searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ノーマン トミタさんのプロフィール

住所
枚方市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ノーマン趣味悠々
ブログURL
http://normanrich.at.webry.info/
ブログ紹介文
趣味三昧の日々の記事を載せてます。 陶芸、ゴルフ、ギター演奏。 その他、絵画、水泳など。
更新頻度(1年)

116回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2016/12/04

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ノーマン トミタさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ノーマン トミタさん
ブログタイトル
ノーマン趣味悠々
更新頻度
116回 / 365日(平均2.2回/週)
フォロー
ノーマン趣味悠々

ノーマン トミタさんの新着記事

1件〜30件

  • だれでも出来る陶芸絵付けスーパーテクニック

    陶芸好きの人はだれも絵付けをやって見たいと思ってます。でも難しい。イッチン描き、下絵付け、色釉の組合わせ、色釉で赤絵調の絵付けの裏技の紹介します。

  • 陶芸電気窯の入荷 日本電産シンポ DMT-01

    今週は待ちに待った陶芸用の電気窯が我が家に到着しました。この準備などに時間が掛ったためにブログは少し休ませて頂きました。

  • 陶芸に素振りは必要 大物花瓶の制作

    大谷の活躍が凄いですね。アメリカのメディアでは、毎日のように大谷が取り上げられています。大谷はベーブ・ルースをはるかに超えているとか、今日のヤフーニュースで書いてありました。先週は、昨日の絵付けをやったり、そして、磁器土での大物花瓶の制作をやってました。

  • 小型陶芸電気窯の発注、マルチフェイス鋳込み花瓶等の下絵付け

    先日ブログに書いた、アメリカ大統領の手紙と小切手、ネットニュースなどにも載ってます。

  • ゴルフ全米プロ選手権開幕・大物磁器への挑戦。

    今年のゴルフの全米プロ選手権が開幕しました。この全米プロ選手権もゴルフのメジャーの競技会です。今年のメジャー第一線を制した松山はどうなるか。今日で二日目が終了で、松山プロは3アンダーパーの4位の絶好の位置に付けてます。日本からの金谷と星野は、それぞれ、19オーバーと12オーバーで予選落ち。今回のこの大会はキアワアイランドゴルフリゾート・オーシャンコース (サウスカロライナ州)◇78…

  • 直近の本焼きと施釉の失敗と対策

    モデルナとアストラゼネカの新型コロナワクチンの承認がやっとされました。ファイザーとモデルナはアメリカのメーカー、アストラゼネカは、イギリスのメーカーで何百万人の内、4~5人位の率で血栓が出る可能性があるとメディアが伝えてます。それにしても、この承認遅くはないですか?海外では、すでに十分すぎるほどの接種実績があるのに。何を審査会はチェックし、何か新たな問題でもあったのだろうか。これは推測…

  • 還元焼成 絵付け磁器皿、マルチフェイス花瓶、蓋物等

    今日も引き続き、本焼きの紹介です。最近の絵付けは上絵付が多いのですが、下絵付けの作品を紹介しましょう。

  • バイデン大統領からの手紙 枚方伝統工芸展 出展候補作品 【白磁彫木の葉鎬文様尺皿】

    昨日京都から帰宅すると、アメリカ ホワイトハウスからの手紙が届いてました。何と、アメリカのバイデン大統領からの手紙です。ビックらポン!何でアメリカ大統領から。。何だろうと読んで見ると、American Rescue Plan(アメリカ救済計画)に関する手紙です。実は最近アメリカから、家内と私宛てに別々に1400ドルのチェックが届きました。約30万円。アメリカに居た友達数人も同じような小切手が送られて来た。どうし…

  • もう一つの職人技の作品紹介 透かし彫り香炉

    今年の枚方伝統工芸展は枚方市の新たな芸術文化センター(正式名称は知りません)が9月に開設するそうで、その時のイベントとして開催されるそうです。そして、一般公募も今のとこるは予定されているようです。詳細は7月頃の広報に載るそうです。一般公募は一人一点のみだそうで、少し物足りませんが、出展応募をしたいと思ってます。明日、この数か月分の還元焼成の作品が出来ます。その中には、尺皿も2点ほど…

  • 職人さん 絵付け師のプロの技 蓋物の下絵付け

    皆さんコロナワクチンの予防接種の予約はお済ですか? 私の方は、受付開始初日インターネットで予約をしました。電話や、かかりつけの医者の方は多分電話が殺到して難しいと思ったので、スマホとパソコンを使い受付開始の5分前にアクセスしたら、大きな病院は最初から予約出来ない状況でした(何故なんだろう。予約開始前から、埋まっているのは)が、なんとか5月28日と6月4日で初回の二人分の予約が出来ました。一回…

  • たたら作りの花入れ 自作のたたら粘土のカッティング道具

    たたら作りはいろんな形の変わった作品が出来ます。コロナ禍の巣ごもりの中、花入などの制作は如何でしょう?たたら作りは基本的なやり方を覚えれば簡単です。趣味の陶芸にふさわしい雰囲気の作品を作って見ましょう。

  • 市松文様皿の成型

    陶芸の練り込みの市松文様。練り込んだ粘土ブロックをスライスして成型型を使って仕上げて行きます。正しいやり方をしないと、剥離や大きな変形が出て失敗をします。一寸した裏技で、小さな角皿を作りました。

  • 久々の練り込み 市松文様小皿

    陶芸の練り込みで小皿を作って見ました。練り込みビギナーに最適な市松文様です。2種類の色の粘土があれば、簡単に出来ます。必要なのは、たたら板、切り糸などの基本的な道具で。市松文様のたたら板が出来たら、型を使って成型。無ければ、手で成型をしたら出来ます。

  • Solo陶芸のお勧め たたらで作る楕円皿

    コロナ禍の真っ最中。Solo陶芸に臨みます。自宅でも簡単に出来るたたら作りの作品。轆轤では作れない楕円や角皿などを作ります。道具も最低限度で作れますので、巣ごもりには最適でしょう。

  • 緊急事態宣言下の巣ごもり 上絵付のお勧め 上絵付け作品紹介

    陶芸で是非やってみたい上絵付。でも絵付けは難しい。でも、上絵付け用の転写紙もあり、これであれば、子供でも出来ます。でも、自分オリジナルの作品を作りたいと言う事であれば、上絵具や用具を準備する必要があります。絵具には色んな種類がありますので、最初は、食器にも使える耐酸性絵具を使ったら如何でしょう。百円ショップの白磁などに絵付けをして見ても面白いですよ。私のバラの絵付けのお皿を掲載します。

  • ここまでやっと来た上絵付 金彩焼成

    磁器のチャイナペインティング。今日は金彩の作品を紹介します。百均で購入した磁器皿に洋絵具で絵付けをして焼成。そして、金彩をしてもう一度再焼成をして見ました。煌びやかな作品になりました。

  • 今日も陶芸日和 マグカップの制作と削り そのコツと裏技で見違えるような作品が多数

    均一な作品を多数作るのは難しい事です。でも、ヘラ、だんご、トンボの良い道具と作陶や削りの手順やコツを覚えればだれでもある程度ところまでは出来るようになります。マグカップの制作を通じての裏技などを紹介してます。

  • 織部風 扇皿本焼き

    勝ちました。ついにやった松山。日本人として、そして、東洋人として初めてのマスターズ制覇。応援した甲斐がありました。それにしてもはらはらドキドキの展開。途中で、2位に5打差で楽勝かなと思いきや、16番パー5で2打目をアイアンでグリーンオーバーし、池ポチャ。その前後から、簡単なバーディーパット外すは、ボギーは叩くし、最後の18番では、2位と2打差。そして、難しい18番ティーショットは軽いフェー…

  • マグカップ製作 ターコイズブルーマグカップ本焼き

    今日もしんどい一日。何とオーガスタナショナルで開催中のマスターズで、松山が首位を独走してますよ。昨晩(今朝)は三日目のラウンドが開催されて、真夜中の一時過ぎから約8時間もテレビ放映が。。。お陰で寝不足で体内時計が狂いっぱなし。2日までは4アンダーパーでした。そして、いつもであれば調子の悪い決勝ラウンドのバックナインで大きくスコアーを伸ばします。終わって見れば、2位に4打差の11アンダーパー…

  • マルチフェイス花瓶への上絵付転写紙の応用

    昨日のブログで紹介したチャイナペインティングのYoutue動画は如何でしたか?チャイナペインティングの魅力は何と言っても、あの華やかな洋絵具の発色による絵付けですね。日本的な呉須での染付も良い絵付けが出来るのですが、やはり発色が弱いし、和絵具では、盛り絵具と言う性質上微妙な表現が出来ません。(私の技術ではと言う事ですが)

  • 陶芸も新学期 変わって来た作風 上絵付いろいろ

    長い間ブログの方は休んでいました。京都の陶芸スクールが春休みに入って、毎日がゴルフ三昧と自宅での巣ごもりの日でした。京都には本焼きの作品を一回取りに行っただけです。

  • 今日は上絵付 15cm飾り皿の洋絵具絵付け ノーマン陶芸バカ日誌

    15cmの白磁に上絵付をします。飾り皿ですので、耐酸性は必要ないのですが、洋絵具を使った絵付けをしたいので、耐酸性の絵具を使って見ました。和絵具と違って非常に発色の強い絵付けになります。この絵付け用に百均の水彩画用細筆を改造して、骨書き用筆を自作しました。

  • マルチフェイス花瓶 網目染付 ノーマン陶芸バカ日誌

    染め付けの基本的な練習の題材。網目。網目は青海波と同じような半円の繰り返しですが、染付でも骨書きの練習に最適な題材です。半円を繰り返し描いて行くだけの話ですが、下書きの割り付けの線を丁寧に描き、それを面相筆で丁寧に線の太さと濃さをそろえて描いて行きます。更にだみの練習をしたいのであれば、半丸にさらに線を追加して骨書き、そして下の2段をダミすれば、染付の練習全般になります。

  • 大皿、マルチフェイス、蕎麦猪口の下絵付け ノーマン陶芸バカ日誌

    久々に磁器皿の下絵付けをします。絵具は有田の絵具専門店の色呉須を使います。数種の呉須と色呉須で7寸皿の絵付けをして見ました。

  • 磁器大皿(尺皿30cm)の制作 陶芸に必要な割付き道具の制作

    磁器尺皿の制作も削りを終えて装飾に入ります。素焼きをする前の生の状態で、線彫りをして装飾や、イッチン描きでの絵付けを進めて行きます。線彫りは非常に手間暇かかる作業で、超硬カンナや自作の削りカンナを作ったり、又、手彫りの下書き用に分割シートを作ったりします。今回は20分割をして手彫りをして行きます。

  • 磁器尺皿の削り仕上げ こうすれば削れる磁器の削りの基本 ノーマン陶芸バカ日誌

    磁器製の尺皿の削りです。磁器は陶器と違い、自ずと道具も違って来ます。お皿の削りはやり方を間違うと大変手間のかかる作業になります。でも、正しい道具と手順、やり方を覚えればあなたもプロ並みの作品が出来る事間違いなしです。手順は陶土でも同じです。

  • 素焼き蕎麦猪口の下絵付け装飾 ノーマン陶芸バカ日誌

    今週の作品の絵付けです。まずは磁器の素焼きに色絵具でも絵付けです。蕎…

  • 線彫り白磁花瓶の制作 ノーマン陶芸バカ日誌

    陶芸の中でも難しい作品の袋物です。尺皿の残土を使い白磁の花入を作りました。仕上げは線彫りで。鶴の羽みたいなものにして見ました。僅かの線の組み合わせで、面白い作品になりそうです。磁器土ですから、真っ白に作品が輝いてます。仕上げは、石灰透明か青磁で仕上げる予定です。

  • 一本の線が別ける陶芸の生命線 ノーマン陶芸バカ日誌

    季節ももう春。新たなスタートの季節です。でも、ことしの花粉は半端じゃない。今日は陶芸の一本の線のお話です。私たちの人生も、遊びも、絵画も、そして陶芸でも瞬間瞬間の判断の連続とその集合で、結果が決まっていますね。私にまだまだ未熟な陶芸の世界でもそれが言えるのではないかと思います。僅か一本の線が作品を活かすし、またその逆にその作品を殺してしまう。大変難しい世界です。ま~これは陶芸の世界だけ…

  • ここまで来たノーマンの陶芸 マルチフェイス花瓶本焼き

    昨年末、14面マルチフェイス花瓶の鋳込み型の制作から鋳込み、そして、最終の装飾仕上げとブログで騒いで来ましたが、今回はその完成作品を紹介します。今回は三点を紹介しましょう。後2点の本焼きが上がって来ましたが、青磁の作品は細かなピンホールがあり再焼成に出してます。もう一点は、下絵付けの発色が弱く上絵付をしてます。それでは作品を見て下さい。

カテゴリー一覧
商用