searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
kogomitabi
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/12/25

1件〜100件

  • 重すぎるスラッシャーホラー「キャンディマン」

    鏡に向かって5回その名を唱えると、キャンディマンが現れ殺される――という都市伝説にそって展開されるホラー映画。 キャンディマン(2021) ブルーレイ+DVD [Blu-ray] ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世 Amazon 何も考えずに見れるホラー映画だと思っていたら、めちゃくちゃ考えさせられる映画だった。とにかく重い。ヘレディタリーのように胸糞悪いわけではなく、とにかく重い。 ストーリーは単純で、アーティストのアンソニーは作品制作のためにキャンディマンの都市伝説を調べていた。その取材である公団住宅を訪ねたおり、都市伝説の事情を知る一人の老人と出会う。 老人から聞いた話は、悲惨で辛いもの…

  • 「ナイブズ・アウト」の探偵さんをまた観たいので続編期待

    高評価で、アガサクリスティーに捧げる本格ミステリーという情報だけで、キャストも確認せずに見た。 ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密(字幕版) ダニエル・クレイグ Amazon 先月ようやく念願の「ハロウィンKILLS」を見たばかりだったので、「うわぁ❤おかーちゃん」とジェイミー・りー・カーティスを見て喜んだ。 ローリーとサラ・コナーは自分にとって最強おかあちゃんであり、憧れのバーさんでもあるので、女優としての2人を違う映画で見るのも嬉しい嬉しい。 髪の毛振り乱してブギーマンをぶった切るローリーが、すっきりショートカットの粋な婆あになっているのが、また素敵。 ストーリーは、まさにミステリーの…

  • ずっとインビジブルのことだと思っていた「透明人間」

    透明人間という映画が面白いと聞いていたけど、ずっと「インビジブル」のことだと思っていて、見てなかった。 透明人間 (字幕版) (4K UHD) エリザベス・モス Amazon インビジブルはかなり前にテレビで何回もやっていたので、何回も見た。傲慢な科学者が透明になったたものの、戻れなくなってしまってヤケになって仲間を殺しまくるというホラーならではの理不尽な内容。 で、新たに見た透明人間は、こいつもやはり科学者で傲慢で、好きな女性を人里離れた自分の豪邸に閉じ込めてパワハラセクハラドメスティックのなんでもありで暮らしている。 その女性が逃げ出すところから映画は始まる。無事逃げ出せたものの、怯え続け…

  • まるで動く美術館やあ「グランド・ブダペスト・ホテル」

    なんて素敵な映画なんだろう。ちょっとびっくりしてしまった。 グランド・ブダペスト・ホテル [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] レイフ・ファインズ Amazon 年老いた作家が語った、彼が昔聞いたグランド・ブダペスト・ホテルの物語。 1932年ブダペストの名コンシェルジュ「グスタフ」のもとに、富豪の老人たちが集う。その一人、マダムDは怯えていた。グスタフにもう二度と会えない気がすると――。 その不安は的中し、彼女は自宅で何者かに殺されてしまう。彼女の遺言により、莫大な遺産の中の貴重な絵画が何とグスタフに譲られることになった。しかし、彼は殺人の容疑をかけられてしまう。 そこから…

  • 死体置き場から死体が1つ無くなったことから始まる「ロスト・ボディ」

    森の中を背後を気にしながら必死で逃げる男の場面から始まる。いきなりのホラー的展開に掴みはじゅうぶん。ようやく道路にたどり着いたとたん、自動車にはねられ吹っ飛ぶ男。あとあと考えた時、この事故さえなければこの映画のスリラー的展開は成立しなかったんだなあと思った。 ロスト・ボディ [DVD] ホセ・コロナド Amazon はねられた男は、死体安置所の警備員。その安置所では一体の死体が行方不明になっていた。この死体と警備員が逃げたこととは関係があるのか―― もちろんあるでしょ。 死体はマイカという富豪の女社長。当日に心臓発作で死んでいた。ハイメ警部はこの事件を捜査するために、マイカの夫であるアレックス…

  • スクリーンと繋がる現実「ファイナル・ガールズ惨劇のシナリオ」

    ようやくパソコンが復活した。さて何の映画のこと書こうか。 胸糞悪いプーチンのツラを見てると、チャイルド44とかレッドスパローとか思いつく映画はいっぱいあるけど、よけいに腹たってくるので、平和なホラーにしよう。 ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ [DVD] タイッサ・ファーミガ Amazon 車の中、スマホで1980年代ホラーを見ながら誰かを待っている感じの少女。そこへママが戻ってくる。イラついているのはまた売り込みに失敗したらしい。売り込んでいるのは自分。どうやらママは女優さんのようだ。 シングルマザーのママと、「電気代が払えない」とやけにしっかりしてそうな娘。焦りながらも、なんとかごまか…

  • 手作り感が贅沢なファンタジー「バロン」

    パソコンの調子が悪く、ここんとこしょっちゅう悪態をつきながら画面に向かっている。もう買い替え時かな…お金ないのに…(~_~;) 家にパソコンのヤロウなんかいなかった1980年代の映画。CGなんて小癪なものを使わず、合成とミニチェアで作られたすさまじく贅沢な異世界。 バロン [DVD] ジョン・ネビル Amazon 最近こういう手作り感溢れるファンタジーを思い出してよく見る。「ネバーエンディングストーリー」なんかもうめちゃくちゃ好きだった。記憶の中ではこの「バロン」の方が昔のイメージなのに、実際は少し新しい。この二つを抜いて断トツお気に入りだったのが「オズ」子どもの頃からオズの魔法使いが狂ったよ…

  • 1980年代のチャイナタウンが新鮮「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」

    1985年制作の映画。舞台はニューヨークのチャイナタウン。マフィアの内部抗争とそれに関わる市警の刑事の奮闘を描いた映画。 血なまぐさい内容だけど、1980年代のチャイナタウンの雰囲気と、関わるアジアの国や人が古臭くて味があって、変にときめく。 イヤー・オブ・ザ・ドラゴン [Blu-ray] ミッキー・ローク Amazon 実はミッキーロークという俳優さんが苦手で。「エンゼル・ハート」や「ナイン・ハーフ」もみたけど(苦手なわりにけっこう見ている)、どうにも合わないというか、好きになれない。 「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」を初めて見たのはテレビだったのだけど、最近数十年ぶりに見直して、この映画にミ…

  • え?どういうこと?という瞬間を味わおう「アイデンティティー」

    豪雨の中、道路が遮断され、避難するべく一軒のモーテルに集まった10人の男女。交通事故にあった家族、護送中の囚人と刑事、女優と運転手――さまざまな事情を抱えた人たちが一晩集うことになった。 アイデンティティー (字幕版) Amanda Peet Amazon そして起こる連続殺人事件。出だしの期待とインパクトを背負って、まず第一に転がったのは女優の首。まさに外界から遮断された空間で起こるクローズドサークルのミステリー。犯人はこの中にいる――。 次々と死んでいく状況、現場に残された部屋番号が記されたルームキー、パニックに陥るメンバーたち、お約束の展開は退屈する時間がないワクワク度。 犯人は誰か?と…

  • ひっくりかえされ続けて頭の中大混乱「閉ざされた森」

    見たことのある方々のおっしゃるとおり、頭の中が大混乱になる。理解しようとしているうちに、またひっくりかえされる。 え?! ちょっと待て、えっ!と、神経細胞フル回転。その混乱ぶりが快感で実に面白い。 閉ざされた森 (字幕版) Samuel L. Jackson Amazon ストーリーが精密さにかける。どんでんがえし過ぎという声もあるけど、まあ確かにそうだけど、ここまでエンターテインメントしてくれたら、大満足です。自分としては。 ホラーみたいな邦題だけど、れっきとしたサスペンス。密林で行われた軍のレンジャー部隊の実弾訓練。鬼軍曹プラス6人の隊員たちが参加したが、帰還するときを過ぎても帰ってこない…

  • SF青春コメディホラーなんでもありの「ザ・スイッチ」

    「ハッピー・デス・デイ」の監督がまた楽しませてくれるということで、ワクワクして挑んだ。 ザ・スイッチ ヴィンス・ヴォーン Amazon 同じ時間を繰り返すタイムループが「ハッピー・デス・デイ」今回は “入れ替わり”かわいい女子高生と残忍無比な殺人鬼が入れ替わってしまうというストーリー。 どちらもSFとしてメジャーなテーマだが、目新しいものではないだけにヘタすると単なる二番煎じな印象になってしまう。感動ものになりがちなこのテーマをホラーと笑いに持っていったのが成功かも。 プラス、なんといっても絶妙なキャラの描き方。テーマやストーリーはただの器と化してしまうくらい、それぞれの個性が炸裂する。 主人…

  • ゴージャス「エリザベス」

    ケイト・ブランシェットのことあんまり好きじゃない。何か受け付けないものがあるので、映画もほぼ見たことないが。 この映画はすごかった。 エリザベス (字幕版) ケイト・ブランシェット Amazon 欧米の歴史ものは、衣装やセットを見ているだけでも楽しいので、内容がいまいちでもダラダラ流していられる。 でもダラダラしていられませんでしたね。エリザベスという人物が魅力的すぎて。 まだ少女といえるような頃から、貫禄のラストまで、女王エリザベスの存在に惹きこまれた。かもしだす雰囲気とかオーラが徐々に変わっていく感じがビンビン伝わってくる。 女王になってからも、最初のオドオドした感じは可愛くて「頑張れ」と…

  • 驚きの設定「ギルティ」で想像力を試された

    世界中を驚かせ、賞も多数受賞した話題のデンマーク映画。 舞台になるのは緊急通報室のみ。電話による声と音のみで事件を追っていくという異例のサスペンス。 THE GUILTY/ギルティ(字幕版) ヤコブ・セーダーグレン Amazon 緊急通報のオペレーターであるアスガーは元刑事。訳ありでやりたくない仕事をやってます感を充満させて電話を受けている。「くだらない通報多いんだなあ~どこの国も大変なんだろうなあ~」と思ってしまうような通報の中、一本の電話がアスガーの刑事本能を目覚めさせる。 助けを求める女性の声。誘拐されている真っ最中に、子供に電話をするふりをして必死に助けを求めてきた。「子供と話すフリを…

  • ふわふわ浮きながら戦うって面白い「ライフ」

    SF映画というのはほんとに幅が広い。うちの娘は「2001年宇宙の旅」とか「メッセージ」がお気に入り。良いと思う。思うけど、宇宙の旅は途中で寝た。 娘は宇宙から地球にやって来る話は好きなのだが、地球から少しでも離れるともうダメなのだそうだ。だからホラー好きなのに、エイリアンは苦手。 彼女のお気に入りSFは「マーズアタック」小難しいのが好きなわけではないのです。とりあえず地球に来てくれたらいいみたい。 ライフ (字幕版) ジェイク・ギレンホール Amazon てことで、「ライフ」火星から採取したサンプルの中に、未知の生命体が入っていた。宇宙船の中で観察しているうちに、その小さな生命体は目覚める。E…

  • 凝った部屋を見ているだけで楽しい脱出ゲーム「エスケープルーム」

    謎の招待状に導かれ、命がけの脱出ゲームを体験させられる羽目になった6人。 エスケープ・ルーム (吹替版) テイラー・ラッセル Amazon 「CUBE」を彷彿とさせる登場人物の少なさと設定。違うところは、CUBEが持つ独特の不気味さと暗さがないこと。1つの部屋から脱出し、次に待つ部屋は同じような部屋ではなく、まったく造りの違う部屋なのが面白い。 灼熱の部屋、極寒の部屋、逆さまの部屋などなど。部屋の内装とか細かい部分を見ているだけで楽しい。施された仕掛けや暗号を解いていく設定は、「なるほどなるほど」という感じで素直に入りこめる。 冒険ものに独自の不気味さが加わった感じ。CUBEの顔ぶれがなぜ集め…

  • ガイ・リッチー好きのための映画「ジェントルメン」

    待ってましたの「ジェントルメン」 ジェントルメン(字幕版) マシュー・マコノヒー Amazon クセのあり過ぎる男たちが次から次へと登場して、ハメたりハメられたり、殺ったり殺られたり。ガイリッチーお得意のクライムアクション。アクション部分は、ステイサムとの映画に任せて、こちらは凝ったクライムストーリーで魅せる。 冒頭いきなり出てくるおしゃれなパブ。煮卵みたいなうまそうな卵一個とビールをテーブルに置き、妻に電話する男。背後には怪しい人影が忍び寄り――。 インテリア、それを捉えるカメラワーク、男たちが着るスーツやジャケットのセンス。もうとにかく何もかもおしゃれだ。これを見るだけでも、ストーリーそん…

  • 民衆目線で怪獣を見る「クローバー・フィールド」

    突然襲撃されたニューヨークの街中に、破壊された自由の女神の頭が転がってくる場面が衝撃的なパニックムービー。 クローバーフィールド/HAKAISHA (字幕版) マイク・ヴォーゲル Amazon カメラ目線のPOV方式は、ブレア・ウィッチ・プロジェクトで衝撃を受け、RECで恐怖にはまった。パラノーマル・アクティビティは正直なぜか全然怖くなかったので(あくまでも個人的なものですが)、これはどうだろうなあと楽しみにしていた。 恐かった。というか、怖さが違う。ホラー映画のPOVは、不意打ちの怖さで飛び上がる。どちらかというとゲームみたいな。 これは息をつめて見るというより、始終ゼイゼイ言いながら見ると…

  • コミカルで下品なタランティーノのギャングたち「レザボアドッグス」

    見る人を選ぶタランティーノ。どっちかというと見ない方だったのに、最近ゾンビ映画と共に面白さがわかってきた。 レザボア・ドッグス デラックス版 [DVD] クエンティン・タランティーノ Amazon 苦手な要素の1つだったものに、全然関係のない登場人物たちの無駄話ってのがある。だいたいその時点で飽きるか寝てしまう。 この映画もいきなり冒頭から、ダイナ―でギャングたちのどうでもいいおしゃべりが続く。(マドンナのライクアバージンについての下品な持論。聞くところによると後でマドンナに怒られたらしい) 熱心にしゃべっているのはタランティーノ。しっかり出演してる。あーだこーだ言いながら、黒ずくめのギャング…

  • 戦うジャンヌの向こうに戦うアリスが見えてしまう「ジャンヌ・ダルク」

    ずっと見たいと思っていたミラ・ジョボヴィッチの代表作の1つ。もうずいぶん前の映画になるのだなあと、彼女の若さを見てつくづく実感。 ジャンヌ・ダルク スペシャル・プライス [Blu-ray] ミラ・ジョヴォヴィッチ Amazon ジャンヌ・ダルクは自分にとって英雄というイメージよりも、なぜか悲惨なイメージの方が強いので、あまり見たい種類の映画ではなかったが、ミラ・ジョボヴィッチのジャンヌ・ダルクはやっぱり見たい。 悲惨でトラウマになりそう、などの話も聞いたことあるので、覚悟はしていたが思ったよりもエンターテイメント色が強くて迫力があった。 神の声を聞いて、奇跡の戦いに挑んだジャンヌの人物像は普通…

  • 異能なアンソニー・ホプキンスを見ずにはいられない「ブレイン・ゲーム」

    アンソニー・ホプキンスが異能の人物を演るとなれば、見ないでは気が済まない。 ブレイン・ゲーム[DVD] アンソニー・ホプキンス Amazon 娘を病気で失い、妻とも別居中で失意の中で暮らしているアンソニー・ホプキンス演じるクランシー博士は、元同僚のジョーの訪問を受ける。 ジョーは刑事であり、彼はアナリストで医師のクランシー博士に事件の分析を依頼しにきたのだ。その事件とは、首の後ろを一突きにして殺す連続殺人事件。(まさに必殺仕事人の技) 被害者の共通点も無く、捜査に行き詰ったジョーがクランシー博士を頼ったわけは、彼が持つ特殊な能力だった。クランシー博士には未来のことが見えるのだ。 ジョーの熱意に…

  • 出演者総勢7人のカルト的名作「CUBE」

    邦画でリメイクされるということで、何十年かぶり?に見た。 CUBEキューブ DVD モーリス・ディーン・ウィント Amazon いったい幾つの時に見たのか、さっぱり覚えてないんだけど、大人であったことは間違いない。どちらかというとワンパターンだったホラー映画の中で、この映画は衝撃だった。 すぐに内容を忘れる自分としては、異例といえるほどストーリー(脱出するだけなんだけど)を覚えている。ラストの衝撃もなかなかだった。「え…!なんで?」という一瞬。 立方体の部屋の中、閉じ込められた7人の人物たち(1人は早々に死ぬ)。壁や床や天井にドアがあるが、開けると隣には色違いの同じ部屋が広がっている。 隣の部…

  • 笑えないパロディ「ゾンビ・サファリパーク」

    ふざけた映画なのだと思ってみたら、全然そんなことはなかった。 ゾンビ・サファリパーク [DVD] ジェシカ・デ・ゴウ Amazon 設定は完全なジェラシック・パークのパロディ。恐竜がいる離島のテーマパークではなく、ゾンビが飼われている離島のテーマパーク。 恐竜は見学するだけだが、ゾンビの場合は撃ち殺して楽しむ趣向。当然ゲーム感覚で楽しむおバカたちもたくさんやって来る。 なぜこんなおバカたちの島が出来たのかというと、それには一応理由がある。人類は増えまくったゾンビたちと壮絶な闘いを繰り広げた。それにより出た犠牲者はなんと20億人。 結果勝利した人類が、生き残ったゾンビを島に閉じ込め、そのままテー…

  • かつて本当にいた彼等へ「グラディエーター」

    以前何かの特集で、発掘された古代ローマ時代の遺骨を調査するドキュメンタリーを見た。墓地から発見された全身傷だらけの遺骨。すべて首をはねられ、その首といっしょに埋葬されていた。彼等はいったい何者なのか。 調査分析の結果推察されたこと。彼等はグラディエーターだったのではないか。 「本物のラッセル・クロウだ…」 グラディエーター [DVD] ラッセル・クロウ Amazon ローマ帝国の皇帝から信頼を受けていた、ラッセル・クロウ演じる将軍マキシマス。しかし皇帝の死後、ザ・悪役の皇帝の息子コモドゥスに疎んじられる。 処刑寸前で逃げ出したマキシマスは、命からがら故郷に帰るが、待っていたのは焼き払われた村と…

  • キャシー・ベイツの女優力がすごい「黙秘」

    スティーブン・キング原作の映画の中で、必ずといっていいほど上位に挙がるのが「ミザリー」。確かにあのミザリーの存在は壮絶怖い。 そのミザリーを演じ、アカデミー賞主演女優賞を受賞したキャシー・ベイツにスティーブン・キングが捧げたと言われている小説がある。 それを映画化したのが「黙秘」主演はもちろんキャシー・ベイツ。 黙秘 [DVD] キャシー・ベイツ Amazon 冒頭、いきなり階段から転げ落ちた瀕死の老婆に重いのし棒をふりかざす、キャシー・ベイツ演じるドロレスの姿から始まる。訪ねてきた郵便配達人によって寸でのところで阻止されるが、老婆はすでに息絶えていた。 場面は変わって、ニューヨーク。ジャーナ…

  • 時には“かわいい”をプラス「魔女がいっぱい」

    最近ディズニー映画とか全然見てないので、“かわいい” が足りない。ホラーやら犯罪ものばっかり見てないで、たまには生活にかわいいをプラスせねば。 魔女がいっぱい [DVD] アン・ハサウェイ Amazon ホラーファンタジーと紹介されているものもあるけど、これは正真正銘ファンタジーでしょう。まあ子供たちにとってはホラーな部分もあるかもしれない。 突然事故で両親を亡くし、祖母と暮らすことになった少年。ふさぎ込む少年に、祖母は一匹のかわいいネズミをペットとして買い与えた。すっかり気に入った少年は、芸を教えたり、ポケットに入れて連れ歩いたりと元気をとりもどしていく。 そんな折、祖母と買い物にいった店で…

  • ベネズエラのホラー映画「マザーハウス」

    いきなりホラー映画特有の、クライマックス的雰囲気から始まる。 マザーハウス 恐怖の使者 [DVD] ルディー・ロドリゲス Amazon 血を流し倒れている女性。目覚めた彼女のまわりには割れたガラスの破片。彼女は立ち上がり、その破片を武器のように構えながらソロリソロリと歩き出す。 彼女は誰かを探しているようだ。そして足を踏み入れた部屋には、深々と首にナイフが刺さった死体が――。絶叫する彼女、なぜか一瞬目覚める死体、そして部屋の奥からこちらを眺めていたのは――探していた少年。 名前を呼ぶ女性の目の前で少年は――。 ここから展開が変わり、物語は刑務所から老婆が保釈されるところから再び始まる。ドゥルセ…

  • 可愛くて可哀そうで笑った笑った「キサラギ」

    ずーと気になりつつ、見る機会に恵まれず、気になっていた映画。ようやく見た。 キサラギ(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [DVD] 小栗旬 Amazon 最初から最後まで1つの部屋で展開する推理劇。登場人物は、ほぼその部屋に集まった5人だけというお芝居のようなこの設定は、個性的な役者さんの顔触れで成り立つ。 1年前に自殺したグラビアアイドル「如月ミキ」彼女のファンサイトの常連5人が、小栗旬演じる「家元」の呼びかけで集まる。 みんなで楽しく生前のミキちゃんを偲ぼうという目的を企画していた家元だったが、そのうち一人が発した「本当に自殺だったのか?」という疑問から、事態が急変していく。 それぞれが持つ…

  • 大人の女性にリアルなコメディ「ニューヨーク最高の訳あり物件」

    見終わってから知った。これアメリカ映画じゃなかったんだ。 ニューヨーク 最高の訳あり物件 [DVD] イングリッド・ボルゾ・ベルダル Amazon 元モデルでデザイナーのジェイドは、電話一本で夫ニックに捨てられる。どうやら若いモデルの彼女ができたらしい。ニックは女ったらしで、実はジェイドも前妻からニックを奪った略奪婚。 落ち込むジェイドが帰宅したニューヨークの高級アパート最上階に待っていたのは、ニックではなく、なんと前妻のマリア。彼女の言い分は、部屋の半分は自分のものだということ。てことで、彼女は居座ることになる。 「私もちょうど10年前の40歳の時に旦那に捨てられた」というマリアの言葉から、…

  • 警察署の夜勤でたった1人怖すぎる「ラスト・シフト」

    聞いたことない映画だったので、ちょうど寝不足だったこともあって、「おもしろくなかったらすぐさま寝てやる」という状態で見た。 ラスト・シフト/最期の夜勤(字幕版) ジュリアナ・ハーカヴィ Amazon 閉鎖が決まった警察署。その最後の夜勤をまかされた新人の女性警官「ジェシカ」いかにもやる気満々という感じで乗り込んだ。 無人の警察署は白々と明るい。暗闇も無いのに、誰もいないというだけで、もうそれだけで怖い雰囲気満載。 怪しいホームレスが入って来たり、奇妙な女性が玄関先でタバコを吸っていたりと、夜勤ならではの不気味さはあるが、相手が人間であればジェシカはしっかり対処できる。しかし、相手がありえない存…

  • ある意味とってもホラーだと思う「カメラをとめるな」

    ずーと見たかった「カメラをとめるな」ようやく見た。 カメラを止めるな! 濱津隆之 Amazon 人によって評価が違うので、いったいどんな内容なのだろうと気になっていた。ホラーを期待していた人の評価がボロクソだったので、「なるほどホラーじゃないんだな」と思っていたら、確かに、これはホラーの形を借りたコメディですね。 舞台はホラー映画を作っている山の中の撮影現場。思い通りの演技をしてくれない女優に切れまくり荒れ狂う監督。そこへ本物のゾンビが。次々と襲われゾンビ化していく撮影スタッフ。その様子をカメラで追い続ける狂喜乱舞の監督。37分ノーカットのすさまじいゾンビ映画が完成する! この映画は二部構成に…

  • まわりの男がみんな気持ち悪い「ドアロック」

    とにかく、出てくる男が全員異常に見える。 韓国で大ヒットしたサスペンススリラー。知らない間に部屋に侵入されているという、決して空想物語とはいえない恐怖を描いている。 1人暮らしの女性のマンション。夜中に誰かがドアのノブをガチャガチャとまわす。恐怖にかられてそっと覗き穴から外をうかがう主人公ギョンミン。ホラー好きはついついここでこの世の者ではないものが立っているとか、そういうのを想像してしまうが、実際誰もいない。そっとドアを開けるとタバコの吸い殻。現実的に幽霊よりも怖い。 翌日ギョンミンは急いで吸い殻を警察に持っていき、調べてもらうよう頼むが、事件が起きていないので相手にされない。 しかしそれは…

  • YouTubeの中のPOVホラー「コンジアム」

    ホラー映画の進化ってスゴイなあって思うけど、凄すぎて逆に真実味はないなあと感じることも多い。 まあ映画なんだからあたりまえなんだけど。でも真実味がなくてもいいから、現実味はほしい。 コンジアム [DVD] ウィ・ハジュン Amazon 現実味ホラーの代表格でもあるPOV方式。有名なのはパラノーマルアクティビティとかだけど、この方式は怖さの代わりにヘタすると不自然だったりすることもけっこうある。そこまで撮ってんのおかしくない?とか。 考えてみればYouTubeならそれがない。記録として撮るのではなく、誰かに向かって配信しているのだから。逐一報告して、細かいとこまで見せてナンボの世界。 YouTu…

  • いつか見たかった変な家「ウィンチェスターハウス」

    子供の頃、だまし絵のような変なお屋敷が本当にあると聞いて心ときめいた。行き止まりの階段、床にある窓。開けたら落ちてしまう二階の壁に取り付けられているドア。 ぜひ見てみたいと思った。もしかして、あの時聞いたのはこのウインチェスターハウスのことだったのかもしれない。 ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷[DVD] ヘレン・ミレン Amazon アメリカに実在するウインチェスターハウスと、そのエピソードを映画化したのがこの作品。幽霊屋敷として有名なので、当然のことながらホラー。 38年間もの間、24時間体制でとりとめのない部屋の増築を繰り返し続け、迷路と化した奇妙な屋敷。この家の持ち主…

  • これも1つの心霊現象「心霊捜査官」

    ホラーとクライムサスペンスが合体したようなストーリー。題名そのまま。 NY心霊捜査官 [DVD] エリック・バナ Amazon ニューヨーク市警の捜査官サーキは、その感の鋭さからレーダーとからかい気味に呼ばれるほど。そんなサーキと相棒の2人がたて続けに奇妙な事件に遭遇する。 動物園のライオンの檻の中に我が子を投げ入れた母親。怪奇現象で悩む家族の地下室から発見された男の自殺体。時おり動物のように暴れだし、DVを繰り返す男。 奇妙ではあるが、さまざまな事件と人の吹き溜まりの街では、起こっても不思議ではない事件。しかし、これらの出来事に関わるうちに、共通点があることに気づく。彼等は、イラク戦争に従軍…

  • 悪いヤツにも好きな音楽はある「ベイビードライバー」

    おしゃれだなあというのが、まず第一の感想。 ベイビー・ドライバー [AmazonDVDコレクション] アンセル・エルゴート Amazon 映画はストーリーだけじゃないというのを、改めて認識させてくれる映画。昨今流行で違法のファスト映画じゃ絶対楽しめないこと間違いなし。 通称ベイビーと名乗る青年は、犯罪組織の逃がし屋。冒頭から、ipodに合わせてノリノリ状態で車の中で強盗犯たちの仕事を待つベイビー。 こいつはちょっと危ないヤツなのかなとみていると、仕事を終えて逃げてくる犯人たち。彼等が車に乗り込んだ瞬間、ベイビーのスイッチが入る。 音楽に合わせ、驚異のドライビングテクニックで逃走する車。パトカー…

  • タイトルほど「残酷で異常」でもなかった

    いかにもホラーという感じのタイトルだったが、そんな感じではなくて、トランスワールドとバタフライエフェクトを連想させるような。奇妙な感覚のサスペンススリラーって感じでしょうか。 残酷で異常 David Richmond-Peck Amazon 主人公のエドガーがバスルームで、女性の心臓を押さえて救命活動をしている場面から始まる。彼女は妻のメイロン。しかし努力も虚しく、彼女は息を吹き返さない。そして持病を抱えるエドガーもその場に倒れ込む。 次の瞬間、気づくとエドガーは車に乗っている。驚いて急ブレーキ。助手席には死んだはずの妻のメイロンがいる。さっきの光景はいったい何だったんだ。幻? 家に帰った2人…

  • マニアな一席「抜群なキャラと演技の師匠たち」3選

    芸人の方々は時々映画やドラマでも見かけるけど、落語家さんてあんまり記憶にない。「この人きっと落語家さんだなあ」という雰囲気の、いかにも三枚目役割り当てられましたって人はちょくちょく見ることもあるけど。 きっと、今までの映画史上でいっぱい出演されているのだろうけど、こっちが知らないだけで。まず、落語家さんたちはテレビなんかで頻繁に見ない。興味がない限り、よっぽど有名な方々でないと顔も知らないという人がほとんど。 でも総合的に、落語家さんを含め芸人さんたちって演技がうまい。個性的な存在であるはずなのに、それがキャラの表面に出てこないのがスゴイ。 なんで急にそんなこと思いついたのかというと、数十年ぶ…

  • 名優たちとスタントさんたちに大満足「フェイス/オフ」

    テロリストの中でも超悪いヤツのニコラス・ケイジ堅物で正義感溢れたFBI捜査官のジョン・トラボルタ フェイス/オフ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] ジョン・トラボルタ Amazon 最初から違和感満載で始まる名優2人。子供を殺されたショーン捜査官は、冷酷無比でイカレたテロリストキャスターを執念で追い詰める。冒頭からの飛行機アクションの末、意識不明状態で捕まったキャスターだが、爆弾テロを計画していたことが判明。 知っているのはすでに刑務所にいるキャスターの弟。こいつもかなりイカレたヤツなのだが、彼から情報を聞き出すため、ショーンがおとりととして刑務所に送り込まれることになっ…

  • 騎士はカッコよかった「デッド・ゾーン」

    「スリーピーホロウ」の記事を書いていて、首なし騎士役のクリストファー・ウォーケンのことを思い出し、そこから「デッド・ゾーン」を思い出した。 デッドゾーン デラックス版 [DVD] 発売日: 2004/06/25 メディア: DVD こちらも80年代の映画。スティーブン・キング原作と知ったのは後々のことで、初めて日曜洋画劇場で見た時は10代の頃。テレビ垂れ流しのじーちゃんばーちゃんの家で何気なく見ていて面白くて夢中になった。 スティーブン・キングのホラー映画は、ストーリーは抜群に面白いのだけど、あまりヒーロー的な人物は出てこない。でもこの物語の主人公は、かなりヒーロー的存在でカッコよかった。だか…

  • ずっとこのイメージ「スリーピーホロウ」のジョニデ

    ジョニー・デップのイメージは、「シザーハンズ」やこの「スリーピーホロウ」の主人公のように、真面目、気弱、正義感が強い、華奢な優男という感じだった。 なので、正直パイレーツが出てきた時にはけっこう衝撃だった。こんな汚い男ジョニー・デップじゃない! スリーピー・ホロウ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray] 発売日: 2019/04/24 メディア: Blu-ray 今でも一番好きなのがこの「スリーピーホロウ」若き日のジョニデがかわいいのなんの。 お話自体は、教科書にのっているくらい有名な伝説らしい。確か、以前アメリカのディズニーランドのパレードの映像で、この物語のメインキャラ…

  • ホラーでお腹いっぱいになる「キャビン」

    まず、始ったとたんに「?」ホラー映画ではあまり見かけない学者かビジネス風の人たちと、並ぶモニターやメカニックな世界。そこで交わされるお気軽で意味不明な会話。「あれ?間違った?違う映画?」 そんな違和感を抱くほど、ホラーの定番状況というのは決まっているのだ。 キャビン スペシャル・プライス [DVD] 発売日: 2015/06/02 メディア: DVD バカンスを楽しむために、山小屋へと向かう大学生たち5人。ホラー映画ならではの状況と人物設定。チャラそうな男に軽そうなねーちゃんのカップル、オタク風、好青年、そして明らかに主役の、ちょっと不器用な感じの失恋したてのおねーちゃん。 もう誰が生き残って…

  • 人生で見残さないでよかった映画part2「ミッドナイトクロス」

    昔々の小学生の頃――いや、ひょっとして中学生になっていたかもしれないけど、だいたいその辺。 ブライアン・デ・パルマ監督にはまったことがあった。というか、監督の名前なんか知らなくて「ナンシーアレン」が気に入って、この監督の映画にたて続けに出演していたこの女優さんにつられて、必然的に知ったという感じ。 初めて見たのは「殺しのドレス」じいちゃんばあちゃんの家で垂れ流しにかかっていたテレビで偶然見た。 殺しのドレス ―4Kレストア版― [Blu-ray] 発売日: 2019/02/02 メディア: Blu-ray 大人になってから見ると狂気的殺人事件のこの映画の、いったいどこが気に入ったのかわからない…

  • 映画だからこそわかる現実がある「ウインド・リバー」

    当然のことながら、変死体というものは見たことがない。 変死体どころか、死体なんてまず見ない。 棺桶に入ってたじいちゃんばあちゃん以外は。 ただこの映画で、主人公コリーが雪の中で見つける死体は、ギョッとするほどリアルだ。 ウインド・リバー スペシャル・プライス [Blu-ray] 発売日: 2021/03/03 メディア: Blu-ray おそらく、変に血みどろとか残虐な状態とか、そんなものがないからだろう。彼女は血の跡を残し、倒れていただけ。きっと本物の死体というものはほとんどがこういうものなのだろうと、静かに思った。 ウインドリバーとはワイオミング州のネイティブアメリカンの保留地。冬は雪に閉…

  • 間違いなく恋愛映画でしょう「高慢と偏見とゾンビ」

    1800年代に発表されたイギリスの恋愛小説の名作「高慢と偏見」 有名だけど読んだことない。 しかし、それにひとたび“ゾンビ”とつけば、俄然興味が湧くのは必須。 高慢と偏見とゾンビ [DVD] 発売日: 2018/03/02 メディア: DVD 女性にとってどこの誰と結婚するかが、人生を決める時代。今でも大して変わらないと思うが、自分で稼いでたくましく生きるなんてできなかった時代なら、確かに良き結婚相手を獲得するのは運命をかけた戦い。 好きだ嫌いだなんて言ってられない。年頃の5人姉妹にとっては、家族ともども大変なこと。 「高慢と偏見」は、長女のジェインと次女のエリザベスが資産家の舞踏会に出かけ、…

  • もう一回観たかった「トランスワールド」と「スケルトンキー」

    意外性のある映画は、いつももう一回観たいと思う。結果がわかっている状態で、仕掛けられた伏線に「なるほど」「そういえば変だった」「そうかあ、そういう意味だったのかあ」とニヤリとしながら喜びたい。 ものすごいどんでん返しではないけど、ぜひもう一度おさらいしたいと思っていた映画2本。 トランス・ワールド [DVD] 発売日: 2013/09/04 メディア: DVD ホラーだと思って見たのだけど、どちらかというとサスペンス。舞台は森の中。ガス欠で取り残された女性が、助けを呼びに行ったまま戻ってこない夫に不安を感じて、森の中をさまよい、たどりついた一軒の山小屋。そこには、同じように道に迷った若い男性が…

  • 凶悪振りを見比べた2本の「テッド・バンディ」

    シリアルキラーという言葉は、この男から始まったと言われているアメリカの連続殺人犯「テッド・バンディ」の映画を2本見比べた。 テッド・バンディ(字幕版) 発売日: 2020/04/22 メディア: Prime Video 1974年から78年までに、7つの州にわたり30人以上の女性を強姦、殺害した最悪の連続殺人犯。しかも首を切り落として保管していたり、死体の場所へ何度も通ったりと、異常性はハンパなく、映画化の仕方によればもうホラー映画の域にも達しそうな事件。 しかしこのテッド・バンディという男、犯罪そのものも異常だが、捕まってからの異常性も際立っていて、脱獄も2回し、裁判も弁護士をやとわず、自分…

  • 意外に明るかった「永遠に僕のもの」

    予告編に騙されるパターンは多いけれど、これもまたその中に入るかも。と言っても、いい意味です。 永遠に僕のもの [DVD] 発売日: 2020/02/04 メディア: DVD 実在した犯罪者たちの映画は、名作も多いのでけっこう見ているが、当然のことだけど結末が悲惨。捕まって死刑、捕まるまでに殺される、あるいは自殺。見終わって「あー、面白かったあ、スカっとしたあ」とはならない。映画として面白いけど面白さが違う。 で、この映画。1971年、アルゼンチンに実在した12人以上を殺害したシリアルキラー。この犯人が世界的に注目されたのは、17歳の少年であったことと、天使のような美少年だったこと。“ブラックエ…

  • 怒涛のように押し寄せる怖さ!タイのホラー映画「心霊写真」

    フィリピンの方がおすすめしてくれたタイの大ヒットホラー映画。 心霊写真 (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video 友人の結婚式に出席したカメラマンの「タン」と恋人の「ジェーン」は、車での帰宅中、道に飛び出してきた女性をはねてしまう。運転していたのはジェーン。パニックになった2人はその場から逃げ出してしまった。 そこから巻き起こる不可解な現象。2人が写真を撮るたびに映り込む妙なもの。お決まりの設定だなーと、油断していたら事態はどんどん悪化し、ストーリーは予想外の展開を見せる。 正直、これ、油断していられない映画です。 映画全体の雰囲気は、ジャパニーズホラーを…

  • 日本人の遺伝子をくすぐるアクション時代劇「激突!将軍家光の乱心」

    若を守るため、悪い指導者を成敗するため、復讐を遂げるため、民衆を救うため、地球を守るため――。 1つの共通する目的に向かって、仲間とともに戦い、自らを犠牲にして後をたくしていく――。 そんなストーリーは、なぜかみんなとても好き。特に日本人は、遺伝子をくすぐられる。戦国時代や幕末や忠臣蔵は、なんだかんだ言っても見てしまう。 コロナでがんばるそんな日本人の遺伝子を久しぶりに目覚めさせてくれたのが、鬼滅なんだろうけど。 将軍家光の乱心 激突 [DVD] 発売日: 2002/07/21 メディア: DVD で、「激突」を数十年ぶりに見た。千葉真一のアクションものはほぼ見たことがなかったので、当時、と言…

  • 自分だったらどうなってしまうだろう――「パッセンジャー」と「CURE」

    「自分だったらどうするだろう」と考えさせられる映画や本に出合うことがある。でもこの2本についていえば、「どうするだろう」なんて余裕かましていられない。 「自分だったらどうなってしまうだろう」 パッセンジャー パッセンジャー (字幕版) 発売日: 2017/06/28 メディア: Prime Video 未来の大型旅客宇宙船。移住地である星に着くのは120年後。その間、乗務員と乗客の5000人は冬眠状態で年をとらないまま歳月を過ごす。 しかしその宇宙船に惑星が衝突。機器の故障により、冬眠装置が異常をきたし、1人の男性が目覚めてしまう。 到着まで、まだ90年以上。冬眠装置に戻ることはできない。この…

  • シチュエーションを楽しめる「ホーンテッド世界一怖いお化け屋敷」

    何だこれ?というのが見た後の感想。評価も低い人はとことん低い。 でも何だこれ?という感想は、面白くなかったわけではない。今まで入ったことのないお化け屋敷に入って、けっこうキャアキャア言って、出てきてから「何だこれ~(´▽`)」という感じ。 ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷 発売日: 2020/09/16 メディア: Prime Video ハロウィンの夜、パーティーで出会った男女6人の大学生が、楽しめるお化け屋敷を探す。そして成り行きで行きついた所は、見たこともない変なお化け屋敷。始めはケラケラとおちょけていた彼ら。 しかし、眼前で助けを求める女性が無残に殺される光景を見せられたことから、ア…

  • エンターテインメント詰め込み過ぎで楽しい「バーフバリ」!

    インド映画はダイジェストを1つしか見たことなくて、しかしその1つのダイジェストが壮絶に面白かったので、腹抱えて笑った。 その時のインパクトがあまりにも強かったので、インド映画=面白いという認識ができあがり、ぜひ見たいと思っていながら年月がたってしまった。 今一つインド映画に二の足を踏むのは、歌って踊るシーンがやたら多いことと、そのせいもあるのだろうけど、上映時間がハンパなく長い。 バーフバリ 伝説誕生(字幕版) 発売日: 2017/07/05 メディア: Prime Video 今回も「バーフバリ 伝説誕生」と「バーフバリ 王の凱旋」と、2日に分けて観た。世界的に評価を得た大ヒット作。いや、ほ…

  • 面白いけど、もったいない!「チャイルドプレイ」と「サスペクト薄氷の狂気」

    面白くないか?と言われればそんなことは決してない。「なんじゃこれ…」という映画に比べたら、「面白い」部類にしっかりと入る。でも、何か物足りない…と感じた最近見た映画2本。 チャイルド・プレイ(字幕版) 発売日: 2019/11/20 メディア: Prime Video チャイルドプレイ 1980年代の前作に比べて、AI人形と化しているチャッキーなので、喋ったり動いたりが当たり前という設定が新鮮。昔のホラー現象が今や普通のこと。ひと昔前の人が現代を見たらホラーだらけだろう。江戸時代の人が見たらもはや狂気の世界でパニック。 主人公の少年は、引っ越したばかりの母子家庭。お母ちゃんは家の中でゲームばか…

  • 人生で見残さないでよかった「スキャナーズ」

    知らずに数十年たってしまった映画。カナダの映画ということもあるかもしれないし、80年代初期という時代もあるかもしれない。なんせ、80年代は他に見るものが多すぎた。 スキャナーズ リストア版 (字幕版) メディア: Prime Video 浮浪者のベイルは、客の食べ残したハンバーガーをむさぼり食っていた。それを見ていた近くの席の女性たちが露骨に非難の目を向けコソコソヒソヒソ。イラついた表情で鋭い視線を彼女たちに向けてしまったベイル。そのとたん、女性の1人が苦しみだし倒れ、もんどりうってもがき始めた。 拘束されることになったベイルは、ルース博士という人物と出会い、実は自分が強力な力を持つスキャナー…

  • ゾンビ映画は今見るとモヤモヤする

    ナースの仕事を終えて主人公は帰宅する。家には旦那さんがいて、イチャつきながら次の連休の話なんかをする。ごく当たり前の日々の一日。 しかし直後、主人公の隣で旦那は血だらけになって絶命する。そして主人公を襲う凶器に変貌する。 ドーン・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット [DVD] 発売日: 2020/01/17 メディア: DVD ゾンビ映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」の始まり。必死で逃げだした彼女は、同じ境遇で命からがら逃げだした人たちと遭遇し、ショッピングモールの中に立てこもる。 この映画は同名の名作のリメイクで、邦題では「ゾンビ」。日本にゾンビの存在を広く知らしめたこのオリジナルを、実…

  • 「ピッチ・ブラック」は暗闇の不安をあおってくる

    ヴィン・ディーゼルの出世作。 内容はズバリ「エイリアン」。エイリアンは宇宙船の中という狭いエリアなので、緊迫感がすごいが、こちらは無人の星という設定。しかし、自由に動き回れないネックがこの映画のポイントととして存在する。そのポイントとは、日の光の存在。 ピッチブラック [DVD] 発売日: 2014/08/06 メディア: DVD 宇宙定期船が事故により不時着し、そこに乗り合わせていたのは、年齢性別職業さまざまな人々。事故ですでに死んでしまった人もいて、残った客たちは9人。 不幸なことに、その星には暗闇に潜む恐ろしい生物が生息していた。ものすごいスピードで襲い掛かり、そのまま人間を食ってしまう…

  • 2人ともこのままカッコよく年とってね

    ようやく「バッド・ボーイズ」を フォーライフまで見終えることができた。 劇場で観たらさぞかし迫力満点で楽しいことだろうと思うけど。DVDでも十分幸せ。映画を見れる時間がとれたというだけでも幸せ。 バッドボーイズ フォー・ライフ (吹替版) 発売日: 2020/03/20 メディア: Prime Video とにかく何も考えずに楽しめる。壮絶なアクションとコメディの応酬は最新作まで変わりなくて、嬉しい。バッドボーイズ2が2003年の公開だから、恐ろしい月日がたっているのだけど、ウィル・スミスの若々しさはやっぱりすごいね。 マーティン・ローレンスの太っちょぶりには驚いたけど。正直、バッドボーイズ以…

  • セクシーなのにエロくない二人の女スパイ

    「レッドスパロー」と「アトミックブロンド」 どちらもR指定のこの映画。どんなにエロカッコイイんだろとワクワクして見た。 結果、男が喜ぶエロさは無い。 絶妙なプロポーションと美しさに見とれてしまう、その戦いぶりに目を見張る、仮面のような顔に隠したしたたかさに舌を巻く。 これはまさに女たちが喜ぶスパイ映画です。 レッド・スパロー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] 発売日: 2019/01/23 メディア: Blu-ray 「レッドスパロー」 公演中の事故でバレリーナの道を閉ざされたドミニカは、その美しさ故かレッドスパローになることを強要される。レッドスパローとは、ハニートラッ…

  • 久々に「怖っ…」と言葉が漏れ出たホラー

    最近、自分にとってホラーは、喜びながら、笑いながら見るものになりつつあった昨今。 久々に食い入るように見入ってしまった。 これはなかなかキタぞ。 ジェーン・ドウの解剖(字幕版) 発売日: 2017/10/04 メディア: Prime Video 解剖室という密閉された空間だけで、この映画のほとんどが終結する。 主要登場人物は二人。ベテラン検死官とその息子。 この二人と共に、見ているこちらも一体の死体と共にこの部屋に閉じ込められる。 あるアメリカの田舎町で一家三人が惨殺される事件が起きた。映画は無残な殺人現場を警察が調べる場面から始まるが、目をそむけたくなる遺体が散らばる中で、地下からなぜか半分…

  • 新人刑事の視点で「デンゼル・ワシントン」の恐さを味わう

    まったく別人の俳優さんが、頭の中でゴチャゴチャになり同一人物かしているという場合が時々ある。 私の場合、「デンゼル・ワシントン」と「ヴァン・ディーゼル」 全然違うだろ――と言われそう。確かにそう。「デ」の字がそれぞれ苗字と名前の頭についているという共通点とも言えない共通点。 だから顔を見たらわかるんですね。別人てことが。でも名前が頭の中でゴッチャなので、出演作がめちゃくちゃ混じってしまっていた。 「ワイルドスピード」に出てたの誰だっけ?って聞かれると、「デンゼル・ワシントン」「マルコムX」は?ってなると「デンゼル・ワシントン」だいたい基本全部「デンゼル・ワシントン」になってしまっていて、なぜか…

  • じいさんばあさんが怖すぎるホラー映画5選

    主役や中心人物である場合はなおさらのこと、一瞬しか出ないのに、その存在だけでものすごいインパクトを与えてくれるじーさんばーさんたちが、ホラー映画の中にはいる。 幽霊やゾンビよりも、場合によれば怖かったりする。幽霊やゾンビは不意打ちやヴィジアルの恐さで驚かせるが、じーさんばーさんは予想をくつがえす言動で見ているものを襲ってくる。 でもそういう怖さけっこう好きで。「ひえー😱」と1度は叫ばせてくれたじーさんばーさんたちを、思いつくまま並べてみました。 1. ヴィジット ヴィジット (字幕版) 発売日: 2016/02/25 メディア: Prime Video 真っ先に頭に浮かんだのがこの映画。 「シ…

  • 汚くて渋くて大人の男のスポコンコメディ

    なかなか見る機会がない映画というのがある。 若い時は映画雑誌とか買いあさってむさぼり読んで、情報集めをしていたが、今はそういうヒマも根性もなく、のんびりとした映画好きな毎日を送っていると、向こうから強制的に宣伝をしてくれないと知らないまま過ぎ去ってしまう映画も多い。 そんな時、まわりに映画好きな知り合いがいると「おすすめ」してくれるからひじょうにありがたい。 ミーン・マシーン [DVD] 発売日: 2012/11/22 メディア: DVD 「ミーン・マシン」のように、主演「ヴィニージョーンズ」誰だっけ? 「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」「スナッチ」のあの人って聞くと、「あー…

  • アメリカ版「学校の怪談」は「スケアリーストーリーズ」

    “禁じられたベストセラーの映画化” なんてことを公式ホームページに書かれていたりすると、見ないわけにはいかない。 スケアリーストーリーズ 怖い本 Blu-ray通常版 発売日: 2020/07/03 メディア: Blu-ray ハロウィンの夜、3人の仲良し少年少女たち(中学生?高校生?)は、いじめっ子にいつもの仕返し作戦を試みる。しかし返り討ちに合い逃げ惑っているところを、1人の青年(高校生?)に救われる。 彼らは意気投合し、町で幽霊屋敷として名高いべロウズ家を探検することに。そこで発見したのは、べロウズ家の娘サラが書いたとされる物語集。彼女は写真すら封印されるほど謎に包まれた存在だった。 物…

  • 「SPY スパイ」はカッコいい男たちが色あせる

    この映画の存在去年まで知らなかった。 日本未公開ということもあるのか、まったく自分の映画アンテナに引っかからなかった。 ジュードロウとジェイソンステイサムが共演しているスパイ映画なんて、絶対観ないと損でしょう! ということで見ました。 SPY/スパイ (字幕版) 発売日: 2016/07/20 メディア: Prime Video 正直、期待半分で、コメディを単純に楽しませてもらおうと思っていたのだけど、面白過ぎた。 ジェイソンステイサムのバカスパイ振りは最高だったし、ジュードロウのナルシストスパイもぴったりだったたけど、それを上回ったのが女たちのインパクト。 CIAの分析官で内勤業務だったスー…

  • 「マネーボール」でプロ野球に夢を見たい

    野球ファンとしては、やはり見ておかなければなるまい。 マネーボール [Blu-ray] 発売日: 2012/03/21 メディア: Blu-ray メジャーリーグが舞台の映画は明るく華やかな表舞台のぶっ飛んだ話が多いイメージだけど、これは地味な裏側の話。 メジャーリーグの中の極貧球団「アスレチックス」は、いい選手を育てても、金の力でどんどん有名球団に引き抜かれていく。 もはや貧乏球団が勝てる術はないと落胆していたジェネラルマネージャーのビリーは、“セイバーメトリクス”というデータ野球を取り入れてチーム作りを始める。 選手の評価を出塁率などのデーターで判断し、格安の選手たちを取り入れていく。必ず…

  • ドクタースリープで映画を2本みた気分

    2本の映画を合体させたような奇妙な構成で、評価が分かれるのもわかる気がする。 「シャイニング」の思い入れが激しい人、見たこと無い人、はるか昔に見たけどすっかり忘れちゃった人、だいたいそんな括りで評価が分かれがちだけど、これに関しては当てはまらない気がする。 ずばり、人による。 ドクター・スリープ ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/3枚組/ディレクターズカット ブルーレイ, ポストカード1枚付) [Blu-ray] 発売日: 2020/04/08 メディア: Blu-ray 前半でまず戸惑うのは、少年ダニーが持っていた“視える”という霊能的な能力の展開と、周りで繰り広げられていく化け物の跋扈…

  • 今更ながらバタリアンの意味を初めて知った。

    今でもゾンビ映画の名作やランキングとなると、かなりの頻度で登場する「バタリアン」。 バタリアン [DVD] 発売日: 2004/04/02 メディア: DVD “オバタリアン”という当時の流行語の元となったことでも有名。この映画を初めてテレビで見たのは、いくつの時だったのかはっきりしないのだけど、「面白かった」という印象だけは覚えていたので、いつかまた観ようと思いつつ、なかなか機会がなかった。 今回長くてヒマな連休にレンタル。人気映画は回ってこないこの時期だけど、バタリアンはさすがに速攻来たぜ。 人間の死体や動物の死体が新鮮なまま保存されている医療関係の会社。そこで働くことになったフレディは、…

  • 「甲賀忍法帖」の荒唐無稽で壮絶な忍者の魅力に酔う!

    「忍者!」「伝奇!」といえば“山田風太郎”といえるほど、現代の忍者像に影響を与えたその世界のパイオニア的存在。 しかし私自身は、山田氏のもう一つの世界である歴史もの、時代ものが好きなので、どっちかっていうとそちらの方に傾倒していて、忍者ものはさほど多く読んでいなかった。 「魔界転生」と「明治十手架」くらいなかあ。(もうこの2つは超ド級の面白さ!) で、今回数ある忍法帖シリーズの始まりにして傑作の「甲賀忍法帖」を読んだ。旅先で入ったいい感じの古本屋さんで見つけたもの。 ここんとこ面白くない本ばかりに当たっていたので、間違いのないものを読んで気分を盛り立てようと家の中の未読の積み上げ本から選んだの…

  • 殺されるバースデーを繰り返す…怖い設定なのにとにかく笑える

    「私的には『スクリーム』を並んだ」と勧められて見たホラー…?これはホラーというのかな。同じ1日を何度も繰り返すという設定は、SF。でもスクリームみたいな殺人鬼に追いかけまわされるから、やっぱりホラーかな。 ハッピー・デス・デイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] 発売日: 2020/06/24 メディア: Blu-ray すっぱりはっきり言ってしまうと、「すごく面白かった!」映画そのものの面白さという意味と、笑わせてもらえた面白さ。両方。 女子大生のツリーが、男子大学生カーターの部屋で目覚める朝から、物語は始まる。カーターのことはまったく記憶にない。昨晩酔っ払って転がりこん…

  • “ばあちゃんの場面”が一番怖かった

    とっても楽しみにしていた「IT THE END」 絶対面白いだろうと思っていたけど、予想どおり面白かった。 IT/イット THE END “それ"が見えたら、終わり。 ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/3枚組/ボーナス・ディスク付) [Blu-ray] 発売日: 2020/02/26 メディア: Blu-ray 前作にも増してペニーワイズの存在感がすごい。逆に言えば、ペニーワイズ無くしてはあり得ない。というか、「ビル・スカルスガルド」でなければあり得ない。あんなにカッコいいのに。 子供目線のドキドキ感なので、「ひゃーひゃー」言いながら見れるけど、「ひぃー」という怖さはない。ただ一箇所、何が…

  • もう1人の自分と遭遇してしまった彼女

    またなんとも薄気味の悪い映画だ。 アス (字幕版) 発売日: 2020/02/07 メディア: Prime Video 前作「ゲットアウト」は、“黒人”や“人種差別”というテーマが前面に押し出され、 それを刷り込まれてのホラーサスペンス、プラスのどんでん返しだった。 今回のテーマは“ドッペルゲンガー” もう一人の自分。 幼い頃、少女は遊園地のミラーハウスで自分と瓜二つの人間に出会ってしまう。 その時の恐怖がきっかけで、しばらく言葉を発することができなくなるというトラウマに。 物語は、彼女が成長した末に手に入れた幸せな家族の夏休みから始まる。 明るく優しいダンナ、ちょっと生意気な娘、まだまだ幼さ…

  • ペンタゴンペーパーズに見る壮絶なマスコミ

    コロナパニックのさ中、うちの母親は毎日ワイドショーばかり見ている。 始めの頃は、「怖いねえ~」レベルだったけど、日がたつにつれてコメントに変化が現れる。 「コロナは中国に生息している化け物から発生したらしいよ」 いったいどんな報道見てるんだか。 日を追うごとに熱を帯びてきて、「イタリアよりは日本は医療技術が優れているーー」みたいなことを電話で力説していた。 それを聞いたあとで、近所のスーパーにいったらおばちゃん2人が「イタリアの医療技術はーー」と母親と同じことを話していた。今日のワイドショーのテーマはそれだったんだなと思った。 段々「外に出るのが怖い」と言い出し、「買い物に行くのが怖い。食パン…

  • 「Summer of 84」は映画そのものがどんでん返し

    何を書いてもネタバレになりそう。 サマー・オブ・84(字幕版) 発売日: 2019/11/20 メディア: Prime Video これだけは言ってもいいと思うが、スカっと爽やかな気分で終わりたい人は絶対見ない方がいい。 けど、後味が悪いかというと、そんなこともないような気がする。「ヘレディタリー」なんかに比べればよっぽど普通。 題名からして、80年代を舞台にした少年たちの話。みなさん口コミでも書いていらっしゃるように、まず思い浮かべるのは「スタンドバイミー」。少年たちのキャラ設定を見ても完全なオマージュ。 Summer of 84 [DVD] 発売日: 2018/09/04 メディア: DV…

  • どこから化け物が出てくるかが見せ場「ポラロイド」

    コロナも怖いけど、花粉の方がもっと怖い。 せっかくなら三拍子揃えたいということで、映画も怖いのでいこう。 ポラロイド(字幕版) 発売日: 2020/01/08 メディア: Prime Video アンティークなポラロイドカメラを手にいれたカメラ好きの女子高生。 しかしそのポラロイドは呪われていて、写った人物が化け物に襲われて殺されてしまうという、極単純なストーリーの映画。 グロさがほしい人にこの映画は向かない。というのも血まみれでエグッたらしく横たわる被害者たちの画像が出てこないからだ。 誰が襲われるのかは、見ているこちら側はもう知っている。見せ場はそれぞれ被害者によって違う化け物の登場の仕方…

  • 見ず嫌いを克服「ブルースブラザース」は最高

    食わず嫌いとか、行かず嫌いとかいろいろあるけど、だいたいにおいて嫌いな理由というのは強いて無かったりする。 「どうせおいしくないに決まってる」とか「絶対つまんない場所だって」とか、まるで濡れ衣のような理由。 そのなかで、嫌いなヤツが好きだから、そいつごと嫌いになった。という理不尽な理由もある。名作「ブルースブラザース」は、自分にとってまさにそれだった。 だって、見たら必然的にそいつのこと思いだすとしたら嫌でしょ。 しかし記念すべき令和元年、ついに克服しました。 ブルース・ブラザース [DVD] 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル 発売日: 2012/04/13 メディア: DVD ……

  • 「アナベル死霊博物館」は怖いを通り越して楽しい!

    怖いという感情を通りこして、最近ではワクワクしてしまう死霊館シリーズ。 今回はそんなファンをキャッキャッと言わせてくれるお愉しみがたくさん盛り込まれていた。 当然アナベルは大活躍してくれてる。 呪怨のオマージュまで見せてくれる大サービス。 あの不気味を極めた顔が、かわいくさえ思えてくるわ。 アナベル 死霊博物館 ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray] 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 発売日: 2020/01/22 メディア: Blu-ray 劇中のテレビの画面に、本物のアナベルを連想させる人形が出てきて「おっ」と思わせてくれる。 本物のアナ…

  • けっこう面白かったB級ホラー「エアポート2018」

    飛行機の中という設定は、お金かからんだろうなあ。 しかも密室度満点だし、なんか予想外の出来事が起こった時の緊迫感はハンパない。 エアポート2018(字幕版) 発売日: 2018/08/07 メディア: Prime Video お金かかってなさそうなB級ホラー。 やたらしっかりしてる客室乗務員、やたらクセのありすぎる乗客たちという、ありがちな設定の飛行機に、怪奇現象が起こり始める。 奇妙な出来事に遭遇したり、化け物を目撃したりするのは、前半は一部の乗客だけなんだけど、中盤にさしかかるにつれて乗客たちは飛行機の中で怪奇現象が起こっていることを認識し始める。 で、とうとう化け物は堂々と乗客たち全員の…

  • 難解すぎる!でもカッコ良すぎる!

    あまりにもカッコ良い人が勢ぞろいなので見たのだけど、 あまりにも難しすぎる(;´∀`) 裏切りのサーカス スペシャル・プライス [Blu-ray] 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D) 発売日: 2014/12/02 メディア: Blu-ray 東西冷戦下の時代、ソ連との情報戦を繰り広げていたスパイたち、通称サーカスといわれるイギリスの秘密情報部。 その中に、「モグラ」と言われるソ連と通じるスパイがいるという情報がもたらされる。仲間の中にいるモグラの発見を命じられたのが、引退したスパイ「スマイリー」ことゲイリー・オールドマン。彼は様々な人たちを訪ね、話を聞き、モグラの存在を暴きだ…

  • 悲しいジェイソン・ステイサム

    アクション映画は元々見て楽しむ部分が多いので、 長々と聞かせるセリフを主人公がしゃべるというのは少ないと思う。ハードボイルドな人物だとよけいに口数が少ない。 闘うことが多いジェイソン・ステイサムは、必然的にそんなイメージが強いが、 悲壮感漂うこんな映画には、その寡黙さと眉間に寄せるシワが、より一層悲惨さを募らせる。 ハミングバード(字幕版)発売日: 2014/10/02メディア: Prime Video ジェイソン・ステイサムの映画ということで、 アクションを期待して見た人は、だいたいがっかりするみたいだ。 アクションが少ないだけでなく、この映画は暗い。そして重い。中東での戦士としての悲惨な経…

  • 今年のクリスマスはグレムリン2で

    今年のクリスマスは一人だったので、スパークリングワインをドン!とテーブルに置いて、テレビをつける。 グレムリン(字幕版) 発売日: 2014/07/01 メディア: Prime Video ケーブルでクリスマス前後にやっていたのは、グレムリンにダイハードてんこ盛り。クリスマスしてるじゃないかあ~と、嬉しくなって24日の「グレムリン2」を楽しむ。もうとにかくクリスマスにあの音楽を聴くだけで楽しくてしかたなくなる。嫌な気分をふっとばしてくれる。 一人のクリスマスは寂しいなんて、思うのは独身の頃だけ。結婚するとクリスマスに一人で過ごせるというのは、ものすごく贅沢な時間になる。 グレムリン 2 -新・…

  • ジャスミンの強さを出してくれてありがとう

    アラジンのアニメはテレビシリーズまで全部見た。 おなじみのキャラクターたち1人1人の、映画とはまた違った活躍ぶりが楽しい。 ジャフアー以外の悪役も個性的で面白かった。アラジンの大冒険~アラジン危機一髪~(日本語吹替版) [VHS]発売日: 1995/12/22メディア: VHS 中でも、1番印象的なのが、ジャスミンの強さだ。 アクションシーンはもちろんのこと、コミカルな側面や、ちょっとした意地悪や、ジャスミンの存在が非常に魅力的だった。ディズニーのプリンセスの中でジャスミンが1番好きなのも、きっとこのテレビシリーズのせいだと思う。 このシリーズを見た後で、アニメ映画を見ると正直物足りないくらい…

  • ほんとはこっちの題名の方が気に入ってる「THE NUN」

    あたりまえのことだけど、映画は映画館で見なければ と、思わせてくれた映画。 死霊館のシスター [DVD] 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 発売日: 2019/09/04 メディア: DVD この商品を含むブログを見る 加えて趣味の合う友達もなかなか側にいないので、 映画館が遠くなった。 「よし、この夏3本は映画館で見るぞ」と目標をたてたとして、 限られた予算なので、その3本をどれにするか選んで、迷って、悩んで、日程合わせしているうちに終わっていたりする。 結局もっぱらDVD鑑賞。 というわけで、これを観た時にそういう感想が出たのですね。 予告を何度もみてキャ…

  • 「デス・レース」のジェイソン・ステイサム

    ざ・アメリカ感炸裂のアクションは、予想通りで嬉しい。 デス・レース(字幕版) メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る ジェイソン・ステイサムを初めて観たのは、「スナッチ」だったので、その後のアクションステイサムが、始めはものすごく不思議だった。 でももうすっかり慣れて、名作だろうが駄作だろうが観るのが楽しみ。 今回もしっかりと筋肉見せつけられました。 ストーリーは極めて単純で、孤島の刑務所で行われている凶悪犯たちの生死をかけたカーレースに、無理やり参加させられるジェイソン・ステイサムの物語。 冒頭、仮面のレーサーが出てくるが、「声がおもいきりジェイソン・ステイサムやん」…

  • ネタバレも宣伝もコレなら許せる

    ちょくちょく見ていた映画サイトが、最近ネタバレばっかり載せだしたので、うんざりきて、ここんとこ見てない。 基本、先入観持たずに映画は観たいから、ネタバレどころかCMすら嫌な時がある。反面、「絶対観る!」と最初から決めてる映画が、テレビで宣伝されると「いよいよ来たー」と嬉しくなるけど。 DVDや映画館で流れる宣伝は、すごい。「これはおもしろそー」と思って、「……」となった映画の多いこと。明るそうで楽しそうだった予告映像が、実際見てみると救いようのない暗い内容だったりしたこともある。 「騙された…」という敗北感。つくづく予告映像の力って凄い メリー・ポピンズ リターンズ (字幕版) 発売日: 20…

  • 胸糞悪い秀逸ホラー映画

    「胸糞悪いホラー映画観ない?」 と誘われたので、基本胸糞悪いのは苦手なのだけど、ホラーなら観なければ、と思って観た。 ヘレディタリー 継承(字幕版) 発売日: 2019/04/10 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 評価が高いのが納得の気持ち悪さ。怖いというより気持ち悪い。 もう画面中に、爽やかさが微塵もない独特の雰囲気が立ち込めていて、最初っからホラー映画です!という空気感がすごい。 また登場人物に美男美女がいないのもすごい。普通悪と戦う人は美人だし、出てくる子供はやたら可愛い。それが見ていて救いになるが、この映画の場合、みんな気持ち悪い。 お嬢ちゃんも顔が怖い…

  • 絶対忘れてはいけない人アラン・チューリング

    アラン・チューリング博士が、イギリスのお札の紙幣になったそうで、「イミテーション・ゲーム」のファンとしては、喜ばしいニュース。 ベネディクト・カンバーバッチのはまり具合がすごかった。イメージの中ではベネディクト・カンバーバッチがお札になるような感覚。 イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(字幕版) 発売日: 2015/10/02 メディア: Prime Video この商品を含むブログ (3件) を見る アラン・チューリングは第二次大戦中に、解読不可能と言われたナチスの暗号“エグノマ”を解読したコンピューターの生みの親。近年まで国家機密とされていたチューリングとエグノマとの壮絶な…

  • 見たことない画像に驚き!「search(サーチ)」

    サスペンススリラー「これは面白い!」と久々に声を大にして言ってしまえる映画を見た。 search/サーチ [AmazonDVDコレクション] 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2019/09/04 メディア: DVD この商品を含むブログを見る 全部がパソコンの画面から成り立っているという珍しい…というか初めて見た映像。いつも見慣れてるGoogleの画面をこれほど客観的に見ることは無く、変な感じ…と共にものすごく新鮮。ものすごく不思議なサスペンススリラー。 妻を病気で亡くしたデビッド・キムは、16歳の娘マーゴットと二人暮らし。SNSでやりとりする一見仲良しの…

  • ジェイソン・ステイサム対サメ

    「評価あんまり高くないけど、ジェイソン・ステイサムがひたすらサメと戦う映画。見る?」 と、DVD鑑賞を誘われたので、 「それは見たいなあ」 と観た。 MEG ザ・モンスター [DVD] 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 発売日: 2019/06/12 メディア: DVD この商品を含むブログを見る 題名の「ザ・メグ」は、メガロドンという太古の昔に生息していたといわれる巨大サメ。 上海の海洋研究所で行われていた海底調査の探査艇が、巨大生物に襲われ破損。浮上できなくなる。 助けを求めたのが元レスキュー隊員テイラー(ジェイソン・ステイサム)。テイラーはかつての仕事で…

  • 「クワイエットプレイス」は面白くて疲れた

    疲れた~ こんなに疲れるホラー映画もめずらしい。 ホラーは割と気を抜けない場面と、フッとだらける時間もあって、それが交互に繰り返されて成立している。 しかし、このホラー、気を抜く瞬間が非常に少ない。 音を立てると殺されるという緊迫感は、ハンパない。 クワイエット・プレイス (字幕版) 発売日: 2019/01/09 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 登場人物は、パパママ子供たちのファミリー。それ以外はほぼ出てこない。 この家族が荒れ果てた町のスーパーを物色している場面から始まる。見ているこっちはいきなりの状況に放りこまれて、とまどいながらも成り行きを見守っていると…

  • ホラー漫画嫌いの子供が読んだ二つの名作

    変な習性があって、ホラー映画は全然平気なのに、ホラー小説とホラー漫画は苦手。 孔雀王 第2巻 作者: 荻野真 出版社/メーカー: サード・ライン 発売日: 2012/10/13 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 小説はまだしも、漫画だけがなぜか子供の時から吐き気すら覚えてしまうほどダメだった。 怖いというわけではないのに、どういうわけか。何かトラウマでもあるのかなと考えてみても、物心ついた頃からもうすでにダメだったから、よくわからない。 ただ、幼稚園か低学年の時に、どういういきさつか楳図かずお氏の恐怖漫画を友達が貸してくれて、あまりの恐ろしさにその本を触るのも嫌になった記…

  • 「ジェラシックワールド炎の王国」で考えさせられたこと

    「ジェラシックパーク炎の王国はイマイチらしいよ」という知人の意見を頭に入れつつ鑑賞。 とんでもない。面白いだろーが。 しかしイマイチというとらえ方わからなくもない。このお話はちょっと今までと違う。 恐竜の怖さ、可愛さをめいいっぱい単純に楽しめたこれまでのシリーズと違って、恐竜の悲哀を感じさせられるものだったから。イマイチというより戸惑いなのではないかな。 【チラシ付き、映画パンフレット】ジュラシック ワールド 炎の王国 J・A・バヨナ 監督 出版社/メーカー: ジュラシック ワールド メディア: この商品を含むブログを見る (ネタばれになります) 恐竜たちの生息する島が噴火する予兆に、人類の選…

  • アメリカを笑うイギリスアクション「キングスマン ゴールデンサークル」

    アメリカ007もミッションインポッシブルも、積極的に見ようと思わないスパイものだけど、このシリーズは大のお気に入り。 キングスマン: ゴールデン・サークル (字幕版) 発売日: 2018/03/14 メディア: Prime Video この商品を含むブログ (2件) を見る イギリスのスパイ機関キングスマンが、謎の組織ゴールデンサークルに壊滅させられた。幸運にも生き残った若手スパイエグジーとメカニックのスペシャリストマーリンは、親戚組織であるアメリカへと飛ぶ。 ということで、今回はアメリカが舞台。ゴールデンサークルは麻薬組織で、麻薬の中に毒を仕込んで世界中にバラまいていた。必ず死に至る毒である…

  • 主役でもないのに犬のインパクトが強すぎる映画3選

    犬がメインの映画は山ほどあります。犬って基本的にいいヤツが多いから、感動系になりますね。もちろん主役張って、文部省推薦映画になりやすい。 でも犬も猫も大好きな自分としては、逆に感動して泣きじゃくって、思いっきり後を引くのがしんどいので、わざと見なかったりするのも事実。実話なんかだったりするともう再起不能です。忠犬ハチ公やタロとジロなんて神話です。 そんな中、犬が出てくるとも知らずに見た映画で、予想以上に存在感をかもしだしている映画が時々あります。ストーリー覚えてないけど犬は覚えているとか。いっぱいあるのですが、その中でパッと閃いたものをとりあえず3つ挙げてみました。 メンインブラック メン・イ…

  • 「八つ墓村」のロケ地「満奇洞」を見てきた

    金田一シリーズはお気に入りで、DVDほぼ持っています。テレビバージョンも全部ではありませんが、(予算の都合で)好きな話だけは揃ってます。 去年の暮、テレビで「八つ墓村」を放映していました。借りようと思っていた矢先だったので、これはラッキー。持ってるんじゃないのかと言われそうですが、映画版八つ墓村は持っていないのです。 というのも、金田一シリーズの中でも市川崑監督作品が好きで、そこから優先的に買ったので、八つ墓は持っていないし、長いこと見ていない。なんで借りようと思っていたのかというと、去年暮れ、岡山県に旅行した折、八つ墓村のロケ地である場所へ行ったことに端を発します。 この物語は、落ち武者伝説…

  • 化け物そっちのけの怖さ「ディセント」

    化け物ホラー映画の場合、最後まで生き残るのが女というパターンが多いが、化け物と戦うのが全員女というのも珍しい。 【中古】ディセント 地下3000mの絶対恐怖 【DVD】/シャウナ・マクドナルドジャンル: CD・DVD・楽器 > DVD > 洋画 > ホラーショップ: ゲオマート楽天市場店価格: 1,460円 主人公サラは、交通事故で夫と子供を亡くす。これがまたホラーっぽい残虐な死に方。 打ちのめされて立ち直れないサラに、一年後友人たちから声がかかる。いっしょに“探検”しないかと。(確かサラたちは学生時代その手のクラブか何かの経験があったような気がする) 昔馴染みに初対面のメンバーを加え、六人で…

  • 男が見たくない女の裏面「シカゴ」

    ただでさえ男はミュージカルが苦手な割合が多いというのに、この映画ときたら女が少しも可愛くない。なんせ出てくる女のはほとんどは、男を殺した殺人犯たち。 【中古】シカゴ (2002) SP・ED 【DVD】/レニー・ゼルウィガージャンル: CD・DVD・楽器 > DVD > 洋画 > その他ショップ: ゲオマート楽天市場店価格: 609円 だからこそ小気味よい。冒頭、ヴェルマ(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)が、クラブで歌って踊る「オールザッツジャズ」をバッグに、ロキシー(レニー・ゼルウィガー)が、不倫相手をぶっ殺す場面から物語は始まる。 ヴェルマも実は旦那を撃ち殺した直後に、素知らぬ顔で歌って踊っ…

  • ピエロはなんでホラーキャラ?

    ピエロといえば不気味で怖いイメージが定着している感じですが、どっちかというと海外の方がそれが強いような。日本での印象もそこからの流れみたいな状況になっていったのではないでしょうか。 IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 [ ビル・スカルスガルド ]ジャンル: CD・DVD・楽器 > DVD > 洋画 > ホラーショップ: 楽天ブックス価格: 1,000円 ペニーワイズ オーバーヘッドマスク 大人用 ピエロ 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』ジャンル: おもちゃ・ホビー・ゲーム > パーティー・イベント用品・販促品 > コスチューム・変装 > 仮面ショップ: アメリカンコスチュ…

  • 怖すぎる二人「エスター」と「キャリー」

    ホラー映画を見てもあまり後を引かない方で、今晩眠れないなんてことはまず無い。しかしこの二人に出会った時は怖かった。彼女たちの顔が脳に張り付きましたね。 【中古】 キャリー /シシー・スペイセク,ジョン・トラヴォルタ,パイパー・ローリー,ブライアン・デ・パルマ,スティーヴン・キング 【中古】afbジャンル: CD・DVD・楽器 > DVD > 洋画 > その他ショップ: ブックオフオンライン楽天市場店価格: 1,086円 「キャリー」 ブライアン・デ・パルマ監督のファンだったのに、なぜかこれだけは最近まで見てなかった。ということで、リメイク版じゃない古い方。 ホラー映画は進化すると思っているから…

  • 「ユージュアル・サスペクツ」でどんでん返される

    最近みたどんでん返しの映画は「ピエロがお前を嘲笑う」で、ラストの「えー!?」の爽快感を味わわせてくれたが、先日見たこちらの映画もどんでん返しが売りだけあって、なかなかのものだった。 ユージュアル・サスペクツ [ スティーヴン・ボールドウィン ]ジャンル: CD・DVD・楽器 > DVD > 洋画 > ヒューマンショップ: 楽天ブックス価格: 1,000円 冒頭唐突にクライマックスから始まる。船の上で逃げまわり、とうとう追い詰められる男、そして拳銃を突き付ける顔の見えない謎の人物。追い詰められた男の側にはすでに死体が一つ転がっている。 覚悟を決めたかのようなやりとりの後、カメラは遠方からのカット…

  • インシディアス序章ではじまる怪談的ホラー

    インシディアス序章 前二作に続いての三作目になるが、物語はずっと以前にさかのぼる。霊能者エリーズがまだ、一人で仕事をしていた頃の話。 この作品で相棒のおまぬけ(ほとんど役にたたないけど、少しだけ役にたったり、暗さの中にいい空気を流してくれるからいないと困る)コンビと出会うという設定が楽しい。 インシディアス 序章 [ ダーモット・マローニー ]ジャンル: CD・DVD・楽器 > DVD > 洋画 > ホラーショップ: 楽天ブックス価格: 1,000円 亡くなった母と交信したいと、女子高生のクインがエリーズの元を訪れる。「ママが側にいるような気がする」と寂しげに言う彼女に同情したエリーズは、引退…

ブログリーダー」を活用して、kogomitabiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kogomitabiさん
ブログタイトル
もくれんの映画日記
フォロー
もくれんの映画日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用