searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Mickyさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Develop Afrika
ブログURL
https://my-afrika.com
ブログ紹介文
日本では入手しにくいアフリカのリアルな情報を更新!
更新頻度(1年)

231回 / 360日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2019/02/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Mickyさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Mickyさん
ブログタイトル
Develop Afrika
更新頻度
231回 / 360日(平均4.5回/週)
読者になる
Develop Afrika

Mickyさんの新着記事

31件〜60件

  • 南アフリカ航空が破産の危機

    南アフリカ航空が破産の危機。 以下、記事抜粋。 経営難に陥っている南アフリカ航空(SAA)が、破綻の危機にひんしている。 先に実施された主要労働組合によるストライキで財務状況が急激に悪化したためで、11月は従業員に給与の半分しか支払えず、事業継続に向けた資金調達も難航している。 ゴーダン公共企業相の話を元に、フィナンシャル・タイムズなどが11月27日伝えた。 公共企業省は事業を存続させるため…

  • アフリカが世界経済の牽引役に?

    ナイジェリア、世界第3位の人口大国に…アフリカの人口急増、世界的食糧不足で価格高騰 以下、生地抜粋 今年の6月に国際連合広報センターが「世界人口推計 2019年版」を発表した。 それによると、世界人口は現在の77億人から2050年には97億人と20億人も増加するという。それだけではなく、国別人口順位が次のように変わるとしている。 【2015年】 ・1位:中国(13億7000万人) ・2位:イ…

  • ケニアでもIoTは進化中です(・∀・)

    タスカーで知られるケニアの最大手ビールメーカーKBLと最大手通信会社サファリコムが提携、ビール流通にIoTを導入。 記事によると、 モノのインターネット(IoT)で、ケニア醸造会社(KBL)がケニアで製品を小売する方法を変えることが期待されています。 KBLとSafaricomのパートナーシップで、両社はKBLのクーラーを全国的に接続し、強化するために協力することを発表しました。 接続された…

  • 配車アプリ全盛期か?

    仏配車サービスHeetchがチュニジアの投資会社からシリーズBで400万ドルを追加調達、2020年にはチュニジアやセネガルを含む6カ国に新たに進出へ。 記事によると、 配車サービスHeetchは、3800万ドルのシリーズBラウンドに新しい投資家を追加しました。 AfricInvestはスタートアップにさらに400万ドルを投資しています。 合計で、Heetchは4,200万ドルのシリーズBラウ…

  • ソフトバンクとチャイナマネーには先見の明がある模様

    ナイジェリアのフィンテックスタートアップOPayが、ソフトバンクや中国系ベンチャーキャピタルからシリーズBで1億2,000万ドルを調達。 記事によると、 アフリカを中心としたフィンテックのスタートアップOPayは、中国の投資家に支えられた1億2000万ドルのシリーズBラウンドを調達しました。 OPayは、ラゴスにあり、消費者インターネット会社Operaによって設立され、資金を使用してナイジェ…

  • WASSHAのプラットフォームは強い模様(・∀・)

    ダイキン工業がエアコンのサブスクリプションをタンザニアで開始。アフリカで事業展開を行うWASSHAとの協業 以下、記事を引用します。 2019年11月25日、ダイキン工業とWASSHAは、「アフリカ・タンザニア連合共和国でエアコンのサブスクリプションサービスを協業で開始する」と発表しました。 アフリカで電力サービス事業を行うWASSHAは、小売店で自社開発の太陽光充電式のLEDランタンのレン…

  • トーゴでも配車アプリのサービスは進化している模様(・∀・)

    配車アプリGozemとTotal Togoが提携、GozemのデジタルウォレットかとTotalカードを連携させ、ドライバーがTotalガソリンスタンドで直接燃料購入やメンテナンスサービスを受けられるように。 記事によると、 アフリカの輸送アプリGozemとトーゴの大手石油販売業者であるTotal Togoは、GozemのパートナードライバーであるTogoがGozemデジタルウォレットにリンク…

  • 北欧勢は5Gを個別に取りに来ています。

    南アフリカ通信会社MTNが商用5Gネットワーク構築にスウェーデンのエリクソンを採用。 記事によると、 MTN南アフリカが商業5Gにエリクソンを選択しました。 5G商業契約は、MTN南アフリカのネットワーク近代化の一部です。 エリクソンの無線アクセスネットワーク、コア、およびトランスポート製品とソリューションが含まれます。 MTNとエリクソンは、業界のデジタル変革を促進する5Gのユースケースと…

  • アフリカでシーフード料理が増えるかも

    デンマークM-PAYGがケニアの漁師を対象に太陽光を利用したオフグリッド発電による冷蔵設備の割賦販売を開始。 記事によると、 過去20年間で、地球の気温は着実かつ急速に上昇しています。 幸いなことに、デンマークの企業であるMYPAGの革新により、ケニアの漁業コミュニティの一部に朗報があり、漁師が漁獲のためにオフグリッドの冷却施設にアクセスできるようになりました。 サステナブルエネルギーフォー…

  • Googleに勝負を挑むケニア企業

    ケニアの公衆Wi-Fiサービス会社BRCKが南アへ進出。Googleの無料Wi-Fiグーグルステーションとの競争へ。 記事によると、 ケニアに拠点を置くハードウェアおよびインターネットサービスプロバイダー企業であるBRCKは、Moja WiFiサービスを使用して南アフリカ市場に参入することを発表しました。 BRCKのCEOであるErik Hersmanは、無料の公共Moja WiFiサービス…

  • アフリカのモバイル関連は益々中国化が進んでいるようです。

    アフリカにおいて携帯端末販売台数トップの中国トランシオンが、携帯決済サービスPalmPayをナイジェリアで開始。 記事によると、 アフリカのトップ携帯電話メーカーである中国に本拠を置くTranssion Holdingsは、PalmPayの発売により、アフリカ大陸のフィンテック市場に参入する主要な国際プレーヤーになります。 決済サービスは、Transsion、中国のインターネット大手NetE…

  • 人類起源の場所に行ってみたい(・∀・)

    新説・人類誕生はアフリカ南部の塩原 DNA分析で 以下、一部記事引用 アフリカ南部の内陸国ボツワナに、マカディカディ塩湖と呼ばれる場所がある。 まるで白い粉に覆われたように乾燥した大地が広がる、世界最大級の塩原だ。 だが、およそ20万年前は、緑が生い茂る豊かな湿地帯だった。 この古代のマカディカディ・オカバンゴ湿地帯こそ、現生人類(ホモ・サピエンス)誕生の地であるとする研究が、2019年10…

  • エムペサベースのビジネスローン

    ケニアの4銀行が共同で中小企業をターゲットにした携帯による少額ビジネスローンを開始。 記事によると、 ケニアの銀行グループは水曜日に、以前からサービスが不十分な急成長分野を対象とした、新しい携帯電話ベースのローンサービスの下で中小企業に100億ケニアシリング(97百万ドル)のローンの提供を決定しました。 東アフリカ諸国では、主に通信事業者であるサファリコムのM-Pesaプラットフォームの成功…

  • 南アの自動車メーカー、アフリカ人の雇用促進へ

    いすゞ、日産、トヨタを含む南アフリカの主要自動車メーカー7社が60億ランドの基金を創設し自動車産業への黒人参加を促進。 記事によると、 南アフリカ自動車製造業者協会(Naamsa)は、自動車産業のサプライチェーンへの黒人の参加を支援するため、60億ラントの自動車産業変革基金(AITF)を立ち上げます。 この基金はヨハネスブルグで開催された南アフリカ投資会議で水曜日に発表されました。 Naam…

  • 安くてクリーンならいいですね(・∀・)

    英バッテリーテクノロジー会社AceleronがTotalと提携しケニアで中古バッテリー再利用化事業を開始。 記事によると、 英国に拠点を置くバッテリーソリューション開発者AceleronとTotal Access to Energy Solutions(Tates)は、古いバッテリーパックを再利用することで、クリーンエネルギーのアクセシビリティを拡大し、ケニアの持続不可能なバッテリー廃棄物に…

  • ノキアも5Gに注力

    チュニジア最大の携帯通信会社Oorendooがノキアと5G化で提携。 記事によると、 チュニジアのモバイルオペレーターであるOoredoo TunisiaとNokiaは、2019年10月30日水曜日に、両社が5Gクラウドモバイルプロジェクトを展開するために提携すると発表しました。 ノキアのAirGileクラウドネイティブコアは、Ooredoo Tunisiaの5G発売を可能にし、新しいサービ…

  • 日本は乱立、ケニアは集約

    ケニアの食品流通スタートアップTwiga Foodsがゴールドマンサックスなどから3,000万ドルを調達。 記事によると、 ケニアの食品流通の新興企業であるTwiga Foodsは、ゴールドマン・サックスが率いる資金調達ラウンドを通じて3000万ドルの負債と資本を調達したと、月曜日に述べました。 Twigaは、アフリカの非公式の食料生産および流通システムを年間3,000億ドルと成長を予測して…

  • ロシア、産業でもアフリカ進出を

    ロシアの食用油メーカーEFKOとエジプトのUnited Oilが3億ドル規模の合弁を設立し食用油製造を開始へ。 記事によると、 ロシアの植物油とマヨネーズ生産者であるEFKOと、エジプトのユナイテッドオイルは、木曜日に3億ドルのベンチャー支援で、エジプトで植物油を共同生産するという合意に署名する計画であると、EFKOは述べました。 EFKOによると、彼らの合弁事業は将来、北アフリカで最大の油…

  • フォルクスワーゲンのアフリカにおける配車アプリ関連は国策に近いのか?

    独フォルクスワーゲンがルワンダで自社の配車アプリ用に電気自動車15台を導入。独シーメンスが電気ステーションを15カ所に設置。 記事によると、 2022年までに年間60万台の電気自動車を生産するという世界的な目標を掲げるフォルクスワーゲンは、キガリで小規模から始め、最初の数か月で50台のeGolfモデルを輸入しています。 車両を電気で動くように改造された燃焼エンジン車は、昨年12月に開始された…

  • アフリカはガラパゴス化はしない?

    アフリカ14カ国で携帯通信事業を行うAirtel Africaがアフリカ33カ国で金融事業を行うEcobank Groupと提携。 記事によると、 Airtel Africaは、アフリカ全土で14か国で事業を展開する世界的な大手電気通信サービスプロバイダーです。 Ecobankは、アフリカ33ヶ国で事業を運営している大手銀行グループです。 アフリカ全土の何百万人ものAirtel Moneyお…

  • 配車アプリは新興国に必要です(・∀・)

    ガーナで年内に乗用車の組立生産を開始する独フォルクスワーゲンが、ルワンダに続いてガーナでの配車アプリ事業の開始を検討中。 記事によると、 フォルクスワーゲン(VW)は、昨年12月にアプリ主導の「移動」サービスを開始しました。 ルワンダの首都キガリを、最終的にアフリカの未開拓の新車市場の開拓に役立つビジネスモデルの最初のテスト拠点とします。 「1月に、ガーナでどのようなモビリティ会社を設立する…

  • トヨタの流通網は強そうだ(・∀・)

    豊田通商がケニアで生産するブレンド肥料について、近隣諸国への輸出も視野に入れ、同社自動車販売ネットワークを活用し拡販。 記事によると、 日本の複合企業である豊田通商は、ケニア製の肥料で地域市場に注目し、農業活動を拡大しようとしています。 同社は2019年の統合報告書で、同社の確立した自動車販売ネットワークを使用して、エルドレット工場で配合するBarakaブランドの肥料を宣伝すると述べました。…

  • ケニア発の暗号通貨を活用した国際送金サービス拡大中

    暗号通貨のBitPesaがAZA Groupへリブランド、南アフリカ開発銀行から1,500万ドルの融資を獲得。 BitPesaは、暗号通貨を活用した国際送金サービスを提供する会社です。 BitPesaはケニアでビジネスをスタートし、今ではアフリカで5カ国(ケニア、ウガンダ、タンザニア、コンゴ、ナイジェリア)にまで拡大しています。 150以上の法人アカウント/ユーザー、8000以上の個人アカウ…

  • ラグビーで犯罪者の更生を

    ケニアの刑務所でラグビーを試験導入、模範囚が多数出所 1分49秒の動画ニュースです。 日本がベスト8に輝いたことで一躍注目を浴びたラグビー。 One for All、All for Oneと、ノーサイドの精神が有効に作用している好例でしょうか。 昔の日本のドラマのスクールウォーズでも描かれていましたが、ラグビーの精神は更生にかなり適しているようです。 ケニアでの試みは上手く行っているようで、…

  • アフリカは、ボランティアだけではなくビジネス投資へ

    巨額調達を果たしたアフリカ・スタートアップ24社を一挙紹介 今、アフリカ向けのビジネスについて、どんなサービスが求められているのか?さらには、どんなものに資金がついているのか?色々と参考になりますね。 日本円換算で100億円近い資金調達に成功しているプロジェクトもあり、夢があります。 国で見るとやはり、南アフリカやナイジェリア、ケニアやエジプトといった、既に経済的に発展している国が中心です。…

  • ロシア、アフリカに対する影響力を拡大中

    初のロシア・アフリカ会議、ソチで開催 アフリカ関係再構築 記事を引用します。 ロシアがアフリカ諸国を招いた初の国際会議「ロシア・アフリカ首脳会議」が23、24日、露南部ソチで開かれた。 アフリカの54カ国全てが代表を送り、43カ国の首脳が出席。 経済や安全保障面での連携強化を確認した。 旧ソ連崩壊によりアフリカでの影響力を大きく失ったロシアだが、トルコやシリアなど中東諸国への影響力を強める中…

  • まだまだ高いアフリカのネット料金

    ネット接続料金、アフリカの一部で平均月収の2割超も 以下、記事を引用します。 (CNN) 世界の低所得国と中所得国について、国民の平均月収に対するインターネット接続料金の割合を算出した調査で、アフリカ諸国の料金が特に高く、一部の国では月収の2割を超えていることが分かった。 この調査は、ネットの生みの親として知られる英科学者、ティム・バーナーズ・リー氏が設立したワールドワイドウェブ財…

  • ジャック・マーはアフリカの起業家を支援し続けています。

    アリババ創業者、ジャック・マーがアフリカに期待する理由 中国は国家として、アフリカへの関与を進めていますが、民間でのアフリカ関与の動きも加速しそうです。 以下、記事抜粋。 アリババ創業者のジャック・マーは中国の数百人の経営者らが今後、独自の慈善団体を立ち上げることを望んでいるが、中国はまだこの分野のスタート地点に立ったに過ぎないと述べた。 「世界の多くの国々が、慈善活動分野で長年の歴史を築い…

  • 税金徴収のしやすさも目標にしているかも?

    タンザニアのNMB Bankとマスターカードが提携し、バイクタクシー向けにQRコード決済を提供へ。乗客の支払いが自動的にNMB Bankの口座に入金され、運転手の収入が明確に。 アフリカでも現金を持ち歩かなくてもいい社会が徐々に広まってきていますね。 既存のサービスである、銀行、クレジット会社、QRコードを絡めた、いわゆるモバイル決済ですが、このような分野こそブロックチェーン関連の得意分野だ…

  • アフリカもどんどん5Gです

    フィンランドのノキアがエチオピアで4Gと5Gのサービスを開始することを計画。大学とMoUを締結。 記事によると、 フィンランドのNokia Corporationは、エチオピアで4Gおよび5Gサービスを開始する予定です。 ノキアは、エチオピアのデジタルスキルとイノベーションを促進するために提携するために、アディスアベバ科学技術大学(AASTU)およびアディスアベバ工科大学(AAiT)と覚書(…

カテゴリー一覧
商用