ハンドル名
nishina hirotsuguさん
ブログタイトル
Goo~Moyurupen Street Journal
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/moyurupen
ブログ紹介文
「現代文明への聖域なき提言」と Slide Show Theaterの世界を綴ります。
自由文
-
更新頻度(1年)

29回 / 80日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2019/03/29

nishina hirotsuguさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/17 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 全参加数
総合ランキング(IN) 50,181位 51,046位 51,062位 51,048位 50,992位 51,204位 圏外 963,820サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ニュースブログ 208位 212位 214位 214位 211位 218位 圏外 9,748サイト
話題のニュース 21位 21位 22位 21位 21位 25位 圏外 668サイト
今日 06/17 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 85,285位 87,201位 87,436位 87,526位 87,544位 87,405位 圏外 963,820サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ニュースブログ 287位 296位 292位 289位 280位 281位 圏外 9,748サイト
話題のニュース 25位 25位 25位 26位 24位 27位 圏外 668サイト
今日 06/17 06/16 06/15 06/14 06/13 06/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 963,820サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ニュースブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,748サイト
話題のニュース 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 668サイト

nishina hirotsuguさんのブログ記事

  • Nobody knows global leader 2019

    Nobodyknowsgloballeader2019Nobodyknowsgloballeader2019

  • Taylor Swift The Victorias Secret Fashion Show 2014

    TaylorSwiftTheVictoriasSecretFashionShow2014TaylorSwiftTheVictoriasSecretFashionShow2014

  • behind the story 2020tokyo:第16章その4

    ■「初めて読まれる方へ」■・・・・・・小学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタントの中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育っていた。僕は美大で油彩を学び、船橋君は六大学の商学部で学んだ。みどり君と僕はピュアな慕情関係となってしまった。僕の娘千鶴もみどり君の学校で一緒だが仲は余り良くない。それから数年後、2020夏季五輪の開催が東京に決定。すでに都庁に就職していたみどり君は五輪準備委員会のメンバーとなった。だが、東京に決定したとは言え、問題が次から次と津波のように押し寄せる。2020東京は本当に大丈夫なのだろうかと、この目で追い続けるのは、時代の証言者としての責務でもある。開催までの出来事とフィクショ...behindthestory2020tokyo:第16章その4

  • 「世界のリーダー不在を懸念」

    日本の政界では、2019年の参議院改選での有利性を見いだすべく与党内で揉めているようだ。衆議院の解散も同時にというふれこみもあるが、要は安倍第二次政権が安定的な議席数を維持する保証が得られるかどうかということだろう。10月の消費税増税は断行するといわれてはいるが、この有無と内閣支持率が自己都合解散のキーポイントとなる。解散は首相の専権事項というのは国民にとっては迷惑な話だが、これは憲法ですでに決まっていることなので変えようがない。首相は解散の閣議決定を引き出すことができるようだ。消費税が上がっても大手新聞社の軽減税率は適用される。新聞社はTV局の大株主だ。官邸への忖度は選挙の行方にも影響する。老後世帯の2000万円捻出問題と投資の推奨はあまりにも身勝手極まりない。安倍第一次内閣も年金問題で参議院選挙の大敗を喫し...「世界のリーダー不在を懸念」

  • 「個人の債権放棄版の有効活用で乗り切る方法」

    消費者ローンのCMがかまびすしい。いまでは銀行業界がサラ金のまねをしているのは断末魔というしかない。毎年12月になると年を越せるかどうか江戸時代の庶民の周りでは、お金をめぐる件では慌ただしくなったんだろうなと感じている。一年の計は師走にあり。まず年を越せるかどうかだ。現代でもそれは全く変わらない。世の中を取り仕切る胴元が変わっただけで、社会の仕組みは同じなのだから、征夷大将軍、天皇、軍部、戦後の民主政権と移り変わっても、弱者と強者の共存とその差別化と不条理は存在するからだ。御上の申すことには逆らえない、という徹底した封建制度での生き方が日本人の深層心理に働き、真面目に生きれば生きるほどバカをみる時代の風潮には懸念せざるを得ない状況になっている。日本は戦後70年を過ぎても、米軍の駐留はそのままだし、日米地位協定・...「個人の債権放棄版の有効活用で乗り切る方法」

  • behind the story 2020tokyo:第16章その3

    第十六章~■「初めて読まれる方へ」■・・・・・・小学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタントの中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育っていた。僕は美大で油彩を学び、船橋君は六大学の商学部で学んだ。みどり君と僕はピュアな慕情関係となってしまった。僕の娘千鶴もみどり君の学校で一緒だが仲は余り良くない。それから数年後、2020夏季五輪の開催が東京に決定。すでに都庁に就職していたみどり君は五輪準備委員会のメンバーとなった。だが、東京に決定したとは言え、問題が次から次と津波のように押し寄せる。2020東京は本当に大丈夫なのだろうかと、この目で追い続けるのは、時代の証言者としての責務でもある。開催までの出来事と...behindthestory2020tokyo:第16章その3

  • behind the story 2020tokyo:第16章その2

    第十六章~■「初めて読まれる方へ」■・・・・・・小学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタントの中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育っていた。僕は美大で油彩を学び、船橋君は六大学の商学部で学んだ。みどり君と僕はピュアな慕情関係となってしまった。僕の娘千鶴もみどり君の学校で一緒だが仲は余り良くない。それから数年後、2020夏季五輪の開催が東京に決定。すでに都庁に就職していたみどり君は五輪準備委員会のメンバーとなった。だが、東京に決定したとは言え、問題が次から次と津波のように押し寄せる。2020東京は本当に大丈夫なのだろうかと、この目で追い続けるのは、時代の証言者としての責務でもある。開催までの出来事と...behindthestory2020tokyo:第16章その2

  • 白い巨塔2019

    テレビ朝日開局60周年記念スペシャルドラマシリーズ、2019年版「白い巨塔」が始まった。田宮二郎が31回、唐沢寿明が21回、岡田准一が5回と放映回数が異なるが、視聴率の視点からは唐沢・江口コンビがダントツで、最高瞬間視聴率が関西で40%近くまでいったというモンスタードラマだった。確か2003年のフジテレビの開局記念だが、今回の岡田財前のドラマを観て、個人的には唐沢財前がまた観たくなった。唐沢財前は田宮財前の最終回の視聴率31.4%を抜く32.1%だった。この記録は当分抜かれることはないだろう。原作者の山崎豊子は唐沢の主役に疑問を持っていたが、クランクインの前に会食をした際に面白い人と気に入られ、OKが出された。最終回撮影収録後はとても彼に感心したという。現場の撮影シーンでは実際の外科医が数名いて細かな手術の手先...白い巨塔2019

  • 日本のエンターテインメント雑感。

    平成と令和を挟んでの2019年のNHKの朝連ドラは評判がいいようだ。広瀬すずちゃんもすくすくと大女優への階段を登り始めた感じがする。脚本も背伸びをしている風には感じられないし、戦前戦後の庶民の生き様や本音の裏側を掘り起こさせてくれる秀悦なドラマだと思っている。NHKの朝ドラの主演をこなして一人前という風潮は間違いではない。草刈正雄さんの存在感がドラマの大きな基盤を作っている。すずちゃんの子役は「おしんの子役時代」を思い出してくれた。おしん俳優の小林綾子さんも出演しているのだからイメージが交錯しないわけがない。ここ十何年も日本のテレビドラマや映画が衰退の一途を刻んでいることは誰の目にも明らかなはずだ。米国のテレビドラマは今全盛期を迎えているように思える。中国も映画エンターテインメントには本腰を入れて取り組んでいる...日本のエンターテインメント雑感。

  • 和平化をもてあそぶアングロサクソンの戦略。

    ユダヤ人のパレスチナ入植は、ナチ政権との「ハーヴァラ協定」が結ばれた頃からだが、裕福なユダヤ人だけが可能だったようだ(戦前では25万人、戦後建国時では65万人もいた)。貧しいユダヤ人は取り残された。そして戦後イスラエルが建国されてからが悲劇が始まる。旧約聖書の時代からの紛争の歴史は未来永劫途絶えることはないだろう。ローマ帝国のころから続いている十字軍とイスラムの戦いの終わりは見えていない。子々孫々に引き継がれても憎悪の連鎖を絶たない限り決して平和は訪れない。エルサレムへの大使館移設は世界最終戦争への加速を意味する。リビアは核関連を米国に移送し、結局は米国に潰される。北朝鮮はそれを踏まえながら交渉しているに違いない。米朝首脳会議の成功は妥協点を何処に置くかだろう。個人的にはアングロサクソンは好きではない。中国も台...和平化をもてあそぶアングロサクソンの戦略。

  • 令和時代雑感

    2019年5月1日から日本の元号が令和になった。新しい天皇陛下皇后の未来と日本のこれからはどうなるのか、いまこの時代に生きる私たちは試行錯誤して歩んで行かなければならなくなるのだろう。今年は特例で10連休にはなったが、一部の企業や業界を除いては、いつも通りの勤務や休みを取るところがほとんどだったのではないだろうか。この間、駅のホームでは通勤時でも混んでいたし、学生たちは部活で汗を流し、休暇に使う余分な資金がないというのが庶民の実感だとおもう。官邸の景気動向街角ウォッチャーは政府が民間に嘱託で調査させ、それをもとに景気指数の判断材料にするわけだが、これとて正しい数値になっているかは怪しいものだ。6年ぶりの景気悪化指数が顕著になっているようだが、そういうことを言われなくても、ここ二十年間は可処分所得が減り続けている...令和時代雑感

  • 「はい、こちら2020東京五輪」第16章 その一

    第十六章~■「初めて読まれる方へ」■・・・・・・小学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタントの中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育っていた。僕は美大で油彩を学び、船橋君は六大学の商学部で学んだ。みどり君と僕はピュアな慕情関係となってしまった。僕の娘千鶴もみどり君の学校で一緒だが仲は余り良くない。それから数年後、2020夏季五輪の開催が東京に決定。すでに都庁に就職していたみどり君は五輪準備委員会のメンバーとなった。だが、東京に決定したとは言え、問題が次から次と津波のように押し寄せる。2020東京は本当に大丈夫なのだろうかと、この目で追い続けるのは、時代の証言者としての責務でもある。開催までの出来事と...「はい、こちら2020東京五輪」第16章その一

  • 2019.11.19 miraikara no arashi(new version)(1/2)

    2019.11.19miraikaranoarashi(newversion)(1/2)2019.11.19miraikaranoarashi(newversion)(1/2)

  • 回想:初めての個展

    18歳で上京して3年間民間会社で勤務後、美大に進んだ。卒業したのは20代半ばだった。30歳の誕生日を節目に銀座4丁目和光裏の画廊で個展を開催。確か広告代理店に入社してから三年目あたりかな。当時の会社の社長にも挨拶状と個展の写真を送ったが、今でも懇意にしているS氏から送られてきた。当時はまだ写メも携帯もない時代だからフィルムの保管はものぐさな私ににとっては苦手だった。一週間で画廊の賃貸料は35万円、受付嬢のかたを7日間お願いして一日食事付きで1万円、搬送費、印刷、広報代併せて、50万円はかかったかもしれない。絵は半分ほど売れたが25万円くらい。貯金を全部はたいて思い切りやったのはどうしてだろうと今でもおもう。銀座界隈のおばさんたちやOLたちには人気があった。。。回想:初めての個展

  • 「戦後の世界秩序と靖国問題を公平な目で検証」

    プロパガンダの餌食になるのは、罪のない一般市民です。その本質を突き詰めてこそ、真実と時代の正当性が問われることになります。ですから、政治的無関心は、己の生死を決める致命的な行為となるのです。以前安倍氏の突如の靖国参拝が世界中から批判の嵐ですが、冷静に時代の流れを認識するかたなら、状況と解決方法は浮かんでいるはずです。戦争というのは負ければ勝った方の都合に合わせて、身を施さなければならないのは歴史の必然ですが、かといって、負けた方の言い分を勝った側に主張しないのも問題。靖国に限って言えば、戦勝国(連合国)側からの目では、極東裁判におけるA級戦犯が合祀されているのはけしからん、ということでしょう。ですから、靖国を元に戻すか、分祀をすればいいわけです。国際連合というのは日本語での解釈でしかなく、UnaitedNati...「戦後の世界秩序と靖国問題を公平な目で検証」

  • 2019天皇賞春、香港G1

    4,5,12,13BOX2019天皇賞春、香港G1

  • 誰にも負けない悪魔のリストラ防衛術

    誰にも負けない悪魔のリストラ防衛術誰にも負けない悪魔のリストラ防衛術

  • behind the story 2020tokyo:第15章その4

    第十五章~■「初めて読まれる方へ」■・・・・・・小学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタントの中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育っていた。僕は美大で油彩を学び、船橋君は六大学の商学部で学んだ。みどり君と僕はピュアな慕情関係となってしまった。僕の娘千鶴もみどり君の学校で一緒だが仲は余り良くない。それから数年後、2020夏季五輪の開催が東京に決定。すでに都庁に就職していたみどり君は五輪準備委員会のメンバーとなった。だが、東京に決定したとは言え、問題が次から次と津波のように押し寄せる。2020東京は本当に大丈夫なのだろうかと、この目で追い続けるのは、時代の証言者としての責務でもある。開催までの出来事と...behindthestory2020tokyo:第15章その4

  • 87歳老人の暴走殺人と不逮捕。

    「上級国民」、「下級国民」という概念が、池袋での87歳老人が若き母娘の命を車でひき殺した事件で街角を徘徊している。被害車の父親はただただ残念でたまらない旨を記者会見で述べるも、加害者のほうは被害者者家族への謝罪が一切ない。何よりも腑に落ちないのは、加害者が「上級国民」で逮捕されないという点だ。警察が事情を聴いて証拠隠滅の恐れがないことを理由に事情を聴取しただけだという。メディアも元高級官僚ということで、忖度をしてか加害者への罪の追及がなされていないのは不自然で、ネットでの反応は加害者への中傷が拡散している。それも仕方のないことなのだろう。他の地域でも高齢者の事故が後を絶たないのに、国は一向に動こうとしない。自動車業界への忖度と言われても仕方がない。ほんとにどうにかしてくれという悲鳴が庶民の大多数の考えだ。道交法...87歳老人の暴走殺人と不逮捕。

  • MOYURUPEN! NOVEL TOUR by Mr.NISHINA

    MOYURUPEN!NOVELTOURbyMr.NISHINAMOYURUPEN!NOVELTOURbyMr.NISHINA

  • Bon Jovi - Rock in Rio 2017 - FULL CONCERT (1080p)

    BonJovi-RockinRio2017-FULLCONCERT(1080p)BonJovi-RockinRio2017-FULLCONCERT(1080p)

  • behind the story 2020tokyo:第15章その3

    ■「初めて読まれる方へ」■・・・・・・小学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタントの中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育っていた。僕は美大で油彩を学び、船橋君は六大学の商学部で学んだ。みどり君と僕はピュアな慕情関係となってしまった。僕の娘千鶴もみどり君の学校で一緒だが仲は余り良くない。それから数年後、2020夏季五輪の開催が東京に決定。すでに都庁に就職していたみどり君は五輪準備委員会のメンバーとなった。だが、東京に決定したとは言え、問題が次から次と津波のように押し寄せる。2020東京は本当に大丈夫なのだろうかと、この目で追い続けるのは、時代の証言者としての責務でもある。開催までの出来事とフィクショ...behindthestory2020tokyo:第15章その3

  • 『NEXT IMPULSE』

    『NEXTIMPULSE』『NEXTIMPULSE』

  • MOYURUPEN! NOVEL TOUR by Mr.NISHINA

    MOYURUPEN!NOVELTOURbyMr.NISHINAMOYURUPEN!NOVELTOURbyMr.NISHINA

  • behind the story 2020tokyo:第15章その2

    ■「初めて読まれる方へ」■・・・・・・小学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタントの中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育っていた。僕は美大で油彩を学び、船橋君は六大学の商学部で学んだ。みどり君と僕はピュアな慕情関係となってしまった。僕の娘千鶴もみどり君の学校で一緒だが仲は余り良くない。それから数年後、2020夏季五輪の開催が東京に決定。すでに都庁に就職していたみどり君は五輪準備委員会のメンバーとなった。だが、東京に決定したとは言え、問題が次から次と津波のように押し寄せる。2020東京は本当に大丈夫なのだろうかと、この目で追い続けるのは、時代の証言者としての責務でもある。開催までの出来事とフィクショ...behindthestory2020tokyo:第15章その2

  • 日本人の精神的退化を問う。

    平成天皇の生前退位に伴い、2019年5月1日から採用する新たな元号が始まる。新元号名は万葉集から採ったもので「令和(れいわ)<reiwa>)と決まった。令という文字は自体によっては(手書き文字・行書体・教科書体・楷書体など)、下の部分が「マ」でも正しいという。個人的にはマの方がバランス的には整ってはいると思う。おおむね国民の七割ほどの人が好感をいだいているという。音読的にも柔らかでいい響きかなと思っているし、文字通り良い時代になればいいなと心底期待はしている。「令和」というのは言葉からすると、上からの命令・秩序による国と民の調和ということになる。見方によっては一国を統率し易い意味もある。自分にとっては最後の元号になるとはおもうが、以前の「明治・大正・昭和」の三代に生きられている方はさすがに少なくなっているが、「...日本人の精神的退化を問う。

  • 新たな元号

    新たな元号

  • reiwa Romance story by H.N

    MoyurupenGateromanceworld2019reiwaRomancestorybyH.N

  • behind the story 2020創作メモ(最新版)

    「はい、こちら2020東京五輪」(BehindtheStory2020tokyo)学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタントの中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育っていた。僕は美大で油彩を学び、船橋君は六大学の商学部で学んだ。みどり君と僕はピュアな慕情関係となってしまった。僕の娘千鶴もみどり君の学校で一緒だが仲は余り良くない。それから数年後、2020夏季五輪の開催が東京に決定。すでに都庁に就職していたみどり君は五輪準備委員会のメンバーとなった。だが、東京に決定したとは言え、問題が次から次と津波のように押し寄せる。2020東京は本当に大丈夫なのだろうかと、この目で追い続けるのは、時代の証言者としての...behindthestory2020創作メモ(最新版)

  • behind the story 2020tokyo:第15章その1(追記版)

    ■「初めて読まれる方へ」■・・・・・・小学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタントの中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育っていた。僕は美大で油彩を学び、船橋君は六大学の商学部で学んだ。みどり君と僕はピュアな慕情関係となってしまった。僕の娘千鶴もみどり君の学校で一緒だが仲は余り良くない。それから数年後、2020夏季五輪の開催が東京に決定。すでに都庁に就職していたみどり君は五輪準備委員会のメンバーとなった。だが、東京に決定したとは言え、問題が次から次と津波のように押し寄せる。2020東京は本当に大丈夫なのだろうかと、この目で追い続けるのは、時代の証言者としての責務でもある。開催までの出来事とフィクショ...behindthestory2020tokyo:第15章その1(追記版)