chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

arrow_drop_down
  • タテ振りしかできないスタンス!

    「あし体」タイプはタテ振りになるっていうんだけれども、それはいったいどうすることなのか?ずっとギモンだった。なんのことはない!・前傾浅く・ボールに近く・足幅狭くこんなスタンスならそれはそのままそれ自体、タテ振りになるっていうことだ。このスタンスでは下にあるボールをヨコ振りすることはほとんど不可能だ。言わばタテ振りしかできないスタンスなのだ。タテ振りしかできないスタンス!

  • 一打の再現性!

    一打の再現性!ということをよく考えるようになった。練習場で10球中8、9球くらいの精度でいいショットが出る。それが再現性だと勘ちがいをしていた。いやいや、それは再現性とは言わない!コースでは10中8、9の精度ではあまり役に立たない。ところどころで大ミスが重なったらスコアーなどまとまらないからだ。それよりも1打をどれくらいの精度で打てるかだ!これが真の再現性だ。画像くらいの精度で打てれば、アマは合格点がもらえる。もちろん、ドライバーはOBしなければ、ラフでも構わない。一打の再現性こそが大事なのだ。一打が10中8、9の精度でなければならない。その意味で、ただ練習場で何十球も打って再現性がどうのこうのという話ではない。大事なのは1打、1打が合格かどうかだ。一打の再現性!

  • まだまだ若い!

    50代に入った頃だった。いよいよ初老だ!とばかりに、車を地味なシルバー色の車に替えたことがあった。おジイさんぽい車だった。ところがしばらく乗っていて、ふと疑念が湧いた。このまま年とっていいのだろうか?いや、オレはまだまだ若い!退職後の趣味を10年かけて10個以上見つけようと決意したばかりだった。3年でティーダを売り、ちょっと若々しい日産デュワリスに乗り換えた。それと同じようなことがゴルフでも起きていた!最近、早めにシニアのスイングに変えておこうと思っていた。どうせどんどん年とるのだから・・・しかし、オレはまだまだ若い!まだまだ振れる!いや~少し先読みし過ぎたかもしれない。シニアスイングはもう少し、体が衰えて、クラブが振れなくなってから替えることにしよう!オレはまだまだ振れる!内藤雄士スイングでも振れるんだ...まだまだ若い!

  • 大きな円軌道!

    内藤雄士スイングで感じるのはスイングの軌道円が大きいという感覚だ。軌道円の外側をヘッドがぎりぎり回っているようだ。ということは、ボールに当てようと手や腕、体で加減する必要がない。ゆるやかな円軌道でボールをさらっている。だから、ミスショットが出にくい。再現性が高くなる。・・・ということか!スイングは内藤雄士スイングだが、おそらく「あし体」タイプのクセが出ていると思う。それでいいのだ!大きな円軌道!

  • 右足ひねる!

    「とうとう見つけたどぉ~!」「これぞ自分スイングだぁ~!」今まで何度このことばを叫んだことか・・・しかし、ことごとく外してきた・・・ただの勘ちがいだったのだ・・・失墜した自分スイングの残骸が足元に死屍累々のごとく散らばっている。ときどき、その残骸を手に取って、「これはまだ使えるんじゃないか?」と思ったりしている。右足ひねるだなんて?これも残骸の一つ・・・廃品回収か・・・またもやマボロシか?今では冷静にいられる・・・しかし、あれから1週間。庭のアプルーチが何球打っても十中八九以上、1球の確率も十中八九以上!最高にミートしている!こんなことは一度もなかった!前傾を浅くして軸を保って右足ひねる!①前傾を浅く②軸を保って③右足ひねるこの三つが今回はじめて融合した。そのとたん、急にうまく打てるようになったんだ!とう...右足ひねる!

  • 首軸と胸椎と股関節と!

    内藤雄士スイングのキモは、理解したところによれば次の3点だ。①首軸②胸椎③股関節固定して考えるのは①の首軸だけで、残りの②の胸椎と③の股関節はかなりダイナミックに動かす。この三つ以外はかなりフレキシブルな動きだ。肩がどうの、腕がどうの、手がどうの、ひざがどうのと、あまり細かく考えない。右振り→左振りの連続したスイングになる。骨格を意識したスイングだから、ズレが少ないのか!首軸と胸椎と股関節と!

  • 内藤雄士スイング!

    「スイング時の胸の使い方」内藤雄士のワンポイントレッスン『あすゴル!ゴルフ部』番外編内藤雄士スイングの特徴は次の部位を使うところにある。・首軸・胸椎・股関節スイングの調子が悪い時、内藤雄士スイングをやってみる。首軸を保ち、胸椎をひねり、股関節をたたむ!たいていの場合、そこそこのボールが飛び出す。ダフリやトップ、スライスやフックなどの、とんでもないショットにならないのだ。全ショットに70点以上の点数が付けられる。なんだ?なんだ?「あし体」スタンス(浅く・狭く・近く)が整ったら、後はもう内藤雄士スイングでいいんじゃないか?「あし体」背筋タイプでも、内藤雄士スイングでその個性はジュウブンに発揮できるんじゃないか!ずっと求めてきた「いつでもどこでもどんな時でもそこそこ」スイングって、これではないか?安心・安全なス...内藤雄士スイング!

  • 栽培と消費!

    小松菜を種から育てたが、一度に10束以上が大きくなった。しかも、肥料が効きすぎて、市販の小松菜よりも二倍くらい大きく育ってしまった。それだから、消費速度と合わなくなってしまった。鍋、野菜炒め、おひたしと、伴侶の孤軍奮闘で何とか全消費にこぎつけたが、毎日、小松菜をいただくことになってしまった。需要と供給?いや、「栽培と消費」と言い換えよう。家庭菜園は「栽培と消費」で成り立っている。次に育てる時は、時間差を意識して栽培しなければならないと痛感した。栽培と消費!

  • MM打法!

    【83歳ゴルファー】「ガッテン知らないと損。今日も240Y飛びました。タッタ100球でマスターガッテンMM打法。現役83歳ラウンド日記」ほんまかいな!「MM打法」?「短く持って&右手で打つ」?飛ぶドライバーを使っておるな?MM打法!

  • 飛べば楽しいドライバー!

    【飛べば楽しいドライバー】「超簡単軽いドライバーと右手を100%活用すれば安定と200Y超」「知らないと損」、「23年損した」と言っている「M&M」?「短く持って&右手で振る」という意味だそうだ。ときどきボ~ボ~と風の音でかき消されているところはいったい何をしゃべっているのだろうか?「飛べば楽しいドライバー!」と、83才のオジイちゃんが言っている。これはゼッタイにまちがいない。ドライバーは飛んだ方がイイ!超カンタンだって?「軽いドライバーと右手を100%活用すれば」!「M&M」!「短く持って&右手で振る」!分からんでもない!飛べば楽しいドライバー!

  • スイング軸は背中側にある!

    ワタクシがただひたすらにアマのスイングをめざすとするならば・・・スイング軸は背中側にある。首軸でもよさそうだが、気をつけないと、ギッコンバッタンになることもある。軸は背中側を意識する。背骨ではない感じがする・・・スイング軸は背中側にある!

  • 軸は背中側にある!

    ワタクシのおかしがちなミスは軸をセンターに保ったまま回転しようとする動きだ。上画像の右側のようなミスだ。軸を頭の中心か、鼻筋に設定すると、こういうテイクバックになりがちだ。軸は後頭部側(背中側)にある!そこを中心に回転すると、顔は右を向くという自然なテイクバックにする。右股関節に体重が乗る。「あし体」タイプは背中側を意識しながらスイングする。だから、軸は背中側にあるという意識が大切だ。軸は背中側にある!

  • 上体を一体化させて、軸中心に回転する!

    ・軸中心・上体を一体化テイクバックで右腰を引く、右肩や右胸を引く、などの引く動きは厳禁だ!バックスイングが大きくなって、ヘッドが元の位置に戻らなくなってしまう。ついでに、ダウンスイングで左腰を引くのもいらない。ひざの曲げ伸ばしもいらない。ひたすら、上体を一体化させて、軸を中心に回転する!それ以外の体の部位の動きは付随し、連動する動きだ。再現性、正確性、整合性を重視するなら、このスイングだ。このスイングを信じてひたすらくり返せ!上体を一体化させて、軸中心に回転する!

  • 死なないから、死ぬ気でがんばれ!

    ゴルフというものは難しいもので、スイングづくりさえ思うようにいかない。うまくいかない理由は知っている。原因と結果を取りちがえるからだ。原因とは「する」、結果は「なる」だ。「こうするとこうなる」あるいは「こうすればこうなる」の関係だ。今のままでも打てなくはないし、当たらなくはない・・・しかし、それでは満足できない。いまだにときどきOB、ダフリ、トップが出るからだ。いつでもどこでもどんな時でもそこそこスイング!フェアウェイ幅、グリーン幅に飛ぶスイング!そんな自分スイングはどこにあるのか?!つかみかけているような気もする。後もう少しのような気もする。ガンバレ!死なないから、死ぬ気でガンバレ!死なないから、死ぬ気でがんばれ!

  • 三匹の侍!

    自治会ゴルフ同好会でワタクシがまだ一度も勝ったことのない人たちが3名いる。「三匹の侍」と呼んでいる。カレラは70台をヒョコヒョコ出す人たちだ。ワタクシが勝つためには70台を出す必要がある。70台を出さない限りワタクシはゼッタイにカレラに勝てない。勝手に相手が落ちてきて、ワタクシが勝った相手は3名いる。しかし、そのように落ちてくるのを待っているようでは「三匹の侍」には勝てない。ゼッタイにカレラに勝つ!自分スイングで勝つ!その信念はゆるぎない!三匹の侍!

  • シングル氏復帰!

    6か月ぶりに自治会ゴルフに復帰してきたシングル氏がいる。4月に一回来たっきりずっと音沙汰がなかった。体調が思わしくないというのが理由だろう。シングル氏は一時は80前後をキープしていたが、昨年終わりごりに急に調子を崩した。大淀CCでは102だった。これには驚いた。いっしょに回ったワタクシが92だったからだ。復帰するからには体調が戻ってきたのだろうか?また以前のように80前後のスコアーを期待したい。シングル氏復帰!

  • 縦振り、横振り、どちらでもないスイング!

    【ゴルフ用語の嘘】「縦振り、横振りの概念はもう古い。どちらでもない正しいスイングを徹底解説」この動画を観る少し前だった。カメラで自分のスイングを録画してみた。再生してみると、これがなんときれいなスイングをしているじゃないか!自分で言うのもヘンだけど・・・上体を一体化して、軸に対して垂直に回転しているだけなのに!?????内藤雄士ティーチングプロは「ぜひご自分のスイングを録画で観てください!」と言っている。自撮りしてみると、タテ振りなんかしなくても、上体を一体化して、軸に対して垂直に回転するれば、自分の求めていたスイングになっているではないか!長らくそうしなかったことをすごく後悔した・・・動画で言っている「前傾角度通り」ということが軸に対して垂直に振っているということだ。これが見た目、タテに振られているよう...縦振り、横振り、どちらでもないスイング!

  • 安楽拓也の水平スイング!

    「スイング謎解きシリーズ①安楽拓也が考えるスイングとは?水平スイングこそ究極のスイング!これさえ出来ればアイアンもドライバーも打てる」軸に対して「垂直」スイングかと思いきや・・・これは「水平」スイングなんだそうだ!「水平スイングこそ究極のスイング」!ということなんだが、確かに、そうかもしれないと思うようになった。水平に振っているけれど、その人なりのクセが出て、その人なりのスイングになるということなのか?先日、自分スイングを動画に撮ってじっくり観てみた。すると、軸に対して垂直に振っているつもりが、普通のスイングに見える!それどころが、タテ振りにも見えてくる。これはフシギだった。上体一体化の垂直スイングに落ち着いてきた。ドライバーがスライスしない。何も考えずに振っても、そこそこ当たってくれるところが安心だ。安楽拓也の水平スイング!

  • 上体一体化スイング!

    「効率的な体の回し方」「いつでもどこでもどんな時でもそこそこ」スイングができて、そこそこショットが生まれる!ということを突き詰めて考えると、どうしても、このスイングに戻る。腰から上(肩まで)を一体化させて回転するスイング!軸を中心に胴体が回る。下半身はそれに連動しているだけだ。腕は何もしない。胴体にくっ付いているだけだ。思ったよりも手元が低くなる。しかし、クラブは立って回転している。この上体一体化スイングはあれこれ考えずに振れる。ミスが少ない。上体一体化スイング!

  • やっぱりここに戻ってくるか!

    ①バックスイング:胸→腰②ダウンスイング:腰→胸おおざっぱに表すと、こんな順序になる。これは何度もやった。ゼッタイにクラブヘッドを後ろに回さないスイング!あれっ?ひざ主動・始動ではないぞ?やっぱりここに戻ってくるか!実はひざ主動・始動でも悪くはないんだが、クラブヘッドが少し後ろに回わり過ぎて、それをダウンスイングで前に戻すのに、「あし体」背筋タイプのワタクシはケッコ~力まないといけないのだ。それで脚が疲れる・・・ショットもイマイチまとまらない・・・バックスイングで胸始動では下半身が付随的に連動する。けっして下半身を使わないということではない。やっぱりここに戻ってくるか!

  • 上体始動!

    バックスイングは腰始動がいいとよく言われる。しかし、なんだか、自分のクセなのだろうか?胸(上体)を先に動かす方がすんなりとテイクバックができる。そして、うまくダウンスイングにつながるような気がする。胸(上体)始動の方がリズムがつくりやすい。これはゆるぎない個人の感性なのだから、これに従う方がいいのではないだろうか?!なんだかんだと言いながら、トータルの再現性なら胸(上体)始動が合っているようだ。それだけではない!パターからアイアン、UT、ウッドまで同じスイングができるこれはアマ向きだ。ちなみにダウンスイングは腰始動だ。上体始動!

  • スイング始動をまっすぐに!

    「スイング始動をまっすぐにしてショットの精度を上げるテイクバックのコツ」【佐藤信人】スイング始動をまっすぐに!

  • ネコ糞被害!

    ネコ糞に憤慨している!11月に入ってからもう4回もやられてしまった・・・庭がイ~ヨに臭い!ネコを放し飼いにしているヤツはどこのどいつだ?自分とこのネコの糞尿の世話をしないで、人任せにしやがって!これがペット愛好家の精神なのか?だいたいペット愛好家は自分のためにだけにペットを飼っている。人のことまで神経が回らないのだ。ネコを飼わない多くの人々が迷惑している!大迷惑だ!ネコ糞被害!

  • LGBT!

    正直に言うと、ワタクシはLGBTが好きではない。昨今、多数派の意見が抑えられているような気がする。みんながみんな、容認しているワケでもないのに・・・多数派の人たちが意見を言えなくなっているということだ。LGBTは敬遠している。本音で言うと、ワタクシは好きではない。テレビに映ると、すぐにチャンネルをかえる。そんなジイさんのことは放っておいてください。LGBT!

  • 未婚率!

    確かに、未婚率は高そうな気がする。在職中にも未婚の人がかなりいた。近所にも結婚していない人がいる。団地なので、親の代は結婚して家を建てたが、子どもが結婚していないパターンだ。となりも、向かいも、その裏にも、未婚者がいる。だいたいワタクシの知りうる限り、家を出なかった子どもほど結婚していないようだ。実家住まいのまま居座ってしまうのだ。40を過ぎると、だいたい結婚をあきらめているようだ。子どもは18を過ぎたら家から出すべき!カネはかかったが、わが家では大学進学を期に家を出てもらった。わが家はそうやって区切りをつけた。おかげさまで二人とも結婚できた。そうなるように願ったので、それでいい。未婚率!

  • パットのセットアップ!

    パットのセットアップはこれに似ている。以前は両足を平行に開いたスクウェアースタンスにしていた。しかし、右へ押し出す軌道になっていたので、オープンスタンスに改めた。以降、真っすぐに押し出せている。パットのセットアップ!

  • ヨトウムシ!

    くそっ!!ヨトウムシかっ!白菜の芯のところに潜むように隠れていた!こういう虫にワタクシはヨウシャない。割りばしでつまみ出し、すぐに「からし・わさび・しょうが」の水溶液に浸した。10秒絶たないうちに息ができなくなって死んだ。水でもよかったんだけど・・・暖かい日が続いていて、バッタもまだ活動中だ。まったく!すでに害虫認定してあるので、すぐに身まかってもらう。わが家は科学殺虫剤を使わない方針なので、ネットで対応するしかスベがない。現在、害虫忌避剤を研究中だ。本音で言うと、一発即死の、ぐうの音も出ない殺虫剤を使いたいところだ。ヨトウムシ!

  • ひざ始動を改めます!

    ひざの曲げ伸ばしスイングでなかなかいい感触を得ていたが、ここに来て、脚がとても疲れるということが判明した。はじめはその原因に気づかなかった。孫と遊び過ぎたかな?散歩を復活させたからかな?くらいに思っていた。ところが、どうもそれらが原因ではなさそうだ。原因は・・・スイングであしを使い過たようだ。ひざで体全体を動かすのは土台、ムリがあったのだ。こりゃあ~18ホールもたないぞ!ひざ主動は「テイクバックはコンパクト」に反する理論だったようだ。テイクバックはコンパクト、これは動きだけではなく、省エネも意味しているようだ。テイクバックを改善する!ひざを始動させずに、肩→胸→腰の順にひねり、ひざはそれに連動する動きくらいにとどめる。首軸を保って、肩と腰の間の上体を垂直に回転させる。なお、ダウンスイングは左腰を引いてその...ひざ始動を改めます!

  • ドライバーはフェースをトゥで合わせて浮かせる!

    「コレだけで圧倒的にドライバーが上手く打てる!?フェースを◯◯で合わせるとミスが減る??」【ミッドアマへの道2三枝こころ岩本砂織】「あし体」ドライバーもセッティングはヘッドのトゥ側で合わせるというのがある。ああこれか!最近、ヘッドの真ん中で合わせていたが、もう一度トゥ側に戻して、しかも、ヘッドをタテに浮かせてみようと思った。動画のとおりだ。ドライバーはフェースをトゥで合わせて浮かせる!

  • アイアンはフェースを浮かせる!

    「この方法でアイアンが超しっかり当たる!?フェースを○○すると球が捻れず真っ直ぐ飛びます」【ミッドアマへの道2三枝こころ岩本砂織】へぇ~アイアンはそうやって合わせるのか?!まったく知らなかった・・・やってみよう!アイアンはフェースを浮かせる!

  • コンパクトなテイクバック!

    テイクバックはダウンスイングとつながっている。そのテイクバックで気を付けていることがある。・ヘッドが体の前にある体の後ろに回らないようにする横振りしない・首軸を保つ軸を右にずらさないその場で回転するコンパクトなテイクバックこそが、スムーズなダウンスイングを可能にする。大きなテイクバックは「よっこらしょ」っと、もたついたダウンスイングになる。テイクバック:ダウンスイングが1:2くらいの割合で振るくらいがちょうどいい。コンパクトなテイクバック!

  • グリップを短く握る!

    今平周吾プロがグリップを短く持っている。練習場のオッちゃんたちが話していた。話題になるくらいだから、どんだけ短く持っているのだろうと思い、画像を漁ったが、そんなに短くはない。だいたいグリップの真ん中あたりを持っている。ワタクシはダウンスイングがもたつく。原因の一つがグリップを長く持ちすぎていることのようだ。スイングが悪いんじゃない。グリップを長く持っていると、クラブが重たく感じる。振り戻しに時間がかかる。力で元に返そうとする。長いグリップはワタクシには向かない。今までよりも短く、グリップセンターくらいを握るように改善するつもりだ。ここも大事な原則のようだ。グリップを短く握る!

  • ひざスイング!

    左ひざを前に曲げると同時に右ひざを伸ばす!ひざを前後に動かすだけだが、これで上体がクルンと回転する。テイクバックはこれだけだ。これでいい具合に体が回る。意識的にヒザを右回転させる必要はない。ヘッドが後ろに回り過ぎる危険がある。オーバースイングは厳禁だ。付随する動きとしては二つある。・上体は一体化する・首軸を保つダウンスイングは、右ひざを左にクルンと寄せるだけだ。右ひざを倒す動きではない。できるようになると、「これだけいいの?」という感じだ。じつにあっけない。はたしてこれで合っているのか?自分スイングなのか?ひざスイング!

  • これからが練習!

    「練習」場に通い続けて早7年・・・と言いたいところだが、ワタクシはこの間ずっと「練習」などしていなかったかもしれない・・・「練習」とは「上達するように繰り返して習う」ことだそうだ。言い換えると、ある程度の型を身につけた人がより上達するように「練習」をするということだ。だから、ワタクシは7年間、「練習」場で「練習」などしていないかった・・・ただそこで型を探し求めていただけだから・・・思い返してみれば、庭でも「練習」などしていなかった・・・ずっと型を探し求めていた・・・ああじゃない、こうじゃないと・・・コースに出てもそうだった・・・型を試してばかりいた・・・すでに型を身につけた人ならば、よりよい精度を求めて、あるいは、型を忘れないために「練習」するだろう。しかし、型のないワタクシはず~っと型を探し求めていただ...これからが練習!

  • 右ひざを送る?

    「右ひざを送る」?「送る」という動きは「倒す」動きとはちがう。右ひざを左に倒すだけだと、上体が傾いてダフったり、トップしたりする。右ひざは「送る」。どちらかというと、右足軸で回転する要領だ。ちがうかなぁ???右ひざを送る?

  • 4年周期の低迷期!

    ワタクシは4年周期で充実期を迎える。どこぞの占いによるものではない。独自の観察から得た運勢だ。自覚し始めたのは13才からだ。13172125293337414549535761656973778185899397101・・・これらの歳が充実期だ。その間の年齢は下降期・低迷期・上昇期だ。言い換えると、充実期→下降期→低迷期→上昇期→充実期をくり返す。な、なんと今年は低迷期にあたる。下降期を経て、すでに低迷期に入っている。気力、体力が充実し、前を真っすぐに見つめて、奮闘努力する充実期に対して、低迷期は何をやってもうまくいかない、いろんなことに手を出すが成果が出ない、そういう期間だ。なんとなくそんな予感はしていた。特にゴルフスイングについて、何が何だかよく分からなくなっている。4年周期の低迷期!しかし、ここでガ...4年周期の低迷期!

  • 素振りしてる!

    散歩の途中に、庭でよく素振りをしているジイさんがいる。自治会ゴルフメンバーの一員だ。まぁ、この人、一言で言って「教え魔」!いっしょにラウンドした時は最初から最後までず~っとレクシャーのし通しだった。パットは後ろに立ってラインを読んでくれる。超~おせっかいなキャディーさん&インストラクターみたいなものだ。手取り足取りしつこく教えるものだから別の同伴者が心配して声をかけてくれた。「いやぁ~ダイジョウブですよ。ワタクシは右の耳から左の耳ですから」そう答えた。ゴルフは教えられてどうこうなるものではない。自分で工夫して努力して身につけるものだ。それは分かっている。そのジイさんが庭で素振りをしているのは有名な話だ。姿はあまり見えないが、素振り特有のブンブンうなる音が聞こえるからだ。ワタクシも最近、素振りをする回数が増...素振りしてる!

  • 右ひざでインサイドアタック!

    昔、集めていた画像を見返した。あったじゃないか!ダウンスイングは右ひざの送り込み!ただ今、特訓中だ。なかなか身に付かないというか、つい昔のクセが出てしまう。腰や胸や肩など上体が左に突っ込んでしまうのだ。今度こそまちがっていない?インサイドアタックはこれしかないのか?右ひざでインサイドアタック!

  • けっきょくアプローチなんだよ!

    攻略は「ピンデッド・パー」だとしても、しょせんはアマゴルフ・・・「こっちより」か、「こっちの方がよるよな」かのどちらかになる・・・ならば!「こっちの方がよるよな」くらいのレベルアップを図りたいものだ!そのためのスイングづくりを7年間もやってきた。方向がブレるか、距離がズレるか。そこを僅差レベルに押し上げたいものだ。あとはショートアプローチ勝負!パーか、ボギーかに持ち込みたい!けっきょくアプローチなんだよ!

  • 同じところをぐるぐる回って・・・

    退職後7年間のワタクシのスイング遍歴は、一周回ってという生易しいものではない。もう何周も同じところをぐるぐる回って、目が回りそうなくらいフラフラな状態だ。今やっているヒザ回転だって、すでにもう何回もやった記憶がある。昔できなくて、今できるようになった不思議がとても信じられない。しかし、今できるようになった不思議は、何周も同じところを回り続けたごほうびか?やればできる!元気があればなんだってできる!ワタクシの強みはそこしかない!同じところをぐるぐる回って・・・

  • ひざの曲げ伸ばし!

    テイクバックではずっと右足を固定して、踏ん張っていたが、今は少し伸ばすように改善した。これで上体の一体化がスムーズにできるようになった。右足を伸ばし、左足を曲げる!上から見ると、ひざ頭が丸く回転してるようだ。だから、ダウンスイングは右ひざを丸く左に寄せながら回転させる。これで左への突っ込みがなくなり、クラブヘッドがアウトサイドから下りなくなった。つまり、やっとインサイドアタックができるようになったのだ。ひざの曲げ伸ばし!

  • ヒザがスイングのポイント!

    スイングのポイントがだんだんと下がっていって、とうとうヒザまで落ちてきた。しかし、ショットの安定性は上がっている。①右ひざを伸ばし、左ひざを曲げる(膝頭が弧を描くように)②右ひざを左に回す(「寄せる」ではなさそうだ)年とったのだから、プロや若者がやるような肩のタテ回転をムリにしないことに決めた。維持するには、猛練習とそれを可能にする体力が必要だからだ。そうでなければ、すぐに調子を崩すし、体だって悪くする。ただし、軸に対して垂直に回転させる。これがスイングの縦回転だと主張する人もいる。ヒザがスイングのポイント!

  • バックスイングの右ひざ!

    「バックスイング【右膝の正しい向き】スウェーを防いで体の回転を大きくするためのスイングのコツ」【ゴルファボ】【長谷川哲也】右足・右ひざ・右股関節・首。これを一直線にイメージする。ダウンスイングは右ひざが伸びきらないうちに切り返す!バックスイングの右ひざ!

  • ニーフレックス?

    「レッスン×エクササイズ体を動かしながら楽しく習得、テクササイズ#3ニーフレックス」【ゴルフテックbyGDO】上体の一体化。そのためにひざの曲げ伸ばしを使う。右ひざ伸ばすと同時に、左ひざ曲げる!そういうことね!ひざは急には回せないないから、だから、リズムやタイミングは大事になるっていうことね!右ひざを単独で寄せてどうこうするっていう問題ではないっていうことね!ニーフレックス?

  • ひざを回転する?

    「スイング中の正しい【膝の使い方】飛距離を出すために欠かせないポイントと習得法」【ゴルファボ】松本一誠ドラゴンプロ。スイングの原因(こうする)の部分がだんだんと下に下がってきた。肩→胸→腰→股関節→太もも→・・・そして、とうとうひざの位置まで下りてきた。地面から力をもらうならココだ!ひざしかない!①ひざを伸ばす②曲げる練習がメチャンコ楽しくなってきた!ひざを回転する?

  • 動力はあしにあり?

    ・上体(腰から肩まで)を一体化する!・軸を保つ!8割、9割の確率でナイスショットが生まれる。そんなスイングの周辺まで来ているような気がする。しかし、まだ確信はない。ある日、スイング調節中にふと思った。体の中で地面にくっ付いているのは唯一、足だけだ!足こそ、地面からの力を一番に受けやすいところではないか?!これぞ地面反発力なのか?動力は腰や股関節ではないのかもしれない・・・もっと下の方・・・足か?ひざか?まず、左右の足をつま先かかとでパタパタやってみる。なるほど、体が回らなくもない。しかし、これで打てと言われたら・・・あしが動力にはなりにくい・・・次に、ひざを使って揺らしてみる。足の裏と協調させて両ひざを回してみる。上体がリズムよく回転する。足の裏ではうまくいかないが、ひざでは地面からのグリップを活かして、...動力はあしにあり?

  • スイングの三原則!

    今、スイングづくりでこだわっているのは次の3点だ。①軸と右太ももを固定する②上体(腰から肩まで)を一体化する③上体をレベルに振るこれは自分スイングの三原則だ。この原則を守っていれば、再現性や正確性がそこそこに保障される。原則はスイングピースよりも大まかだ。小さな部分をどうこうするといったスイングではない。ピースから原則へ!スイングの三原則!

  • 菜園風景!

    ジャガイモは順調に育っている。芽かきは終わって、土寄せをしなければという段階だ。しかし、このスペースでどうする?ニンニクも順調に育っている。空いたスペースに小松菜を植えている。あの2か所はとうとう芽が出なかった。葉物野菜は暖かだったせいか、とう立ちの傾向が強くなっている。サニーレタスは途中から切ってしまった。そして、やっと玉ねぎを植えることができた。受け取った翌日に植えた。ちょうど前日に雨が降ったばかりだった。そして、なんと植えたその日の夜にも雨が降った。祝福されているようだ。寒くなると、葉物野菜の天国だ。白菜も植えておいた。菜園風景!

  • ベルンハルトランガ―を観ていて気づいたんだ!

    BernhardLangerベルンハルト・ランガ―の動画を観ているうちに、気づいたことがある。①軸と右太ももを動かさない!②上体(腰から肩)を一体化させる!③軸を保ってレベルにスイングするもうテイクバックで右肩や右胸、右腰を引いたり、ダウンスイングで左腰を引いたりしていない。ギッコンバッタンや過度のタテ振りはやめた。ひたすらベルンハルトランガ―を観ていて気づいたんだ!

  • スイングの原則!

    スイングピースを集めてきた。パズルのようにうまくはまるピースがあるハズだ。しかし、最近、ピースと言うよりも、原則と言った方がよさそうな動きがあるように思った。そして、その原則とは?・首軸と右太ももを固定する!こうして打つと、股関節を使いやすくなる。股関節を入れるために、首軸と右太ももを固定するのだ。スイングづくりとはファッション知識のまるでない男が突然ユニクロに放り込まれて、絶対的に自分に合う服を何度も試着をくり返しながら探し当てるようなものだった。いや、ちがうか・・・まぁ、とりあえず、こんな感じで・・・スイングの原則!

  • スイングのアハ体験!

    10月に入ってから立て続けに「アハ体験!」に遭遇した。退職ゴルフ7年間で初体験の「ああ、そうだったのか!」というオドロキが続いている。A:体全体でスイングするB:「引く」動きをしないAに関して言うと、長い間、右肩や右胸だけを回転して、腰から下はできるだけガマンするスイングをやっていた。そして、Bにあるように、右肩や左肩を後ろに引く動きを続けていた。さらに、体全体でスイングを始めてからも、右腰を後ろに引く動きをしていた。で、どうなったかと言うと、ドライバーのOBが突発的に起きたり、アイアンが左右にブレたりした・・・これは完全に事故物件だ・・・肩や胸だけをひねらない!体を後ろに引かない!股関節を使って、右、左に回転する!引く動きをすると、クラブの重心が体の後ろに行き過ぎる。それを前に戻すためには、頭を左に引っ...スイングのアハ体験!

  • クラブは縦に振る!

    「クラブは『縦に振ろう!』正しいゴルフスイングを習得するための練習ドリル」【ゴルファボ】笹原優美ティーチングプロ偶然にムスコも観ていた動画だ。女子プロのスイングは観るのだが、レッスン動画は観たことがなかった。たいていつまらないからだ。しかし、この動画はすんなり入ってきた。そして、なるほどとうなづいてしまった。ワタクシの場合、次をやると、たいてい悪いスイングになってしまう。・ヘッドが体より後ろに回る・横振りになるおっこらしょっと力で振り上げ、おっこらしょっと力で振り戻さなければならないからだ。力に頼った振り回すスイングになってしまうのだ。そうなってしまう一番の原因は、どうも「引く」動作にあるようだ。右肩を引く、右胸を引く、右腰を引く、これら、今まで「よし!」としてきた動きが再現性や正確性を落としてしまってい...クラブは縦に振る!

  • 股関節は横に入れる!

    ColinMontgomerieコリン・モンゴメリー股関節を使うというところまでは、まぁ、なんとなくこれも自分スイングのピースなのかなと思い始めていた。しかし、そこから先がなかなかうまくいかなかった・・・股関節の入れ方が合っていなかったらしいのだ・・・テイクアックは右股関節は横に入れる!後ろに引いて入れてはいけない!青天の霹靂か!退職後7年間ではじめての発見だ!前傾の浅いスタンス、アップライトなスイングなら、右股関節は右横に入れた方が中心軸がブレにくい。これに対して、右腰を後ろに引いて右股関節を入れると、中心軸が左右にぶれやすい。何度練習しても、上体の起き上がり、ギッコンバッタンなスイングしかできなかった・・・テイクバックは右股関節を右横に切れ上げる!今までこれをやらなかったワケではいない。やったことはあ...股関節は横に入れる!

  • ヒンジコック!

    「簡単に飛距離アップ!」「正しいコッキングの作り方。初心者でもわかる手首の使い方を説明します」ヒンジコック!ワタクシはヒンジコックのタイプだ。テイクバックをコンパクトにするためにヒンジコックにたどり着いた。「あし体」背筋タイプはヒンジコックが合うそうだ。キョクタンな話、テイクバックはヒンジコック→ダウンスイングは左腰ターン!こんなイメージでもそこそこ当たる。ヒンジコック!

  • 水曜日は水やり!

    普通、畑の水やりはおてんとうさま任せところがあるけれど、菜園の水やりはどう考えればいいのかしら・・・めんどくさいから、原則、水曜日に水やりをすることにしている。そして、その週に雨が降ったら、水曜日の水やりはしない。水曜日は水やり!水曜日は水やり!

  • まっすぐ打ちたい!

    「テイクバックの基本」「まっすぐ打つための正しいクラブの上げ方」「肩のタテ回転」とは「背骨に対して垂直に回転する」ということである。えっ?そうなの?肩が地面に対して垂直に回ることではないの?なんだ!なんだ!知らなんだ!ムリやり、肩を地面に対して垂直に振ろうとしていた。それを肩のタテ振りだと思っていた・・・軸に対して垂直でいいのか!それを肩のタテ振りと言うのか!スイング理論を曲解していた・・・だから、うまくできなかったのか・・・まっすぐ打ちたい!

  • シニアのスイング!

    ワタクシが求めているのはシニアのスイングだ。これから20年以上も打ち続けられるスイングだ。それで何度も試してみたんだけれども、どうも次の①、➁が合っているような気がする。①テイクバックでは腰を回転させる※上体を一体化(一枚板)➁ダウンスイングでも腰を回転させるどちらも股関節を使っていない。股関節を意識して使うのは確かにスイングは速くなるのだが、スイングがギッコンバッタンな感じになり、イマイチ再現性に欠ける。左右に散らばるショットになりがちだ。①で上体を一体化させて腰を使って回転させる。右股関節を折りたたむような動きはしない。➁では左股関節をたたみこんだり、左腰を引いたりせずに、右ひざを左ひざに寄せる要領で腰を回転させる。これで軸がブレず、腰がほどよく回る。股関節を意識的に使わないスイングだ。こちらの方が安...シニアのスイング!

  • ヘイル・アーウィン➁

    HaleIrwinDTLDriverベルンハルト・ランガ―とヘイル・アーウィンのスイングを観て思ったのだけれども、二人とも股関節を引くとかそういう動きではない。腰を回転しているだけのようだ。腰を回転させると、股関節が動く・・・そんな感じだ。骨盤を積極的に使うと、かえって自然な回転ができなくなる。いや待てよ!腰ではなく、ヒザではないか?ヒザ!ヘイル・アーウィン➁

  • ヘイル・アーウィン①

    HALEIRWIN2015CHAMPIONSTOUR-DRIVERGOLFSWINGDTLREGULAR&SLOWMOTION1080pHDヘイル・アーウィン①

  • 奇跡の一打!

    奇跡の一打!ロングパットやアプローチが一発でスコンと入るとか?ショットが直接カップインするとか?リカバリーショットがカップにからむとか?アマにとっては奇跡の一打にちがいない。そんなもの、ワタクシにはまったく起きない。グリーンオンやワンピン以内が関の山だ。しかし、これらを1ラウンドで何回も実現する人がる。自治会ゴルフのシングルK氏だ。イーグルカップインを目の前で見せられたこともある。しかし、飛ばし屋K氏はお世辞にもアプローチが上手とは言えない。上げてポン!などの技術はない。ワンパターンに勢いよく転がしてくる。それが寄るし、入るのだ。ゴルフがうまいというのはこんなところか!自分の得意を伸ばし続けるのだ。感心ばかりしている場合じゃないが、早く奇跡に一打を連発したいものだ。奇跡の一打!

  • ベルンハルト・ランガー➁

    BernhardLanger/PracticeSessionw/TrackManandExpertAnalysis👍👍ボールだけをさらって打っている!シニアになってからパタッと勝てなくなるプロがいる。逆にシニアになっても勝利を重ねるプロがいる。さらに、シニアになる前にケガや故障で離脱するプロがいる。逆にずっと競技に参加し続けるプロがいる。そのすべてはスイングにある!体にムリのない、自分に合ったスイングを身につけたかどうかだ。今日も素振りを欠かさない!ベルンハルト・ランガー➁

  • ベルンハルト・ランガ―!

    BERNHARDLANGER-2015GOLFSWINGFOOTAGEIRON&DRIVERFULL&SLOWMOTION1080pHDベルンハルト・ランガーのスイングをマネしようと思ったことは一度もなかった。なんとなく不格好なスイングに見えたからだ。しかし、一点だけ関心を寄せていたことがある。それは年とってからも「ファー&シュアー」なスイングを維持していることだ。ようやく分かった!ベルンハルト・ランガーのスイングはねじらないスイングなのだ。テイクバックで腰から上を同じタイミングで回している。そして、ダウンスイングも腰から上を一枚板のように回している。どこにも腰椎をひねる、ねじる動きがない。ワタクシの上体一体型スイングもこうありたい。年取ってからもずっと続けられる、体にムリのないスイングをめざしたい!ベルンハルト・ランガ―!

  • ドライバーショット!

    ダメなスイングでダボ、トリプルを量産している。これが現状だ。「ピンデッド・パー」どころの話ではない。最近多いのがこれだ。・ティーショットのOB・フェアウェイバンカーからのミスショットどちらもドライバーショットに起因している。ドライバーが安定していないからだ。首軸・上体一体型スイングで練習場ではスライスがなくなったものの、今度、ティーショットが安定しなければ本気でドライバーの買い替えを考える。ドライバーショット!

  • 腰椎は回らない!

    腰椎5°胸椎30°書かれていないけれど頸椎は50°腰椎はほとんど回らない。腰を固定して、体をひねると、ここにムリがかかる。腰を止める動きは腰椎にいけない。腰椎はひねることができないという前提でスイングする。つまり、腰と腰椎は一体と考えるのだ。股関節を使って腰を回転させる。すると、つられて胸椎が回る。頸椎はそのまま固定しておく。頸椎は50°回るので、上体が回っても、頸椎を固定しておくことができる。腰は回してもいいが、腰椎をひねってはいけない!なるほど、これは大事だ。シニアスイングには欠かせないポイントだ。腰椎は回らない!

  • 股関節を使うスイング!

    「今までのスイングとどこがちがうのか?」という自問自答で、始動する部位を上げていたが、一番のちがいはここだ。「肩や胸だけのバックスイング」から「上体全体のスイング」に変えたことだ。以前は腰から下を固定して(実際は少し動くが)、右肩や右胸だけを引いていた。今は腰から上の上体を同調させて動かしている。動力は股関節の動きだ。つまり、股関節に乗っかっている上体を右、左へと動かしているのだ。腰と胸や肩を同じように動かしていても、タイムラグが生じる。腰が先に動いて、やや遅れて胸や肩が動くのだ。いい具合にヒネリが生まれる。無意識のうちに体がひねられるのだ。股関節を使うスイング!

  • 始動は腰!

    「右肩引く」や「右胸引く」スイングと今のスイングとは何がちがうのか?それは始動する部位のちがいだ。以前は体の上の部分からテイクバックを始めていた。つまり、右肩や右胸を引く動きだ。これで打てなくはなかったが、安定さに欠けていた。好、不調の差が大きかった。今のスイングは腰(股関節)で始動している。腰が動いて、それにつられるように胸や肩が動く。ダウンスイングも腰で始動する。そして、やや遅れて胸や肩が動き出す。右や左の意識はない。それに筋肉を使っているという意識もない。これは7年間ではじめての感覚だ。首軸と足との間がギュンギュン動いている。筋肉による力みがない。これも7年間ではじめての感覚だ。今のところ、いつも同じスイングができる。どのクラブも同じように振れる。これも7年間ではじめての感覚だ。これかなぁ・・・自分...始動は腰!

  • ショートコースコンペ!

    ショートコースコンペを立ち上げる!自治会ゴルフ同好会では月2回コンペを実施している。しかし、雨などの理由でお流れになる回が3分の1ほどある。年間24回中、8回くらいは中止なのだ。コンペが中止に合った時はなんとなくモヤッとしてしまう。練習したのに・・・準備したのに・・・で、思いついたのがショートコースコンペの企画だ。中止になったその週にショートコースでコンペを開催する。参加費は100円。1組2~3名。9ホールを2回、回る。肝心の参加者がいるかどうかが分からない。2~3名くらいは集まりそうだが、コンペと言うほどにはならないだろう。ショートコースコンペ!

  • ジャガイモも育てている!

    ジャガイモを植える気はあまりなかったが、孫のうちに持って行った残りがあったので、伴侶に促されるまま畑の隅に植えておいた。土を枯らさぬように毎日水を撒いていたが、ウンともスンとも反応がない。そりゃあ、そうだろう。イモを半分に切り、切った面を上にして、ひっくり返して植えたからだ。芽を出すのに難儀しているのだろう。そうこうするうち、雨が降った翌日にモッコリモコモコといっせいに芽が吹き出した。やっと出てきたわい!ジャガイモ栽培で大事なのは次の2点だったハズ。・芽かき・土寄せまだまだ仕事が待っている。ジャガイモも育てている!

  • 距離の基準づくり!

    「距離感が大事!」と言うけれど、感覚で距離が打ち分けられるなら、それに越したことはない。しかし、そんな感覚など、退職ゴルファーにはどこにもない。であるならば、基準づくりが大事だ。そう思った。パットは普通にサッと打ったら、12~3歩くらい転がる。これがパットの基準だ。アプローチはどうなのだろうか?PG(44°)でサッと打つと、キャリーで10歩くらい飛ぶ。さて・・・問題はそこからだ。ランはどれくらい出るのだろうか?1:1くらいかな?意外とランが出ないタイプだ。PGでサッと打ったら、キャリー:ランが10歩:10歩。これをアプローチの基準としよう。距離感あきらめ、基準でゴーだ。距離の基準づくり!

  • 一つのスイングですべてのクラブを振る!

    一つのスイングですべてのクラブを振る!何ともムシのいい話にとりつかれたものだ。しかし、アマはそんなんでしかスイングできない。練習も、経験も圧倒的に足りないのだから。第一、感覚や運動能力に劣るんだもん。さて、ようやく自分スイングにたどり着いた感じがする。スイングのコツは3つだ。・首軸を固定する・肩から腰の上体を一体化する・股関節を使って回転するアプローチからドライバーまでこれで打てる。リカバリーショットさえもこれでイケる。これまでも、ドライバーで遠く、アイアンで正確に飛ばせたときは、意外にこのようなスイングだったように思う。やっと基礎となるスイングができた。なんだか冷静だ。一つのスイングですべてのクラブを振る!

  • 童話で賞をとりました!

    退職までの13年間、ずっと童話を書いていた。毎年、なんらかの賞をもらっていた。退職後、まったく書く気がしなくなった。孫とじかに接する方がダンゼン楽しかったからだ。ところが、今年7年ぶりにふと書く気になった。気まぐれのようなものだった。二日くらいで書き上げ、三日目に推敲して、四日目に郵送した。忘れかけた頃、「二等賞に入りました!」という連絡が入った。へぇ・・・「授賞式に来られますか?」と聞くので、係の人にめんどうをかけたくなかったので、「はい」と返事をした。来年も書くかどうかは分からない。童話で賞をとりました!

  • ムダなものなんか何もない!

    腰から肩の上体を一体化させて、股関節を使って回転する。最新の自分スイングだ。テイクバックでは腰から始動し、やや遅れて肩、腕、クラブが反応する。腰は45°、肩は90°回る。ダウンスイングも同じように腰から始動し、やや遅れて肩、腕、クラブの順に反応する。上体を一体化させれば、意図しなくてもズレがつくれる。フシギなものだ。右胸を引くとか、もうやっていない。左腰を引くもやっていない。それらはけっしてムダではなかった。一体化スイングに全部、吸い込まれてしまったのだ。ゼッタイにそうだ。ムダなものなんか何もない!

  • 受験はゲーム!

    孫が受験生になったら、「受験はゲームだよ!」と教えるつもりだ。まぁ、点取りゲームぐらいに思ってもらうとありがたい。楽しくゲームができたらいい。受験を学問だなんてゼッタイに思ってほしくない。ゲームだから、勝つこともあるし、負けることもある。勝率の高い人もいるし、低い人もいる。それだけのことだ。競争はある。なんてったって、定員があるからね。受験はゲーム!

  • 鍋野菜を育てる!

    今年も鍋野菜づくりに着手している。培養土に春菊と小松菜の種をまいて、1本ずつ丁寧に育てている。右が小松菜、左が春菊だ。小松菜の方が成長が早い。畑に直接、パラっと巻いて、間引きすればいいのだが、けっこうな割合、虫に食われることがある。だから無難に、今年も受け替え式にした。水菜はもう収穫できるレベルだ。量販店で苗を買って早めに植えたからだ。寒くなったら、鍋だ。冬は毎日、鍋でいい。鍋野菜を育てる!

  • イチゴを育てる!

    今年、孫がイチゴの摘み取りをえらく喜んでくれたから、来年はもっと楽しんでもらいたいと思って、イチゴの植え替えをやってみた。摘み取りやすいように、プランターの端っこに苗を寄せてみた。1つのプランターに10株の苗を植えることができた。プランターが4つあるから、みんなで40株だ。来年はイチゴが外側にぶら下がる様子を想像している。そして、孫が喜ぶ様子も想像している。イチゴを育てる!

  • ニンニクを育てる!

    冬にスティックセニョール(ブロッコリー)、夏にはトマトと、ずっと実物野菜の植えていたところに、根物野菜のニンニクを栽培しようと思い立った。連作障害を防ぐ目的だ。「にんにくは皮をむいて、肉片を少し切り落とすと、元気に育つ」という雑誌の立ち読みで仕入れた知識のまんまやってみた。ところが、何日たっても芽が出てこない。ありゃりゃ、球根を傷つけたのが悪かったかなと反省しかけた頃、最初の芽がやっと顔を出した。それから次々にほかの芽も出てきた。しかし、まだ出てこないところが目立つ。半数ほど芽が出たところで、もう半ばあきらめかけた。来年は傷つけないで植えよう・・・それから1週間たった頃、ビックリするほどワレもワレもという感じで、芽が出てきた。芽が出ないのは最終的には2個になった。全部で64個植えて、62個芽が出たから、発...ニンニクを育てる!

  • 肩と腰を同調させるスイング!

    ここで自分スイングの到達点を整理しておこう。・左足スクウェアー・右足先開くオープンスタンス・首軸(頸椎)を固定する・股関節を使って、腰と肩までの上体を一枚板のように右、左へと回転する股関節を積極的に使って、腰×肩が時間差で動いている。動いていないのは首軸と足の裏だけだ。これでコンパクトなスイングができるようになった。再現性も、正確性も、整合性もよくなった。これまでにも似たようなスイングをしてきたが、唯一、次の点が新しい。肩と腰を同調させる!首軸を固定して、股関節を動力に肩と腰を同調させると、スイングに力みがなくなり、純粋に回転力を感じることができる。だいぶ、自分スイングが整ってきた。首軸と股関節だけを意識すればよいのだ。肩と腰を同調させるスイング!

  • 首のつけ根(頸椎)を固定する!

    ・「インパクトまで頸椎(首につけ根)の位置をキープ」・アドレスは「ボールではなく首のつけ根に意識を知集中」・バックスイングでは「首の付け根を中心に肩を右にターンする」「首のつけ根」というのワードが何度も出てくる。医学用語では頸椎の部分だ。首のつけ根を固定して、腰と肩の間の胴体を一枚板のように、股関節を使って回転させると、スイングの再現性が高まる。ウェッジからドライバーまで同じように当たる。首軸と足の裏だけを動かさない。その他を積極的に動かす。オーバースイングにはならない。テイクバックがコンパクト、フォローがダイナミックになる。「首のつけ根(頸椎)」をワタクシは「首軸」と呼んできた。「首軸」も自分スイングでは大事なピースだ。首のつけ根(頸椎)を固定する!

  • 古武術的股関節スイング!

    「爆発的な力が出せる股関節の使い方」<古武術>何度もくり返し観ていた時期がある。11分15秒あたりからゴルフスイングの解説が始まる。股関節を折りたたむ!今やっている、股関節スイングそのものじゃないか!①右股関節を折りたたむ➁左股関節を折りたたむ※体をねじらないテイクバックも、フォローも、股関節を折りたたんだら、そこで終わりだ。確かにオーバースイングにはならない。追い求めていたコンパクトスイングになっている。古武術的股関節スイング!

  • 股関節スイング!

    腰を固定しない!今まで動かさないようにしてきた腰をスルッと開放した!股関節を使って、腰から肩の上体を一枚板のように同調させながらスイングする。肩や胸だけを捻じらない!ヒネルとか、ネジルとか、そういう動きはいっさい考えない。股関節の上に乗っかっている胴体を左へクルン!右へクルン!と回すだけだ。いや、胴体を回しているのではない。股関節を使っているだけだ。こんなカンタンなことを、なんで軽視していたのか!なんでわざわざ難しく考えていたのか!この、バカヤロ~スイングピースなんかそんなに必要ない。右胸も、左腰も、どこかに吹っ飛んだ。右クルン!左クルン!で完結だ。股関節スイング!

  • 骨に頼るスイング!

    筋肉に頼ったスイングは長続きしないのではないか?そう思ったのは自治会ゴルフのシングルM氏のスイングをずっと見てきたからだ。シングルM氏はもうすぐ80才だというのに、疲れと無縁な気がする。今でも河川敷を手引きカートで移動する。それでエイジシュートを叩き出す。疲れないスイングとは骨に頼ったスイングではないか!言い換えると、関節を使ってスイングするということだ。「大きな筋肉を使って飛ばす」とよく言うけれど、そんなのは若いうちの話だ。年を取ったら、筋肉では飛ばせられない。筋肉に頼らない。関節を使う。そうだ!股関節だ!股関節なら肩から腰の上体を右、左と回転させられる。骨に頼るスイング!

  • シングルM氏スイング!

    いつの間にか、腰から上の一体型スイングにたどり着いてから、「あれ?これはシングルM氏のスイングに似ている!」ということに気づいた。過去に何度かシングルM氏のスイングをマネしようと試みてきたが、なかなかうまきいかなかった。表から見ただけのマネではなかなかM氏スイングを再現できなかった。そうではなくて、自分のタイプに合わせていったら、たまたまM氏スイングに似てきたということだ。M氏のスイングは何がすごいのか!再現性・正確性・整合性の三拍子がそろっていることだ。そして、80才近い年齢にも関わらず、レギュラーティーからカッ飛ばしていることだ。いわゆるおじいちゃんスイングではない。これはほんとうにスゴイ!体のどこそこが痛いとかいう話は聞いたことがない。年とってからも、普通に振れるスイングなのだ。今でもカンタンに70...シングルM氏スイング!

  • 一生涯スイングづくり!

    庭や練習場で再現性、正確性、整合性が確かめられる。それはそれでうれしいことだ。しかし、コースこそ、自分スイングが輝く場だ。たとえ極上の自分スイングにたどり着けたとしても、コースでその真価が発揮できなければ、満足がいかない。退職後7年間。ずっと自分スイングを探して、練習に励んできた。本も読んだし、動画も観た。人のスイングもマネした。しかし、何だろう。自分スイングは自分の中に潜んでいるような気がする。その、なかなか表に出てこない自分スイングを発掘、発見していく作業こそがスイングづくりだ。スイングづくりはけっして外から身につけていく作業ではない。鎧・兜のように、外からガッチガチに固めるものではない。もちろん呼び水のように、あるスイング理論がキッカケになることはある。しかし、もともとは自分の中に合ったものが引き出...一生涯スイングづくり!

  • 腰から上が右→左!

    腰から上をヒネルでもなく、ネジルでもなく、いっしょに回す!肩と骨盤の間の胴体を一枚の板のようなイメージで右→左と回転させるのだ。今までのような、下半身を固定して右胸を引くという動きはやめた。力が力を生む結果しか返ってこなかったからだ。力みがなかなか抜けなかった。①股関節を使って、腰から上を右へ回す。結果、ヘッドが低く回る。(右に回しやすい「あし体」だから)➁股関節を使って、腰からから上を左へ回す。結果、ヘッドが高く上がる。(左に回しにくい「あし体」だから)シンプルな動きなのに、飛距離が出る。ムダな動きがないからだろうか?あれこれ考えなくても振れるスイングだ。これはアマに向いている。腰から上が右→左!

  • 腰から上の一体化スイング!

    「効率的な体の回し方」とうとうこんな感じのスイングになってしまった。腰から上の一体化スイング!腰から下を固定して、右胸を引くスイングをしてきたが、これさえも力が入っていて、つまり、力が力を生むスイングになってしまっていたということに気づいたからだ。腰から上を一体化して股関節を使ってテイクバックする。今までよりもヘッドが低く回る。腕はずっと胸に乗ったままだ。腕だけが左や後ろにズレることはない。グリップやヘッドが高く上に上がることがない。めざしていたコンパクトなテイクバックになっている。そこから、ヘッドを振り下ろすというよりも、腰から上が一体化したまま、股関節の動きによって右に回っていく。自然に「あし体」背筋タイプのフィニッシュになっている。グリップも、腕も、スタンスで構えた時のままだ。あれこれ、細工する必要...腰から上の一体化スイング!

  • 数学がよくできる子がいた!

    ムスメの高校時代の友だちに数学がとてもよくできる子がいた。卒業後は大学受験をせず、美容師学校に進学したが、理数科の連中よりも数学ができたそうだ。大した勉強はしていなかったそうで、それはちょっとしたウワサになったほどだったという。話によると、お父さんも、おじいちゃんも高校の数学の先生だったそうで、さもありないというワケだ。その子も数学には興味がなかった一人だと思う。数学に対する理解力はあったと思うが、だからどうのこうのという話にはならないのだ。能力はあるけれども、興味や関心がないから、その道に進まないということはよくあることだ。というか、そんな人ばかりではないか!とさえ思う。受験というのはそんなものだ。英語も、数学も受験に必要だから勉強する。興味や関心とは別のものなのだ。数学がよくできる子がいた!

  • 受験英語!

    その昔、ワタクシは受験英語がよくできた。高3の6月に受けた旺文社模試で偏差値81だったこともあるし、二期校で受験した東外大では英語だけの1次試験を突破したことがある。(残念ながら二次で落ちた)志望大学の英語は満点をとったという自覚があった。後に研究室の教授が調べたところ、やっぱりワタクシの英語は満点だった。受験英語はよくできた。しかし、大学入学後は英語に興味を失い、卒業後は英語と関係のない職業に就き、そして、ずっと英語に接することのない環境に身を置いてきた。ワタクシは英語から足を洗ったのだ。何の寂しさもなかった。しかし、受験英語ができたのはなぜだろか?それは受験科目だったからだろう!それだけのことで、それ以外でも、それ以上でもない。受験英語はできたが、英語に興味はなかった。英語が好きではなかったのかもしれ...受験英語!

  • 右胸を引く!

    テイクバックで右胸を引く!これは下半身との連動と相性がよい。右胸を後ろに引くと、中心軸を保って上体がひねられる。その時、腰から下がほどよく回転している。ダウンスイングはそのまま下半身を左へ回転させるだけだ。シンプルで、再現率が高い。したがって、ミート率も高い。そんでもって、ウェッジからドライバーまでの整合性も高い。自分スイングに近づいているのかなぁ・・・右胸を引く!

  • 右ひざを送る!

    「右ひざを送る」悪くはない。ほんとうに悪くはない。「左腰をターンさせつつ、右太ももを押し込んで」これよりいい。オートマティックにスイングを完徹させたい!「右ひざを送る」動きはダウンスイングだ。では、「右ひざを送る」動きと相性がいいテイクバックはなんだろうか?どうやら、それは「右胸を引く」動きのようだ。「右胸を引く」、そして「右ひざを送る」この二つは相性がいい。アプローチからドライバーまで同じスイングで打てる。再現性が高く、ミスが出にくい。右ひざを送る!

  • 左腰ターン!

    この記事の細かいところを読み込んでいくと、「あし体」タイプのスイングがよく分かる。・「回し蹴りのイメージで左腰を素早く回してクラブを加速」・「左腰をターンさせつつ、右太ももで押し込んでいけばパワーを生かせる」左腰を素早く回して!左腰をターンさせつつ、右太ももを押し込んで!おいおい!表題に出てるじゃないか!「『あし体』は左腰の回転で体のパワーを発揮させる」さて、ここに出ていることが、そのまま自分スイングに当てはまるかどうか?最近、ケッコ~疑い深くなってきた。左腰ターン!

  • 自分で動く!

    仕事をしている時に大事にしていたコツが3つある。・すぐする・準備する・可視化する仕事を辞めた今もこれらは活きている。生活の場面だけでなく、幹事の仕事でも役立っている。「すぐする」というのは思いついた時にすぐに仕事を片付けてしまうということだ。後で、なんて考えていたらすぐに忘れてしまうし、だんだんと仕事が溜まってしまう。仕事はすぐに片付けるべきだ。たとえば、用事ができたら、すぐにそちらを優先して処理する。すぐに対処できない時は紙にメモ(大書)して、目立つところに置いておく。やり残すことがない。「準備する」はとても大切だ。気づいたものから少しずつ準備をする。ゴルフの準備で特に役立っている。近ごろはまったく忘れ物がない。幹事の仕事も準備が必要だ。コツコツと段取りを整えておく。みんなに迷惑をかけたことは一度もない...自分で動く!

  • ドライバーとアプローチ!

    上手い人とワタクシのちがいは何だろう?特にちがうのはドライバーとアプローチだ。上手い人はドライバーがゼッタイにOBしない。そして、ほとんどがフェアウェイをキープする。ワタクシはドライバーが安定しない。たまにOBも出るし、左右のラフにブレる。ちがいはダンゼン、アプローチにある。アプローチで差が出る。うまい人はワンクラブ以内、ワタクシはワンピン以内。うまい人は1パット・パーで上がるが、ワタクシは2パット・ボギーだ。差がどんどん広がる。ドライバーを安定して飛ばす!アプローチで1クラブ以内をめざす!課題はず~っと同じだ。ドライバーとアプローチ!

  • スイングの再現性!

    ゴルフスイングの再現性には二通りある。ほんとうは一つなんだろうけれど、かってに二通りに分けてみた。一つは一回一回のスイングを同じように打つという再現性。ムカシはこれさえもできなかった。少しでも調子が悪いと、途中でどんどんスイングを変えることもあった。二つ目はどのラウンドでも同じように打つという再現性。退職後の7年間、ラウンドごとにちがうスイングで回っていた。一回一回がちがい、ラウンドごともちがい、ほとほと自分スイングが分からなくなった時期もあった。ようやく一つのスイングに落ち着き始めたのは今年に入ってからだ。しかし、なんということだろう。今やっているスイングは過去に採用したことのあるピースの寄せ集めだ。微調整をくり返しているうちに、過去ピースの有用性を再発見することが多かった。そのほとんどがスタンスに関す...スイングの再現性!

  • 肥料とマルチ!

    超ロング菜園(0.5m×20m)についてずっと考え続けていることがある。肥料とマルチだ。肥料の方は腐葉土を入れたけれど、これだけでは大した野菜は育たないようだ。鶏糞か化成肥料かを考えるべきか?マルチについては植えるスペースを増やす関係で、もみ殻やわらなどの利用も考えたいところだ。ダメなら、定番のビニール黒マルチに頼るだけだ。いろいろ考えたあげく、今年は次の作戦でいくことに決めた。・肥料は液肥・マルチはビニール黒マルチまっ、これは無難な選択だ。可もなく不可もなく。肥料とマルチ!

  • 孫の運動会!

    10月はじめ、孫の運動会があった。去年はコロナの影響で中止されていたので、1年ぶりの開催だった。残念ながら下の女の子は風邪を引いて人生初の運動会には出られなかった。一週間後、上の男の子の運動会に出かけた。会場は奇しくもわが家の墓のある墓地公園だった。出場種目は三つ。かけっことお遊戯と組体操だ。かけっこは走力別に組まれていたようだ。なぜなら、予想外の4名中2位で走り切ったからだ。おととしはダントツのビリだった・・・よそ見をしながら走ったからなぁ・・・よかった点はコーナリングをうまく使っていたことだ。カラーコーンのギリギリを忠実に走っていた。お遊戯は親子三代の遺伝がかいま見られた。つまり、それはダンスがヘタということだ。後で息子も言っていたが、「人の動きを見ながらでしか踊れない」ということらしい。ワタクシもな...孫の運動会!

  • 「する」は最初だけ!

    ゴルフスイングには「する(原因)」と「なる(結果)」というのがあって、「こうするとこうなる」という関係で成り立っている。ワレワレ、アマのスイングはそのスイングの大半が「する」で組み立てられているように感じる。最初が「する」で、途中も「する」、そして最後まで「する」・・・「する」「する」「する」ばかりで、なぜかスルスルスルとスイングがうまくいかないのだ。そんでもって、最近の自分スイングはテイクバックで一つの「する」、その後ダウンスイングでもう一つの「する」で、後は次々に「なる」が連鎖しているように思われる。①右胸を引く(テイクバック)➁右ひざを寄せる(ダウンスイング)これらが自分スイングの「する」だ。これ以外はすべて「なる」になる。「する」は最初だけ!

  • ​軸が少し右に傾いているだけで!

    肩が少し傾いている!これは自分スイングの可否を問うくらいとても重要なことだ。軸を意識的に右に傾けるというのではない。クラブを持って、右つま先を開くという普通のスタンスで肩が自然に傾く程度だ。適正に傾いてさえすれば、ヘッドは必要な軌道を通る。ああして、こうしてという難しい理論はいらない。「肩がが少し右に傾いている!」だけで、スムーズなスイングができてしまう。ゴルフスイングはやはりスタンスが大事だということか!​軸が少し右に傾いているだけで!

  • 肩が少し傾いている程度!

    少しずつ自分スイングに大切なピースが見つかり始めた。というよりも、それでいいのだ!という確信がもてるようになったとべきか?そのなかで一番大切なのはやはりスタンスだ。今まで次の三つのピースが分かっている。・右つま先を開くオープンスタンス・浅い前傾・狭い足幅これら三つは定番だ。ゼッタイに変えられない。右つま先を開けば、骨盤がセクウェアになる。それだけでない。体が少し右に傾く。それだけでいい。右に傾き過ぎると、自分スイングが暴れだす。肩が傾いている程度の傾きでジュウブンだ。意識して傾けるべきではない。必要なピースが分かって来ると、スイングは意外とシンプルだ。肩が少し傾いている程度!

  • 二の次、三の次のゴルフ人生!

    自治会ゴルフ最長老のT氏がコンペに来ない。来れない事情があるからだ。今年の夏から奥さんの体調がすぐれないようだ。なんの病気かよく分からないが、検査と手術をくり返している。これは本人とのメールで確認できた。親族も帰ってきたそうだから、そうとう悪いにちがいない。T氏は看病に明け暮れているというワケか・・・ゴルフは最重要課題ではない。健康、家族の次の次だ。ゴルフにネッチュ~して健康を害したり、家族を破壊したりしてはナンノコッチャということになる。ゴルフを休むT氏を支持する!二の次、三の次のゴルフ人生!

  • 葬式代だけ残して・・・

    ときどきビックリするようなニュースを見聞きする。それは年寄りが何千万、ときには億単位のカネを自宅に持っているという話だ。盗まれたとか、遺産として残ったというからオドロク。これはどうしたことか!?使い道がなかったのだろうか?ワタクシは年とるにつれてだんだん、どんどん、子や孫にカネを落とそうと思っている。財産を残していい話はない。残った者たちが困るだけだ。自分の分だけはきれいに使い切りたい。一番の理想は葬式代だけ残して死ぬことだ。父親は通帳に葬式できる分だけを残して死んだ。りっぱな最期だったと思っている。葬式代だけ残して・・・

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、90才まで生きてやる!さんをフォローしませんか?

ハンドル名
90才まで生きてやる!さん
ブログタイトル
90才まで生きてやる!
フォロー
90才まで生きてやる!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用