searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

tisekiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
【実録】公務員の不正・不祥事と市民の不祥事により被る被害とその対策・予防策
ブログURL
https://tisekiyaita.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
公務員の不正・不祥事は多い。 これら不正・不祥事には市民や業者が関与する場合があり、日常生活にも悪影響を与える。 地籍調査で矢板市役所経済建設部の不祥事と不適切な対応を受け、問題点を考察し、対策・予防策の有無について考察し、掲載する。
更新頻度(1年)

37回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/03/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tisekiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
tisekiさん
ブログタイトル
【実録】公務員の不正・不祥事と市民の不祥事により被る被害とその対策・予防策
更新頻度
37回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
【実録】公務員の不正・不祥事と市民の不祥事により被る被害とその対策・予防策

tisekiさんの新着記事

1件〜30件

  • 縦割り110番に期待できるか

    ― 縦割り110番に期待できるか ― 河野行革相が開設した縦割り110番。4000通のメールが届き、現在は新規受付を一時停止中。 縦割り行政を上手く使い分け、不正行為すら有耶無耶にする行政組織。腐敗認識指数が先進国中でもずば抜けて酷い日本。縦割り110番に期待できるか?https://www.taro.org/kaikaku110...

  • 非常時に役立たない防災無線

    - 非常時に役立たない防災無線 - 先日、長時間の停電があった。後で調べてみると矢板市内の多くの地区で停電があったようだ。 非常時には全く役に立たないと想定していた行政無線は当然のように沈黙したまま。豪雨の際にも雨音でかき消されて聞こえなかった。晴れた日の屋外ですら数か所のスピーカーから流れるアナウンスは、時間差があって、何を言っているか分からない。 戸別受信機の無償貸与制度はあるようだが、独居老...

  • ちぐはぐな防災体制

    ― ちぐはぐな防災体制 ―洪水等の自然災害に備えて自治会毎に防災訓練を行うこととされている。防災訓練を行うこと自体に異論は無い。 しかし、自然災害発生時の避難場所は小中学校等。自治会毎の防災体制と現実に起きることが想定される避難が全くリンクしていない。現実に洪水等が発生した場合、氾濫した河川をどのように渡れと言うのか?形式的な行事を行って成果としてアピールするつもりか?...

  • 地方公務員の告発義務

    ― 地方公務員の告発義務 ―■公務員の告発義務 公務員には、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない(刑事訴訟法239条2項)。 公務員が告発を行うべきか否かは、①犯罪の重大性②犯罪があると思料することの相当性③今後の行政運営に与える影響等の諸点を総合的かつ慎重に検討して判断するものとされている。 特に、重要なのが②。犯罪があると思料することの相当性の調査が不十分だと...

  • 長の力量

    ― 長の力量 ― Go Toキャンペーンと言う愚策で東京都を対象から外したため、那須塩原市の旅館、ホテルがキャンセルにより絶望的な状況に追い込まれそうになっていた。 しかし、那須塩原市民が市内の宿泊施設に宿泊した際、最大1万円を補助(補助は既に終了)すると言う那須塩原市独自の施策により、客室が埋まり、旅館やホテルは救われたようだ。 それに比べて矢板市の動きは鈍いと感じることが多い。那須塩原市の市長は渡辺美...

  • さらに異常性を増すばかりの隣人達

    - さらに異常性を増すばかりの隣人達 - 先日のこと、裏庭の垣根を刈り込んでいた。するといつものように口笛を吹き始めた隣人。間もなくして自転車で偵察に来た。それでも、刈り込んでいたのは道路とは反対側。一瞬刈り込むのを止めて見送った。 しばらくして道路側を刈り込んでいると、今度はご婦人が偵察。目が合うと逃げるように戻っていった。刈り込んでいたのは隣家とは遠く離れた箇所。異常な隣人達。夫婦揃って異常だ...

  • 不気味な監視者

    ― 不気味な監視者 ― 自宅の敷地内には砂利を敷いている。敷地内を歩けば音が出る。すると隣人が口笛を吹きながら出てきてはこちらをじーっと見ている。必ずと言っても過言ではない。 庭木の剪定のためにヘッジトリマーを運転しただけでウロウロと。隣人から姿が見えない場所で剪定していたら道路にまで出てきてウロウロと。不気味な監視者。盗っ人猛々しい不気味な隣人。...

  • 盗人猛々しい

    ― 盗人猛々しい ― 三省堂 大辞林 第三版によれば、『盗みや悪事をはたらき、それをとがめられても、ふてぶてしい態度をとったり逆に居直ったりするさまをののしっていう語。』他人を貶め、悪事を働く者は少なからずいる。ののしらなくても、心のなかでそう思うことはある。...

  • 市長再選で改革は進むのか?

    ― 市長再選で改革は進むのか? ― 矢板市長としてさいとう淳一郎氏が再選された。新型コロナウイルス対策を進めていることを訴えていた。選挙会場に行って感じたこと。入り口のドアは開けられていたものの、窓は締め切られ、ストーブが炊かれていた。少なくとも1箇所の窓を開けなければ換気は不十分になる。 寒い日ではあったが、職員等に防寒着を着用させるべきだったと感じた。選挙期間中に配布されたパンフレットに記載され...

  • 矢板市民による審判の日

    ― 矢板市民による審判の日 ― 矢板市長選挙の日。矢板市民による審判が下される日。矢板市長が変われば行政の公正さを担保できるのか?公正でよほど強力な指導力があれば可能かもしれない。期待できるのか?...

  • いびつな矢板市長選

    - いびつな矢板市長選 -4月12日投開票の矢板市長選。現職市長の斎藤淳一郎氏と市議・前議長の和田安司氏の一騎打ち。斎藤淳一郎氏は旧みんなの党出身で、前自民党出身の青木克明県議が味方。和田安司氏は自民党・公明党推薦で、旧民主党系の議員が応援する。下野新聞では『市民党』と与党支援としているが、辛酸を嘗めさせられている一市民としては、利害関係だけで繋がったいびつな関係にしか見えない。...

  • 一斉休校で教育の現場で大変だったようだ

    - 一斉休校で教育の現場で大変だったようだ - 珍しく矢板市がテレビで報道された。矢板市長だけが目立ったが、実際に苦労したのは教育現場の長だったようだ。猛反対を説き伏せて、土日を登校日にして3月2日から一斉休校にしたお陰で各種の準備ができたようだ。 中国への忖度を込めたインバウンド優先とクルーズ船の対応により傷口を広げ、広範囲な感染を引き起こしてしまった結果だろう。 実害を被るのはいつも下の者。三...

  • 2019年公務員「腐敗度ランキング」日本は20位

    - 2019年公務員「腐敗度ランキング」日本は20位 - 2019年の世界の公務員の腐敗度ランキング「CPI(corruption perxeption index)」が発表された。https://www.transparency.org/cpi20192016年に20位に落下し、腐敗解消の流れは感じられない。https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-16.html...

  • 杜撰な新型コロナウイルス対応

    - 杜撰な新型コロナウイルス対応 - ニュース等を見ていて危機管理体制の不備を感じた人は多いと思う。陽性反応が出てしまうと後の仕事に差し支えるから検査をしなかったとか、インバウンドによる収入が減るから入国規制を緩くしているとか・・。傷口を広げているとしか言いようがない。 新型コロナウイルスが疑われる場合は、都道府県毎の広域健康福祉センター及び保健所等の相談窓口に相談が必要。栃木県の場合は、以下を参...

  • 敗訴率が高い行政訴訟でなぜ闘うのか

    - 敗訴率が高い行政訴訟でなぜ闘うのか - 被告の行政側に非があっても原告の敗訴率が限りなく100%に近い行政訴訟。それでもなぜ闘うのか?良心と気概があるからだろう。https://www.lec-jp.com/h-bunka/item/v236/pdf/200402_28.pdf 公務員全てが不正に関与している訳ではない。今般も真面目過ぎる内閣府への出向職員が理不尽な事由により生涯を閉じた。 また、経産省の若手キャリアの中途退職が話題になっていた。平和ボ...

  • 利益相反行為

    - 利益相反行為 - ある行為により、一方の利益になると同時に、他方への不利益になる行為を言う。他人の利益を図るべき立場にありながら、利益を図るべき他人に対する義務違反になる場合が多い。 クライアントと対峙する相手の意見を拝聴し参酌する場合はどうなのだろう?...

  • 都道府県別訴訟の推移

    - 都道府県別訴訟の推移 - 古い記事しか見つからなかったが、全国市長会の作成した都道府県別の統計があった。http://www.mayors.or.jp/p_opinion/documents/old/sosyou/h14gaiyou/h14outline.pdf 総数の伸びの割に行政事件の伸びは低い。人口段階上位の都市ほど訴訟の比率が高く、人工100万人当たりの訴訟事件数をみると西日本が多い。 この調査は平成19年をもって終了していた。http://www.mayors.or.jp/p_opinion/docume...

  • 楽な公務員の仕事

    - 楽な公務員の仕事 - 「楽な仕事」には、肉体的、精神的な両面があるようだ。多くの場合、公務員は肉体的、精神的の両面で「楽」な場合が多い。【肉体面】・肉体労働がない(自衛隊等除く)・ノルマがない・残業がない・夜勤がない(国の場合不夜城に近いものはある)・危険がない(例外はある)・公休通りに休める(例外はある)・有給が取りやすい(例外はある)【精神面】・競争がない・残業があっても残業代が確実に出る...

  • 矢板市役所経済建設部ベテラン職員の言動のレベル

    - 矢板市役所経済建設部ベテラン職員の言動のレベル - A家との境界を巡る話し合いの中である物に執着するので不審に思い、過去の資料を調査した。結果、信頼関係を破壊される痕跡を発見した。 また、矢板市役所経済建設部、民民には関与しないとしつつ、不都合な点については揚げ足をとるように介入してきた。しかも、その職員の知見は間違っていた。 以後の名称はとりあえず仮称としておく。A家のジュンイチさんと矢板市役...

  • 悪意をもって

    - 悪意をもって - 善意と悪意。通常の場面で使われる意味は字面通り。 しかし、法律用語での意味は異なる。悪意は、ある事実について知っていること。善意は、ある事実について知らないこと。 法律は条文の字面だけで判断される訳ではない。最高裁で不備が認められれば、次回法律が改正されるまで判例として尊重される。それを知っている者が故意に捻じ曲げる場合は「悪意をもって」となる。...

  • 司法制度の世界も忖度

    - 司法制度の世界も忖度 - 行政訴訟の原告側の敗訴率が異常な日本の司法制度。行政が被告となる行政訴訟を提起されたとしても、有罪になる確率の低さは先進国の中でもトップクラス(最低レベル)。https://tisekiyaita.blog.fc2.com/blog-entry-24.html 他方、上級国民である国会議員が検察のお世話になることもある日本。一例はIRの件。 両者には共通点が存在する。前者は行政が行うことは正しいとする忖度。後者は忖度...

  • インパクトに欠けたゴーン会見

    - インパクトに欠けたゴーン会見 - ゴーン被告の会見で日本の司法制度の改革に繋がることを期待していたが、保身の釈明をしたに過ぎない印象を受けた。  ただし、メディアの取り扱いに温度差があるものの、司法制度の不備のみならず、不法行為を行うグループを入国させ、逃亡を助長させた危機管理の不備を露呈させた点は大きい。...

  • 司法改革は進むのか?

    - 司法改革は進むのか? - ゴーン被告の逃亡劇がニュースになっている。日本の法令違反であることは明らか。 しかし、世界的に見ると明らかにおかしな日本の司法制度の改正に繋がればそれなりに良いことかもしれない。 日本の司法制度の最大の欠点は、公的な機関が行ったことは正しいと看做すことを前提にしていること。例えば、市役所の職員が住民相手に不正を働き、これに憤った住民が行政訴訟を起こそうが、刑事訴訟を起...

  • 公務員不祥事に関するマスコミ報道への疑問点

    -公務員不祥事に関するマスコミ報道への疑問点- ニュースで目に留まる公務員の不祥事。教員、警察官、自衛官などの不祥事は大々的に流される。 しかし、警察庁の統計データを見る限り、例えば教員の検挙件数は少ないほうだ。https://www.npa.go.jp/toukei/soubunkan/h29/h29hanzaitoukei.htm これを加工した『世界を見える化するサイト ミエルカ』編集の職業人口当たりの刑法犯(検挙人数/職業人口10万人)を参考すると次のよう...

  • 矢板市の市道と宅地の境界が未確定の一因に矢板市役所の法令違反

    -矢板市の市道と宅地の境界が未確定の一因に矢板市役所の法令違反- 栃木県矢板市役所経済建設部による地籍調査で市道との境界が確定していない一因に矢板市役所側(矢板市役所経済建設部)の法令違反(コンプライアンス違反)が続いたことにある。公務員不祥事が身近にもあることを思い知らされた。法令違反の酷さに話し合いを進める気分では無かった。 また、期が変わり、既に筆界未定にされていたと思っていた。 D家と矢板...

  • 矢板市のA家が工事を急いだ訳

    -矢板市のA家が工事を急いだ訳-矢板市役所から通知。まだ、筆界未定にはなっていなかった。筆界未定になる前に小堀建設に工事を急がせたということか。...

  • 地籍調査に関する矢板市役所経済建設部の主な関係者

    -地籍調査に関する矢板市役所経済建設部の主な関係者-漏れはあるかもしれないが、矢板市役所の地籍調査の主な関係者。 経済建設部農林課地籍調査班M氏 経済建設部建設課建設担当T氏 経済建設部建設課管理住宅担当M氏とその部下のM氏...

  • google-site-verification: google61349da4c6b7e977.html

    「地籍・筆界」に関するページです。google-site-verification: google61349da4c6b7e977.html のページ

  • 改めてブログの趣旨とご紹介

    「その他」に関するページです。改めてブログの趣旨とご紹介 のページ

  • A家の身勝手な言い分

    「地籍・筆界」に関するページです。A家の身勝手な言い分 のページ

カテゴリー一覧
商用