも知れません。 なぜなら、天才は、生まれた瞬間に決まるものではなく、努力した結果天才になるものだからです。 私は天才ではないと強く主張している人は、私は努力はしませんと宣言しているに等しいのかも知れません。 では、普通の人が天才になるには、どうすればよいのでしょうか? 【2.本書のポイント】 「天才」とは何だろうか? 天才とは、洞察を…

  • 【書評】超影響力 歴史を変えたインフルエンサーに学ぶ人の動かし方 メンタリスト DaiGo 祥伝社

    【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍】 【1.本書の紹介】 どうせ私が何を言ったって、人は何も聞いてくれない。 そんなふうに思っている人は、いませんか? 人はあなたの言うことを、聞いてくれるんです! では、どうすれば、あなたの言うことを聞いてくれるのでしょうか? それは、メンタリストDaiGOさんに教えていただきましょう! 【2.本書のポイント】 私たちが日々感じる問題の大半は、自分が思ったように物事が進まないこと関係していて、しかもその原因となっているのは、「人」だからです。 誰かに影響力を及ぼす人になるためには準備が必要です。 「類似と共通点の強調…

  • 【書評】RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる デイビッド・エプスタイン 日経 BP

    今週のお題が #やる気が出ない ということで、これを読んだらやる気がムンムン出てくるというすんごい本をご紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の紹介】 【4.関連書籍】 【1.本書の紹介】 私の人生は、行きあたりばったり。これでいいかしら・・・ なんて、思っている方はいませんか? 実は、それでいいんです! 人生はいろんな事を経験した方がいいんです! そして、何かを始めるのに遅すぎることはないんです。 逆に、人生の目標を早々と決めてしまう方が、間違った選択になる可能性があるんです。 さて自分に合った人生を送るには、どうしたらいいのでしょうか? 【2.本書のポイ…

  • 【書評】一流の頭脳 アンダース・ハンセン サンマーク出版

    #おうち時間2021 おうち時間はもちろん読書!ということで、すんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介ポイント】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介ポイント】 この本の著者は、エビデンスを元にスマホ依存症の害を世界中に訴え、多くの人に共感の嵐を巻き起こしたアンダース・ハンセンさんです。 一流の頭脳と聞いて、私は関係ないと思っていませんか? そう思った人は、せっかくの人生なのに大損をします。 なぜなら、誰もが努力によって脳を活性化することが出来るからです。 では、どんな事をすれば一流の頭脳が手に入るのでしょうか? 【2.本書のポイント】 …

  • 【書評】THE CATALYST 一瞬で人の心が変わる伝え方の技術 ジョーナ・バーガー かんき出版

    #新生活が捗る逸品 ということで、人の心を変えることが捗るすんごい本をご紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 人を説得するには、かなりの修行が必要だと思っていませんか? 実は、そんなことはありません。 この本を読めば、あなたも簡単に人を説得出来るようになります! さて、人の心を変えるにはどのようにしたら良いのでしょうか? 【2.本書のポイント】 力ずくで押すのではなく、変化を妨げる障壁を取り除く働きをする。その特別な物質は「触媒(カタリスト)」と呼ばれている。 人は何かを禁止されると、かえってそれがやりた…

  • 【書評】武器としての図で考える習慣 「抽象化思考」のレッスン 平井孝志 東洋経済

    #新生活が捗る逸品 ということで、図で考えると新生活の思考が捗るすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍】 【1.本書の紹介】 図を描くと思考が整理されて、ひらめくよ!なんて聞いたことありませんでしょうか? ただし、何でも図にすればいいというものではありません。 たとえば分析結果などの図は、AIやExcellなどがやってくれるものだからです。 では、どんな図で考えれば、思考が整理されたり、ひらめきが起きるのでしょうか? 【2.本書のポイント】 パワーポイントには思考の流れを阻害する要因が潜んでいる。 本来、図を描く作業は、手…

  • 【書評】管理職はいらない AI 時代のシン・キャリア 野口竜司 SB 新書

    #新生活が捗る逸品 ということで、AIを理解すれば、新生活が捗るというすんごい本を紹介します。 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍】 【1.本書の紹介】 本書の著者は、一般人が難しく感じていた「AI」を、一気に身近にしたベストセラー「文系AI人材になる」で一世を風靡した野口竜司さんです。 今回も、AIに対して逃げ腰になりやすい管理職(おじさんたち)に対して、救いの手を差し伸べてくれています。 AIが普及すると、仕事が奪われると危機感を持っていませんか? 実は、心配はいらないんです! 「AI人材基礎スキル」を身につければ、仕事を奪われるどころか、AIが…

  • 【書評】運気を引き寄せるリーダー7つの心得 危機を好機に変える力とは 田坂広志 光文社新書

    #新生活が捗る逸品 ということで、強運を引き寄せることで新生活が捗るすんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍】 【1.本書の紹介】 「運の強さ」とは、元々生まれつきのものだと思っていませんか? 「運の強さ」とは、生まれつきのものではないんです。 実は、意識的な努力をすることによって身につけることが出来るんです! これ、信じられますでしょうか? では、「運の強さ」を身につけるにはどうしたらよいのでしょう? 【2.本書のポイント】 「経営者やリーダーにとって、『究極の力』とは、『運気を引き寄せる力』である」 敗北したとき、その勝…

  • 【書評】ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45 鈴木祐 SBクリエイティブ

    #新生活が捗る逸品 ということで、新生活の仕事が集中力で捗るというすんごい本をご紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 この本の著者は、サイエンスライターとして本を書くかたわら、企業のコンサルティングやリサーチ、ブロマガ執筆などを行うため、1日に平均で15本の論文と3冊の本を読むと同時に、2万~5万字の原稿を毎日のように生産し続けなければならないという激忙しな毎日を送っています。 そんな、過激な生活を送るためには集中力が必要です。 著者は、集中力上げる方法をたくさん調査し、紹介しています。 集中力は、元々身…

  • 【書評】最強のデータ分析組織 なぜ大阪ガスは成功したのか 河本薫 日経 BP

    #新生活が捗る逸品 ということで、データ分析の活躍が良く分かる本を紹介します。 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍の紹介】 【1.本書の紹介】 本書では、著者が大阪ガス社内でデータ分析組織を立ち上げ、18年の歳月をかけて育て上げ、その組織の活躍により存在感を不動のものとするまでの過程について、詳細に紹介されています。 著者は現在、滋賀大学のデータサイエンス学部で教授として、企業で実践的に活用出来るデータ分析を教え、データサイエンティストを育成されています。 データ分析は、AI技術の進展もあり、最近とても脚光を浴びている分野の1つだと思います。 しかし…

  • 【書評】20歳の自分に受けさせたい文章講義 古賀史健 海星社新書

    #新生活が捗る逸品 ということで、わかりやすい文章術の逸品をご紹介します! 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【1.本書の紹介】 こちらは、あのベストセラー「嫌われる勇気」の著者でおなじみの古賀史健さんの著書です。 いい文章を書くには、文才が必要だと思われています。(起) しかし、いい文章を書くには文才は必要ありません。(転) 実は、「”翻訳”の意識と技術」があればいい文章が書けるんです。(承) だから、この本を読めば、あなたもいい文章が書けるようになります!(結) さて、大人気作家となった古賀さんが、主張する「”翻訳”の意識と技術」とはどんな内容なのでしょうか?…

  • 【書評】LIMITLESS 超加速学習 人生を変える「学び方」の授業 ジム・クウィック 東洋経済

    #新生活が捗る逸品 ということで、新社会人の方や、新しい環境の中で学習が必要な方にとっては本当に役立つ、すんごい本を紹介します。(笑) 【1.本書の紹介】 【2.本書のポイント】 【3.本書の感想】 【4.関連書籍】 【1.本書の紹介】 本書は、小学生時代のアクシデントによって脳を損傷した著者が、大変な苦労をしながらも、限界を超えた一般人をみて、自分も出来ると自信をつけたことがキッカケで、人並みに追いつき追い越して、今では多くの人に教えるまでになった学習の方法を紹介しています。 「自分の限界を作るのは自分だ」とよく聞きますね。 いざ自分のことに当てはめてみると、限界を取っ払う重要性を理解したよ…

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、服池板さんをフォローしませんか?

ハンドル名
服池板さん
ブログタイトル
京都のリーマンメモリーズ
フォロー
京都のリーマンメモリーズ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用