searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ゐなかの念仏者さんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
三重県

主催者は、親鸞の教えに生きる平凡な僧侶。日常の出来事や、ニュース、ご門徒とのコミュニケーションで見えてきたことなどを、筆に(キーボードに)まかせて綴った随筆ブログです。  楽しく、時にはうーんと唸りながら読んでいただけたらと思います。

ブログタイトル
さまっが
ブログURL
http://samagga.jugem.jp/
ブログ紹介文
神奈川の田舎寺の僧侶が、日頃の出来事をつれづれなるままに綴った日記ブログです。
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2016/03/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ゐなかの念仏者さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ゐなかの念仏者さん
ブログタイトル
さまっが
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
さまっが

ゐなかの念仏者さんの新着記事

1件〜30件

  • ピントのずれた 「アベノマスク」送付・・・(‘□’)

    「アベノマスクの寄付をお願いします」 そんな呼びかけが 群馬や静岡の施設や社会福祉協議会から されているという。  大雨がすぎて空が明るくなり始めて 雨傘を渡されるような 年が明けてから前年のカレンダーを渡され

  • 今日6月4日の「虫の日」に 思った・・・(‘_’)

    厨房のかごに入れた野菜が このところの高温で傷みだし ちいさな虫がたかっている。 手で払い ぱちんと叩く。  コバエもそうだが 蚊なども つぶそうとするぼくの指を避けようとしなかったりする。 逃げない

  • 今年だけは 水の害が来ないでほしいなと思うけれど・・・

    梅雨の前ぶれのような ここ数日の重苦しい曇り空。 何かこころが 憂鬱になる そんな天気。 でも。 雨って 降らないといけないもの。 農家の作業 田んぼの稲の生育 大地の潤い。 それがあるから

  • マスクをしながら 庭掃除する・・・(*’□’*)

    空気が湿気で重い そんな時季になった6月の初旬。 まもなく梅雨の時季。 マスク生活にも慣れ 着けることが苦にならなくなった。 でも。日中の30度近い暑さの中で マスクをしての掃除や草取りは さすがに息苦しさを感

  • もっと「怒り」をもとうよ・・・(‘_’)

    怒りって 煩悩。 佛教では 三つの毒(三毒)といわれる煩悩の代表 むさぼり おろかさとならぶ 煩悩の王者。 でも。 瞋恚のこころに根ざす怒りでない怒りって ある。  子どもが間違った方向に歩

  • 他のいのちを尊ぶことで ぼくらのいのちも尊ばれる「相依相関」・・・

    お釋迦さまは 縁起ということを説かれた 縁起って? 世界 この世は 円環し 循環し合っているということ。 つまり 相依相関ということだ。  自然と人間って 相互関係。 自然を侵し 

  • コンビニの時短化について 思った・・・

    緊急事態宣言が解除され 世の中全体に解放ムードが広がっているようなこの数日。 北九州の方では さっそく「第二波」が起こり 都内の感染者も ここ数日増加気味。 とはいえ 長い外出制限でフラストレーションが蓄積され 精神健康

  • 木村花さんへの誹謗中傷に 思った・・・

    「人は 人に対して狼である」とは ホッブスが『リバイアサン』の中で述べた有名なことば。 人間って 放置され 匿名化されると とたんにオオカミになる。本性むき出しで どんな残酷なことでも言い だれかが傷つくことでも 平気でする でき

  • オンライン化が進行する社会の中で ふと思った・・・(‘ω’)

    電話で オンラインで リモートで。 人と人とのコミュニケーションのあり方って ここ数年で 大きく変わっていくのではないか。 そんなことを思う。  コロナの荒波が とりあえず小康状態化した日本。&nbs

  • 厨房の野菜たちの 自己表現・・・?

    このところの暖かさと湿気のせいだろうか。 厨房に小さな蠅が 今年はやけに多く飛んでくる。 厨房には 買ってきた いただいた あるいは境内の隅で老住職が趣味の園芸で栽培した野菜が かごに入れて置いてある。 冷蔵庫に入れれば

  • 支持率急落のとどまらぬ 安倍政権・・・(‘ω’)

    追及された問題に直接答えず あれこれと巧みにかわす態度。 そんな姿勢に 国民の反発は 怒りを通し越して もはやあきらめの段階にまでなってしまっているよう・・・。  毎日新聞が社会調査研究センターと協力して実施し

  • コロナを前提とした 「新しい日常」の創造・・・(‘ω’)

    長くつづいた緊急事態宣言。 ここ神奈川では 「感染者」増加の割合が 首都圏でも最も高いものの このたびようやく 解除が決定した。 そんな中 コロナを前提とした 「新しい日常」に 神奈川が そして日本全体が軌道に乗ってほし

  • 鶏たちにやさしく・・・ベターチキン・グレード

    部屋の軒下に 鳥たちが巣を造った。 朝 カタカタと音がするので見てみると つばめが草の茎やちいさな木の枝を運んでは飛び そんな光景が見られる。 寺の境内には自然が残っている。 でも 一歩そこから出たら 住宅があ

  • WHOと対立する アメリカ・・・(-.-)

     人みな たむらあり またさとる者少なし  昨日22日は 聖徳太子(厩戸皇子)の月命日といわれる(推古天皇30<622>年2月22日が亡くなった日といわれているようだ)。その聖徳太子が起草したといわれる『十七条憲法』の第

  • ふてぶてしくも 「辞職願」受理・・・"(-""-)"

    黒川弘務検事長の 賭けマージャン問題。 犯罪容疑者や被告人を追及する立場の検察官の その「ナンバー2」の 高検のトップであるこの人が 状況によっては「犯罪」とみなされる賭けマージャンを 世が緊急事態宣言で自粛している今月初旬 おそ

  • 今日は リンドバーグが大西洋横断に成功した日・・・(‘_’)

    航空業界が 致命的な状況だという。このコロナ下の減便によって。 コロナの影響は 社会の端々にまで及んでいるが そういうニュースによって ひごろ いかに私たちがいろんなものに あたりまえのように支えられていたかが浮き彫りになる。&n

  • 仄かに見える 明るい兆し・・・(‘ω’)

    新型コロナのワクチン。 治験で抗体が確認できたと 先日のニュースで大きく報道されていた。 アメリカのバイオテクノロジー企業モデルナが 8人を対象にした初期段階の臨床実験でのこと。全員に抗体が確認できたという。しかも 今の

  • 南極のペンギンたちの姿・・・🐧

    国がちがえば 文化もちがうもの。 そう感じる瞬間って ある。  牛のふん。 ぼくらだったら やっかいなゴミとして 鼻をつまんでしまうだろうこの物体を インドでは壁の塗り土に混ぜて使うという。 

  • 大河が視られなくなる・・・?

    どんより曇った月曜の朝。でも ここ数日は 晴天の夏日になるだろうという。 夏至まであと一か月の今の太陽の 角度・日ざしの濃さって 夏至から一か月後の7月下旬のそれとほぼ同じ。けれど。5月中旬の朝は やはりまだひんやりしている。&n

  • ケージ飼育の鶏ほど サルモネラ菌感染度は高くなる

    ぼくらに卵を供給してくれている養鶏場のほとんどの鶏たちって 卵を短期間にたくさん産めるよう 繰り返し繰り返し 種の改変(「改良」などとはとても言えない。鶏たちにとってはね)がされてきた。 通常 鶏の寿命って 15年くらい。でも 採

  • 井伏鱒二の『山椒魚』を 想い出した・・・

    井伏鱒二の『山椒魚』を想い出す。そんな感じかな・・・。 岩屋の中で大きくなってしまって そこから出られなくなった山椒魚。 必死で出ようともがくが どうにもならない。 ある時 岩屋に蛙が紛れ込んでくる。 

  • 5月半ばの金曜日に ふと思った・・・(‘_’)

    ここ数日雨が続いたせいか 境内の土が湿気を帯び この所の夏日で一気に草が伸びる。 そんなことで 青空のもと きれいな空気を吸いながら 草取りの毎日(^-^;  39県の緊急事態宣言解除決定が 昨日発表された。で

  • マスクで 体育中の生徒が窒息死・・・?

    感染症予防 公衆衛生に必要なもの マスク。 でも そのマスクが原因で 人が死ぬ そんな事態が起きているという・・・。  中国 河南省の中学校で 15歳の男子生徒が体育の授業中に突然倒れ 死亡が確認。 

  • 最近のニュースは 聴く気にもならない・・・(-.-)

    5月も真ん中になろうとしている。 仕事の合間につけるラジオ。10時のニュースをお茶しながら聴くのが 毎日の日課のようになってしまっていたが このところニュースは 聴く気にもならない。 コロナのニュース。今日は何人 どこで

  • 5月なかばに発見した つゆくさの早咲き・・・(‘_’)

    5月も中旬。 朝が少しずつ早くなって 4時過ぎぐらいから明るくなってくる。一日の活動時間が広がるのは 何かトクしたような気持ち。 そんな思いで 起床し 本堂に向かう・・・。 庭掃除をしていたら つゆくさの青い花

  • 自分中心にものを見るっていうこと

     自見の覚悟  そんなことばが 『歎異抄』の序文に出てくる。   全く自見の覚悟をもって 他力の宗旨を乱ることなかれ とね。  自見の覚悟って 自分中心の理解。 

  • 新型コロナ以前からの「パンデミック」がある・・・

    コロナウィルスが騒動を巻き起こしている 人間の社会。 まるで 世の末になったように コロナだけが特化されているマスコミ報道。 でも。この地球には コロナ以前から続いているウィルスのパンデミックがある。 鳥インフ

  • 「過ちすな 心して降りよ」・・・

    昼間でも ほんとうは光っているはずの星。 それが 周囲が暗くなると 闇とのコントラストの中に光り出してくるような・・・。  コロナの不安。でも 自粛が続き 世の中みんなが止まっている時って 張り詰めた気持ちがあ

  • 遠くの景色を見よう・・・(‘_’)

    緊急事態宣言のさらなる延長。 事態はわかる でも。 もううんざりだ そんな空気が芽生え始めているかのようにも見える。 連休が明けて そんな空気が 社会にいっきに噴出したよう。  苛立った気持

  • 牡丹の花びらを掃除しながら ふと思った・・・

    ゴールデンウィークの終わった木曜日の朝。 でも 今一つ実感が涌かない「連休明け」だ。 庭の掃除をする。牡丹が散って その花びらを掃除する。雑草の方も この所の高温と雨で 元気に伸び始める。 そんなことで 庭仕事

カテゴリー一覧
商用