プロフィールPROFILE

ぐりこさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

旧ブログが存在はするのに編集できなくなったので、新規で書き始めました。

ブログタイトル
あみものだもの
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/amimono20181101
ブログ紹介文
大雑把とせっかちが災いして、万年初心者の編み物ブログです。
更新頻度(1年)

23回 / 359日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2018/11/15

ぐりこさんのプロフィール
読者になる

ぐりこさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(IN) 26,534位 27,269位 27,250位 27,287位 29,597位 29,538位 圏外 977,858サイト
INポイント 0 0 0 9 0 45 0 54/週
OUTポイント 72 45 72 54 36 36 0 315/週
PVポイント 36 18 18 18 27 27 0 144/週
ハンドメイドブログ 885位 909位 910位 913位 1,007位 1,010位 圏外 46,946サイト
編み物(個人) 34位 35位 37位 37位 47位 49位 圏外 1,892サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 20,771位 24,847位 27,313位 33,661位 41,436位 52,590位 65,998位 977,858サイト
INポイント 0 0 0 9 0 45 0 54/週
OUTポイント 72 45 72 54 36 36 0 315/週
PVポイント 36 18 18 18 27 27 0 144/週
ハンドメイドブログ 678位 833位 911位 1,174位 1,558位 2,046位 2,757位 46,946サイト
編み物(個人) 70位 80位 80位 96位 111位 119位 139位 1,892サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(PV) 16,644位 17,641位 17,219位 17,461位 18,064位 19,254位 20,888位 977,858サイト
INポイント 0 0 0 9 0 45 0 54/週
OUTポイント 72 45 72 54 36 36 0 315/週
PVポイント 36 18 18 18 27 27 0 144/週
ハンドメイドブログ 504位 561位 536位 549位 578位 628位 691位 46,946サイト
編み物(個人) 47位 50位 48位 50位 52位 54位 59位 1,892サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぐりこさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぐりこさん
ブログタイトル
あみものだもの
更新頻度
23回 / 359日(平均0.4回/週)
読者になる
あみものだもの

ぐりこさんの新着記事

1件〜30件

  • 三歩すすんで二歩さがる

    あれから一週間。進捗はこうです!あらー、全然進んでないじゃない。というのもですね、増し目なしの繰り返しパターンを編んでいる途中で、またも目数が合わなくなってしまったんですね。どうして?掛け目忘れとか目のくっつきには十分注意しているつもりなんですが…。そのうち帳尻が合うことを願って適当に編み進めていたのですが、模様もはっきり分かるほど崩れてきて、これじゃあ胸を張ってセメレを編みました!とは言えない、と思ったので100目以上ある段を24段(繰り返しパターン1セット分)解いたのです。まさに三歩すすんで二歩さがる、といった具合です。とほほ…。でも解くのにあんまり抵抗はなくなってきましたね。より美しくできた方が嬉しいですし、今季は始まったばかりですし。9日間で半分編めたんだから、もう今年の冬には使えるでしょう。そうとなれ...三歩すすんで二歩さがる

  • 折り返し地点に立つ/どんな見積もりをした?(汗)

    セメレ、約90g編んで、増し目段終了です。4段ごとにどんどん本体の目が増えていくので、最後の方はしんどかったです。この後カーブをゆるくするため1回増し目をせずに繰り返し模様を編む段階があるのですが、まあ折り返し地点に立ったと言っていいでしょう。星屑に戻してから9日間でここまでこれたのは、自分を褒めてやっていいと思います。ところで前回>ショールの上側の長さを測ったらだいたい70cmでした。>ということはだいたい130cmくらいで折り返し地点に入るのかなーと書いたのですが、これ、一体どういう見積もりだったんでしょ。おそらく増し目にともなって広がる本体の面積のことを考えずに出したんでしょうね。おばか!90g編んだところで上側の長さは約90cmでした。ということは完成品は180cm〜190cmになるってことかな?レシピ...折り返し地点に立つ/どんな見積もりをした?(汗)

  • 大判ショールができそうです

    土日は訓練はおやすみ。嬉しいですね。社会復帰訓練といっても私は行って好きなこと(もちろん編み物)をしているだけですが、それでも公衆の場所に週5日通うと疲れます…。今日はそのせいかあんまり進みませんでした。さて、このセメレ、スピンドリフトを全部使ったらどれくらいの大きさになるのでしょうか。糸の重さからだいたい計算してみました。まずは現在編みあがっているものを測ります。54gですね。それから、残りの糸。148g。54g+148g=202g。まあだいたい90g編んだあたりで減らし目に入ればいいとして、あと36gは増やし目を続けなければいけません。ショールの上側の長さを測ったらだいたい70cmでした。ということはだいたい130cmくらいで折り返し地点に入るのかなーと(いい加減な計算ですが)、ということは上側は260cm...大判ショールができそうです

  • 高齢家事手伝いの夢

    セメレ、大分進みました。ところどころ間違えて破れ落ち葉になっているところもありますが(汗)前から思っていた葉っぱがぷっくりしている理由は、どうやら糸選びにあるようです。極細の二本どりとかだと、ペタンコの葉っぱになるみたいです。できたらペタンコのバージョンも編んでみたいなあ。1枚目も完成してないうちに何を、という話ですが。まだどのくらいの大きさにするかは決めていませんが、ショールは大きければ大きいほど使い勝手がよいと思っているので、このスピンドリフトを使い切るつもりです。最近、ヴォーグ社の講師認定講座に興味を持っています。年末までには社会復帰したいと思っているので、それが叶わなかった場合の話ですけど。家族は無理してまで社会復帰しなくとも構わないというスタンスなので…(が、私は少しでも多くお小遣いが欲しいのです)高...高齢家事手伝いの夢

  • その星をつかんで放すな

    このところ施設には途中で人から話しかけられても問題ないクロスステッチを持って行っていたのですが、今日は思い立ってこのセメレを持っていくことにしました。まあ、まず集中できないだろうと思っていたのですが…これが意外とはかどったんですよね。隣の席のお姉さんとおしゃべりしながらでも余裕でした。いつの間にか目数も帳尻が合い、繰り返し模様の2セット目にしてやっと正確に編めるようになりました。自宅ではあんなに四苦八苦していたのに、なぜ…。自宅では編み図をPCで見ながら編んでいたのですが、施設にはタブレットを持って行きました。もしかして、タブレットのほうが見やすかったのかな?なぜかは分かりませんが、とにかくこの手に星が戻ってきたのです。感涙。もう手放してはいけません。読者の皆さまをこれ以上イライラハラハラさせることなく、この先...その星をつかんで放すな

  • 星屑に…

    やっと星に手が届いたか、と思った矢先、油断してまた目数が合わなくなりました。正直、このことはブログに書くかどうか迷いました。いい加減読者の皆さまに呆れさじを投げられるかな…と思ったので。どこまでほどいても間違いの理由が分からないんですよね。悩んだ挙句、12日間の作業はふりだしに戻すことにしました。編み物のシーズンは当分ある。12日間など何するものぞ、と歯をくいしばって解きました。何度も編んだりほどいたりしているので、糸もよりがほぐれて切れやすくなっており、このような小さな糸玉がたくさんできあがりました。さすがに何日かは針を手にする気分になりませんでしたが、再び編みはじめ、繰り返しパターンの1セット目まで終わったところです。あんまり大きな声では言えませんが、この度も正確には編めていません。けどもうやり直すのは限界...星屑に…

  • 星に手が届いた

    すっかり秋の気配を感じるようになったなあと涼しい顔をしていたら、ここ2、3日で残暑が戻ってきて再びクーラーのお世話になっています。繰り返し模様の4回目にしてやっと間違いなく編めるようになりました。今度はこれまでの混乱っぷりはなんだったんだろう、というくらいにスムーズに。あれこれ試行錯誤するうちに大雑把でもパターンの把握ができたのでしょう。GrandLargeより一つ多い難易度の星に手が届いた気がして嬉しいです。透かし模様のこの辺りとか怪しいけど目をつぶります。喜んだところで残りの糸を探したのですが…毛糸を収めている収納ボックスの中にない!んです。タンスの引き出し、クローゼットの中、旅行用トランクの中…ありとあらゆる物入れを確認したのですがどこにもない!ここへきて計画が頓挫するなんてあんまりじゃない?と涙目になっ...星に手が届いた

  • 辻褄合わせ

    セメレ、本体の増し目をしながら同じパターンを編むステップの?回目(忘れた)です。パターンには要所要所にリーフ模様+本体の目数が書かれています。それで、このリーフ模様の目数は正確に編めていれば各段変わらないはずなんですが、途中でなぜか合わなくなりました。原因を探ろうと何度も解いてやり直したんですが、やっぱり合わない…。根気も限界にきて、そのまま編み進めることにしました。「表2、かけ目、左上2」で編む透かし編みのところだけ正確に編むようにして、あとはこのあたりはこう!このあたりは多分こう!という具合にあてずっぽに編み進めていったのです。行き着く先はまたわけがわからなくなって最初からやり直しか…と思ったのですが、最後の段までいったらあら、一目足りないだけじゃない。ということでほぼ辻褄が合ったのです。奇跡。もっとも正し...辻褄合わせ

  • その間違い、許せる?

    これまで細心の注意を払い、そこそこ順調に編んでいたのですが、ある段で気が付いてしまいました。本体の表側の十数目が裏編みになっていることに。編み進めるのが楽しかったので目をつぶろうとしたのですが、よりによって本体の…しかも直そうと思えば直せる単純ミス。この間違い、許せるか…といったら許せなかったのでしぶしぶかぎ針を使ってやり直しました。しかしここからが本当に大変だったのです。多分この時点で目を拾い忘れたのでしょう。テキストにある正しい目数と合わなくなったのです。「表2、かけ目、左上2」で編む透かし模様だけずれないように、なんとか帳尻を合わせようとしたのですが、どうにもうまく行きません。ということで繰り返しパターンの3回目の手前まで解くことにしました。幸い、繰り返しパターンの最後はかぶせ目で終わっているのでどこまで...その間違い、許せる?

  • 編み物の季節です

    お久しぶりです。残暑厳しいとは言っても朝晩はすっかり涼しくなり、今年も編み物のシーズンがきましたね。もうブログはやめたかと思われている方がほとんどでしょうが、しれっと再開することにしました。前回の投稿は1月末でしたね。あれからまた体調を崩し編み物ができなくなり、回復した頃にはシーズンは終わっていたので、新たな趣味に手を出しました。クロスステッチです。クロスステッチといっても白地にワンポイントで模様を描くようなものではなく、布をびっしりとステッチで埋め、大きな絵にするというものです。なぜそんなものにしたかというと、私の部屋はもう物を増やす余裕がなく、作品を飾る場所がないのです。だったら大作をひとつ。と思って4月に上級者向けのキットを購入しました。画像に図案が写っていますが、このような図案が15ページもあるんです。...編み物の季節です

  • 一月は行く

    セメレ、繰り返しパターンの5回目まできました。このところ自宅では針を持つ気がしなくて、編んでいるのは午前中通所している間の90分程度、段数にして5段も編めればいい方です。1段編んでは休み、1段編んでは休み。とにかく気が抜けないので、そうしないととてもやっていられません。みんなこんな大変な思いをしてこれを完成させたんでしょうか。単に私が不器用で集中力に欠けているだけ?多分そうでしょう(笑)こんなペースなので、今冬のうちに完成させるのはとっくに諦めました。一月は行く、二月は逃げる、三月は去る、と言いますもんね。あっという間です。一月は行く

  • スランプを越えて

    あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。セメレ、やっとここまできました。スランプというのは恐ろしいものです。あれから毎日、編み針は手にしようとするのですが、そのたびに「どうせまた間違えてやり直しになるに決まってる!」というネガティブな考えに陥ってしまい、やる気が失せるのです。もしかしたらこれ、投げ出しちゃうかもしれないな…というところまできた新年4日、勇気を出して編み針を握ってみたら…なんとかここまでこれました。これまで何が悪くて、今日は何がよかったのか全く分かりませんが、休息というのはそれほど大切ということなのでしょう。でもこれまだ、大きな大きなショールのほんの一部なんですよね…。春までに出来て、来年の冬使えればいいかな、と思っていたけどそうは問屋が卸さない気がします。スランプを越えて

  • スランプ

    セメレ、あれから全く進んでおりません。むしろまた振り出しに戻っております。まだ段数もそこまで行ってない段階で、目が増えてたり、逆に足りなかったりするんですよね…。掛け目が落ちないようにとか、十分注意は払っているつもりなんですけど、うまくいきません。一度はあそこまで進めたのになんで?って感じです。1−5段目くらいは、かなり針先の方で操作しなくてはならないのもやりづらいです。なんだかちょっと嫌になってきました。スランプみたいなものですかね。とりあえず一旦セメレは置いといて、弟のカーデの袖直しを先に仕上げて、気分転換しましょうかね。スランプ

  • 言い訳しないで…

    あそこまで進んでいたセメレですが、繰り返し模様の2回目に入った時にまたわけが分からなくなり、イチからやり直しになりました。本当に、かけ目がある時の段ほどきってどうやったらうまくいくんでしょうか。解く前に別糸を通しておけばいいのかな?今度はそうしてみます。それにしても悔しい。イチからやり直すからといっても、途中で伏せ目などあるので簡単にピロピロ〜っと解けないんですよね。だから、そこまで編んだ分は捨てるしかないんです。もったいない…。糸が足りなくならないでしょうか。ラベリーによると、糸の種類にもよりますが366メートルから732メートルあればよいようです。1Hank=210メートルが5かせ半残っているので、1155メートル。よかった、十分足りますね。かと言ってもうやり直しはしたくないんですが…。もうこんなにやり直し...言い訳しないで…

  • なんとなく分かってきた!

    セメレ、ここまで編めました。繰り返し模様の1回目が終わったところです。二つのリングの間の本体の目を増やしていきます。が、増し目の仕方がよく分かりませんでした。パターンには前の段で2目一度した裏目に針を入れて表編みする、と書いてあるのですが、なぜか2目一度したところが前の段にこないんですよ。なので普通に右増し目で増やしました。この辺りまで編んでいる時は、正直この熱帯のウミウシみたいな編み地は一体なんだ?目数も無理矢理帳尻を合わせていたし、とにかくテキスト通りに編むことに必死でわけがわからなかったのですが、本体と一緒に繰り返し模様を編む段階に入ったところで、ああ、ここは透かし模様のところだな、ここは葉っぱの葉脈の部分を編んでいるんだな、という具合にパターンを完全に把握、とまではいきませんが、なんとなく自分が何をして...なんとなく分かってきた!

  • 練習は続く

    セメレ、繰り返し模様と本体を分けるリングをつけるところまで進みました。パターンを「浮き目、表2、左上2…」とブツブツ音読しながら編みました。これを外でやったら独り言の多いおかしな人になるので、GrandLargeと違ってモバイル編みにはあんまり向いていないかもしれません(笑)編み方を間違えているところはたくさんあります。目数は合わなくなったら目立たなさそうな端っこで増減目したりしています。間違いに気づいて解こうにも、かけ目を落としたりしてしまって、逆に何が何だか分からなくなるんですよね。かけ目には段数リングでもつけておいた方がいいのかもしれません。見る人が見ればひどい出来かもしれませんが、私はそこそこそれらしい模様が出てきて喜んでいます。今葉っぱが3枚ですね。とりあえず、このままどんどん編んでいってしまうことに...練習は続く

  • 葉っぱかな?葉っぱじゃないよ…

    セメレはまず一枚のリーフ模様を編むところからスタートします。基本的に編み物は、一目一目パターンに書いてある通りの操作を正確に行えば必ずできるものなのですが、その「正確に」が難しいんですよね。棒針で編む初めてのレース模様なので、練習を繰り返しました。うーん、これが葉っぱになるんかいな…?葉っぱといえば葉っぱぽいけど…。うーん、なんか違う…。これ、葉っぱじゃないよ!表2を左上2と編んでしまって目が足りなくなったり、一段解いたらかけ目の箇所が分からなくなってしまったり、そういう間違いを何度も繰り返しながら練習しました。多分10回は同じことを繰り返したと思います。そしてようやく…正確に編めるようになりました。ここまで編んだら、右針には一目、左針には作り目の11目が残っています。葉っぱの右側から目を拾って行くと…左針に残...葉っぱかな?葉っぱじゃないよ…

  • semele〜セメレ〜 編みはじめます

    GrandLargeの次は、やはりアトリエ・ニッツさんで購入した翻訳パターンのsemeleを編もうと思います。スウェーデンの人気デザイナー、オーサ・トリコーサさんのパターンで、レース編みの木の葉の美しさに一目惚れして決めました。棒針での模様編みはアランしかしたことがありませんが、難易度も星ひとつ多いし、テクニックのステップアップにはちょうどいいんじゃないでしょうか。糸は1着目のGrandLargeを編んだ余りのジェイミソンズスピンドリフトのスコッチブルームが6かせと少しあるので、それで編みます。なんで着分買ったつもりでこんなに余ったのかというと、当時ユーロジャパントレーディングさんはhank(かせ)単位で販売していたんですね。現在はballで販売されているようですが。そのhankとballの違いが私には分からな...semele〜セメレ〜編みはじめます

  • Grand Large 完成しました

    GrandLargeブロッキングを終えてついに完成!です。縮絨したことで編み目が綺麗に揃い、肘当てのアラも気にならなくなりました。エンベロープネックには黄色いボタンをつけました。着心地も抜群です。肌の上に直接着てもチクチクせず、その上軽くて暖かい!サイズもピッタリです。前回編んだ時は編んでいる最中に太ってしまって、着画もとても見られたものじゃなかったんですけど、今回は載せられます。右肩のぷっくりもピン打ちであまり目立たなくなりました。編んでいる最中は、出来栄えが前回と比べてプラマイゼロになりそうだと書いたのですが、仕上げによって十分、出来栄え点をあげられる「より美しいもの」になったと思います。今回から完成した作品には星評価をつけることにします。編み図通り正確に編めたか?★★☆☆☆編み目は揃っているか?★★☆☆☆...GrandLarge完成しました

  • 2着目のGrand Large ブロッキングしています

    2着目のGrandLargeとりあえず編みあがりました!完成目標は12月にしていましたが、約1ヶ月で完成してしまいました。目が覚めている時間のほとんどをこれに費やしていたわけですから、そんなに威張れないかもしれないですけど、制作時間の早さはひとつの進歩ですよね。よしよし。日本で売られている毛糸で編んだ作品なら、スチームを当ててピン打ちをして形を整えたら終わりです。でもシェットランドヤーンで編んだウェアは、縮絨(しゅくじゅう)という工程を経ることで風合いが良くなります。縮絨は基本的に編み物ではなく織物に使われる手法ですが、シェットランドヤーンのような外国産の毛糸の一部、それから最近はネットでよく売られている工業用の糸の場合は特別にこれを行います。目的は紡績時に使った油分を落とし、水流で毛糸の内部の繊細な繊維を引き...2着目のGrandLargeブロッキングしています

  • 初めてのダーニング

    1着目のGrandLargeをまだ探しているのですが、見つかっていません。ところで皆さん、自分で編んで、何らかの事情で着られなくなったもの、躊躇なく捨てられますか?私はできません。編み物、洋裁で作ったもの、やはり思い入れがあるのでしょう。最近小さくて着られなくなった既製服をずいぶん捨てましたが、それらのものはまだ取ってあります。GrandLargeを探している時に、これが出てきました。旧ブログからの読者様もたぶん覚えていないでしょう。本格的に編み物を始めてから初めて編んだローワンツイードのカーディガンです。ゲージがゆるく、当時標準体型だった私のよそ行き着としては大きすぎて、部屋着として母に貸していたので結局ほとんど着ることはありませんでした。ところで…ひどい虫食い穴が見つかりました。これでは部屋着とはいえあんま...初めてのダーニング

  • プラマイゼロ

    先日、父方の伯母がうちを訪問してくれました。その時に素敵なかぎ針編みのニットを着ていたのですが、私はそれがすぐに手編みと気づきました。伯母に聞いたら知り合いが編んでくれたものだとか。それは美しい出来栄えでした。それが手編みと分かった理由はよく分かりません(笑)編み手の端くれとしてのカンでしょう。かぎ針編みなので透かし模様なのですが、薄くて軽いのにとても暖かい、と伯母も気に入っているそうです。私もあのくらい美しい作品を編みたいと思っているのですが、せっかちと雑な性格が災いしていつもうまくいきません。三つ子の魂百までなので、これからも多分それほど上達しないでしょう。ところで、今アラフォーで編み物を趣味にしている人ってどれくらいいるんでしょうね。仕事や子育てで忙しくてそんな時間は取りづらいと思うのですが…。まあ、時間...プラマイゼロ

  • アランカーディガンの袖の丈詰め/Grand Largeの左肩

    で、どうやって袖を直すかと言いますと…リブの編み始めにマーカーをつけておきます。ハサミを準備します。綴じ糸をマーカーをつけた段までほどきます。マーカーの段の少し手前で、編み地をハサミでカットしてしまいます。カットしたら、糸の細かいゴミを取り除きながら、マーカーをつけた段まで解いてしまいます。この解く手順、ちょっと難儀すると思います。なぜなら編み進んだ方向とは逆から解いていかなければならないからです。とじ針などをを使って、一目一目解いていかなければなりません。なるべくマーカーの付いている段に近いところでカットすると楽になるでしょう。マーカーをつけた段まで解けたら、あとはそこから糸をつけ、リブのゴム編みを編むだけです。往復編みで編んでまた綴じても構いませんが、それが面倒なら輪編みするのが手っ取り早いです。こうしてと...アランカーディガンの袖の丈詰め/GrandLargeの左肩

  • 右袖編み上がりました/アランカーデ袖のお直し

    GrandLarge右袖が編み上がりました。やはり気になるのは、肘当てのアラ。ところどころ穴が空いてるのかな?ぐらいに見える編み目の乱れがあります。より美しいものを、というならば何度だってやり直すべきなんでしょうけど、気力だって体力だって時間だって有限です。時には目を瞑ることも必要でしょう。それと、往復編みと輪編みの部分のゲージの差。これは縮絨すれば毛羽立ってそんなに気にならなくなることを期待していますが。とにかく全体としてチグハグになろうが、左袖の方はもっとキレイに仕上げます。それでさっそく、左に取り掛かりたいのですが…弟に編んだ、このアランカーディガンなんですけど、着せたらやっぱり袖が長すぎたんですね。私と違って、ボルダリングで鍛えた細マッチョの弟なのですが…短腕というところは似たのかしら。で、このままでは...右袖編み上がりました/アランカーデ袖のお直し

  • これでいいのだ

    肘当てまで編み直しましたが…肘当て自体の出来映えは、1回目に編んだ時の方がキレイだった、というちょっと残念な結果になりました。今度は図の通り正確に編めているのですが、正確さを求めるあまり神経質になって手加減が狂ったのではないでしょうか。しかし、もうちょっとやり直す気にはなりません。右袖はこのまま進めて仕上げ、左袖の方で肩下がりのゲージの緩みも含めてリベンジすることにします。それでもし左袖のほうがキレイに仕上がったら…全体としてはチグハグな感じになってしまうのですが、ハイゲージのニットだし、まあ見る人が見なければそんなに分からないでしょう。だからこれでいいんです。これでいいのだ!これでいいのだ

  • 手痛い大失敗

    GrandLarge思い切って半袖ニットにすることにしました!…というわけではありません。ええ、ここまで解いたんです。肘当ては正確に編みなおしたんですけど、ウキウキしながら試着したら…なんと、肘当てが見事に肘の下にきてたんです。これは…いくらなんでも。肘当ては、一応袖の長さが脇から15cmのところから編み始める、ということになっているのですが、注釈として※正確な位置を確認するにはセーターを試着して、肘のとがりの6cm上から以下の記号図(肘当て)を編みはじめることをおすすめします。とあります。しかし私はこの注釈をよく読んでおらず、もうすでに脇の下を15cm編んでしまっていたので、これでいいや!と強行してしまったのです。もちろん途中で試着はしてみました。ただその時はまあまあいい感じの位置にできてるように見えたんです...手痛い大失敗

  • より美しいものを!

    脇の下が15cmになったので、またねじりゴム編みの、肘当て部分に入ります。この肘当てはGrandLargeのデザインの肝。是非とも美しく編みたいところです。肘当ての部分については文章にするとキリがないので、図になっています。なっていますが、日本の編み図とは読み方が異なるので解読にはちょっと頭を使います。肩の目印リングを基準にして、両脇に模様を編んでいきます。模様を編むと同時に、10段に1回の減らし目も忘れないようにしながら、肘当て部分の35段を編みました。この立体感あるねじり目の揃い具合、自分では技術点を加点したい!1着目のときは手首をくじくんじゃないかと思った、表目のねじり目にはすっかり慣れました。さあ、あとは手首の長さまで真っ直ぐ編んで、リブを編むだけ…でしたが、5段ほど編み進めたところで、肘当ての上下でラ...より美しいものを!

  • ゲージの狂い

    ラップアンドターンの肩下がりを編んだら、今度は脇からの長さが15センチになるまで減らし目しながら輪で編んでいきます。現在6センチ。あと9センチです。どれくらい時間がかかるか、また1段を編む時間をストップウォッチで測ってみました。約7分ですね。4段が1センチなので28×9÷60=4.2。およそ4時間です。これから寝る前にはそこまでいくでしょうか。ちょっと難しいかもしれません。輪針を使う時、輪編みするときと往復編みするときで、ゲージが明らかに違ってくることに悩んでいます。原因についてあとでちょっと調べてみようかと思っていますが、手癖を修正するのは難しいのでいっそラップアンドターンの時は2号ほど細い針を使うことにしたほうが早いかもしれません。ゲージの狂い

  • 肩ぷっくりの理由

    と、いうわけで袖付けをやり直してみたんですが…結果、変わりませんでした。着用して、抜き襟ぎみにすればあんまり分からないんですが。襟合わせは着たり脱いだりして一生懸命やりました。時には下着姿で家中を歩き回り(笑)。しかしそもそも、この不自然なぷっくりの理由は、袖付けが原因ではなかったのです。左肩右肩お分かりのように、右肩のゲージが左肩より明らかにゆるいんですよね。輪針で往復編みをするとゆるみがちなのは分かっていたので、注意はしていたんですけどこの有様。ただもうここまで来てやり直す気力はないので、今回は(また編む機会があればの話ですが)このまま進めます。初めての1着より美しいものを、と考えていたのでこれは大いに残念です。ところで苦労して編んだ初めての1着。この2着目と比べて出来映えを見たかったのですが、部屋のどこを...肩ぷっくりの理由

  • 肩下がりまで編んだけど…

    袖ぐりの拾い目をして、ここからラップアンドターンで肩下がりを編んでいきます。ラップアンドターンは編み地が立体的になっていくのが楽しい、個人的に好きなテクニックのひとつです。なので一日中編んでここまで進んだのですが…エンベロープネックの合わせ方が悪くて、右肩の下におかしな膨らみができてしまいました。着ればそんなに気にならないかな?とかぶって確かめてみましたが、やっぱり不自然でした。頑張ってここまで編んだのに…迷いましたが、目標は前に編んだものより美しい作品を。なので、翌日の今朝、ぴろぴろぴろ〜と思い切ってほどいてしまいました。ラップアンドターンもなんとなくでやっていたので、YouTubeで動画を見て正確に覚えることにしました。ほどくのは一瞬です。悲しい。肩下がりまで編んだけど…

カテゴリー一覧
商用