Develop Afrika
住所
出身
ハンドル名
Mickyさん
ブログタイトル
Develop Afrika
ブログURL
https://my-afrika.com
ブログ紹介文
日本では入手しにくいアフリカのリアルな情報を更新!
自由文
-
更新頻度(1年)

126回 / 176日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2019/02/18

Mickyさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(IN) 17,425位 27,174位 39,267位 圏外 圏外 47,773位 34,955位 969,445サイト
INポイント 50 40 20 0 0 0 0 110/週
OUTポイント 50 30 20 0 0 10 0 110/週
PVポイント 120 140 160 10 0 20 60 510/週
ベンチャーブログ 24位 33位 56位 圏外 圏外 61位 42位 3,932サイト
起業・独立(その他業種) 4位 6位 9位 圏外 圏外 10位 7位 805サイト
海外生活ブログ 903位 1,224位 1,752位 圏外 圏外 2,127位 1,570位 34,893サイト
西アフリカ情報 1位 1位 1位 圏外 圏外 圏外 圏外 3サイト
アフリカ情報 2位 4位 5位 圏外 圏外 6位 4位 270サイト
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 38,588位 49,670位 61,664位 69,779位 69,630位 68,497位 60,992位 969,445サイト
INポイント 50 40 20 0 0 0 0 110/週
OUTポイント 50 30 20 0 0 10 0 110/週
PVポイント 120 140 160 10 0 20 60 510/週
ベンチャーブログ 39位 59位 90位 121位 118位 115位 81位 3,932サイト
起業・独立(その他業種) 4位 10位 15位 17位 16位 16位 14位 805サイト
海外生活ブログ 2,240位 2,771位 3,405位 3,710位 3,719位 3,689位 3,348位 34,893サイト
西アフリカ情報 1位 1位 1位 圏外 圏外 1位 圏外 3サイト
アフリカ情報 5位 7位 11位 11位 11位 14位 13位 270サイト
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(PV) 12,440位 13,132位 13,852位 15,642位 15,573位 14,708位 13,576位 969,445サイト
INポイント 50 40 20 0 0 0 0 110/週
OUTポイント 50 30 20 0 0 10 0 110/週
PVポイント 120 140 160 10 0 20 60 510/週
ベンチャーブログ 11位 15位 16位 16位 17位 16位 13位 3,932サイト
起業・独立(その他業種) 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 805サイト
海外生活ブログ 524位 551位 583位 658位 658位 619位 574位 34,893サイト
西アフリカ情報 1位 1位 1位 1位 圏外 1位 1位 3サイト
アフリカ情報 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 270サイト

Mickyさんのブログ記事

  • 関西電力が『間接的に』アフリカ進出

    関西電力がタンザニアで太陽光発電を用いたランタン貸し出しサービスを展開する日本のスタートアップWASSHAと業務提携。 関西電力がSDGsを意識して、WASSHAと業務提携することで、SDGs的な何かを達成したことにするのかな?と思って記事を読んでみたら、まさにそうだったという件(笑) WASSHAは2013年に設立されており、純粋に未電化地域への電力供給を、紆余曲折ありながらも必死で行なっ…

  • SONYブランド、アフリカで復権なるか

    ソニーがエジプトで現地家電メーカーEl Arabyに委託して液晶テレビブラビアの製造を開始。 記事によると、 生産は2019年5月に開始され、現在エジプトで8つのソニーのBravia TVモデルが製造されており、さらに6つの新しいモデルをインポートする予定で、地元のお客様が利用できるSony TVモデルの総数は14になります。 新しく導入されたテレビは、エジプト製でEGP 3,899で販売さ…

  • セネガルの海を守ろう

    海洋ゴミ汚染が深刻なセネガルがプラスチック袋の取り締まりを強化、新たな法案も導入へ。 記事によると、 セネガルの海の風景が増え続ける安価なビニール袋で損なわれているのを見るのにうんざりしている当局は、罰金を科し、プラスチックの使用をさらに制限することで汚染者を取り締まる予定です。 大西洋のビーチが世界中の観光客を魅了する西アフリカのセネガルは、人口がわずか1500万人であるにもかかわらず、海…

  • アフリカのeコマース、徐々に便利に

    eコマースJumiaがアフリカで2,100カ所を超えるガソリンスタンドを経営するVivo Energyと提携、ガソリンスタンドでの商品引取と支払いが可能に。 記事によると、 Jumiaのマーケティング担当副社長であるボリス・グバホウは、次のように述べています。 「Vivoとのパートナーシップにより、Jumiaは、遠隔地を含め、現在および新規の顧客に便利に製品を提供できるようになります。」 ア…

  • MTN、モバイルマネーでもナイジェリアの市場を開拓

    ナイジェリアの中央銀行が通信会社MTNの子会社に金融サービスを提供するライセンスを認可。 記事によると、 ナイジェリアは昨年、通信会社が銀行サービスを提供できるようにすると発表し、銀行口座のない何百万人ものナイジェリア人にいわゆるモバイルマネーサービスへのアクセスを提供することを目指しました。 これはケニアで成功した政策です。 MTNナイジェリアの過半数を所有する南アフリカのMTNグループは…

  • ヤマハがデジタル領域でもアフリカにチャレンジ中(・∀・)

    ヤマハ日高社長「アフリカの売上を10年後に倍増、将来的には欧米に匹敵へ」 ヤマハがアフリカ市場に本気を出してくるようですね。 一部記事を抜粋すると、 「人口が増加し、経済成長の歩みを進める中でアフリカの人々の生活も大きな変化を見せている。 サハラ砂漠以南の地域ではすでに携帯電話が72%まで普及が進み、その携帯電話を使ったモバイル送金サービスの取引量も18億ドルに迫る勢い。 このようにデジタル…

  • MISIAさん、やられていることは素晴らしいんですよ(・∀・)

    MISIAが語る「本当のことだけが届く」理由 アフリカでの体験が原点 MISIAさんはアフリカへの支援を10年もやられているんですね。 それ自体はとても素晴らしいことですが。 以下、記事より。 数々のヒット曲を世に送り出し、現在もアフリカでの社会貢献活動を続けているMISIAさんがAERAに登場。その活動にかける想いを語った。 *  *  * 色鮮やかな花々の前に立ちMISIA(41)は射る…

  • アフリカでまたユニコーン企業が誕生します。

    ナイジェリアデジタル決済会社Interswitchが今年後半にロンドンとナイジェリア証券取引所のダブル上場を計画か。企業価値評価13憶~15憶ドルとみられアフリカの新たなユニコーン企業へ。 ナイジェリアのデジタル決済企業が、ナイジェリア証券取引所だけではなく、ロンドンにも上場予定。 ほんの数年前までは考えられませんでした。 アフリカでデジタル決済企業が隆盛の時を迎えそうなこと、そして、アフリ…

  • ナイジェリア、電力の安定供給を目指す

    ナイジェリア政府と独Siemensが2023年までに同国の安定電力供給量を約3倍にするという目標で合意。 記事によると、 ムハマドゥ・ブハリ大統領は、ナイジェリアとドイツのシーメンスが2023年までに同国の「信頼できる」電力供給を約3倍にするというロードマップに合意したと発表した。 企業や世帯に高価な燃料発電機を稼働させてしまっているナイジェリアの電力インフラは、アフリカ最大の経済の成長を邪…

  • 損保はアフリカに進出しやすく、生保は厳しい?

    SOMPOホールディングスがSanlam Kenyaと戦略的提携を締結。 損保ジャパンがアフリカケニアの市場開拓に乗り出しましたね。 アフリカでは保険に対する概念はまだ低く、特に生保に加入している人はかなり少数です。 生保の市場規模ランキングでは、アメリカが1位、日本が2位、3位にイギリスで、アフリカ勢では南アフリカがようやく12位にランキング。 その次はようやく53位にチュニジアで、その次…

  • アフリカ支援は確実に変化してきています。

    [社説]TICADが問うアフリカ支援の意義 ボランティア系だけではなくビジネスを! ようやく日経の社説でもそのような表現が出てきまさたね。 以下、記事から抜粋 横浜で8月28日から開くアフリカ開発会議(TICAD)まで1カ月となった。 日本主導で1993年に始めた首脳会議は今回が7回目だ。 アフリカ支援の意義と原則を再確認する好機にしたい。 ここ10年の経済成長が年平均5%を超えたアフリカは…

  • アフリカでウケている日本企業

    アフリカの流通改革に挑む日本発のスタートアップ 日本人の繊細なビジネス感覚がアフリカで活きている事例とでも言いましょうか。 痒いところに手が届く的な日本発の企業が紹介されています。 最初に取り上げられている企業は、アフリカの複雑な流通網を可視化するシステムをサービス展開する企業、アフリカインキュベーター(通称、アフリインク)。 アフリカ最大の経済大国であるナイジェリアでは、いわゆるパパママシ…

  • ロシアのアフリカに対する影響力アップ中

    アフリカでロシアが「秘密軍事工作」を静かに展開 かつての超大国ロシアがアフリカへのプレゼンスを密かに推し進めています。 天然ガスに依存しているロシアの経済は芳しくなく、名目GDPでは韓国とほぼ同等レベル。 ロシアの名目GDPは日本の約1/3、中国の約1/8、アメリカの約1/12しかなく、経済面でプレゼンスを高めるのは困難です。 しかし、秘密工作、いわゆる裏工作を得意とするロシアは、名目GDP…

  • アフリカのタクシー事情が改善するか?(・∀・)

    価格は交渉で決める米配車アプリInDriverがアフリカ進出を加速。タンザニア、ケニア、南アフリカに続きウガンダに進出し、今月はジンバブエでも開始へ。 これ、いいですねー(´∀`*) こういうのを求めていました。 仕組みはカンタン。 ①乗客はアプリで乗車地点と降車地点を入れる。 ②運賃の希望価格を提示する。 ③ドライバーは以下を選択できる。 A.その価格を受け入れる B.スルーする C.価格…

  • アフリカでも嫌われるタバコ

    英BATがケニアでスヌース(嗅ぎタバコ)の製造工場を建設へ、受動喫煙を防ぐ。 ガーナではタバコは嫌われていました。 私の肌感覚では、喫煙者は10%以下。 ガーナ人はとにかくケミカルなものを避けている傾向にありましたので、明らかに身体に害のあるタバコは嫌われていました。 今回のニュースから察するに、おそらくケニアでもタバコは嫌われている傾向にありそうですね。 日本でも嗅ぎタバコに関しては、JT…

  • ナイジェリアは日本と同じ水準ではダメです(笑)

    ナイジェリア中央銀行が民間銀行に対して預貸率60%以上を義務化。 記事を抜粋すると、 ナイジェリアの銀行は主要な新興市場で最も消極的な貸し手の1つであり、平均預貸率は60%を下回っています。 ブルームバーグがまとめたデータによると、それはアフリカ全土の78%よりも明らかに低い。 南アフリカでは90%以上、ケニアでは約76%の預貸率があります。 とあります。 ナイジェリアの銀行はリスク回避に向…

  • ガーナもキャッシュレス社会に向かっている模様(・∀・)

    ガーナ政府がQR支払いシステムの導入・促進を発表。 ガーナが政府主導で、キャッシュレス社会実現に向けて動き始めた模様です。 記事を一部抜粋すると、 もはや販売店がPOSデバイスを持つ必要がなくなるので、キャッシュレスの方向へさらに進むのに役立ちます。 QRコードのプラットフォームでは、必要なのは携帯電話だけです。 とあります。 おそらく背景には、中国勢の進出があると思われます。 中国勢の支払…

  • 銀行がいらない世界になるか?

    南ア携帯通信MTNと保険会社Salmanが、デジタルプラットフォームでの葬儀用保険や生命保険販売に向けて提携。 記事の一部を抜粋すると、 彼は、新しいパートナーシップがSanlamにアフリカへのアクセスを提供するであろうと言いました。 そして、それはアクセスするのが難しい市場でした。 「大多数のモバイルユーザーは銀行に預けられていないため、一部の市場で取引を行うためには、プリペイド通信料金の…

  • アフリカで、損害保険は広まってきています。

    バイクタクシーへの保険義務付けに伴いPioneer Assurance、Minet Kenya、Monarch insuranceの保険会社3社がバイクタクシー向け保険商品RaidaSureを提供開始へ。 日本は生命保険加入率が90%近く性格るほど、その心配性な国民性もあってか、保険大国でもあります。 反面、アフリカは、まだまだ保険に対する概念が低く、中国ですら生命保険加入率は10%以下だっ…

  • Googleさん、よろしくお願いします!(・∀・)

    Googleがポルトガルと南アフリカを繋ぐ国際通信海底ケーブルを敷設へ。 益々アフリカの通信も早くなり、便利になりそうですね(・∀・) 記事によると、 Googleが全額出資するこの新しいケーブルは、SDM(Space-Division Multiplexing)技術をベースにしているため、この地域で使用される最後のケーブルの約20倍のネットワーク容量を確保できます。 SDMは、海底ケーブル…

  • 異文化交流の子ども食堂

    国際理解、寺子屋で レストラン経営ジャスティスさん アフリカの文化を子供たちに伝える寺子屋が神奈川県内にある。 食事を無料で提供する子供食堂と合わせ、主宰するのは約30年前に来日したガーナ人のトニー・ジャスティスさんだ。 日本に住む外国人が増え、子供のうちから異文化への理解を深める大切さが高まる中で注目を集める。 「様々な理由で生きづらさを抱える子供たちが安心できる居場所にもなれば」と願う。…

  • 日本では報道されないビッグニュース

    ナイジェリアがアフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)協定に署名。55カ国中54カ国の署名が完了。 このニュース、日本では全く取り上げられておらず、完全スルー状態かのようですが、要注目しておいたほうがいいですね。 ナイジェリアはアフリカ最大の経済大国で、これまでAfCFTAの署名を拒んでいましたが、ここに来て署名を決定したようです。 これは例えるならば、TPPにアメリカが署名したような感じ? …

  • NECがケニアの赤ちゃんを救います。

    法的身分証明の提供に向けて!NEC、ケニアで生後2時間の新生児の指紋認証に成功! 日本企業の活躍事例、いいですねー。 以下、記事引用 現在、法的な身分証明を持たない人々の数は、世界で11億人と報告されています。 さらに、1年間に新生児260万人を含む5歳以下の子供560万人が命を落としており、その大半の死因は、予防や治療で回避できる病気とされています。 このような問題を解決するには、新生児期…

  • ダイヤモンドは美しいのか

    短編映画「ダイヤモンドの来た道」 夏休み上映会&トークセッション シエラレオネは世界最貧困に数えられている国であり、近年ではエボラ出血熱が猛威を奮った国としても有名です。 政治的にはガーナと関わりが深く、日本の在シエラレオネ日本国大使館は、在ガーナ日本国大使館が兼轄しています。 割とカヲスな印象がある国で、ダイヤモンドによって腐敗してしまっている側面があり、今から12年前くらいに公開…

  • 金の卵を生むガチョウを殺すな

    ギターに使う希少な黒檀の森、アフリカで再生へ これはステキな取り組みですね。 直近の経済活動ばかりに目が向いてしまっている業界全体に一石を投じる取り組み。 いわば、金の卵を産むガチョウの話に似ています。 「金の卵を生むガチョウ」 ある所に1日に1個ずつ金の卵を生むガチョウを持っていた男が、そのガチョウのお腹の中には、たくさんの金の卵が入っているものと思い、お腹を割いて中を見ると何も入っていな…

  • 中国のアフリカ搾取は改善したのか?

    「アフリカで搾取する中国」は大きな間違い よく、中国はアフリカから搾取していると言われています。 今回の記事は、それに一石を投じるかのような記事。 よく読んでみると、アンゴラとエチオピアにおいて76社を調べ、そのうち31社が中国企業であると。 そして、合計1500人のアンゴラ人、エチオピア人労働者から聞き取り調査を実施したと。 ※写真はイメージです。 その調査結果を端的に言うと、中国企業は現…

  • ナイジェリアの渋滞問題の活路を水路に見出すUber。

    米Uberがコートジボワールおよびセネガルへの進出と、ナイジェリアでの配船サービスを計画。 配船サービスって何?ってことで記事を読んでみました。 まぁ簡単に言うと、ナイジェリアのラゴスなどは、その人口増加と経済発展に伴ってか、渋滞が異常状態で、その活路を見出すために水路を活用するというもの。 実際にUber boatと言ったサービスがあるんですね。 ガーナでは、街中に川という水路はあまり見か…

  • アフリカでメジャーな暗号通貨取引所のLunoがサービス拡大を狙う

    Naspersが出資する暗号通貨プラットフォームLunoが事業拡大に転じる。 Luno(ルノ)とは、2013年にシンガポールで設立された暗号通貨取引所です。 2017年には事業所名をBitXからLunoに変更し、現在はイギリスを本拠地として、ユーロ圏、東南アジア、アフリカを中心に、40を超える国々でサービスを展開しています。 そのLunoに出資している企業が、南アフリカのケープタウンに拠点を…

  • 不便こそが莫大な可能性

    貧困地のアフリカで携帯電話が大繁栄した理由 「無」消費の中に創造するチャンスがあった アフリカのインフラは未だに脆弱です。 都市部ではかなり整備されてきているとは言え、舗装などの道路網、電力などが完全ではないため、しばしば渋滞や停電などで『停滞』を余儀なくされます。 しかし、爆発的に急速的に発展したインフラがあります。 それは携帯電話。 固定電話すらなかった地域にも、いきなり携帯電話から普及…

  • アフリカの食卓に彩りが欲しい(・∀・)

    地場の野菜を買うことで、アフリカの子どもに野菜を届ける!西友、新たなプログラムを実施へ! 日本でカロリーオフした分を、アフリカにカロリーオン! キャッチーで面白いですね^ ^ アフリカの農業支援はホント必要だと思います。 日本は野菜の種類が豊富で、地場で栽培しているものがほとんどなのでそんなに高くない。 しかしガーナとかの場合だと、土壌が赤土の場合が多く、そのままだと野菜は育ちにくく、そのせ…

現在の順位 :17,425