searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

星船さんのプロフィール

住所
静岡県
出身
静岡県

自由文未設定

ブログタイトル
星空旅・写真旅
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/mouat40/
ブログ紹介文
暗い空を探して天体写真や星景写真、きれいな空や雲を探して空の写真、美しい富士山の写真など紹介します。
更新頻度(1年)

52回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2016/05/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、星船さんの読者になりませんか?

ハンドル名
星船さん
ブログタイトル
星空旅・写真旅
更新頻度
52回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
星空旅・写真旅

星船さんの新着記事

1件〜30件

  • はくちょう座 サドル付近 IC1318

    先週の梅雨の晴れ間、短い時間ではありましたがR200SSをはくちょう座に向けてみました。サドル付近の赤い星雲IC1318です。IC1318の周りにも淡い星雲が広がっていました。 Canon EOS 6D(HKIR改造)  ISO3200 Vixen R200SS+ コレクターph D200mm f760mm  2020年6月27日 

  • はくちょう座からケフェウス座

    今週、金曜夜から土曜朝にかけて、短時間ではありますが、梅雨の晴れ間が訪れるとの予報、金曜日の午後は雷と豪雨ではありましたが、暗くなるにしたがって予報どおり晴れてきましたので出撃です。今回は新しい機材、ポータブル赤道儀JILBA-170の試運転でもありました。扱いに

  • 夏の天の川 モザイクで

    5月の遠征の時の写真です。この日は天の川も肉眼でくっきりと綺麗に見ることができました。年に何回かしかないような良い天気です。その天の川を15㎜で2枚モザイクで繋げてみました。 Canon EOS 6D(IR改造) TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD F2.8 ISO1600 2020年5月29日

  • 日食

    今日は部分日食、ですが、午後になると曇りの天気になり、どうかな?と思いましたが、雲の間から多少写すことができました。残念ながら日食最大の時は曇のなかに隠れてしまいましたが、この写真はその8分前、だいぶ欠けていました。 Canon EOS 6D(HKIR改造) ISO100 Vixen

  • M8 干潟星雲 & M20 三裂星雲

    いて座のM8干潟星雲、M20三裂星雲です。新しく導入した20cm反射で写してみました。 Canon EOS 6D(HKIR改造)  ISO1600 Vixen R200SS+ コレクターph D200mm f760mm  2020年5月29日 2:16~ 3分×19枚  57分露出   Rap2、DSS、フォトショップCS6で画像処理

  • エビ星雲 さそり座 IC4628

    先日の遠征、にわか雨が上がって快晴の夜空でした。この観測地は南アルプスのふもとで十分暗いのですが、南の空の低いところは残念ながら静岡市内の街の灯りが邪魔をしまが、この日は、このところのコロナの影響かも知れませんが、いつもよりだいぶ街の灯りが暗いような気が

  • 夏の大三角形に天の川

    この観測地は空は十分暗いのですが、視界がいまいち、この日は真夜中前に月が沈むのですが、月が沈むのと同じころ、東の山の向こうの空から夏の大三角形と天の川が昇ってきます。 Canon EOS 6D(IR改造) TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD F2.8 ISO1600 2020年5月29日 0:

  • パンスターズ彗星(C/2017 T2)

    昨晩、というか今朝ですが、空は一面の曇り空ではありましたが、月没時間の深夜には晴れるとの予報、平日ではありましたが、久し振りの天体写真をゲットしに出かけることにしました。予報どおり深夜11時過ぎには快晴になり、まず狙ったのはパンスターズ彗星(C/2017 T2)。最近

  • 夏の天の川 85mmモザイクで

    今日は雨、街のお店もまだまだ閉店が続き今週もまた家でおとなしくしています。そんなところで、本日は、過去に SIGMA 85mm Artで写した夏の天の川の画像を使って、モザイク合成にああだ、こうだと、挑戦してみました。昨年から今年にかけて写した4枚の画像をつなげたもので

  • 上弦の月

    昨日は在宅勤務でした。勤務終了後、空を見上げるときれいな上弦の月、早速望遠鏡を持ち出して写してみました。 Canon EOS 6D(HKIR改造) ISO400 Vixen FL80+ Borg レデューサー0.65 D80mm f416mm F5.2 2020年5月1日 18:40~ 露出   1/640

  • さそりと夏の天の川

    3月の連休での遠州灘海岸での撮影、真夜中過ぎに水平線から昇ってくるさそり座と夏の天の川を85㎜で写してみました。薄明開始までの約1時間弱でしたが、アンタレス付近から天の川まで、暗黒帯が長々と伸びているのが写りました。 Canon EOS 6D(IR改造) SIGMA 85mm F1.4 DG

  • オメガ星団&ケンタウルスA(電波銀河)

    二つ前の記事、「オメガ星団」は416㎜で写したものでしたが、同時に「白猫」250㎜でケンタウルスA(電波銀河)も併せて写したのがこの写真です。250㎜だとちょうど同画面に収まります。明るくて大きな球状星団と中央の暗黒帯が見事な明るい銀河、日本では南に低く写すチャン

  • さそり座からおおかみ座

    先日の遠州灘遠征、まだ3月ですが真夜中すぎると夏の星座さそり座が昇ってきます。そのさそり座の頭の部分からおおかみ座の顔の部分にかけて、85㎜で写したものです。画面右下がおおかみ座の顔の部分になります。カラフルな星雲に暗黒帯がいくつか写りました。この辺り、縦構

  • オメガ星団

    さて、新型コロナウイルスで、人込みなどへは出かけるとこができません。ちょうど月も良く、人がいない山の中への遠征にはちょうど良いのですが、残念ながら天気には恵まれませんでした。そこで、先週の遠征で撮影したオメガ星団の画像処理が終わりましたので掲載します。南

  • 月、木星、火星、土星に夏の天の川

    3連休の昨晩というか、今朝、南の空の撮影のため、遠州灘への遠征です。強風には悩まされましたが、一晩中の快晴に恵まれました。まずは、明け方の東の空、夏の天の川を15㎜で撮影しました。昇ってきた夏の天の川に、木星と火星、土星が加わりとても賑やかです。日の出直前に

  • さそり座の頭周辺

    2月の遠征、午前3時を過ぎると夏の星座さそり座が昇ってきます。まだまだ高度が低く、光害の影響を受けてしまいますが、ちょっとの間さそり座の頭の部分を試し撮りしてみました。短焦点では春の銀河は厳しい、夏の星座が待ち遠しいです。 Canon EOS 6D(HKIR改造) ISO3200

  • マルカリアン・チェーン

    今週末、ウイルス対策で人込みに行くのは止めて、人があまりいない山中への遠征にぴったりな週だと思ったのですが、残念ながらお天気がすぐれません。なので、今日は家のパソコンの前で先週写した画像の処理を進めてみました。今回の画像はおとめ座銀河団の中心部「マルカリ

  • M81 M82付近の分子雲

    三連休の土曜日、嵐の連休初日でしたが、夕飯を食べている頃には雨が上がり、星が見えてきました。機材を積み込んで北へ向かって出発です。現地では駿府星見隊のメンバーが揃い、楽しい星見撮影会が始まりました。春の銀河には私の機材では焦点距離が足りないので、この日は

  • ばら星雲 NGC2237-9

    いっかくじゅう座のばら星雲です。冬の天の川の中、散開星団NGC2244の周りを囲むように散光星雲が広がっています。星雲から上方に淡いですが2本の赤い星雲が伸びています。 Canon EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 RedCAT51(K-ASTEC Limited) D51mm f250mm  ISO3200 2019年1

  • M81、M82 春の銀河

    今回の新月期、先週は雨模様で、昨晩は満を持しての遠征に出発です。今回の遠征では久し振りに駿府星見隊のメンバーが勢ぞろいです。「撮影準備開始!」と思ったところ、夕方まで快晴だった空には雲がいっぱい、なんとか見えた北極星で極軸を合わせ、春の銀河撮影用にお借り

  • クリスマスツリー星団、コーン星雲、かたつむり星雲など

    昨年の11月から年末、お正月にかけて、新月期に良いお天気が続きました。その時の遠征時に写した写真がまだ未処理でいくつか残っていて、ぼちぼち画像処理を進めているところです。その中の一枚、いっかくじゅう座の星雲・星団です。バラ星雲の北側で、青や赤の星雲、星団が

  • M45 プレアデス星団

    おうし座M45プレアデス星団、やっぱり1シーズン1回は写さなければならないですよね。写り具合も毎年ちょっとずつ変わります。昨年11月に写したものですが、透明度の高いとても良い天気の夜でした。 Canon EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 Vixen FL80+ Borg レデューサー0.65

  • NGC2170付近~うさぎ座にかけての分子雲

    この画像ですが、どのあたりを写したのかというと、まずは画像右上にちょっとだけ見える赤い帯状の星雲がオリオン座バーナードループの下部の一部です。その左側、画像左上に小さな星雲がいくつか写っています。これがいっかくじゅう座に属する星雲NGC2170、2182、2183、2185

  • かもめ星雲 IC2177

    お正月遠征の第二弾はおおいぬ座といっかくじゅう座の境にあるIC2177通称かもめ星雲です。白猫(RedCAT51 K-ASTEC Limited)250mm f/4.9で撮影しましたが、冬の天の川の中、かもめ星雲の他にも画像右上に散開星団M50、左側真ん中あたりにNGC2359(トールのかぶと星雲)、さ

  • オリオン座~エリダヌス座

    あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。今年のお正月は初日の出こそ見えなかったものの、とても穏やかな晴天に恵まれました。そこで、1日から遠征に出発です。この観測地では冬の代表星座オリオン座も夜半過ぎには山に隠れてしまいますので、時間

  • 冬の豪華一等星

    昨日から今朝にかけて、冬の南の星座、星雲を写そうと遠州灘へ遠征してきました。快晴ではありましたが、ものすごい風、ガイド撮影はなかなかうまくできませんでしたが、広角で冬の天の川を中心に撮影してきました。とりあえずの写り具合を確かめた3枚コンポジット画像ですが

  • 三ツ星とM42(白猫第二弾)

    今週は久し振りに駿府星見隊のメンバーが揃い遠征に出かける予定でしたが、残念ながら曇りがちの天気、遠征は次回に持ち越しです。そんな中、本日は、年末の仕事と忘年会でなかなかできていなかった画像処理を進めてみました。白猫(RedCAT51 K-ASTEC Limited)の第二弾は、

  • いっかくじゅう座

    冬の天の川の真ん中にある星座いっかくじゅう座、星座的には地味な星座ですが、天の川の中にあるだけあって、赤い星雲がたくさん写りました。 Canon EOS 6D(IR改造) SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art  F1.4→F2.8 ISO1600 2019年11月30日 2:16~ 3分×15枚  合計45分露出 

  • オリオン座 M42

    さて、毎年撮影するオリオン座の大星雲M42ですが、400㎜で撮影するのは久しぶりになります。分子雲を写そうと思うと星雲中心部が白く飛んでしまって、全体をきれいに写そうとするととても難しいです。多重露出しなくっちゃうまくいかないのでしょうか。人工衛星がたくさん写

  • 勾玉星雲 RedCAT51(K-ASTEC Limited)ファーストライト

    先週はずっと冷たいしとしと雨が続いていましたが、金曜日の夜になると急に晴れてきましたので遠征に出発です。北国の皆様には申し訳ないですがすごく寒いです、静岡の暖かい秋に慣れた体には堪えます。それでも現地に着いたら快晴の空には素晴らしい星空が広がって元気にな

カテゴリー一覧
商用