chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Miyaさんの写真通信 https://photo1124.blog.fc2.com/

百名山登山を目指しつつ、風景、野鳥、植物、世界の郵便ポストを追い求めています。 カメラはオリンパスのOMD E-M1X、PEN-F、STYLUS TG-4 Toughを中心にカメラ機材を含め紹介していきたいと思います。

Miya
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/03/12

1件〜100件

  • 元気に育つツミの幼鳥

    元気に育つツミの幼鳥!ツミ(雀鷹)は、動物界脊索動物門鳥綱タカ目タカ科ハイタカ属に分類される鳥です。大きさは、オスが27cm、メスが30cm程度で、メスの方が少し大きい形態で、翼開長50~63cm、体重75~160gぐらいと言われています。漢字表記の雀は「小さい」の意味で、和名はスズメタカが変化したメスに対しての呼称に由来するそうです。今日(2022.7.2)は久し振りにツミの観察です。可愛いですよね。★ブログランキングに参加...

  • キセキレイの餌渡し

    キセキレイの餌渡し!キセキレイは、スズメ目セキレイ科に分類される鳥類の一種で、全長20cm、細身の体をしており、長いしっぽは全長の半分もあります。頭から肩と背中にかけては灰色で、目の上の白い線は眉毛のようになっています。鳴き声は、「チチッ チチッ」と鳴き、大きな波形をえがいて飛びます。トンボを捕らえたキセキレイが岩の間にいる雛に餌渡しです。可愛いですね。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂ける...

  • 森林で囀るキビタキ

    森林で囀るキビタキ!キビタキは、スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科に分類される鳥類の一種で、全長14㎝、オスは頭部から背面にかけて黒く、眉斑、腹部と腰は黄色です。また、翼に白い斑、喉は鮮やかな橙黄色です。これに対し、メスは、上面は褐色、腹部は褐色がかった白色です。中ノ茶屋の周辺で出会ったキビタキです。はなやかな色あいと、明るく大きなうたごえに癒されました。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると...

  • 響き渡るキジの母衣打ち

    響き渡るキジの母衣打ち!キジは、キジ目キジ科キジ属に分類される鳥類で、オスは全長80cm、メスは60cmくらいで、尾の長いことが特徴です。オスは濃い緑色の体で、繁殖期になると、ハート型の赤い顔になり、「ケーンケーン」と鳴きながらメスを求めます。キジの雛との出会いを求め出掛けた宗岡では、まだまだ母衣打ちが盛んでした。母衣打ちとは、キジのオスが翼を激しく羽ばたかせながら、「ケーンケーン」という大きな声で鳴き縄...

  • ケリの幼鳥の飛翔

    ケリの幼鳥の飛翔!ケリは、チドリ目チドリ科タゲリ属に分類される鳥類の一種で、全長36cmです。頭から首は灰色、背や翼の上面雨覆は灰褐色、腹・尾は白色で、先の方に黒帯が出ています。脚が長く、飛んだ時には尾よりも脚が後方に出ています。また、翼の初列風切羽が黒色のため、翼下面や腹の白色との対照が鮮やかで、よく目立ちます。「キキッ キキッ」 あるいは「キリッ キリッ」など歯切れの良い大きな声を出します。主に関...

  • セイタカシギの飛翔

    セイタカシギの飛翔!セイタカシギは、チドリ目セイタカシギ科に分類される鳥類の一種で、全長37cm、脚が非常に長く背が高いのが特徴です。脚は赤または桃色で、翼は灰色、首筋から腹部にかけては白色、爪楊枝のように真っ直ぐに細長い嘴は黒色で虹彩は赤色です。暑い炎天の青空に向かいセイタカシギが飛び立ちました。背景の青空が惹きたててくれました。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。に...

  • セイタカシギの幼鳥と見守る親鳥

    セイタカシギの幼鳥と見守る親鳥!セイタカシギは、チドリ目セイタカシギ科に分類される鳥類の一種で、全長37cm、脚が非常に長く背が高いのが特徴です。脚は赤または桃色で、翼は灰色、首筋から腹部にかけては白色、爪楊枝のように真っ直ぐに細長い嘴は黒色で虹彩は赤色です。上空で見守るセイタカシギ、カルガモを追い払うセイタカシギ、幼鳥は3羽ですが元気に育っています。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると...

  • 元気に育つイソヒヨドリの幼鳥

    元気に育つイソヒヨドリの幼鳥!イソヒヨドリは、スズメ目、ツグミ科に分類される鳥の一種で、アフリカとユーラシア大陸に広く分布する鳥です。磯や岩場に多く生息していて、ヒヨドリに似ていることからこの和名がついたそうですが、分類上はヒヨドリ科ではなくツグミ科でまったく別の鳥です。体長は23cmほどで、ヒヨドリよりは少し小さいです。舟渡大橋の周辺では数羽のイソヒヨドリの幼鳥が飛び交っています。元気に育って欲しい...

  • とんがり帽子に、よだれかけのヒガラ

    とんがり帽子に、よだれかけのヒガラ!ヒガラは、スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属に分類される鳥類の一種で、全長は約11 cm、翼開長が約17 cmで、全長約14 cmのスズメや約13 cmのコガラよりも小さく、日本のカラ類の中では最小の種です。頬が白いことと喉の三角形の黒斑が特徴です。「ツピン ツピン・・・」とか、「チペ チペ チペ・・・」 とか高い声で、早口で繰り返し、さえずります。強風の奥庭荘で出会ったヒガラです。...

  • 元気に飛び交うアオバト

    元気に飛び交うアオバト!先般(2020年6月18日)、アオバトの飛来で有名な神奈川県中郡大磯町の照ヶ崎へ出掛けました。アオバトは、関東地方には夏鳥として渡来して、4月から11月頃まで山地の広葉樹林に生息しています。この鳥が海岸に飛来して海水を飲む習性をもつことはよく知られ、全国の数箇所で大きな集団による吸飲活動が見られます。大磯照ヶ崎では、丹沢山地から飛来するアオバトが多く、初夏から秋にかけて多いときに...

  • 優しい瞳のメボソムシクイ

    優しい瞳のメボソムシクイ!メボソムシクイは、スズメ目ムシクイ科に分類され、全長 13cm、羽色は上面がオリーブ色、下面が白ないし黄白色で、黄白色の眉斑があります。目が細い?ではなく眉斑が細いからメボソムシクイだそうです。頭から上面は褐色みのある暗緑色、下面は薄い緑黄色、眉斑の白色が目立ちます。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。にほんブログ村《撮影情報》1枚目 OM SYSTEM O...

  • 優しい瞳に癒されるウソ

    優しい瞳に癒されるウソ(オス)!ウソは、スズメ目アトリ科ウソ属に分類される鳥類の一種で、和名の由来は口笛を意味する古語「うそ」から来ており、ヒーホーと口笛のような鳴き声を発することから名付けられたそうです。全長15.5cm、スズメより一回り大きく、オスは灰色と黒色、メスは茶色と黒色の配色ですが、オスの頬から喉には目立つ赤色(緋色)があります。奥庭荘で出会ったウソです。強風でしたが、何回か水場に来てくれま...

  • ツバメの餌渡し

    ツバメの餌渡し!ツバメは、スズメ目ツバメ科ツバメ属に分類される鳥類で、全長17cm、オスメス同色ですが、尾が長い方がオスです。背は光沢のある藍黒色で、喉と額が赤、腹は白で、胸に黒い横帯があります。空中を飛んでいる虫を餌にしているので、農薬を使っていなかった昔は稲作の害虫を食べてくれる大切な鳥で、ツバメを大切にするような言いつたえが各地にあったそうです。荒川河川敷では巣立った幼鳥への餌渡しが盛んです。親...

  • イソヒヨドリの幼鳥

    荒川河川敷で観察したイソヒヨドリの幼鳥!イソヒヨドリは、スズメ目、ツグミ科に分類される鳥の一種で、アフリカとユーラシア大陸に広く分布する鳥です。磯や岩場に多く生息していて、ヒヨドリに似ていることからこの和名がついたそうですが、分類上はヒヨドリ科ではなくツグミ科でまったく別の鳥です。体長は23cmほどで、ヒヨドリよりは少し小さいです。巣立って大分成長したイソヒヨドリです。荒川河川敷でアメリカシロヒトリの...

  • 元気に飛び交うツバメの幼鳥

    元気に飛び交うツバメの幼鳥!ツバメは、スズメ目ツバメ科ツバメ属に分類される鳥類で、全長17cm、オスメス同色ですが、尾が長い方がオスです。背は光沢のある藍黒色で、喉と額が赤、腹は白で、胸に黒い横帯があります。空中を飛んでいる虫を餌にしているので、農薬を使っていなかった昔は稲作の害虫を食べてくれる大切な鳥で、ツバメを大切にするような言いつたえが各地にあったそうです。荒川河川敷ではツバメの幼鳥が親から餌を...

  • コアジサシの求愛給餌

    コアジサシの求愛給餌!コアジサシは、チドリ目カモメ科に分類される鳥で、全長28cm、翼開長53cm、翼と尾羽がツバメのように細くとがっていて、嘴もまっすぐ伸びています。夏羽では頭は黒く、額、のど、腹が白、他の体の部分はうすい灰色で、嘴は黄色、脚はだいだい色です。コアジサシの抱卵、孵化があるなかでまだまだ求愛給餌が続きます。雛が楽しみですね。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります...

  • 親鳥に群がるササゴイの幼鳥

    親鳥に群がるササゴイの幼鳥!ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、全長52㎝、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。頭は濃い青藍色、背から尾は暗緑青色。翼の上面は青藍色で、各羽の羽縁に白く縁取りがあり、「笹の葉」のように見えるので、この名前が付けられています。浮島では、数箇所でササゴイの雛が育っています。雛は、少なくとも10羽以上はいるので...

  • ヨシゴイの飛出し

    ヨシゴイの飛出し!ヨシゴイは、コウノトリ目サギ科ヨシゴイ属に分類される鳥類です。湿原、湖、池沼、水田などに生息し、単独もしくはペアで生活します。ヨシ原に生息することが和名の由来であり、薄明薄暮性です。開けた場所には現れず、ヨシ原を低空飛行し獲物を探します。危険を感じると上を見上げて頸部を伸ばし、静止したり左右に揺れます。これにより下面の斑紋がヨシの草と見分けづらくなり、擬態すると考えられています。...

  • 活発に飛び交うコアジサシ

    活発に飛び交うコアジサシ!コアジサシは、チドリ目カモメ科に分類される鳥で、全長28cm、翼開長53cm、翼と尾羽がツバメのように細くとがっていて、嘴もまっすぐ伸びています。夏羽では頭は黒く、額、のど、腹が白、他の体の部分はうすい灰色で、嘴は黄色、脚はだいだい色です。糞をするコアジサシ、逆光で捉えたコアジサシ、活気が伝わりました。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。にほんブロ...

  • 大きくなったケリの幼鳥

    大きくなったケリの幼鳥!ケリは、チドリ目チドリ科タゲリ属に分類される鳥類の一種で、全長36cmです。頭から首は灰色、背や翼の上面雨覆は灰褐色、腹・尾は白色で、先の方に黒帯が出ています。脚が長く、飛んだ時には尾よりも脚が後方に出ています。また、翼の初列風切羽が黒色のため、翼下面や腹の白色との対照が鮮やかで、よく目立ちます。「キキッ キキッ」 あるいは「キリッ キリッ」など歯切れの良い大きな声を出します。...

  • 周辺を見渡すオオヨシキリ

    周辺を見渡すオオヨシキリ!オオヨシキリは、スズメ目ヨシキリ科に分類される鳥類で、全長18.5cm、頭から背、翼の上面、尾の上面は淡褐色をしています。下面は黄白色で、口元にひげがあります。腰は淡色で、「ギョギョシギョギョシ ギョギョシ」あるいは「ケケス ケケス カイカイシ」などと聞こえる大きな声で鳴きます。宗岡でアマサギを観察していると、近くにやって来たオオヨシキリです。営巣をしているのか、周辺をキョロキョ...

  • 営巣場所を補強するササゴイ

    営巣場所を補強するササゴイ!ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、全長52㎝、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。頭は濃い青藍色、背から尾は暗緑青色。翼の上面は青藍色で、各羽の羽縁に白く縁取りがあり、「笹の葉」のように見えるので、この名前が付けられています。浮間公園に飛来したササゴイは、日曜日から雛が見えるようになりました。そのタイミン...

  • 緑に映えるコサギ

    緑に映えるコサギ!コサギは、コウノトリ目サギ科に分類され、全長61㎝、シラサギ類の中で、最も小さい種類です。周年観察できる野鳥で、足の指が黄色いことと、夏羽では頭に2本の長い冠羽が現れること、背の飾り羽は先が巻き上がることで、ダイサギやチュウサギと区別(ダイサギとチュウサギは巻き上がらない)できます。繁殖期のごく短い期間には足の指と目の先が赤くなります。餌は小さめの魚、エビ、カニ、ザリガニ、貝類、水...

  • 元気に舞うコアジサシ

    元気に舞うコアジサシ!コアジサシは、チドリ目カモメ科に分類される鳥で、全長28cm、翼開長53cm、翼と尾羽がツバメのように細くとがっていて、嘴もまっすぐ伸びています。夏羽では頭は黒く、額、のど、腹が白、他の体の部分はうすい灰色で、嘴は黄色、脚はだいだい色です。都会に群がる30数羽のコアジサシです。早朝、一斉に飛び出したり、旋回したり、活発的なコアジサシに出会いました。★ブログランキングに参加中です。クリッ...

  • カワセミのダイビング

    カワセミのダイビング!カワセミは、ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属に分類される水辺に生息する小鳥で、コバルト色が美しく、ダイビングして獲物を捕らえます。カワセミのヒスイ色は、色素によって発色するのではなく、羽毛にある微細構造によって可視光を波長選択的に反射させ、鮮やかな色彩を現しています。浮間ヶ池の奥でダイビングするカワセミです。警戒心が強いせいか近くではまだ観察できませんでした。★ブログランキ...

  • 飛び交うアマサギ

    飛び交うアマサギ!アマサギは、ペリカン目サギ科アマサギ属に分類される鳥類で、全長50cm、日本では夏鳥ですが、温暖な地方では越冬するものもいます。サギには何種もあって、一般的にダイサギ、チュウサギ、コサギをまとめてシラサギと呼んでおり、このアマサギもコサギに近い小さなサギです。ふだんはほとんど全身白色で、他のシラサギと一緒に水田などで過ごしますが、夏の繁殖期になると、頭、胸、背中の羽毛がうすいオレンジ...

  • ササゴイの飛翔

    ササゴイの飛翔!ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、全長52㎝、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。頭は濃い青藍色、背から尾は暗緑青色。翼の上面は青藍色で、各羽の羽縁に白く縁取りがあり、「笹の葉」のように見えるので、この名前が付けられています。間もなく孵化でしょうか。浮間ヶ池の浮島を盛んに出入りしています。★ブログランキングに参加中で...

  • アマサギの飛翔

    アマサギの飛翔!アマサギは、ペリカン目サギ科アマサギ属に分類される鳥類で、全長50cm、日本では夏鳥ですが、温暖な地方では越冬するものもいます。サギには何種もあって、一般的にダイサギ、チュウサギ、コサギをまとめてシラサギと呼んでおり、このアマサギもコサギに近い小さなサギです。ふだんはほとんど全身白色で、他のシラサギと一緒に水田などで過ごしますが、夏の繁殖期になると、頭、胸、背中の羽毛がうすいオレンジ色...

  • 癒されるキンカチョウ

    癒されるキンカチョウ!キンカチョウは、スズメ目カエデチョウ科に分類される鳥の一種で、体長10~11cm、嘴は光沢のある赤褐色、頭から背中にかけて灰色で、嘴の周囲と頬に黒い腺があります。雌雄で模様が違い、オスは喉から上胸部にかけて特徴的な細かいゼブラ(白と黒の縞)模様があります。キャンベルタウン野鳥の森で観察したキンカチョウです。キンカチョウの水浴びも可愛いですよね。気分転換に動画も閲覧してみて下さい。★...

  • 営巣が楽しみなキジ

    営巣が楽しみなキジ!キジは、キジ目キジ科キジ属に分類される鳥類で、オスは全長80cm、メスは60cmくらいで、尾の長いことが特徴です。オスは濃い緑色の体で、繁殖期になると、ハート型の赤い顔になり、「ケーンケーン」と鳴きながらメスを求めます。早朝の宗岡、メスキジの後からオスキジが歩く長閑な姿がありました。オスキジは母衣打ちをしながら縄張りを主張していました。間もなく営巣ですね★ブログランキングに参加中です。...

  • コアジサシの雛

    コアジサシの雛!コアジサシは、チドリ目カモメ科に分類される鳥で、全長28cm、翼開長53cm、翼と尾羽がツバメのように細くとがっていて、嘴もまっすぐ伸びています。夏羽では頭は黒く、額、のど、腹が白、他の体の部分はうすい灰色で、嘴は黄色、脚はだいだい色です。今日、孵化したコアジサシの雛です。2箇所で孵化が確認できました。できるだけ刺激しないよう遠い位置からの観察です。無防備なので、いろいろ心配ですが、元気に...

  • キジの飛翔

    キジの飛翔!キジは、キジ目キジ科キジ属に分類される鳥類で、オスは全長80cm、メスは60cmくらいで、尾の長いことが特徴です。オスは濃い緑色の体で、繁殖期になると、ハート型の赤い顔になり、「ケーンケーン」と鳴きながらメスを求めます。早朝の宗岡、オスキジが母衣打ちを行い、暫くして飛び出しました。久し振りの飛出しだったので、カメラで追ってみました。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになり...

  • コアジサシのダイビング

    コアジサシのダイビング!コアジサシは、チドリ目カモメ科に分類される鳥で、全長28cm、翼開長53cm、翼と尾羽がツバメのように細くとがっていて、嘴もまっすぐ伸びています。夏羽では頭は黒く、額、のど、腹が白、他の体の部分はうすい灰色で、嘴は黄色、脚はだいだい色です。伊佐沼で観察したコアジサシです。被写体は遠いですが、コアジサシの飛込みをカメラで追ってみました。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂け...

  • 舞い上がるアマサギ

    舞い上がるアマサギ!アマサギは、ペリカン目サギ科アマサギ属に分類される鳥類で、全長50cm、日本では夏鳥ですが、温暖な地方では越冬するものもいます。サギには何種もあって、一般的にダイサギ、チュウサギ、コサギをまとめてシラサギと呼んでおり、このアマサギもコサギに近い小さなサギです。ふだんはほとんど全身白色で、他のシラサギと一緒に水田などで過ごしますが、夏の繁殖期になると、頭、胸、背中の羽毛がうすいオレン...

  • マガモの飛出し

    マガモの飛出し!マガモは、カモ目カモ科に分類される鳥類の一種で、全長約59㎝です。オスは体が上下面とも淡褐色で、頭は緑色、胸は栗褐色、くちばしは黄色です。尾には短いですが、黒色のカールした羽をもっています。また、脚は赤味のある橙色です。オスは「グェー グェッ グェッ」 と大きな声で鳴きます。見次公園の早朝、カルガモに続いてマガモが飛び出しました。留鳥になってしまったマガモでしょうか。久し振りの出会いで...

  • コチドリの2回目の営巣

    コチドリの2回目の営巣!コチドリは、チドリ目チドリ科チドリ属に分類され、全長16cm、頭と背・翼の上面は褐色味の強い灰褐色、腹は白色で、顔や胸に黒色部があります。目の周りの黄色いリングも目立ちます。日本にいるチドリの仲間では最も小さい部類に分類され、スズメより大きくツバメよりも小さい体型です。今日(2022.6.1)、前回と同じ場所に卵を2個確認しました。抱卵期間24~25日で計算すると、6月25日くらいが孵化の日でし...

  • 都会を飛び交うコアジサシ

    都会を飛び交うコアジサシ!コアジサシは、チドリ目カモメ科に分類される鳥で、全長28cm、翼開長53cm、翼と尾羽がツバメのように細くとがっていて、嘴もまっすぐ伸びています。夏羽では頭は黒く、額、のど、腹が白、他の体の部分はうすい灰色で、嘴は黄色、脚はだいだい色です。都会に群がる30数羽のコアジサシです。早朝、一斉に飛び出したり、旋回したり、活発的なコアジサシに出会いました。★ブログランキングに参加中です。ク...

  • 営巣を準備するコチドリ

    営巣を準備するコチドリ!コチドリは、チドリ目チドリ科チドリ属に分類され、全長16cm、頭と背・翼の上面は褐色味の強い灰褐色、腹は白色で、顔や胸に黒色部があります。目の周りの黄色いリングも目立ちます。日本にいるチドリの仲間では最も小さい部類に分類され、スズメより大きくツバメよりも小さい体型です。2回目の営巣でしょうか。交尾の確認はできませでしたが、昨年に引き続き2回目の営巣の準備でしょうかね。★ブログラン...

  • 寛ぐカルガモの幼鳥

    寛ぐカルガモの幼鳥!カルガモは、鳥綱カモ目カモ科マガモ属に分類される鳥類で、全長53~63㎝、翼開長83~91㎝、全身の羽衣は黒褐色です。早朝、陸に上がって寛ぐカルガモに癒されました。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。にほんブログ村《撮影情報》1枚目 OM SYSTEM OM-1 ED150-400mmF4.5PRO F4.5/ISO500/1/1250秒(288mm)2枚目 OM SYSTEM OM-1 ED150-400mmF4.5PRO F4.5/ISO800/1/1250秒(4...

  • 伊佐沼に飛来したヨシゴイ

    伊佐沼に飛来したヨシゴイ!ヨシゴイは、コウノトリ目サギ科ヨシゴイ属に分類される鳥類です。湿原、湖、池沼、水田などに生息し、単独もしくはペアで生活します。ヨシ原に生息することが和名の由来であり、薄明薄暮性です。開けた場所には現れず、ヨシ原を低空飛行し獲物を探します。危険を感じると上を見上げて頸部を伸ばし、静止したり左右に揺れます。これにより下面の斑紋がヨシの草と見分けづらくなり、擬態すると考えられて...

  • コアジサシの営巣

    コアジサシの営巣!コアジサシは、チドリ目カモメ科に分類される鳥で、全長28cm、翼開長53cm、翼と尾羽がツバメのように細くとがっていて、嘴もまっすぐ伸びています。夏羽では頭は黒く、額、のど、腹が白、他の体の部分はうすい灰色で、嘴は黄色、脚はだいだい色です。30数羽のコアジサシが抱卵中です。コチドリは2箇所ですが、1箇所がコアジサシの隣です。接近しすぎで心配ですが、無事育って欲しいですね。★ブログランキングに...

  • 元気に囀るシジュウカラの幼鳥

    元気に囀るシジュウカラの幼鳥!シジュウカラは、スズメ目シジュウカラ科に分類される鳥で、市街地でも普通に見られる、黒いネクタイ姿が特徴の鳥です。シジュウカラは日本のほぼ全国で見かける留鳥です。繁殖期は樹木の枝上で昆虫の成虫や幼虫、クモ類を捕食します。巣は樹洞やキツツキの古巣、人の作った巣箱を利用するようです。雄は胸の黒帯が太く、背は黄緑色をおびる青灰色で、雌は胸の黒帯が細いので、黒帯を見て見分けられ...

  • 羽を傷めシベリア等へ帰れないホシハジロ♀(2年目)

    羽を傷めシベリア等へ帰れないホシハジロ♀(2年目)!ホシハジロは、カモ目カモ科に分類される鳥で、全長42~49㎝です。オスは、頭部が赤褐色、胸部と尾が黒でその中間が明るい灰色、全体が3色に塗り分けられたように境界も明瞭です。メスは、頭部は薄い茶色、胸部や尾の部分は頭部より若干濃い茶色、体の中央部は褐色味もはいる、灰褐色で、雄に比べてかなり地味な色彩になっています。浮間公園では、左側の羽を傷め繁殖地であるシ...

  • 荒川河川敷の干潟に飛来したアカエリヒレアシシギ(夏羽)

    荒川河川敷の干潟に飛来したアカエリヒレアシシギ!アカエリヒレアシシギは、鳥綱チドリ目ヒレアシシギ科(シギ科に含める説もあり)ヒレアシシギ属に分類される鳥で、全長19cm。翼を広げると37cmにもなります。夏羽では首が赤色になるので赤襟鰭足鷸(アカエリヒレアシシギ)と言われています。5月20日9時30分頃でしょうか。突然、小さなシギが干潟に飛来しました。被写体は遠いですが、夏羽のアカエリヒレアシシギとの出会いでした...

  • 羽ばたくコチドリ

    羽ばたくコチドリ!コチドリは、チドリ目チドリ科チドリ属に分類され、全長16cm、頭と背・翼の上面は褐色味の強い灰褐色、腹は白色で、顔や胸に黒色部があります。目の周りの黄色いリングも目立ちます。日本にいるチドリの仲間では最も小さい部類に分類され、スズメより大きくツバメよりも小さい体型です。5月5日に孵化し、21日目です。1mくらい飛べるようになりました。可愛い仕草に癒されますね。★ブログランキングに参加中で...

  • 元気に育つコブハクチョウ

    元気に育つコブハクチョウ!コブハクチョウは、カモ目カモ科ハクチョウ属に分類される鳥類で、全長約150cm、雌雄同色であり、全身白色の大型の水鳥です。くちばし上部の付け根に黒いコブのような裸出部があり、名前の由来になっています。マコモ(イネ科マコモ属の多年草で、別名ハナガツミ)などの植物を食べます。日本では1952年に飼い鳥として、ヨーロッパから移入したものが公園や動物園などで飼育され、、飼育個体の一部が野...

  • 干潟を楽しむコチドリ

    干潟を楽しむコチドリ!コチドリは、チドリ目チドリ科チドリ属に分類され、全長16cm、頭と背・翼の上面は褐色味の強い灰褐色、腹は白色で、顔や胸に黒色部があります。目の周りの黄色いリングも目立ちます。日本にいるチドリの仲間では最も小さい部類に分類され、スズメより大きくツバメよりも小さい体型です。荒川河川敷の干潟では2羽のコチドリが飛び交っていました。周辺での営巣が楽しみですね。★ブログランキングに参加中です...

  • 大きくなったコチドリ

    大きくなったコチドリ!コチドリは、チドリ目チドリ科チドリ属に分類され、全長16cm、頭と背・翼の上面は褐色味の強い灰褐色、腹は白色で、顔や胸に黒色部があります。目の周りの黄色いリングも目立ちます。日本にいるチドリの仲間では最も小さい部類に分類され、スズメより大きくツバメよりも小さい体型です。5月5日に産まれたコチドリです。今日(5月22日)で17日目ですね。コチドリは、生後24~29日程で飛翔できるようになり、そ...

  • 枝と戯れるオナガ

    枝と戯れるオナガ!オナガは、スズメ目カラス科に分類される鳥類の一種で、ユーラシア大陸の東西両端の2つの離れた地域に分かれて分布する留鳥です。全長は 34~39cm で、キジバトより一回り大きい程度ですが、尾羽が 20から23cm と長く、頭と体の大きさはムクドリ大です。 名前の由来は、尾羽が長いことによるそうです。オナガが営巣の準備でしょうか。枝運びをするのですが、好きな枝がなかなか取れないようです。まるでストレッ...

  • ササゴイの飛出し

    ササゴイの飛出し!ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、全長52㎝、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。頭は濃い青藍色、背から尾は暗緑青色。翼の上面は青藍色で、各羽の羽縁に白く縁取りがあり、「笹の葉」のように見えるので、この名前が付けられています。枝運びで営巣の準備ですが、時折、飛び出してくるササゴイです。その瞬間をカメラで追ってみまし...

  • 荒川河川敷の干潟で囀るオオヨシキリ

    荒川河川敷の干潟で囀るオオヨシキリ!オオヨシキリは、スズメ目ヨシキリ科に分類される鳥類で、全長18.5cm、頭から背、翼の上面、尾の上面は淡褐色をしています。下面は黄白色で、口元にひげがあります。腰は淡色で、「ギョギョシギョギョシ ギョギョシ」あるいは「ケケス ケケス カイカイシ」などと聞こえる大きな声で鳴きます。荒川河川敷の扇大橋周辺の干潟では、オオヨシキリが大きな声で囀っていました。夏近しですね。★ブロ...

  • 浮島で寛ぐカワセミ

    浮島で寛ぐカワセミ!カワセミは、ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属に分類される水辺に生息する小鳥で、コバルト色が美しく、ダイビングして獲物を捕らえます。カワセミのヒスイ色は、色素によって発色するのではなく、羽毛にある微細構造によって可視光を波長選択的に反射させ、鮮やかな色彩を現しています。浮間公園では、最近、カワセミのメスをよく見掛けるようになりました。今日はササゴイが営巣している浮島で寛いでいま...

  • カメの卵を奪うカラス

    カメの卵を奪うカラス!浮間公園の浮島では、ササゴイが営巣していますが、陸地ではカメが産卵しています。ここでは、以前から、カラスがカルガモやササゴイの卵を奪っていましたが、今回はカメです。カメも怒っています。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。にほんブログ村《撮影情報》1~3枚目 オリンパスE-M1X ED150-400mmF4.5PRO F4.5/ISO1600/1/1250秒(400mm)4、5枚目 オリンパスE-M1X ED...

  • 間もなく巣立つシジュウカラ

    間もなく巣立つシジュウカラ!シジュウカラは、スズメ目シジュウカラ科に分類される鳥で、市街地でも普通に見られる、黒いネクタイ姿が特徴の鳥です。シジュウカラは日本のほぼ全国で見かける留鳥です。繁殖期は樹木の枝上で昆虫の成虫や幼虫、クモ類を捕食します。巣は樹洞やキツツキの古巣、人の作った巣箱を利用するようです。雄は胸の黒帯が太く、背は黄緑色をおびる青灰色で、雌は胸の黒帯が細いので、黒帯を見て見分けられる...

  • 癒されるコブハクチョウ

    癒されるコブハクチョウ!コブハクチョウは、カモ目カモ科ハクチョウ属に分類される鳥類で、全長約150cm、雌雄同色であり、全身白色の大型の水鳥です。くちばし上部の付け根に黒いコブのような裸出部があり、名前の由来になっています。マコモ(イネ科マコモ属の多年草で、別名ハナガツミ)などの植物を食べます。日本では1952年に飼い鳥として、ヨーロッパから移入したものが公園や動物園などで飼育され、、飼育個体の一部が野生...

  • リラックスするササゴイ

    リラックスするササゴイ!ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、全長52㎝、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。頭は濃い青藍色、背から尾は暗緑青色。翼の上面は青藍色で、各羽の羽縁に白く縁取りがあり、「笹の葉」のように見えるので、この名前が付けられています。抱卵で疲れたのでしょうか?巣から降りて来て、ストレッチをしてまた巣に戻りました。可愛...

  • 大きくなったコチドリ

    大きくなったコチドリ!コチドリは、チドリ目チドリ科チドリ属に分類され、全長16cm、頭と背・翼の上面は褐色味の強い灰褐色、腹は白色で、顔や胸に黒色部があります。目の周りの黄色いリングも目立ちます。日本にいるチドリの仲間では最も小さい部類に分類され、スズメより大きくツバメよりも小さい体型です。4月9日に1個、10日2個、12日3個の抱卵を確認したコチドリが、今日(2022.5.5)の午前9時30分頃に1羽、最後は午後3時頃に孵...

  • 優しい瞳に癒されるイワツバメ

    今年も飛来したイワツバメ!イワツバメは、鳥綱スズメ目ツバメ科に分類される鳥類で、全長14.5cmとツバメもより小柄です。頭から背、翼の上面、尾の上面などは黒色で、腰は四角形に白色をしていて飛んだ時に目立ちます。脚、指には細い白い羽毛が生えています。荒川河川敷の戸田橋周辺を元気に飛び交い、巣材運びをしています。優しい瞳、可愛いですよね。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。に...

  • コアジサシの求愛給餌

    コアジサシの求愛給餌!コアジサシは、チドリ目カモメ科に分類される鳥で、全長28cm、翼開長53cm、翼と尾羽がツバメのように細くとがっていて、嘴もまっすぐ伸びています。夏羽では頭は黒く、額、のど、腹が白、他の体の部分はうすい灰色で、嘴は黄色、脚はだいだい色です。荒川河川敷の干潟ではコアジサシの求愛給餌が盛んでした。近くに営巣するといいのですが、楽しみですね。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂け...

  • 優しい瞳のソウシチョウ

    優しい瞳のソウシチョウ!ソウシチョウは、全長約15cm、体色は暗緑色で、眉斑から頬は薄い黄色、のどは黄色で胸は濃いオレンジ色、翼に黄色と濃い赤の斑紋があり、嘴は赤色です。中国及びその周辺諸国原産の野鳥ですが、近年、日本国内での生息数が大幅に増えていると言われており、外来生物法で特定外来生物に指定されています。柳沢峠で出会ったソウシチョウです。羽色も綺麗で、癒されますね。★ブログランキングに参加中です。...

  • 夏羽に変化しているダイゼン

    夏羽に変化しているダイゼン!ダイゼンは、チドリ目チドリ科ムナグロ属に分類される鳥類で、全長29cm、全体が灰色系の色彩ですが、夏羽では黒味が増し、顔から腹は黒色になります。冬羽は上面が灰褐色の羽毛で覆われ、白い斑紋が入ります。ダイゼンは、全国的に春、3~5月と秋、8~10月に訪れる旅鳥といわれていますが、関東の谷津干潟(千葉県)では、群れを成して越冬しています。夏には、繁殖のため、シベリアなどの北極圏に移...

  • チュウシャクシギの飛翔

    チュウシャクシギの飛翔!チュウシャクシギは、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種で、全長42cm、翼を広げた大きさは約80 ㎝あります。雌雄同色で成鳥は背からの上面は褐色で、淡色の細い羽縁と斑点があり、腹からの体下面は白っぽく、脇から下尾筒(げびとう)にかけて褐色横斑があります。眉斑と頭央線が白っぽく、頭側線と過眼線(かがんせん)は黒褐色、顔から胸は淡色で褐色の縦斑があります。鳴き声は、飛び立つときは「...

  • コチドリの雛と動画

    コチドリの雛と動画!コチドリは、チドリ目チドリ科チドリ属に分類され、全長16cm、頭と背・翼の上面は褐色味の強い灰褐色、腹は白色で、顔や胸に黒色部があります。目の周りの黄色いリングも目立ちます。日本にいるチドリの仲間では最も小さい部類に分類され、スズメより大きくツバメよりも小さい体型です。4月9日に1個、10日2個、12日3個の抱卵を確認したコチドリが、今日(2022.5.5)の午前9時30分頃に1羽、最後は午後3時頃に孵化...

  • 素早く動くキバシリ

    素早く動くキバシリ!キバシリは、スズメ目キバシリ科に分類される鳥類の一種で、木の幹に縦に止まり、登る姿からキバシリ(木走)の名が付けられたそうです。全長13.5cm、小さな細身の小鳥で、背は黄褐色地に白点や黒点があります。腹は白色、尾は長めで、くちばしは細長くて湾曲しています。木の幹に縦に止まり、樹皮の間や割れ目にひそむ虫や虫の卵などを食べています。幹の下の方からラセン様に餌をさがしながら上に登り、次の...

  • 営巣を準備するゴジュウカラ

    営巣を準備するゴジュウカラ!ゴジュウカラは、全長13.5cm、頭から背・尾は灰青色、顔から胸は白色です。目を通る黒線がはっきりしており、最大の特徴は、木の幹を下を向きながら下りてくることを平気で出来ることです。握力が強いことと、爪がしっかりしています。柳沢峠で出会ったゴジュウカラです。今回は巣穴からよく出入りするゴジュウカラを観察することができました。雛が楽しみですね。★ブログランキングに参加中です。ク...

  • 峠で囀るミソサザイ

    峠で囀るミソサザイ!ミソサザイは、スズメ目ミソサザイ科ミソサザイ属に分類される鳥類で、全長11㎝、全身こげ茶色で細かい模様をしています。山地の渓流ぞいの藪や岩のある林などに生息しています。日本でも最も小さな鳥のひとつですが、からだに似合わぬ大声で長くうたい続けることで有名です。久し振りに出掛けた柳沢峠です。いつもの場所でミソサザイが迎えてくれました。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂ける...

  • 峠で舞うクロジ

    峠で舞うクロジ!クロジ(黒鵐)は、スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類の一種で、全長17㎝、暗い場所が好きな鉛色の鳥です。「ピー フィー ツー チョチー」などとアオジのさえずりにも似た声で鳴き、地鳴きはアオジより低めの「ジッ」と聴こえます。和名の由来は、雄の体色が黒っぽいことによるそうです。久し振りの柳沢峠です。早朝は出が悪かったですが、昼前後からよく出てくれるようになりました。標高1500mくらい...

  • 優しい眼をしたコルリ

    優しい眼をしたコルリ!コルリ(小瑠璃)は、スズメ目ヒタキ科に分類される鳥類で、全長14㎝、オスは体の上面、翼の上面、尾羽の上面のいずれもが暗青色で、胸、腹など下面は白色です。メスの上面は青がかった褐色、下面は薄い褐色をしています。さえずりは、「チッチッチッ‥」と前奏があり「ピールリピールリピールリ」とか「チーチョベチーチョベチーチョベ」と続け、メロディアスな数種類の替え歌をくりかえします。久し振りの...

  • 羽を広げ素早く歩くイソシギ

    羽を広げ素早く歩くイソシギ!イソシギは、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種で、全長約20㎝です。頭から背、翼の上面は緑褐色で、胸の脇は灰褐色です。喉、腹は白色で、翼を震わせるような飛び方をよく見かけます。また、鳴き声は、尻を上下に振り、チーリーリーと細くのばす声で聴こえます。イソシギは周年観察することができ、干潟や水田、湖沼、河川などあらゆる水辺で見られます。荒川河川敷の干潟でこちらを見ながら急ぎ...

  • 荒川河川敷で囀るセッカ

    荒川河川敷で囀るセッカ!セッカは、スズメ目セッカ科に分類される鳥類で、全長12㎝、スズメより小さく、成鳥夏羽は頭の上が褐色で、体の上面は黄褐色に黒褐色の縦斑、体下面は淡い黄褐色です。また、黒褐色で先端が白く、尾を広げると扇状になります。冬羽は頭の上も黄褐色に黒褐色の縦斑となります。さえずりは、上昇しながら澄んだ声でヒッヒッと繰り返し、下降する時にチャッチャッと鳴きます。羽を膨らませて精一杯囀るセッカ...

  • 小魚を飲み込むワライカワセミ

    小魚を飲み込むワライカワセミ!ワライカワセミは、ブッポウソウ目カワセミ科に分類される鳥で、全長は40~-47cm、カワセミ科の中では最大の種類です。人の笑い声に似た大きなよくとおる声で鳴き、昆虫やヘビなどをつかまえて食べます。写真は、キャンベルタウン野鳥の森で観察したワライカワセミです。ワライカワセミがタイミングよく小魚を啄んでくれました。尾っぽを取り、宙に浮かせて一気に飲み込みました。お見事ですね。★ブ...

  • 干潟で飛び交うメダイチドリ

    荒川河川敷の干潟で飛び交うメダイチドリ!メダイチドリは、チドリ目チドリ科に分類される鳥の一種で、全長約19cm、くちばしが太めで短く、繁殖期には、前胸がはなやかなオレンジ色になります。荒川河川敷の扇大橋の近くの干潟では、色んな海鳥が飛来しています。5羽ですが、群れになったメダイチドリが活発的でした。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。にほんブログ村《撮影情報》1~3枚目 オ...

  • 干潟で寛ぐキアシシギ

    荒川河川敷の干潟で寛ぐキアシシギ!キアシシギは、チドリ目シギ科に分類される鳥の一種で、全長は約25cm、翼開長は約55 cmで、春と秋、旅鳥として日本にやって来るシギの仲間です。成鳥夏羽は、体の上面が灰褐色で眉斑、頬、体の下面は白色で、顔から頸にかけては灰褐色の縦斑が、脇から胸にかけては横斑があります。雌雄同色で、その名前の由来は、足が黄色いことからです。キアシシギは、カニ、小魚、水生昆虫などを餌とする動...

  • 荒川河川敷で寛ぐトウネン

    荒川河川敷で寛ぐトウネン!トウネン(当年)は、チドリ目シギ科オバシギ属に分類される鳥類の1種で、全長はスズメとほぼ同じ14~15㎝くらいで、和名の「当年」は、「今年生まれたもの」という意味で、今年生まれた赤子のごとくからだが小さいことに由来しています。干潟や水田、湿地に生息し、砂泥地などを動き回って泥の中にいる昆虫、ゴカイ類、小型甲殻類などを捕食します。荒川河川敷の干潟で出会ったトウネンです。1羽だけで...

  • 元気に育つコチドリ

    元気に育つコチドリ!コチドリは、チドリ目チドリ科チドリ属に分類され、全長16cm、頭と背・翼の上面は褐色味の強い灰褐色、腹は白色で、顔や胸に黒色部があります。目の周りの黄色いリングも目立ちます。日本にいるチドリの仲間では最も小さい部類に分類され、スズメより大きくツバメよりも小さい体型です。4月9日に1個、10日2個、12日3個の抱卵を確認したコチドリが、今日(2022.5.5)の午前9時30分頃に1羽、最後は午後3時頃に孵化...

  • 活発に行動するチュウシャクシギ

    活発に行動するチュウシャクシギ!チュウシャクシギは、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種で、全長42cm、翼を広げた大きさは約80 ㎝あります。雌雄同色で成鳥は背からの上面は褐色で、淡色の細い羽縁と斑点があり、腹からの体下面は白っぽく、脇から下尾筒(げびとう)にかけて褐色横斑があります。眉斑と頭央線が白っぽく、頭側線と過眼線(かがんせん)は黒褐色、顔から胸は淡色で褐色の縦斑があります。鳴き声は、飛び立つ...

  • 元気に育つケリの雛

    元気に育つケリの雛!ケリは、チドリ目チドリ科タゲリ属に分類される鳥類の一種で、全長36cmです。頭から首は灰色、背や翼の上面雨覆は灰褐色、腹・尾は白色で、先の方に黒帯が出ています。脚が長く、飛んだ時には尾よりも脚が後方に出ています。また、翼の初列風切羽が黒色のため、翼下面や腹の白色との対照が鮮やかで、よく目立ちます。「キキッ キキッ」 あるいは「キリッ キリッ」など歯切れの良い大きな声を出します。主に...

  • 孵化したコチドリ

    孵化したコチドリ!コチドリは、チドリ目チドリ科チドリ属に分類され、全長16cm、頭と背・翼の上面は褐色味の強い灰褐色、腹は白色で、顔や胸に黒色部があります。目の周りの黄色いリングも目立ちます。日本にいるチドリの仲間では最も小さい部類に分類され、スズメより大きくツバメよりも小さい体型です。4月9日に1個、10日2個、12日3個の抱卵を確認したコチドリが、今日(2022.5.5)の午前9時30分頃に1羽、最後は午後3時頃に孵化し...

  • 夏羽に変化するトウネン

    夏羽に変化するトウネン!トウネン(当年)は、チドリ目シギ科オバシギ属に分類される鳥類の1種で、全長はスズメとほぼ同じ14~15㎝くらいで、和名の「当年」は、「今年生まれたもの」という意味で、今年生まれた赤子のごとくからだが小さいことに由来しています。干潟や水田、湿地に生息し、砂泥地などを動き回って泥の中にいる昆虫、ゴカイ類、小型甲殻類などを捕食します。今朝(2022.5.4)の三番瀬です。潮干狩りで混み合うと端...

  • ダイビングするコアジサシ

    三番瀬で観察したコアジサシ!コアジサシは、チドリ目カモメ科に分類される鳥で、全長28cm、翼開長53cm、翼と尾羽がツバメのように細くとがっていて、嘴もまっすぐ伸びています。夏羽では頭は黒く、額、のど、腹が白、他の体の部分はうすい灰色で、嘴は黄色、脚はだいだい色です。三番瀬の早朝(2022.5.4)、コアジサシが浅瀬に向かってダイビングです。コアジサシの季節ですね。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂ける...

  • 竜頭ノ滝のキセキレイ

    竜頭ノ滝のキセキレイ!キセキレイは、スズメ目セキレイ科に分類される鳥類の一種で、全長20cm、細身の体をしており、長いしっぽは全長の半分もあります。頭から肩と背中にかけては灰色で、目の上の白い線は眉毛のようになっています。鳴き声は、「チチッ チチッ」と鳴き、大きな波形をえがいて飛びます。竜頭ノ滝でカワガラスを観察していると、近くに1羽のキセキレイがやって来ました。滝を眺めながら春を楽しんでいました。★ブ...

  • 営巣が楽しみなコチドリ

    営巣が楽しみなコチドリ!コチドリは、チドリ目チドリ科チドリ属に分類され、全長16cm、頭と背・翼の上面は褐色味の強い灰褐色、腹は白色で、顔や胸に黒色部があります。目の周りの黄色いリングも目立ちます。日本にいるチドリの仲間では最も小さい部類に分類され、スズメより大きくツバメよりも小さい体型です。数羽のコチドリがタンポポを傍らに春を楽しんでいました。営巣が楽しみな季節ですね。★ブログランキングに参加中です...

  • 白いキンカチョウ

    白いキンカチョウ!キンカチョウは、スズメ目カエデチョウ科に分類される鳥の一種で、体長10~11cm、嘴は光沢のある赤褐色、頭から背中にかけて灰色で、嘴の周囲と頬に黒い腺があります。雌雄で模様が違い、オスは喉から上胸部にかけて特徴的な細かいゼブラ(白と黒の縞)模様があります。キャンベルタウン野鳥の森で観察したキンカチョウです。子供の頃、キンカチョウやジュウシマツを飼っていたことを思い出します。今回は、白い...

  • 寛ぐココちゃん

    寛ぐココちゃん!ゴールデンウィーク前半はペットと泊まれる「鬼怒川 絆」にお世話になりました。ココちゃんも満足のようでした。※ホテルhttps://kizuna-kinugawa.com/★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。にほんブログ村...

  • 間もなく巣立つカワガラス

    間もなく巣立つカワガラス!カワガラスは、スズメ目カワガラス科カワガラス属に分類される鳥類の一種で、全長22cm、翼開長31cm、体の大きさに較べて翼がかなり短いのが特徴です。体はずんぐりしていて、全身黒褐色で尾は短いです。流れの速い渓流に生息し、滝の裏側など岩の隙間や橋下の隙間、堰の水抜きなどにミズゴケを使用して巣をつくります。食性は動物食で、水に潜ってカゲロウ、カワゲラなどの幼虫など水生昆虫やカニなどの...

  • 浅瀬を楽しむコオバシギ

    浅瀬を楽しむコオバシギ!コオバシギは、体長約24cm、夏羽は頭部から腹までが赤褐色で、背は濃い茶褐色です。下腹部と下尾筒は白色で、腰は白地に褐色の斑があるため、灰色に見えます。三番瀬に飛来したコオバシギの夏羽が鮮やかで癒されます。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。にほんブログ村《撮影情報》1枚目 オリンパスOM-1 ED150-400mmF4.5PRO F5.6/ISO200/1/1250秒(400mm)2枚目 オリン...

  • 枝運びをするササゴイ

    枝運びをするササゴイ!ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、全長52㎝、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。頭は濃い青藍色、背から尾は暗緑青色。翼の上面は青藍色で、各羽の羽縁に白く縁取りがあり、「笹の葉」のように見えるので、この名前が付けられています。浮間公園に飛来したササゴイは、早速、枝運びを開始です。カラスに狙われないよう昨年と同じ...

  • 浅瀬で楽しむミヤコドリ

    浅瀬で楽しむミヤコドリ!ミヤコドリは、チドリ目ミヤコドリ科に分類される鳥類の一種で、全長45cm、頭から背、翼の上面は黒色で腹は白色です。二枚貝類を主食にしていて、捕えた貝を砂地に立てて、薄いくちばしでこじあけて中身を食べています。日本では冬鳥で、主に干潟や砂地の海岸に渡来します。三番瀬で憩うミヤコドリです。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。にほんブログ村《撮影情報》1...

  • 活発に飛び交うチュウシャクシギ

    活発に飛び交うチュウシャクシギ!チュウシャクシギは、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種で、全長42cm、翼を広げた大きさは約80 ㎝あります。雌雄同色で成鳥は背からの上面は褐色で、淡色の細い羽縁と斑点があり、腹からの体下面は白っぽく、脇から下尾筒(げびとう)にかけて褐色横斑があります。眉斑と頭央線が白っぽく、頭側線と過眼線(かがんせん)は黒褐色、顔から胸は淡色で褐色の縦斑があります。鳴き声は、飛び立つ...

  • 1万キロをひとっ飛びすると言われるオオソリハシシギ

    1万キロをひとっ飛びすると言われるオオソリハシシギ!オオソリハシシギは、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種で、全長約39cm、嘴は長く上に反っており、基部は桃色で先にいくほど黒くなっています。足は黒くて比較的長いです。オオソリハシシギは、毎年、ユーラシア大陸北部やアラスカ西部で夏に繁殖し、秋になると南半球に渡って越冬します。オオソリハシシギの冬羽と夏羽(顔から体下面は赤褐色)でしょうか。オオソリハシ...

  • 元気に飛び交うメダイチドリ

    元気に飛び交うメダイチドリ!メダイチドリは、チドリ目チドリ科に分類される鳥の一種で、全長約19cm、くちばしが太めで短く、繁殖期には、前胸がはなやかなオレンジ色になります。三番瀬では、過去に、最大約160羽が観察されているそうです。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。にほんブログ村《撮影情報》1~3枚目 オリンパスOM-1 ED150-400mmF4.5PRO F5.0/ISO200/1/1000秒(400mm)4~7枚目 ...

  • 雛を見守るケリ

    雛を見守るケリ!ケリは、チドリ目チドリ科タゲリ属に分類される鳥類の一種で、全長36cmです。頭から首は灰色、背や翼の上面雨覆は灰褐色、腹・尾は白色で、先の方に黒帯が出ています。脚が長く、飛んだ時には尾よりも脚が後方に出ています。また、翼の初列風切羽が黒色のため、翼下面や腹の白色との対照が鮮やかで、よく目立ちます。「キキッ キキッ」 あるいは「キリッ キリッ」など歯切れの良い大きな声を出します。主に関東...

  • まだら模様のキョウジョシギ

    まだら模様のキョウジョシギ!キョウジョシギ(京女鷸)は、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種で、体長約24cm、足は橙色で腹が白く、胸と顔に黒い模様があります。夏羽では背中側が茶色と黒のまだら模様で、頭に白い部分が現れます。冬羽は頭と背中が茶色で、鱗のような模様になります。和名は、よく目立つまだら模様を京都の女性の着物にたとえてつけられたものです。今朝(2022.4.22)の三番瀬、2羽のキョウジョシギが浅瀬にや...

  • 鮮やかな赤褐色が際立つコオバシギ

    鮮やかな赤褐色が際立つコオバシギ!コオバシギは、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種で、体長約24cm、夏羽は頭部から腹までが赤褐色で、背は濃い茶褐色です。下腹部と下尾筒は白色で、腰は白地に褐色の斑があるため、灰色に見えます。今朝(2022.4.22)の三番瀬、数羽のコオバシギが浅瀬にやって来ました。夏羽は顔から腹が鮮やかな赤褐色になります。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。にほ...

  • 元気な白スズメ

    元気な白スズメ!スズメは、スズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類の1種で、人家の近くに生息する小鳥です。白いスズメは、目が黒いので、アルビノではなく白変種でしょうか。白変種は、突然変異で色素が少なくなってしまった個体です。メラニン色素に関わる遺伝子情報が欠損したアルビノ種とは異なり、白変種はメラニン色素があるので、体に黒い部分を持ちます。昨年7月に産まれた白スズメが少し元気に飛び交っています。間も...

  • 今年も飛来したツミ

    今年も飛来したツミ!ツミ(雀鷹)は、動物界脊索動物門鳥綱タカ目タカ科ハイタカ属に分類される鳥です。大きさは、オスが27cm、メスが30cm程度で、メスの方が少し大きい形態で、翼開長50~63cm、体重75~160gぐらいと言われています。漢字表記の雀は「小さい」の意味で、和名はスズメタカが変化したメスに対しての呼称に由来するそうです。今年もツミがやって来ました。昨年は交尾までしましたが、途中から何処かに行ってしまいま...

  • 縄張りを争うヒバリ

    縄張りを争うヒバリ!ヒバリは、スズメ目ヒバリ科ヒバリ属に分類される鳥類で、春を告げる鳥として古来より洋の東西を問わず親しまれています。雨の中、向かうヒバリに構えるヒバリです。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。にほんブログ村《撮影情報》1~3枚目 オリンパスOM-1 ED150-400mmF4.5PRO F4.5/ISO1000/1/1250秒(400mm)4、5枚目 オリンパスOM-1 ED150-400mmF4.5PRO F4.5/ISO800/1/125...

  • 公園を飛び交うオナガ

    公園を飛び交うオナガ!オナガは、スズメ目カラス科に分類される鳥類の一種で、ユーラシア大陸の東西両端の2つの離れた地域に分かれて分布する留鳥です。全長は 34~39cm で、キジバトより一回り大きい程度ですが、尾羽が 20から23cm と長く、頭と体の大きさはムクドリ大です。 名前の由来は、尾羽が長いことによるそうです。眼の色はなかなか出ませんが、羽色が綺麗だったのでカメラで追ってみました。★ブログランキングに参加中...

  • 枝垂桜と遊ぶシジュウカラ

    枝垂桜と遊ぶシジュウカラ!シジュウカラは、スズメ目シジュウカラ科に分類される鳥で、市街地でも普通に見られる、黒いネクタイ姿が特徴の鳥です。シジュウカラは日本のほぼ全国で見かける留鳥です。繁殖期は樹木の枝上で昆虫の成虫や幼虫、クモ類を捕食します。巣は樹洞やキツツキの古巣、人の作った巣箱を利用するようです。雄は胸の黒帯が太く、背は黄緑色をおびる青灰色で、雌は胸の黒帯が細いので、黒帯を見て見分けられるよ...

  • 荒川河川敷で出会ったキジの母衣打ち

    荒川河川敷で出会ったキジの母衣打ち!キジは、キジ目キジ科キジ属に分類される鳥類で、オスは全長80cm、メスは60cmくらいで、尾の長いことが特徴です。オスは濃い緑色の体で、繁殖期になると、ハート型の赤い顔になり、「ケーンケーン」と鳴きながらメスを求めます。今日、荒川河川敷で色んな角度から母衣打ちを見せてくれたキジさんです。母衣打ちとは、キジのオスが翼を激しく羽ばたかせながら、「ケーンケーン」という大きな声...

ブログリーダー」を活用して、Miyaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Miyaさん
ブログタイトル
Miyaさんの写真通信
フォロー
Miyaさんの写真通信

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用