searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

1件〜100件

  • モデルナはアフリカでまだまだコロナで稼ぐ気です。

    米モデルナが約5億ドルを投じて、ケニアにmRNAワクチン工場を建設することを発表。同社初のアフリカ製造拠点。(アフリカニュース) 記事によると、 アメリカのバイオテクノロジー企業であるモデルナは、アフリカで最初の製造施設をケニアに設立し、Covid-19ショットを含むメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンを製造します。 モデルナは、ケニアの施設に約5億ドル(565億シリング)を投資し、アフ…

  • アフリカのほうがネットは便利になっていくかも?

    イーロン・マスクの宇宙ベンチャーSpaceXが、モザンビークで衛星インターネットサービスStarlinkを提供するためのライセンスを取得、アフリカ初。(アフリカニュース) 記事によると、 モザンビークの国立通信研究所(INCM)は、SpaceXが国にスターリンク衛星インターネットサービスを提供するライセンスを承認されたことを発表しました。 INCMは、衛星ベースのインターネットサービスを承認…

  • Web3.0時代の主役は、アフリカや東南アジアか?

    アフリカでPlay to Earnゲームのプラットフォームを提供するJamboが、シードラウンドで750万ドルを調達。(アフリカニュース) 記事によると、 コンゴを拠点とするスタートアップ企業が「学び、遊び、稼ぎ」を暗号ベースの収入創出の機会へのアクセスを民主化することで、アフリカのweb3ユーザー獲得ポータルを構築し、750万ドルのシード資金を調達しました。 専門家によると、アフリカは東南…

  • アフリカのエンドレス修理を防げることになるか

    AIを組み込んだ拡張現実(AR)アプリで自動車の損傷状態を1分以内に評価する南アフリカのCarscanが2,000万ランドの追加調達。(アフリカニュース) 記事によると、 拡張現実の新興企業であるCarscanは、Kalon Venture Partners、Allan Grey E2 Ventures、AlphaCodeから100万ドルを超える設備投資を行った後続の資金調達ラウンドを成功裏…

  • ウガンダの油田開発でフランスと中国がタッグ

    フランスのエネルギー大手TotalEnergiesと中国海洋石油集団が、投資額100億ドル以上の油田開発・パイプラインプロジェクトにつき、ウガンダおよびタンザニア政府と最終投資決定に合意。(アフリカニュース) 記事によると、 トタルエナジーズ(TTEF.PA)とそのパートナーである中国海洋石油集団は、ウガンダとタンザニアとの間で、東アフリカでの原油生産の開発に100億ドル以上を投資する契約を…

  • 巨大なGoogleはインドとアフリカを同時に手に入れる。

    Googleがインドの通信会社Bharti Airtelに最大10億ドルを投資で合意。Bharti Airtelはアフリカ14カ国で通信事業を行うAirtel Africaの親会社。(アフリカニュース) 記事によると、 Alphabet IncのGoogle(GOOGL.O)は、インドのBharti Airtel(BRTI.NS)に最大10億ドルを投資し、米国のテクノロジー大手がインドでの保…

  • ドル支配からの自立か?フランスは相変わらずで

    現地通貨同士で決済が可能な汎アフリカ決済システムPAPSSの運用が開始、アフリカ自由貿易圏(AfCFTA)での貿易や決済を促進。(アフリカニュース) 記事によると、 汎アフリカ決済システム(PAPSS)が、ガーナのアクラで、「決済の接続、アフリカの貿易の加速」というタイトルの仮想イベントで正式に開始されました。 新しいアプローチでは、あるアフリカの国の顧客は自国通貨で支払い、別の国の売り手は…

  • 抗マラリア薬の偽造率は39.9%、偽造医薬品の抑制を目指すガーナ。

    ガーナ政府が政府によるオンライン薬局プラットフォームを立ち上げへ。(アフリカニュース) 記事によると、 過去10年間で、ガーナ政府は国内での偽造医薬品の拡散を抑制するための取り組みを強化してきました。 過去に記録された相対的な成功を考慮して、今回はトレーサビリティと効率の保証としてデジタル技術に重点が置かれました。 ガーナ共和国のマハムドゥ・バウミア副大統領(写真)は、薬局のデジタル化プロセ…

  • 中国のアフリカ支配に陰りが出始めているのか?

    中国政府が3年に1度の中国・アフリカ協力フォーラムにて、アフリカへの拠出額を400億ドルと発表、前回から3割削減。(アフリカニュース) Photographer: Qilai Shen/Bloomberg 記事によると、 世界第2位の経済大国が、持続不可能な債務を抱える発展途上国を支援することへの批判を避けようとしたため、中国のアフリカへの財政的公約は10年以上ぶりに下落しました。 習近平国…

  • アフリカでは日本もファーウェイとしっかり絡んでいます。

    住友商事が出資するエチオピアの通信会社Safaricom Telecommunications Ethiopiaが、4G含むインフラ整備を進めるにあたりノキアとファーウェイの2社と契約締結。(アフリカニュース) 記事によると、 Safaricom Telecommunications Ethiopia Plcは、世界的な通信大手であるNokiaと、エチオピアでの運用のためのインフラストラクチ…

  • アフリカも銀行は過渡期

    エチオピアの決済スタートアップEthSwitchが、中央銀行による承認を取得してデジタル銀行サービスへと事業拡大。(アフリカニュース) 記事によると、 EthSwitchは、Person to Person(P2P)アカウント転送を通じてデジタル決済スキームをさらに一歩進め、余分な遅延やプロセスなしで金融会社間の転送と支払いを容易にします。 EthSwitchがパイロットを通じて正常にテスト…

  • IT強国ナイジェリアは進んでいます。

    ナイジェリア中央銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)e-Nairaの導入・運用を開始。(アフリカニュース) 記事によると、 ナイジェリアはデジタル通貨(eNaira)を立ち上げた最初のアフリカ諸国になりました。 そのリーダーは、銀行へのアクセスを拡大し、より多くの送金を可能にし、さらには数十億ドルの経済成長をもたらすと述べました。 アフリカで最も人口の多い国がバハマに加わりました。 バハマ…

  • ナイジェリアでは、モバイルインターネットがブロックチェーンの分散型で機能します。

    ナイジェリアの分散型モバイルインターネットシェアリングスタートアップWicryptが150万ドルを調達、国外へ事業を拡大。(アフリカニュース) 記事によると、 ナイジェリアのブロックチェーンベースのWi-Fi共有スタートアップであるWicryptは、新しい国への拡大を支援するための戦略的資金調達ラウンドで150万米ドルを調達しました。 Wicryptは分散型のモバイルインターネット共有および…

  • 中国の決済インフラは着々とアフリカへ

    南アフリカの通信会社VodacomがスーパーアプリVodaPayの提供を開始。中国Alipayが設計。(アフリカニュース) Vodacom Group CEO Shameel Joosub. 記事によると、 VodacomのVodaPaySuper Appが正式に公開され、あらゆるモバイルネットワークの顧客が利用できるようになりました。 Vodacomのフィンテック部門であるVodacomF…

  • ファーウェイはアフリカで元気です。

    エジプトの不動産デベロッパーTatweer Misrが、スマートシティ事業で中国ファーウェイと提携。(アフリカニュース) 記事によると、 持続可能なスマートで幸せなコミュニティを確立するというTatweerMisrのビジョンの一環として、Huawei Technologies Egyptの技術戦略、生産構想、技術開発、展開に関する専門知識を活用しています。 両当事者は力を合わせて、完全に接続…

  • アフリカへのビジネス支援とSDGsを兼ねた良プロジェクト

    英電力スタートアップXlinksが、モロッコで発電した電力を英国に送電する世界最長の海底電力ケーブルの敷設を計画。(アフリカニュース) 記事によると、 Tesco Plcの元責任者は、モロッコの再生可能エネルギー源から英国に追加の供給をもたらす世界最長の電力リンクを構築する事業計画の一部だと述べています。 Xlinksは、3,800キロメートル(2,360マイル)の距離をカバーする160億ポ…

  • アフリカは着々とビジネス構築を続けています。

    アフリカ自由貿易圏(AfCFTA)協定に基づく大陸内貿易に向けて、アフリカ輸出入銀行が現地通貨で即時決済ができる決済プラットフォームPASSの運用開始を発表。(アフリカニュース) 記事によると、 アフリカ輸出入銀行(Afreximbank)とAfCFTA事務局は、アフリカ市場間で現地通貨での即時の国境を越えた支払いを可能にする革新的な金融市場インフラストラクチャであるパンアフリカ決済システム…

  • アフリカにボランティアはいりまちぇん!

    【ガーナ】ファストファッションの末路……不必要になった衣服の埋め立て地(アフリカニュース) 記事内のムービーより抜粋 私は以前、ガーナに3年ほど住んでいまして、その時の経験から、『アフリカにボランティアはいりまちぇん!』というAmazon Kindleでの電子書籍出版を2018年にさせていただきました。 アフリカ向けのボランティアの形態は様々ありますが、もちろん医療や紛争被害等などの人道的な…

  • ナイジェリアでも先端医療の研究が始まっています。

    ナイジェリアの遺伝子医療スタートアップ54geneがシリーズBラウンドで2,500万ドルを調達。(アフリカニュース) Image Credits: 54gene 記事によると、 世界の製薬研究で使用されている遺伝物質の3%未満がアフリカからのものです。 アフリカ人とアフリカ系の人々は他のどの人口よりも遺伝的に多様であると報告されているので、驚異的なギャップは非常に驚くべきものです。 2019…

  • アフリカでもモバイルマネーへの動きは止まりません

    セネガルのモバイルマネースタートアップWaveがシリーズAで2億ドルを調達し、評価額17億ドルで仏語圏アフリカ初のユニコーンへ。 記事によると、 米国とセネガルを拠点とするモバイルマネープロバイダーであるWaveは、シリーズAラウンドの資金調達で2億ドルを調達しました。 この投資は、この地域でこれまでで最大のシリーズAラウンドであり、Waveの価値は17億ドルです。 4人の有名な支援者が共同…

  • ガーナもデリバリーで便利になってきている模様

    ガーナ最大の小売チェーンMelcomがピザハットのフランチャイズ権を獲得しファストフード業界に進出。 記事によると、 国内最大の小売店であるメルコムは、その事業分野にクイックサービスレストランを追加しました。 これは、同社がフードチェーンを運営するためにグローバル企業であるピザハットからフランチャイズを確保したということです。 その後、フードチェーンを運営するメルコムの子会社であるスカイライ…

  • 小国が大国と組む世界

    ナイジェリア中央銀行が同国のCBDCとしてデジタル通貨eNairaを開発するために技術パートナーとしてBittを選定。(アフリカニュース) 記事によると、 ナイジェリアは、独自の暗号通貨「eNaira」を立ち上げるための技術パートナーとしてBitt Incと協力する、と中央銀行は語りました。 中央銀行は、ナイジェリアが2月に銀行や金融機関による暗号通貨の取引や取引の促進を禁止した後、今年後半…

  • エチオピアが独自のSNSを開発中

    エチオピア政府がFacebook、Twitter、WhatsApp、Zoomに代わる独自のソーシャルメディアプラットフォームを開発、WhatsappとZoomの代替はすでにトライアル完了。(アフリカニュース) 記事によると、 エチオピアは、Facebook(FB.O)、Twitter(TWTR.N)、WhatsAppに匹敵する独自のソーシャルメディアプラットフォームの開発を開始しましたが、グ…

  • アフリカにボランティアはいりまちぇん!

    エチオピアでスタートアップと投資家を繋ぐポータルサイトYegaraが立ち上げられる。(アフリカニュース) 記事によると、 エチオピアの雇用創出委員会(JCC)は、Master CardFoundationおよびPiazzaCommunicationsと協力して、スタートアップと潜在的な投資家をつなぐことを目的とした「Yegara」と呼ばれる全国的なポータルを設立しました。 yegara.or…

  • ナイジェリアのITは先進的です。

    ブロックチェーンを用いた偽造品検出アプリのナイジェリアのスタートアップChekkitがプレシードラウンドで50万ドルを調達。(アフリカニュース) 記事によると、 Chekkitは、Launch Africa、Japan Strategic Capital、Blockchain Founders Fund、2人のエンジェル投資家がグループを示すなどのトップ投資家との50万ドルのプレシードラウン…

  • 中国主導のAIIBは、いよいよアフリカに進出

    中国政府が主導するアジアインフラ投資銀行が初となるサブサハラアフリカ向け融資を決定。(アフリカニュース) 記事によると、 中国が支援するアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、サハラ以南のアフリカでの最初のプロジェクトを承認し、現在大陸に移動している国際開発銀行のリストを増やしています。 2016年に運用を開始した北京を拠点とするAIIBは、昨年設立したより広範なCOVID-19危機回復施設の…

  • コロナワクチンのmRNAの技術をマラリア予防向けにも

    ドイツのバイオ医薬品企業ビオンテックがmRNA技術を活用したマラリア予防ワクチンの開発を計画、アフリカでの製造も検討。(アフリカニュース) 記事によると、 ビオンテックは、mRNA技術に基づいたマラリアの最初のワクチンを開発することにより、COVID-19での成功をさらに発展させたいと考えており、蚊が媒介する病気を根絶するために、2022年末までに臨床試験を開始することを目指しています。 パ…

  • ガーナも時代の先端を行きます(・∀・)

    ガーナでもCBEC(中央銀行デジタル通貨)を試験運用。(アフリカニュース) 記事によると、 ガーナ銀行は、ギーゼッケアンドデブリエント(G+D)と協力して、ガーナで汎用の中央銀行デジタル通貨(小売CBDC)を試験運用しています。 G+Dは、ガーナの要件に適合したテクノロジーを提供し、ソリューションを開発しています。 このソリューションは、銀行、決済サービスプロバイダー、加盟店、消費者、その他…

  • ナイジェリアで爆速の融資実行が実現か。

    AIを用いて3時間以内に中小企業に融資を提供するナイジェリアPayhippoが、プレシードラウンドで100万ドルを調達。(アフリカニュース) 記事によると、 その重要性にもかかわらず、アフリカの中小企業セクターは、商業銀行によってほとんどサービスを受けていないままです。 ナイジェリアでは、人口の大部分が「インフォーマル経済」と呼ばれる中小企業(SME)を運営しています。 インフォーマル経済は…

  • アフリカでモバイルマネーがなかなか進まない理由はこれ

    ガーナ政府がモバイルマネーへの課税を増税、代理店は手数料値上げへ。(アフリカニュース) 記事によると、 これは、顧客がより多く支払う必要があることを意味します。 協会は顧客に耐えるように訴えました。 「一般の方は、これらにご注意ください。 モバイルマネーサービス料金の新しい変更 2021年7月1日から発効されます。 政府による10%の課税です。 キャッシュアウトサービス料が始まります。 私た…

  • フランスと中国は似たもの同士?

    フランスの通信大手Orangeがアフリカでの5G通信サービスで中国ファーウェイ製品を採用予定。(アフリカニュース) 記事によると、 フランスの主要な通信事業者であるOrangeは、ファーウェイと協力してアフリカで5Gを展開すると、同社の最高経営責任者であるステファン・リシャールは述べています。 Orangeはフランスで最大のモバイルネットワーク事業者であり、アフリカの18か国で事業を展開して…

  • ガーナとルワンダのお互いの強みを活かしたビジネス提携に期待(アフリカニュース)

    ガーナがルワンダにチョコレート工場を設立へ、代わりにルワンダはガーナに有機防虫菊配合工場を設立へ。(アフリカニュース) 記事によると、 ガーナ政府は、両国が貿易と投資の関係を強化しようとしているため、ルワンダにチョコレート生産工場を設立する計画を発表しました。 信頼できる筋によると、この取引は、ルワンダ当局者の代表団とさまざまなセクターの事業運営による、ガーナへのちょうど締結された1週間の出…

  • 旧フランス植民地も真の独立に向けての再開になることを期待

    西アフリカ15カ国が加盟するECOWASが単一通貨Eco導入のための新しいロードマップを採択、2027年の導入。(アフリカニュース) 記事によると、 西アフリカの15か国のグループが、コロナウイルスのパンデミックによって以前の計画が失敗した後、2027年に単一通貨を発売するための新しいロードマップを採用しました。 新しいロードマップは西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)の首脳によって合意…

  • 中国は着々とナイジェリアでもマーケットを押さえてきています。

    中国アリババグループ傘下の物流会社Cainiao Smart Logistics Networkが香港とラゴスを直行する航空貨物専用便の運航を開始。(アフリカニュース) 記事によると、 Cainiao Smart Logistics Networkは、急成長している貿易の通過時間を短縮することを目指して、香港とアフリカ間の最初の航空貨物ルートを開始しました。 電子商取引の巨人アリババのロジス…

  • ケニアでもアルコール需要の多様性が起きています。

    ケニアのビール会社Kenya Breweries Limitedが蒸溜酒製造ラインの追加に10億ケニアシリングを投資へ。ケニアにおいて高まる蒸留酒需要に対応。(アフリカニュース) 記事によると、 Kenya Breweries Limited(KBL)は、消費者の需要の高まりを背景に、10億シリングを費やしてスピリッツの現地生産用の追加ラインを設置する予定です。 同社によれば、スピリッツの需…

  • ナイジェリアのウバ活民、Uberに反旗

    配車ドライバーの収入と福利厚生の向上を目指すナイジェリアの配車ドライバー組合がUberとBoltとの提携を中止しナイジェリアのActive RideとMy Cab Appと提携。(アフリカニュース) 記事によると、 ラゴスのProfessionalE-Hailing Drivers and Private Owners Association(PEDPA)は、ライドシェアリングサービスのため…

  • 日本は海外のものを使い、ケニアは独自に立ち上げ

    ケニアの通信大手サファリコムがアフリカ版TikTokとなる動画ストリーミングプラットフォームBAZEを立ち上げ。(アフリカニュース) 記事によると、 ケニアのSafaricomは、BAZEという名前のビデオオンデマンドプラットフォームを立ち上げました。 過去2年ほど開発されてきたこの製品は、Viusasaまたは同様の製品と似ています。 つまり、ローカルにアクセスし、携帯電話でグローバルコンテ…

  • アフリカで拡大するフィンテックでのユニコーン企業

    アフリカ7カ国で国際送金アプリを提供するChipper CashがシリーズCで1億ドルを調達、新たなユニコーン誕生か。(アフリカニュース) 記事によると、 アフリカのフィンテックは金脈です。 投資家は、支払いやネオバンクへの貸し出し、送金、国境を越えた送金など、さまざまなサービスを提供する新興企業に大きな賭けをしています。 これらの各サービスは、固有の一連の課題を解決します。 国境を越えた支…

  • 南アフリカの鉱山の部品調達はその場で3Dで

    英Anglo Americanが南ア国立科学産業研究評議会や米Ivaldiと提携し、3Dプリンターを使って鉱山機械の部品を鉱山現場で製造するプロジェクトに取り組む。(アフリカニュース) 写真:Daleen Loest/Shutterstock.com 記事によると、 英国の鉱山採掘会社のAngloAmericanは、南アフリカ科学産業研究評議会(CSIR)および米国を拠点とするテクノロジー企…

  • どこか田舎感のあるブルキナファソの産業も進展してきました。

    ブルキナファソが国内初となるラップトップと携帯電話の組立工場建設を開始。(アフリカニュース) 記事によると、 ブルキナファソは、新しいプロジェクトでデジタルインクルージョンを追求しています。 この計画の下で、ブルキナファの企業 Horizo​​n Industries SA は中国のハイアールと提携して、低コストのデバイスを現地で生産しています。 昨年 5 月 25 日、同国は最初のコンピュ…

  • これまでもこれからも、エチオピアは中国と一緒です。

    エチオピア国営通信会社エチオテレコムが中国ファーウェイ製モジュラー型データセンターを開設。(アフリカニュース) 記事によると、 Ethio Telecomは、エチオピアで最大のTier III対応のモジュラーデータセンターと言うものを立ち上げました。 現職のオペレーターは、首都アディスアベバの Gola Sefer地区にある新しいデータセンターは Huaweiによって供給されたと語りました。…

  • フランスの環境ビジネス

    フランスの通信会社Orangeが、アフリカと中東で通信塔の電力源として太陽光発電を行うイニシアチブを促進。(アフリカニュース) 記事によると、 太陽光発電はアフリカの多くのOrange子会社とヨルダンのHuaweiデータセンターの活動をサポートしています。 国際オペレーターのOrangeは、2040年までに二酸化炭素排出量をゼロにするために、アフリカと中東での太陽光発電プロジェクトを加速して…

  • フランスがアフリカの通信環境改善に寄与か

    フランスの衛星サービスEutelsat CommunicationsがFacebookのExpress Wi-Fiを用いてアフリカ12カ国で衛星ブロードバンドサービスを提供へ。(アフリカニュース) 記事によると、 Eutelsat Communications (Euronext Paris: ETL) は、Facebookと提携して Express Wi-Fi プラットフォームの使用を拡大…

  • イーロンマスクもアフリカの市場を押さえにきています。

    イーロン・マスクのSpaceXが、ナイジェリアで衛星インターネットサービスStarlinkを開始するためライセンス取得へ。(アフリカニュース) 記事によると、 米国に本拠を置く宇宙探査会社である SpaceXは、ナイジェリアで同社の衛星インターネット サービスであるStarlinkを開始するために必要なライセンスを確保するために、ナイジェリア通信委員会 (NCC) と協力していると述べていま…

  • アフリカのファッションブランドを世界へ。

    アフリカ発のアパレルに特化した投資会社Birimian Holdingsが設立される。すでに4社へ投資。(アフリカニュース) 記事によると、 サハラ以南のアフリカのアパレル、テキスタイル、フットウェアの市場は310億ドルの価値があると推定されており、そのファッションは多くの場合、国際的なデザイナーにインスピレーションを与えています。 しかし、その起業家の多くはインフォーマルセクターで活動して…

  • 保険のマーケットも徐々にサイバー空間に移ってくるか?

    南アフリカのインシュアテックスタートアップSurestartがサイバー保険の提供を開始。(アフリカニュース) 記事によると、 保険技術の新興企業Surestartは、プライバシー侵害やネットワークセキュリティ侵害によって引き起こされた費用と損害をカバーする、デジタルビジネスとその顧客向けの保険サービスを開発しました。 SurestartのエグゼクティブディレクターであるTravysWilki…

  • ウガンダの愚策

    ウガンダ政府がインターネットデータの利用に12%の課税へ。(アフリカニュース) 記事によると、 ウガンダは、インターネットデータに12%の税金を導入し、消費者がすでに世界で最も高いインターネットコストの一部を支払っている東アフリカの国でオンラインアクセスの価格を引き上げる可能性があると述べています。 アフリカ諸国のデータコストは他の地域に比べて高く、デジタル擁護団体であるWorld Wide…

  • ザンビアでモバイルで保険の利便性で100万人顧客。

    ウガンダの少額モバイル保険aYoが、ザンビアで事業開始から1年で100万人の顧客を獲得。(アフリカニュース) ザンビアはアフリカ南部に位置する共和制国家であり、イギリス連邦加盟国のひとつでもあります。 記事によると、 マイクロインシュアラーのaYoZambiaは、1年以内に100万人の顧客マークを超えたことを発表しました。 成長企業は、ザンビアの保険に簡単にアクセスできるようにすることを目的…

  • ガーナでもいよいよ生命保険への需要が高まってきたのか。

    ガーナの生命保険会社Ghana Life Insuranceが225万ドルの資金を調達。(アフリカニュース) 記事によると、 ガーナ生命保険会社の株主は、財政状態を改善するために会社に新しい資本を注入しました。 会社に225万ドルを注入すると、会社の最低資本金はGHC27.9百万になり、現在の規制要件であるGHC15百万をはるかに上回ります。 とあります。 非常に短い記事ですが、新しい資金が…

  • ケニアも先進技術分野へ

    ケニアで半導体デバイスやナノテクノロジーを製造する工場が開設。(アフリカニュース) ケニアのウフルケニヤッタ大統領 記事によると、 ケニアのウフルケニヤッタ大統領は、ケニアで最初のナノテクノロジーおよび半導体製造施設を正式に開設しました。 この施設は、ケニアのニエリ郡にあるデダンキマティ工科大学にあり、大統領によれば、ケニアを工業国にするための基盤を形成する予定です。 製造施設は、177エー…

  • 懲役を科すほど支払いが遅れるバイヤーがいるということか(^◇^;)

    ケニアでサプライヤーへの支払い遅延に対して罰金と懲役を科す法案が提出される。(アフリカビジネス) 記事によると、 事業主やオーナーは、延滞金の増加を抑えることを目指す法案に基づいて、サプライヤーへの支払いを遅らせたとして、100万シリングの罰金または5年の懲役を科せられるリスクがあります。 法案を提案する前の2021年の即時支払い法案は、書面による契約に基づいて合意された日に、または口頭での…

  • ダイキンが砂のプロフェッショナルの鳥取大と連携してアフリカを救う(アフリカニュース)

    ダイキンがアフリカへの本格進出を視野に鳥取大と京都大と連携。(アフリカニュース) 以下、記事を引用 ダイキン工業は23日、鳥取大学と包括連携すると発表した。ダイキンが10年間で総額10億円を拠出し、乾燥地に適した空調技術の開発や植物工場、ヘルスケアといった分野で協業する。鳥取県にあるダイキンの研修施設を活用し、研究者同士の人材交流も進める。 鳥取大は砂漠化対策や黄砂の飛来シミュレーションとい…

  • ガーナでこんなサービス欲しいなと思っていたのが誕生していて嬉しいです。(アフリカニュース)

    ガーナのスタートアップJumeni Technologiesが、オンデマンドの廃棄物回収サービスを立ち上げ。(アフリカニュース) 記事によると、 ガーナの新興企業Jumeniは、個人や企業がUSSD、Web、またはモバイルアプリを介して廃棄物収集およびリサイクルサービスにアクセスできるようにするプラットフォームを立ち上げました。 もともとフィールドサービス管理(FSM)業界向けのソフトウェア…

  • 住友商事がエチオピアの通信事業に間接的に参画か(アフリカニュース)

    エチオピアの外資への通信ライセンス提供、住友商事も参加する英Vodafoneのコンソーシアムと南アフリカのMTNの2社のみが実際に応札。(アフリカニュース) 記事によると、 エチオピアの財務省は月曜日、南アフリカのMTN(MTNJ.J)とケニアのSafaricom(SCOM.NR)を含むコンソーシアムから、新しい通信事業のライセンスについて2つの入札を受けたと語りました。 この発表は、エチオ…

  • アフリカのキャッシュレス化も早そうです。(アフリカニュース)

    南アフリカ通信大手MTNがモバイルマネー事業の上場を検討。(アフリカニュース) 記事によると、 MTN Group Ltd.は、モバイルマネー部門を約50億ドルと評価しており、この部門の上場を検討し、アフリカ大陸で特に人気のあるサービスでキャピタルゲインを得ようとしているアフリカの無線通信事業者に加わります。 この動きは、MastercardIncとTPGHoldingsLPがAirtelA…

  • トヨタはアフリカでチャレンジを続けています。(アフリカニュース)

    トヨタと南ア石油化学大手Sasolが、グリーン水素を用いた燃料電池大型長距離トラック車走行のテストで協力。(アフリカニュース) 記事によると、 SasolとTo​​yota South Africa Motors(TSAM)が提案するグリーン水素モビリティ回廊を開発するためのパイロットプロジェクトには、まだ時間やコストの枠組みがありません。 「私たちはこの調査を開始したばかりなので、この時点…

  • ルワンダはクリーンなバイクタクシーを拡充へ(アフリカニュース)

    アフリカ初の電動バイク製造スタートアップAmpersand Rwandaが米ベンチャーキャピタルEcosystem Integrity Fund(EIF)から350万ドルを調達。(アフリカニュース) 記事によると、 電気バイク会社のAmpersandRwanda Ltdは、350万ドルの投資を確保しました。 これは、Ecosystem Integrity Fund(EIF)からサハラ以南のア…

  • 南アフリカでも暗号通貨への投資は増えてきそうです。(アフリカニュース)

    南アフリカの仮想通貨取引プラットフォームRevixが5,850万ランドを調達。(アフリカニュース) 記事によると、 南アフリカの暗号通貨投資プラットフォームRevixは、モバイルの立ち上げと欧州連合(EU)への拡大を支援するために、5,850万ZAR(400万米ドル)の資金を調達しました。 ケープタウンとロンドンにオフィスを構えるRevixは、暗号通貨ファンドへの投資を一般投資家が利用しやす…

  • アフリカ域内では貿易取引にブロックチェーンが活用され始めました。(アフリカニュース)

    モロッコの肥料大手OCP Groupが、ブロックチェーン技術を活用した貿易取引で4億ドルのリン酸肥料をエチオピアに輸出。(アフリカニュース) 記事によると、 4億米ドル近くの画期的な取引を通じて、モロッコからエチオピアに数千トンの肥料が出荷されました。 ナイロビ/カサブランカ、2021年3月30日。 東部および南部アフリカ貿易開発銀行(TDB)と世界最大のリン酸鉱業および大手肥料会社であるO…

  • 日本の保険会社のアフリカ進出のキッカケとしても機能して欲しい(アフリカニュース)

    ナイジェリアの保険金不正請求検知サービスのCuracelがプレシードラウンドで45万ドルを調達。(アフリカニュース) 記事によると、 ナイジェリアの新興企業であるCuracelは、シード前の資金調達ラウンドで45万ドルを調達しました。 このスタートアップは2018年から存在しており、アフリカの主要な請求および詐欺検出プラットフォームとしての地位を確立しており、保険会社が事業における詐欺、浪費…

  • アフリカのデジタルバンキングはさらに拡大しそうです。(アフリカニュース)

    ケニアのデジタルバンキングスタートアップ(BaaS)Tandaがシード資金調達を受けてケニア国内で事業拡大。2年以内にウガンダ、ルワンダへ進出予定。(アフリカニュース) 記事によると、 サービスプロバイダーとしてのケニアのエージェンシーバンキングタンダは、先月シード資金調達ラウンドを終了した後、地域的に事業を拡大しています。 2018年に設立されたTandaは、ショップの所有者がクレジットで…

  • 配車アプリでアフリカ進出する中国、配車アプリは育たない日本(アフリカニュース)

    中国配車アプリDiDi Chuxingが南アフリカで事業開始。アフリカ初進出。(アフリカニュース) 記事によると、 ロイターによれば、中国の配車サービス会社である滴滴出行は本日南アフリカで事業を開始しました。 2012年に設立された北京を拠点とする会社は、中国の400を超える都市で事業を展開しています。 アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、オーストラリアの16か国で5億5000万人以上のユー…

  • アフリカにおける中国の影響力は低下するのか?(アフリカニュース)

    中国からアフリカ諸国への融資が2019年は30%の減少。(アフリカニュース) 記事によると、 アフリカ政府への中国の貸付は2019年に3分の1近く減少し、おそらく昨年も減少し続けました。 これは、デフォルトの脅威の高まりが過去10年間に国からの信用の氾濫を引き起こしたためです。 ジョンズホプキンス大学の中国アフリカ研究イニシアチブの調査によると、アフリカへの中国の融資は2019年のほぼ10年…

  • エチオピアでもモバイルPOSが誕生する模様です。(アフリカニュース)

    エチオピアのモバイルPOSシステムAlfPayが事業開始に向け350万ドルを調達。(アフリカニュース) 記事によると、 エチオピア初のモバイルPOS(MPOS)システムである新たに立ち上げられたArifPayは、全国展開を開始するにあたり、350万米ドルの資金を調達しました。 タクシーアプリZayRideの背後にあるチームによって構築されたArifPayは、2月に事業として設立され、エチオピ…

  • ナイジェリアから北米へサービスリリース。(アフリカニュース)

    ナイジェリアのバス予約プラットフォームPlentywakaがカナダへ進出。(アフリカニュース) 記事によると、 ナイジェリアのバス予約プラットフォームであるPlentywakaは、カナダにも拡大されます。 ラゴスに本拠を置く運送会社は、Techstarsトロントアクセラレータプログラムの2021クラスにも受け入れられています。 「Uberforbuss」という名前を獲得したプラットフォームは…

  • PayPalは仮想通貨決済からアフリカ決済まで幅広く。(アフリカニュース)

    ナイジェリアのフィンテックスタートアップFlutterwaveが、米決済大手PayPalと提携、アフリカ50カ国の事業者がPaypalを通じた決済受け取りが可能に。(アフリカニュース) 記事によると、 フィンテック企業のFlutterwaveは、米国の決済大手PayPalと提携して、PayPalの顧客がそのプラットフォームを通じてアフリカの商人に支払いを行えるようにしたとアフリカに焦点を当て…

  • アフリカでもオンライン銀行の流れは加速しそうです。

    ナイジェリアのオンライン銀行KudaがシリーズAで2,500万ドルを調達。(アフリカニュース) 記事によると、 ナイジェリアのデジタルバンキングの新興企業であるKudaは、積極的な成長計画への資金提供を支援するために、2500万米ドルのシリーズA資金調達ラウンドを発表しました。 2016年に貸付プラットフォームKudimoneyとして立ち上げられたKudaは、2019年6月にブランド名を変更…

  • アフリカもフードデリバリーが一気に活況です。(アフリカニュース)

    配車アプリのBoltが、食品デリバリーサービスBolt Foodをナイジェリアで開始へ。(アフリカニュース) 記事によると、 エストニアの配車サービス会社であるボルトは、ナイジェリアの食品配達事業に参入し、ジュミアフーズやゴーカダなどの企業の玄関口に競争をもたらしています。 これは、同社のウェブサイトで「新しいフードデリバリーサービスを開始し、地元企業とのパートナーシップの確立を支援できるレ…

  • まだまだ地球温暖化防止ビジネスはチグハグです。

    ボルボグループは南アフリカで2021年後半に電気自動車を発売予定。(アフリカニュース) 記事によると、 Volvo XC40 Recharge Pure Electric –スウェーデンの高級ブランドからの最初の全電気自動車は、今年の後半に南アフリカで発売されます。 全電気スポーツユーティリティビークル(SUV)は、すでに国際的に強い需要を示しています。 昨年10月1日にベルギーのゲント工場…

  • ナイジェリアでユニコーン企業が誕生しています。(アフリカニュース)

    ナイジェリアのフィンテックスタートアップFlutterwaveがシリーズCで1億7,000万ドルを調達。評価額が10億ドルを超えユニコーン入り。(アフリカニュース) 記事によると、 投資家がこのセクターに豊富にある機会について強気なままであるため、アフリカ全体でのフィンテックサービスの急増は本格化し続けています。 今日、私たちは別のユニコーンを見ています。アフリカの決済会社Flutterwa…

  • アフリカ発が増えてくることに期待!(アフリカニュース)

    ケニアの物流会社JCExpressがアフリカのeコマース事業のグローバル化支援パッケージの提供を開始。(アフリカニュース) 記事によると、 物流会社のJCExpressは、グローバルなステージでローカルおよびアフリカのeコマースビジネスを促進することを目的とした新しいパッケージを導入しました。 同社の創設者兼CEOのジェリーカムサ氏によると、ローカルおよびグローバルの両方で事業を確立または拡…

  • ウガンダでは通信会社が積極的に遠隔医療に取り組んでいます。(アフリカニュース)

    MTN UgandaがInternational Medical Group、International Medical Centerと提携し遠隔医療サービスの提供へ。(アフリカニュース) 記事によると、 MTNウガンダとインターナショナルメディカルグループおよびインターナショナルメディカルセンターは、全国にデジタルヘルスサービスを提供するための覚書に署名しました。 遠隔医療は、医師がコンピ…

  • またフランスがアフリカ向けの利権ビジネスを始めたようです。(アフリカニュース)

    シンガポールの農業商社OLAMとAFCの合弁でありアフリカでインフラ開発を行うARISE Industrial Servicesが、アフリカのCO2排出削減証明書取引を行う仏Aera Groupの株式35%を取得。(アフリカニュース) 記事によると、 汎アフリカインフラストラクチャの開発者および運営者であるARISEインフラストラクチャサービス(ARISE IS)と、アフリカの環境製品取引の…

  • アフリカでのモバイルマネーの浸透が早い理由とは(アフリカニュース)

    ソマリアのモバイルマネー会社Hormuud Telecom Somaliaがソマリア中央銀行から同国初となるモバイルマネーライセンスを獲得。(アフリカニュース) 記事によると、 ソマリアの中央銀行は土曜日に、モガディシュに本拠を置くHormuud Telecom Somalia Incに、国の最初のモバイルマネーライセンスを授与しました。 これは、国のデジタル決済システムを形式化し、グローバ…

  • 南アフリカがアジアのマーケットを取りに来ている時代です。(アフリカニュース)

    南アフリカのデジタルバンクTymeが1億1,000万ドルを調達。フィリピン財閥JG Summitと提携しフィリピン進出へ。(アフリカニュース) 記事によると、 南アフリカのデジタル銀行Tymeは、1億1,000万ドルの民間資本を調達し、フィリピン最大のコングロマリットの1つであるJGサミットと提携して、地元のデジタル銀行ライセンスを申請したと、Tymeの最高幹部がロイターに語りました。 Ty…

  • 日本のサービスがアフリカの医療を救う(アフリカニュース)

    エムスリーがガーナ、ナイジェリア、ケニアで医療施設を運営するナイジェリアのAfrica Health Holdings(AHH)に資本参加。(アフリカニュース) 以下、記事引用 2021年3月1日 エムスリー株式会社 エムスリー株式会社( 本社: 東京都港区、代表取締役: 谷村格、URL : Health Holdings Limited(本社: 英領 ケイマン諸島、代表取締役: Sangu…

  • 配送料込みでの1食あたりの価格にビックリです!(アフリカニュース)

    eコマースJumiaの宅配事業Jumia Foodがアフリカ最大の機内食ケータリング会社ケニアNAS Servairと提携。(アフリカニュース) 記事によると、 Jumia Foodは、アフリカ最大の航空会社のケータリング業者であるNAS Servairと提携して、ナイロビの消費者に新しいBeiPoaキッチンイニシアチブの下での配送料を含めて200ケニアシリングという低価格で健康的で手頃な食…

  • アフリカで広がるモバイル決済。銀行口座を必要としないのが主流になるか?

    米マスターカードとアフリカ16カ国でモバイルマネーを展開する南ア通信会社MTNが提携し、Amazonなどグローバルeコマースでのモバイルマネー決済が可能に。(アフリカニュース) 記事によると、 世界的な決済の巨人であるMastercardは、アフリカの通信会社MTNと提携して、アフリカ人が携帯電話を使用してグローバルなeコマースWebサイトで商品を購入して支払いを行うのを支援しています。 こ…

  • アフリカでも温室効果ガス削減宣言が増えてきています。(アフリカニュース)

    アフリカ通信事業最大手のMTNが2040年までに温室効果ガス排出量をゼロにすることを宣言。(アフリカニュース) 記事によると、 アフリカ最大の携帯電話会社であるMTNは、パリ協定の1.5°Cの制限を満たすための世界的な勢いの中で、2040年までに温室効果ガスの純排出量(GHG)をゼロにすることを約束しました。 MTNは昨日、2040年までにスコープ1、2、3の絶対排出量を平均47%削減すると…

  • アフリカでもガソリン車からの脱却が進んでいます。(アフリカニュース)

    エジプト政府が天然ガスを動力源とする自動車への転換に追加インセンティブを提供することを決定。(アフリカニュース) 記事によると、 エジプトは、ドライバーが天然ガスを動力源とする自動車に切り替えるためのより多くのインセンティブを承認し、北アフリカの国の大統領によって促された環境に優しい移行にさらなる推進力を与えました。 新しい指令の下では、新たにガソリンを動力源とする自家用車を購入する人は、2…

  • ナイジェリアは暗号通貨から後退か?(アフリカニュース)

    ナイジェリア中央銀行が暗号通貨取引の禁止を明言し、取引に関連する口座の閉鎖を金融機関に指示。(アフリカニュース) 記事によると、 ナイジェリアの中央銀行は、預金取扱銀行やその他の金融機関に対し、暗号通貨取引所で取引または運営している口座を直ちに閉鎖するよう命じ、そのような取引は「禁止されている」と述べました。 金曜日に金融機関に送付され、中央銀行のウェブサイトに公開された回覧によると、指令に…

  • 南アフリカの創業115年メーカーが安価なソーラー冷蔵冷凍庫をリリース(アフリカニュース)

    南アフリカの老舗家電メーカーDefyが太陽光パネルから直接電源供給が可能なハイブリッド冷蔵冷凍庫を発売(アフリカニュース) 記事によると、 国内の家電メーカーであるDefyは、2月11日、仮想イベント中に最新のイノベーションであるソーラーハイブリッド冷蔵庫および冷凍庫製品を発表しました。 製品範囲には、太陽光発電とグリッド電力を使用する冷蔵庫とチェストフリーザーが含まれます。 電化製品は、太…

  • 新興国も環境ビジネスに積極的になってきています。(アフリカニュース)

    ケニアの電力公社Kenya Powerが収益安定化のために太陽光発電事業に参入(アフリカニュース) 記事によると、 Kenya Powerは、太陽光発電事業に参加する予定です。 これは、Business Dailyが報じたように、電力会社が将来の収益源を保護するのに役立つと見られる動きです。 この出版物には、この市場への参入に関するエネルギー配給会社の計画を説明する内部文書がありました。 「…

  • コロナ禍の新興国ではドローンが大活躍か(アフリカニュース)

    ドイツのドローンスタートアップWingcopterがシリーズAで2,200万ドルを調達。アフリカ、東南アジアでのドローンによるコロナワクチン輸送を目指す。(アフリカニュース) 記事によると、 ドイツの新興企業であるウィングコプターは、COVID-19ワクチンの空輸を提供する競争での地位を強化するための新たな資金を確保し、到達困難な場所で人々の腕に撃ち込むことを目指していると月曜日に述べました…

  • アフリカはイノベーションが起こりやすい(アフリカニュース)

    カドゥナ州がコロナウイルスワクチン配達のためにドローンスタートアップZiplineと提携。(アフリカニュース) 記事によると、 ナイジェリアのカドゥナ州は、コールドチェーンストレージへの多額の投資なしにCOVID-19ワクチンのドローン出荷を許可する医療配送会社Ziplineとの契約に署名したと同社は水曜日に述べました。 「これにより、カドゥナ州の何百万人もの人々が常に必要なケアを受けること…

  • トヨタはアフリカで体力を蓄えらるか。(アフリカニュース)

    トヨタ自動車が南アフリカで初のハイブリッドSUV車を生産へ。(アフリカニュース) 記事によると、 2020年、トヨタは南アフリカでの新しい乗用車の製造に約24億ランドを投資する計画を発表しました。 その幹部の一人は、この新しい車が同社の新しい「カローラ戦略」の一部になることを示唆しています。 そして今、昨年推測したように、トヨタは新しいカローラクロスSUVがダーバン近くのトヨタのプロスペクト…

  • ケニアもコロナで貧富の差は拡大か?(アフリカニュース)

    ケニアの昨年の新車販売において高級車が7%増加。(アフリカニュース) 記事によると、 12月に終了した年度の新しい高級車の売上高は7%増加し、Covid-19パンデミックによる景気減速に逆らいました。 ケニア自動車産業協会(KMI)のデータによると、DT Dobieを含む正式なディーラーはレビュー期間中に152ユニットを移動しましたが、前年は142ユニットでした。 パフォーマンスはパンデミッ…

  • ナイジェリア、港湾への入港管理を電子化へ(アフリカニュース)

    ナイジェリアの主要港へのトラック入港が電子システム管理へ。利用しないトラックは港湾出入り禁止。(アフリカニュース) 記事によると、 ナイジェリアの港湾局(NPA)は、アパパとその周辺のトラックの混雑の問題に対する恒久的な解決策を見つけることを目的とした取り組みの一環として、電子トラック呼び出しシステムであるEtoの開始を発表しました。 NPAによると、このシステムは、トラックの移動とラゴスの…

  • Google、ケニアで気球を使ったネット網構築を断念

    気球インターネット通信網をケニアで展開していた米Alphabet(グーグル)傘下のLoonが事業の中止と解散を発表。 記事によると、 ビッグテックの世界では、インターネットを「次の10億人」の人々に届けることについて長い間重要な執着がありました。 アイデアは、ほとんど先進的で裕福な経済圏の数十億人がすでにインターネットの利用可能性を当然のことと考えていた一方で、インターネットを持っていない次…

  • アフリカでもサブスク浸透中

    インターネットTVのShowmaxが通信会社MTN Nigeriaと提携してコンテンツが利用できる加入者向けデータサブスクリプションプランを開始。 記事によると、 ShowmaxとMTNNigeriaは協力して、モバイル加入者向けの特別なデータ取引を開始しました。 毎月のサブスクリプションと2.5GBのデータを含む取引– 25時間分の映画、スポーツ、シリーズ、子供向け番組などをストリーミング…

  • イギリスの中国に対する牽制なのか?(アフリカニュース)

    英開発金融CDCが2021年に約10億ドルをアフリカに投資する計画。Vodafone、住友商事とともにエチオピアの通信ライセンス入札にも参加。 記事によると、 CDC Groupは、インフラストラクチャや金融などのセクターへのアフリカ投資を今年約10億ドル計画しており、エチオピアでの新しい電気通信ライセンスの入札を検討しているコンソーシアムの一部です。 英国の開発金融機関は、2020年に大陸…

  • アフリカも中国包囲網に加わってくるのか?(アフリカニュース)

    5Gネットワークからのファーウェイ排除を目的とする米政府の「クリーンネットワーク」にエスワティニがアフリカの国として初めて参加。 記事によると、 エスワティニは、クリーンネットワークに参加した最初のアフリカの国になります。 この発表は、アフリカの国と米国による1月15日の共同声明で行われました。 パートナーは、「5Gネットワークセキュリティへの共通のアプローチを開発し、安全で回復力があり、信…

  • 欧米の大手金融機関を抑えての三井住友がアフリカでトップになったというニュースですが…(アフリカニュース)

    三井住友フィナンシャルグループがサブサハラアフリカの売上収入でトップ。 記事によると、 2020年はサハラ以南のアフリカの投資セグメントで活動している米国の大手銀行にとって厳しい年でした、とRefinitivは報告しました。 検討期間中モルガン・スタンレーは、同社が手配した取引数が100%増加したにもかかわらず、前年比21.5%減の1,810万ドルの収益を計上しました。 一方、シティグループ…

  • 天気予報ならぬイナゴ予報(アフリカニュース)

    ケニアの農産物販売B2BプラットフォームSelina Wamuciiが、サバクトビバッタの行動を予測しアラートをSMSするサービスを立上げ。 大量発生しているサバクトビバッタ(写真:ロイター/アフロ) 記事によると、 パンアフリカンマーケットプレイスのSelinaWamuciiは、そのプラットフォーム上で、農家や牧畜民がイナゴの行動を予測するのに役立つKuziと呼ばれる無料のツールを立ち上げ…

  • アフリカで米中戦争を占う

    ケニアの通信最大手サファリコムが5Gの開始を保留に。中国ファーウェイ機器の使用が関係か。 記事によると、 ケニアの携帯電話事業者であるSafaricomは、第5世代(5G)モバイルインターネットサービスの開始計画を一時停止しました。 先週、Safaricomの最高経営責任者であるPeter Ndegwaは、5Gネットワークを短期的に立ち上げる計画はなく、電話会社の当面の計画は数百万人の2Gお…

  • 日本では全く報道されていない超巨大経済圏が誕生しています。

    1月1日よりアフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)協定の運用が開始。 記事によると、 アフリカ諸国は、世界的なコロナウイルスのパンデミックによって何ヶ月も遅れた後、金曜日に新しい大陸全体の自由貿易地域の下で正式に取引を開始しました。 しかし、専門家は元日発足を、何年もかかると予想される取引の完全な実施を伴う大部分が象徴的であると見ています。 アフリカ大陸自由貿易地域(AfCFTA)は、世界貿…

  • ガーナで携帯使用料連動型の保険商品が始まる

    あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。 英Vodafone Groupがガーナで英MicroEnsure、米プルデンシャル生命保険などと提携して、月額8.5円からの携帯保険を加入者向けに提供へ。支払い通話料に応じて保険料を設定。 記事によると、 生命保険の引受会社であるEnterpriseLifeは、Vodafone Ghana、MicroEnsure、Prud…

  • 風の時代はアジアアフリカの時代へ

    2020年は価値観が一気に変わり、まさに時代の転換点となった年だったと言えると思います。 その要因は新型コロナウイルスに起因するものだという認識と同時に、既にご存知の方もいらっしゃると思いますが宇宙規模の必然でもあります。 今からは『風の時代』だというお話を聞いたことがある方も多いと思います。 2020年12月22日を転換点として、20年ぶりのグレートコンジャンクションという時代の切り替えが…

  • ガーナのモバイル送金はPayPalと提携へ

    モバイルマネーを提供する米PayPalのXoomが、ガーナのモバイルマネープラットフォーム会社MFS Africaと提携し、アフリカへのモバイル送金サービスを開始。 記事によると、 主要な汎アフリカフィンテックプラットフォームMFSAfricaは、PayPalサービスであるXoomと提携して、アフリカの6か国に安全で便利なモバイル送金を提供しています。 MFSアフリカは、Xoomをアフリカ最…

  • 西欧が大好きな環境問題を中国がアフリカに率先してやっています。

    中国がアフリカ諸国への環境に関する協力を強化するために環境協力センターを立上げ。 記事によると、 国の最高の環境当局は火曜日に北京で中国アフリカ環境協力センターを立ち上げ、環境問題に関するアフリカ諸国との中国の協力を強化しようと努めました。 「中国とアフリカの人々は、美しい環境と豊かな生活を楽しみたいという共通の願いを共有しています。環境部門は、中国とアフリカにとって重要な協力分野です」と、…

ブログリーダー」を活用して、Mickyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Mickyさん
ブログタイトル
Develop Afrika
フォロー
Develop Afrika

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー