住所
出身
ハンドル名
Miyaさん
ブログタイトル
Miyaさんの写真通信
ブログURL
https://photo1124.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
百名山登山を目指しつつ、風景、野鳥、植物、世界の郵便ポストを追い求めています。 カメラはオリンパスのOMD E-M1X、PEN-F、STYLUS TG-4 Toughを中心にカメラ機材を含め紹介していきたいと思います。
自由文
-
更新頻度(1年)

205回 / 134日(平均10.7回/週)

ブログ村参加:2019/03/12

Miyaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 07/23 07/22 07/21 07/20 07/19 07/18 全参加数
総合ランキング(IN) 6,127位 6,624位 6,881位 7,821位 8,946位 9,999位 10,885位 967,247サイト
INポイント 30 60 80 50 40 40 50 350/週
OUTポイント 50 120 70 70 40 70 90 510/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 222位 244位 252位 284位 325位 368位 392位 33,517サイト
デジタル一眼(OLYMPUS) 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 258サイト
鳥ブログ 255位 260位 268位 280位 298位 306位 312位 5,649サイト
野鳥 36位 36位 40位 43位 47位 49位 49位 690サイト
今日 07/23 07/22 07/21 07/20 07/19 07/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 15,900位 16,897位 18,221位 19,267位 19,408位 20,351位 20,939位 967,247サイト
INポイント 30 60 80 50 40 40 50 350/週
OUTポイント 50 120 70 70 40 70 90 510/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 151位 168位 199位 209位 213位 238位 255位 33,517サイト
デジタル一眼(OLYMPUS) 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 258サイト
鳥ブログ 349位 366位 387位 395位 391位 404位 418位 5,649サイト
野鳥 44位 47位 53位 53位 53位 59位 61位 690サイト
今日 07/23 07/22 07/21 07/20 07/19 07/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 967,247サイト
INポイント 30 60 80 50 40 40 50 350/週
OUTポイント 50 120 70 70 40 70 90 510/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,517サイト
デジタル一眼(OLYMPUS) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 258サイト
鳥ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,649サイト
野鳥 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 690サイト

Miyaさんのブログ記事

  • 睨めっこ(?)、問いかける二羽のササゴイ

    浮間公園で観察した睨めっこ(?)、問いかける二羽のササゴイです。ダササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。浮間公園の奥の浮輪に二羽のササゴイがやって来て、いきなり、睨めっこのような様子が続きました。そして、次に目線が写った場所はカメでした。カメを見ながら何か話しているようです。これも面白い光景だったの...

  • ダイサギの小魚の捕獲

    浮間公園で観察したダイサギの捕獲です。ダイサギは、コウノトリ目サギ科に分類される鳥で、全長約90㎝、全体が白色で、脚、首、くちばしが長いのが特徴です。コサギと違い、足は全体が黒色です。また、コサギのように足早に歩きまわるよりも、より深い水辺をゆっくり歩くか、じっと立っていることが多いです。久し振りにダイサギが浮間ヶ池の奥に降り、小魚を啄んでいました。背景にはトンボも写っていました。7枚目の写真はいか...

  • 元気に飛び交う白スズメ

    荒川で観察した元気に飛び交う白スズメです。スズメは、スズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類の1種で、人家の近くに生息する小鳥です。白いスズメは、目が黒いので、アルビノではなく白変種でしょうか。白変種は、突然変異で色素が少なくなってしまった個体です。メラニン色素に関わる遺伝子情報が欠損したアルビノ種とは異なり、白変種はメラニン色素があるので、体に黒い部分を持ちます。毎週土日は白スズメを観察に出掛け...

  • 元気に育つササゴイのヒナ

    浮間公園で観察したササゴイのヒナです。ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。公園奥の3本の杭の上に営巣しているササゴイのヒナが元気に育っています。ヒナの姿を捉えるのは難しいですが、親鳥が餌を持って来ると隠れていた枝や葉の間から元気なヒナの様子が観察できます。2枚目の写真には4羽のヒナが確認できますが、4...

  • 羽が白いカラス

    浮間公園で観察した羽が白いカラスです。昨年も羽が白いカラスが生まれましたが、今年も周辺で生まれたようです。翼を広げると白さがわかるので、飛翔姿を編集してみました。昨年に比べ白い羽が少ないですが、このような遺伝子を持った親鳥がいるのではと思います。昨日は、小さな魚を捕って食べたり、赤羽ゴルフ倶楽部の駐車場の車に乗ったり、周辺を飛び交っていました。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励...

  • タンポポを傾けるツマグロヒョウモン

    浮間公園で観察したツマグロヒョウモンのメスです。ツマグロヒョウモンは、チョウ目タテハチョウ科ドクチョウ亜科ヒョウモンチョウ族に分類されるチョウの一種で、成虫の前翅長は38~45mmです。翅の模様はメスオスでかなり異なり、メスは前翅の先端部表面が黒(黒紫)色地で白い帯が横断し、ほぼ全面に黒色の斑点が散ります。翅の裏は薄い黄褐色の地にやや濃い黄褐色の斑点がありますが、表の白帯に対応した部分はやはり白帯となっ...

  • カワセミの幼鳥の飛び込み

    浮間公園で観察したカワセミの幼鳥の飛び込みです。カワセミは、ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属に分類される水辺に生息する小鳥で、コバルト色が美しく、ダイビングして獲物を捕らえます。カワセミのヒスイ色は、色素によって発色するのではなく、羽毛にある微細構造によって可視光を波長選択的に反射させ、鮮やかな色彩を現しています。オスのくちばしは黒く、メスは下のくちばしが赤いという特徴があります。今回は小魚をゲ...

  • 雨上がりに水浴びをするスズメ

    浮間公園で観察した雨上がりに水浴びをするスズメです。スズメは、スズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類の1種で、人家の近くに生息する小鳥です。雨上がりに水浴びをして寛ぐスズメが可愛くてカメラで追ってみました。曇っていましたが、水浴びをして羽を乾かしています。長閑な雰囲気が伝われば幸いです。カメラはE-M1Xで、レンズはED40-150mmF2.8PROに、テレコンバーターを付け、80-300mm(35㎜換算で160-600mm)の300㎜...

  • 雨上がりのスイレンとミドリガメ

    浮間公園の水生植物園で咲き誇る雨上がりのスイレンとミドリガメです。スイレン属は、スイレン科の属の一つで、水生多年草です。漢字で書く睡蓮の名前は 「睡(ねむる)蓮(はす)」に由来するそうです。国産の品種だと朝から14時くらいまで、外国産のものなら15時くらいまでは、普通に咲いていますが、日差しが弱くなる時間帯になると、花を閉じてしまいます。その姿がまるで眠ってしまったかのように見えるため「睡蓮」という名...

  • ムラサキツメクサを楽しむ白スズメ

    荒川で観察したムラサキツメクサ(紫詰草)を楽しむ白スズメです。スズメは、スズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類の1種で、人家の近くに生息する小鳥です。白いスズメは、目が黒いので、アルビノではなく白変種でしょうか。白変種は、突然変異で色素が少なくなってしまった個体です。メラニン色素に関わる遺伝子情報が欠損したアルビノ種とは異なり、白変種はメラニン色素があるので、体に黒い部分を持ちます。今回は、ムラ...

  • カメの前で小魚をゲットするカワセミ

    浮間公園で観察したカメの前で小魚をゲットするカワセミの幼鳥です。カワセミは、ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属に分類される水辺に生息する小鳥で、コバルト色が美しく、ダイビングして獲物を捕らえます。カワセミのヒスイ色は、色素によって発色するのではなく、羽毛にある微細構造によって可視光を波長選択的に反射させ、鮮やかな色彩を現しています。オスのくちばしは黒く、メスは下のくちばしが赤いという特徴があります...

  • 浮輪から飛び立つササゴイ

    浮間公園で観察した浮輪から飛び立つササゴイです。ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。浮輪からの飛び出しを久し振りに追ってみました。曇っていましたが、カメラも頑張ってくれました。カメラはE-M1Xで、レンズはED40-150mmF2.8PROです。テレコンバーターを付けると、80-300mm(35㎜換算で160-600mm)になります。★...

  • 親鳥と巣立つササゴイの幼鳥

    浮間公園で観察した親鳥と巣立つササゴイの幼鳥です。ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。浮間公園の奥の3本の杭の上の木に営巣したササゴイは、幼鳥が親鳥と一緒に巣立っています。幼鳥は親鳥の後を追いながら不器用に樹を登っていました。カメラはE-M1Xで、レンズはED40-150mmF2.8PROです。テレコンバーターを付け...

  • カワセミの幼鳥のダイビング

    浮間公園で観察したカワセミの飛び込みです。カワセミは、ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属に分類される水辺に生息する小鳥で、コバルト色が美しく、ダイビングして獲物を捕らえます。カワセミのヒスイ色は、色素によって発色するのではなく、羽毛にある微細構造によって可視光を波長選択的に反射させ、鮮やかな色彩を現しています。オスのくちばしは黒く、メスは下のくちばしが赤いという特徴があります。昨日は久し振りにカワ...

  • 元気に遊ぶ白スズメの幼鳥

    荒川で元気に遊ぶ白スズメの幼鳥です。スズメは、スズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類の1種で、人家の近くに生息する小鳥です。昨日、白スズメの様子を見に行きました。カメラマンは、私を入れて4人でしたが、近くまで来てくれました。他のカメラマンの話を聞くと、誰か餌を与えている人がいるようです。幼鳥なのでしょうか、怖がらずに餌をまたくれるのではと近づいてきます。ジョキングの人たちが通りかかると枝に飛び立...

  • 親鳥から餌をもらう白スズメの幼鳥と次を待つ二羽のスズメ

    親鳥から餌をもらう白スズメの幼鳥と次を待つ二羽のスズメです。スズメは、スズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類の1種で、人家の近くに生息する小鳥です。二羽のスズメが親鳥から餌を待っています。地面では、白いスズメの幼鳥が親鳥から餌をもらい満足気です。雨が降って、ピントが甘いですが、元気なスズメの幼鳥を編集してみました。カメラはE-M1Xで、レンズはED40-150mmF2.8PROです。テレコンバーターを付けると、80-30...

  • グリーンに溶け込むササゴイの幼鳥

    浮間公園で観察したグリーンに溶け込むササゴイの幼鳥です。ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。ササゴイの幼鳥も大きくなり一羽での行動も目立ちます。今回は近くの樹に止まってくれたので、飛び立つまでを追ってみました。カメラはE-M1Xで、レンズはED40-150mmF2.8PROです。テレコンバーターを付けると、80-300mm(...

  • 住宅の一角の庭で遊ぶ白スズメの幼鳥

    住宅の一角の庭で遊ぶ白スズメの幼鳥です。スズメは、スズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類の1種で、人家の近くに生息する小鳥です。都内の住宅の庭で餌を求めて地面に降りたり、柵に飛び上がる元気な白スズメの幼鳥です。カメラはE-M1Xで、レンズはED40-150mmF2.8PROです。テレコンバーターを付けると、80-300mm(35㎜換算で160-600mm)になります。★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります。...

  • 新河岸川で観察した白いスズメの幼鳥

    新河岸川で観察した白いスズメの幼鳥です。スズメは、スズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類の1種で、人家の近くに生息する小鳥です。被写体は川の向こうで遠いですが、雨の中、白いスズメが飛んでいました。親鳥から餌をもらってから飛び立ちましたが、この周辺で生まれたばかりの幼鳥です。カメラはE-M1Xで、レンズはED40-150mmF2.8PROです。テレコンバーターを付けると、80-300mm(35㎜換算で160-600mm)になります。★ブ...

  • アオサギの行動

    浮間公園で観察したアオサギの行動です。アオサギは、コウノトリ科サギ科の一亜種でオオダイサギとともに、日本で見られる最大のサギ類です。全体に明るい青灰色ですが初列雨覆と風切が黒く、飛ぶと目立ちます。目の上から後頭に黒褐色があって冠羽に続きます。くちばしと脚は橙黄色で繁殖期にはピンク色になります。浮間公園に久し振りにアオサギが飛来しました。先着はダイサギですが、そこに加わって威嚇しますが、ダイサギは無...

  • 白いスズメの幼鳥

    荒川で観察した白いスズメの幼鳥です。スズメは、スズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類の1種で、人家の近くに生息する小鳥です。白いスズメがいると聞いて、昨日に続き今日も観察に出掛けました。今日は、ラッキーなことに常駐場所がわかりました。雨が降っていましたが、間近で撮影することもできたので、見苦しくない程度にトリミングしました。親鳥から餌をもらうシーンや飛び立つシーンなどいろいろ観察できましたが、ま...

  • ササゴイの幼鳥とカメ

    浮間公園で観察したMC-20によるササゴイの幼鳥とカメです。ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。昨日は曇っていましたが、ササゴイの幼鳥が浮間ヶ池に降りてくるようになったので、その様子を観察しました。カメとのコーラボですが、お互いに目線が違います。長閑ですが、ササゴイの幼鳥は時折小魚を啄んでいました。カ...

  • MC-20によるササゴイの飛翔

    浮間公園で観察したMC-20によるササゴイの飛翔です。ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。今回は、新しいテレコンバーターMC-20を付けて、被写体は遠いですが、トリミングしての解像度のチェックです。カメラはE-M1Xで、レンズはED40-150mmF2.8PROです。テレコンバーターを付けると、80-300mm(35㎜換算で160-600mm)...

  • MC-20によるカルガモの着水

    浮間公園で観察したMC-20によるカルガモの着水です。カルガモは、鳥綱カモ目カモ科マガモ属に分類される鳥類で、全長53~63㎝、翼開長83~91㎝、全身の羽衣は黒褐色です。今回は、新しいテレコンバーターMC-20の実力チェックとして、どれだけ野鳥の飛翔姿が鮮明に撮れるかを確認してみました。カメラはE-M1Xで、レンズはED40-150mmF2.8PROです。テレコンバーターを付けると、80-300mm(35㎜換算で160-600mm)になります。お天気...

  • 営巣を見張るササゴイ

    浮間公園で観察した営巣を見張るササゴイです。ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。今年の営巣場所は、なかなかヒナが観察できる場所になく、大きくなった幼鳥は観察できますが、生まれたばかりのヒナの観察は難しいです。今回は、浮間ヶ池の奥の杭の後方にある樹の営巣をしていますが、枝や葉で覆われてよく観察できま...

  • ササゴイの赤ちゃん

    浮間公園で観察したササゴイのヒナです。ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。今年の営巣場所は、なかなかヒナが観察できる場所になく、大きくなった幼鳥は観察できますが、生まれたばかりのヒナの観察は難しいです。今回は、枝被りが多い中、ヒナが観察できたので、編集してみました。★ブログランキングに参加中です。...

  • 新しいテレコンバーターMC-20による雨の中のカワセミとササゴイ

    新しいテレコンバーターMC-20による雨の中のカワセミとササゴイです。最近購入したテレコンバーターMC-20の解像度を確認するため、雨で暗かった早朝ですが、テストしてみました。カメラはオリンパスのE-M1X、レンズはED300mmF4.0PROです。手持ち撮影ですが、各写真の1枚目は撮って出し(ノートリミング)、それぞれの次の写真がトリミングして拡大してみました。35mm換算で1200㎜になりますが、F値は2段下がってF8.0からになります...

  • 雨の中のカワセミの餌渡し

    浮間公園で観察した雨の中のカワセミの餌渡しです。カワセミは、ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属に分類される水辺に生息する小鳥で、コバルト色が美しく、ダイビングして獲物を捕らえます。カワセミのヒスイ色は、色素によって発色するのではなく、羽毛にある微細構造によって可視光を波長選択的に反射させ、鮮やかな色彩を現しています。オスのくちばしは黒く、メスは下のくちばしが赤いという特徴があります。今回の撮影はオ...

  • 雨の中、枝運びが盛んなササゴイ

    浮間公園で観察した雨の中でのササゴイの枝運びです。ササゴイは、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類で、ハトより大きくゴイサギよりも小さい、くちばしが長い野鳥です。雨が降っていましたが、新しいテレコンバーターMC20を付けてのテストです。ササゴイが雨の中、枝運びをしているシーンを追ってみました。暗いのでテレコンバーターMC-20の実力はまだまだわかりませんが、AFも早くストレスはあり...

  • スイレンとザリガニ

    浮間公園の水生植物園で咲き誇るスイレンとザリガニです。スイレン属は、スイレン科の属の一つで、水生多年草です。漢字で書く睡蓮の名前は 「睡(ねむる)蓮(はす)」に由来するそうです。国産の品種だと朝から14時くらいまで、外国産のものなら15時くらいまでは、普通に咲いていますが、日差しが弱くなる時間帯になると、花を閉じてしまいます。その姿がまるで眠ってしまったかのように見えるため「睡蓮」という名前が付けられ...