searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

賭銭無の「週末はPhoto一息」さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
賭銭無の「週末はPhoto一息」
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tojennear
ブログ紹介文
賭ける銭無しに陥った競馬から、カメラを趣味にして6年目で退社。“週末”が“いつでも”になりましたがタ
更新頻度(1年)

433回 / 365日(平均8.3回/週)

ブログ村参加:2015/09/03

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、賭銭無の「週末はPhoto一息」さんをフォローしませんか?

ハンドル名
賭銭無の「週末はPhoto一息」さん
ブログタイトル
賭銭無の「週末はPhoto一息」
更新頻度
433回 / 365日(平均8.3回/週)
フォロー
賭銭無の「週末はPhoto一息」

賭銭無の「週末はPhoto一息」さんの新着記事

1件〜30件

  • バラ 「ブラウニー」

    今日のバラは「ブラウニー」。1959年にアメリカのE.S.Boernerが作出したフロリバンダ。黄、桃、茶などが複雑に混じって褐色に見える半剣弁平咲き。花色は季節によって変化しやすい。花付きは良い。香りは中くらい。バラ「ブラウニー」

  • バラ 「ブライト・ファイヤー」

    今日のバラは「ブライト・ファイヤー」。イギリスのピアース(ColinA.Pearce)が1996年に作出したラージフラワードクライマー(LCl)。鮮明なオレンジ色の整った花。一輪もしくは数輪の房咲きで開花する。花付きは良い。微香。バラ「ブライト・ファイヤー」

  • バラ 「フー・ペルネ・デュッセ」

    今日のバラは「フー・ペルネ・デュッセ」。1935年にフランスのCharlesMallerinが作出したハイブリッド・ティー。黄色系の弱点であった樹勢の弱さを克服したハイブリッドティー初期の黄色系品種。はっきりとした黄色がでるわけではないが、クリーム色がかえって上品さをだしている。微香。バラ「フー・ペルネ・デュッセ」

  • バラ 「ファラオ」

    今日のバラは「ファラオ」。1967年にフランスのメイアンが作出したハイブリッド・ティー。鮮明な緋赤色の丸弁平咲き。作出当時にはこのような鮮明な赤色の花がなく歴史的な品種といわれた。バラ「ファラオ」

  • バラ 「ピンク・ダブル・ノックアウト」

    今日のバラは「ピンク・ダブル・ノックアウト」。2009年にフランスのメイアンが作出したシュラブ。ローズピンク色の半剣弁高芯咲き。2004年にアメリカのRadlerが作出した赤い「ダブル・ノックアウト」の枝変わり。微香。バラ「ピンク・ダブル・ノックアウト」

  • バラ 「ピンク・キャット」

    今日のバラは、「ピンク・キャット」。2007年に金子真子氏が作出したポリアンサ。花径が約3cmのポンポン咲き。耐病性に優れ、花保ちがとてもよい。香りは微香。バラ「ピンク・キャット」

  • バラ 「バロン・ジロ・ドゥ・ラン」

    今日のバラは、「バロン・ジロ・ドゥ・ラン」。フランスのReverchonが1897年に作出したハイブリッド・パーペチュアル。濃赤紫色の花弁の縁に細く白い色がのる覆輪が特徴のカップ咲き。咲き進むと色は薄くなる。ダマスク系の強い香りがある。バラ「バロン・ジロ・ドゥ・ラン」

  • バラ 「ハリー・エドランド」

    今日のバラは、「ハリー・エドランド」。イギリスのハークネスが1975年に作出したフロリバンダ。濃いラヴェンダー色の半剣弁抱え咲き。数輪の房になるがあまり大きな房にはならない。花つきは中程度。バラ「ハリー・エドランド」

  • バラ 「パープル・スプレンダー」

    今日のバラは、「パープル・スプレンダー」。イギリスのE.B.LeGriceが1976年に作出したフロリバンダ。赤紫色の丸弁カップ咲き。花色は気温が高いと桃色を帯び、低くなるほど濃厚な色合いになる。弁縁は大きく波打つ。香りは中くらい。バラ「パープル・スプレンダー」

  • バラ 「パーパ・ジョンポールⅡ」

    今日のバラは、「パーパ・ジョンポールⅡ」。アメリカのK.W.Zaryが2006年に作出したハイブリッド・ティー。純白の半剣弁高芯咲き。別名がヨハネパウロ二世。濃厚なフルーツ香がある。バラ「パーパ・ジョンポールⅡ」

  • バラ 「ノクターン」

    今日のバラは、「ノクターン」。アメリカのスイムが1947年に作出したハイブリッド・ティー。黒味のある濃紅色。咲き進むと紫が差すこともある。芳醇な香りがする。バラ「ノクターン」

  • バラ 「ノヴァーリス」

    今日のバラは、「ノヴァーリス」ドイツのコルデスが2010年に作出したフロリバンダ。ブライトヴァイオレットのカップ咲き。黒星病やうどん粉病に強く、耐寒性も強いので青バラ系品種では丈夫で強いバラとされる。香りはわずか。バラ「ノヴァーリス」

  • バラ 「ニュー・ウエーブ」

    今日のバラは、「ニュー・ウエーブ」。寺西菊雄氏が2000年に作出したハイブリッド・ティー。ライラック色の丸弁平咲き。多花性の房咲きで、小刻みに波打つ花弁が美しい。香りは中程度。バラ「ニュー・ウエーブ」

  • バラ 「ニュー・イヤー」

    今日のバラは、「ニュー・イヤー」。ニュージーランドのマグレディが1983年に作出したグランディフローラ。花色はオレンジ色から朱赤でしょうか。詳細については不明です。バラ「ニュー・イヤー」

  • バラ 「ニフェトス」「ニュイ・ドゥ・ユング」

    今日のバラは、オールドローズを2種。まずは「ニフェトス」。1835年にフランスのBouge`reが作出したティー系のオールドローズ。白色の中輪で香りは中香。こちらは「ニュイ・ドゥ・ユング」。1845年にフランスのJ.Laffayが作出したモス系のオールドローズ。黄色の雄しべが映える暗いベルベット光沢のある赤紫色で、強い香りがある。モス系なので萼、細い花梗は赤みを帯びた腺毛で密に覆われている。この2種は、前回も一緒に載せていました。バラ「ニフェトス」「ニュイ・ドゥ・ユング」

  • バラ 「ナイスン・イージー」

    今日のバラは、「ナイスン・イージー」。2001年にイギリスのC.P.Hornerが作出したシュラブ。アプリコット・イエローのセミダブル咲きで、数輪の房咲きになり、花つきがよい。香りはかすか。バラ「ナイスン・イージー」

  • バラ 「ドリーム・ラバー」

    今日のバラは、「ドリーム・ラバー」。1998年にイギリスのピアース(ColinA.Pearce)が作出したミニバラ。ピンク色を含んだラヴェンダー色で、咲き始めは平咲きに近く開花とともにポンポン咲きに近い花型に変化する。中くらいの香りがあり、数輪の房咲きになり花付きがとても良い。バラ「ドリーム・ラバー」

  • バラ 「ドゥフトゴルト」

    今日のバラは、「ドゥフトゴルト」。1981年にドイツのタンタウが作出したハイブリッド・ティー。濃黄色の半剣弁高芯咲き。強い香りがある。バラ「ドゥフトゴルト」

  • バラ 「デライト」

    今日のバラは、「デライト」。1995年に河合伸志氏が三位正洋氏とともに作出したLCl(ラージ・フラワード・クライマー)。サーモンピンクを含む淡桃色の丸弁平咲き。強い香りがある。バラ「デライト」

  • バラ 「デュシェス・ド・モンテベロ」

    今日のバラは、「デュシェス・ド・モンテベロ」。1824年にフランスのLaffayが作出したガリカ系統のオールドローズ。淡桃~桃色の八重咲きで花形はクォーター・ロゼット咲きに近い。芳香がある。バラ「デュシェス・ド・モンテベロ」

  • バラ 「デーム・エディス・ヘレン」

    今日のバラは、「デーム・エディス・ヘレン」。イギリスのディクソンが1926年に作出したハイブリッド・ティー。濃いローズピンクの大輪。ダマスク系の強い香りがある。バラ「デーム・エディス・ヘレン」

  • バラ 「ディスタント・ドラムス」

    今日のバラは、「ディスタント・ドラムス」。アメリカのバックが1985年に作出したシュラブ。淡い茶色で外弁はピンクを帯びたラヴェンダー色になる。いい香りがある。バラ「ディスタント・ドラムス」

  • バラ 「チョコレート・プリンス」

    今日のバラは、「チョコレート・プリンス」。ニュージーランドのJ.W.Simpsonが1999年に作出したハイブリッド・ティー。レンガ色の大輪で、花弁もしっかりした美しく整った花形。香りは中くらい。バラ「チョコレート・プリンス」

  • バラ 「チャーリー・ブラウン」

    今日のバラは、「チャーリー・ブラウン」。1996年に河合伸志氏が作出したミニバラ(パティオ・ローズ)。茶色の半八重咲き。数輪の房咲きになり花つき、花もちともによい。淡い香りがある。バラ「チャーリー・ブラウン」

  • バラ 「タモラ」

    今日のバラは、「タモラ」。1983年にイギリスのデビッド・オースチンが作出したイングリッシュ・ローズ。アプリコットピンクの丸いカップ咲きが咲き進むとロゼット咲きになる。香りは強い。バラ「タモラ」

  • バラ 「ダスキー・メイドゥン」

    今日のバラは、「ダスキー・メイドゥン」。1947年にイギリスのLeGriceが作出したフロリバンダ。深みのある濃赤色で、秋は黒赤色になる。一重咲きでやや抱えた花形が平咲きに変わっていく。香りは微香。バラ「ダスキー・メイドゥン」

  • バラ 「タイフーン」

    今日のバラは、「タイフーン」。1972年にドイツのコルデスが作出したハイブリッド・ティー。濃いオレンジピンクで弁底は黄色。フルーツの強い香りがある。バラ「タイフーン」

  • バラ 「ソフィーズ・ローズ」

    今日のバラは、<「ソフィーズ・ローズ」。イギリスのデビッド・オースチンが11997年に作出したイングリッシュ・ローズ。明るい赤色の丸弁ロゼット咲き。ティー系の香りがある。バラ「ソフィーズ・ローズ」

  • バラ 「センチメンタル」

    今日のバラは、「センチメンタル」。アメリカのカルースが1997年に作出したフロリバンダ。ワインレッドに白のストライプが入った丸弁八重の平咲き。スパイス系の中香がある。バラ「センチメンタル」

  • バラ 「スパイスド・コーヒー」

    今日のバラは、「スパイスド・コーヒー」。ニュージーランドのマグレディが1991年に作出したハイブリッド・ティー。桃色がかった茶色の花弁は厚く傷みにくい。強いフルーツ香がある。バラ「スパイスド・コーヒー」

カテゴリー一覧
商用