searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

shizuwaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
テントトリップ
ブログURL
https://shizuwa-camper.com/
ブログ紹介文
飲んで読んでノンビリと。磐梯山のあたりでソロキャンプしています。
更新頻度(1年)

101回 / 365日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2019/07/04

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、shizuwaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
shizuwaさん
ブログタイトル
テントトリップ
更新頻度
101回 / 365日(平均1.9回/週)
フォロー
テントトリップ

shizuwaさんの新着記事

1件〜30件

  • アウトドアに手ぬぐいがイイ! キャンプで使える魅力がたくさん

    ここ数年、キャンプにはタオルではなく、手ぬぐいを持って行っています。 サラリとした手触りと、すぐに乾く速乾性、タオルよりずっとコンパクト。キャンプにぴったりなんですよ。 汗を拭いたり手を拭いたり、首に巻いたり枕に掛けたり、とにかくいろんなシーンで使えて便利なんです。 すごく具合が良くて、すっかりと気に入って何枚も持っています。今は100均で売っているから、手軽に買えるのも利点ですね。 手ぬぐいの魅力 「手ぬぐいなんて古くさい」ってイメージは昔のはなし。 近頃はオシャレな柄がたくさんあるし100均にも売っていたりして、けっこう身近なアイテムじゃないでしょうか? インテリアとして額に入れて飾ったり

  • 【明け方の朝ごはんデイキャンプ】でキャンプロスをスッキリ解消!

    世は7月。毎日暑いし、なんだかんだと忙しいし、「最近キャンプに行けてないなぁ」なんて思っていませんか? 奇遇ですね僕もです。 全部ほったらかして遊びに行きたいところですが、そうもいかんのですよ。だって現代人だもの。悲しいかな大人なんだもの。 でも最近、このやるせなさを手軽に解消する方法を見つけまして。 『デイキャンプ』って言うんですけどね。 以前一度やってみたら想像以上に好印象!近所の川沿いでインスタントラーメン作って食べただけなんですけど、とても良い気分転換になったんです。 https://shizuwa-camper.com/day-camp/ 手軽だし時間もかからないしで、キャンプロスの

  • 携帯性抜群のミニプライヤー スイステック【マイクロプラスEX9】レビュー

    スイステックのマイクロプラスというマルチツールを購入しました。プライヤーがメインの、小さく携帯性にすぐれた製品です。 【ナイフは不要】【携帯性重視】【安い】という条件で、ちゃんと使えるものを選んだ結果コレになりました。 キャンプに持って行く予定なんですが、そもそも僕はプライヤーの必要性をあまり感じていないんです。メインの使い道は『熱いものを掴む』になるんだけど、だったら手袋と枝で事足りちゃうんですよね。 事実、もともと所有していた大型のプライヤー付きマルチツールは、重いし邪魔だしで、いつのまにか持って行かなくなりました。 でも、なんだかんだ言ってもマルチツール自体は大好物なんですよ。やっぱりワ

  • ソロキャンプ、【じつは無くても問題ない道具6つ】を選ぶ!

    キャンプを重ねるうち、「あれ、これ要らなくね?」って感じる道具ないですか? その直感はだいたい正しい。 キャンプの持ち物リストみたいなものの中に入っている、いっけん必須に思える道具でも、慣れてくれば無くても全然問題ないのって結構多かったりします。 そういった道具を置いて行ってみると、やってる行為はいつもと同じキャンプでも、手段や目線が変わったりして新鮮味を味わえるもの。 今回は、ぼくがキャンプを重ねる中で、あまり持って行かなくなった道具をご紹介! テントorタープ テントとタープを組み合わせてビシッとセッティングされたサイトは快適です。のんびりするには最高です。過ごして楽しく見ても楽しい! そ

  • 冷たく快適なクールタオルで、服まで濡れてしまう問題

    クールタオルってご存じですか?冷感タオルとも言うみたいです。 水に濡らして絞り、首元などに巻いておくとヒンヤリして気持ちいいってヤツ。 夏の暑さはキャンプにおいても天敵。熱中症にでもなったら大変ですからね。 屋外で活動する以上、そのリスクはじゅうぶんにある訳ですよ。 少しでもその対策になればと、クールタオルを昨年に購入してみました。 なんどか使ってみたところ、良い点・悪い点が見えてきたので、ブログにあげてみようと思います。 タイトルの時点で出オチなんですけど、良かったらお付き合いください。 夏の暑さ対策にクールタオルを 夏のキャンプは、暑さ対策が必要不可欠です。 寒い場合は防寒着や暖房など色々

  • セリア【折りたたみスコップ】はバックパック向けのコンパクト装備!

    こんにちは、シズワです。 キャンプに行けないフラストレーションを買い物で発散したいところですが、只今資本が不足しております。 家って高価だよね。 そんなわけで100均に行く機会も増えたこの頃ですが、セリアさんのキャンプコーナーで折りたたみスコップを見つけました。 ちょうど 「バックパックでも持って行けるコンパクトなスコップが欲しいな」 と思っていたので、これは僥倖!と買ってみましたよ。 ぎょうこう【僥倖】思いがけない幸い・偶然に得る幸運。 セリア【折りたたみスコップ】レビュー 使用時全長:約22.8cm折り畳み時:約13.5cm幅:約6.5cm材質:スチール その名の通り、持ち手が折りたためる

  • 【抜けない!】ユニフレーム・ステンレスペグの効きがスゴイ!

    こんにちは、シズワです。 ユニフレームから発売されているステンレスペグ。 同じくユニフレームのジュラパワーペグをゴキゲンで使っていたところ、アマゾンのおすすめでコレが出てくるようになり、ついつい購入してしまった一品です。 名前のとおりステンレスで出来ており、コンパクトな見た目からは想像もつかないほどの強力な保持力を持っています。 強度もかなりのモノで、ユニフレームさんによればコンクリも砕くとか。 形状がWのカタチになっており、種類としてはVペグ・Yペグに近いのでしょうか。 かなり抜けづらく、かつ頑丈なペグになっています。 ぼくの使った範囲での感想ですが、20cmクラスのペグの中では最も保持力の

  • 6月の裏磐梯ソロキャンプ 寒暖差のコントラストが楽しい季節!

    こんにちは、シズワです。 裏磐梯へ、ひと月ぶりのキャンプに行ってきました。 ひさしぶりのソロとなります。 6月は日中の暑さも真夏ほどではなく、夜は焚き火が心地良い程度には気温が下がる。 天気さえ崩れなければとてもキャンプのしやすい時期です。 7月・8月になると、避暑地の裏磐梯とは言えさすがに暑いですから、その前に来れて良かった。 今回は日曜~月曜ということで、自分以外にお客さんは1人のみ。 まわりを気にすることなく、思う存分のんびり出来ました。 6月の裏磐梯、軽量装備でゆったりとソロキャンプを過ごすオッサンの様子をご紹介。 6月・快晴の裏磐梯、みちのくキャンプ場へ 梅雨の時期ではありますが、う

  • バックパックにも入るコンパクト火消し壺! 中華製アッシュサックの使用レビュー

    こんにちは、シズワです。 焚き火後の炭の処理に、『アッシュサック』なるものを買ってみました。 要は耐熱性の袋でして、ここに炭を入れて消火したのち持ち帰るという訳です。 ぼくが購入したのは安い中華製のもの。 品質や機能性に多少の不安はありましたが、なかなかどうして、ちゃんと使えました。 「燃えちゃったりしない?」なんて心配は杞憂だったようです。 アッシュサックはこんな製品 焚き火を楽しんだ後の炭。 灰捨て場のあるキャンプ場なら問題ありませんが、無ければ持ち帰ることになります。 https://shizuwa-camper.com/takibi-no-atosimatu/ そんな時、消火も兼ねた『

  • 【セリア】オイルボトルはアルコール燃料入れとしてどうなのか?レビュー

    こんにちは、アルコール(飲料)は大好きなシズワです。 もちろんキャンプには欠かさず持って行きますよ。 久しぶりにアルコールストーブ(バーナー)を使うため、燃料を入れる容器を100均から購入してきました。 セリアのオイルボトルです。 『アルコール燃料入れに使える』との情報があったので、さっそく試してみました。 アルコールストーブに必須!アルコール燃料入れ 3年ぶりくらいに、収納の奥から姿をみせた我がアルコールストーブ(バーナー)。 あまり自分のスタイルには合わず一度はお蔵入りしたアイテムですが、せっかく久しぶりの再会なので、ちょっと使ってみることにしました。 https://shizuwa-ca

  • お蔵入りしてしまった道具 トランギア・アルコールバーナー TRB25

    買ってはみたものの、結局使わなくなってしまう道具ってありますよね。 お蔵入りってやつです。 ぼくにとって、アルコールストーブ(バーナー)もそのひとつ。 4~5回は使ったと思うけど、その後出番は無くなってしまいました。 たしかに魅力的な部分もたくさんあります。 でも、スタイル的に合わなかったってことでしょうかね? アルコールストーブを検討している人やガスと迷っている人へ、ぼくのお蔵入り理由をご紹介。 アルコールストーブお蔵入りの理由 アルコールストーブとは、その名の通りアルコールを燃料とするアウトドア用の火器です。 trangia(トランギア) アルコールバーナー 【日本正規品】 TRB25 c

  • お蔵入りしてしまった道具 トランギア・アルコールストーブ TRB25

    買ってはみたものの、結局使わなくなってしまう道具ってありますよね。 お蔵入りってやつです。 ぼくにとって、アルコールストーブ(バーナー)もそのひとつ。 4~5回は使ったと思うけど、その後出番は無くなってしまいました。 たしかに魅力的な部分もたくさんあります。 でも、スタイル的に合わなかったってことでしょうかね? アルコールストーブを検討している人やガスと迷っている人へ、ぼくのお蔵入り理由をご紹介。 アルコールストーブお蔵入りの理由 アルコールストーブとは、その名の通りアルコールを燃料とするアウトドア用の火器です。 trangia(トランギア) アルコールバーナー 【日本正規品】 TRB25 c

  • 不測に備える!『キャンプいざというとき道具箱』Ver.2021の姿

    こんにちは、備えあれば患いなしなシズワです。 ぼくは車に、『キャンプいざというとき道具箱』を常備しています。 中身は30cmの鍛造ペグやペグハンマー、軍手などなど。 普段は使わないけれど、忘れ物や不測の事態など、文字通り『いざという時』に役立ってくれるキャンプの裏方的道具たちです。 毎年すこしずつ中身が変わるこの道具箱、2021年の姿がこちら! 不要ペグの再利用 ソロではほどんど出番のない30cmの鍛造ペグを中心に、普段あまり使わない道具をあつめ『キャンプいざというとき道具箱』を作っています。 https://shizuwa-camper.com/iza-to-iutoki/ めったに使う事は

  • アウトドア塩コショウ入れ!【GSI ウルトラライト ソルト&ペッパーシェイカー】レビュー

    こんにちは、キャンプで料理するのはけっこう好きなシズワです。 ただし、煮るか焼くかの2択ですけど。 最近「購入して良かったな」って思っている道具が、GSIのコンパクトなスパイスケース【ウルトラライト ソルト&ペッパーシェイカー】。 使い勝手ももちろん良いのですけど、なにより、その佇まいというか雰囲気が気に入りました。 この『雰囲気が気に入る』っていうのは、消耗品ではない、使う頻度の多い小物を選ぶ際には意外と大事な要素だと思うのです。 GSI ウルトラライト ソルト&ペッパーシェイカー GSIの【ウルトラライト ソルト&ペッパーシェイカー】は、一言でいえば『アウトドア用

  • 手軽さが魅力的 はじめてのデイキャンプが好印象しかなかった!

    こんにちは、わりと深刻なキャンプロス中のシズワです。 次に行けるのかいつになるのか、まったく見通しが立たちません。ホント立ちません。 ならば! 少しでもアウトドア気分を味わえればと、この前はじめてデイキャンプをしてきました。 デイキャンプを楽しもう! 引っ越しはひと段落してきたけれど、生活環境が変わったのもあり、次にキャンプへ行けるのはいつになるか分かりません。 とは言うものの、ぼくからキャンプを取り上げたら精神衛生上よくないのは明白な事実。 すでにちょっと憂鬱です。 早急に何とかする必要のある案件かと...。 そこで! デイキャンプをしてみました。 『デイキャンプ』とは日帰りで楽しむキャンプ

  • かさばるテント類の収納に! 旅行用トランクでスッキリ片付け

    テントとかタープとか、それなりに場所をとる道具の収納って悩ましい。 アパートなどに住んでいると、スペースも限られて尚更ですよね。 これらの片づけに旅行用のトランクを使ってみたら、とても具合がよくてスッキリとしました! キャンプ道具の収納問題が解決! 家の建て替えに伴い、半年間ほどアパート住まいになりました。 そこそこ広い部屋なのですが、家族4人となると、さすがに収納はいっぱいいっぱい。 今までは一軒家だったので収納スペースの問題なんて考える必要もなかったんだ、と気づきました。 ほとんどの荷物は親戚のところに預け、必要最低限のものだけアパートに持ち込む事になったのですが、さてこのキャンプ道具はど

  • キャンプの虫対策はしっかりと! 最強の虫除けアイテムを揃えよう

    こんにちは、昆虫大好きなシズワです。 肌寒い秋の夜、焚き火に誘われやってきた巨大ナナフシを膝に乗せ、一緒に暖を取った時間は幸せでした。 ですがキャンプというものは、そんな可愛らしい虫ばかりでなく、隙あらば刺しに来るような危険な害虫どもが跋扈する弱肉強食の世界でもあります。 そんな奴らから身を守るため、こちら(人間)側も強くなければなりません。 武装です。 蚊取り線香に虫除け、虫刺され。 人類の英知を結集した対虫装備を携えて、快適なキャンプライフを勝ち取りましょう! 今回は、ぼくが愛用している対虫道具を紹介します。 一般的に市販されているものの中では、最強クラスの効き目を持った製品を使っています

  • アウトドアスパイスの大本命!? GABAN『アウトサイドハーブスパイス』

    こんにちは、シズワです。もちろん肉は大好きです。 このところ、アウトドアスパイスが大人気。手軽なのに本格的な味と香りが、焚き火料理にぴったりですよね。 様々な製品が登場し、目移りしてしまうほど盛り上がっています。 そんな中ついに、スパイス界の王者『GABAN』がアウトドア向けの製品をリリース! 『アウトサイドハーブスパイス』を今年の3月に発売しました。 GABAN『アウトサイドハーブスパイス』 キャンプで肉、食べたくない? 焚き火にスキレットや鉄板をのせて、豪快に肉を焼いて食べたくなる衝動! キャンパーなら、身に覚えがあるはず。 そんな場面にピッタリなのが『アウトドアスパイス』。 どんな素材に

  • 買い時!?『TokyoCamp焚き火台』と『FUTURE FOXのギア』がセール中!

    いつものようにアマゾンさんをチェックしてたら、気になってた製品たちが特選タイムセールで安くなってる! ああどうしよう。 ここで買ったらアマゾンの思うつぼ。 だがしかし、どれも頻繁に安くなるわけじゃないしなぁ。 ちょっと記事にして落ち着いてみる。 TokyoCamp焚火台 まずこれ。TokyoCampの焚火台です。 普段アマゾンで4,980円のところ、4,183円になってました。 TokyoCamp 焚火台 焚き火台 折りたたみ焚火台 コンパクト 軽量 キャンプ 焚火 created by Rinker Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFE ¥

  • 強力&コンパクト!【ムヒの虫よけムシペールα30】はキャンプにオススメの虫除けスプレー

    キャンプには必須のアイテム、虫除けスプレー。 たくさんの種類がありますが、『どれも一緒』という訳ではありません。 有効成分の種類やその含有量など、製品ごとに違いがあります。 その中で、キャンプ用の虫除けとしてぼくがオススメしたいのは、『ムヒの虫よけムシペールα30』。 そう、虫刺されでお馴染み、あのムヒの虫除けスプレーです。 キャンプに最適!ムヒの虫よけムシペールα30 基本、自然豊かな屋外ですごすキャンプシーン。 そこは色々な虫たちの生息地でもあります。 トンボや蝶など可愛い虫ばかりなら良いのですが、刺したり吸ったりかじったり、危険なヤツラも盛り沢山。 虫対策は絶対に必要になります。 蚊取り

  • キャンプで楽しむラジオは雰囲気重視! 短波ラジオ【ELPA・ER-C74T】を購入

    突然ですが、キャンプで聴くラジオって、なんだか風情がありませんか? 焚き火や夕食の準備をしながら、ときおりノイズの混じる音で懐かしい曲なんか流れると、何とも言えない気分になります。 わかるかな? ぼくと同じようなオッサンなら、分かってくれるんじゃないかな? タップひとつでキレイに入る、スマホのアプリでは味わえない。 これは多分、昭和世代の郷愁にも似た気分なのではないだろうか。 ELPA(朝日電器)AM/FM短波ラジオ【ER-C74T】を購入 今まで使っていたものは家の台所からの借り物だったので、自分専用が欲しくて新たに購入してしまいました。 ELPA(エルパ) AM/FM短波ラジオ 海外の国際

  • 蝋まみれになった『UCOキャンドルランタン』の掃除 シンプルな道具はメンテも簡単

    こんにちは、きれい好きの面倒くさがり、シズワです。 すっかり蝋まみれになったUCOのキャンドルランタンを、掃除してキレイにしました。 ここ最近、お家時間が増えてきました。 こんなときはじっくりと、道具のメンテナンスに向き合うのも悪くありません。 ナイフを研いでもいいし、クッカーの煤を落としてもいい。 そういえば斧の柄が緩んでいたなぁ。 やりたいことは、色々あります。 『思い立ったが吉日』という。 よし、キャンドルランタンを掃除しよう! キャンドルランタンをバラして掃除 夜の明かりとしてはまったく頼りにならないけれど、そもそもそういう役目じゃない。 闇夜に灯してやれば、やさしく揺れる炎のゆらぎで

  • 5月の裏磐梯でキャンプ 『独り大好きソロキャンパーが、2人キャンプを楽しんでる模様です』

    こんにちは、ソロ活動が大好きなシズワです。 先の週末、職場の友人と2人でキャンプに行ってきました。 ソロじゃないのかよっ! って自分でも突っ込みたいところではありますが。 「なにか新しいことを始めよう」と思うのは、そう思い至ること自体が中々に貴重な事なんだな、と感じまして。 年を重ねるごとに、腰が重くなると言うか、マンネリを自覚しつつも居心地の良さに妥協してしまうというか。 最近はソロキャンプを楽しみながらも、どこか退屈さが自分の中に見え隠れしていたのですが、「慣れたらそんなもん」と思いとくに何も考えてはいませんでした。 いろいろ面倒くさくなるお年頃なんでしょうか? そんな時に、たまたま知り合

  • ケトルで煮出して淹れる北欧式 『フィールドコーヒー』の楽しさと趣きが良し!

    こんにちは、いちばん好きな飲み物はビールですが、今回はコーヒーを語りたいシズワです。 先日、初めて『煮出しコーヒー』というものを淹れてみました。 とは言ってもそんなに難しい訳でもなく、湯を沸かしたヤカンに挽いたコーヒー豆を直接入れて、ちょっと煮出すという、北欧が発祥の淹れ方です。 好みが分かれる味だと感じましたが、ぼくはたいへん美味しかった! 北欧式の煮出しコーヒー 北欧では『フィーカ』という習慣があるそうです。 親しい人や同僚などと甘いものを食べコーヒーを飲む、ようは休憩時間のことですが、その『ひととき』に固有名詞がついているの、素敵ですよね。 たんなる休憩ではなく『フィーカ』。 それだけ、

  • 【モンベル・フォームパッド180】レビュー コンパクトさを活かしてエアーマットとの併用が強い!

    モンベル・フォームパッドはクローズドセルと呼ばれるタイプのスリーピングマットです。 すごく分かりやすく言うと、銀マットの良いヤツという認識でOK。 寝袋の下に敷いて使います。 クローズドセルマットはアウトドアメーカー各社から発売されており、本当にたくさんの種類があります。 ぼくが愛用しているのが、このモンベル・フォームパッド180。 キャンプでの出動率は8割くらいと、かなり出番の多いレギュラー装備です。 今回は【モンベル・フォームパッド180】の使用感や感想、これを選んだ理由などを書いていきます。 クローズドセルマット【モンベル・フォームパッド180】 キャンプで気持ち良く眠れるかどうかは、非

  • 【山都森林スポーツ公園キャンプ場】山間の小さなキャンプ場で春を満喫

    こんにちは、シズワです。 今期の営業が始まった『山都森林スポーツ公園』へ、さっそく行ってきました。 このあたりは雪国なので、冬の間は多くのキャンプ場が休業となります。 「営業してくれれば雪中キャンプしに行くのに・・・」と思うのは、あまり普通の感覚ではないのかもしれません。 まぁ、除雪やら水道凍結やらの問題を考えたら、物好きの客が数人来たとしても割に合わないでしょうからね。 4月に入ると、冬季休業していたキャンプ場が再開します。 山都森林スポーツ公園も、4月15日に今期の営業が始まりました。 何もない、山間の小さなキャンプ場ですが、のんびりした雰囲気がお気に入りの場所です。 4月24日、今回も2

  • セリア【メッシュクッカーケース】購入 ソロクッカーにちょうどいいサイズ感

    怒涛のアウトドア攻勢を仕掛ける近年の100円ショップ。 その充実っぷりはホントすごい。 数年前までは売り場の片隅で、ちょっとしたバーベキュー用品やペラペラのレジャーシートを売っていた程度だったのに、今や100円ショップだけでキャンプの小物は揃ってしまう。 お小遣いキャンパーには心強い味方です。 セリアは、その中でも頭一つ抜けてる印象。 品ぞろえやデザインが良いのはモチロンなんだけど、商品化するものが『分かってるなぁ』って思わず唸ってしまう目の付け所がスゴイ。 今回、購入したのは『メッシュクッカーケース』。 クッカーの収納袋なんて、『買ったときに付いてくるんじゃない?』と思うかもしれませんが、

  • 小型タープの小川張りにセッティングテープは不要! ガイロープで十分だよ

    タープの張り方のひとつに『小川張り』ってのがあります。 タープとポールのあいだにロープを入れることでタープ下の空間を広くして、そこにテントを入れる方法です。 タープでは定番のアレンジ。 テントと連結することで広い前室部分ができるので、とても快適な空間ができあがる便利な張り方です。 この小川張りをするための『セッティングテープ』という専用道具がありまして、各メーカーから発売されています。 さらには自作方法なんかもたくさん紹介されています。 ですが、「いやいやソロならガイロープで十分じゃね?」ってお話です。 快適!タープの小川張り 小川張りはかつての小川テント、今はキャンパルジャパンが起源の張り方

  • ユニフレーム・ミニロースター ただの焼き網じゃない!赤外線効果でふっくら焼き上げ

    ユニフレームのミニロースターは、炎を赤外線に換えるバーナーパットと焼き網が組み合わされた、コンパクトなロースターです。 こいつで焼けば大概のものは美味しく頂ける、お手軽な便利アイテム。 毎回持って行くわけじゃないけど、定期的に出番がくる準レギュラー的な存在です。 ソロキャンプでのおつまみや、あと一品作りの定番、ユニフレーム【ミニロースター】をレビューします。 ユニフレーム【ミニロースター】レビュー 【サイズ】収納時:φ150×15mm【材質】焼アミ・フレーム:鉄・クロームメッキ/下網:耐熱網FCHw2【重量】110g ミニロースターは、持ち手のついたバーナーパットと焼き網を組み合わせた製品です

  • エバニューの万能カップ 400FDの蓋を考える

    こんにちは、キャンプでは身軽な装備が好みのシズワです。 そんなぼくが愛用する【エバニュー チタンカップ400FD】は、わずか50gしかない極薄チタンの軽量アイテム。 径が9.5cmと広いためカップとしてだけでなく、ちょっとしたクッカーとしても活躍します。 使い勝手としてはシェラカップに近く、用途の多い万能選手です。 軽さも相まって持ち出す機会の多いアイテムですが、欠点は蓋が付属していないこと。 別で購入する必要があります。 で、この400FDの蓋となる製品がこの2つ。 エバニュー チタンマルチディッシュTOAKS (トークス) チタニウムリッド  『400FDの蓋』を調べると、必ずこれらに行き

カテゴリー一覧
商用