プロフィールPROFILE

ジノ。さんのプロフィール

住所
水戸市
出身
水戸市

自由文未設定

ブログタイトル
ジノ。愛と青空の日々
ブログURL
https://www.xjino-love-sky.com/
ブログ紹介文
花の生活,虫なる日々,日々なる人生,四季を追う,行ってきました,それをなすもの。
更新頻度(1年)

105回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2017/12/18

ジノ。さんのプロフィール
読者になる

ジノ。さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 16,715位 16,106位 14,232位 14,160位 13,224位 13,239位 13,185位 977,699サイト
INポイント 0 10 40 10 10 10 20 100/週
OUTポイント 0 10 30 10 0 10 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 941位 910位 837位 828位 807位 807位 789位 31,385サイト
季節・四季 5位 5位 4位 4位 4位 4位 3位 394サイト
花・園芸ブログ 692位 675位 629位 623位 606位 603位 595位 19,270サイト
野の花 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 46サイト
その他日記ブログ 426位 403位 357位 362位 346位 347位 344位 27,341サイト
備忘録・メモ 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 425サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 41,209位 41,486位 43,807位 46,565位 46,601位 43,867位 39,628位 977,699サイト
INポイント 0 10 40 10 10 10 20 100/週
OUTポイント 0 10 30 10 0 10 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 2,011位 2,046位 2,101位 2,240位 2,256位 2,122位 2,003位 31,385サイト
季節・四季 9位 9位 9位 9位 11位 10位 10位 394サイト
花・園芸ブログ 1,288位 1,270位 1,343位 1,378位 1,385位 1,337位 1,206位 19,270サイト
野の花 5位 5位 5位 6位 6位 5位 5位 46サイト
その他日記ブログ 808位 822位 859位 938位 937位 843位 778位 27,341サイト
備忘録・メモ 5位 5位 5位 7位 6位 5位 4位 425サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,699サイト
INポイント 0 10 40 10 10 10 20 100/週
OUTポイント 0 10 30 10 0 10 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31,385サイト
季節・四季 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 394サイト
花・園芸ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19,270サイト
野の花 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 46サイト
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,341サイト
備忘録・メモ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 425サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ジノ。さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ジノ。さん
ブログタイトル
ジノ。愛と青空の日々
更新頻度
105回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
ジノ。愛と青空の日々

ジノ。さんの新着記事

1件〜30件

  • 2019年11月4日,袋田の滝の紅葉情報

    ありえないことです。この私が紅葉の季節の袋田の滝にいるなんて。 いつものリンゴ買いだけのはずでした。混雑する前にと朝8時半に水戸を出発。それでも紅葉の季節の国道118号は絶対に混むので山一つ東側の国道461号を北上しました。 おなじみ袋田の「豊田りんご園」。台風19号の時の流木が入口の橋に引っ掛かったままです。 手前の「花嫁」という品種が小さくて真っ赤で,ほんとに可愛らしかったなあ。 買い物は済みました,さてどうしよう。リンゴ園の周囲は紅葉もこれからというところ。峠の向こうは袋田の滝。まだ人出は少ないかな …… 滝に行ってみようなんて気になってしまった,さあ大変。 これまで何度も申し上げてます…

  • 英語外部試験とシンゾーくん

    (この記事は私が執筆を予定している「ボンボン首相一代記笑」という小説の一篇,そのストーリーボードです。実在する人物・組織には何ら関係いたしません) (いつもの読者の皆様へ 今回はかなり毛色の変わった政治的というか教育的というか,そんな内容です。別人が書いてると思って無視してくださいませ) ここに一人の政治家がいました。名をシンゾーくんと言います。 代々続く政治家の家系で,もちろんお金持ち。必死で努力したことも食うに困ったこともありません。与えられた役割さえ演じていれば安泰です。野党が粒ぞろいのせいか血筋のおかげか,どんな失策をしても選挙には勝ってしまうので外国の政治家からは気味悪がられています…

  • 2019年11月3日,今日の鶏足山のお花とか

    久しぶりの鶏足山です。お花の写真とかです。 朝9時少し前に到着。と見る間に駐車場が埋まってしまいました。あと1分のんびりしてたら停められなかった。 周囲は青々と茶畑。 台風からもう3週間経っているというのに,川は増水したまま。 あれれ。軽トラならずっと上まで行けたのに。 道が。 これ,道? 何があった。 み,道があぁ。 表土もアスファルトも流されて岩盤がむき出しです。 登山道の一つが通行止め。 どうやらこのファミリーコースの沢からの鉄砲水が,道路をあんな有様にしたようです。 気を取り直して,お花とかをお楽しみくださいませ。 アカバナユウゲショウ。アカバナ科の帰化植物。キレイだから外来でも許す。…

  • 茨城の紅葉

    紅葉の名所なんてのは日本全国いくらでもあるもので。茨城においでくださいなんてうっかり言えない。 それでも人に聞かれれば,ひたち海浜公園のコキアとか言ってみます。 この写真は2014年の11月2日。盛りを過ぎていましたが,かえって人も少なく,コスモスがきれい。 あと有名どころとしては高萩の花貫渓谷かな。写真がないのが申し訳ないけど,私が知る紅葉の県内観光地では最高です。一面の真っ赤なカエデのトンネルは絶景と言ってもいい。 でも私は,いつも申しますが人の多い場所は苦手なもので,あえて紅葉を見に行くために名所観光に出かけることはありません。自然観察に行ったら紅葉キレイ,みたいな

  • 奥久慈の紅葉/奥久慈憩いの森

    奥久慈憩いの森というのは,かつて昭和天皇が行幸し植樹祭が行われた所です。袋田の滝の上流,里美方面に抜ける猪ノ鼻峠の手前にあります。 園内いたるところに石のモニュメント。あの時代,こういうのが流行りました。 森の専門家の私が見ても「感じ」がいい,不思議な穏やかさに満ちた森です。落ち葉の香りに身を包まれるこの感覚。 広大なうえに起伏が大きく,ちょっとした探検気分になれます。おやこれは何だろう,なんて。 紅葉の美しい年でした。 秋の終わりを告げる花,リンドウ。 センブリ。同じリンドウ科です。 2010年の11月7日,今はもう揃うことのないメンバーで行った時の写真でした。あの時のみんなは,元気でいるだ…

  • 奥久慈の紅葉/男体山

    奥久慈の男体山。このブログに何度も登場する,私の大好きなフィールドです。棚倉断層という大断層のせりあがった一番高いピークです。 これがその棚倉断層の断層面。有名な「袋田の滝」もこの続きなのだ。 男体山頂。紅葉の時期の遠景写真がありませんでした,ごめんなさい。これが一面に赤や黄色に染まるんです。 山頂のほこら。最近人が増えたせいかまわりが崩れてます。 紅葉の時の南側からの眺め。左が長福山で,右に紅葉した男体山のピークが見えてます。 一面,紅葉する樹種です。 草紅葉も美しく。 断層の下を縫っていく林道があって,そこを走るだけで十分に絶景ですが,私はやはり登山をお薦めします。 わかりやすく言うと,こ…

  • 奥久慈の紅葉 /八溝山

    今年は紅葉を見に行けるかなあ。リアルタイムでご案内したいところですが,明日のことはわからない。過去のフォルダーから抜き出して茨城の紅葉をご紹介します。 茨城の紅葉は11月。標高の高い八溝山から始まります。 鍋足山山頂からの八溝山。なだらかな三角錐,高さはわずか1022メートル。 これが茨城の最高所。 実は植林地が多いのですが,山頂近くの稜線にはブナの森。旧参道沿いも自然林が残されています。 以下,撮影日時は2014年10月31日です。 シラキ。トウダイグサ科。 ハウチワカエデ。 オオモミジ。 ミヤマガマズミ。 アキノキリンソウ。 コミネカエデ。 ヤマアジサイ。 チドリノキ。こう見えてカエデの仲…

  • 洪水後の久慈川で

    不謹慎な話です。どうかお許しを。 久慈川に大水が出ると,メノウが目にちらついてつい喜んでしまう自分が恥ずかしい。特に今回は死者まで出たのに。 そんなヤツなんだとご了解ください。手短にご報告します。 洪水発生から一週間,以前にご紹介した小貫橋のポイントに行ってみました。橋のたもとにあった印刷会社は泥に埋まり,いまだ後始末のさなかです。運転席で頭を下げながらそっとそーっと脇を通り抜け川沿いの砂利道を行くのですが,途中で泥が深くなって車はそこまで。先行した車のわだちはあるのでターボ四駆のマイ・ジュークが行けないことはないでしょうが,用心します。 土手の上にまで漂着物。 河原の石はその後の雨で表面がき…

  • 洪水と人と生きものと

    夜半まで暴風雨。水戸は大洪水になりました。 飛び交う救助のヘリコプター,これは自衛隊のUH-60。そういえば30年前の洪水では今は退役したV-107「バートル」が大活躍してましたっけ。 田野川と那珂川の合流部。 「田野川」は通常は幅4メートルくらいの,谷津田の湧き水から田んぼの用水路を経る,何ということのない長さ数キロの小河川です。水がきれいでゲンジボタルが生息しています。秋にはサケが産卵に来ます。 それがこんなことになろうとは。あのわずかな流域面積で,よくこんなに水が出たもんだと。

  • 夏の後始末/ログキャビン虫払い

    台風で停電になる前に記事を上げておこう。 ホームセンターのガーデン・エクステリアコーナーの隅に並ぶログキャビンを覗いたことはありますか。 小さな可愛い木のおうち。え?こんな家がこんな値段で手に入るの? はい,セカンドハウスを持てない庶民のココロをくすぐる魔の誘いでございます。 で買っちゃったんだよなあ。ああ庶民。 もちろん大して使うこともなく放っておいたら,父が。そう,どんなモノでも絶対に捨てない,モノはひたすら平らな場所に置く,そんな命令を延々と遂行するロボットとしか思えない父が,おがくずやらヌカやら土の付いたイモやら菜っ葉やらの置き場にしてしまいました。 それはつまり,種々雑多な虫を誘い入れるということ。わが父ながら,本当に迷惑なことしやがる。

  • 災厄がやってくる

    大災厄がやって来ます。ワルプルギスの夜,と命名しました。 家の百本近いエネループはすべて追加充電しました。懐中電灯やランタンは,合わせて20基あります。 買い置きの「南アルプスの天然水」は十分量。停電になったらすぐに

  • 決戦!オオスカシバ

    9月がいつまでも暑かったので,庭の整備をサボってました。油断しました。クチナシの主幹の枯死に気を取られたこともあり,オオスカシバの跳梁を見逃してしまいました。 ご覧の通り。9月後半から10月初めに若齢幼虫を見逃すとこういうことに。 だいぶやられましたが,未来に禍根を残さないためにも最終決戦です。殲滅せねば来年もやって来ます。さあこい緑の忍者。 これが卵なのかなあ。素早く産卵していくのでしょう,その現場を目撃したことがありません。 一齢幼虫。こいつが新芽をかじるので,我がクチナシは葉を増やすことができません。 上手に葉脈に沿って静止するともはや緑に紛れます。 叩き落として処分。昔はよそに逃がした…

  • ざくろ沢の花とか〇〇シとか

    内容がワンパターンなのであえて記事にしませんでしたが,9月に入ってからもざくろ沢に行ってます。 今のお道具 ザクっと取って ふるいに入れて 石を除き パンニング皿でガッシュガッシュと回して出来上がり で赤いのが採れるんですけど 阿武隈山地でパンニングするのに難があるとすれば,やたら磁鉄鉱(砂鉄)や角閃石や,重い有色鉱物が多いこと。パンニングだけではざくろ石が集まりません。よその川のパンニングの様子を拝見すると,回すだけで皿の底が真っ赤になる川もあるようですね。羨ましい。 とにかく磁鉄鉱だけでも除こうと磁石を 砂鉄がこんなに。比重を考えると重さにして三分の一は砂鉄です。残った砂からからピンセット…

  • 海風に吹かれて生きものやメノウを見る

    毎年ストレスで体調を崩す9月です。責任ある仕事が降りかかって心身ガタガタ。そのたびに海岸歩いたり山歩いたり。休日にのんびり過ごしてバランスを取ります。 さて今日は 砂浜海岸 玉石海岸 貝殻海岸 …… が連続する,私がメノウ海岸と呼ぶ浜を歩いて,そこで見たものをご紹介しましょう。 砂浜では海浜植物でまだ開花しているのがいくつか。ほとんどは以前の記事で触れたものです。 シロヨモギ ネコノシタ ハマニガナ ミソハギ 海浜公園にいたヤマトマダラバッタがここにも。 照明塔の下にうずくまっていたのがクスサン。樟蚕と書きます。大きくて大人しい蛾です。幼虫のシラガタロウはいつぞやの記事で触れましたっけ。 ルリ…

  • クチナシ枯れて夏の庭 オオスカシバ,ルリタテハその他

    9月の頭,まだ夏が続く頃。 庭のクチナシ,そうあの私とオオスカシバの戦いの舞台となるあのクチナシの,主幹が枯れました。 思えば亡くなった祖父が我が家に連れてきたのが半世紀以上前。たぶん元は普通のクチナシに種子のできない八重クチナシを接いだものだったと思います。しかしいつの間にか土台のクチナシが育って入れ替わってました。そしてずっと鉢植えのままいじけていたのが,9年前に庭に地植えにされてみるみる成長。毎年たくさんの芳香振りまく一重の花,そしてヒヨドリに狙われる美しく奇天烈な果実をつけるようになりました。

  • 畑のお茶屋さんが期待通りだった件

    天気予報のウソつき―。三連休大荒れとか言って大して降らなかったじゃんー。 とりあえず悪い方の予想を言っとかねばならないお立場もわかりますがね。 さしたる予定はなく,といって今さら遠出する気にもなれず。で思いついたのが,ちょっと久慈川見てみようかなっと。ええ久しぶりのメノウです。 ここは常陸大宮市と常陸太田市(紛らわしくてごめんなさい)の境。地理院の地図には名前のない橋です。洪水の時には沈下するタイプの通称「地獄橋」。あとで聞いたら,実際この橋では事故が多いとか。 増水してますが水はキレイ。 目指すはあの河原。ああ,思ったより狭い。まず見た目で落第です。 このカナムグラの藪を越えろって? カナム…

  • 夜のとばりのカラスウリ

    昨年の記事(真っ赤な秋のカラスウリ - ジノ。)で,カラスウリの花の写真が無い,来年撮ってここに貼り付けます,なんて書いたことを思い出した。いけねえ,約束は守らねば。 まずは明るいうちにロケハン。昨年トリカブトの写真を撮ったあたりがいちばん家から近いかな。 夕方6時ではまだつぼみ。宵闇に咲く幽界の花です。 なんかヤバそうなのがいた。いかにも夜に蠢きます,みたいな。気を付けよう。 暗くなって出直すと,はい咲いてました。夏のころから咲いているので,早いのはもう実になってます。 カラスウリは雌雄異株。これは雄花。開きかけなのか雄花はこんなものなのか。 こちらは雌花。3つの柱頭が見えます。でも見かけ上…

  • 荒天のあと

    今日2019年9月16日。珍しくリアルタイムの記事を書きます。 一週間前の台風15号で千葉の方は大変だそうですね。私もBSアンテナを壊される という大被害を受けたのは前の記事の通りです。 昨日久しぶりに御岩神社に行ってきて,被害らしい被害がないのに安心しました。木の枝はだいぶ落ちたろうけど,すっかり片づけられて。 そして今日,千葉はまた台風崩れの低気圧に襲われたようで,お気の毒です。こちらも朝から本降りの大雨でした。午前中は降り続くとか。 晴れたら久しぶりにざくろ沢か久慈川に行きたいところでしたが,まあ水辺は自殺行為と正しく判断。いや私も台風が来たら用水路を見に行くくらいの男になりたいものです…

  • すべてを失った

    すべてを失いました。 いえ,録り貯めたアニメのことなんですけど。 9年間使ったT社のブルーレイレコーダーが,突然いっさいの反応を停止したんです。直前まで何の兆候もなかったのに。 ハードディスクいっぱいに貯め込んでいた深夜アニメが雲散霧消してしまいました。再生も読み出しもできません。ついでにダビングを仕掛けて挿入したままだったBRディスクも取り出し不能です。 まうー まうー 久しぶりに「まう泣き」が出てしまいました。これで「魔法使いの嫁」も「宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」も,全話CMカットまでした後でこれはダマされたと気づき全話消去のタイミングを計っていた「荒野のコトブキ飛行隊」も,誰も期待しち…

  • ヤモリが出た

    家の中にヤモリが出た。この高断熱住宅にどうやって入った。いやそもそも,この家にいたのか,ヤモリ。 茨城県はニホンヤモリの分布の,太平洋側の北限です。温暖な県南や県東には普通にいるのですが,水戸ではものすごく珍しい。見たという話を聞かないのに,我が家ではこれが2度目。5年くらい前,やはり子供のヤモリを同じ居間で見つけました。あれの子孫なのかな。

  • ひたち海浜公園・大砂丘

    8月末,いつもの生物屋さんたちとひたち海浜公園の「大砂丘」を歩いてきました。

  • 澄んだ水と風の町 /勝山市で過ごした一日

    巡検2日目。昨日に続き,福井県勝山市です。 人口は二万二千人ちょっと。母体となった勝山町は繊維業で栄えましたが,今は恐竜の産地として有名です。著名な出身者に天龍源一郎,三屋裕子,花菱アチャコ …… ってなに,この幅の広さ笑。 質素な市庁舎というのも好感です。 高い建物もなく,道を走る車も少ない。空の広い土地が好きで,渋滞大嫌いの私にはとても印象の良い街です。市街を貫くのは九頭竜川。クトウルーと読めるってだけで私は大喜び。今回,この川は巡検の観察地になってないのが残念です。うわさに聞く暴れ川の河原には何があったろうなあ。 夏の日本海側は暑いぞと脅されていたのですが,思ったほどではありません。むし…

  • 恐竜王国に行ってきた

    今夏も高校の地学の先生方の巡検に混ぜていただきました。テーマは「恐竜王国を見に行こう」。燃えるぜ。 水戸を出て8時間。高速道路を乗り継いで,ようやく着きました福井県勝山市。私には恐竜=福井というイメージはなかったのですが,同僚(文系)に恐竜を見に行くと言ったら勝山か,と当てられました。そうかメジャーだったんだ。

  • 2019年8月閲覧数報告

    自慢話かも。心の広い方,お読みいただければ幸いです。 一次産業から教育現場にまで経済学の概念がはびこるようになって久しい,と思います。やれ行動目標・数値目標を設定しろだの「成長」のための計画を策定しろだの顧客満足度を常にモニターしろだの。「方針」を「ポリシー」とかわざと英語にしてみたり。要するに,何のアイデアも出せないくせに何かを言わなくてはならない学歴だけの方々が,研修という名で遊びに行ったアメリカで聞きかじったことを押し付けてきてるだけなのですが。ああこんな人たちに振り回されるわれわれ庶民が本当に不憫です。役人の考えた計画経済がうまくいった事例なんてあるかってんだ。 この手の話題は項を改め…

  • そうかえんにいってきた/人生タナボタでできている

    8月21日水曜日。研修とお盆休みと昨日までの北陸巡検(別記事予定)で,久しぶりの出勤です。グダグダに疲れてます。そこに1本の電話が。 「ああやっといましたね。総火演のチケット取れましたよ。次の土曜です」 … そうかえん? 「陸自の富士総合火力演習ですよ。去年行きたいって言ってたじゃないですか」 陸自…… 富士…… 総合火力…… ええええっ 「厳密には前日のリハーサルですが,内容は本番と同じだし,駐車場券まで取れましたから」 いや,わし今疲れてるし…… そんな,急に…… 心の準備が…… 「なに小娘みたいなこと言ってるんですか。チケットなかなか取れないってのは知ってるでしょう。渋滞キライなのは知っ…

  • 花園のブナ林で冬虫夏草サナギタケを見る

    1年ぶりに北茨城・花園のブナ林を訪ねました。いえ神社まで行ったことは何回かブログ記事にしましたが,ブナ林はそのまた奥の奥。重なる森のかなたです。 以前の記事でも触れましたが,ここのブナ林ではかつて多様な冬虫夏草を観察しました。その頃はこの奥山まで少なくとも月イチで通ったもので,まあ夢中だったんでしょうね。近年はすっかり足も遠のき,たまに来る程度では発生時期が微妙な冬虫夏草には出会えません。甘い者に自然は手厳しい。今日も期待はしないでおきましょう。 前日まで猛暑。この日から東風が吹いて森は霧に包まれています。この森の主,巨ブナも霧をまとって。 林床はしっとりと露に濡れてますが,沢に水がないのはこ…

  • 炎熱下の行進をマメハンミョウはどう見たろう

    質問です。最も高温に強い動物は何でしょう。 「強い」をどう解釈するかにもよるけど。

  • 人体標本で実習しました  【過激注意】

    最後まで読むと胸が悪くなるかもしれません。 ご了解のうえ,読み進めてください。 今日は大学で生物の研修です。 午前は大学で教えるお医者さんの講義。炎症・免疫・腫瘍・生活習慣病というテーマです。NK細胞の作用とか細胞障害性T細胞とノーベル賞になったガン治療薬オプジーボの関係とか,かなり専門的な内容でしたが質問しながらなんとか理解できました。免疫の研究ってずいぶん進んでいるんだなあという感想です。講師の筑波大出身のお医者さんが誠実でお話が上手だったのも幸いでした。いや,医者にはかなりおかしな人がいることをよく存じているのですが,筑波大の方は概してまともです。 午後は解剖学実習。何をやるのかと思って…

  • 久慈川メノウ拾いのついでにお寄りください歴史民俗資料館

    仕事で山方宿やまがたじゅく,そうです久慈川の流れる旧山方町方面に行って参りました。いやホントに仕事で。そもそも今の久慈川は大増水していてメノウ拾いなんかできないってば。 で,時間が空いてやることが無いのでご当地の歴史民俗資料館を覗いてみました。 この立派な建物は「山方農林漁家高齢者センター」。 その後ろに控えめに建っているのが「歴史民俗資料館・山方館」。もちろん常陸大宮市に合併される前は「山方町歴史民俗資料館」だったわけで。 玄関を開けると管理人室からおじさんが飛び出してきました。土曜というのに本日の来館者,私ひとり。館内は照明も冷房も消されてます。なんか寂しいというかわびしいというか。以前「…

  • きのこ博士と梅雨キノコ

    山田川でメノウを拾ったあと。今日は休日を使い切ります。 やって来たのはここ,きのこ博士館! 広大な茨城県植物園の付属施設として作られました。ここだけなら入館無料。子供連れの皆さんの定番スポットです。 エントランスからしてこれ。もう20年も前に作られたままなのですが,いつもこのアカデミックなウソ事,造り込まれた小道具,幻想と現実の融合の見事さに魅入られます。 小さな施設ですが,館内はいつも照明が抑えてあってとても静謐。子供が駆け回っていても気になりません。涼みながら一息つきたい時にお薦めです。 茨城でキノコというと,キノコ写真で有名な伊沢正名さんがおられます。たぶんそこらのご縁もあるのでしょう。…

カテゴリー一覧
商用