プロフィールPROFILE

90才まで生きてやる!さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
90才まで生きてやる!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kaerizaki4603
ブログ紹介文
生活や趣味をつづる日刊ブログ
更新頻度(1年)

744回 / 365日(平均14.3回/週)

ブログ村参加:2016/02/05

90才まで生きてやる!さんのプロフィール
読者になる

90才まで生きてやる!さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 47,170位 47,776位 38,393位 38,397位 38,539位 38,491位 38,498位 980,088サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
地域生活(街) 九州ブログ 203位 205位 141位 148位 145位 147位 146位 8,824サイト
宮崎(市)情報 10位 10位 10位 10位 10位 10位 10位 220サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 72,641位 73,911位 62,661位 62,629位 62,754位 62,863位 63,067位 980,088サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
地域生活(街) 九州ブログ 388位 390位 301位 309位 308位 304位 301位 8,824サイト
宮崎(市)情報 8位 8位 8位 8位 7位 7位 7位 220サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,088サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
地域生活(街) 九州ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,824サイト
宮崎(市)情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 220サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、90才まで生きてやる!さんの読者になりませんか?

ハンドル名
90才まで生きてやる!さん
ブログタイトル
90才まで生きてやる!
更新頻度
744回 / 365日(平均14.3回/週)
読者になる
90才まで生きてやる!

90才まで生きてやる!さんの新着記事

1件〜30件

  • 右ひざを伸ばしてテイクバック!

    「ラウンドで試そう」「右膝を伸ばして飛距離アップ!?」「ゴルフテックbyGDO」あれして、これしてと、一瞬のことに複数のことをやろうとするのはムリだ。右ひざを伸ばして、ヒップを回す!やることは一時に一事だ。これだけで水平にクラブが上がっている!トップの位置から体を起こしてみる。腕とクラブが上体の軸に対して水平に回転しているのが分かるはずだ。ダウンはここから左尻を後ろに引くだけだ。これでクラブがスクウェアーに下りてくる。あれや、これやと考える必要がない。やることはつねに一時に一事!バック:右ひざを伸ばすダウン:左腰を引くただ、右ひざは伸ばす(能動的)のか?伸びる(受動的)のか?原因?結果?どちらなんだ?右ひざを伸ばしてテイクバック!

  • テイクバックは足の裏で感知する!

    テイクバックが正しくできたかどうかは足の裏で感知できる。足の裏全体が地面にくっついている感じがするからだ。意識を右尻を回すことに向けると、上体が右に流れ、スイングが暴れる。結果は当然のようにミスショットだ。右足の裏全体を地面に押し付ける!その反動で右腰が回転する。右ひざは伸びている。これが自分に合ったテイクバックだ。ダウンでは左腰を後ろに引くだけだ。一時に一事!・テイクバックは右脚を下に押し込む・ダウンは左腰を引く「いつでもどこでもどんな時でもそこそこスイング」の可能性がある。テイクバックは足の裏で感知する!

  • 重心を操るヒップターンスイング!

    「とっても簡単!誰でも出来るヒップターンスイング」「スイング中の重心を操ります」ワタクシの知っている股関節を使うヒップターンとはちがう!右から左に体重を移動しないヒップターンだ。ヒップを使って重心を真ん中に保っている。ヒップを左に移すやり方で、テイクバックが自然に、というかオートマティクにできるようになった。上体に力みが発生しない。オドロイタことに、テイクバックした姿勢から起き上がってみると、しっかりを左肩の入った水平テイクバックになっている!トップでまったく力みがない。そこから左側のヒップを後ろに引いてダウンする。左尻を右側に回転させてはいけない。上体が左側に突っ込んでミスショットになる。テクバックは右尻を左側に回転させるが、ダウンでは後ろに引くだけだ。ワタクシにはこのヒップターンが合っている。これから永く続...重心を操るヒップターンスイング!

  • アプローチ名人への脱皮!

    雨の日以外は毎日のように庭でアプローチの練習をしている。自分なりのアプローチが分かってきた。アプローチの使い分けと言った方が一かもしれない。①ショートアプローチグリーンエッジから10ヤード以内のアプローチだ。これはパットの延長だと考えて、パットと同じ逆オバーラッピングで握り、パットの要領でストロークする。8時から4時までのふり幅内で対応する。微調整がしやすい。②ロングアプローチグリーンエッジから20ヤード以内のアプローチだ。これは左つま先を開いて構え、左尻のターンでストロークする。「右ひじ・右ポケットターン」の要領だ。グリップはショットと同じオーバーラッピングだ。9時から3時までの振り幅内で対応する。PW2だと、8時~4時のふり幅で①は6,7歩分、②は12,13歩分のキャリーがある。ランが長い場合はPW1にする...アプローチ名人への脱皮!

  • ゴルフサバイバル!

    年をとってもゴルフができる!自治会ゴルフはみんな元気だ!と思っていたが、それほどでもないようだ。80才を過ぎて歩いてラウンドできる人は少ない。一人かもしれない。60代、70代の中には怪我リスクや病気リスクを抱えている人がけっこういる。関節が遺伝的に弱かったり(本人談)、酒やタバコがやめられなかったりする人がいる。ゴルフを永く続けられるかどうかはここでもサバイバルだ。自治会ゴルフ同好会もあと10年したら何人残っているだろう。ワタクシは元気に歩いて、クラブを振っているだろうか?・70代で70台!・80代で80台!これらを目標にするからには、それなりに健康を維持する必要がある。まずはしっかり歩くことだ。ヨタヨタ、ヨボヨボではゴルフは楽しめない。ゴルフサバイバル!

  • メジロ、参上!

    ん?見慣れない鳥がいる!スズメじゃない!メジロだ!近づいても逃げない。こっちを見て、警戒はしているようだが。小学校高学年の頃、メジロを飼っている友だちにメジロ取りに誘われたことがある。「トリもち」という粘着物を塗った細長い棒をおとりの入った鳥かごの近くにかけておくのだ。メジロは鳴き声を交換しながらかごに寄って来る。うまく棒にとまると、もうメジロは逃げられない。生け捕りだ。ここまではワクワクするが、トリもちからネバネバにくっついた羽毛をとるのがめんどうくさかった。トリもちはガムよりも粘着性が強いからだ。誘ってくれた友だちが言った一言を今も覚えている。「〇〇君はおしゃべりじゃないからね」なぜ、ワタクシを誘ったかのかという理由だった。おしゃべりなヤツを連れて来ると、メジロが警戒して寄り付かないらしい。ワタクシはおしゃ...メジロ、参上!

  • 今年も実りました!

    今年も順調にデコポンが実りました。例年通りの個数です。冷え始めてから一気に黄色くなりました。右にスズメのえさ台が見えます。ちなみに例年通りにブロッコリーを植えました。今年は5株。畑のスペースを考慮して、1株減らしました。デコポンはそろそろ食べごろです。甘いけれど、酸っぱい味を楽しみます。先日、水菜をいただいた斜め向かいさんにも何個か持って行こうと思います。ブロッコリーはまだ芽が出ていません。成長段階にあるようです。今年も実りました!

  • レ、レ、レのスイング!

    左右対称に振ろうとしていた。しかし、ヒップの動きは左右同じではないのだ。バックスイングは右脚で突き上げるように右尻を左側へ回転させる。そして、ダウンスイングは左ケツを後ろに引く。左ななめ「/」に入れて、後ろに縦に「|」入れるイメージだ。ちょうどカタカナの「レ」文字のようだ。ただし、動きは筆順通りではなく、①右斜めから入る線と、②縦に入る線の合流だ。その合流地点には腰の仙骨がある。「V」文字のようにダウンで斜めに入れると、腰が引けてミスショットになる。怒スライスや怒フックが出る。腰を左側に突き出してもいけない。腰を、尻を、「レ」文字に動かす。レ、レ、レのスイング完成!レ、レ、レのスイング!

  • トップでは軽く右ひざを伸ばす!

    「トップで右膝は曲げる?伸ばす?ここをチェックすればダフらない!」中井学プロ。右脚、右ひざを動かないように「踏ん張る」と、ここで力が発生しているワケだから、必ずその反動が生まれる。それはスイングにはたいていよくない動きだ。ワタクシの場合は、三つの悪いクセが出ていた。・右腰が前に出る・右肩が突っ込む・上体が伸び上がる結果、怒スライスや怒フックがときどき混じる確率の悪いスイングになっていた。テイクバックではできるだけ力が発生しない動きにする。重心の移動のない、バランスのとれた動きをする。そのために、右ひざは伸ばした方がいい!トップでは軽く右ひざを伸ばす!

  • スズメの「盗撮」に成功!

    ついに「盗撮」に成功した!スズメが3羽いる。はじめはとなりの家のフェンスでながいことまわりの様子をうかがっていた。一羽Aが先に台に下りた。ここでもまわりを警戒してなかなかミカンに近づかない。ようやく一羽Aがミカンをついばんだ。どうだ?おいしいだろう?だが、どうしてももう一羽Bが近づかない。ご馳走を前に体が動かないのか?とうとうミカンをついばんだのは一羽だけだった。一羽Bは台に下りるには下りたが、食べず、もう一羽Cはフェンスからどこかに飛び去っていた。勇気ある一羽Aだけがえさにありつけたのだ。これからもスズメの「盗撮」は続く!スズメの「盗撮」に成功!

  • スズメの観察日記!

    デコポンの木にエサ台を取り付けてから一週間がたった!ようやくスズメたちが集まるようになった。夜明けとともに鳴き声が聞こえる。スズメは臆病だ。物音に敏感に反応する。姿を見せようならすぐに退避する。近ごろ庭のアプローチ練習も気をつかうようになった。いったい誰の庭だか分からない。スズメはミカンが大好きなようだ。それこそあっという間に中身がなくなってしまう。皮だけになったミカンは台の下にポイ捨てされる。ん?スズメじゃないのがいる!見慣れた鳥ではない!大きさはスズメと同じだが、模様がちがう。地味な服を着ている。ほかにムクドリくらいの大きさの摂りもいる。なんじゃこら!?これからも観察を怠らない!スズメの観察日記!

  • スイングにクラブを合わせる!

    ムスコから「いらないから持って行って」と、なかば押し付けられるように引き取った7番ウッド!(画像は5番)「SEDNA」?聞いたこともないような銘柄だ。ヘッドは平べったく、広くて、大きい。シャフトはいちおうカーボンだ。そうとう古い。グリップはすり減ってツルツルしている。どんなもんだろうと思って、練習場で打ってみた。ん?ねらった方向よりもグリーン1個分くらい左に飛ぶ。ほとんど同じところへ飛ぶ。これはビギナー用だな!スライス防止のためフェイスがやや左を向いていて、それで左方向へ飛ぶのだ。ん!ミスってもヘッドがすべってボールを拾ってくれる。キャリーは170ヤードくらいか?ゼッタイにスライスしない。シャフトが合っていない感じではない。右をねらって打てば、ちょうどいい感じだ。グリップを新しく交換してみるか!練習場帰りにゴル...スイングにクラブを合わせる!

  • クラブフェイスをスクウェアーにするためのグリップ!

    自治会ゴルフのシングル氏に聞いたことがある。「アドレスで何をしているんですか?」シングル氏はアドレスの時になにやらグリップを入念に(?)調整しているように見えるのだ。しかし、シングル氏は何を聞かれたのか分からない様子だった。天性的にうまい人はだいたいこんなところがある。理屈ではなく、感覚的にゴルフをしているからだ。なおもしつこく質問すると、「ヘッドをスクウェアーに合わせている」と答えた。グリップじゃなかったのだ!クラブフェイスだったのか!クラブフェイスをスクウェアーにするためのグリップ!「グリップありき」ではなく、「フェイスありき」だったのだ!クラブフェイスをスクウェアーに合わせる!そのためにグリップを調整する!アドレスでグリップを気にしているように見えたのはあれはフェイスを調整していたのだ。クラブフェイスをスクウェアーにするためのグリップ!

  • 実働12時間!

    孫が2才になった。しかし、誕生日当日に熱が出て、保育園に行けず、ワタクシにお呼びがかかった。朝6時に行き、解放されたのは夕方の6時だった。実に12時間!午前9時過ぎに小児科に連れて行き、診断してもらった。熱と鼻詰まりということだった。ほかはどこも悪くないので安心した。10時頃に家に戻り、おやつを食べさせた。孫は白いおせんべいが好きだ。「しゅろいおしぇんべい」と聞こえる。1時過ぎまで遊び相手をして、やっと伴侶が買って来た惣菜を食べた。孫は鮭の切り身(無塩)をパクパク食っていた。食欲はある!食べてしばらくして2時ごろ散歩中に孫は寝た。息子ヨメが帰ってきたのが5時前だったが、孫はまだ寝ていた。6時頃に息子が帰って来た。そこでやっとワタクシは解放されることになった。孫はまだ寝ていた。実働12時間!当然、タダ働きだ。「調...実働12時間!

  • スイングに合うクラブを見つける!

    自己流の「いつでもどこでもそこそこ(IDDS)スイングが完成しつつある。そんな予感がするのだ。①右脚を突き上げて腰の仙骨を回転させる。②左腰を後ろに引くスイング中に意識するのはこの二つだけだ。これだけでそこそこに当たる。プロのように、遠くへ飛んで、正確にねらうショットではない。フェアウェイ幅、グリーン幅に届けばいいというスイングだ。転がろうが、どうしようが、結果オーライならいいというレベルだ。4年間もかかってしまった。遠回りもしたが、必要な年月だったんだと思う。今、やっているのは自己流スイングに合うクラブを探すということだ。クラブによっては、当然だが、スイングに合わないクラブがある。そんなのはすぐに排除して、合うクラブに替えた方がいい。合わないクラブを使うと、せっかく巡り合ったスイングがくずれてしまう。スイング...スイングに合うクラブを見つける!

  • ショートアプローチは左脚軸!

    「明日から実践!アプローチショット」吉本巧プロゴルフコーチ!4年間、庭でアプローチ練習を続けてきた。まだまだ未熟で、グリーンオンがやっとの実力だ。ワンピン以内やワングリップ以内はときどき出る程度だ。ワタクシのアプローチはショット同様「左脚軸」が基本だ。右から左への体重移動はしない。テイクバックもフォローも左脚軸の意識だ。ボールを中央に置いて、両足を平行にそろえ、左足先だけ45°開く。体重は左:右=50:50。左脚を軸に右腰を回してテイクバックし、左脚を軸にして左腰を後ろに引く。だいたいこれでグリーンまわりのショートアプローチはミスしない。つまり、グリーンオンはゼッタイ100%ということだ。ショートアプローチは左脚軸!

  • 小さな工夫で大きな効果!

    上体の力みがダフリやトップを誘発する。そんな経験がしょっちゅうある。上体が力まないように工夫する。まずは、呼吸だ。・アドレスに入ったら、鼻で大きく吸い込み、口からフーッと息を吐く。・息を吐き切ってからスイングをスタートする。次は足裏だ。・アドレスに入ったら、つま先とかかとに交互に体重をかけることを繰り返す。・両足の足裏全体に均等に体重を乗せる。息を吐き終わり、足の裏全体で体重を感じる。呼吸も足の裏も小さな工夫だが、スイングに大きな影響がある。効果はゼツダイだ。小さな工夫で大きな効果!

  • グリーン周りでの3つのアプローチ!

    「必ず寄る!グリーン周りでの3つのアプローチ」「スギプロがレッスンします」参考になります!ためになります!退職して4年。なんとか1打でグリーンオンできるようになってきた。これをワンピン以内、ワンクラブ以内に寄せるレベルに押し上げたい。クラブを何にするか?そこがいつも大切になる。基本クラブを見極めたい。グリーン周りでの3つのアプローチ!

  • ハンドアップで構える!

    「グリップありき」の方がアドレスがうまく決まる!「前傾ありき」で構えるクセがある。だから、ついつい前傾が深くなり過ぎる。ダフリやすく、トップしやすかったのはそのことが原因だ。水平スイングを意識し過ぎた代償かもしれない。「グリップありき」のアドレスとは何か?それは、ハンドアップで構える!ということだ。ワタクシのハンドアップは手元をまっすぐに伸ばすということではない。「クラブの重みを感じながら握る」ということだ。結果、ハンドアップ気味になる。クラブの底をべったりと地面につけない。スンでのところでフェイスを浮かし持っている状態だ。こうすると、前傾が深くなり過ぎず、クラブの長さに合わせて適正なアドレスがとれるのだ。「グリップありき」アドレス!再現性を高めるためにぜひ必要なことだ。ハンドアップで構える!

  • このテークバックは分かりやすい!

    「正しいテークバックの仕方」今、この動画にあるようなテイクバックが一番、再現しやすい。体と同調して、スムーズに腕や肩が回転する。右ひざは自然に伸びる。体重移動はしない。左右均等にバランスをとって、その場で回転している。テイクバックの作り方はこの動画が一番分かりやすい。このテークバックは分かりやすい!

  • トップポジションからクラブが落ちる!

    「トップポジションからのクラブの落とし方」今井純太郎プロ。トン、トン、トン!サッ!トン、トン、トン!サッ!トップポジションからは左腰を切るだけ!テイクバックでは右側を空け、ダウンスイングでは左側を空ける。腕の通り道をつくることが大切なのだ。トップポジションからクラブが落ちる!

  • スイングプレーンは面ですね?

    「トップのときに肩をしっかり入れる!これって体をどう回せばいいの?」「野村タケオが聞きに行く!レッスン用語に五里霧中(前編)」やっぱりスイングプレーンは面ですか?スイングプレーンは面ですね?

  • パターグリップは雑巾しぼり!

    グリップはしっかり握る!ゴルフの上手な人に聞きまくったが、みんなそう言っていた。プロのパットもそんな感じに見える。手のひらを正面に向けて、指の付け根でグリップを包み込むように握る。雑巾しぼりの要領だ。これでパターが固定され、体の動きに同調するようになる。実はグリーンまわりのショートアプローチでもウェッジをこれと同じ要領で握る。手首が固定されて距離感が出しやすい。パターグリップは雑巾しぼり!

  • ハンドアップで打つ!

    ドライバーは「ハンドレート」で決まりだ。「あし体」の反り腰体型ではこれでなければ打てない。これに付け加えてすべてのスイングで「ハンドアップ」だ。グリップとクラブの角度を鈍角にして、クラブの重みを感じる。「ハンドアップ」はさまざまな効果がある。・腕が胸の上におさまる・グリップが決まる・前傾が決まる・ヘッドの戻りがよくなるついつい前傾が深くなりすぎるクセがある。「ハンドアップ」に気をつけると、体が起きて前傾が浅くなる。これで鏡を見ると、適正な姿勢になっている。人には人に、その人なりのアドレススタイルがあるのだ。ハンドアップで打つ!

  • 右ひじ・ポケットターン!

    「右ひじ・ポケットターン」という名前をつけていた。冬のショートアプローチ対策だ。①テイクバックバックは右ひじを体にくっつけて支点にする②フォローは右ポケットを回転させる。右ひじ→右ポケットの流れだ。ボディターンで打つ。右ひじ・ポケットターン!右ひじ・ポケットターン!

  • 「あし体」アドレスは自己流スイングの原点!

    再現性の高いアドレスはやはり「あし体」アドレスだ。クラブの重みを感じながら、ハンドアップ、ハンドレイトに構える棒立ちのような感覚だが、鏡で確かめると、ちゃんとしたアドレスになっている。「クラブの重みを感じながら」というのがちょうどいいグリップになっている。ハンドダウンに構えると、手元に力が入るだけでなく、前傾を深くしてしまう。やはり「あし体」スイングはワタクシの自己流スイングの原点だ。「あし体」アドレスは自己流スイングの原点!

  • スイング中、顔は動く!

    「ゴルフ正しい顔の動かし方-今井純太郎」目線は維持するが、顔は動く!顔を動かさないように固定すると、ギッコンバッタンのスイングになる。ミートポイントが点になり、ほとんど永遠にナイスショットから見放される。顔を動かさないようにすると、首を痛める。痛めてからでは遅すぎる。確かに、顔をボールに向けていた方が安心する。しかし、ここが分かれ目だ。上手な人ほど顔は動かしている。ヘタな人ほど動かさない。しかし、アマは「肩があごの下に入る」ということはそこまで意識しない方がいい。スイング中、顔は動く!

  • 切り返しでは骨盤は90°動く!

    「切り返しの骨盤の動きを体感しよう」「藤井誠ゴルフレッスン」スイングを「尻ケツ」で理解するか?骨盤の動きで理解するか?再現性の高さからいうと、骨盤の動きで理解した方が再現性が高くなる。それはワタクシが「あし体」の体形だからだ。骨盤はテイクバックで45°動いて、ダウンで90°動く。フォロー側ではほとんど骨盤がターゲット方向に対峙している格好だ。肩はそれ以上に回って、背中側にある。45°→90°で骨盤が思いっきり回り切ると、ドライバーも、UTも、アイアンもミートがよくなる。骨盤の動きが中途半端だと、スライスが出る。顔の動きと同じで、骨盤の動きも大胆がいい。動きに対して小心者はいつまでたってもいいスイングはできない。そんな気がする。切り返しでは骨盤は90°動く!

  • もうすぐ2才!

    ムスコ孫が2才になる。早いものだ。2年間という間隔ではなく、点のように感じる。この子は耳がいい!誕生してすぐに気づいた。音のなる方にいっしょうけんめいに顔を向けようとするのだ。そんなの当たり前のように思うが、そのせいか、ことばの習得がビックリするほど早い!我が子と比べてもかなり早い!男の子にしては早い方だ!保育園に行き出してから爆発的に増えた。友だちことばがよく出てくる。一度聞くと、すぐにリピートできる。週一ペースで会っているが、ことばの習得がハンパない。毎回ビックリさせられる。最近は二語、三語と文になってきた。歌も何曲も歌う。孫と歌ったり、会話をしたりするのが楽しい!これを書いているのは孫自慢ではない。孫と会話できることの幸せ感なのだ。孫は目には入れたくないが、かわいい。もうすぐ2才!

  • 定年退職を機に働かない宣言!

    来春、いよいよ伴侶も退職だ。祝!定年退職!伴侶は「退職したら働かない」宣言をしている。働かざるを得ない環境ではない。年金がある。ゴウカケンランな生活をしなければ、なんとか生活していけるレベルだ。健康年齢を意識して楽しく暮らすことの方が大切だ。40年近くを元気に働いたのだ。これから30年以上(?)は楽しく暮らす権利がある。還暦に定年退職!還暦とは「赤ちゃんに還る」ことだ。赤ちゃんと言えば、「食う・寝る・遊ぶ」だ。これからは食って、寝て、遊ぶのだ。故事には耳を貸す必要がある。還暦からは自分のために生きるのだ。伴侶が定年退職を機に働かない宣言をしたことを応援したい!定年退職を機に働かない宣言!

カテゴリー一覧
商用