searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

nishina hirotsuguさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Goo~Moyurupen Street Journal
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/moyurupen
ブログ紹介文
「現代文明への聖域なき提言」と Slide Show Theaterの世界を綴ります。
更新頻度(1年)

59回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2019/03/29

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、nishina hirotsuguさんをフォローしませんか?

ハンドル名
nishina hirotsuguさん
ブログタイトル
Goo~Moyurupen Street Journal
更新頻度
59回 / 365日(平均1.1回/週)
フォロー
Goo~Moyurupen Street Journal

nishina hirotsuguさんの新着記事

1件〜30件

  • 20210723-MoyurupenGate Tour for world peace

    20210723-MoyurupenGateTourforworldpeace

  • THE NEW HISTORY EYES...Vol.0038

    THENEWHISTORYEYESPresentedbyhirotsugunishinaVol.0038…「COVID-19と2021東京五輪強行開催前夜」一昨年からのCOVID-19ウイルスの世界的流行が止まらない。感染者は2021年7月下旬となり感染者は世界で二億人に迫る勢いだ。変異株もどんどん増えて、五輪によるパンデミック変異株の出現も懸念されている。米英のワクチン開発企業が接種争奪合戦を繰り広げてはいるが、安全と有効性のしっかりした指標を示せないまま、見切り発車的な戦略を推し進める余り、接種での副反応や身体への影響をおよぼす事態が続いている。ドイツ当局ではアストラゼネカのワクチンが65歳以上への接種を禁止した。モデルナ、ファイザー、アストラゼネカなどの主要開発会社は相当な投資をして緊急時での接種で注目さ...THENEWHISTORYEYES...Vol.0038

  • THE NEW HISTORY EYES...Vol.0037

    THENEWHISTORYEYESPresentedbyhirotsugunishinaVol.0037…『2021年東京夏季五輪のCOVID-19パンデミックから身を防ぐ方法』2021年も7月を迎えオリンピックの開会式まであと三週間ほどになった。日本国内でのワクチン開発も一向に進まず、外国のワクチン供給依存一辺倒で医療現場は相当混乱している。それでも日本政府はファイザーやモデルナ社から配給されたワクチンの治験を兼ねた接種戦略でオリンピックの開催を強行しようとしている。IOC側も放映権料(NBC)をベースにした営利団体という立場を貫いて、オリンピック開催によるCOVID-19のパンデミックへの懸念も意に介さず日本と歩調を合わせている事実は、オリンピックの強行開催による様々な悲劇や犠牲者を生み、地獄の黙示録を誘発...THENEWHISTORYEYES...Vol.0037

  • behind the story 2020tokyo-COVID-19

    behindthestory2020tokyo-COVID-19

  • 光の追憶2021(夏子の秘密)

    光の追憶2021(夏子の秘密)

  • 2021年度目の夏の敗戦

    THENEWHISTORYEYESPresentedbyhirotsugunishinaVol.0036…『2021年二度目の夏の敗戦』2021年東京夏季五輪開催まで残すところあと約一ヶ月となった。東京都をはじめ全国での新型コロナの新規感染者数も高止まりが続いているが、緊急事態宣言状況下での五輪強行開催は戦前の大本営の国民洗脳戦略に酷似している感がある。戦前の内閣府にあたる企画院が官民のシンクタンクである「総力戦研究所」を創設し、米国との戦争を開始したらどういう結果になるかシミュレーションをたてさせた。その結果は机上の上では惨敗。現実でもその過程は歴史が示すとおりとなり日本は惨敗した。東条首相がシミュレーション結果をもみ消したとしてはいるが、当時の昭和天皇は開戦推進派の海軍側の視点に立っていて勝てそうだったら拒...2021年度目の夏の敗戦

  • TOMEIBOJO2021完全版

    TOMEIBOJO2021完全版

  • THE NEW HISTORY EYES...Vol.0035

    THENEWHISTORYEYESPresentedbyhirotsugunishinaVol.0035…『近代オリンピックの廃止及びIOC解体論』COVID-19の世界的感染拡大の中、主催者であるIOCの正体が世界中に露呈され、取り返しの付かない状況を歴史上に記されることになった。新型コロナウイルスの蔓延拡大は大災害や戦争のレベルに相当するはずなのに、市民の生命の犠牲をいとわずに強行しようとする姿は余りにも見苦しい。地球上の各国リーダーや主要メディアも猛烈な批判を繰り返している。1984年のロス五輪以来IOCはスポーツマーケティングという商業主義的な成功により、クーベルタン男爵の五輪の理念からすっかり遠ざかってしまった。IOCと招致開催都市との不平等で一方的な契約主従関係も明らかになった。今後五輪招致に参加す...THENEWHISTORYEYES...Vol.0035

  • 東京五輪強行開催の行方。

    東京五輪強行開催の行方。

  • 2021オークス直前予想

    2021オークス直前予想

  • GINZA MANEKIN GIRLS STORY 2021

    GINZAMANEKINGIRLSSTORY2021

  • 極秘愛を貫く純愛ジェンダー浪漫小説

    極秘愛を貫く純愛ジェンダー浪漫小説

  • Introduction of MoyurupenGate

    IntroductionofMoyurupenGate

  • THE NEW HISTORY EYES...Vol.0032

    THENEWHISTORYEYESPresentedbyhirotsugunishinaVol.0032…『戦前の国体と戦後最悪の国体の酷似にみる日本の惨状』新型コロナウイルスの感染者が全世界で一億五千万人を超え、死亡者も三百万人に達した。インドでは変異種のウイルスが蔓延し一日だけでの新規感染者が四十万人を超え、ワクチン接種が他の国より進んでいるのにもかかわらず感染爆発が続いている。2021年も五月に入り、日本では中途半端なコロナ対策が医療崩壊と政権への不信を生み、東京五輪でのIOCへの忖度から、緊急事態宣言の期間を短くし、そのツケがどんなに悲惨な状況を生んでも誰も責任を取ろうとしない国体は、戦前の大本営の立ち位置とほとんど変わっていない。検疫での対応が生温いことに加えて、国産ワクチン開発を怠っている現状では我...THENEWHISTORYEYES...Vol.0032

  • 2021 tomeibojo new version

    2021tomeibojonewversion

  • GWは日本の未来予測長編動画二十六分の旅で!

    GWは日本の未来予測長編動画二十六分の旅で!

  • tomeibojo 2021 new version

    tomeibojo2021newversion

  • TOMEIBOJO2021

    TOMEIBOJO2021

  • YouYuber篇:2021東京五輪勇気ある撤退というレガシー。

    YouYuber篇:2021東京五輪勇気ある撤退というレガシー。

  • MY NEW SITE 2021

    MYNEWSITE2021

  • 五輪撤退という勇気ある選択肢。

    『勇気ある撤退という選択肢とレガシー』2021年の東京五輪の開幕まで残すところ100日を切ったというところで、コロナ感染の拡大は日に日に増している。中途半端なコロナ対策のツケが回ってきたという政府への批判は誰しもが思うところだ。無味乾燥な聖火リレーイベントは五輪予算を使い切りたい電通の思惑がありありだ。国内の五輪スポンサーには大手のメディアも加わっているがこれには大きな不条理感がある。公平な五輪報道への国民の信頼感も失う可能性は大きいからだ。IOC側はあくまで強行開催を打ち出してはいるが、内心は中止したいだろうと推察する。IOCからの中止宣言をする前に日本からの開催辞退を誘おうとしているのかも知れない。前東京五輪組織委員会会長の不適切発言から派生したポスト交代劇は密室での結果に終わった。現役の五輪担当大臣がその...五輪撤退という勇気ある選択肢。

  • 2021桜花賞

    2021桜花賞

  • THE NEW HISTORY EYES...Vol.0030

    THENEWHISTORYEYESPresentedbyhirotsugunishinaVol.0030…「電通汐留本社ビル売却と広告代理業お払い箱のビジネスモデルの終焉」1984年から五輪のスポーツマーケティングの参入に乗り出し、今日まで日本のガリバーという異名を旗印に成長してきた電通が、IT化の波に立ち後れ、コロナ禍での致命的な衰退の流れに逢っている。21世紀を迎え株式上場をはたして20年、世界の流れはIT企業を中心に激変した。電通は70年代の広告手法を今の時代に無理に合わせようとしてきたが、2020東京五輪開催延期・中止で利益は激減。本社の売却は言うに及ばず、雇用面での不安定さが表に出ざるを得なくなり、海外でのリストラ社員は何千人にも及んでいる。日本ではガリバーと言われている電通だが、こと2020東京五輪...THENEWHISTORYEYES...Vol.0030

  • THE NEW HISTORY EYES...Vol.0029

    THENEWHISTORYEYESPresentedbyhirotsugunishinaVol.0029…「コロナ禍での勇気ある2021五輪撤退と衰退する日本」2021年の東京五輪の開幕まで残すところ5ヶ月というところで、前東京五輪組織委員会会長の不適切発言から派生したポスト交代劇は密室での結果に終わった。現役の五輪担当大臣がその後を継ぎ、元五輪担当大臣が復活し、都知事・五輪組織委員長・五輪担当大臣が全て女性となった。IOCのバッハ会長も承諾はしたが、五輪開催の是非はパンデミックの勢いから見てもかなり厳しい。日本政府が海外からのワクチンをおこぼれで配給される悲しい状況は日本の衰退を的確に表しているとみて良いだろう。2020年にネアンデルタール人が6万年前に絶滅した背景に、ウイルスへの重症化を唱えた学者がいた。あ...THENEWHISTORYEYES...Vol.0029

  • THE NEW HISTORY EYES...Vol.0028

    THENEWHISTORYEYESPresentedbyhirotsugunishinaVol.0028…「迷走化する五輪と新型コロナワクチン外交」2021年2月半ば、WHOがCOVID-19の感染源を調べるため中国の武漢に調査団を派遣したが、予想通り中国当局の情報操作と証拠隠蔽戦略が成功したかのように思える。しかし、新型コロナウイルスが発生してからおよそ一年以上もたっての調査とは如何せん遅すぎた。それも中国側にお膳立てを充分整えられてからの調査でのWHOの調査結果のコメントだから、全て中国当局の思惑通りになったと言われても仕方が無い。100年後現在の出来事は果たしてどう記されているのだろうか。新型コロナウイルスの変異が著しいとされるが、現在世界で開発しているワクチンの効果が現れるのは数年かかるだろうと言われて...THENEWHISTORYEYES...Vol.0028

  • THE NEW HISTORY EYES...Vol.0027

    THENEWHISTORYEYESPresentedbyhirotsugunishinaVol.0027…「銀座マネキン嬢たちの言いたい放題時事放談」「ねぇ、チーママ、あの議員さんこの前来てくれた人じゃないの?」「エミとサトミは同伴でイタリアレストラン一緒だったわよね。でも一人じゃなかった。あたし達はお客さんのプライバシーは絶対漏らさないけど、他のお連れさんがとうとう観念したかんじ。いつかはバレるものなのよ・・・」「あたい達は銀座クラブの時短営業なんかとても出来なーーイ・・・」「コロナのせいで昼間のマネキンのお仕事もあがったりだし、不況で店長は衣装を着けてくれないし、未だに全裸のままよ・・・。夜のお仕事が稼げるし・・・」「パワハラ、セクハラ、エビハラ、ウエハラ・・・」「なら、あたしが衣装買ったげる・・・。メルカ...THENEWHISTORYEYES...Vol.0027

  • THE NEW HISTORY EYES...Vol.0026

    THENEWHISTORYEYESPresentedbyhirotsugunishinaVol.0026…「COVIUD-19と人類のDNA戦争、2021東京五輪の行方」一昨年からのCOVID-19ウイルスの世界的流行が止まらない。感染者は2021年1月下旬となり一億人を超えた。米英のワクチン開発企業が接種争奪合戦を繰り広げてはいるが、安全と有効性のしっかりした指標を示せないまま、見切り発車的な戦略を推し進める余り、接種での副反応や身体への影響をおよぼす事態が続いている。ドイツ当局ではアストラゼネカのワクチンが65歳以上への接種を禁止した。モデルナ、ファイザー、アストラゼネカなどの主要開発会社は相当な投資をして緊急時での接種で注目されてはいるが、COVIC-19の変異種までの特効薬的なカバーがどこまで可能なのか...THENEWHISTORYEYES...Vol.0026

  • 祝!第46代バイデン大統領

    マイク・ペンス前副大統領がトランプ氏と同じ動向だったら、就任式は成立しなかった。トップリーダーに就く人はやはり、人格者・人徳者でなければという想いを痛切に抱いたアメリカ市民は多かったはずだ。実行支配的には日本は米国の第51州目の「フォーイースト(極東)州」いわれても仕方が無い。戦後75年も米軍が駐留し自衛隊には制空権がいまだになく、航空機(戦闘機)開発も可視化され、いわゆる戦前のゼロ戦開発の芽を潰されていると言う現実からは逃げられない。それだけ、日本の政治は脆弱であるということを内外に露呈する結果となった。日本はサンフランシスコ講和条約を結んでも真の独立国になってはいない。素晴らしい民主主義に未だになじめない日本は自治権だけは与えられたが、今の永田町はレームダックになっていて、全有権者のための政がおろそかになっ...祝!第46代バイデン大統領

  • THE NEW HISTORY EYES...Vol.0024

    THENEWHISTORYEYESPresentedbyhirotsugunishinaVol.0024…「ドナルド・トランプ氏と共和党上院議員の“自滅の刃”と米国の未来」2024年の大統領選挙ではドナルド・トランプ氏では絶対惨敗する。修正第25条ではマイク・ペンス副大統領の出方が注目されている。彼はトランプ氏の罷免に否定的という報道がされてはいるが、ひょっとしたらというサプライズは排除できない。なぜなら、ジョー・バイデン次期大統領の承認決議では襲撃事件にも動ぜず毅然と対処し、ドナルド・トランプ氏との距離を取りつつある。マイク・ペンス氏の共和党上院議員の米国の良心に国民の目がむけられているからだ。2024年でのトランプ惨敗の予測が明確になれば、共和党上院議員の心変わりへの影響は大きくなる。弾劾決議では3分の2以...THENEWHISTORYEYES...Vol.0024

  • THE NEW HISTORY EYES...Vol.0023

    THENEWHISTORYEYESPresentedbyhirotsugunishinaVol.0023…「クリエーターと作家の新たな戦略」ユーチューバーという言葉が世に出て久しいが、クリエーターの競争はどこの業界にいっても熾烈だ。簡単に収入に結びつく算段は考えてはいけない。何をするにも元手がかかる。(金銭面だけではなく)作家で暮らしていけるというのはごく一部の方の世界の話で、日本では芥川賞・直木賞の栄光をもらっても次作が書けなければ、作家としての地位は厳しい。だから偽名で需要の多い官能の世界に行かざるを得ない状況にある。ここでも競争は激しい。下ネタが多い風俗小説は一般的な純文学の世界から見れば、大衆迎合的のように見えるけれども中には純文学より良い作品は存在する。作家は主に雑誌・出版社からの印税収入で暮らしてい...THENEWHISTORYEYES...Vol.0023

カテゴリー一覧
商用