inoueのブログ
住所
出身
ハンドル名
inoueさん
ブログタイトル
inoueのブログ
ブログURL
https://inouedesu.muragon.com/
ブログ紹介文
不妊治療をされている方へ
自由文
-
更新頻度(1年)

46回 / 357日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2018/05/21

inoueさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,041サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
赤ちゃん待ちブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,470サイト
妊活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 648サイト
赤ちゃん待ちライフ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 459サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 81,350位 83,665位 83,970位 84,235位 圏外 圏外 圏外 972,041サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
赤ちゃん待ちブログ 316位 321位 327位 332位 圏外 圏外 圏外 6,470サイト
妊活 67位 67位 68位 68位 圏外 圏外 圏外 648サイト
赤ちゃん待ちライフ 26位 30位 29位 30位 圏外 圏外 圏外 459サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,041サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
赤ちゃん待ちブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,470サイト
妊活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 648サイト
赤ちゃん待ちライフ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 459サイト

inoueさんのブログ記事

1件〜30件

  • 精子DNAの断片化は胚発生・着床・流産に関係するかもしれない

    過去数十年でいくつかの研究で精液の質が低下傾向が示されており、妊娠に影響があるのではないかといわれています。 今回ご紹介する報告は以前にもご紹介した精子DNA 断片化指数検査(SDF)についての報告です。 以前ご紹介した報告は精子DNAの断片化が流産と関連しているのではない...

  • PCO患者さんの凍結胚移植はホルモン補充周期よりレトロゾール使用した方がよい可能性あり

    凍結胚移植を行う際、エストロゲン製剤を使用したキャンセルの少ないホルモン補充周期と、薬剤をあまり使用しない排卵周期があります。 ホルモン補充周期は計画が容易であるため、利便性が向上しますが、高価であり、血栓塞栓性などの副作用のリスクが高くなる可能性があります。妊娠が確立する...

  • 着床前遺伝子検査(PGT)は妊娠高血圧腎症を増加させる?

    着床前遺伝子検査(PGT)の使用は急速に増加しており、米国のPGTの割合は、2005年の全サイクルの4%から2015年には22%に増加しました。2015年だけで、米国で実施された26,201件、8529人が出生していると報告されております。 PGTを行った妊娠に関する母体お...

  • 卵活性化は受精障害に効果がある可能性

    通常ICSIの受精率は約70%と推定されており、全受精障害(TFF)はICSIの3%〜5%で発生するといわれています。TFFの主な原因は、精子または卵子因子に関連している可能性のある卵活性化障害(OAD)に起因します。 卵の活性化は、受精に不可欠です。卵活性化は精子卵活性化...

  • hCG・GnRHaどちらでtriggerしても正倍数率は変わらない

    採卵する際、卵の成熟を促すため採卵の前々日にtriggerを行いますが、hCGで行う方法や、OHSSを回避するためGnRHaで行う方法があります。このtriggerの方法で胚の正倍数性が変わるか調査した報告をご紹介いたします。 "Euploidy rates between...

  • 胚移植前のhCG子宮内投与で妊娠率上昇

    hCGを子宮内投与すると妊娠率が上がるのではないという報告はむかしからありますが、今回hCG子宮内投与により妊娠率が上昇すか調査したmeta-analysisをご紹介いたします。 2019年7月 Fertility and Sterilty ”Intrauterine in...

  • AMHとFSHの値により生児獲得を予測できるか?

    本日は抗ミュラー管ホルモン(AMH)とFSHの値により生児獲得を予測できるか調べた報告をご紹介いたします。 2019年7月 Fertility and Sterilty “Low antimüllerian hormone (AMH) is associated with ...

  • 精子DNA 断片化と流産

    不育症の原因検索は女性側に行われることが多いですが、今回ご紹介する報告は男性側に焦点をあてています。 2019年7月 Fertility and Sterilty " Sperm DNA fragmentation and recurrent pregnancy loss:...

  • 睡眠、勤務体系は妊娠に関連するか

    米国では睡眠障害の罹患率が増加しています。 1985年以来、睡眠時間が1日6時間未満である成人は31%と増加しており、24%は睡眠障害を訴えています。睡眠障害は男性よりも女性に多くみられ、女性は男性よりも眠りにくく、睡眠の質が悪い傾向があるということです。睡眠時間は、心臓病...

  • 提供卵を採卵する際、排卵抑制剤はアンタゴニストとMPAどちらがよいか?

    採卵を行う際、排卵すると卵を獲得できなくなる可能性が高いため、排卵しないようにLH サージを抑制させる方法があります。GnRHアンタゴニストは内因性LHサージを抑制し、GnRHアゴニストにより卵成熟を誘導することで、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)のリスクを低下させ成熟卵(M...

  • 生殖補助医療(ART)治療中の多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の胚は染色体異常胚の危険性が上昇する可能性がある

    本日は”PCOS患者さんの胚は染色体異常胚の危険性が上昇する可能性がある。”という報告をご紹介いたします。 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、生殖年齢の女性によく見られる内分泌障害で、生殖年齢の女性の6〜25%が罹患しています。 PCOSは、無排卵、アンドロゲン過剰、多嚢胞...

  • 妊娠初期の出血に対するプロゲステロンの効果

    流産は約20%ほどに発生すると報告されています。流産は、出血、感染症、外科的治療に伴う合併症、さらには不安、鬱病、心的外傷後ストレス障害などの重大な心理的危害を引き起こす可能性があります。 卵巣の黄体により産生されるプロゲステロンは、胚の着床に必要であり、妊娠に不可欠なホル...

  • 若い女性の単一遺伝子性疾患に対する着床前遺伝子検査における異数性スクリーニングの役割

    着床前診断は、重篤な遺伝疾患を対象とするPGT-Mと染色体の数的異常を調べるPGT-Aがあります。 染色体異常は妊娠初期流産の最も多い原因であり、自然流産の50%以上を占めると報告されています。さらに、異数性は、体外受精の着床不全の主な原因の1つであることがわかっております...

  • 経時的形態動態と使用済み胚培養培地の酸化状態を組み合わせた新しい非侵襲的胚選択アルゴリズム

    みなさんこんにちは 今回 ”経時的形態動態と使用済み胚培養培地の酸化状態を組み合わせた新しい非侵襲的胚選択法” を示した報告をご紹介します。 2019年5月 Fertility and Sterilty ”Novel noninvasive embryo selection...

  • 胚培養液をラマン分光法により分析し、胚正倍数性を予想する

    みなさんこんにちは 今回 ”胚培養液をラマン分光法により分析することで胚の正倍数性を迅速に低侵襲、低価格で予測できるのではないか” という報告をご紹介します。 2019年4月 Fertility and Sterilty ”Raman profiling of embryo...

  • 二本鎖精子DNA損傷は胚発育遅延の原因であり、着床率を低下させる

    本日は "二本鎖精子DNA損傷は胚発育遅延の原因であり、着床率を低下させる" のではないかという報告をご紹介いたします。 2019年4月 Fertility and Sterilty ”Double-stranded sperm DNA damage is a cause ...

  • 洗浄前運動精子数で人工授精の成功を予測できるか?

    こんにちは 本日は”洗浄前運動精子数では人工授精の成功を予測できない”という報告をご紹介します。 2019年4月 Fertility and Sterilty ”Prewash total motile count is a poor predictor of live b...

  • 子宮内膜のスクラッチ効果

    以前にもご紹介したように子宮内膜をスクラッチすると妊娠率が上昇する可能性があるという報告は多くあります。 しかし、2019年1月 Hum Reprodで”胚移植が1,2回目では妊娠率が変わらないのではないか”と報告されています。 今回も"初回胚移植では効果がないのではないか...

  • 子宮鏡検査にトラマドール使用で疼痛緩和が有効

    こんにちは 本日は ”子宮鏡検査にトラマドールを使用することで疼痛緩和に有効であった”という報告をご紹介いたします。 2019年3月 Fertility and Sterilty Efficacy and safety of tramadol in pain relief ...

  • レトロゾールとクロミフェンを併用することで排卵率上昇

    みなさんこんにちは 本日は”多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方にアロマターゼ阻害薬(レトロゾールなど)とクエン酸クロミフェン(クロミットなど)を併用することで排卵率上昇する”という報告をご紹介いたします。 2019年3月 Fertility and Sterilty ”A ...

  • 排卵抑制方法

    ESHRE(ヨーロッパ生殖医学会)が体外受精の卵巣刺激におけるガイドラインの指針案を発表しています。 本日は”排卵抑制方法”についてご紹介致します。 ❶GnRHアゴニストについて 2015年の37件のRCTでのコクランメタアナリシスは、Long法、Short法、ウルトラSh...

  • 卵巣刺激に反応の悪いpoor responderに対する刺激法について

    ESHRE(ヨーロッパ生殖医学会)が体外受精の卵巣刺激におけるガイドラインの指針案を発表しています。 本日は”poor responderに対する刺激法”ご紹介致します。 ①GnRHアンタゴニスト法 vs GnRHアゴニスト法 544人を含むメタアナリシスでは、poor r...

  • 卵巣刺激に正常に反応する方の刺激法

    ESHRE(ヨーロッパ生殖医学会)が体外受精の卵巣刺激におけるガイドラインの指針案を発表しています。 本日は”卵巣刺激に正常に反応する方の刺激法”ご紹介致します。 ①GnRHアゴニスト法とGnRHアンタゴニスト法 2017年のメタアナリシスにてGnRHアゴニスト法とGnRH...

  • 卵巣の反応が良い方に対する卵巣刺激

    ESHRE(ヨーロッパ生殖医学会)が体外受精の卵巣刺激におけるガイドラインの指針案を発表しています。 本日は”卵巣の反応が良い方に対する卵巣刺激”ご紹介致します。 ①GnRHアンタゴニスト対GnRHアゴニスト PCOでない卵巣機能のよい女性に関するメタアナリシスはなく、20...

  • 体外受精開始前の処置について

    ESHRE(ヨーロッパ生殖医学会)が体外受精の卵巣刺激におけるガイドラインの指針案を発表しています。 本日は”体外受精開始前の処置について”ご紹介致します。 ①エストロゲンでの前処置 GnRHアンタゴニストプロトコールにおいて、卵巣刺激前にエストロゲンで前処理することは、お...

  • 体外受精の卵巣刺激におけるガイドラインの指針案

    ESHRE(ヨーロッパ生殖医学会)が体外受精の卵巣刺激におけるガイドラインの指針案を発表しています。 本日は卵巣刺激に対する反応を予測する因子について書かれていましたので簡単にご紹介致します。 ・AFC (Antral Follicle Count) 胞状卵胞数単独による卵...

  • 2%と5%の酸素濃度で胚を培養し比較した報告

    一般的に胚培養は酸素濃度5%で行われます。体外受精が行われた最初の頃は、酸素濃度は大気圧の20%で行われていました。しかしながら、哺乳類の卵管の生理的酸素濃度は5〜8.7%と報告されており、胚発生に対する低酸素(5%)の有益な効果を示されています。 ヒトの胚は桑実胚期、3....

  • 男性の葉酸摂取について

    本日は父親の葉酸摂取が、胎児の成長に影響するかもしれないという報告をご紹介いたします。 2019年2月 Fertility and Sterilty "Does the father matter? The association between the periconce...

  • 遺伝カウンセリング後、モザイク胚をどうしているか?

    本日は ”着床前診断を行いモザイク胚と診断された胚しかない方は、その後の選択肢をどうしているか” を調査した報告をご紹介いたします。 2019年1月 Fertility and Sterilty ”What are patients doing with their mos...

  • 凍結胚移植における培養時間(3日目の初期胚、5日目、6日目の胚盤胞)と出生体重の関係

    こんにちは 本日は”胚の凍結時期により出生体重が変わるのではないか”という報告をご紹介いたします。 2019年1月 Fertility and Sterilty "Effect of in vitro culture period on birth weight after...