searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
滝番小屋
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yosshi_1947
ブログ紹介文
新城市出沢と鮎滝の近況を紹介、その他見たこと聞いたこと言いたいことを少々。
更新頻度(1年)

101回 / 365日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2015/06/20

本日のランキング(PV)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、滝番小屋さんの読者になりませんか?

ハンドル名
滝番小屋さん
ブログタイトル
滝番小屋
更新頻度
101回 / 365日(平均1.9回/週)
読者になる
滝番小屋

滝番小屋さんの新着記事

1件〜30件

  • 今日の鮎滝_2020-09-16

    ■2020-0916_1411;WT23℃;鮎滝予報に反してまずまずの天気になった。今日は滝番だ、様子を見てくるかと降りていくと、彼岸花がお出迎え。水温は23度。これならまだ少しは跳べるかとしばらく滝を眺めていたが、鮎の姿は見えず。コロナだ、総辞職だと騒がしい年だったが、シーズンが終わって、落ち着きを取り戻した鮎滝は、彼岸花に見守られ、ゆったりと流れ続けている。感謝、また来年。今日の鮎滝_2020-09-16

  • 今日の鮎滝&ピンコ_2020-09-14

    ■2020-0914_1140;WT23℃;鮎滝まだ跳んでいる。今年は少し遅れているようだ。数は少ないが型は大きい。;ピンコ○(入込⇒新滝)数は少ないが大物が掛かるので、止められない。腹にタマゴを持っているとのこと。今日の鮎滝&ピンコ_2020-09-14

  • 今日の鮎滝&ピンコ

    ■2020-0908_1103;WT23℃;鮎滝✕;ピンコ△(高岩・亀淵)下りの大物狙い。今日の鮎滝&ピンコ

  • 今日の鮎滝_2020-09-07

    ■2020-0907_1039;WT24℃;鮎滝○午前中、タイフウニモマケズ、アミヲアテ100尾+、14:00土砂降りで終漁。15:00頭首工放水。今日の鮎滝_2020-09-07

  • ウンカ憎し_2020-09-06

    『九州の人には申し訳ないが、台風がそれてよかったな』「何言っとるだ、ウンカでえらい目にあっとるよ」*****「毎日世話をして、いよいよ収穫というときになって、これだよ」『気の毒に、9回の裏に逆転満塁ホームランを打たれたみたいだな』お宮から上は殆ど入られた。最近こんなにウンカの被害があったのは記憶にないそうだ。皮肉なことに、良く世話をした田んぼほど被害が大きい気がする。自然相手とはいえ、諦め切れない。憎きウンカを写真に収めようと、カメラを向けると、素早く陰に回り込んでしまう。おまけに小さくてよくわからない。マクロに切り替えて、連写。何とか数枚写っていた。やはり『トビイロウンカ』のようだ。あちこちで被害が出ているようだが、まさか出沢でこんなに被害が出るとは思わなかった。コロナ、猛暑、スーパー台風、ウンカ・・・住みに...ウンカ憎し_2020-09-06

  • 今日の鮎滝&ピンコ

    ■2020-0906_1258;WT25℃;鮎滝✕;ピンコ△(馬の背・入込)稀に掛かる下りの大物が家路を阻む。今日の鮎滝&ピンコ

  • 今日の鮎滝_2020-08-29

    ■2020-0829_1555;WT27℃;鮎滝△本日滝番、30匹位捕った。笠網漁もそろそろ終漁、おそらく今日が今年最後の滝番。今日の鮎滝_2020-08-29

  • 今日の鮎滝&ピンコ_2020-08-25

    ■2020-0825_1142;WT26℃;鮎滝△;ピンコ△(ヤハズ・馬の背)今日の鮎滝&ピンコ_2020-08-25

  • 土砂降りの地蔵盆_2020-08-23

    通り雨だと思っていたら、本格的な土砂降りになった。鮎滝地蔵の供養に雨が降ったのは記憶にない。でもまあこれで、暑さも峠を越えたと思うとホッとする。昨日は設楽でかなり降ったらしく川は赤濁り。地蔵盆が過ぎれば、笠網漁もそろそろ終漁だ。土砂降りの地蔵盆_2020-08-23

  • 今日の鮎滝_2020-08-21

    ■2020-0821_1519;WT27℃;鮎滝○今日もまずまず。このところ昼からよく跳ぶのだが、岩が焼けてどうにも暑い。鮎を捕るのも命がけだ。※マムシに注意昨日、いつも弁当やクーラーを置くところに、まむしが涼んでいたので、捕まえようとしたら、岩の隙間に逃げ込んだ。注意されたし。今日の鮎滝_2020-08-21

  • 今日の鮎滝_2020-08-20

    ■2020-0820_1129;WT26℃;鮎滝○;本日滝番。;今日の跳果_260尾/2人≒130尾『あんたの鮎は泳いどる!』大谷先生に褒められてから、少しでも綺麗に見えるようにと、出来るだけ整えて凍らせている。物も言わずに頑張って腹掻きしても一時間に100匹、2時間で200匹が限界だ。それ以上は腰が持たない。今日の鮎滝_2020-08-20

  • 今日の鮎滝_2020-08-19

    ■2020-0819_1333;WT27℃;鮎滝○鮎滝の岩の上は、暑いを通り越して熱い。不要不急の外出は避けろと言われても、滝に行って網を当てなければ鮎は捕れないし。尤も仕事でやれと言われたら、命のほうが大事だと断るだろうな。それにしても最近の暑さは尋常でない。空調服が必需品になってしまった。※跳果はまずまず、200尾ぐらい。今日の鮎滝_2020-08-19

  • ZIP!効果?寿恵広に行列_2020-08-15

    ZIP!効果恐るべし。寿恵広の行列を、この目で見ることになるとは、夢にも思わなかった。寒狭の天然鮎を、東洋のナイアガラを眺めながら堪能する。加えて県外移動自粛で奥三河に観光客がなだれ込んでいるのも大きいようだ。花の木公園も賑わっているし、コロナ禍の中有り難いことである。この際、一人でも多くの人に、寒狭峡と日本3大美堰堤の一つ、長篠堰堤のことを知ってもらえば、苦労して堰堤と発電所を造った、今西卓も浮かばれるだろう。寒狭峡伝説を、長篠堰堤の話で〆切ろうと思っていたのだが、コロナの影響で語る会が開催できず、取り敢えずここで公開することにした。寒狭峡伝説第15話今西卓の心風景『東洋のナイアガラ・長篠堰堤』ZIP!効果?寿恵広に行列_2020-08-15

  • 今日の鮎滝&ピンコ_2020-08-16

    ■2020-0816_1126;WT27℃鮎滝◎;殺人的な暑さも鮎にとっては快適なようだ。よく跳んでいるが、滝番はいない。今日の滝番の、かっちゃに電話すると『暑いし、忙しいので滝には行かない』とのこと。新滝◎;(入り込み⇒新滝)鮎は上っているが、此処も釣人は二人。いくら釣りが好きでも、命には替えられない。今日の鮎滝&ピンコ_2020-08-16

  • お迎えの松明焚き

    ■2020-08-13;大荷場隆くんの初盆で、松明を焚きに大荷場にでかけた。彼岸からの初帰省に、新仏が迷わぬようにと組の者が初盆の家の門で、百八つの松明を焚くのが昔からの慣わしだ。龍泉寺の和尚が到着し、松明に火を配った。俄に巻き出した風は、りゅうくんの労いの挨拶か。『山に遊びに行くか』クリを取り、柿を取り、木を揺すりヤマモモを拾った。イチゴ取りやわらび摘みは、女の子の役だった。『今日は川で遊ぶか』ハヨをすき、アメを釣り、ウナギも搔き出した。この辺りの山川は、悪ガキたちのテリトリーだった。竹馬も作った。最初は30㎝ぐらいで遊ぶのだが、上級生になると競争で高いのを作り、終いには二メートル近いのを作り乗った。竹馬の友の初盆は、悲しさより懐かしさが勝る。南無釈迦牟尼佛南無釈迦牟尼佛・・・和尚の読経に続いて、皆で唱えたお...お迎えの松明焚き

  • 今日の鮎滝(ZIP!中継)_2020-08-13

    ■2020-08-13_0629;WT25℃普段はお盆は殺生をしないのだが、中京TV「ZIP!」の中継ということで特別に網を当てた。生中継は打合せ、リハが大変だ。コロナ+猛暑の中、マスクをして奮闘。スタッフ一同お疲れ様でした。今日の鮎滝(ZIP!中継)_2020-08-13

  • 今日の鮎滝&ピンコ_2020-08-12

    ■2020-0812_1425;WT26℃;鮎滝○午前中は殆ど跳ばず。今年は『土用の朝飛び』はなさそうだ。※明日7時30分ごろから、中京TVで中継予定。;ピンコ○(ヤハズ・馬の背)今日の鮎滝&ピンコ_2020-08-12

  • 今日の鮎滝&ピンコ_2020-08-10

    ■2020-0810_1505;WT25℃;鮎滝○この暑さで上る気になったか、20日ぶりに鮎が捕れた。数は少ないが大きい。;ピンコ○(ヤハズ・馬の背)新滝のピンコも少し釣れだした。今日の鮎滝&ピンコ_2020-08-10

  • 今日の鮎滝・新滝・花の木ダム

    ■2020-0808_1430;WT23℃;鮎滝✕;(ピンコ✕)久しぶりに鮎を見たが、数が少なく、この飛び方では捕れない。■新滝■花の木ダム※この水量が現在の平水、≒8㎥/s(これ以上は、宇連川に導水)発電所の工事が終われば、5.5㎥/s発電所に導水されダムを越流し、鮎滝を流れる水は2-3㎥/sになる。今日の鮎滝・新滝・花の木ダム

  • 今日の鮎滝_2020-08-06

    ■2020-0806_1145;WT23℃;鮎滝✕;(ピンコ✕)今日の鮎滝_2020-08-06

  • 今日の鮎滝_2020-08-04

    ■2020-0804_1023;WT23℃;鮎滝✕三角の水が切れ、樋の水になったが今日も鮎の姿は拝めず。※建設事務所の道路維持の人たちが、鮎滝道の崩土を撤去してくれたので、何とか通行できるようになった。この熱さの中、お疲れさまでした。今日の鮎滝_2020-08-04

  • 今日の鮎滝_2020-08-02

    ■2020-0802_1332;WT22℃;鮎滝✕;ピンコ✕本日滝番なれど、鮎の姿拝めず。この十日間(滝番一巡)、誰も鮎を見ていない。昔から『土用の朝飛び』と言われているが、今年は、長雨で藻が付かなかったのか、全然鮎がいない。新滝のピンコも殆ど釣れていない。自然には逆らえぬが、このままシーズンオフでは寂しい。今日の鮎滝_2020-08-02

  • 今日の鮎滝&ピンコ_2020-08-01

    ■2020-0801_1403;WT23℃;鮎滝✕水も水温も戻ったが、鮎戻らず。顔も見せない。;ピンコ✕(入込み・ガバ△)※高岩から猿橋を望む今日の鮎滝&ピンコ_2020-08-01

  • 守り神か夜警か

    理由あって、玄関にトレイルカメラを設置。「今のカメラは性能が良くなったで、道路の車に反応するかもわからんぞ」SDカードを取り出して見ると、知人の言葉通り、7月13日から30日までの間に、約4000枚の写真と動画(5秒)があった。自分たちの出入り、新聞配達、郵便配達、隣人・・・。過ぎる日課の中に、ほぼ毎夜、暗闇の中を白い影が横切っている。その内の一枚、立ち止まって辺りを窺う写真を見てびっくり。キツネだ!。・・・狐がほぼ毎夜見廻っている!。タヌキは時々見かけるが、狐が家の周りにいるとは知らなかった。猪、鹿、狸、・・猿、狐、猯・・・蝮すべて周りにいる。孝太郎の時代から、自然は何も変わってはいない。ただ、自分たちには見えなくなっただけのようだ。少し安心。それにしてもこの狐、雨の中を毎日ご苦労さまである。「あんたら何やっ...守り神か夜警か

  • 今日の鮎滝&ピンコ_2020-07-28

    ■2020-0728_1446;WT21℃;鮎滝✕水はかなり引いたが、鮎の姿見えず。;ピンコ釣釣果イマイチ(高岩・猿橋△、他✕)今日の鮎滝&ピンコ_2020-07-28

  • 鮎滝道通行止め_2020-07-25

    今朝の雨で、県道の路肩が崩落。鮎滝道が通行止めになった。上の駐車場からは鮎滝に降りられない。鮎滝道通行止め_2020-07-25

  • 今日の鮎滝&猿橋_2020-07-25

    20200725猿橋1■2020-0725_1400;雨は上がったが未だ増水中。流石に今日は釣り人なし。今日の鮎滝&猿橋_2020-07-25

  • 今日の鮎滝&ピンコ_2020-07-23

    ■2020-0723_1334;WT21℃時々跳ぶ大物に、コロナ自粛中を忘れ思わず声が出てしまうが、網には入らず。;鮎滝△;ピンコ_入込み○他△今日の鮎滝&ピンコ_2020-07-23

  • 今日の鮎滝&ピンコ_2020-07-22

    ■2020-0722_1052;WT22℃昨夜の雨で赤濁り。これでは鮎も泳げない。今日の鮎滝&ピンコ_2020-07-22

  • 今日の鮎滝&ピンコ_2020-07-21

    ■2020-0721_1443WT22℃;鮎滝○昨日・今日と数は少ないが大型が跳ぶ。(たまに25㎝級の鮎、・・どうやら上流の鮎が大水で流され戻っているようだ);ピンコ釣△釣果イマイチ(入込み・アオキ)今日の鮎滝&ピンコ_2020-07-21

カテゴリー一覧
商用