chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ringin
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/11/22

1件〜100件

  • Sorry Madonna(マドンナ)

    皆さんこんにちはこんばんはRinです☺️✨ 今回はマドンナのSorryを紹介したいと思います! この曲は「Confessions On A Dance Floor」といったアルバムに収録されていて2ndシングルにもなっています💡 ダンスポップな感じの歌になっています☺️💕 聞きやすくて踊りやすい曲調です!

  • Irreplaceable Beyonce(ビヨンセ)

    皆さんこんにちはこんばんは!Rinです☺️✨ 今回はビヨンセのIrreplaceableを紹介したいと思います! ビヨンセの2作目のスタジオ・アルバム「B'Day」にこの曲は収録されています irreplaceableとは 〔特別な物・人など〕他のものと置き換えられない、代わりがきかない、かけがえのない、といった意味があります主人公の恋人が浮気をして、主人公が彼に対して別れを切り出す時に歌った曲になります

  • Cry Baby Janis Joplin (ジャニス・ジョプリン)

    皆さんこんにちはこんばんは!Rinです 今回紹介する曲は、ジャニス・ジョプリンのCry Babyになります☺️🎼🎤 ジャニス・ジョプリンは、アメリカのテキサス州出身の女性シンガーで 彼女にしか出せないハスキーで素晴らしい声を持ち、60年代後半から彼女は多くの支持者を得て音楽業界で活躍していました

  • My Prerogative Britney Spears(ブリトニー・スピアーズ)

    皆さんこんにちはこんばんはRinです 今回はブリちゃんのMy Prerogativeを紹介していきたいと思います💡🥰 Prerogativeという意味は、「特権」「権限」といった意味があります

  • Piece of my heart Janis Joplin (ジャニス・ジョプリン )

    皆さんこんにちはこんばんは!Rinです! 今回は私の大好きなアメリカ合衆国の1960年代後半から1970年前半にかけて活躍した、ジャニス・ジョプリンのpiece of my heart を紹介したいと思います 1970年前半といっても、彼女はアルコールや薬によって1970年10月4日に27歳という若さでなくなってしまいます

  • Too Much On My Mind The Kinks(ザ・キンクス)

    ザ・キンクスのToo Much On My Mindを紹介します!ノスタルジックなメロディーがとても美しいですよね ボーカルである、レイ・デイヴィスが精神的に患っていた時の、心の中を描いたものだと思います

  • Criminal Britney Spears(ブリトニー・スピアーズ)

    皆さんこんにちはこんばんは🙇‍♀️✨Rinです 今回は大好きなブリちゃん、ブリトニー・スピアーズの曲、criminal を紹介します criminal はFemme Fataleとといったアルバムに収録されています

  • Rosy Won't You Please Come Home The Kinks(ザ・キンクス)

    皆さんお久しぶりですRinです 昨年の9月から洋楽ボックスでの記事をなかなか投稿できないままでいましたその理由としては、昨年の9月に私が頸椎損傷といった症状になり、体のほとんどが動かなくなってしまって約半年間入院し 今は自宅にいるもののまだリハビリを続けている最中です😰😣💦 詳しいお話は私のもう一つのブログである世界へのDOORに書いてあるのでそちらを見てみて下さい🙇‍♀️💡↓

  • Beat It Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)

    マイケル・ジャクソンのBeat Itを紹介します!😊タイトルのBeat itとは立ち去れ!どこかへ行けよ!消えろ!といったような意味です。スリラーと同じく、マイケルの代表曲の1つですよね!

  • Good Vibrations The Beach Boys(ザ・ビーチ・ボーイズ)

    ビーチ・ボーイズのGood Vibrationsを紹介します!ビーチ・ボーイズを知らなくても、この曲は聴いたことある人多いのではないでしょうか?😊1966年に発表したシングルで、彼らにとってヒット曲のうちの一つです!

  • You Can Make It If You Try The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)

    ローリング・ストーンズのYou Can Make It If You Tryを紹介します!😊この曲はカバー曲で、元はGene Allison(ジーン・アリスン)の曲です!

  • Black Or White Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)

    マイケル・ジャクソンのBlack Or Whiteを紹介します!この曲はマイケルのアルバム「Dangerous」に収録されています。有名子役であったマコーレー・カルキンもこのMVに出演しています!😊

  • Dizzy Miss Lizzy The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのDizzy Miss Lizzyを紹介します!😊これはカバー曲で、Larry Williams(ラリー・ウィリアムズ)の曲になります!

  • Mr. Saxobeat Alexandra Stan(アレクサンドラ・スタン)

    アレクサンドラ・スタンのMr.Saxobeatを紹介します!個人的にこの曲が出た頃、毎日のように聴いていました!何か中毒性があるんですよね!^^;❤歌詞の内容はセクシーな女性、(MVではアレクサンドラ・スタンが❤)MVで警官をたぶらかすシーンがあるのですが、綺麗でセクシーな彼女に誘惑されたらそりゃ理性抑えられないですよね^^;笑!

  • My Melancholy Blues Queen(クイーン)

    クイーンのMy Melancholy Bluesを紹介します!😊フレディがこの曲で挑むのはジャズです。フレディの甘い歌い方とは対照的に歌詞は辛辣な内容です。

  • A Thousand Miles Vanessa Carlton(ヴァネッサ・カールトン)

    ヴァネッサ・カールトンのA Thousand Milesを紹介します!😊この曲は、彼女の1srアルバムである「Be Not Nobady」に収録されています。美しいピアノのメロディーが特徴的です!ヴァネッサの声もきれいで好きです❤

  • Can I Get a Witness The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)

    ローリング・ストーンズのCan I Get a Witnessを紹介します!カバー曲になります。アップテンポで聴いていて楽しくなってきます😊

  • The Real Slim Shady Eminem(エミネム)

    エミネムのThe Real Slim Shadyを紹介します!😊この曲、エミネムの曲のなかでも結構お下品な言葉が沢山出てくるので、そういうのが好きではない方はあまり見ないほうがいいかもです^^;💦

  • Yesterday The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのYesterdayを紹介します!😊ビートルズのなかでも有名な曲の1つですよね!私は中1の時に英語の授業で初めてこのYesterdayを聴きました!(英語の先生がビートルズ大好きだったのもあって(*^^*))世界で最もカバーされた曲としても知られていますよね!

  • Hung Up Madonna(マドンナ)

    マドンナのHung Upを紹介します!😊ちょうど私が小学生だった時に、母親がこのHung Upが入っているマドンナのアルバムを購入していて、車でよくかかっていたのを思い出します!(*^^*)マイケルやマドンナは私のちょうど20代の時世代でよく聴いていたそうで!

  • It's Late Queen(クイーン)

    クイーンのIt's lateを紹介します!😊ブライアンが作った曲です!この曲は戯曲になぞらえた3つの章で構成されていて、男女の起承転結を描いたストーリー仕立てです。

  • The Way I Am Eminem(エミネム)

    エミネムのThe Way I Amを紹介します!「俺は俺自身なんだからほっといてくれ!!」と完全に恨みつらみ、世間に対しての鬱憤をラップにしています^^;💦当時この曲を出した時は人気の絶頂期でもあったので、色々エミネム自身もストレスや苛立ちがあったのかなあと思います・・・。

  • Vega-Tables The Beach Boys(ザ・ビーチ・ボーイズ)

    ビーチ・ボーイズのVega-Tablesを紹介します!この曲が作られた当時、ブライアンは健康食品などにハマっていたそうで、そんな思いが反映された曲となっています😊

  • The Fox(What Does the Fox Say?) Ylvis(イルヴィス)

    イルヴィスのThe Foxを紹介します!😊ちょうどこの曲が出た頃、アメリカに留学していたので、留学生の友達のある男の子がこの曲聴いてみてよ!と言って、聞いたのですがなかなか個性的な、良い意味でただ単にMVを見て楽しめるような、そんな曲です笑!^^;

  • I've Just Seen A Face The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのI've Just Seen A Faceを紹介します!邦題は「夢の人」です!😊レノン・マッカートニー名義になっていますが、ポールによって書かれた曲です。カントリー調のとても聞きやすい曲だなあと最初聴いて思いました!

  • Domino Jessie J(ジェシー・J)

    ジェシー・JのDominoを紹介します!😊個人的にジェシー・Jは歌唱力があるなあと思います!

  • Tell Me What You See The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのTell Me What You Seeを紹介します!😊

  • Your Song Elton John(エルトン・ジョン)

    エルトン・ジョンのYour Songを紹介します😊!この曲はエルトン・ジョンの代表曲といってもいいのではないでしょうか?個人的にゆったりとした甘い旋律が好きです❤この曲は2ndアルバム「Elton John」に収録されているます。

  • Bad Michael Jackson (マイケル・ジャクソン)

    マイケル・ジャクソンのBadを紹介します!😊アルバムBadに収録されています!MVのなかで、マイケルが踊っている地下鉄駅構内のシーンは、ブルックリンにある ホイト-スカーマーホーン・ストリーツ駅 で撮影されたそうです(*^^*)

  • Surf's Up The Beach Boys(ビーチ・ボーイズ)

    ビーチ・ボーイズのSurf's Upを紹介します😊!既成のロックの枠組みを大きく逸脱した、流麗でクラシカルなメロディで聞いててウットリしてしまいます^^;!

  • I'm A King Bee The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)

    ローリング・ストーンズのI'm A King Beeを紹介します!😊この曲はカバー曲で、元はルイジアナ・ブルースの第一人者であるスリム・ハーポが1957年に収録した作品です!

  • Telephone Lady Gaga ft. Beyonce(レディーガガ&ビヨンセ)

    レディーガガ&ビヨンセのTelephoneを紹介します!ガガの2枚目のアルバムであるThe Fame Monsterに収録されています。元々はガガは、この曲をブリトニー・スピアーズ、ブリちゃんのために書いたそうです。

  • Little By Little The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)

    ローリング・ストーンズのLittle By Littleを紹介します!😊

  • Wonderful The Beach Boys(ビーチ・ボーイズ)

    ビーチ・ボーイズのWonderfulを紹介します!

  • Who Needs you Queen(クイーン)

    クイーンのWho Needs youを紹介します! ジョンが作った曲です!😊リゾートミュージックですね❤緩やかな感じの曲調が聞いていて心地良いです!ジョンが作りそうな歌だなあと思います。

  • Pon de Replay Rihanna (リアーナ)

    リアーナのPon de Replayを紹介します!😊驚くことに、このときのリアーナは何と17歳です!10代にも関わらずセクシーな雰囲気もありますし、歌唱力もありますよね!リアーナのデビューアルバムでもあるMusic of the Sunに収録されています!

  • You Like Me Too Much The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのYou Like Me Too Muchを紹介します!😊この曲はジョージが作りました!

  • Who Knew Eminem(エミネム)

    エミネムのWho Knewを紹介します!この歌詞の内容は、エミネムは非常に汚くて罵るような言葉を使って曲を作ってるけれども、子どもたちや誰かに悪い影響を与えてるのが俺のせいなんて、知ったことかよ!といった歌です^^;💦

  • It's Only Love The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのIt's Only Loveを紹介します!😊この曲は1965年8月6日に発売された5作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ヘルプ!』に収録されています!レノン=マッカートニー名義となってますが、実質的にはジョンよって書かれた楽曲で、リード・ボーカルもジョンです!

  • Sleeping On The Sidewalk Queen(クイーン)

    クイーンのSleeping On The Sidewalkを紹介します!この曲はクイーンの看板でもあるオーヴァーダビングを一切してない一発録音の曲です。

  • Honest I Do The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)

    ローリング・ストーンズのHonest I Doを紹介します!😊元はジミー・リードによる楽曲で、それをストーンズがカバーしています!ゆったりとしたテンポが特徴的です!

  • Cabin Essence The Beach Boys(ビーチ・ボーイズ)

    ビーチ・ボーイズのCabin Essenceを紹介します!バンジョーとドウィンドウィンといったコーラスに彩られた「ホーム・オン・ザ・レインジ」と呼ばれる美しくノスタルジックなAメロ部分と、「フー・ラン・ジ・アイアン・ホース」という重厚な3拍子の部分と 「ハヴ・ユー・シーン・ザ・グランド・クーリー・ダム」といった聖歌風のコーラスパートからなる、かなり複雑な構成の曲になっています!😊 アメリカの開拓時代を象徴する楽曲です。 リリース日:1969年2月10日 [Verse 1]Light the lamp and fire mellowCabin essence timely helloWelcom…

  • Act Naturally The Beatles (ビートルズ)

    ビートルズのAct Naturallyを紹介します!😊この曲はジョニー・ラッセルとヴォニ・モリソンによって書かれた楽曲です。1963年にバック・オウエンズとバッカーズによってレコーディングされました。つまりこの曲はビートルズがカバーした曲になります!

  • Stan Eminem ft. Dido (エミネムフィーチャリングディド)

    エミネムのStanを紹介します!あまりにもエミネムに固執しているStanというファンが、エミネムに対して手紙を書くのですが、段々と気持ちや感情といったものが抑えられず、最後にはStanの彼女(ここではDido)を連れて最後には死んでしまう、、何だか悲しい歌です。

  • Get Down, Make Love Queen(クイーン)

    クイーンのGet Down,Make Loveを紹介します!😊これまでフレディ楽曲においてのセクシャル表現はあくまでも比喩程度に留められていました。ところはこの曲では卑猥なワードを直接的に並べ立てて、英語圏の女性ファンを赤面させたと言われています💦^^;間奏のサイケデリックなサウンドは当時クイーンが遂にシンセ導入したのか!と騒がれていたのですが、これはブライアンがハーモナイザーといったエフェクターを使って作り出したサウンドです!

  • Don't stop the music Rihanna(リアーナ)

    リアーナのDon't stop the musicを紹介します! 😊リアーナって色々と髪色変えるイメージがあるのですが、このときの髪型が個人的にとても好きです!何よりセクシーですよね❤(*^^*)

  • Not Fade Away The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)

    ローリング・ストーンズのNot Fade Awayを紹介します!この曲はバディ・ホリーが1957年にクリケッツ名義の「Oh Boy」のB面として発表したナンバーです。1964年この曲をストーンズが歌って、イギリスでは大ヒットとなリました!

  • I Looked At You The Doors(ドアーズ)

    ドアーズのI Looked At Youを紹介します😊!私の洋楽ボックスの読者さんなら既に知っていると思うのですが、私はドアーズが大好きで特にそのヴォーカリストであるジム・モリソンが大好きです!(*^^*)

  • Fight From The Inside Queen(クイーン)

    クイーンのFight From The Insideを紹介します!😊ロジャー作品の曲です!この曲ではほとんどの楽器の演奏にヴォーカル、コーラスまでをロジャー1人で賄いました。実質ロジャーのソロ作品といってもいいかもしれません。当時大流行していたパンク・ロックのアーティストたちに向けて書いたと言われています。

  • Ticket To Ride The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのTicket To Rideを紹介します!😊5thアルバム「Help!」に収録されています。これまでのビートルズの曲は、2分少しの短い曲が多かったのですが、この曲が初めて3分を超えた曲だそうです。彼女は乗車券を手に彼の元を去ろうとしているのですが、それに対してその女性に未練が多いのが歌詞の内容から伝わってきます。

  • This Love Maroon5(マルーン5)

    マルーン5のThis Loveを紹介します😊!恋愛について歌っていますが、この男性の主人公は自分勝手というか、何度も主人公に対して「さよなら」といって居なくなってしまう彼女について歌っています💦^^;

  • Teenage Dream Katy Perry(ケイティ・ペリー)

    ケイティ・ペリーのTeenage Dreamを紹介します!😊 2010年の曲で、ケイティの3rdアルバムであるTeenage Dreamに収録されています!

  • You're Going To Lose That Girl The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのYou're Going To Lose That Girlを紹介します!邦題は恋のアドバイスです。1965年に公開されたビートルズの主演映画『ヘルプ!4人はアイドル』でもこの曲は使用されています!レノン=マッカートニーの作品ですが、ジョンがポールの協力のもと、曲の大半を書いたとされています。

  • Heroes And Villains The Beach Boys(ビーチ・ボーイズ)

    ビーチ・ボーイズのHeroes And Villainsを紹介します!😊アメリカの先住民であるネイティブ・アメリカン、それえを制圧したスパニッシュ・・・。どちらが英雄でちらが悪魔なのか?そんな問いかけも聞き取ることができる曲です。個人的に名曲だと思います!

  • All I Really Want To Do Cher (シェール)

    シェールのAll I Really Want To Doを紹介します!この曲を作ったのはボブ・ディランですが、シェールのデビュー曲でもあります。シェールの曲として和訳しているので、主語は俺ではなく私にしています!😊

  • Going to California Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)

    レッド・ツェッペリンのGoing to Californiaを紹介します! 歌詞の内容的にはカリフォルニアに行けば、自分の理想の女性に会えると想っている男性が主人公の歌です。

  • Spread Your Wings Queen(クイーン)

    クイーンのSpread Your Wingsを紹介します!😊この曲はジョンが作りました。アメリカ人が好みそうなサクセスストーリーが歌詞に盛り込まれていて、さらに曲中の主人公の名前のサミーですが、これはアンクル・サム(アメリカを擬人化したキャラクター)の通称です!

  • All Dead, All Dead Queen(クイーン)

    クイーンのAll Dead,All Deadを紹介します!この曲はブライアンが子どもの頃にかわいがっていた猫の死を悼んで書かれた曲です。そのため、MVにも猫が出てきます。リードヴォーカルとピアノはブライアンが担当して、フレディはコーラスで参加しました。

  • Another Girl The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのAnother Girlを紹介します!😊1965年に発売された5作目のオリジナル・アルバム『ヘルプ!』に収録されています。ビートルズ主演の映画『ヘルプ!4人はアイドル』でもこの曲は使用されています。レノン=マッカートニー名義ですが、ポールによって書かれました!

  • Girlfriend Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)

    アヴリル・ラヴィーンのGirlfriendを紹介します😊!この曲はアヴリルといったらこれ!といったらいいくらい流行りましたよね!軽快でノリのいいサウンドで、多くの人に受け入れやすい曲調だからかなあと思います!

  • I Need You The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのI Need Youを紹介します!この曲は1965年に発売されたヘルプ!のアルバムに収録されています。この曲を作ったのはジョージです。ジョージの妻であるパティ・ボイドに向けて書かれました。ちなみに私はパティ・ボイドの大ファンです❤😊日本人が好みそうな外人女性の顔だなあといつも見ていて思います!

  • Sheer Heart Attack Queen(クイーン)

    クイーンのSheer Heart Attackを紹介します!当時の英国はセックス・ピストルズなどのパンクムーブメントでしたが、この曲はクイーン流のパンクナンバーとも言えるかもしれません。ロジャーの曲です。聞いていてロジャーっぽいなあと思います!

  • You've Got To Hide Your Love Away The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのYou've Got To Hide Your Love Awayを紹介します!この曲はビートルズのアルバムHelp!に収録されています。レノン・マッカートニー名義ですが、実際はジョンの作品です。私、最初にこの曲聞いた時、ボブ・ディランが頭に出てきました。曲調とか歌詞の内容とか^^;💦ですが、思ったとおりジョンはボブ・ディランに影響されて実際にこの曲を作ったそうです。

  • Babe I'm Gonna Leave You Led Zeppelin (レッド・ツェッペリン)

    レッド・ツェッペリンのBabe I'm Gonna Leave Youを紹介します!離れたくないけれど、何か色々な理由があって愛する女性のもとを離れるといった曲です。ロバート・プラントの歌い方が好きです!愛する人の元を去らなければいけない苦しみなどが伝わってきます。

  • Like I Love You Justin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)

    ジャスティン・ティンバーレイクのLike I Love Youを紹介します!イン・シンクからジャスティンがソロデビューを果たした、2002年の1stアルバム「ジャスティファイド(Justified)」に収録されています。この頃のジャスティンイケメンですよね!❤ちなみに私自身、ジャスティンを知ったのもこの曲かもしれません。その後にイン・シンクの存在を知った気がする・・・^^;笑

  • We Are The Champion Queen(クイーン)

    クイーンのWe Are The Championを紹介します!😊この曲もクイーンのなかでは有名な曲ですよね!この曲の原型は1975年の初訪日公園の大成功に興奮したフレディが、帰国する飛行機のなかで書いたと言われています。

  • I Kissed A Girl  Katy Perry(ケイティ・ペリー)

    ケイティ・ペリーのI Kissed A Girlを紹介します!この曲のタイトルを女の子にキスしたの、になりますが、主人公は別にレズビアンなどの女性ではないと思います。ただ、軽い気持ちで女の子にキスをしたら思いのほかたまらなくなって、最高!といった感じでしょう^^;結構過激な歌詞だなあと思います💦

  • The House Of The Rising Sun The Animals(アニマルズ)

    アニマルズのThe House Of The Rising Sunを紹介します!この曲はカバー曲なのですが、私自身はアニマルズが歌っているのを聞いて初めてこの曲を知りました。

  • The Night Before The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのThe Night Beforeを紹介します!😊タイトルのオリジナル和訳は「昨日の夜のこと」になります。レノン=マッカートニー名義となっているが、ポールによって書かれた曲です。

  • POP nsync(イン・シンク)

    イン・シンクのPOPを紹介します!😊この曲私がちょうど小学生の時に、母親が色々な2000年代の今流行りの洋楽アルバムをレンタルして聞いていて、このイン・シンクのPOPが1番目に入っていて、印象に残っているのを覚えています!今はそれほどでもないですが、笑、当時はジャスティンがタイプでした!(*^_^*)

  • We Will Rock You Queen(クイーン)

    クイーンのWe Will Rock Youを紹介します!😊この曲は有名ですよね!元々この曲が作られたきっかけは、1977年5月29日、英・スタッフォード公演でした。アンコール前にバンドがステージに上るのを待っている間、観客全員が手拍子をしながら「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン」(ミュージカルの名曲で、サッカーのサポーターがスタジアムで合唱することで知られている)

  • Stand By Me Ben E. King(ベンE.キング)

    ベンE.キングのStand By Meを紹介します! この曲聞くと映画の名作とも言われるスタンド・バイ・ミーが出てきて、自然とうるっときてしまいます。僕のそばにいてほしい、近くにいてほしいんだといった願望がこの曲には込められています。名曲だと思います!

  • Help! The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのHelp!を紹介します😊!ビートルズあまり詳しくない方でも、この曲は必ず耳にしたことがあるはずです!この曲はアルバムHelp!に収録されていて、タイトルの邦題は「そばへ」です。比較的ポップで愉快な曲となっていますが、ここではタイトル通り誰かに対して助けを求めています。この頃ビートルズは世界からスーパースター扱いされ、そういった重圧からジョンがこの曲を作ったものといわれています。MVのリンゴが最後尾で傘を持っている姿が個人的に好きです(*^_^*)笑!

  • Naughty Girl Beyonce(ビヨンセ)

    ビヨンセのNaughty Girlを紹介します!naughtyにはいたずらな、といった意味があります。今夜はいたずらな女の子になって、あなたのことをとことん愛してあげるわといったような、女性が男性に対して上からの目線で歌っているような曲だと思います。MVでもみてて思いますが、ビヨンセはセクシーですよね!❤(*^_^*)

  • When You’re Gone Avril Lavigne (アヴリル・ラヴィーン)

    アヴリル・ラヴィーンのWhen You're Goneを紹介します!😊この曲の内容は愛していた人と別れた、もしくは別れざるを得なかった主人公の心の悲しみや絶望といったものを描いている悲しい歌です。

  • Teo Torriatte (Let Us Cling Together) Queen (クイーン)

    クイーンのTeo Torriatte (Let Us Cling Together) を紹介します!😊 この曲はクイーンの曲で日本語が使われている曲です!手をとりあってといったタイトルになっていますよね。こういった日本語曲を作るといった構想は1975年の帰国後には考えていたらしいです。曲中で使われているのは、日本独自のペンタトニック・スケール(5音階)です。教会の厳かな賛美歌のように聴こえるこの曲に、私達日本人が懐かしさを感じるといったことはこのペンタトニック・スケールが使われているからともいえるでしょう。 フレディは慣れない日本語詞の暗記に苦労して、本番ではブライアンの弾くピアノの横に歌詞を…

  • Drowse Queen (クイーン)

    クイーンのDrowseを紹介します!😊ロジャーの曲です!これまでは女性や自動車といったものがキーワードとして登場する少々青臭いような歌詞を書いてきたロジャーですが、この曲では韻を踏んだ美しい言葉を散りばめて、現在から過去を振り返る・・・といった曲になっています。 また、ロジャーの今までの曲はビートやエッジを強調したロックンロールスタイルの曲ばかりでしたが、この曲ではミディアム・テンポでメロディアスです。フィル・スペクターのようなウォール・オブ・サウンドまで取り入れています!

  • Touch Me  The Doors(ドアーズ)

    ドアーズのTouch Meを紹介します!私自身ジムの容姿から内面、パフォーマンスに至るまで全て好きなので、毎回ジムが歌っている姿を見るとカリスマというか、本当に才能あるシンガーだなと思います(*^_^*)❤実際、ドアーズが好きすぎて部屋にはドアーズのポスターが2枚大きく貼られています笑❤

  • Everybody's Trying To Be My Baby The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのEverybody's Trying To Be My Babyを紹介したいと思います!邦題のタイトルは「誰もが僕を求めて」です。この曲はカバー曲で、元はアメリカのロカビリーミュージシャンであるカール・パーキンスの曲です。リードヴォーカルは、ジョージ・ハリスンです!😊

  • Good Old Fashioned Lover Boy Queen(クイーン)

    クイーンのGood Old Fashioned Lover Boy を紹介します!😊完全にフレディが作った曲とわかるぐらいわかりやすい曲ですね!❤ミュージックホール/ヴォードヴィル系統の音楽を愛するフレディが、今回の曲で選んだのはラグタイムです。本作でフレディはスコットジョップリンばりの軽快なホンキートンク調のピアノを弾いて、ブライアンもジャズコンボ風のギターでラグタイム・スタイルに華をそえました!

  • What You're Doing The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのWhat You're Doingを紹介します!😊タイトルのオリジナル和訳は「どうするつもり?」になります。1964年に発売された4作目のオリジナル・アルバム『ビートルズ・フォー・セール』に収録されています。レノン=マッカートニー名義となっていますが、実質はポールによって書かれました

  • Crazy in Love ft.JAY Z Beyonce(ビヨンセ)

    ビヨンセのCrazy in Loveを紹介します!ビヨンセといえばやっぱりこの曲!と思う人もいるのでは?共演しているのはラッパーのJAY Zです!ヒップホップ界のキングとも言われていて、現在はビヨンセの旦那さんです!大物同士の結婚は当時私もびっくりしました!💦

  • White Man Queen(クイーン)

    クイーンのWhite Manを紹介します!😊ブライアンが作った曲です! 西洋文明に侵されたネイティブ・アメリカンの苦境をテーマに書かれた政治色強いメッセージソングです。白人であるブライアンが怒りを込めて書いているのですが、歌詞の中に登場するred man=ネイティブ・アメリカンには差別的な意味合いが含まれるため、言葉選びには少々甘かったかなあと思います^^;💦

  • Thriller Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)

    マイケル・ジャクソンのThrillerを紹介します!マイケルのスリラーのMVは有名なので一回は見たことあるのでは?と思います!😊マイケルがスターだと感じさせる曲とMVだと思います。私の母親がちょうど80年代に20代だったので、よくこのMVを見ていたと言っていました!MVの先駆けがマイケルかなと思います。MVを曲のおまけとしてではなく、MV単体で作品を作ってしまうという、、、!(*^_^*)何もかもにおいて天才ですね!

  • I Don't Want To Spoil the Party  The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのI Don't Want To Spoil the Partyを紹介します!タイトルの“I Don’t Want to Spoil the Party“は、「パーティを台無しにしたくない」という意味です。約束していた女性がパーティ会場に現れなくて主人公は落ち込んでいます。ただそういった落ち込んだ姿を周りに見せてパーティーを台無しにしたくないのでパーティ会場から出ていくといった内容になっています。

  • Smooth Criminal Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)

    マイケル・ジャクソンのSmooth Criminalを紹介します!😊マイケルの曲のなかでも、この曲は有名で、私もこの曲大好きです!❤実はこの曲のタイトル、最初はChicago1945といった名前で制作されていたそうですが、後にAl Caponeに変わり、最終的にSmooth Criminalに変わったそうです! マイケルといえばMVが有名ですが、今回のMVもカッコいいです!(*^_^*)

  • Blank Space Taylor Swift(テイラー・スウィフト)

    テイラー・スウィフトのBlank Spaceを紹介します😊!この曲はテイラーの曲のなかでも有名ですよね!MVの撮影場所はマンハッタン近郊ロングアイランド島にあるオヒカ城で撮影されています。この曲は、メディアへの当てつけとして書かれた曲かと思います💦というのも、テイラーは恋愛関連では色々な有名な男性と噂が流れ、そういったことをメディアは面白おかしく取り上げてきました。Blank Spaceは男遊びを繰り返している→テイラー自身の頭がからっぽといったイメージをメディアが作り上げたとメディアを非難しています。 テイラー自身も確かに男性をコロコロ変えるイメージが多いですが、^^;本人は「私は遊んでるつ…

  • Somebody To Love Queen(クイーン)

    クイーンのSomebody To Loveを紹介します😊!この曲はフレディが敬愛してやまないアレサ・フランクリンの影響を受けて書かれました!クイーン初のゴスペル曲ですね!(*^_^*)たった3人でボヘミアン・ラプソディの重厚なオペラコーラスを作り上げた彼らが、この曲ではゴスペル合唱団に挑戦しています。前回同様、録音に録音を重ねて、100人規模の大合唱隊を作り上げました!曲調自体はゴスペルですが、ブライアンのカッティング・ギターやドライヴ感あふれるソロが加わることによって、ハードロック要素も絶妙にブレンドされました。

  • Kill You Eminem(エミネム)

    エミネムのKill Youを紹介します!エミネムの初期の頃の曲ですね!中学の時とかよく聞いていたなあと思います^^;エミネムのおかげといっていいのか、英語の汚い言葉を色々覚えて笑💦今回のKill Youもかなら過激な歌詞になっています。(過激な表現が嫌いな方は、この記事は見ないほうがいいかなあと思います^^;!)

  • I'm With You Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)

    アヴリル・ラヴィーンのI'm With Youを紹介します! この曲はアルバム、"Let Go"に収録されている楽曲です。I'm with youはあなたと一緒にいる、という意味ですが、歌詞の内容を見てみるとハッピーなラブソングではないことがわかります。この曲の主人公は孤独で辛くて、「誰だっていいから、私といてくれるなら一緒についていく」といった、若者が感じる孤独をテーマにした繊細で今にも壊れてしまいそうな内容になっています。

  • Every Little Thing The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのEvery Little Thingを紹介します!この曲は4枚目のオリジナルアルバム『ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)』に収録されています。リード・ヴォーカルはジョンです!ちなみに、ジョージのギターを入れる際、ジョージが寝坊してしまって遅刻したので、代わりとしてジョンがジョージのパートを演奏していると言われています。そのために、ビートルズで初めてメンバー全員が揃わずに録音された最初の曲とよく言われています!

  • Don't Tell Me Avril Lavigne (アヴリル・ラヴィーン)

    アヴリル・ラヴィーンのDon't Tell Meを紹介します!ドント テル ミーはアヴリルのアルバム、"Under My Skin"に収録されている楽曲です。この頃の曲って個人的に懐かしいなあと思います😊確か中高の頃よくこの曲が収録されていたアルバム聞いていた気がします!主人公はある男性に対してイライラが募ってそれをさらけ出しています。その男性なんかといるより、1人の方がマシ・・・!そんな内容になっています。

  • Five to One The Doors(ドアーズ)

    ドアーズのFive to Oneを紹介します!😊

  • You And I Queen(クイーン)

    クイーンのYou And Iを紹介します!😊この前に作った「マイ・ベスト・フレンド」でソングライターとしての才能を開花させたジョン・ディーコンの作品です!本アルバムは大作ばかりなのでいまいち目立ちにくい曲ですが、軽やかで聞いていてとても明るい気持ちになってきます(*^_^*)

  • Space Oddity David Bowie(デヴィッド・ボウイ)

    デヴィッド・ボウイのSpace Oddityを紹介します!😊「スペイス・オディティ」はデヴィッド・ボウイが1969年に発表した楽曲です。ボウイの初期の代表曲の1つですね!曲のなかに、トム少佐という人物が出てきますが、これはボウイが創り出した架空に人物です。

  • Honey Don't The Beatles(ビートルズ)

    ビートルズのHoney Don'tを紹介します!リンゴ・スターが歌っていますね!タイトルのオリジナル和訳は「ダメだよ、そんなことしちゃ」になります。Honeyの意味は、彼女や愛おしい人といった意味で使われています。

  • America Simon & Garfunkel(サイモン・ガーファンクル)

    サイモン&ガーファンクルのAmericaを紹介します!歌詞の内容は1960年代半ばのアメリカ人の喪失感というものを歌っていると言われています。60年代は、ベトナム戦争、人種差別など様々な問題を抱えていて、アメリカ人がそれまでの自分のあり方、考え方、信じるものに疑問を感じている時期でした。そういったアメリカ人の自分自身を見つめ直すために、道を見つけたいといった思いをバスに乗って確かめて探したいということを、恋人同士に託して表されています。

  • Yes, the River Knows The Doors(ドアーズ)

    ドアーズのYes, the River Knowsを紹介します!😊イエス・リヴァー・ノウズはドアーズの3rdアルバムに収録されている曲です。

  • Millionaire waltz Queen(クイーン)

    クイーンのMillionaire waltzを紹介します!この曲はフレディが作りました!映画のボヘミアン・ラプソディにも登場したマネージャー、ジョン・リードのことを歌っています。これまでミュージックホール、ヴォードヴィル系の懐かしいテイストがある音楽を発表してきたフレディですが、本作ではワルツに挑んでいます😊!「マーチオブブラッククイーン」や「ボヘミアン・ラプソディ」などと同様、複数の楽曲をメドレー形式でまとめています。

  • Homeward Bound Simon & Garfunkel(サイモン&ガーファンクル)

    サイモン&ガーファンクルのHomeward Boundを紹介します! 邦題は「早く家へ帰りたい」です。ポール・サイモンが1865年、ロンドンを拠点として活動していた時に、イングランドでソロでツアーを行った時、ロンドンが恋しくなったことを元に作られた曲と言われています。

ブログリーダー」を活用して、ringinさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ringinさん
ブログタイトル
洋楽BOX〜洋楽をひたすら和訳するブログ〜
フォロー
洋楽BOX〜洋楽をひたすら和訳するブログ〜

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用