searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
MOVIEMATE 映画 劇場 新作 Netflix 感想ブログ http://moviemate-sapporo.net/

映画好き管理人による愉快にノタまう鑑賞日記。

エンタメ総合サイト http://entamecomplex.edition.jp/から映画、ホラー、海外ドラマのそれぞれのブログへ訪問できます。

Moviemate205
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/03/20

1件〜100件

  • 『すべてが変わった日』『モンタナの目撃者』

    『すべてが変わった日』60年代、モンタナ牧場で穏やか一家生活だったのに、家族の死をきっかけに暗雲立ち込めてしまいます。人生も後半にさしかかった中高年の夫婦が家族を失うけども、残された家族を救うために立ち上がる話です。落馬事故で死んじまった最

  • 『プロミシング・ヤング・ウーマン』

    昼間は平凡なカフェ店員にして、実は夜な夜な泥酔装ってはお持ち帰り男を退治してたりする大学法学部を突如中退というワケあり経歴を持つ謎めいた才女。ミステリアスでいて、どこか危うく、かつては「有望な若い女性」だった彼女の行動の真意とはなんぞや?こ

  • 『モーリタニアン 黒塗りの記録』

    911でめちゃくちゃに怒ってた当時のアメリカ政府とラムズフェルド国防長官とジョージ・W・ブッシュが、冷静さを完全に失って、アラブ系の人たちをテキトーに捕まえては、テロ事件に関わったんじゃないかって勝手に決め込んで、キューバの悪名高き強制収容

  • 『モンスターハンター』

    小学生向け。大人の鑑賞に耐えられない稚拙なIQ底辺エンタメ。始まってすぐに「あぁ、これはつまらないな」って野性の勘というか映画的な経験値で断言できたからねw退屈なストーリーと軽薄な世界観。緊張感も人間味も欠落したキャラクター。魅力のないモン

  • 『REVENGE リベンジ』

    なかなかでした。なかなかのそーとーなアホ映画だが、個性的なセンスの持ち主で、技量優れた新鋭監督による知性豊かなインテリ脳がフル回転してる叡智なアホ映画なので、「アホ」の表現がステキに突き抜けていてかなり面白かったw散々やってきたありふれたプ

  • 『孤狼の血』『孤狼の血 LEVEL2』

    『孤狼の血』元気。キャストがみんな世界観にドハマりしてて魅力しかない。殺意バリバリの精神状態で、「おんどりゃー!」って激昂してる物騒なキャラクターがとにかく抗争したく仕方ないのだ。昭和終幕寸前の広島の下品な界隈がこれまたいい味だしまくってた

  • 『幼い依頼人』

    ヤバすぎる継母の恐怖政治が怖すぎ家庭内虐待による子供の死亡事件を基にしたフィクション。『ソウォン 願い』では子供にとって絶対的な味方であり、優しさと愛そのものだった両親が、『幼い依頼人』では子供にって最悪の敵であり、父親の無関心と母親の憎悪

  • 『ソウォン 願い』

    とんでもない実話。凄惨すぎて言葉失う韓国で実際に起こった少女強姦事件を映画化。あまりに悲しすぎるし、心痛む事件すぎて信じたくないし、でも間違いなく起こった話で、子供を守るべき社会が怠慢したせいで、そのツケを子供が払った。それって社会を作る大

  • 『マルティニークからの祈り』

    韓国お得意の女性が酷い目に遭うし、ハードな実話物。チョン・ドヨン主演。もちろん面白かったです。旦那がお人よしの外面良すぎての世話を焼いてる後輩の消費者金融の保証人になってて、そいつがとっとと自殺。自動車整備の仕事でつつましく平凡にも幸せに暮

  • 『ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償』

    チンケな車両窃盗で捕まったら、FBIに足元見られて、起訴しない代わりにブラパン党のイリノイ支部に潜入させられ、最近グングンとリーダーシップを高めてきてる議長ブラックメシアさんに対しての、精神ギリギリの生きた心地しないブラックユダさんによる同

  • 『エール!』

    もしかしたら観に行くかもしれない『コーダ あいのうた』に臨む前に、フランス版のオリジナルをプライムで鑑賞。これは良かったですね。題材的にトーンの暗いしんみりした作風かと思っていたが、全然真逆というか、明るく、ある意味「動物的」なキャラクター

  • マイケル・ベイ監督の待望の劇場新作『アンビュランス』でベイヘム食らってきた。

    ベイヘムでした。まごうことなき、まごうことなきベイヘム。もはや昨今はハリウッドエンタメといえばマーベルやDCのようなスーパーヒーロー映画であり、アクション大作と言えばやっぱりマーベルやDCやほぼワイスピというイメージが強いし、実際に業界はそ

  • 『ドリームランド』

    ドリームランドだと思ってたのに、ナイトメアランドだったというのが、この映画の舞台ですね。荒れ果てて畑も台無しで、追い打ちをかけての砂嵐攻撃しか刺激的なことのない殺伐テキサスの絶望的など真ん中で貧しく、希望も夢も実の父親も失った家庭環境で、変

  • 『ジェントルメン』

    スゲー面白いwこれぞガイ・リッチーとでも言おうか、ガイ・リッチーの原点みたいな魅力満載で破格の楽しさ。ガイ・リッチーの持ち味溢れるので、好きな人にはたまらないワクワクとウキウキしかしない極上のエンタメになってますね。同時期辺りの『キャッシュ

  • 『クーリエ:最高機密の運び屋』

    分かっていたけども、これは凄く良かった。1960年代なんてゆー冷戦時代真っただ中の底冷えのキンキンに冷え切ったアメリカとソ連の仲たがいも相当緊迫高まっていた中、ソ連側の情報提供者から核で何やらよからぬモノ作っているようですよってゆー聞き捨て

  • 『コンティニュー』

    毎日、朝起きた瞬間から何者かに命狙われて、戦っては殺される日常がループしてて抜け出せない主人公が、タイムループに関わる何やらヤバい計画に参加してる科学者の元カミサン救うために、何度も死んで死んで死んで死にまくってはコツコツと「ボスレベル」を

  • 『ローグ』

    フィルモグラフィ見たらわかる通り、絶望的に才能のないMJバセットだかって人のハンパな映画。『サイレントヒル リベレーション』が一番の代表作ってwとりあえず美人なミーガン・フォックスを強いヒロインに仕立てて、アフリカの大地でライオンと戦わせれ

  • 『ある用務員』

    低予算映画だけど、有望な若手監督によるエネルギッシュなジャンル映画ですね。アクションエンタメとしてはまだまだ未熟さはあるが、若いからこその勢いと覇気が感じられて良かったです。大満足とはいかないけど、伸びしろ期待できるなって感じです。話は令和

  • 『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』

    言葉も意識も正気も大切な物、すべて失いました。人生を変えるぐらいのあまりの面白さですこれは。面白さに次ぐ面白さの面白展開の矢継ぎ早な面白テンションが常識破りすぎて一向に止まる気配なかったですwこの面白事態を冷静に受け止めて対応できるほどの

  • 『L.A.スクワッド』

    主役はジャケットの奥の方の全然知らない地味な俳優の人でした。手前の人、全然脇役wシャイア・ラブーフが『トレーニング・デイ』のデンゼルや『フェイクシティ』のキアヌ並みに大暴れするんだと期待してたのに肩透かし。見た目は危険なヤバいヤツな雰囲気演

  • 『キラー・ハント』『AVA/エヴァ』

    『キラー・ハント』闇の世界で生きてきたベックマンさんが死にそうになってた時にたまたま助けてくれた教会で、お世話になった神父さん亡き跡を継いで神父になって頑張っていたら、悪い人たちから逃れてきた女の子を助けて、養子として育てて幸福生活送ってた

  • 『ゴーストバスターズ/アフターライフ』

    また作りますってニュース聞いた時は、往生際悪くいまさら『ゴーストバスターズ』やんのかよって、かなり冷めた感情しかなかったですけどねw不安も期待もあったが、結局は泣かされたし、ちゃんと『ゴーストバスターズ』だった。う~ん、何やらシリアスな雰囲

  • ☆祝☆第94回アカデミー賞最多ノミネート 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

    自分の耳と目を疑ったけど、ウソ?マジで?『マリグナント』が10部門だっけ?それも破格で凄いが、我らが偉大なる超絶鬼傑作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が、なんと第94回アカデミー賞において作品賞他最多18部門ノミネートという快挙!!

  • 『最後の決闘裁判』

    ポスター、カッコよすぎですぜ。これももはや観れるん?!スゲー観たかったヤツ!!凄いな、ディズニープラスwいやー、こんなにクソ面白かったんですね!見応えしかないじゃん。見応えしか撮れないリドスコなので、直後にマーベルとか見ちゃうとなんか軽いな

  • 『フリーガイ』

    ディズニープラスがもはや配信してくれるというありがたみと歓び。ゲームの世界観使った軽いコメディかと想像してたけど、めちゃくちゃ真っ当に作りこまれた しっかり者の娯楽作でしたwメチャクチャ面白いし、ロマンと冒険と遊び心とメッセージがあって、ラ

  • 『親切なクムジャさん』

    突然のメチャクチャな旧作登場ですwすんませんwそこはかとなく韓国映画にハマっているしがないオッサンの身のため、恐縮しながら古典の名作を恥ずかしながらドキドキ初鑑賞。そうなると、チョイスとしてはパク・チャヌクあたりで落ち着いてみせるのが常識的

  • 『エターナルズ』

    ポスターのこの印象通り、神様のイメージがストレートに表現されたゴールドがテーマカラーらしくて、ゴールド基盤にしたやたらとキラめかせてのスーパーパワーを発揮してました。それが尊大なエターナルズさんたちです。エターナルズってゆーどこぞの星からや

  • 第2回 管理人が勝手にお気に入りの女優を発表するだけの記事。

    ケイティ・ダグラス『私を信じて -リサ・マクヴェイの誘拐』『Dr.M/救命救急医の殺人ライフ』トーマシン・マッケンジー『ラストナイト・イン・ソーホー』『オールド』『足跡はかき消して』『ジョジョ・ラビット』ハンナ・エミリー・アンダーソン『ジグ

  • 2022年1月14日公開!『ハウス・オブ・グッチ』試写会。

    あけおめことよろ。今年も映画観るためだけに頑張ってダラダラ生きましょう。1発目で、いきなり今年のトップクラス確定なんじゃないかって言わしめた『ハウス・オブ・グッチ』です。これですよ。これが本当の映画。ねー。オレが悪い。映画って何なのかずっと

  • 2021年映画ベスト10&観なかった映画ベスト5。

    大晦日いかがお過ごしですか?オレは特に何にもしてないです。つーか、2021年を通して特に何もしなかった。いや、本当にね。貧困がさらに悪化して、今年はマジで部屋からほとんど出なかったし、映画館にもますます行かなくなった。ちょっとは行ったけど、

  • 『キャッシュトラック』

    プライムでの、もはやのラッキー配信鑑賞という吉報。あざーっす、プライム様。つーことで、めちゃくちゃ面白かったです。こんな面白いなんて聞いてなかったwここまでの面白さだと、今年のベスト10への滑り込みの食い込みもギリギリ考えられるし、そうすべ

  • 『Mr.ノーバディ』

    一見して冴えない地味で普通なオッサンを隠れ蓑に、目立たず腰の低いファミリーマンな社会生活を送っていたけど、社会って腹立つことばかりだし、ナメられるのももう限界ってことで、「もーやーめた!」ってな感じで、かつて闇の世界を震撼させていた凄腕暗殺

  • 『ラン・ハイド・ファイト』『ドアマン』

    『ラン・ハイド・ファイト』トーマス・ジェーンAKAパニッシャーに育てられた強靭な精神を持つ強気な女子高生が、度胸と知恵とスナイパーの腕で、学校を占拠した武装したワルガキ集団に単身立ち向かうアクションスリラー。犯人のリーダー格の思想が複雑すぎ

  • 『アオラレ』

    交差点での運転イライラから鳴らしたクラクションブーブーの軽はずみな判断で、『激突』と『フォーリング・ダウン』の恐怖が同時に起こってしまう話。交通マナーの誤りひとつでこんな事態になるなんてワロタw煽ってくる相手がめちゃくちゃ殺気立ってて、世の

  • 『すばらしき世界』

    役所広司が最高。役所広司をひたすら楽しみ、役所広司だからこそのストーリーが力を得ている映画。このポスターの貫禄と説得力出せるのは、邦画界で役所広司ぐらい。そして、そんな役所広司を余すところなく演出しきる西川美和の力量ね。感動させてくれるわー

  • 『Swallow/スワロウ』『アンモナイトの目覚め』

    『Swallow/スワロウ』今年のトップクラスに入れたいし、最終的にはたぶん入れる映画。かつて見たこともないとっぴょうしもないやり方による主婦の精神病発症が凄くスリリングに描かれますし、主演のヘイリー・ベネットさんの渾身のキャリア最高の名演

  • 『藁にもすがる獣たち』『同窓生』

    『藁にもすがる獣たち』親の介護、借金、DVなんかで苦しんでる小市民がブランドバッグに詰まった大金めぐって、人生逆転図ろうともがく群像劇スタイルのクライムスリラー。みんなが人生に切羽詰まってて、藁にすがる思いで大金手に入れたい切実な感じ、凄く

  • 『ポセイドン・アドベンチャー(2005)』

    80年代から90年代にかけてヒット作で主演張ってきたスーパースターが高齢化して勢ぞろいした胸熱になる人はなるだろうキャストwC・トーマス・ハウエルとルトガー・ハウアーが共演してるけど特に感慨深くはないし、ロボコップが弱すぎるし、スティーブ・

  • 『ファング一家の奇想天外な秘密』『去年の冬、きみと別れ』

    『ファング一家の奇想天外な秘密』役者がみんなよかった。やりすぎな悪趣味ドッキリ仕掛けて現場にカオスを起こして去っていく芸風で世間で話題になってた芸術家夫婦の元で育ったせいで問題抱えて大人になった姉弟が主役。親の保護下の子供時代はわけもわから

  • 『ブラインド』『見えない目撃者』

    『ブラインド』事故って家族のように仲良くしていた弟分と視覚を失った元警察訓練生が、ケアタクシー装って女の子誘拐してる犯人さんによる事件現場に遭遇しちゃって、命狙われちゃうのだ。陰湿な韓国サスペンスの安定感で、いい具合でおぞましかったヤツです

  • 『ストレイ・ドッグ』『21ブリッジ』

    『ストレイ・ドッグ』『聖なる鹿殺し』に続いてニコール・キッドマンの手コキが見れるとは思わなかったので感激しました。これはニコール・キッドマンを堪能する映画でしたね。過去の強盗団への潜入捜査での失敗で心閉ざしたアル中の厄介者扱いされてる刑事が

  • 『私を信じて -リサ・マクヴェイの誘拐-』

    リサ・マクベイさんって人がいて、マジでスーパーヒーローだったという実話です。ドーナツ店での愛想の良さとコミュニケーション能力が顧客に愛されて、店長も太鼓判の看板娘なリサ・マクベイさんでしたが、ある夜地元の悪い人に誘拐されて、監禁されて、レイ

  • Netflixオリジナル 『私というパズル』『密航者』

    『私というパズル』死産を描いた作品。耐えがたいほどに、想像を絶するほどにそれは苦痛なのである。死産の後のショックと喪失感を抱え、周囲の無神経な言動に傷つき、胸が張り裂けそうになりながらも時間を経て、絶望に向き合い、心の整理をしていき、自分を

  • 『シャン・チー/テン・リングスの伝説』

    めちゃくちゃ面白かった。どうなんだろーって不安あったけど、すぐに吹き飛ぶほどこれは面白すぎた。フェイズ4本格始動って感じ出してましたね。マーベルの勢い、ますます止まらないんじゃないですかこれ。わくわくちゃったなー。どっかの見たことも聞いたこ

  • Netflixオリジナル 『ケイト』『アーミー・オブ・ザ・デッド』『タルーラ 彼女たちの事情』『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』

    『ケイト』なんでしょうね。前半はそこそこ面白かったです。東京っぽいようなそうじゃないような、何やらブレードランナーさんが夜な夜な活躍してそうな雰囲気の未来都市風の都会の裏路地とかで、アクション女優としての活躍目覚ましいメアリー・エリザベス・

  • Netflixオリジナル 『ミッドナイト・スカイ』『ザ・プロム』『Mank/マンク』『この茫漠たる荒野で』

    『ミッドナイト・スカイ』地球がよくわからない理由で住めなくなってて、宇宙に旅立って帰還の途についてる宇宙船に交信試みるために、北極か南極かどっちかわからないんだけど、ジョージ・クルーニーが独り残ってました。みんなどっかに逃げたけど、かたくな

  • Netflixオリジナル 『ラブ&モンスターズ』『ベケット』『ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ』『愛してるって言っておくね』

    『ラブ&モンスターズ』隕石落ちてくるからミサイル撃ったら、今度は危険な化学物質降ってきちゃって、地球上の野生生物が昆虫から両性類から爬虫類から何から何まで巨大化の凶暴化しちゃった終末世界。仲間たちとの共同シェルター生活で無事に過ごしてきたも

  • 『ファナティック ハリウッドの狂愛者』

    ファナティックというより知恵遅れ。奇怪な髪型と悪趣味なシャツとゆらゆら左右にゆらめく挙動不審。トラボルタが『バトルフィールド・アース』以来の衝撃的に頭悪すぎるビジュアルで迫真の主演です。かつて見せそうで見せたことのない涙出そうになるような痛

  • 『パブリック 図書館の奇跡』

    なんか実話なんですかこれ?似たようなことがあったみたいですね何やら。凄く面白かったです。ホームレスが凍死したくないがために、パブリック図書館で立てこもって、暖をとってみた話。ピザ食べて、寝そべったり、ボードゲームやったりする平和な時間を過ご

  • Appleオリジナル 『グレイハウンド』

    AppleTVにトライアル体験中の最後の日の6日目に、見逃してなるものかと気合で観たのがこれ。憧れのオリジナル長編映画『グレイハウンド』だったりする。第二次大戦下、イギリスまでなんか運ぶための商船団の護衛艦隊を指揮するグレイハウンドが、奇襲

  • 『ワンダーウーマン1984』

    面白かったとは正直言えないです。ガル・ガドットさんのワンダーな美しさを拝むためだけに存在する贅沢な動画ですwその価値としては高いですね。最初のアマゾネス世界での金色をあしらった巨大な大袈裟な装置を配したサスケ選手権がバカ丸出しで最高だったか

  • 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

    前作のQしか観てないので、何やってんのか、何言ってんのか、誰が誰なのか分からなかったです。そもそもエヴァンゲリオンとは何なのかさえあんまり分かってませんwアマプラでせっかく観れるみたいなので、とりあえず観たw話の意味がほとんど分からなかった

  • 『リトルシングス』

    時代設定がいつなのかちょっといまいちわからなかったけど、そんなに昔でもなく、現代でもないんでしょうね。カリフォルニアのどっかの街で女性ばっかが猟奇的にブチ殺される悲惨な連続殺人あって、捜査も進まない中で、田舎保安官代理を務める訳あり過去黒歴

  • 『ザ・ハント』

    うすうすというか、バレバレで分かってはいたけど、やっぱりスゲー面白かった。我慢できずに白状するけど、ポスターのこの女の人がメチャクチャ面白い人ですとりあえずwまぁ、それはまた後ですwブラムハウスの素敵なフィルモグラフィにおいては断然トップク

  • 8月6日公開!『ワイルド・スピード ジェットブレイク』試写会。

    やっぱワイスピだよね!ワイスピ観ておけば人生安泰。家内安全。ねー。日本最速の一番乗りなんじゃないかってぐらいのスピードで最初に観てきました。『ワイルド・スピード ジェットブレイク』というシリーズ9作目です。この突き抜けてバカみたいな邦題の時

  • 『ブラック・ウィドウ』

    やりました。『ゴジラVSコング』に続いての夏の大作を見逃しませんでしたオレはw持ち前の冷めた姿勢と配信映画の勢いによる映画館離れが深刻な昨今なので、どーせ見逃すかなって心配してたんですが、なんのその。世間の『ブラック・ウィドウ』への熱がまだ

  • 『ミッドウェイ』

    いつも通りの思っていた感じ通りのエメリッヒの映画でした。なにはともあれエメやんでした。なんか史実なんでしょこれ?太平洋戦争でミッドウェイでの日本軍と米軍の歴史に刻む海戦があったと。日本軍の奇襲作戦の暗号解いた解読班の人たちや爆撃機の命知らず

  • 『ハード・ナイト』

    クリスマスイブの夜だけど、天気の悪い香港の遺体安置所に、マスク扮装の武装した3人組がやってきて、何やら理不尽な要求してくるけど、担当の監察医と助手の女の子が頑固で言うこと聞かないので抵抗しちゃいましたという話。観る前からどうでもよさげだなぁ

  • 『ゴジラVSコング』

    3か月ぐらいぶり以来の映画館への出向にふさわしいドカーンと一発派手にめでたくキメたい1本といえば、これはもー、『ゴジラVSコング』以外にないじゃんと。とゆーか、世の中的にはこの前解禁されたスカヨハの『ブラック・ウィドウ』がごぶさたすぎるマー

  • プライムオリジナル 『トゥモロー・ウォー』

    アマゾンの映画です。アホみたいな話だったけど、やたらと面白かったです。いきなり未来から未来人がまばゆい光のワームホールの中からやってきて、2051年の未来から来ましたって言ったと思ったら、宇宙生物に襲われて人類が滅亡しますから大変なので助け

  • 『ファンタジー・アイランド』『バクラウ 地図から消された村』『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』

    『ファンタジー・アイランド』どんな夢も欲望叶えてくれるらしいファンタジー・アイランドに行ったお客さんたちが現地で思いもしないトラブルに見舞われるヤツです。設定はいいとして、とにかく知恵遅れすぎて言葉を失うような映画でした。なにやってんのか全

  • 『スパイの妻』『ニュー・ミュータント』『ノンストップ』『ボルケーノ・パーク』

    『スパイの妻』クロキヨでした。第二次大戦中の日本での一組の夫婦が展開する不穏な心理ドラマ。貿易会社の夫が満州から帰ってきたら、実は日本軍のおぞましい蛮行人体実験の証拠持ってきてて、ひそかにアメリカ渡って敵側に渡そうとしてたのだ。それを知った

  • 『スパイ・レジェンド』

    ピアース・ブロスナンです。スパイのヤツです。ボンド以来のスパイです。だから面白いですw当たり前のように面白かった。あまりに敏腕すぎてるあまり引退したのに現場復帰のお呼びをかけられたCIAのレジェンドなスパイ、ピアース・ブロスナン様が、早速の

  • 『デンジャー・クロース 極限着弾』『ワイルド・ローズ』『グリンゴ 最強の悪運男』『ルース・エドガー』

    『デンジャー・クロース 極限着弾』ベトナム戦争で南ベトナム軍に加勢してたオーストラリア軍の実話でした。ベトコンが近くに攻めすぎててデンジャークロース迫撃頼まれたので、躊躇しつつも思い切ってやってみたら、音沙汰なくなって、少数の中隊が助けに仲

  • 『タイムリミット  見知らぬ影』

    なんかスペインだかどっかの映画のドイツのリメイクらしいです。シンプルだけど、どう転ぶのかハラハラとまんまと手に汗握らされるシチュエーション・スリラーでした。主人公のオッサンが娘と息子を学校に送っている運転中に、正体不明の何者かから座席に爆弾

  • 『ゾンビランド ダブルタップ』

    サブタイトルのダブルタップってムダにつけてますが、これってマジでどうでもいいんですよねwダブルタップ。なんやそれとw一応ね、なんとなく触れてはくれます。ダブルタップって何ですかってことを教えてくれます。全然どうでもいいテキトーな説明だけあり

  • 『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

    ハリポタやダ・ヴィンチ・コード並の大人気シリーズの第三部の出版をしたい出版社の偉い人が、売れ行き良い9か国での世界同時出版のために、9人の各国翻訳家を雇用して、電子機器持ち込み厳禁で、警備員による監視付き厳戒態勢の地下室に閉じ込めて翻訳させ

  • プライムオリジナル 『星の王子ニューヨークへ行く2』

    理屈なしに楽しかったです。ニヤニヤと笑って、ちょっと泣けました。笑いと感動。楽しい時間を過ごせます。それはほぼ間違いないですね。エディ・マーフィの映画は一つ残らず全部楽しいし、面白いのしかない。これもその例に漏れないひとつです。もーね、..

  • 『TENET』

    今頃になって観てしまいましたw予告がメチャクチャ面白そうで、公開されるのを待望満点で凄く観たかったのに、なぜか映画館で堂々と見逃して、レンタル開始しても新作料金がもったいなくてそれでも観ず、100円キャンペーンだからということでやっと借りて

  • 『ヴェテラン』

    そんじょそこらのイーライ・ロス映画なんかよりずっと血なまぐさくて、本気度が違いました。いやー、ホントいい映画でした。老体だって鞭打ちながら頑張って生きてるんだと思いました。主義主張するお年寄りをとりあえず老害呼ばわりすることが平然と見過ごさ

  • 『ANNA』

    リュック・ベッソンでした。やってることは昔から変わらないですね。でも、そこはそことして面白かったです。映画としては『マラヴィータ』以来ちゃんと面白かったヤツw市場の屋台でスカウトされたモデルの女の子が実はソ連に雇われた凄腕の殺し屋でしたって

  • 『ライブ・リポート』

    だからといって、ジャーナリストが現場から生中継する話じゃないです。半分当たってるけどwスゲー面白かった。警察署長の娘誘拐事件の捜査中に、逃走中の容疑者を見つけた中年白人警官とたまたま居合わせた素人ニュースサイト運営のジャーナリストの女の子が

  • 『ザ・クーリエ』

    アクション映画でした。犯罪組織の大ボスさんを殺人罪で起訴するために保護された目撃証人が、殺し屋に暗殺されそうになって、そこにたまたま居合わせた裏社会で稼ぐクーリエ、つまり荷物の配達人が、実は強い元軍人で、成り行きで助けてくれましたという話。

  • 『悪人伝』

    いつもの韓国映画の調子出てました。まぁ面白かったですね。アジアで一番元気。やっぱ違いますね。韓国は。ヤクザの親分と血気盛んな刑事が組んで、サイコな連続殺人鬼を捕まえようとする話です。ヤクザの親分がマ・ドンソクなんで、とりあえず腕っぷしが人間

  • 『ジョジョ・ラビット』

    戦争のヤツです。第二次の方の戦争やってたドイツで、ナチス信奉が行き過ぎて空想上でヒトラーを友達にしちゃってるドイツ人少年の日常と心の変化をかなり面白おかしく、シビアな戦時下の現実と交えて描いてました。映画として凄く「戦ってる」作品でしたよね

  • メルギブの新作映画を軽く紹介するだけの記事。

    『リーサル・ストーム』『フラッド』『ワイルド・ストーム』の次はコレ!w 待ってました!災害パニック+強盗スリラーを一緒に楽しめるタイプのオレの好きなヤツ。かつての『ブルークラッシュ』女優のケイト・ボズワースは最近こんなB級映画でしか見かけな

  • 『ブラック・アンド・ブルー』

    警察という権力を振りかざす嫌らしい人たちがいて、人種的な理由で不当に扱われる人たちがいる。そんなの間違ってるよ、変わらないとダメですよってゆーことを言ってました。ブラックとブルーの構図。まさに今らしい作品。アメリカ社会の現状への怒りや不満を

  • 「ナメてた相手が実は殺人マシーンだった話」についてのお知らせ。

    映画好きなみんながやりがちなこのネタですね。誰もがすでにどこかでブログに書いているおなじみのなんの変哲もないネタです。オレも今更やってみたくなりましたw『ランボー』ただの変わり者の流れ者だと思ってたのに、心に傷を負いすぎて危険なベトナム帰還

  • ひきこもり生活でぜひ観るべき管理人おススメNetflixオリジナル映画20選。

    どもども。調子どうすか?色々とやってられない絶望社会なので、もう永遠に自宅から出ませんオレはwこれからの時代は一部の人だけ専門的で高度な仕事してくれればよくて、特にやるべきことのないオレらはベーシック・インカムもらいながら家でネトフリ観てぼ

  • 年末年始におうち時間でダラダラと観た旧作ラインナップ②

    『ダイ・ハード4.0』この辺りからダイ・ハードって死ぬほど面白いんですよね。3でのジャクソンさんと公園で水の量の測り方でモメる話も良かったけどw ダイ・ハードって続編物のあるべき姿の見本みたいなを示してくれて、本当に素晴らしい芸術作品だなっ

  • 年末年始におうち時間でダラダラと観た旧作ラインナップ①

    ども!あけおめってことでここはひとつw『アンストッパブル』実話。だけどトニスコなので軽く楽しめますw たくさん燃料積んだ暴走列車がミサイル級のデンジャラス大量破壊兵器。信頼のベテラン、デンゼルと若手クリス・パインが、世代間ギャップにもめげず

  • 2020年ベスト5映画&観なかった映画ベスト5。

    年末のいつものヤツの発表です。今年はベスト5でええやんもう。全然観てないっての。映画なんぞ。2020年映画ベスト55位『透明人間』か『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』のどっちでもいいです。4位『ランボー ラスト・ブラッド』3位『フォードVS

  • 管理人が勝手にお気に入りの女優を発表するだけの記事。

    オリビア・デヨング『ヴィジット』『ベター・ウォッチ・アウト クリスマスの侵略者』タイッサ・ファーミガ『死霊館のシスター』『ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ』アナ・ケンドリック『ピッチ・パーフェクト』『ザ・コンサルタント』アニャ・テイラー

  • S・クレイグ・ザラー監督の『トマホーク ガンマンVS食人族』『デンジャラス・プリズン 牢獄の処刑人』『ブルータル・ジャスティス』

    もー、全部傑作ですw子供と一般的な女性以外は楽しく観れます。個人的には楽しすぎて愉快なあまりお腹抱えて笑ってしまったので、ハッピークリスマス映画として鑑賞しても問題ないかもしれないw『トマホーク ガンマンVS食人族』は昔の西部開拓時代に、チ

  • 『ナイチンゲール』

    有名な人ですよね。ナイチンゲールさん。みんなにもおなじみのあのナイチンゲールさんの人柄と偉業について知ることができると期待満々に思ったのに、実際は全然違う話でしたwナイチンゲールって呼ばれてる主人公のただの芸名というかねwナイチンゲールどこ

  • 『ホーム・スウィート・ヘル キレたわたしの完全犯罪』『ミス・メドウズ 悪魔なのか?天使なのか?』

    『ホーム・スウィート・ヘル キレたわたしの完全犯罪』セックスレスは悪だなってつくづく身に染みる映画でしたね。その関係が夫婦ならなおさら悪いです。イイ年の男女が一緒に生活している状況で、セックスがないってのは怠惰であり、神への冒涜であり、反社

  • 『トゥルース 闇の告発』『ザ・クリミナル 合衆国の陰謀』

    『トゥルース 闇の告発』90年代の紛争後のサラエボに国連維持活動の監視ミッションとして民間軍事会社から派遣された警察官が、現地で法もクソも無視して横行する人身売買の実態にドン引きしまくるのだ。マトモな人格者がほとんど皆無の無法地帯。アホと差

  • Netflixオリジナル 『シカゴ7裁判』

    ベトナム戦争反対を叫ぶ運動家7人が暴動扇動で問われるNetflixの『シカゴ7裁判』です。これがまたメチャクチャ面白かった。法もクソも無視するキチガイ裁判長がインチキしまくって、見たこともないまさかすぎる横暴連発の凄絶な実録裁判ドラマ。裁判

  • ショーン・コネリーが死んだ。

    死にました。ショーン・コネリー。ちょっと話題としては遅れての記事になりますが、ショーン・コネリーさんについての偉業を振り返り、冥福祈る記事です。改めて、凄い人でしたよね。いやーホントね。とんでもない悲劇であり、社会的喪失ですね。好きな映画ば

  • 『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』『マジカル・ガール』『アンセイン 狂気の真実』

    『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ネトフリに登場しててラッキーでした。スゲー面白かったです。ポスターの時点ですでに面白いに決まってるだろって自信がみなぎり溢れ出てますけど、本当にね、冗談じゃなく面白かった。なんでしょうねこのとんでも

  • 『ドント・レット・ゴー 過去からの叫び』『リズム・セクション 復讐の銃弾』

    『ドント・レット・ゴー 過去からの叫び』両親とともに殺されたはずの姪っ子から電話がかかってきちゃって驚いたけど、過去と現在が何らかの理由でリンクしたらしいので、刑事と姪っ子が協力して事件を未然に防ごうと活躍するSFスリラー。親子のように仲が

  • Netflixオリジナル 『ザ・ベビーシッター~キラー・クイーン~』『ヒュービーのハロウィーン』

    『ザ・ベビーシッター~キラー・クイーン~』優しく、美人の憧れのベビーシッターが実は悪魔崇拝集団だったことを知った少年がやっつけたはずだったけど、同じ集団が地獄から戻ってきて、同じドタバタを繰り返す話でした。やってることは同じでした。同じ話な

  • Netflixオリジナル 『プロジェクト・パワー』『エノーラ・ホームズの事件簿』

    Netflixオリジナル 『プロジェクト・パワー』スーパーヒーロー映画の流行りにテキトーに乗っかってみただけの凡庸なアクション映画でしかありませんでした。鑑賞に堪えられる出来ではありますが、特別面白くはないでしょうね。スター俳優ジェイミー・

  • 『インビジブル・ゲスト 悪魔の証明』『ビリーブ 未来への大逆転』

    『インビジブル・ゲスト 悪魔の証明』完全なる密室で起きた愛人殺しの容疑者と反証のために呼ばれた敏腕弁護士によって遂行される事件の再検証。容疑者の口から語られるもうひとつの殺人とその隠蔽の事実。同じ事件が違う視点で巧に語られて、鑑賞者を翻弄さ

  • 『初恋』『エスケープ・ルーム』

    『初恋』三池でしたwなにやら初恋ってことだから珍しく可愛い純愛モノでも撮ったんかなと観てみたら、やっぱ三池だからハチャメチャなドタバタ活劇なのよw末期ガン判明してヤケクソなボクサーと禁断症状で幻覚見まくるジャンキー女がバッタリ出会って、警察

  • http://moviemate-sapporo.net/2020/08/22/1088/

    『マイ・スパイ』無愛想なオッサンとイマドキ小学生な女子が掛け合いを見せる楽しい1本ですw腕っぷし強すぎて諜報活動苦手なCIAスパイが監視対象の女の子に「脅迫」されて、仕方なく組む羽目になるアクション・コメディ。これはまぁね、よくあるタイプの

  • 『ドミノ 復讐の咆哮』

    まさかのデ・パルマの新作ということですwデ・パルマがまだ現役で映画作ってたことがまず嬉しいし、ホッとしましたね。面白かったです。普通に撮っていれば1時間程度で終わるよーな話なのに、そこは普通に撮りたくないわけです彼はwせっかくのデ・パルマな

  • 『パラサイト 半地下の家族』

    巷を派手に賑わした超話題作ということで、今更ながら鑑賞しました。ツタヤの無料クーポン券利用してwまぁまぁでしたw韓国映画を初めて観た、あるいは普段あんまり映画自体を観ないって層に向けて作った「ちょうどいい」作品。ポン・ジュノ映画としては、た

  • プライムオリジナル 『ザ・レポート』

    レポートです。報告書。それを書く話。これがまたそこらの役所業務で作ってる紙クズ同然のレポートじゃないわけでして。。。w飛行機突っ込んだ911起こった直後で、激怒のあまりメチャクチャに冷静失ったCIAが、テロリストなのかどうか分からない中東の

  • Netflixオリジナル 『ユーロビジョン歌合戦~ファイア・サーガ物語~』

    出た!またしても!そう!傍若無人かつ大胆不敵に映画界にブチかましてるネトフリから今年を代表する新たなる大傑作生まれちゃったねw今年一番か二番か三番かってぐらいのネトフリのトップクラスの面白さ!これでもかと最初からずっと驚くべき程面白かった。

ブログリーダー」を活用して、Moviemate205さんをフォローしませんか?

ハンドル名
Moviemate205さん
ブログタイトル
MOVIEMATE 映画 劇場 新作 Netflix 感想ブログ
フォロー
MOVIEMATE 映画 劇場 新作 Netflix 感想ブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー