searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

長崎めぐみ教会 tearoom 2さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
長崎めぐみ教会 tearoom 2
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nagasakimegumi
ブログ紹介文
日本イエス・キリスト教団 長崎めぐみ教会から、楽しいお知らせ、牧師のつぶやき、日記、メッセージなどお
更新頻度(1年)

70回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2015/07/03

参加カテゴリ

哲学・思想ブログ / キリスト教

ライフスタイルブログ / 感謝と祈りの暮らし

地域生活(街) 九州ブログ / 長崎県情報

※ランキングに参加していません

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、長崎めぐみ教会 tearoom 2さんの読者になりませんか?

ハンドル名
長崎めぐみ教会 tearoom 2さん
ブログタイトル
長崎めぐみ教会 tearoom 2
更新頻度
70回 / 365日(平均1.3回/週)
読者になる
長崎めぐみ教会 tearoom 2

長崎めぐみ教会 tearoom 2さんの新着記事

1件〜30件

  • 秋の夜長のひとり言

    2020年9月10日(木)台風一過、久しぶりの夕焼けウオーキング。ことばにならない静けさと安らぎ。11日(金)zoomのコーチングセミナーの招待に応じる。秋の夜長に、日本全国の方々と幸いな学びのひと時。コロナで1月以降、全く県外に出ていないので、とても嬉しく、感謝、また感謝!9時半、セミナー修了後は、そのままベッドへSSS13日(日)礼拝後N姉から、お兄様の近況をお聞きし、聖名を崇める。3月末、倒れられた時には、命があるだけでも奇跡と言われていた中から、今では、階段も上がり降りできるほどに回復されてきているという。リハビリセンターの優等生とまで言われているそうだ。感動で、言葉を失う、、、スゴイナ~~17日(木)新聞の書評を見て、予てからみたいと思っていた”タクシー運転手”のDVDを先日ツタヤで借りて来て、今日再...秋の夜長のひとり言

  • それは、神さまの実地訓練

    2020年9月4日(金)台風9号の風の恐ろしさの余韻からまださめ切っていないというのに、伊勢湾台風並みと言われる10号が、数日内には長崎を通過すると言う。頻繁にコロナ感染注意を促していた町内アナウンスは、いつしか、台風注意に変わって「今日のうちに備えをしてください」と、ひきりなしに促す。5時、コロナ対策の為の家庭礼拝用の週報と説教要旨をポストinするや否や、飲料水の確保とガソリンスタンドに急ぐ。町中が備えの人たちの車のラッシュ。時間は焦るが、本命の日曜礼拝への備えができたので、どこかしら心は軽やか。5日(土)兄からの携帯の呼び出し音で目覚める。電話の向こうから、「必ず、窓にべニア板を張り、避難所に行くように」と、甲高い声が、ビンビンと響く。9時過ぎ、ともかく、30分先のホームセンターへ車を走らせる。べニアよりも...それは、神さまの実地訓練

  • 大風の中で

    2020年9月3日(木)スゴイ風息を振りまいて、台風9号は徐々に徐々に長崎を通り過ぎてゆく。近頃の台風は、普通でないが、今回は「大変~の台風」といった形容詞がついていないので何だかホットしていたが、10年長崎にいて、これほどの風に見舞われたことはなかった。らしくもなく、風が「怖い」と思った。その風も、午前0時を回って、和らいできた。と、思ったら、今度は雨?思わず、レイモンド・ブリッグスの「さむがりやのサンタ」を思い出す。・・雨・・風・・雪・・と、あの場面。雪はないけど、まさに、ソレ⏲ゴスペルでは、♪みつばさの蔭にかくし力あるみ腕の中逆巻く大海を超え主とともに羽ばたくわが父よ王なる神静まりあなたをと、爽やかに朗々と歌うが、これだけの風に見舞われると、実際、そうもいかない。上五島の知人が心配で電話をいれると、福江の...大風の中で

  • どうしようもない暑さ、、

    2020年8月31日(月)朝も、午後も、ただボ~っとしていた。何も考えず、何も思い浮かぶこともなく、思考休止状態とはこういう状態なのだと思う。金魚鉢の金魚のように、ただ、パクパクと息をしているダケイヤ、それは金魚に失礼というものだ、と思えるほど。忙しくされている方々には申しわけないと思いつつも、心身ともにエンジンがかからず、どうすることもできない。思い浮かぶことばがあったとすれば、「ただ暑い」それだけ。⌛それでも、3時も過ぎて、やっと眼鏡の注文のことを思い出し、重い腰をあげた。最近、濁点とまるの見極めが難しくなり、数回間違って読んでしまったのだ。たぶん、老眼が進んだのだろうと思っていたら、私の場合、乱視が少しひどくなってきているのだそうだ。不思議だったのは、5000円のフレームでも、10000円のフレームでも、...どうしようもない暑さ、、

  • 苦難の報酬

    「あなたがたには世で苦難がある」ヨハネ福音書16:33すべてのクリスチャンにはこの世で苦難があります。それにもかかわらず、苦難が来るたびに驚きます。苦難が激しくなり、長引くと、疲れて傷ついた魂の中に多くの辛い疑問が沸き上がってきます。これについて、聖書がどのように言っているか見てみましょう。第一は、苦難を通して従順を学びます。イエスもまた、苦難を通して従順を学ばれました。(ヘブル5:8)私たちも同じように、苦難を通して従順を学ぶのです。従順は犠牲にまさります。イエスのために苦しむことによって学ぶことができる、賜物です。第二は、苦難を通して忍耐を学びます。(ローマ5:3)私たちはせっかちで、辛抱することを知りません。私たちは神の恵みによって必ず苦難から救われることを、苦難のうちに学ぶのです。第三に、信仰が本物で...苦難の報酬

  • たとえ、癌であっても

    奇跡の足跡その22019年9月のことです。都会で働いている兄弟から、長崎のご両親のために祈って欲しいとの依頼がありました。お父様が癌で入退院を繰り返していて、転移もみられるとの事でした。早速、祈りのサポーターサイトに癒しの為に祈っていただく旨を掲示させていただきました。2020年の8月の終盤を迎える中、この一年、本当に多くの祈りが兄のお父様のために捧げられて参りました。2020年春ごろが山かもしれないという情報を頂いた時には、身が引き締まる思いでした。ところが、夏を超えようとしている現在、それ以後悪い情報がないので、先日、ご実家にお電話で夏の御挨拶をさせて頂いたところ、CTスキャンをとらない限りは、癌の大きさを比較できないものの食欲も回復し、体重も増え、不思議なほどお身体の調子が良いのだそうです。少なくとも、血...たとえ、癌であっても

  • めぐみ教会奇跡の足跡

    祈りはきかれています、昨今、確かにそう思うことが多々あり、祈りのめぐみの感謝録を書かせて頂くことにいたしました。最近の事から、思いだすまま書き留めさせて頂くことにいたします。その1それは、2020年8月19日(水)の午後のことでした。1人の姉妹から、お電話で祈りの要請がありました。姉妹の92才になる義母が、癌を発病、、姉妹は今にも泣き出しそうな声で、「せめて、痛みが和らげられるように、祈って欲しい」との事でした。実は、私たちの教会には「祈りのサポーター」の方々がいて、ラインで祈祷課題を書き送ると、祈って下さる方が教会教団教派を超えて24名登録されていて、一人一人が祈りの勇者なのです。姉妹の希望で、そこへ祈祷課題にあげさせて頂くことになりました。翌朝、お義母様の名前を確かめて、祈りのうちに掲示させて頂いたところ、...めぐみ教会奇跡の足跡

  • 美しい街

    2020年8月17日(月)コロナで県外脱出が厳しい毎日、旅行好きの私には少し厳しいカナ?と、思っていたにも関わらず、最近の私は、月曜日が来ると、車で60K/30分大村湾沿いを走り、物産店に買い出しに行くのが、何よりの楽しみになってきている。まず、その景色の美しさ。22年前に住んでいた琵琶湖を思わせる大村湾時津ー佐世保線。と、まあ、こんな感じ。今日は、麦茶用の炒った麦と、地産のすいかと、このあたりでできるぶどうを入手。一つ、一つがなんとも得難い逸品ばかり。夕暮れは、もちろん、時津湾の夕日を背に、数十分のウオーキング。で、買い物から帰り、夕日までの時間今日の休日は何をしたか?って?それはナイショではなくて、これです。ハロルド作石さんという方の書かれた「7人のシェークスピア」というマンガですが、イギリスにおけるカトリ...美しい街

  • 固定観念

    2020年8月13日(木)朝広くなった牧師館の水回りをみがく。台所は、まだまだ、処分するものと、新しい礼拝堂に運ぶものとを仕分けする必要あり。頭の中は、この暑さの中でいかに快適空間を確保するか?窓の開閉、風と光の具合の調整など、工夫するのも楽しい。と、言いつつも、現在においては、エアコンなくば、生きるすべなし。夜若いカップルと将来への備えの時をラインでもつこと4回目。Aどこまで、自分を相手に任せられるか?B相手の人の愛を受けいれられたのも、神様が受け入れる気持ちを与えられたから。導きのテキストを受けての彼らのことばではあるけれど、新鮮で瑞水しく、純粋なのがいい。ここに同席させて頂けることへの感謝が溢れる。私の内に潜む古い固定観念が崩されてゆく。8月14日(金)確かに,暑い!予報はこれからが大変な暑さに見舞われる...固定観念

  • お盆だけど、普通の日

    8月10日(月)9時過ぎ、車で家を出る。大村湾沿いを60Kで30分走り、せいひ特産市場に到着。手作りの吹き寄せ豆腐、ブレンドハチミツ、スイカ8分の1切れ、トマト、手作りパン各種詰め合わせ千円を半額で、他に数種類の野菜で、計2000円也。このコースで絶対外せないのが、湯気のただよう手作り饅頭。海を見ながらかぶりつく。u,ma,i絶品です。30分で買い物を終え、帰路ディスカウントスーパーで買い物の補充をして車に帰ろうとすると、バケツをひっくり返したような雨、雨、雨、、多くの人が玄関で足止めになっている中、ビショビショになって車に帰る。・・・でも、なぜか気持ちがいい、夏だからカナ??帰ってから気が付いたことには、丁度、その頃台風が朝鮮半島を通過していたらしい。「ああ、台風だったんダ~」と、思いながら、家の窓を見てまわ...お盆だけど、普通の日

  • 明日になる前に

    2020年8月8日(土)後、20分ほどで今日が終わろうとしている。そういえば、今日は誰とも話さなかった。夢中で明日の礼拝説教と、印刷関係にかかりっきりだった、と、言うことカナ?それでも、新聞は読んだし、新聞のことばのパズルゲームもしたしナ、、それに、三食きちんと作って食べて、良くお茶も飲んでいたナ~7時前に仕上がって、あわてて、夕空を追いかけて、時津湾にも行ったじゃない!そうだった、、でも、空はスッカリくら~くなり、中原中也の「あれは波ばかり」を創造できそうな海だったナ、、今日の夕焼けどうな色だったかな?と、しきりに思ったけど、夏らしからぬグレーの空だった、でも、車を降りると、頭の中を潮風が通り過ぎて、体操なんかしてさ、誰とも、話てなかったことさえ忘れていたワ後、10分で明日だ、。ソロソロ寝なければ、、、、、明日になる前に

  • 視線を定める

    2020年7月3日(月)無料映画サイトで、「アンネの追憶」を見た。隠れ家で日記を書いたアンネは、終戦直前、ナチによってユダヤ人収容所に家族と共に連行される。過酷な収容所生活の中でも、作家志望の彼女は、「紙と鉛筆が欲しい」と、お母さんにせがみ、やっと手にした小さな紙きれに書き込んだものが摘発され、目の前で破り捨てられる時のアンネ、、、解放寸前でアンネは亡くなるが、想定外の劣悪な環境下で、パット咲き切った少女アンネの一生に思いを馳せる。4日(火)車検にだした車を受け取りに行く。年々車検料金が上がり、バッテリ交換を入れて今回は8万円という。「これって、高すぎない!」と、心で叫んでいたが、一昨年のポイントがそのまま残っていて、結果は、7万??円になり、なんだか、安くなったように思えてホットしたものの、考えてみれば、2千...視線を定める

  • めぐみ教会リニューアル

    Hello皆さん!!長崎めぐみ教会がリニューアルされました。まずは、癒しの場、お庭にウッドデッキ!!ここで、ご一緒にお茶しまそう?コロナ感染からも守られますようにと、隣の人と距離をおくために、一人一人に机がつきました。ゆったりスペースです。窓も玄関もオープンにして、エアコンが温度調整もしてくれますから、安心して集えます。補足トイレも新しくなり、2か所備えられました。外観も、こんなにきれいにリニューアルされ、綺麗になっためぐみ教会を見にきてくれる人も!通りに面して、掲示板も!!皆さん、お気軽にお出かけください。木の香りが漂い、広々と、明るくなった、日本イエス・キリスト教団長崎めぐみ教会電話095-870-7200PCメールnagasaki_megumi_ch@eri.bbiq.ne.jpイエス・キリスト教について...めぐみ教会リニューアル

  • 中国の獄中で殉教したある伝道者の詩.mov

    中国の獄中で殉教したある伝道者の詩.mov中国の獄中で殉教したある伝道者の詩.mov

  • 日本二十六聖人の足跡

    日本二十六聖人の足跡日本二十六聖人の足跡

  • 狭き門

    ーO・ハレスビー聖書日課よりー「滅びに通じる門は広く、その道も広々としている。そこから入る者が多い」マタイ7・13信仰篤い、宗教的な人たちがどうしてその門を入ってゆかないのでしょうか。それは、門が狭いからです。そこで、彼らは、妥協を模索しはじめます。確かに、彼らは、神を慕い求め、宗教的であろうとします。しかし、彼らは決して徹底的に神に従うことはしません。それは、自分の日常生活が乱され、安逸が脅かされ、快適な生活を失いたくないからです。何よりも、この世との関係が乱されたくないのです。彼らは、神との関係をあくまでも個人的な秘密事項とし、神を信じると言いつつ、百パーセントでなく、神の思いと自分の思いとの調整を計りながら、自分の生活に自由の余地をおいておきたいのです。神との全面的な和解なしで、神の恵みを受けたいのです。...狭き門

  • 長崎めぐみ教会礼拝説教動画(2020/7/19)

    長崎めぐみ教会礼拝説教動画(2020/7/19)長崎めぐみ教会礼拝説教動画(2020/7/19)

  • 神を恐れる心を!

    2020年7月17日(金)”主を恐れる人はだれか。主はその人に選ぶべき道をお教えになる。そのたましいは幸せの中に宿りその子孫は地を受け継ぐ。主は、ご自分を恐れる者と親しく交わりその契約を彼らにお知らせになる。”篇25:12-14詩篇を読んでいて、神さまは、神を恐れる人に対して、まことに憐み深く、主を恐れる人は、いつも祝福されていることに気が付く。ある箇所では、”主の使いは、主を恐れる者の周りに陣を張り彼らを助けられる。”(詩34:7)とまで書かれている。主を恐れる人を悪しき者らが迫ってきても、み使いがその人をぐるりと取り囲んで、助けてくださるというのだ。だとするならば、私のような者でも、この世情不安定な世にあっても、生きていけるかもしれない。神さま、私が真に主を恐れる者とされますように、私の内に、神を恐れる心を...神を恐れる心を!

  • 罪に勝利する秘訣

    2020年7月10日(金)O・ハレスビー著「みことばの糧」から~罪に勝利する秘訣~信仰の戦いを立派に戦い抜きなさい。(テモテへの第一の手紙6章12節)罪に対する勝利は、はじめから終わりまで信仰の戦いの勝利です。悔い改めて救われた時からそれははじまります。悔い改めによって、自分の古い罪の性質から自由になる力が与えられるわけではありません。自分で決心して、罪を憎み、神を愛することができるようになったわけではありません。悔い改めとは、罪を悲しみ、キリストのみもとに行き、すべてを打ち明けることです。自分が古い罪のしがらみの中に生き、罪を愛し、神を愛せないことをそのまま告げることです。そうすれば、キリストが力を与え、信仰によってそれを受け取ります。毎日の罪との戦いは、このような状態の中でつづきます。古いしがらみとの毎日の...罪に勝利する秘訣

  • 果てしなく続く雨雲、、、

    2020年7月9日(木)果てしなく続く雨雲、、、そして、またまたドシャブリの雨、、、聞こえてくるのは、ただ、雨の音、音、、このような雨とは、チョット違う雨かもしれませんが、なぜか、ベルレーヌの詩が頭をよぎる。☂都に雨の降るごとくわが心にも涙ふる。心のそこににじみ入るこの侘しさは何やらむ。大地に屋根に降りしきる雨のひびきのしめやかさ。うらさびわたる心にはおお、雨の音、雨の音。かくも心ににじみ入るこの悲しみは何やらん・・・☁・・・そして、また、どんよりと、果てしもなく続く、アッつい雲、また雲、、庭の草花さえも「もう、雨は、十分です、十分です」とささやき、先ほどから、しきりに、「大雨洪水警報に注意してください」とアナウンスが流れ、音楽で言うなら、ビバルディの四季の夏の場面が嵐に変化したような、、、食べ物でいうなら、ミ...果てしなく続く雨雲、、、

  • 人生の改修工事を!

    ゴトゴトゴトゴト・・・あれは、ミキサー車の音かもしれない。2階の私の部屋に聞こえてくる外庭の工事の音。時おり、「ナンバショット?」「XXX」と言った会話というか、罵声に近いような声も聞こえてくるが、緊張感の中にいて、笑い声がひびくこともあり、そこは、俄然、「男の世界」なのだろう・・・2階に避難している私には、ヒヤッとする喧噪(のような会話)も、彼らは、至極当然のように受け止め、突然空気が凍ってしまうようなことはない。全くなにもなかったかのような和やかささえかんじられるのが、不思議でならない。👣めぐみ教会が隣接不動産を購入して、5年たち、ヤット、礼拝堂への改修が始まった。建物の床をはぎ、外庭のコンクリートを剥がし、、5年間見えなかったものが、洗いざらいさらされたかんじ、私たちも、いつか主の御前に立つとき、一切表に...人生の改修工事を!

  • 偽る心

    旧約聖書で、波の預言者と言われたエレミヤは、「心はよろずのものよりよりも偽るもので、はなはだしく悪に染まっている」と言った。それは、自分に対して虚偽の心を向ける特定の誰かを指して言っているのではない。自分自身の心もまた、そうなのだ。夏目漱石もまた、小説の「こころ」でそれを喚起している。一人の人へ思いは、他の一人を死に至らせるほど苦しめ、自分の人生を蝕む。このどうしょうもない「こころ」。全世界の人が、得体の知れないこの「こころ」を抱える。私自身はどうか?と、言えば、これが、「私は大丈夫」と、結構楽天的なのだ。そんな自分を解釈するならば、「わたしの心に偽りはなく、真実。けれど、あなたの心は時々偽る。でも、私は寛容な人だから、あなたの偽りの心はおおめに見てあげる」と、幾分、他者を貶めて、自分自身は良い人に祭り上げてい...偽る心

  • ゲハジという男

    2020年6月25日(木)旧約聖書には、各時代の中で、神のことばを人々に取次ぐ「預言者」と言われる人たちがいた。エリシャは起源前850年頃、イスラエルで神の僕として活躍した預言者であった。当時エリシャは、100名程の弟子を養成している(熟のような)預言者学校を開き、その学校の校長もしていた。エリシャの弟子の一人に、ゲハジという男がいた。ゲハジはエリヤ先生のすぐ側で、直接奇跡的な出来事を体験する機会が多々あり、弟子とすれば非常に恵まれていた立場にあったにも関わらず、彼は神に仕える弟子とすれば、課題をもっていた。当時、イスラエル国は近隣諸国と緊張状態になることが多くあり、その国の一つにアラム国があった。そのアラム国軍の大将をしていた人に、ナアマンという人がいて、特殊な不治の病にかかり、エリシャが彼を癒しに導くことに...ゲハジという男

  • 午前3時に、、、

    2020年6月21日(日)ナント、午前3時少し前。身体の節々がポリポリと痛い。近頃の私の眠りサイクルは、早寝早起きが高じて、9時には床に就くようになってしまっている。早寝過ぎ、早起き過ぎも、どんなものだろう?眠れない人が増えている中で、贅沢は言えない。これはこれで良しとしなければ、、、☽私の場合、目覚めた時、一番に思いつくことが、今日の私の”人生ココ一番”!今朝は、何と言っても現在リフォーム中の礼拝堂の事。💒私が代表者に告げることが、見る見るうちに目の前に現実に出来上がっていくのを見るのは、まるで、天地創造のはじめに、「光あれ」と創造者が言われると光があった時のようだ!「ここに棚が欲しい」と言えば、サイズを量り、玄関の上り口に、材木の切れ端を置いたところ、そこもサイズを計り、対処されているのにも驚いた!床も「無...午前3時に、、、

  • 6月は雨後晴れ

    2020年6月19日(木)一昨日からゲリラ雨というよりも豪雨だったが、今朝、その中で、小鳥の鳴き声を聞いた。瞬間、「晴れる」と、思ったら、お昼が近づくにつれて、ドンドンと晴れて、今は、雨上がりの明るい6月の夕暮れ、、とても爽やか、心地よい♥💛verrygood!!I’mfinethnkyou!🚙お買い物帰り、車の中から、80才くらいの方で、沢山の袋物を肩にかけて、川沿いを家路に急いでいるらしき婦人が私の車の側を通り過ぎた。目は先ほどからジッと川から離さない。私もよくカモを見ながらこの川辺を歩いているので、カモを見ているのカナ~??と、思って信号待ち時間、なにげなく見ていたら何を思われたか、途中で、サッと身を返して、今来られた通りへ引き引き返された。そして、今度は橋の上から川を眺めていたのがチョット気になった。本...6月は雨後晴れ

  • 人生総決算

    10年間、礼拝堂兼牧師館の雑居生活だったが、礼拝堂専用棟が備えられたので、荷物の整理を始めた。すると、あまりにも無用なものが多いことに呆れている。宝物のように奥深いところに仕舞い込んでいたものは、使い古したゴミでしかなかったり、何年も使わないうちに、色あせて使用不可になっていたり、・・・それを奥深くに仕舞った時には、いつか使う時もあるだろうからと、大切にとっておいたに違いない。けれど、いつの間にか置いていたことさえ忘れてしまい、色あせてしまったのだ。大切そうなものの中に、そうしたものが、あまりに多いのだ。それら一つ一つを手にして、残すものと、新しい礼拝堂専用錬に引っ越すものと、思い切って処分するものとに分ける。「中途半端に取り置いていたものたち」を整理しながらまるで、私の人生の整理をしている様な気持ちになってい...人生総決算

  • 祈りの学校

    「主よ、・・・わたしたちにも祈ることを教えてください」ルカ11:1このように、祈らなかった人はいないかもしれません。けれど、「祈ることを教えてください」と祈りながら、いったい、何を祈ろうとしていたのでしょうか。ですから、イエス様がその祈りに答えて、祈ることを教えて下さる時、私たちは驚きを隠せません。なぜなら、イエス様が私たちに祈ることを教えられる時、まず、悩みを送られるからです。第一に、霊的悩みを送られます。しばらくの間、神様はご自身を隠され、私たち人間のもつ宗教性がどれほど無力であるかを明らかにされます。私たちの霊的生命は乾き、しおれます。祈りも、聖書朗読も、信仰も、愛も、悔い改めも、自己犠牲も、献身の精神もすべては枯渇します。そして、たぶん同時に、この世の悩みも送られるでしょう。そうなれば霊的悩みとこの世の...祈りの学校

  • キリストに結ばれた人 (2)

    O.ハレスビー聖書日課「みことばの糧」から「だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた。」Ⅱコリント5・17人は新しく生れ変わる時、神により魂のうちに新しい力を与えられて、罪と戦うことができます。生まれつきの人も罪と戦います。それは罪の及ぼす不幸で危険な結末を知っているからです。彼は罪そのものは愛しています。しかし、罪を犯せば、身に危険が及ぶので、身を慎んでいるのです。ところが「新しく生れる」できごとは、全く新しい変化を生じさせます。罪が、敵になります。神を悲しませることは、最大の罪となります。神を愛するようになったからです。ここで誤解してはならないことは、新しく生れ変わったからと言って、罪がなくなってしまうわけではないことです。「肉の望むところは...キリストに結ばれた人(2)

  • キリストに結ばれた人

    O.ハレスビー聖書日課「みことばの糧」から「だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。」Ⅱコリント5・17クリスチャンになるとうことは、想像を超えた超自然的なできごと三位一体の神がなしてくださる「新しく生れる」という奇跡にほかなりません。パウロが言っているように、神の生み出してくださった「新しく創造された者」なのです。それは、生まれつきの人間にはないもので、神を愛し、罪の憎む新しい心なのです。ここに罪人がいます。神の呼びかけの声によって奇跡が起こると、自分が神を愛さず、罪を喜んでいる人間であるということを自覚しはじめます。それで自分の態度を変えようとしますが、それが不可能であることがわかります。この霊的悩みの中で、主イエスに向かい、自分のみじめな状態について訴えます。その時、奇跡が起こ...キリストに結ばれた人

  • 時には母のない子のように ♪

    2020年5月14日(木)オ~~!!時計草、第一号が咲きました。あの、かわいいマンマル笑顔で、笑いかけられると、おもわず、笑い返してしまいます。よく見れば、つぼみの行列★一瞬、心がフワっと宙に浮きました^^またひとつ、小さな私の世界におおきな喜びの訪れです。❁小学一年生になった、となりのにこちゃんが、「学校楽しかったからね」と、声をかけてきてくれました。先日、「学校楽しい?」と尋ねると、顔をしかめていたからカナ??「走るから、見ててね、」「縄跳び100まで飛べるから見ててね」・・・と、、、4回まで2回飛んで、、しりとり遊びになったけど、、おばちゃん、ホントはね、とっても嬉しかったのよ、なわとびが5回飛べるようになったらまた、見せてね、(*^_^*)❁お花に水をやっていると、ニコちゃんがお友達をつれてきました。ニ...時には母のない子のように♪

カテゴリー一覧
商用